「パーツの性能と動作環境」のページの案内

『パーツの性能と動作環境』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。










コンピューターの問題解決などのコンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「パーツの性能と動作環境」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「パーツの性能と動作環境」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

パソコンの操作で動きが鈍くなる問題を解決するには?

パソコンで容量の重いアプリケーションソフトをインストール・セットアップして起動して操作している際に、
マウスやキーボード、タブレットなどでの入力や、画面の映像などの動きが鈍くなって遅くなる状態が
多くなってきた場合には、どのように処置を行えば問題を解決できる?という疑問について。

ビデオカードを搭載する

まず、拡張ボードの内部パーツ「ビデオカード」(Video card、グラフィックカード)が
お使いのパソコンに搭載されているかどうかをご確認ください。

画像・映像を取り扱うユーティリティーの場合にはスムーズに閲覧するために、
3D表示やマルチディスプレイの活用などでグラフィックカードの内蔵が重要になります。

もしビデオカードがパソコンに搭載されていない時には、新しく購入してマザーボードに
増設する必要が出てきます。

パソコンの操作で動きが鈍くなる問題を解決するには? の続きを読む

マザーボードの接続パーツの交換や増設する前の準備

マザーボードには電源ユニットからメインメモリ・コネクタ・CPU・ハードディスクドライブ・
ビデオカード・サウンドカード・冷却ファンなど多くのパーツが取り付けられています。

またPCスペックやを上げるために、それまでの部品を外してより性能の高いマザーボードの新製品に交換したり、
拡張できる空き部分に拡張カードなどを取り付けて容量を上げることも可能です。

しかし自分で基盤の換装作業を行う場合は、もしもの失敗や破損トラブルを想定して、
ある程度の安全と準備を整えてから行うようにしましょう。

部品を分解する際のチェック

まず最優先でやっておきたいのが、HDD内部データのバックアップです。

もしパーツ交換後にパソコンが動かなくなったりして直せなくなった場合、代わりの予備PCやバックアップがなければ困ってしまう可能性があります。

次に、新しく設置する予定の部品は現在使われているマシンに、動作環境が相性が合っているかどうか、購入前にご確認下さい。

CPUやマザーボード一つだけ性能が良くても他のパーツが古い場合、拡張後でもあまり転送速度や動作の処理能力が変わらないかもしれません。

また、近年でしたら動画などをスムーズに鑑賞するために、高い性能のビデオカードやサウンドカードの搭載が標準になってきています。

逆にこれらのカードがなければ十分にパソコンを活用できないこともあります。

マザーボードの接続パーツの交換や増設する前の準備 の続きを読む

PCのメインメモリ容量不足でデータエラーが起きやすくなる?

パソコンのマザーボードに取り付けられている内蔵のメインメモリ[main memory]は
USBメモリーカードやHDDのようにファイルを書き込んで保存する機器ではなく、
アプリケーションの作成やインターネットの起動中に、一時的にデータファイルを記録しておく装置です。

ページングファイル(pagingfile.sys)という仮想記憶の実態ファィルが
ハードディスク上に自動的に作成されます。

メインメモリの小型なマイクロコンピュータなどでは特に作業領域
(WORKING AREA・ワーキングエリア)が小さいためハードディスク上に一時的に取る場合もあります。

そして、メモリの最大容量が低いものだと、大きく容量を使うIEやCGソフト、
動画の閲覧、ウイルス対策ソフトの常時ネットワーク監視などのツールを
同時に使ってしまうと動作の遅延や停滞・ハングアップの原因に繋がるおそれがあります。

なので、画像編集ソフトなど容量の重いソフトウェアの使い方には特に注意が必要です。

メモリに一時保管されている記録データは一度パソコンをシャットダウンして電源を切ったり
再起動すると消えてしまうため、HDD内部のフォルダと違いデータの復旧は基本的にできなくなります。

エクセルやワードなど一部のアプリケーションソフトでしたら自動バックアップの
保存機能に取ってあった作成しかけのファイルを再び読み直す事もできます。

ですが、大半のソフトウェアにはそういった機能はありませんので、
一度エラーやハングアップで消えてしまった上書き前のファイルは
BAKファイルや自動下書き保存の機能がなければ多くの場合は消えてしまいます。

PCのメインメモリ容量不足でデータエラーが起きやすくなる? の続きを読む

パソコンのメモリの容量不足で起こるエラーを修復するには?

