「故障の状態を検査」のページの案内

『故障の状態を検査』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

電子機器の故障の状態のチェック


「故障の状態を検査」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「故障の状態を検査」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

ファイルの破損の状態をチェックしてデータを修復するには?

パソコンやモバイル端末、サーバといったコンピューターを起動している間、またOSが動いている際の作業中には、
無数のデータファイルやプログラムが読み込まれて、様々な動作が繰り返されています。

ですが、PCでのプログラムの動作中にアプリケーションエラーなどが発生して、データの書き出しや読み込み、
また上書き保存などが失敗して、ファイルの拡張子が壊れてしまうトラブルが起こる場合もあります。

そのような時には、どのようにして問題の発生した状態をチェックして、
データの修復を実行すればいい?という疑問について。

パソコン本体に問題が出ていてデータが読み込めない状態とは?

まず基本としまして、コンピューターのOSやパーツが普通の状態でしたら、
そう頻繁には、データが読み込めないエラーや拡張子(Filename Extension)の破損は起こりません。

ですが、デスクトップパソコンやノートPCの本体に搭載されたHDDやSSD、またメインメモリの容量不足、
CPUやマザーボードのスペック不足の問題があると、動作中のエラーやフリーズが起こりやすくなります。

また、WindowsやmacOSのバージョンがだいぶ古いものであった場合や、
アプリケーションソフトウェアの推奨環境が満たないことなどが原因で、トラブルが発生します。

これらのパーツの性能やOSの問題は、専門のパソコン修理のサポートを請け負われたサービスにて、
パソコン本体の部品の交換や基本ソフトのアップグレードにより、修復をしてもらうこともできます。

ファイルの破損の状態をチェックしてデータを修復するには? の続きを読む






チェックディスクのオプションでエラーを修復する実行手順

日々、仕事のデスクワーク作業やお調べ物、趣味等での使用でパソコンを使い続けていますと、
目に見えない部分で少しずつですがハードディスクドライブの記録面の回路や
システムファイルなどの重要なプログラムが、どうしても次第に磨耗していきます。

PCは通常、5年は保つように設計されているのですが、アプリケーションソフトウェアの
インストール本数やその使い方、またデータセットの容量やマシンの連続稼動時間の割合
といった要素で機器の寿命も短くなり、不具合が予期せず早く起きてしまう可能性もあります。

ボリュームのエラーチェック

ハードディスクが急に止まって回らなくなると保存したデータオブジェクト
読み取れなくなりますので、予期せぬ故障をある程度未然に防止するために時々
ボリュームのエラーチェックを行って、ファイルシステムエラーを修復しましょう。

まずはWindowsの左下:スタートメニューにあるマイコンピューターを開きます。

ハードディスクドライブ(ローカルディスクCなど)のアイコン項目で
右クリックをして、メニューのプロパティを選びます。

Windows (C:)のプロパティの画面で『ツール』タブを選んで、
エラーチェックの欄にある、『チェックする』のボタンを押します。

次に出る「チェックディスクのオプション」で二つあるボックスのうち上の
ファイルシステムエラーを自動的に修復する(A)】にチェックをつけて、
開始を押して、ボリュームの自動検査作業を始めます。

チェックディスクのオプションでエラーを修復する実行手順 の続きを読む






パーソナルコンピューターの故障の発生の多さは使い方次第?

パソコン・PCの略語でおなじみの電子機器:パーソナルコンピューター
【Personal Computer】は、機械としての寿命は、壊れた部品の交換を抜きにすると、
平均的に約数年ほどとされています。

なぜかといいますと、主にパーソナルコンピューターのパーツの中でも
特にハードディスクドライブの負荷がかかりやすく、使い方次第では
モーター部分のヘッドクラッシュが発生して修復不可能になりやすいのが大きな理由です。

また、CPUやメモリ、マザーボード、電源ユニット、GPU、ドライブ装置などの
パソコン内部の他のパーツも次第に老朽化したり、購入してから数年後に
最新のオペレーティングシステムやソフトウェアの性能が追いつかなくなったりもします。

パーソナルコンピューターは、使えば他の機械と同じく、使えば使うほどその分、老朽化や
空き容量の減少が進んでいきますので、やはり毎日数時間稼動させていると少しずつ動作に
支障が出てくるなどの小さなエラーやトラブルから損傷も始まっていきます。

しかし定期的にディスククリーンアップやディスクデフラグ、レジストリの快適化、
プログラムの追加と削除やゴミ箱の削除を行って軽くして使い方を工夫していくことで、
余分なメモリの使用量やCPUの負担などを抑えて、少しでも長く使うことが出来ます。

パソコンは場合によっては購入後1~3年くらいで早くも故障が出始めることもあれば
10年以上長持ちさせて使うことも出来ます。

また、パソコン修理サポート店にて点検や最適化の措置を施してもらうこともできます。

パーソナルコンピューターの故障の発生の多さは使い方次第? の続きを読む






間違った操作の手順を実行してPCが壊れた時に復旧するには?

