『DVD-RAM/RW』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。
DVD-RAM/RW のカテゴリ


ページ案内

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。




DVD-Rをフォーマットした後でファイルを復旧するには?

パソコンの用データの記録用メディアとしても使用されている『DVD-R』(Digital Versatile Disk Recordable、
(デジタル・ヴァーサタイル・ディスク・レコーダブル)
は、
ディスクに最大容量の範囲内で一度だけ書き込みができる媒体です。

DVD-R

設定された容量の最大値である片面1層:4.7GB、片面2層:8.5GB、あるいは両面各1層:9.4GBの
範囲内であれば、小さい容量のファイル群などを繰り返して何度か書き込みもできます。

一回保存をした分の容量は差し引かれてもう元には戻らないのですが、
しかしDVD-RやCD-R、BD-Rでもディスクの[フォーマット]を行うと、
一度記録したファイルを普通に削除する事ならできます。

しかし「自分で消去ができる」、という点で逆に間違えやすいトラブルとして、
DVD-R等に書き込まれていた替えのない大事なファイルなどを
うっかり初期化して削除してしまったら、少し困った事になる場合もあります。

そんな時に、すぐに元に戻せる方法はある?という疑問について。

まず、DVD-Rはパソコン本体の内蔵ドライブの領域の外側の媒体なので、
Windowsの[システムの復元]やMac OS Xの[Time Machine]等の標準機能では
自動的なデータのバックアップが基本的に行われません。

DVDのフォーマット(初期化)をしてしまうとDISCにあった全ての拡張子やフォルダは、
表示上ではひとまず削除されてしまい、
「このフォルダは空です。」といった一文が出てくるだけになります。

ですがこの段階ならあくまで「DVD-Rを初期化させて消去した」、
という命令をディスク媒体に書き込んだだけの状態です。

DVD-RWやCD-RW、BD-REと違いDVD-Rは初期化させても最大容量はフォーマット直前の時のまま
差し引かれた状態なのですが、以前に記録していたファイルの[痕跡]の方ならすぐには消えていません。

そこからまだ何も新しいファイルを書き込んでいなければ、
見えない部分にデータの痕跡が高い割合で残っています。

DVD-Rをフォーマットした後でファイルを復旧するには? の続きを読む

DVD-RWのデータがPCで見れない時の原因と復旧方法は?

DVD-RW [DVD-ReWritable:ディーブイディー(マイナス)リライタブル]とは、
データを書き込みできる回数が一度きりのDVD-Rと違い
1000回ほどのファイルの書き換えが可能な両面4.7GBのディスクメディア媒体です。

パソコンやサーバーなどのコンピューター上で使うファイルのバックアップを行ったり
データの外部持ち出しや受け渡しのために使う[記録用](データ用)のDVD-RWと、
音楽や映像の[録画用](映像用)のDVD-RWが販売されています。

主な記録用DVD-RW製品

・三菱化学メディア:Verbatim DVD-RW 4.7GB くり返し記録用1-2倍速 5mmケース 10枚パック5色カラーDHW47NM10V1
・SONY: DVD-RW4.7GB データ用 6倍速対応ホワイトプリンタブル5枚パック 5DMW47HPS6
・TDK:データ用DVD-RW 1-2倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 超硬シリーズ10枚パック DRW47HCPWA10A

DVD-RWに書き込みしてあるデータをパソコンで開いて見るには、デスクトップPCやノート型PC
に内蔵されているDVDドライブのトレイに挿入して、読み込みをすることで開けます。