パソコンの内部パーツのひとつ『メモリ』(メモリー)は、稼動中のプログラムやソフトウェア、
テキスト(文書)などのデータを一時的に記憶するための装置です。

ハードディスクドライブとはまた違った役割を持っています。

128MB、256MB、512MB、1GB、2GB、4GB、8GB〜と、データの容量の大きさによって種類があります。

数字が大きいほどより多くの作業、またスペックの大きいプログラムをスムーズに行う事ができます。

しかしながらこの容量が足りない場合はエラーが起きてしまうため、どうすればこれらの問題を修復できる?という疑問について。

コンピューターが重くなっていく事例

例えば近年のハイスペックかつ大容量なソフトウェアプログラムをインストールする際に、
メモリの容量不足による動作環境の基準未満であるため、稼働が完了できない場合があります。

例えば製品のパッケージや取扱説明書に書かれている必要最低限の動作環境
512MB(メガバイト)であった場合、256MBのメモリーを一枚のみ搭載しているパソコンでは
スペックが足りないためインストールやアプリケーションの進行が正常にできないおそれもあります。

またはセットアップや起動・稼動ができないケースもあります。

パソコンのメモリの容量不足で起こるエラーを修復するには? の続きを読む

自作パソコンのトラブルでパーツやHDDが破損した時の修理

自作パソコンの組み立てや実際の使用、調整は物理的、論理的にもやってみると非常に奥深いものです。

自分自身での組み立て作業の実践による技術や知識の習得はかなりのものですし、普段使っているパソコンの内部構造などが大変よくわかります。

安全かつ確実に組み立てて使いこなすにはそれなりに深い予備知識も必要です。

故障のトラブルの対策

一方でトラブルが起こりやすい事と、意外にも結果的に市販のパソコンを買うよりも出費が大きくなりやすい、というデメリットもあります。

パーツそのものは一年~三年あたりの保証をつける事ができます。

しかし組み立てて完成させたパソコンそのものには市販のパソコンと違ってメーカーからの修理保障が付かない、という事です。

原因がよくわからずに故障してしまったら、修理に出す時に通常の市販で保証期間のあるパソコンよりも修理費用がかさみがちです。

なお、ハードディスクの内部のファイルを損失してしまった時にデータ復旧サービスに注文をされる際には、それほど関係はなくなるのですが、PCの構造によってはメーカー製とで多少の差が出てくる可能性もあります。

自作パソコンのトラブルでパーツやHDDが破損した時の修理 の続きを読む

コンピューターの起動時に雑音が鳴る原因と修理方法は?

パソコンやファイルサーバ、RAIDケース、プリンター、ドライブ装置などをはじめとする
コンピューター機器を日々お使いの際に、起動している時に次第にマシンから
雑音が鳴り出してきて不快を感じたり、処理速度が遅れたりエラーが多発するようになったため
異音が響いてくる主な原因と、その修理などによる解決の方法は?という疑問について。

主なパーツ・周辺機器の製品の一覧

・オウルテック:80PLUS SILVER取得 ATX電源ユニット FSP RAIDERシリーズ 750W RA-750S
・iBUFFALO:スピーカー USB接続 コンセント不要 1W ブラック BSSP01UBK
・AREA:ジーノ2世 ギガビットLANカード PCIexpress x1接続 ロープロファイル対応 SD-PEGLAN-S2
・WD:内蔵HDD Blue 1TB 2.5inch SATA6.0G 5400rpm 8MBキャッシュ WD10JPVX
・Bose: Mini II ポータブルワイヤレススピーカー Bluetooth対応カーボン SLinkMini II CBN
・GELID:静音ファン Silent 120mm ハイドロダイナミックベアリング採用静音FAN Silent12GELID Silent12
・ENERMAX:PCケースファン TBサイレンス 12cm UCTB12
・BUFFALO:TeraStation RAID6対応 Read.65MB/s 2.0TB TS-XH2.0TL/R6
・アイ・オー・データ機器:ミラーリング対応LAN接続型ハードディスク LANDISK 2TB