今までにパソコンが壊れた!という手痛い経験をお持ちの方は非常に多いことでしょう。

中には突然電源が付かなくなったりフリーズやHDDクラッシュが起きてしまうケースなどもあることでしょう。

ビギナーユーザー(初心者)の方には、どこか間違えて入力操作をしてしまったために壊れた、
と思われてしまう場合もあることでしょう。

しかしPCは老朽化やHDDクラッシュ、ウイルス感染など、外的な要因や有害ファームウェアの侵入といった要因で故障する場合が多く、
キーボードやマウスポインタのボタン押し間違えくらいのミスでしたらそうそう重大な故障は起こりません。

一部の例外

しかし、電源ボタンを連続で押し続けてしまったり、いきなり終了の手順を行わずに電源コードを
抜いたりすると、HDDのシステムファイルが消えたり急激に電圧がかかって破損する可能性が高いです。

電源に関連するボタンやコードを扱う際にはきちんと正しい手順でご使用されることが大切です。

あとノートパソコンの場合、キーボード上に液体をこぼしてしまったりすると水分の浸入で内部パーツがショートしたり、
さび付いて操作不能になる可能性もありますので、なるべく近くに飲み物は置かないようにしましょう。

間違った操作の手順を実行してPCが壊れた時に復旧するには? の続きを読む






S.M.A.R.T(スマート)の機能でHDDの故障を予期できる?

PCに搭載されているハードディスクドライブは、起動中に毎分5000回以上も回転を続け、
内部部品であるモーターやベアリングは特に非常に負担が大きいものです。

平均的には数年は使えるのですが、場合によっては半年~1年くらいで
故障してしまうこともあり、いつ壊れてもおかしくない消耗品でもあります。

ヘッドクラッシュなどで物理的に破損したら修理はほぼ不可能でもあり、
内部データやシステムの設定も失われるのが最大の難点と言えるでしょう。

しかし、近年のシリアル・パラレル(ATA仕様)のHDDには
S.M.A.R.T[スマート](Self-Monitoring Analysis Repoting Technology-
セルフモニタリング アナリシス リポーティング テクノロジーの略称)という、
故障がいつ起きるかある程度の予測が可能な機能が付いています。

S.M.A.R.T(スマート)の機能でHDDの故障を予期できる? の続きを読む

電源ケーブルを安易に抜くのはPCに危険?

パソコンがフリーズして動作が止まってしまい、マウスポインタもキーボードもまったく操作が
受け付けなくなった時は、いきなり電源ケーブルやACアダプターを引き抜いて、無理に
PCやモバイル端末などを止めてしまうのはとても危険が伴いますので安易に行ってはいけません。

電源プラグの取り外しは最終手段

パソコンはOSシステムと、無数の複雑なプログラムファイルを読み込んで常に動作しています。

停滞したように見えるハングアップの状態の時もまだ、コンピューターでは
動作処理の作業中である可能性もあります。

その状態の時に電気の供給をいきなり切ってしまうと書き込み中のデータや
アプリケーションソフトウェアを論理的に壊してしまう危険があります。
特にWindowsのOSが損壊してしまったら一大事です。

また、上書き保存前の作成データも前回保存時の状態まで消えてしまいます。

電源ケーブルを安易に抜くのはPCに危険? の続きを読む

故障したハードディスクのデータは取り出しできる?