古いパソコンに搭載されている[内蔵CDドライブ]や[FDドライブ]では
規格が合わないためDVDディスクが読み込めないのでご注意ください。

またネットブックなどのサブノートパソコンにはハードディスクの容量も低く、
DVDドライブが内蔵されていないマシンが多いです。

これらのPCでデータを見るためには、別売の[外付けDVDドライブ]を購入して
USB接続をしてデバイスに認識させてからDVD-RWを読み込みして開きます。

また、プロのデータ復旧サポート店の方で、データ記憶装置の検査をしてもらい、
書き込みしたファイルを読み込んで救出してもらうこともできます。

DVD-RWのデータがPCで見れない時の原因と復旧方法は? の続きを読む

パソコンがDVDやCDディスクを読み込まない時の復旧方法

デスクトップパソコン本体や、ネットブック以外のノートパソコンには大抵、
CD-RやCD-RW、CD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD-ROM、DVD-RAM、
BD-R、BD-REなどのディスクメディアを読み込むための「DVDドライブ」
(またはCDドライブ・BDドライブ)という装置が内蔵されています。

PCを起動させてこれらのディスクをドライブにはめ込んで閉じると、
普通はそのまま自動的にディスクが認識されて、中身のファイルを開いたり、
もしくは音楽や映像をメディアプレイヤーで展開できます。

[製品例]
 ワイドプリンタブル スピンドルケース50枚入DR-47WWY50BNT
・TDK製:データ用DVD-R 1-16倍速対応ホワイトワイドプリンタブル 50枚 DR47PWC50PU
・HP製:データ用CD-R 700MB 52倍速対応 パールホワイトディスク50枚 CDR80HPSBX50SA
・ALL-WAYS製:CD-R700MB1回記録用  1-52倍速スピンドルケース50枚入り
・Victor製:映像用ブルーレイディスク LTHタイプ1回録画用 130分 25GB4倍速 BV-R130FW20

しかし稀に、CD(Compact Disc)やDVD(Digital Versatile Disc)、
BD(Blu-ray Disc)を入れても、何も反応せず読み込まないトラブルが
出てしまう場合があり、kの際にはどうすれば復旧できる?という疑問について。

ドライブに対応されているかを確認

まずは、一度ドライブを開いてCDやDVDのディスクがちゃんと裏表正しく、
枠に沿った位置にはめ込まれているかどうか確認してみて下さい。

普段使っていないパソコンに差し込んだ場合、ドライブがそのディスクに
対応されている製品であるかどうかもご確認ください。

例として、ブルーレイディスクはDVDドライブでは読み込みできず、またDVDは、
CDドライブでは読み込めません。DVD-RAMの場合も、スーパーマルチドライブなど
専用の読み書き対応の光学ディスクドライブでのみ、読み込みできます。

もしディスク裏面の記録面に大きな汚れや引っかき傷が付いていた場合は、
市販のレンズクリーナー(専用研磨機)を購入して裏面をクリーニングして、
光の読み込み具合を修復することで読み込みが復旧できる見込みもあります。

パソコン自体が故障していると思われる場合には、PC修理店かデータ復旧センターに注文をして、
コンピューターの修理、あるいはファイルの救出の作業を行ってもらわれることを推奨します。

パソコンがDVDやCDディスクを読み込まない時の復旧方法 の続きを読む

データディスクの書き込みファイルは復旧できる?

データディスク(Data Disk)は、CD-RやCD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、BD-R、BD-RE
といった、パソコン上の電子ファイルデータを書き込んで保存し、移し変えるためのディスク媒体です。

あるいは、オンラインサービスの「拡張データディスク」などの意味でも使われています。

PCで使う記録用データディスクは配布用に焼きこみをしたり、他所の場所にあるパソコンで
読み込みするため、または貴重なデーターのバックアップを取るため、と様々な目的で使われます。

CDやDVD、ブルーレイはMOやUSBメモリと違い、1枚の円盤の裏面が剥き出しの状態になっていて、
キズや小さなごみ、汚れが付きやすく、
版面が傷んでくるとドライブでの読み込みに支障をきたす場合もあります。

これらの傷や埃、汚れは専用の市販ディスククリーニングキット(研磨機)に
かけて綺麗に表面を掃除する事で、ある程度の修復が可能です。

しかしあまりひどい異物や成分入りの水分の付着、大きなひっかき傷は、一般個人では
完全には直らないもありますので、貴重なデータディスクの保管にはある程度の気配りも大切です。

データディスクの書き込みファイルは復旧できる? の続きを読む

DVD-RAMから読めないデータを取り出しするには?