まず、例えばLANカードなど新しく購入して増設する形でパーツを取り付けた時に雑音が鳴り始めたら、
新しいデバイス装置の初期不良などが考えられます。

または、接続に不良が出ているおそれもあります。
状態を確認して再度、同じコネクタにつけ直すか、または別のコネクタに差し替えてみます。

作業の後でパソコンを配置し直した際に、本体の下に何かが挟まっていたり、
筐体が壁や別の機器に触れて当たっていると、駆動による振動で音が鳴ることがあるので、
周囲を見渡して、隙間を確保するように設置し直します。

ノートパソコンの場合は、Macbook Airなど近年の性能の高いパソコンではほとんど無音なのですが、
少し前の古いノートパソコンではハードディスクやファンの駆動音がやや大きく響く場合もあります。

なお、ノートPCやモバイル端末を持ち歩いている最中に、いつの間にかスピーカー機能の音が
起動時にボタンの押し間違えや圧迫によって最大音量になっていないかどうか確かめてみてください。

コンピューターの起動時に雑音が鳴る原因と修理方法は? の続きを読む

デスクトップパソコンで電源を付け直す時の故障を防止するには?

デスクトップパソコン(デスクトップコンピュータ:desktop computer)を日々使用していくうちに
時々してしまいがちなミスとして、「電源スイッチボタン」の
押し方やタイミングに失敗してしまう、ということがどうしても稀に起こりがちになりますね。

デスクトップパソコン本体に付いているの電源の起動ボタンは
PCケース正面に設置されている物が多く、すぐ簡単に指でボタンを押して起動できます。

ですが、ここでいくつか、なるべくやってはいけない起動や終了の仕方がもありますので、
急な故障のトラブルを防ぐためにも、日々の取り扱いに少し注意が必要です。

まず、パソコンのOSを終了してから再度起動する際に、
「再起動」ではなく「シャットダウン」をして電源ごと閉じた時には、
もう一度電源ボタンを押して立ち上げる際、30秒~1分くらいの間を置きましょう。

シャットダウン後につい数秒くらいですぐに起動させてしまいがちなのですが、
あまり間が短すぎると、電源ユニットなどに電圧の負荷がかかり、
まだ少し残っている電力の分が過剰に流れて、ショートして故障するおそれがあります。

次に、デスクトップパソコンの起動終了と電源の付け直しを繰り返していくうちに
ほんの少しずつパーツにも負担がかかってその分、寿命も短くなりやすくなります。

そこで、少しデスクトップ画面の操作を中断する時はスリープ(待機)モードにすると、
何かキーボードのキーを押すだけですぐにユーザーアカウントの画面か
デスクトップ画面が出てくるので、時間もかからずに済んで便利です。

また、プログラムのアップデートなどで一度OSを終了する時は
「再起動」で自動的にOSを立ち上げ直した方がスムーズに進みますね。

電源ボタンを押す時は、うっかり指が震えて二連打で押してしまったり
強く押しすぎてデスクトップPC本体が机の上から動いてしまったりすると
故障や接続不良の原因になりかないので、防止のため、焦らずに丁寧に起動してください。

電源自体をシャットダウンするのは一日に一回、使い終わった後くらいの間隔でも良いでしょう。
(ですが性能の低くて古いパソコンの場合、しばらくスリープ状態にしていたら
いつの間にか電源が落ちている、というケースもあるので注意してください。)

デスクトップパソコンで電源を付け直す時の故障を防止するには? の続きを読む

大容量のフォルダを開いた時にメモリ不足でフリーズが発生する時は?