パソコンに内蔵されたハードディスクドライブが、物理的に回路が故障して開けなくなったり、
USBメモリやSDメモリーカードの接続部分に傷や錆がついてしまう、といった物理障害の破損が出て、
Windowsのパソコンのエクスプローラーや、macOSのPCのFinderで読み込みができなくなった場合には、
復元システムやアプリケーションソフトでは、内部ファイルの復元やバックアップができなくなります。

その際に、機材の内部の分解によるデータの取り出しの作業はできる?という疑問について。

ハードディスクといった精密機器の分解

まず、精密機器の物理障害の場合は、設備や作業の難易度・費用の面で個人では修復が難しくなってきます。

結論から書きまして、特に「ヘッドクラッシュ」などの重度の物理障害が発生していると、
クリーンな設備や技術力が必要になる作業のため、個人ではほぼデータの取り出しが不可能になります。

たとえばハードディスクを下手に分解すると、大気中の埃や塵、水分が、
非常にデリケートな精密機器の部分に付着して、かえってトラブルを悪化させてしまいます。

そのため、重度の破損が起きたストレージの分解によるデータの抽出は、
プロのサービスにて行ってもらうことが唯一の方法になります。

故障したハードディスクのデータは取り出しできる? の続きを読む

プログラミングの作業中にバグや障害が出た時にデータを復旧

IT用語としてよく見かける『プログラミング』(Programming)とは簡単に書きますと、いわゆる
コンピューター上のシステムを機能させるプログラムを制作すること、あるいはその製作技術のことを指します。

これらを作り上げるクリエイターを『プログラマー』(Programmer)と呼びます。

メモ帳やエクセル・ワードに似た、ソースコードというオンライン上のシートに複雑な
テキスト文章の書き込みを行うことで作成していきます。

非常に複雑かつ数の多い言語や単語を論理的に記述するため誰でもすぐ簡単に作れるというわけではないのですが、
初心者入門の講座やネットワーク上で公開されているWEBマニュアルまたはスクールなどで学び覚えていくことができます。

プログラマーの方や、ホームページのHTMLやCSS、PHP、JAVAスクリプトといったタグを作成されたことのある方でしたら、
馴染みが深いと思われます。

プログラミングの作業中にバグや障害が出た時にデータを復旧 の続きを読む

失ったデーターが復活できるかを検査して解析するには?

Windowsのパソコンや、Macパソコン、デジタルカメラのメモリーカード、サーバ、外付けハードディスク
、NAS、DVD-RWのディスクといったOA機器内部のデータをうっかり消去・フォーマットしてしまったり、

ハードウェアの機器の内部パーツそのものが故障してしまった時は、
中身の貴重なプログラムやセーブファイルがバックアップできずに
取り残されてた場合、まずはこれらを回復できるかどうかの検査を行う必要があります。

まずは大きく分けて、自分でソフトウェアやOSの機能を使って修復する方法と
専門業者のサービスの方に依頼をする2つの方法があります。

失ったデーターが復活できるかを検査して解析するには? の続きを読む

HDDのヘッド吸着不良による物理障害とは?

パソコンやサーバ、レコーダーなどのコンピューターに内蔵されている「ハードディスクドライブ」、
または「USB接続の外付けHDDに、内部回路の「磁気ヘッド」部分がプラッタ(ディスク面)に
くっついて吸着不良を引き起こしてしまう故障のトラブルとなる『ヘッドクラッシュ』(Head Crash)と思われる
深刻な物理障害が起きてしまったら、そこからデータは開ける?という疑問について。

ハード・ディスクの内部を構成する、アームの動作を制御する「アクチュエータ」や「スイング・アーム本体」、
「磁気ヘッド」、「プラッタ」、「スピンドルモーター」など、そのいずれかが老朽化や衝撃、異物混入などで
異常を起こしてしまうと精密なHDDは 物理障害で故障して動かなくなるしまう確率が高くなります。

そうなってしまうと重要なOSの設定やファイル、アプリケーションソフトを保存するための記録ディスクの部分に
アームが吸着してしまい、データの読み書きができなくなったり、円盤に傷が付いてしまうおそれが出てきます。

HDDのヘッド吸着不良による物理障害とは? の続きを読む

ハードディスクドライブに故障のクラッシュ音が鳴ったら?

HDDクラッシュ』というコンピューター上の故障例をご存知でしょうか?

パソコンやサーバ、レコーダー、NAS、RAID、HDDビデオカメラといった電子機器の
データ二次記憶装置である「ハードディスクドライブ」は、長く使っていると製品の磨耗で内部の
回路であるディスクの盤面に、データの読み書きを行う「ヘッド」の部分が吸着してしまい、
読み取りに不具合が出る故障が起きることが高い確率で発生します。

ハードディスクに異常が起こると、普段は出ない故障音が鳴ることが多く、
「カタカタ…」「キコキコ…」といった異音が鳴り出す場合があります。

そのような音が鳴りはじめるとHDDの内部の破損が始まっています。

そんな時、ハードディスクからおかしな音が鳴り始めたらどのように対処をすればいい?という疑問について。

それそれの問題の原因を確認

まず、他の電源ユニットやCPUファンの故障や埃詰まりなどの原因でも、変な音が出る可能性もあります。

念のため、まだ何とかパソコンが起動できてCドライブやDドライブが普通に開ける状態であれば、
「S.M.A.R.T.」などの機能を読み取るための専用のアプリケーションソフトをインストールして開きます。