DVD-RAM(ディーブイディーラム)とは
DVD Random Access Memory(ランダムアクセスメモリー)の略称で、
記録型Digital Versatile Disc 【デジタル・バーサタイル・ディスク】の
規格の一種でありPDの後継メディアとも言えるデータ保存ディスクです。

記憶可能な容量は片面で4.7ギガバイト・両面で9.4ギガバイト。
上書きや削除などの書き換えが可能な上限回数は10万回程とされています。

また、カートリッジで包まれているものと、剥き出しのものがあるのも特徴です。

ディスクから内部を読み取れない原因

RAM(ラム)は-ROMや+RWと違い書き換えが約100000回と圧倒的に多く可能なので
劣化や寿命はなかなか迎えずに通常は長く使えるものの、
それでもまだ様々な要因で破損やエラーが発生する可能性もあります。

円盤の表面の傷など、読み込み側に引っかき傷や指紋、汚れ、水滴などが付着すると
区画構造が破損して正常に読み取れない場合もあります。

その際には綺麗な専用の布で拭き取ったり、ディスククリーニングキットにかけるか、
PC修理サービス店で、裏側の版面の清掃を行ってもらうことをおすすめします。

次に、ドライブ装置の認識エラーにより、DVD-RAMドライブやレコーダーに故障が起きて、
ディスクを読み取り出来ないケースもあります。

あるいは、パソコンで読取装置が周辺機器として認識されえないエラーが出る時もあります。

また、フォルダーに書き込みしたファイルフォーマットを間違えて削除したり、
OSやボリュームを初期化した影響で消去されてしまう論理障害のトラブルもあります。

なるべく確実に、消えたファイルを元に戻したい、という際には、プロのデータリカバリーサービスに
注文をして、復元作業を行ってもらうことを推奨します。

DVD-RAMから読めないデータを取り出しするには? の続きを読む

DVD+RWの書き換えや消去の後でデータを復元するには?

DVD+RW(ディーブイディー・プラス・アールダブリュー)のディスクは、DVD-RW(マイナス)と同じく
データの書き換えが可能なDVD規格の一つです。記憶できる容量は片面4.7GB。

DVDマイナスとプラスとで名称が似ているのですが、+の方が後から発売され、
より高い互換性があるディスク製品です。

DVD+RW

追記型ディスクのDVD+Rと違い何度も書き換えや削除ができまして、
録画用と、パソコンでの記録用といった種類があります。

DVD+RWは『マイナス』の後で登場したため、DVDドライブやパソコンでは
再生や書き込みが対応できないものも多いのですが、近年のパソコンや
『BUFFALO USB2.0対応外付けDVDドライブDVD-RAM/±R/±RW DVD±R 2層対応20倍速DVSM-X20U2V』
といった読み込み可能な外付けDVDドライブで開く事ができます。

各メーカーの販売製品

TDK
『TDK データ用DVD+RW 1-4倍速インクジェットプリンタ対応ホワイト5枚パックD+RW47PB5S』

三菱化学メディア
『三菱化学メディア DTW47U104.7GB PCデータ用DVD+RW10枚』

ソニー
『SONY DVD+RW 録画用120分4倍速対応ホワイトプリンタブル5枚パック5DPW12HPS』
『SONY DVD+RW 4.7GBデータ用4倍速対応ホワイトプリンタブル5枚パック5DPW47HPS』

日立マクセル
『maxellデータ用DVD+RW4.7GB4倍速対応インクジェットプリンタ対応ホワイト5枚5mmケース入D+RW47PWB.S1P5S』

しかしデータの書き込みに使っていたDVD+RWディスクがある日読み込めなくなったり
間違ってフォーマットや削除で全部ファイルを消去してしまった場合、また裏面に
大きな引っかき傷や汚れが付いてしまった場合はどうすればいい?というトラブルの解消について。

まず、DVD+RWディスク自体がなぜか読み込めない、という場合は
『ディスク認識エラーの解消用DVDレンズクリーナー』などを使って
裏面の汚れやキズを修繕してみましょう。