久しぶりにだいぶ前に使っていたパソコン本体を起動して、
写真画像が沢山入っているSDHCメモリーカードのDCIMフォルダを開いたら、
フォルダが最後まで開ききれず一時的にOSがフリーズ(ハングアップ)してしまいました。

パソコンのデスクトップ画面自体のフリーズはしばらくして直ったのですが、
大容量フォルダのエクスプローラ画面は結局、開ききれませんでした。

そのPC本体に搭載されたメモリは256MB×2枚の合計512GBで、
やはりメインメモリが256MB、512MB、1GBくらいの容量だと、
どちらかといえば現在ではスペックが低めな部類に入ってしまいますね。

もちろんCPUやマザーボードの性能、ハードディスクの容量やOSの安定性など、他のパーツや
システム面での性能もバランス的に大切なのですが、やはりメモリの容量は特にわかりやすい数値で
スペックの差がはっきりと見やすい分、出来ればなるべく最大容量を高くしたいところですね。

64bitの[Windows 7]のオペレーティングシステムで搭載できる最大物理メモリの容量は
エディションによって、16GBや192GB、64bitの[Windows Vista]も8GB、16GB、128GBと、
かなりのサイズで十分に余裕が持てます。

しかし一世代前に最も普及していた32bitの[Windows XP]の場合は
Home Edition、Professionalともに「4GBが」最大サイズになります。

また、搭載されているマザーボードにも、取扱いが出来るメモリの容量に限度が設定されています。

大容量のフォルダを開いた時にメモリ不足でフリーズが発生する時は? の続きを読む

購入直後のパソコンの動きが遅い場合の直し方は?

新品のパソコン本体を新しく買って起動させてセットアップを進めていった後でたまに、
まだ新品でアプリケーションソフトをインストールしたりファイルを書き込んでいないのに
なぜか読み込み速度や入力指示の動きが遅い、という場合の直し方について。

まず、Windowsなどオペレーティングシステムをインストールして使えるように
初期設定を行っている間や、デスクトップ画面を最初に開いて間もない時は、
パソコンが準備段階でまだシステムのアップデートなどが完了していません。

そのため、購入して起動した直後の段階ではソフトウェアのインストールや
自動更新が数多く頻繁に行われていて一時的に動作が遅くなることもあります。

しばらく待機しながら次の入力の指示などが出たらその都度操作をして、
パソコン上であらかたの設定や更新の作業が完了するまで待ってみてください。

インターネットに接続して無数のアップデートプログラムをインストールている最中や
コンピューターウィルスの対策ソフトをインストール・セットアップしている最中、
PCを再起動している最中などの時には、読み込みのスピードが少し遅くなりやすいです。

購入直後のパソコンの動きが遅い場合の直し方は? の続きを読む

ユーザーアカウントを追加して読み込み速度を上昇する方法とは?

Windowsのパソコンでは1台のコンピューターを複数の人が使う時に、
それぞれ各個人独自のプライベート的な設定を行うための
『ユーザーアカウント』という、環境設定の機能が搭載されています。

このユーザーアカウントは複数人のパソコン使用以外にも便利な使い道があります。

一つのアカウントを長い事使っていくとそのうちWindowsやアプリケーションの基本設定が
保存されている『レジストリ』(Registry) の規模が大きくなっていきます。

そうなると読み込み速度が重くなって動作がスムーズに進みづらくなり、
だんだんパソコン作業も遅くなって使いにくくなってしまいます。

そこで新しいユーザーアカウントを設定して追加し、そちらをメインにして使用すると、
レジストリもPCの購入初期と大差ない白紙設定の状態から始められるので、
読み込みの速さをまた取り戻して使っていくことができます。

ユーザーアカウントを追加して読み込み速度を上昇する方法とは? の続きを読む

ページングファイルの作成を無効に設定するには?

