「レコーダー」のページの案内

『レコーダー』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

レコーダー


「レコーダー」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「レコーダー」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

レコーダーのハードディスクのデータを取り出しするには?

映像データなどを記録する装置であるハードディスクレコーダー(hard disk recorder)が、
急に何かの原因で故障して動かなくなってしまうと、撮影した動画や録画していた番組といった、
ビデオデータなどが多くの場合、閲覧できなくなってしまいます。

そこで、HDRに内蔵されているハードディスクをレコーダーの装置本体の内部から取り出しして、
別の機器などで読み込んで再生したい時には、どのように対処をすればいい?という疑問について。

一時的に他の機器にHDDを移し替えて読み込む方法とは?

まず、故障したレコーダーの製品の他に、もしご自身でもう一台、
同じメーカー製品で別のレコーダーを所有されているか、知人が一台お持ちだった場合は、
そちらにHDDを一時的に移し替えたり、外部から接続をして動画などのデータを読み込む方法があります。

(注意として、ドライブに施された「フォーマット」の互換性やシステム設定の相性が合わなかったり、
 また特に最近の製品にあるプロテクトのため、中身のフォルダーの読み込みができないことがあります。

 HDDレコーダーの製品同士の違いや認証番号の違いで開けないことも多いので、事前にご了承ください。)

個人で作業を行うのが難しそうな場合には、プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
手順の代行を行ってもらい、ムービーなどのデータのサルベージをしてもらうこともできます。

レコーダーのハードディスクのデータを取り出しするには? の続きを読む






東芝のHDDレコーダーのRD(レグザ)のデータを復活

DVD・BDやHDDレコーダーの製品である、東芝のRD(レグザやヴァルディア)のシリーズをお使いの際に、
番組を録画していたら掃除中にコードが抜けてしまったり、停電でブレーカーが落ちて止まった、
といった衝撃で故障してしまったり、または撮影して保存した動画データを間違えて削除した場合に、
後から誤った操作で消えた動画ファイルの復活を行うことはできる?という疑問について。

レコーダーが壊れた時に内蔵のハードディスクドライブは無事?

まず、壊れたレコーダーのうち内蔵のハードディスクドライブの回路が故障していなければ、
あるいはトレーに差し込みした、BDやDVDのディスクの盤面が破損していなければ、
まだ中身の保存した映像のデータファイル自体はそのままで、無事である可能性が高いです。

1テラバイト以上の大容量を用いて、大量の録画データを撮ることができるHDD搭載のDVDレコーダーも、
数年間以上使用していると、やはり内蔵のHDDが大分傷んできて老朽化したりと、
いつかは物理的に故障してしまいます。

そのため、RDシリーズのREGZA(レグザ)またはVARDIA(ヴァルディア)といった、
HDD/DVDレコーダーの製品を購入されてから、ある程度の時間が過ぎて、
少しずつ機材が壊れ始めてくる前に、念のために予備のハードディスクまたはDVD-Rなどに、
必要なデータファイルはすべて定期的にバックアップをしていった方が、安全に運用ができます。

ですが、撮影した動画ファイルをHDDに移行する際に、別の場所にバックアップを取っていなかったり、
ハードディスクが壊れて、それまでに保存したデータが全部残ったままであると、
レコーダーや外付けのケースからの読み込みが、そのままでは出来なくなってしまいます。

破損した機材のHDDからデータを取り出しするのは、個人では難しい点も多いため、無難に行うには、
専門のデータのリカバリーサービスにて、復元の対処をしてもらわれることを推奨します。

東芝のHDDレコーダーのRD(レグザ)のデータを復活 の続きを読む






HDDレコーダーが壊れて動かない時に録画データを開くには?

ハードディスクレコーダー(HDD Recorder)を使っている際に、ある日急に故障してしまい、
正常に機能が動かなくなって内部に保存していた撮影動画や録画した番組が見れなくなったら、
どのように修復をすれば、もう一度データファイルを開き直すことができる?という疑問について。

ハードディスクレコーダーが故障する主な原因とは?