よほど大きな傷やひどい汚れの付着は市販の研磨機では十分に元に戻らないこともあるため
見た目難しそうでしたら修復の専門業者の方へ注文をした方が良いでしょう。

録画用ディスクの場合は画質や音質がこれで綺麗に戻ったり、
記録用ディスクの場合は正常にファイルが読み出せることもあります。

また初めて使う場合、お持ちのドライブ装置やレコーダー/プレーヤーが
DVD+RWに正式に対応されているかどうかもご確認下さい。
使用されるCD/DVDライティングソフトも確認されてみましょう。

DVD+RWの書き換えや消去の後でデータを復元するには? の続きを読む

巡回冗長検査 CRCエラーを修復するには?

巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check:略称 CRC-シーアールシー)とは、
パソコンやCD、DVDディスクメディアといった媒体でのデータが出力先の装置への転送や格納、
上書きなどの処理が正常に行われているかどうかをチェックするためのエラー検出システムです。

「誤り検出方式」(error detecting system-エラー・ディティクティング・システム)
とも呼ばれ、CRCのほかにパリティ・チェック(奇遇検査)や
ハミングコードチェックといった、冗長ビット数の検出方式もあります。

しかしこれらの媒体の読み込みやアクセス・接続・データ移行/削除を行う際に、
時々『巡回冗長検査(CRC)エラー』と表示されて動作ができない事があります。

主な原因に、ハードディスクのエラーの読み取り不良や誤り制御の失敗、CD・DVDディスク/ドライブの傷や
汚れによる読み取り不良、ファイルの焼き込みミスやコピープロテクト、空き領域の不足などがあります。

復旧の手順

まずは、ディスクの読み込み面にキズや埃が付着していないか、
またはデータ書き込みができないように設定されていないか、お確かめ下さい。

版面に付いた少々の引っかき傷や付着物程度でしたら、
ディスククリーニングの研磨機にかけて修復することができます。

・パソコンのHDDに問題がある場合は、まず空き容量が十分に残っているかをマイコンピュータの
プロパティ画面で確認して、ゴミ箱を空にする、またディスクデフラグやクリーンアップを行いましょう。

データ記憶メディア自体に大きな傷が付いたり、ケースやチップが割れてる場合は
それ以上の使用を続けるだけで破損がさらにひどくなるおそれがあるので
一度取り外して、専門のデータ復旧業者の方へ、ディスクに起きたエラーの状態を
詳しく伝えて、診断サービスに出してみることを推奨します。

巡回冗長検査 CRCエラーを修復するには? の続きを読む

PD(Phase change Dual)のデータも復元可能?

PD【Phase-change Dual/Phase-change Disc】とは相変化ディスクとも呼ばれる、
松下電器産業にて開発された書き換え可能なデータ保存ディスク媒体で、
DVD-RAMの前機種にも当たります。

Phase-change Dualに記録できるデータ容量は650MBで内蔵型・外付け型があります。

やがてMOやZIP、DVD-RAMなどが普及したため市場から撤退されたのですが、
PDドライブや以前のDVD-RAMドライブで読み込み使う事は可能です。

PDをメインで使っていた当時はまだデータの復旧サービスやソフトウェアの技術が今ほど
発達・普及していなかったので復元がうまくできなかったため今の高性能になったソフトウェアや
充実したリカバリーサービスでPD内データの復元をためしてみたい、という際。

または現在もまだPhase-change Dualを少し使っていて
急に故障ないし誤った操作でのファイル削除トラブル等が起きてしまった際。

今となっては古い記録ディスクだけど現在のソフトやサービスでもデータ復旧は可能?
という疑問について。

PD(Phase change Dual)のデータも復元可能? の続きを読む

DVD±RやRWのディスクデータが読めない時に修復するには?