そして内蔵されたハードディスクに異常が出ているかどうかをチェックしてみます。

またはドライブ装置を一旦パソコンのドライブベイから取り外して、外付けHDDケースなど
別の媒体に移し変えます。そちらでもおかしな音が鳴っていたら更に要注意です。

ハードディスクドライブに故障のクラッシュ音が鳴ったら? の続きを読む

データ救出の際に補助記憶装置はどのように取り扱う?

パソコンなどで操作をミスして削除してしまったファイルを復活させたり、
故障したハードディスクなどの補助記憶装置から必要なデータを取り出す際に、
各機器はどのようなことに注意して取り扱いをすればいい?という疑問について。

物理的な破損の場合

まず、製品の状態やファイルの喪失の事例によって、データ救出の手順や、専門のデータ復旧サービスでのコースや料金が変わってきます。

ハードウェアが高熱や衝撃、浸水などで重度の破損の状態におかれると、
パソコンなどのコンピューターに接続しても読み込みができない「物理障害」というトラブルになります。

ハードディスク、SSD、USBメモリ、SDカード、MO、フロッピーディスク、CD/DVD/BD、RAIDケース、
NASなど、製品やその容量によって、データ復旧のサービスを受ける際での料金も変わってきます。

データ記憶装置のディレクトリ内で拡張子の削除や上書きをしてしまったり、プログラムが破損したり、
OSが開けなくなってファイルが閲覧できなくなった場合などは「論理障害」というトラブルになります。

パソコンの更新の後で特定のアプリケーションソフトでファイルが開けなくなった場合は、別のソフトウェアで開いてみたり、
ユーティリティーをアンインストールしてから最新のバージョンにしたり、
OSを変更してもう一度インストールをすると、今度は以前と同じように開き直せる、ということもあります。

データ救出の際に補助記憶装置はどのように取り扱う? の続きを読む

パソコンの故障を診断してデータ復旧を行ってもらうには?

お使いのパソコンや補助記憶装置といった各ハードウェアが読み込めなくなる故障が起きてしまったり、
うっかり必要なファイルを初期化や誤った操作で喪失してしまった時、データ復旧サービスの会社の、
ハードウェアの受付のサポートで、どのように診断、検査をしてもらえる?という疑問について。

また、自分自身で機器の障害をある程度把握するための参考に頂ければと思います。

パソコンの障害・故障の具合を判別するには?

まず、パソコンの場合まず起動してからどこまで開けるか、画面がどう映るか、で障害の大まかな把握ができます。

例として電源が付かない時は、このトラブルが一番の問題です。

電源ユニットがショート等で物理的に故障している可能性が高いため、
状態の悪化や火災防止のためにそれ以上は電源を動かさず、
パソコン修理のサポートセンターやデータ復旧サービスにて、診断の依頼を行うのが最善です。

パソコンの故障を診断してデータ復旧を行ってもらうには? の続きを読む

データ復旧の即日の検査で修復してもらう特急サービスとは?

デスクトップパソコンやノートブックPCの本体、また外付けHDDやNAS、メモリーカードなどは、
機器の経年劣化や回路の摩耗による寿命が近づくにつれて、少しずつ調子が悪くなっていきます。

しかし、少しコンピューターや周辺機器に不具合が出てきたくらいの時期であれば、
まだ何とか、故障する前に内部のデータをバックアップできる猶予があります。

トラブルに備えて対処を特急で行えるように、先にシステムを組んでいればなお安全です。

しかし突然のアクシデントで、ハードディスクのエラーや誤った削除のミス、
また物理的な破損のトラブルなどに、急に出くわしてしまうケースもよくありす。

そんな時のためのデータの復旧を即日での検査で、またスムーズな時には当日で修復をしてもらう、
専門の事業で実施された特急コースのサービスとはどういったもの?という疑問について。