まず、ハードディスクレコーダー(Hard Disk Recorder)はノートパソコンやスマートフォンと違い、
持ち運びの機会は少ないので、それほど衝撃や外部環境の影響で異常を起こすことは少ないです。

しかし、ハードディスクが搭載されているビデオレコーダーが壊れて動かなくなる主な原因として、
長時間の連続使用で、HDDやコントローラー(基板)をはじめとする部品に負荷がかかったり、
電源コンセントが差込口から抜けたり、停電が起きた時に、壊れてしまう危険があります。

また、周囲に熱しやすい物や水気を出す物が置いてあると、装置の故障につながる可能性もあります。

ほか、日光にさらされる場所や電磁波、砂埃などに当てられる場所に置くと、機械が破損するおそれがあります。

特に、重要な基板が壊れて動かなくなった場合は、一般の個人では破損した部品は対処ができない故障となるため、
基本的にはメーカーの補償サポートに出すか、コンピューターの修理サービスで修復してもらうことを推奨します。

また、内部の保存されたムービーのデータファイルが開けなくなった時は、
まだ適切な処置を行うか、専門のサービスにて、読み出しができる見込みがあります。

HDDレコーダーが壊れて動かない時に録画データを開くには? の続きを読む






MTR(マルチトラックレコーダー)の録音データが破損したら?

デジタル式の多重録音機のマルチトラックレコーダー(MTR)をお使いの際に、本体が故障してしまったり、
録音をしたりストレージに保存をしていたデータが、急に破損して聴くことができなくなった時は、
どのようにすれば音楽データを後から復旧することができる?という疑問について。

マルチトラックレコーダーに録音したデータが聴けなくなるトラブル

まず、以前はCDカッティング用のマスターテープがなくなってしまったり、
録音した音質が悪くなってきた、といったトラブルが多かったのですが、
近年では、データのデジタル化に特有な破損のアクシデントが出てくる面があります。

あるいは、機械に弱い水気や高熱、低温、日光、電磁波、砂埃などが当たる場所に、
マルチトラックレコーダーを長期間置いていると、故障が早まってしまうおそれがあります。

また、内蔵されたハードディスクドライブが、ある日壊れて反応しなくなり、
MTRの中に録音してあった音楽データが再生できなくなったり正常に聴けなくなった、
というハードウェアのトラブルの事例も、時より発生している部分もあります。

基本的に、マルチトラックレコーダーのパーツが故障した時は、代わりの部品に交換をするか、
メーカー先や専門のコンピューターの修理サービスで、修復してもらうことができます。

MTR(マルチトラックレコーダー)の録音データが破損したら? の続きを読む






ICレコーダーで録音した音響や音楽のデータは復元できる?

音楽や音響、また音声のデータを録音する、専用のフラッシュメモリ・マイクロフォンが搭載された、
オーディオ機器の「ICレコーダー」(digital voice recorder)から、必要なBGMなどのデータを失った時に、
後から復元することはできる?というご質問について。

ICレコーダーで録音した音声や音響・音楽のデータを失った時は?

まず、集積回路(integrated circuit)で稼働するICレコーダーに、ゴミ箱の機能が搭載されていましたら、
そちらのフォルダーを開いて、前に間違えて削除したファイルがあるかどうかを確認されてみてください。

録音した音声・音響のファイルや音楽のデータを選択して、
「元の場所へ戻します」といった操作をすることで、以前の場所に失ったデータの復旧ができます。

あるいは、SDカードやパソコンのローカルディスク、外付けHDD、クラウドサービスなどに、
前に失ったデータと同じものをバックアップしていたかどうかを、確認されてみてください。

メモリーカードにあったけれどだいぶ前に初期化してしまった、といった場合は、
専門のデータ復旧サービスにて、消えた拡張子の復元の作業を行ってもらうことができます。

ICレコーダーで録音した音響や音楽のデータは復元できる? の続きを読む

レコーダーでHDDが認識しない時にデータのアクセスを復旧

映像や音楽コンテンツを記録・再生する電子機器の、レコーダー(Recorder)をお使いの際に、
筐体に内蔵されているハードディスクドライブ、または外付けHDDケースの読み込みが認識しない時に、
データ記憶装置へのアクセスの状態を復旧するには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

録画・録音の装置からエラーのランプやブザー音が鳴っていたら?