電子データの記録用のディスクメディア『DVD±R/RW』(ディーブイディー)は、
ブルーレイディスクが普及する前にも映像データの記録用メディアとして用いられている
DISC媒体で、今現在もBD以上に幅広く普及されています。

映像データの再生用の高画質なメディアとして非常に高い需要があります。

ですが、コンパクトサイズでカートリッジに保護されているMOやMD、またハードディスクドライブや
USBメモリ、SDメモリーカードと違い、円盤の裏側の版面にあたる基盤や反射層が
むき出しになっているため、CDやDVDやブルーレイディスクは
傷や汚れが付きやすいという点があります。

使っていくうちに次第にデータに雑音や映像のかすれが出てきたり、時々データの表示が途絶えたり、
急に読み込めなくなった時は、どうすれば修復できる?という疑問について。

まず、お使いのDVDドライブやレコーダーのトレーから取り出して、
DVD±Rの版面を専用のクリーニングクロスで綺麗に拭き取ります。

読み取り装置のトレーに付いたホコリや汚れも拭き取って、
試しに別のDVDディスクを挿入して読み込みます。

そちらのディスクが正常に読み取れましたら、もう一枚のディスクに問題が出ている可能性があります。

DVD±RやRWのディスクデータが読めない時に修復するには? の続きを読む

DVD-RやRAM、RW、+Rのデータをバックアップするには?

近年、記録用のディスクメディアは一部で『ブルーレイディスク』(Blu-ray Disc)に
需要が徐々に移り変わりつつも 現在ではまだまだ
DVD』(Digital Versatile Disk)が一般的に普及されています。

一回のみの焼き込み型のDVD-R、DVD+Rや、複数回の書き込み、消去、上書きが可能な
DVD-RW、DVD-RAM、DVD+RW・DVD+DL、
また読み取り専用のDVD-ROM(DVD-Videoなど)といった種類のディスクがあります。

主に映像作品の記録やパソコンデータやプログラムの保存などに使用されています。

一般的に販売されているコンピューター用のDVDディスクは主に、
個人でのパソコンの大容量データのバックアップ用メディアとして普及しています。

ディスクへの書き写しはKB(キロバイト)やMB(メガバイト)の単位でしたら
右クリックのスクロールによるコピーでも十分なのですが、
数GB(ギガバイト)かそれ以上の大容量ファイルをコピーされる2倍は時間がかかります。

ケーズデンキやコジマ、ビックカメラ、ヨドバシカメラなどの店頭やオンラインで市販されています
各種のバックアップ用ソフトウェアを使用されると安全かつ効率的に保存作業を行うことができます。

また、専門業者のパソコン修理サポートセンターや、データリカバリーサービスでも、
バックアップの代行作業が実施されています。

DVD-RやRAM、RW、+Rのデータをバックアップするには? の続きを読む

DVDドライブの蓋が開かない時にディスクを取り出しするには?

DVD-RやDVD-RW、DVD-RAMをパソコンのドライブ装置に入れて作業が終わった後に
ディスクを取り出そうとしたら、シャッターの金属部分がドライブ部分に残ってしまい、
違うディスクを入れようとしても認識しない、またはディスクが取り出せない場合、
どうすれば修復できる?というご質問について。

まず、DVDドライブ装置の正面に小さな穴が開いていますので、
そこに針などを指して、奥にあるイジェクトボタンを押してみます。

これで引っ掛かりが解除されることが多いので、もう一度パソコンの電源を入れて
トレーが引き出されてディスクが取り出しできるかどうか試されてみてください。

また、電源の付いた状態でDVDドライブの蓋を少し軽く押したり引いたりしてみます。

イジェクトボタンを押してもトレーが出てこない場合、今度はパソコンからドライブ装置を取り外して、
針を入れて慎重に動かしたり、下に向けて軽く振ってみると金属の引っ掛かりが外れるかもしれません。

もし書き込みエラー(error)が発生してから引き出せないトラブルが起きた場合は、
DVDドライブが繰り返しの書き出しなどによる磨耗により故障した可能性もあります。

接続コードの傷みが原因の可能性もありますので、パソコン自体もケースを開けて見直します。

デスクトップパソコンの場合はPCケースの構造にもよりますが、固定ネジを外して、
ケーブルをコネクタから取り外し、スライドさせるように取り出します。

DVDドライブの蓋が開かない時にディスクを取り出しするには? の続きを読む

DVDディスクに付いた傷や汚れや音飛びは修繕できる?