データが突然に消失・破損するトラブルの事例

下記に、急なデータ損失の一例を記載しました。

・落雷や台風などの自然災害で、突然停電してOSと電源が閉じてしまった。

・契約会社側のサーバーが、データの保存の前に突然ダウンするアクシデントが起きた。

・ノートパソコンを持ち運び中に、ぶつけてパーツが破損してしまうトラブルが出た。

・うっかり貴重なファイルを、間違えて削除してしまった。

・コンピューターウィルスにかかり、データが破壊された。

・長時間のパソコン作業で、アプリケーションソフトの画面がフリーズしてしまった。

・間違えてストレージをフォーマットしてしまい、内部のファイルの表示が全部消失した。

・NASやサーバが、長時間の稼動で熱暴走を引き起こして故障した。

これらのトラブルが発生する前に、一度でもファイルを拡張子としてHDDやメモリーカードに保存されていれば、
プロのデータ復元のサービスセンターに出して、ファイルの修復や壊れた機器からの取り出しができる見込みがあります。

データ復旧の即日の検査で修復してもらう特急サービスとは? の続きを読む

データ復旧サービスの初期診断のサポートとは?

パソコンに内蔵されたHDDや外付けのハードディスクドライブ、SDメモリーカード、USBメモリ、DVD-Rといったストレージをから、
失ってしまったデータを復旧してもらえる、専門の事業のデータリカバリーサービスに注文する際に、
電子機器を開き直したり、間違って消去していたファイルが修復できるかどうかの、初期診断のサポートとはどういうもの?という疑問について。

データ復元の初期診断のサービスとは?

まず、パソコンのハードディスクや外付けHDD、RAID、NAS、USBメモリ、SDカードといった周辺機器などの
各種のデータ保存装置で、誤った操作で必要なファイルを消去したり、衝撃やエラーなどで破損してしまった場合、
自身では通常、復旧するのが困難になりやすいです。

そこで、専門のデータ復旧サービスの事業に、喪失したデータの復元の依頼をする時には、
注文の際に、電子機器の現在の状態の確認を行っていく必要があります。

・いきなり「データ復旧」(reconstitution of data)と言ってもやはり予算はそれなりにかかりそう。

・喪失したファイルやシステムが確実に戻ってくるとは限らなさそう。
 かといってあきらめるにはあまりに貴重すぎるデータだった、という場合など、

こういったケースが、パソコンで作業をされている人には、やはりいつかは高い確率で遭遇しまいます。

そんな時のために「初期診断のサポート」があることを、事前に知っておくと大変お得です。

データ復旧サービスの初期診断のサポートとは? の続きを読む

パソコンの周辺機器から失ったデータファイルの修復

パソコンをはじめとする電子機器の周辺機器となる各種のデータ記憶装置に保存された電子ファイルなどのデジタルデータを誤って削除して喪失したり、拡張子が破損したり、ハードウェア自体が物理的に故障した場合、どうすれば後からの復元ができる?という疑問について。

まず、パソコンの周辺機器とは、主にマザーボードやCPU、メインメモリなどの内部パーツ以外の部分で、USBケーブルやネットワークを通じて外部から接続している機器のことを指します。

主な外部接続のデータ記憶装置には、外付けハードディスクドライブをはじめ、USBメモリ、SDカード、MOドライブ、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、外付けDVDドライブ、RAID、NAS、フロッピーディスク、スマートメディア、CDドライブ、デジタルカメラ、SSD、モバイル端末、と多くの製品が登場しています。

といった外付けのデータ記憶装置と、それらに関連するパーツといった周辺機器のことを指します。

ネットワーク上のクラウドサービスでなく、自分自身で所有している外付けHDDやUSBメモリ、SDカードなどの装置は、保存したプログラムファイルのデータ復旧がある程度まで試行ができる記憶媒体です。

これらの機器は、専門業者のデータリカバリーサービスで、開けないファイルの取り出しや、破損した拡張子の修復といった作業を行ってもらうことができます。

パソコンの周辺機器から失ったデータファイルの修復 の続きを読む

物理障害の破損からデータ復旧するには?

パソコンや周辺機器などのデータ記憶装置に内部システムや保存ファイルに
機能の障害や消失、破損が起こり、データの復旧が必要となるケースは、
大きく分けて【物理障害・論理障害】の2パターンに分類されます。

今回はそのうちの『物理障害』について解説いたします。

ハードディスクやメモリーカードの回路や画面の損傷

まず、物理障害とはデータというよりは「電子機器の記録装置」そのものが
破損しているケースで、名称の通り内部回路が物理的に破壊されている状態を指します。

例として、パソコンなどの本体に物理的な強い衝撃がかかったり、電源のショートにより
ハードディスクなどの精密な部分が破壊されて動かなくなるといったパターンなどがあります。

機材破損の実例として、HDDのヘッドクラッシュ、水濡れ、SDカードのコネクタが破損、USBメモリが割れる、
落雷でパソコンがショート、CD-RW、DVD-RWに傷が付く、データ記憶デバイスの磨耗による寿命、
液晶モニターの画面が割れて見れない、経年劣化による老朽化、といったトラブルがあります。

ですが、まだ適切な措置を施すか専門のサポートで見てもらって、データの復旧ができる可能性があります。

物理障害の破損からデータ復旧するには? の続きを読む

No bootale deviceと出てPCが開かない時は?