パソコンにGBの大容量のメモリを複数搭載していて、メモリ不足のエラーが起こる
問題がないようにスペックを上げている時は、よほど重いアプリケーションの
ソフトをいくつも使用でもしていなければ、ほぼ問題なくスムーズに使えます。

そうしたら今度は、ハードディスクドライブの一部に作られている
一時的なメモリ領域「スワップファイル」(スワップ領域・ページングファイル)を
無効に設定しておくと、コンピューターを最適化してより速く動かせるようになります。

まずはスタートからコントロールパネルを開き、パフォーマンスとメンテンスを
クリックして、「システム」のアイコンを選びます。

次に『システムのプロパティ』画面の「詳細設定」のタブを開き、
「パフォーマンス」の項目にある「設定」を押します。

パフォーマンスオプションの画面で「詳細設定」のタブを押し、
仮想メモリの項目にある「変更」ボタンをクリックします。

「仮想メモリ」の画面が開いたら、「ページングファイルなし」の項目にチェックを入れて、
設定⇒OKのボタンを押して、最後に前の画面でもう一回「OK」を押して完了です。

ページングファイルの作成を無効に設定するには? の続きを読む

壊れにくいパソコンとは?

パソコン本体はこの近年で、非常に数多くの種類があり、全く同じ新製品以外は
古い物から新しい物まで様々な条件により一台一台が大小異なります。

PCの主な違いには、製造メーカー、型番、パーツの性能、空き容量、OSのバージョン、
アプリケーションソフト、システムの使い方・設定、内部の埃溜り、使用期間、
配置環境、持ち運びの頻度、周辺機器などがあります。

これら数多くの要素によるコンピューターの違いによって、
壊れやすさと壊れにくさの差異が大きく変わってきます。

まず、基本的にはCPUやマザーボード、メモリ、グラフィックボード、電源など
内部の部品のスペック(性能)が良くて内蔵ドライブの最大容量も大きく、
OSもWindows7やMacOSX v10.7Lionを搭載した値段の高い最新のマシンが頑丈です。

ですがどれだけ性能の良いパソコンでも、使い方や周囲の環境によっては
壊れやすい状況になってしまう場合もあります。

壊れにくいパソコンとは? の続きを読む

PCが重い原因を解消する対処方法は?

メインメモリが4GB、ハードディスクが1TB以上、OSはWindows7でマザーボードやCPU、
電源ユニットも性能が良くビデオカードやサウンドカードもしっかり搭載している、
というようなハイスペックのパソコン本体でも、1年以上使用していると
次第に動作が重くなってくる場合も非常に多いです。

なぜ動作が重くなってくるのかと言いますと、主な原因としてはやはり、
アプリケーションソフトウェアのインストール数が多くなっていることです。

まだHDDの空き領域は900GBも余っているから問題ない、とプロパティ表示では一見問題なく
見えましても、重い常駐ソフトが作動しているとメモリやCPUの使用量の方が圧迫されていきます。

また、WindowsXPやWindows2000のOSに最近のウイルスバスターといった
最近のセキュリティソフトウェアをセットアップすると、動作環境が合わずに、インターネットの閲覧中に
やたらキーボードやマウス指示の反応が遅くなってしまう場合も多いです。

ほかに、たった一つのソフトでも、その格納フォルダの容量が2~3GBほどあって
しかもつい最近に発売されたソフトウェアであると、それがPCに入っているだけで
パソコンのスピードが落ちてしまうケースもあります。

PCが重い原因を解消する対処方法は? の続きを読む

ローマ字入力が出来ない時に修復する方法は?

Windowsのデスクトップパソコンのキーボードやノートパソコン本体のキーボードを
入力操作して、ソフトウェアの画面やインターネットの入力フォームに
テキスト文章を記入している最中に、何かのキーを一緒に押し間違えて
急にローマ字での入力が出来なくなってしまった場合に修復する方法について。

この問題が出た時は、カタカナや英数字しか打てなくなっているか、
またはキーボード上のキー一つ一つに書かれているひらがな文字がそのまま打ち込まれてしまう場合、
または文字入力自体が出来ないパターンなどがあります。

文字変換の変更

まず、半角カタカナやアルファベットしか書けない状態の時は、デスクトップ画面
左下のタスクバーにある言語バーに表示されている文字を確認してみましょう。

「あ」と表示されずに「A」や「カ」と出ている時は、キーボードの
「半角/全角/漢字キー」や「カタカナ・ひらがな・ローマ字」キーを押して、元の「あ」に戻してみてください。

または言語バーを直接クリックして、全角カタカナ、全角英数、半角カタカナ、半角英数、
直接入力の欄から、ひらがなに合わせて直してみましょう。

ローマ字入力が出来ない時に修復する方法は? の続きを読む

パソコンやハードウェアの故障率とは?

