iPhoneの画面が割れて破損したら修理はできる?

Apple社より開発・販売されているスマートフォン『iPhone』(アイフォン)は、
iPod TouchやiPadと同じく『マルチタッチスクリーン』という、画面を直接指で
触れて液晶に表示されているボタンを押して操作していく仕組みです。

物理上のボタン機能は数箇所しかなく、操作の大部分はタッチパネル式で、
フリック、タップ、ピンチなどの指の動きや表示されたボタンの入力で行います。
そのため、iPhoneの画面が強い圧迫を受けて割れて破損してしまったり、
大きな引っかき傷が付いたり、汚れが付着すると正常に作動しなくなることがあります。

電気店などのショップでiPhone専用の液晶保護シートや本体の半透明カバー
販売されていますので、これらを取り付けるとある程度の衝撃や汚れは防げます。

ですが、思い切り机の角にぶつけたり、高いところから硬い床面に落としてしまったり
足で踏んづけてしまった場合は液晶画面がひび割れてしまうこともあります。




ガラス面が割れてしまうと、どれくらいの面積で、どれくらいのひびが入って破損しているかにも
よるのですが、多少操作がぎこちなくなるだけで、まだそこそこ操作できて使えなくもない場合もあります。

液晶画面が割れただけですので、中身の装置やデータ自体はまだ無事で、
電源の起動だけは問題なくできる場合も多いです。

パソコンかrらiTunes(アイチューンズ)に接続して、PCの方のモニターを通して、
すぐに必要なデータのバックアップとiOSの復元(リカバリー)をされることも推奨します。

マルチタッチスクリーンがちゃんと操作できなくなることも多く、時間が経つにつれて
故障がひどくなっていく可能性も高いので、そのままずっと使い続けていくのは危険です。

それに見た目も悪くなってしまいますし、破損がひどい場合は起動した画面自体が閲覧できなくなる可能性もあります。

そのため、なるべく早いうちにAppleサポートや購入した店舗に出して、
iPhoneを修理してもらうか、保証サービスを用いて新品に交換してもらいましょう。

タッチパネルの交換修理や買い替えには少し料金がかかり、またお預かり期間によって
時間もかかるることもありますが、私設のiPhone修理サービスでしたら
即日で、画面の交換による修理に掛かる値段が安くできる業者もあります。