パソコンの電源ボタンを押して立ち上げようとした時に、
最初のロゴ画面が表示された直後に黒い背景と白い文字の画面が出て、

Broadcom UNDI PXE-2.1 v14.4.5
All right reserved.
PXE-E61: Media test failure, check cable
PXE-M0F: Exiting Broadcom PXE ROM.
No bootale device — insert boot disk and press any key

といったエラーメッセージが出てしまい、OSが立ち上がらない、という場合の対処法について。

まず、この画面はデバイスが正常に読み込みできない時に出てくるメッセージで、
ハードディスク、DVDドライブ、USB装置、ネットワークといった起動に
必要なデバイスがすべて認識されていない状態であるために起こりえます。

よくあるケースの一つとしまして、内蔵されたハードディスク、またはSSDの
SATAケーブル/IDEケーブルか電源ケーブルがしっかりと差し込まれていないために
マザーボードに認識されていない、ということがあります。

No bootale deviceと出てPCが開かない時は? の続きを読む

新しいパソコンが開かない時の原因と修理の方法は?

一昔前のパソコンは、オペレーティングシステムやパーツの性能が
今ほど安定していなかったため、電源やデスクトップの画面が急に起動せずに
開かない状態になるトラブルが、筆者のPCにもよく起こっていました。

基本的には新しいバージョンのオペレーティングシステムを搭載していて
新しく発売されたスペックの高い部品を組み込んだPCの方が動作遅延も少なく、
エラーや各パーツの物理的な故障も少なく頑丈で、断然壊れにくいとも言えます。

ですが、最近のハイスペックなパソコンでも、うっかり使い方を間違えたり、強い衝撃などの
ダメージを受けてしまうと、急に起動できなくなってしまうことは今でも時折あります。

あまり遭遇はしない例なのですが、製品の「初期不良」がまず、その原因の一つですね。

メーカー製」のマシンを購入してから正しい手順で電源を入れても
なぜかデスクトップの画面やスタート画面が開かない、という場合は、
すぐにカスタマーサポートセンターに問い合わせてみてください。

新しく作られた「自作パソコン」や「BTOパソコン」が正常に開かない時は、すべてのパーツが
配線が正しい配置で接続されていて、またOSやデバイスドライバが
しっかりインストールされているかどうか、など確認すべきことが多くなります。

部品そのものに初期不良が出ているか、または各パーツのつながり具合や
システムの状態のどこかに問題が出ているかは少し判別が難しくなりやすいので、
取扱説明書を出して、一から慎重に問題のチェックを行ってください。

たとえばハードディスクドライブは以前のものより更に安全性が高く
壊れにくくなってきたのですが、それでもあくまで消耗品の部類に入る部品なので、
少し使っただけでも急に物理障害の故障が出て動かなくなるケースもあります。

もし変な様子が見られたら、パソコンを起動してから最初のロゴ画面が出た時に
DeleteキーかF2キーを数回押してBIOSの画面を開いて、
正常に各ドライブの名称が出ていて、認識自体はできているかどうかを確認してください。

また、HDDの容量があっという間に埋まるとデータの順次処理をしていく速度が
徐々に下がっていって、他のエラーやシステムの破損を誘発するおそれもあります。

HDDの故障の対策として特に有効な方法は、
デスクトップPCであればディスクアレイにハードディスクを複数内蔵できるので、
いくつかのHDDを組み込みして強化した多重化方式の「RAID」を作る方法がお薦めです。

新しいパソコンが開かない時の原因と修理の方法は? の続きを読む

エラーコードの番号表示メッセージを参考に修復するには?