まず、HDDレコーダー、またはブルーレイ・DVDレコーダーやICレコーダーに内蔵された、
ハードディスクドライブが、システム上で認識できない場合の、修復の仕方について。

ひとまずは基本としまして、レコーダーの本体からランプが特殊な点灯・点滅をしていたり、
エラーのサインのようなブザー音(ビープ音)が鳴っていたら、録画・録音の装置に問題が起きています。

ひとまず、レコーダーの製品を購入された時に同梱されている取扱説明書を開いて、
ランプの光り方や音の鳴り方をヒントに、どういったアクセスのエラーや故障が起きているか、
一覧表からチェックをして、そちらに合った修復の手順を試されてみてください。

自身では対処が難しそう、という際には、レコーダーに対応されている、
コンピューターの修理サービスで、復旧の代行作業を行ってもらうことができます。

レコーダーでHDDが認識しない時にデータのアクセスを復旧 の続きを読む

BD・DVDレコーダーのディスクやHDDのデータを復活

ブルーレイレコーダーで取り扱うBDのディスクや、DVDレコーダーの光ディスク、
または内蔵のハードディスクドライブに保存した撮影動画や録画した番組を、間違えて削除してしまったり、
ファイルの読み込みができなくなったら、ムービーなどのデータを復活することはできる?という疑問について。

BDやDVDディスクの傷や汚れを修繕する方法とは?

まず、ブルーレイディスク(BD)やDVDのディスクの盤面にキズや汚れが付いてしまい、
撮影した映像の動画データや録画した番組の読み込みができなくなった場合に、修復をする方法について。

ひとまず、あまり深い傷や汚れでなければ、Discの盤面を研磨機にかけて、洗浄して修繕する方法があります。

市販のディスククリーニングキットに、Blu-rayまたはDVDのディスクをセットして、
機器で回転をさせて研磨による修復を実行します。

レコーダーやDVD/BDのドライブまたはプレーヤーの装置にある、トレーの方が汚れている場合には、
ドライブ装置用のクリーニングディスクを差し込みして、内部を洗浄することもできます。

また、ディスククリーニングのサポートを実施された電気店や、
専門のコンピューターの修理サービスで、BDやDVDのディスクの修繕をしてもらうこともできます。

BD・DVDレコーダーのディスクやHDDのデータを復活 の続きを読む

HDDレコーダーから削除したデータを復元するには?

デジタルオーディオでのビデオムービーの保存や、音声の録音といった用途で使う装置である、
ハードディスクレコーダー』(Hard Disk Recorder)を日々使用している際に、
撮影や録画で保存していたムービーのファイルを、間違えて「削除」や「初期化」の動作を実行して
消去してしまった場合には、どうすればHDRのデータを復旧することができる?という疑問について。

ハードディスクのデータを間違えて削除した時は?

まず、SONY(ソニー)や東芝のレグザ(RD)など、お使いのHDDレコーダーの機種にゴミ箱の機能がありましたら、
そちらを開いて、間違えて以前に削除した動画ファイルがまだ残っているかどうかをご確認ください。

対象のファイルがありましたら、そちらの拡張子を選択して、「元に戻す」といった操作をして、
前に配置されていたハードディスク内のディレクトリの場所に、データを復元することができます。

ゴミ箱の内部の空き容量が埋まっていて、古いデータがすでに自動的に消去されていた場合は、
レコーダーに対応された、専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
ストレージを検査して復元の作業を行ってもわわれるのが、最も確実な方法になります。

HDDレコーダーから削除したデータを復元するには? の続きを読む

ブルーレイディスクレコーダーが故障した時にデータを復旧

ブルーレイディスクレコーダー(Blu-ray disc recorder)を日々お使いの際に、
装置の回路が故障して使用できなくなってしまった場合に、
ブルーレイディスクやHDDに記録された映像データを復旧するには?という疑問について。

Blu-rayのディスク媒体やHDDのデータは無事?