PCや周辺機器、サーバなどの『故障率』(faillure rate)とは、コンピュータ装置に
特定パターンの故障が一定の期間内で発生する回数の割合を計算した統計値を指します。

メーカー製品おきの統計により、ハードウェアの安全性を比較できる
一つの基準としても活用することも出来ます。

例えばパソコンショップから購入されたデスクトップ機の中で、
1年以内に壊れたマシン台数の割合は出荷した全体のうち15%、
2年以内では20%、4年以内では30%、という具合に、
時間が経ち測定の期間が延びていくほど故障率は次第に上昇していきます。

グラフで表すと、初めは緩やかな伸びですが、次第に老朽化の発生しやすい時期や
保証期間外になると故障率曲線が急に右肩上がりに曲がっていく場合が多いです。
(下記の統計基準によりバスタブ曲線の向きは異なります)

主に測定する時間の基準はまず出荷してから間もない間の「初期故障期間」、
使用中に突然以上が出る場合の「偶発故障期間」、そして数年間使い続けて
老朽化が起こるようになる場合の「摩耗故障期間」、と分類されます。

パソコンやハードウェアの故障率とは? の続きを読む

グラフィックカードの故障時に交換修理するには?

グラフィックカード(ビデオカード)とは、画像や動画をスムーズに
パソコンで読み込ませるための出力端子が搭載された小型のボードです。

PC内部のマザーボードに拡張カードを取り付けて接続します。

ビデオカードを使うことでグラフィックソフトや動画編集ソフトといった
映像コンテンツなどの製作を行う時の描画速度や読み込みを飛躍的に向上させることが出来ます。

グラフィックカードが故障した時にもBTOパソコンで購入前の最初に取り付けてもらったものを
後から自分で別にグラフィックスカードを購入してパソコンケースを開いて取り付ける方法で、
交換して修理を行っていくこともできます。

グラフィックカードには、ビデオカード(video card)、ビデオボード(video board)、
グラフィックカード(graphics card)、グラフィックボード(graphics board)、
グラフィックスカード(graphics card)、グラフィックスボード(graphics board)、
などの複数の名称があります。

BTOパソコンや、自作組み立てパソコンの場合だとグラフィックカードを最初から付けて
自由にカスタマイズできるのですが、メーカー製のPCだとケースを開くと
保証期間が無効になる場合があります。

もし出来るようでしたらパソコン購入の前かその後にでも拡張サービスで取り付けてもらいましょう。

ビデオカードの破損

初期不良でビデオカードが正常に動かなかったり、長く使用していてボード内部の
グラフィックチップやビデオメモリなどのインターフェースが破損してしまうと、
急に画像読み込みが遅くなったり、場合によってはOS起動画面が表示されないこともあります。

グラフィックカードの故障時に交換修理するには? の続きを読む

CPUファンが故障して回転が止まると障害が起きる?

CPUファンとは、パソコンなどの動作処理を制御する基本処理装置『CPU』
(読み:シーピーユー/Central Processing Unit/セントラルプロセッシングユニット)
の冷却を行うために取り付けられている、扇風機タイプの小型装置で、CPUクーラーとも呼びます。

コンピューターを起動している最中、マザーボードに接続されて常時稼動しているCPUは
全ての部品の中でも非常に高温になり、半導体素子にあまりに熱が溜まると誤作動や
処理の暴走が起きる場合があるため、プロペラ羽の回転で熱を常に冷ましていく必要があります。

パソコンを起動している間はこのクーラーの回転音がj少し聴こえてきます。

ですがファンの接続が何かの衝撃で外れてしまったり、組み立て時に
マザーボードとCPUソケット部分への取り付けがちゃんと出来ていなかった場合は
回転音が鳴らずに止まってしまう場合があります。