パソコンやレコーダー、ビデオカメラなどの機器で映像を録画してデータとして保管できるDVD-R/RWの
録画用ディスクや販売用のDVD-ROM、プログラムファイルの書き込み保存用のDVD-RのDISC、
書き換えによる繰り返しの保存用に使うDVD-RWやDVD-RAM、DVD+DWなど、
DVDメディアのデータ記憶媒体は現在も様々な用途で普及しています。

DVD-Rディスク

CDディスクと同じくこのメディアで特に多く発生してしまうエラートラブルの一つとして、
デイスクの裏面(読み込み側の版面)に白いひっかき傷や汚れなどが付きやすい点があります。

その事が原因で記憶したデーターが正常にハードウェアで認識されなくなったり、
音飛びや映像のブレが起きてしまう現象が出たらどうすれば修繕できる?という疑問について。

まず、小さな汚れや異物の付着は、クリーニングペーパーなどで軽く拭き取って拭い落とせます。

しかし、全体的に大きな汚れや深いキズなどが付いてしまうと、
元に戻せない場合が多いのですが、専用の復元装置を使う事で、ある程度まで自身でも修復できます。

まず、自分自身でディスクを修繕したい方、DVDを頻繁に使用されている方には
CD・DVD自動修復機・ディスクリペアクリーニングキット
自動ディスク修復&クリーニング機 NEWディスクリペアープロ

など市販で購入できる修復装置がおすすめです。

最新のナノテック技術が採用された、修復液による洗浄作業である程度、
ディスクの版面を綺麗に掃除して、かすれやブレ、音飛びなどをなくして再生させる事が可能です。

DVDディスクに付いた傷や汚れや音飛びは修繕できる? の続きを読む

DVDドライブの読み込みで再生できない時の修復方法は?

お使いのパソコンに内蔵されている、または外付け接続をしているDVDドライブに
データ保存用の[ディーブイディー]やソフトウェア、映画などのディスクを挿入して
読み込み再生をしようとしたところ、何らかのエラーや不調により出来なかった、
という場合に考えられる主な原因と修復方法について。

DVDドライブ

専用ソフトウェアの確認

まずはじめに、パソコンでDVDを観るためには再生用のプログラムソフトウェアのインストールが
必要になりますので、これらがマイ コンピュータの中に入っているかどうか確認してみてください。

[例:PowerDVDやWindowsMediaPlayer、B’sMoviePlayerなど。]

もしまだインストールしていなければ、付属製品のソフトウェアやインターネットから保存できます。

次に、ドライブ機器そのものがマイ コンピュータ(デバイスマネージャ)に
認識されていない場合の復旧の仕方について。

正常に接続されてシステムに読み込まれていればエクスプローラーの画面に
「リムーバブル記憶域があるデバイス」のアイコンが表示されます。

外部接続したディスクドライブの場合、たまにカードリーダーやMOと同じようにまれに一時的な
認識エラーが起きる場合もありますので、修復を試みるにはまず一度
USBポートからプラグを抜いてもう一度差し込んでみる、
または一度電源を切ってから再度電源を入れてみるなどのパターンを試してみてください。

内蔵されているドライブユニットが認識されていない場合は内部での接続ミスが
起きている可能性もあります(組み立てPCにはたまに起こりがちなトラブルです。)

Powerランプ(アクセスランプ)が点灯していない場合は
再度パーツの組立をチェックしてみる、または購入先の保証サポートに預けて
故障がないかチェックをしてもらい、修復をしてもらわれる方が安全です。

デジタル放送など高画質でのムービーを再生される場合、グラフィックボードといった
特殊なIT環境が必要になるものもあります。

他に、挿入したディスクメディアの裏面に大きなキズが付いていたり、
湿気や日光、高温、低音、磁気の影響で傷んでしまっていることも考えられます。

他のディスクを入れてみてそちらは正常に読み込めるかどうか試してみてください。

DVDドライブの読み込みで再生できない時の修復方法は? の続きを読む

DVDメディアの映像記録データを修復するには?