まず、ブルーレイディスクレコーダーの本体が故障してしまっても、
トレーに差し込みして使っているBlu-rayのディスク自体に、
大きな傷が付くなどの破損がなければ、データそのものはまだ無事であることがほとんどです。

別のBDレコーダーをお持ちであれば、そちらに差し替えて、
データの再生やバックアップをすることで、ひとまずは読み出しの解決ができます。

また、ハードディスクドライブが内蔵されている製品も、データ復旧のサービスに提出して、
ストレージの方を本体から取り外してもらい、映像などのファイルを取り出してもらうことができます。

ブルーレイディスクレコーダーが故障した時にデータを復旧 の続きを読む

ICレコーダーから削除したデータファイルを復旧するには?

ICレコーダー(digital voice recorder)に保存されていたMP3の音楽ファイルなどの、
データを誤って機器を操作をしている時に、またはパソコンにUSB接続をしている時に、
削除してしまったため、消えた拡張子を後から復元することはできる?という疑問について。

ICレコーダーからデータを誤って消去したら?

まず、ICレコーダー自体には、データファイルの復元機能は基本的に備わっていません。

またWindowsのパソコンからエクスプローラーの画面などで削除した場合は、
ゴミ箱フォルダーにも移動されず、そのまま消去されてしまいます。

ファイル履歴といったデータのバックアップ機能でも、パソコンの外部のリムーバブルディスクや
同期接続したコンピューターのデータの保存と復旧は対象外であるため、ご注意ください。

ICレコーダーから削除したデータファイルを復旧するには? の続きを読む

ハードディスクレコーダーの故障を修理するには?

撮影した動画や、番組といった映像を録画してデジタルデータとしてファイルに記録できる、
ハードディスクレコーダー』(Hard Disk Recorder)を日々使用している中で、
ある日、突然レコーダーの装置が動かなくなって壊れてしまったら、
どのようにすればエラーから修復をしたり、故障からの修理をすることができる?という疑問について。

HDDレコーダーが故障して動画データが再生できない時は?

まず基本としまして、HDDレコーダー(HDR)の製品の箱に同梱されている取扱説明書を取り出して、
問題が発生した時の「トラブルシューティング」についてのページを確認してください。

例えば、電源ケーブルなどのコネクタの位置を差し間違えていたり、いつの間にかコードが引っ張られて、
端子がコンセントが外れたり、もしくは線が切れたり押し潰れたりしていないかどうかを、見直されてみてください。

ハードディスクレコーダーの本体と別の出力・入力機器を繋ぐケーブルが破損した時は、
新しいケーブル(コネクタ)をメーカーから取り寄せて、交換をする必要があります。

また、それぞれの付属の装置の電源が、オフになっていないかどうかもチェックされてみてください。

また、例えば暑い季節での長時間の稼働により一時的に熱暴走が発生して、
フリーズや強制シャットダウンなどが起きて、動画データが再生できなくなるケースもあります。

その時には、しばらく電源をオフにして、すべてのコードを外して長時間そっと冷ましてから点検をみてください。

システムに問題が発生した時は、インターネットに接続してアップデートによる修正パッチを行ったり、
または一度、購入した時の状態にシステムをリセット(初期化)して修復する方法などがあります。

またこれらのトラブルは、メーカーのカスタマーサポートか、
レコーダーに対応されたコンピューターの修理サービスの方で、修復をしてもらうことができます。

ハードディスクレコーダーの故障を修理するには? の続きを読む