また、クーラーの部品に物理的な破損や回路の不具合ガ起きていたり、
羽にホコリやごみが大量に付着してくると冷却が十分にできないこともあります。

パソコン本体は長い事使っていくと、外側ケースの隙間の鉄網部分あたりから
次第に埃が溜まっていきますので、時々は拭き取り通気性を直すことも大切です。

CPUファン(クーラー)が正常に動いていないとコンピューターを起動させてから
あっという間に大事な中央演算処理装置に高熱が蓄積していきます。

そうなると、急にシステムが遅くなったりソフトウェアの動作が停止する、
重い障害だとパソコンの電源を付けてから5分以内に強制的にダウンして止まることもあります。

CPUファンが故障して回転が止まると障害が起きる? の続きを読む

ノートパソコンの性能をパワーアップして修理するには?

お持ちのパソコンを今よりもっと性能を上げてパワーアップさせるには、
まずどのような目的で改良していくかの方針を立てます。

例えばグラフィックソフトや性能の良いウイルス対策ソフトなど、
動作が重く処理も遅くなりやすいプログラムを多数使用していくにはCPUの交換が必要です。

アプリケーションソフトウェアをいくつも同時に使っても問題ないように
したい場合は、メイン・メモリの増設か交換を行いましょう。

数百GB以上、と大量にデータを保存したい場合はハードディスクドライブを
1TB以上の大容量のものに交換する必要もあります。

他にもLANカードやビデオカード、DVDドライブ、サウンドカードなど
用途によって新しい部品を加えていくことでマシンをパワーアップできます。

ノートブック型PCの部品交換

様々な部品やアプリケーションの性能を十分に発揮できるようにするには
基本となるパーツのHDDやメモリ、CPUをスペックの高い新製品に交換しなければなりません。

特にスピードアップ(高速化)を実現したい時は、内部パーツの換装が
ほぼ必要不可欠となりますし、部品同士でのバランスの整えも大事です。

しかし、デスクトップ機と違いノートブック型のPCだと、
本体と部品が小型で取り外しや取り付けの作業が難しい難点があります。

ある程度ディスプレイのインチのサイズが大きい機体など、やや大型のマシンでも
デスクトップより数段難しく、またチップセットの種類や接続の位置を間違えてもいけません。

PCによって独特の配置で構成されていることもあります。

ノートパソコンの性能をパワーアップして修理するには? の続きを読む

ACアダプターから電気が通らなくなる故障の原因と復旧の方法は?

ACアダプター(エーシー・アダプタ)とは、AC=交流電源を直流電源(DC)に
変更して電圧を変換し、小型の電化製品などに電力を供給するための電源装置です。

ある時、ACアダプターが通電しなくなって専用の機器が使用できなくなったら、
どのようにすれば復旧ができる?という疑問について。

プラグの断線による損傷

まず、ACアダプターが破損する理由の多くに、電源コードや付け根の部分のプラグの
折れ曲がりによる、断線の原因が挙げられます。

電化製品の取り扱い説明書にもよく書かれているのですが、電源コードやアダプターは
強く曲げすぎると中身の線が折れたり切れてしまい、DCプラグなどが壊れてしまうこともあります。

そのため、持ち運びや収納の際には、コードの部分やプラグを曲げすぎないように注意が必要です。

ACアダプターから電気が通らなくなる故障の原因と復旧の方法は? の続きを読む

タスクマネージャーで重いソフトウェアを発見して復旧するには?

パソコンに新しく購入したソフトウェア(SOFTWARE)やインストールしたユーティリティーを
インストールして使い始めたら、パソコンの処理速度が遅くなったり指示が重くなった、といった
不具合的な様子の変化が見られた場合は、

『Windows タスクマネージャー』【Windows Task Manager】という搭載機能で
ソフトウェア的な不調の原因を特定して、速度の復旧のための参考にするが出来ます。

「Windows タスク マネージャ」を開く

まずはウインドウズパソコン(NT系:4.0、2000、XP、Vista、7、8/8.1、10、Server)の
デスクトップ画面の表示中に、キーボードのボタンの
Ctrlキー・Aitキー・Deleteキー(コントロールキー・オルタネートキー・デルキー)の
3つを同時に押して、『Windows タスク マネージャ』を開きます。

この画面には、アプリケーション、プロセス、パフォーマンス、ネットワーク、ユーザー、というタブがあります。

タスクマネージャーで重いソフトウェアを発見して復旧するには? の続きを読む

CPU使用率が100%使われると動作速度が遅くなる?