現在、「DVD」(ディーブイディー、Digital Versatile Disc)はビデオ撮影、動画作成、
パソコンでのデータファイルの保存用、映画の観賞用、録画用、ソフトウェアの起動など、
多種多様な記録媒体として幅広く普及しています。

DVD

しかしその分、一方では稀にデータが消えてしまう、といったトラブルも存在します。

主なデータ喪失のトラブル例

・うっかり録画や保存の際に上書きしてしまった。
・誤って初期化・フォーマットしてしまった。
・容量いっぱいに撮影・保存したら後で消えていた。
・ディスク裏面に傷がついたり割れたりして読み込めなくなった。
・海外で作成したDVDデータが読み込めない。
・保存データをパソコンでコピーする際にエラーメッセージが出て移し変えできない。

このようなアクシデントに遭われてしまった時は、DVDを無理に何度も読み込んだり
新しいデータの書き換えを繰り返してしまうと、かえって状態が悪化してしまう
可能性が高いあるため、無理に動かさないようにくれぐれもご注意ください。

DVDメディアの映像記録データを修復するには? の続きを読む

DVD-Rに保存していた読み込めないファイルを復旧するには?

「DVD-R」(ディーブイディーアール/Digital Versatile Disk Recordable-
デジタル ヴァーサタイル ディスク レコーダブル)とは、
DVDのディスクを使ったPC用データ読み出し専用記憶媒体です。

ソフトウェアや映像の保存、パソコンの保存データの書き込み・読み込み
といった用途で幅広く普及しています。

『DVD-Rに保存できる容量』
・片面1層記録 4.7GB ・片面2層記録 8.5GB ・両面各1層記録 9.4GB

書き込まれたファイルが読み出せなくなった時は?

DVDディスクは保存期間が100年あると言われるほどデータの保存性に優れた媒体です。

ですが、紫外線や湿度、高温、低温、電磁波、ホコリ、再生する頻度、ほか、保存の環境状態や
使い方によっては、かなりデータの保存期間が縮まってしまうケースも多くなってしまいます。

また裏面に深いキズなどができるとデータの再生や読み込みに支障をきたすこともあります。

DVD-Rに保存していた読み込めないファイルを復旧するには? の続きを読む

DVD-RやRWのエラーで読み込めないデータを修復するには?

HDD(ハードディスクドライブ)とはまた別に、大容量で非常に優秀なデータ保存メディアに、
光学メディアのDVD-RやDVD-RW、DVD-RAM、DVD+RWなどのデータ記憶用の
ディスクメディアがあります。

しかしながらどのDVDでもまれにデータファイルの読み込みに失敗して
エラーを起こしてしまう可能性があります。

主な原因

・版面に大きなキズが付いてしまう。
・水気に触れてしまう。
・過熱により融解してしまう。
・経年劣化で傷んでくる。
・製品の初期不良。

などの物理的な破損の他に書き出し保存の際にエラーが起きてしまい
上書きに失敗してデータファイルそのものが破損してしまうケースもあります。

ディスクケース

まず、書き込み専用のディスクで初期不良があった場合は、
店頭やメーカーに問い合わせをして交換してもらえます。

一回焼くだけで使い終わるDVD-Rは安価で買い直しが効くのですが、
DVD-RW±やDVD-RAMは少し値段が高くなりますので5枚セットで買われるのもお薦めです。

しかし自作データの入ったDVD-RやRWの書き込み・読み込みが出来ない時は、
最悪ごく稀にDVD-R自体はともかく書き写して上書きた前のファイルなど、
部分的なデータが破損してしまい物理破損と同様に自分で修復するのが困難になります。

DVD-RやRWのエラーで読み込めないデータを修復するには? の続きを読む