エラーコード(error code)とは、パソコンOSをはじめとするコンピューターの
操作を行うためのプログラムを実行する時に何らかの不具合が発生した際、
そのエラーの種類を示すための数値や文字列のことです。

モニターの画面上に表示されたエラー番号や英数字を確認することで、一体どのような不具合が
コンピューター上で起きていて、どうすれば対処して直せるかどうかを判別することもできます。

例として、WindowsのOSのパソコン上でブルースクリーン(ブルーバック)の
トラブルが発生した時、STOPコードという停止エラーの警告文が表示されます。

・0x00000050 PAGE_­FAULT_­IN_­NONPAGED_­AREA (メモリの不具合)
・0x0000009F DRIVER_­POWER_­STATE_­FAILURE (システムが無効になっている)
・0x000000EA TEREAD_­STUCK_­IN_­DEVICE_­DRIVER (ドライバのエラー)

このように、デバイスドライバやメモリ、カーネル、アプリケーションなど、どのハードウェアや
ソフトウェアの部分に障害が出ているかを番号表示のメッセージ文で確認し、
各エラーコードのトラブル事例から状態をチェックして修復していく判断基準となります。

エラーコードの番号表示メッセージを参考に修復するには? の続きを読む

パソコンが急に壊れる理由と修理の方法は?

パソコンは今や世界中で一般的に広く普及して、安価で購入できる高性能なコンピューター装置
として年齢、世代、立場を問わずに誰でも自由に使える程に親しまれている日常的な製品と言えます。

しかしその分、PCがなぜか急に故障してしまった、というトラブルも
家庭用、企業用ともに、いつどの場所でも発生するおそれもあります。

近年のパソコンはパーツの性能もOSもより改良されているため
ハードウェアの故障率は大分低下している傾向にあるのですが、
それでもやはりパソコンはいつ、急に壊れるとしてもおかしくはありません。

主な破損の理由として特に多いのは、データ記憶装置であるハードディスクドライブ(HDD)の
故障で、3年~5年ほど長い間使っていると、製品の寿命が来て壊れてしまう場合が多いです。

大抵の場合は、パソコンから変な音が鳴り出したり、読み込みが遅くなる
前兆が現れるのでその前にデータを移し変えて、新品のHDDに交換をすれば
済むのですが、何の前触れもなしにいきなり壊れる場合もあります。

そのため、HDDのデータは別の補助記憶装置に定期的にバックアップを取って保存したり、
RAID(ミラーリング)でHDを二重化して書き込む、といった対策をしておかれることを推奨します。

パソコンが急に壊れる理由と修理の方法は? の続きを読む

PC修理サービスセンターを探す時に参考にする点とは?

パソコンをはじめとする個人用または法人用のコンピューターシステム
ある程度の長い期間使い込むと、製品としての平均的な寿命が来る前に
OS上でエラーや破損の異常が発生する場合があります。

またハードディスクやCPU、メモリ、電源装置などの部品が物理的に故障を引き起こして
操作不能になるほど深刻な状態になることもよくあります。

そんなアクシデントが出た時のために、日本全国の各地域には
専門のPC修理・設定サポートサービスの業者が数多くあります。

パソコン修理センターを探していく際には、どのような点を参考にすればいい?という疑問について。

コンピューターサポートの業種はまだ歴史的に見ると浅く、
現段階で業界全体が横の繋がりで市場がしっかりと根付いている、というわけもでなく
各店舗やサポートによってある程度の差が見られる、といった点もあります。

まず、大手のパソコン機器の製造・販売メーカー企業である
富士通、NEC、DELL、SONY、東芝、HP、パナソニック、シャープ、
三菱電機、オンキヨー、日本エイサー、エプソンダイレクト、ASUS、MSI、Apple

などで実施されているカスタマーサポートセンターでしたら信頼性も基本的に安全です。

やはり競争率も激しい、数多くの有名なPC関連企業なので、
信頼性ももちろん第一の方針でサービスが整えられています。

PC修理サービスセンターを探す時に参考にする点とは? の続きを読む

unknown hard errorの状態からパソコンを修復するには?

「unknown hard error」(アンノウン・ハード・エラー)とは、
パソコンの起動中に突然起こりうる、ブルースクリーンの障害の一つです。

青い背景と白い文字のエラーの画面が表示されて、unknown hard errorと書かれている、
ウィンドウズのオペレーティングシステムで発生する問題となります。

特に、Windows2000などの古いバージョンのOSや、部品のスペックが低めのPCではよく起こります。

このトラブルが出た時には、どのようにすればパソコンを修復することができる?という疑問について。

「unknown hard error」の問題が起きる原因とは?