パソコンの動作処理速度がとても遅くなってしまうことが頻繁に起きる場合、
CPU(シーピーユー)の使用率がほとんど使われていて100%になりやすい状態と、
パソコンの性能限界辺りまで使っているのが原因である可能性があります。

インターネットのウェブブラウザを開くのに時間がかかったり、
アプリケーションソフトウェアで作成したファイルを開いたり保存するのにかなり時間がかかる場合などがあります。

CPUの使用率を確認するには、まずデスクトップ画面下のタスク部分を⇒クリックしてWindowsタスクマネージャを開き、
パフォーマンスのタブを選ぶとCPUとPFの使用率が表示されます。

CPU使用率が100%使われると動作速度が遅くなる? の続きを読む

パソコンの内部に専用カードを差したままでも大丈夫?

ノートパソコンには、インターネット通信を行うためのLANカードや外部データ保存用の
メモリーカードアダプタ、外付け機器用のインターフェースカードなどが入っています。

またデスクトップパソコンにも、用途によって、グラフィックボード(ビデオカード)やサウンドカードといった、
パソコンの機能を拡張するためのPCカードを挿入するための差込口がマザーボードにあります。

これらはUSBメモリやSDメモリーカードなどのリムーバブルディスクとは少し違いまして、
USBポート用ではなく、基本的にはずっと差し込んだままにしても機能に問題はありません。

よほど大量につけている場合は別として、専用カードの差し替えが面倒な場合は付けたままでも大丈夫です。

パソコンの内部に専用カードを差したままでも大丈夫? の続きを読む

ソフトウェアのアップデート後に動作異常が発生したら?

Windows OSやウイルス対策ソフト・IEをはじめ、パソコンやモバイル端末のシステムや
ソフトウェア・ツールは、製作元のメーカーで新しいプログラムが作られた時、
インストールしたプログラムをインターネットを通して自動的にアップデート(更新)
するようにセットされている優秀なものが多くあります。

しかしまれにアップデートの後に急に読み込み動作が遅くなったり、
もしくは画面が開けなくなる、一部のツールが使えなくなる、という場合もあります。

例えばセキュリティ対策ソフトやCGグラフィックソフトなど、有償でかつ大容量な
プログラムの場合、一番新しいバージョンだとCPUやメモリの性能が良くなければ
読み込み速度が非常に遅く感じたり、フリーズの原因になるケースもあります。

ソフトウェアのアップデート後に動作異常が発生したら? の続きを読む

Windowsパソコンの動作環境を確認するには?

今、最も普及しているオペレーティングシステム『Windows』(ウィンドウズ)のパソコンをお持ちで、
そのPCの実際の動作環境(スペック)を確認したい、という場合のチェック方法について。

まず、パソコンの電源を入れて起動し、デスクトップ画面を開きます。

そしてWindowsの[スタート]メニューを開きます。

検索窓に「dxdiag」と入力してEnterキーを押します。

Windowsに標準搭載されている「DirectX 診断ツール」が開き、
最初に「システム」のタブで表示されます。

コンピューター名、オペレーティングシステム、言語、システム製造元、
システムモデル、BIOS、プロセッサ、メモリ、ページファイル、DirectXバージョン
といった詳細がそれぞれ表示されています。

タブを「ディスプレイ」に移動すると、現在デバイスにアクセスして使用しているモニタの詳細が出てきます。

[サウンド]のタブでは今繋げているスピーカーの詳細、
[入力]のタブではマウスやキーボードの詳細を確認できます。

PCのハードウェア上の問題のチェックについてはパーツの見た目の様子では
やはりわからない部分もあるため、判別が難しいこともあります。

Windowsパソコンの動作環境を確認するには? の続きを読む