自作組み立てパソコンのSSDからデータを復旧するには?

通常の完成された市販のPC本体に比べての、自作の組み立てパソコンに取り付けたパーツの
SSDを、PC本体の稼働とともに日々使っていくうちに、間違えて必要なデータを削除してしまったり、
パソコンが開かなくなってアクセスができなくなったら、
どうすれば内部に保存されたファイルやフォルダーを復旧できる?という疑問について。

自作パソコンのパーツの故障

組立パソコンには、市販のメーカー製のパソコンと違い設置するパーツが選択できるのですが、
それでも最低限必要な部品として、本体のケース、マザーボード、電源ユニット、メモリ、CPU、
SSDまたはハードディスクドライブ、電源ケーブル、外部のマウス、キーボードなどがあります。

また、DVD/CDディスクドライブ、ビデオカード、サウンドカードなども必要に応じて配置します。

これらの中のどれかが故障すると、自分の使いたい用途に合わせてのメーカーや性能、容量の具合を問わず、
それだけでもパソコンが起動しなくなったり、オペレーティングシステムが正常に操作できなくなり、
SSDやハードディスクドライブの内部のデータも開けなくなることが多いです。

※部品の性能が高ければ、故障の頻度が少ないパーソナルコンピューターに仕上げることはできます。

ですがどこか一つの部品が故障したら、そのパーツを交換することでパソコンの修理を行うことができます。

無事に直ったら、SSDのデータにアクセスできるかどか、復旧の具合の確認します。




予備の部品の有無を確認

もし使っていない余った古いパソコンをお持ちであれば、そちらから内部のパーツを取り外して、
故障した方のパソコンの壊れた部品と交換して直す方法もあります。

、もしくは使用していない予備のパーツをお持ちであれば、そちらを使故障しているパーツと
換装をしたり、または別の予備のPC本体を作ったり、それとともに大きく作り変えたりすることもできるので、
組立パソコン作りが上手い人ほど大変お得な方法です。

そして自分でハードウェアの機材を組み立てていくこと自体も良い経験になります。

自作の組み立てパソコンを製作した時に、パーツの配置の際の手順を書いたメモなどが
まだ残っていましたら、そちらを開いて確認すると、修理がしやすくなることもあります。

パーツの取り外し

どのパーツでも上手く組み替えできるようになるには、ある程度の知識と多少の失敗という経験が
どうしても必要になりますので、特に最初のうちは貴重なパーツをできるだけ
傷めたりしないように十分慎重な姿勢をもってご製作に取り組んでみてください。

PCを立ち上げる際に、電源ボタンのランプの点灯やビープ音の警告が出た時には、
エラーのサインの一覧を確認して、SSDの接続の問題が出ていないかどうかをチェックします。

また、モニターにシグナルが行かない時は、そのディスプレイに、
パワースイッチがどこかにもう一つ付いていないか確認します。

グラフィックボードを搭載している場合、スペックと動作環境をチェックしてみて、
故障や接続不良の状態になっていると、シグナルが検出されないこともあります。

お使いのパソコンが普通に購入した製品か、自作PCか買ったばかりか、だいぶ使っているか、
といった要素によって考えられる原因が変わるのですが、SATAケーブルの破損や接続不良も考えられます。

どうしてもSSDが開けない時には、プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、
状態の確認と、アクセスの復旧作業を行ってもらわれることをおすすめします。