スマートフォンの履歴を消去するセキュリティ対策

多機能型携帯電話「スマートフォン」は、電話機能で通話が出来るだけでなく、
電子メールでの通信やインターネットの閲覧、データの保存、音楽再生など
無数の便利な機能をデスクトップパソコンやノートPCと同じように使う事が出来ます。

ですが一方で、大容量のデータを小さなモバイル端末に入れて日常的に持ち運び、
また、多くの人はやはり画面のロック等を掛けずに普段使用しているため、
セキュリティ対策面ではパソコンよりも不安な点も出てきます。

スマートフォンの同期

プライバシー面のトラブル例

・誰かに一時的にスマートフォンを貸した。
・うっかりどこかに置き忘れた。
・ロッカーの中に鍵をかけずに入れていた。
・いつの間にか落としてしまった。
・横から画面を覗き見されていた。

XpreiaやARROWS、LYNX、iPhone、AQUOS PHONE、BlackBerry等の端末を
日々使う上で、こういったアクシデントに遭わないように普段から
スマートフォンの持ち歩きの時に気をつけて管理していく事が現代ではとても重要です。

しかしそれでも万が一、ミスをしてしまい置き忘れたり落としてしまうような
トラブルが絶対ないとも限らないので、そこで定期的にスマートフォン本体にも
「履歴の消去」といった簡単なセキュリティ対策を施していくことも大切です。





例えばAndroid OSのスマートフォンでは、設定ボタン⇒「現在地情報とセキュリティ」
の項目で、GPS機能をオフにしたり、画面のロックの設定を付けたり、
パスワードの文字を非表示にしたり、SIMカードロックを設定する事ができます。

「プライバシー設定」の項目では、携帯電話の端末内の全データを消去して
初期化できるので、バックアップの後でこれを使うと履歴の消去などに便利です。

また「文字入力の履歴消去機能」があれば、それを使って定期的に
ブラウジングした時に残った履歴の文字データを簡単に一括で消去できます。

もちろん特定の履歴を残すために、受信・送信したメールや通話履歴、閲覧履歴を
一つずつ手動で削除していく方法でも大丈夫です。

プライバシーモードの設定

ARROWSなど一部の端末ではディスプレイに「プライバシービュー」を設定して、
覗き見防止フィルターをつけなくても横から画面が見えないようにできます。

またARROWSには「プライバシーモード」という機能があり、電話の連絡先や
メール、フォルダーにロックをかけて非表示設定にしてセキュリティ対策を強化できます。

スマートフォンのメニューを毎回開くたびに画面ロックのパスワードを入力するのが
面倒な時は、一部のツールに限定的にロックをかけておくのも一つの方法です。

OSのセキュリティにネットワーク面で不安がある携帯の場合は、Mcafee(マカフィー)など
スマートフォン用のウイルス対策ソフトをインストールして使う事をお薦めします。

また重要なデータはスマートフォンの内部にあえて残さず、パソコンから外付けHDDやDVD-R、
TeraStationやLinkStation、LANDISK、サーバ、RAIDケース、クラウドストレージといった場所に
バックアップを取って、あとでファイルを復旧できるようにしてから削除しておくことも、
一つのセキュリティ対策方法になります。



『「セキュリティの設定」のカテゴリーの前後のページ』

«

»