ハードディスクドライブが壊れやすい理由と修理の方法とは?

パソコンが故障!?といえばその大半がのハードディスクドライブ(HDD)の障害、
といえるくらいにハードディスクは破損の多いパーツです。

パソコンを普段お使いの皆様も、一度は急な故障で動かなくなるトラブルに
遭われてしまい、本体ごと修理交換に出されたこともあるかと思われます。

HDDはとにかくいつ壊れてもおかしくないので、日頃からのデータバックアップが
必要不可欠とも言えます。

HDD障害発生の事情とは?

HDDはパソコンの心臓部ともいえる重要なハードウェアで非常に馴染みの深い
パーツなのですが実は消耗品とまで言われるくらいに脆い性質を持つ一面もあります。

なぜかといいますと、超が付くほどの精密機器で構成されていて埃や塵、湿気
などのわずかな異物が入るだけでも修復不可能なまでに破損してしまうことも
多いほどデリケートな機器です。筆者のものも何回か完全破損したことがあります。

また、電源の入っている間は常に稼動して高速処理を繰り返しているため
過熱などの負荷がかかりやすく、老朽化も他のパーツに比べて圧倒的に早く
なってしまい、特にサーバーのように24時間フル稼働させているとあっという間に
寿命が来てしまう可能性大なので、出来る限り休ませながら使うようにしましょう。




PCだけでなく、外付けHDDやポータブルハードディスク、RAID、NAS、サーバなど他の機器でのHDDも大体同じです。

ハードディスクの破損かメモリーの容量不足が原因でWindowsのデスクトップパソコンの
調子がおかしくなった時の修理および部品交換にかかる金額は、
ハードディスクかメモリのどちらかが壊れている場合でしたら、破損している方の
部品を単品で購入して、PCケースを開けて付け替えれば、部品代だけでも済みます。

デスクトップパソコンでのHDDとメモリの交換は、他のパーツの取替えに比べるとかなり簡単です。

修理に出される場合は店舗やサポートサービスによってまた違うのですが、
パーツの換装作業だけでしたら数千円~1万円と部品代の分で済む所も多いです。

パソコンの専門修理業者の方でもハードディスク自体を修理するのは困難で、
HDDの修理というよりは新品との交換という形での修復作業になります。

壊れたHDDはもう使えないのですが、データ復旧サービスで今まで使っていた
内部の貴重なファイルやプログラムを回収してもらうことができます。