まず、パソコンの電源を付けてウィンドウズのオペレーティングシステムを起動した時に読み込まれる、
レジストリが破損してエラーを起こしているために、読み出しの問題が発生している場合があります。

ほかにも直接的な原因として、英文の通りハードウェアが認識不明な障害が発生している場合、
特にハードディスクドライブが、パソコンの内部でマザーボードなど別の部品と、
しっかりと繋がっていない、接続不良の不備が起きていることなどが原因としてあります。

移動中の衝撃を受けて、コネクタとケーブルのコードが外れかかったり、
部品の交換による修理や自作パソコン組み立て・分解の作業の時に位置がずれてしまい、
取り付けられたパーツに接触不良が出ている時にも、エラーが発生する場合があります。

また、長く使っていたハードディスクが徐々に故障を引き起こしてしまったために、
unknown hard errorが表れている可能性もあります。

HDDが破損した場合は、新品に交換をする必要があります。

その際、バックアップしたデータがなくて、内部のファイルを回収しなけらばならない時には、
適切な措置を行うか専門のサービスの事業にて、復旧ができる見込みがあります。

unknown hard errorの状態からパソコンを修復するには? の続きを読む

パソコンの修理に店舗まで持込みで出しに行く時は?

お持ちのパソコンや周辺機器が壊れてしまいご自身では直せなくなった場合、
PCトラブルサポート業者の窓口や、
購入したパソコンショップ・電気店に持って行って見てもらう方法があります。

もちろん宅配便に手配をして郵送してもらうのも良いのですが、
急いでいて即日すぐに直したい時や、マシン異常の詳しい問題や今までの使い方を
アドバイザーの担当の方にオフィスで詳しく話して相談したい時は窓口にまで
直接持ち運んで手続きを行われると、修理までの工程もスムーズに進みやすくなります。

持ち運び中の注意点

まず、壊れたパソコンを修理に出す際にはマウスやキーボード、周辺機器などの
付属品は持って行く必要はなく、基本的に本体のみ持ち運ぶだけで大丈夫です。

どの移動手段でも同じなのですが、激しい揺れで器械に負担がかかり
余計に破損を悪化させてしまうのを防ぐために、購入した時に一緒に付いていた
専用のダンボール・発泡スチロールのカバーに収納して持っていきましょう。

それでも更に、極力振動や衝撃を与えないように慎重に持ち運ぶことも大事です。

また雨や雪、強風など悪天候の日はなるべく控えて後日に行く方が無難です。

重い機材を運ぶ時は周囲の人の迷惑にならないように、駅のフロア内などで
気を配って移動することも大切です。

パソコンの修理に店舗まで持込みで出しに行く時は? の続きを読む

パソコン本体を使わず放置していて故障した時のデータ復旧

パソコンの本体を数ヶ月~数年ほど何も動かさずに長期間で放置していて、久しぶりに起動させてみたら、
ロゴ画面が出てこなかったり、OSのデスクトップが表示されない、といった起動の障害が起きることがあります。

意外と知られていないことなのですが、経験をされた方は結構多いことでしょう。

前回に最後にパソコンを使った時はちゃんと動いていて、それから特に何もしていなかったのに、
なぜ起動しなくなったのか?また、どうすれば修理やデータ復旧をすることができる?という疑問について。

1~2年以上使わないと湿気が充満して破損の原因となる?

この原因について考えられますのは、まずPC本体の保存の状態が影響していた可能性が高いです。

パソコン本体には、ケースファンや電源ファンの通気口、またケーブルの差込口の隙間など、
空気が出入りする穴が割と数多くあります。

ここから空気中に浮遊している埃や小さなごみ、
または虫やカビ、花粉、そして湿気が入り込み、徐々に内部に充満していきます。

パソコンを長い間使わないと壊れることが多いのは、徐々に湿気や埃などが充満するためでもあります。

しばらく使わなくなって、パソコンにカバーをかけずに2年以上など長期間放置をしていると、
外部から少しずつ侵入していく異物が充満して、内部パーツの稼動に支障が出る可能性があります。

そのため、精密機器の保管をする場所はしっかりと選ぶ必要があります。

もし、この時点で電源が全く起動しない時は、電源回路自体が破損している可能性があります。

自身でパーツを換装して直すのが難しそうな時には、プロのパソコン修理サービスに問い合わせて、
コンピューターの修復をしてもらわれることをおすすめします。

パソコン本体を使わず放置していて故障した時のデータ復旧 の続きを読む

パソコンが次第に調子が悪くなった時のデータの取り出し

パソコンを購入して使い始めたころは動作も大変早くスムーズで、
エラーや不具合も特に起こらず、大抵はとても快適に使用できると思います。

しかしウイルス対策ソフトをはじめ、いろんなソフトウェアをインストールして
使い始めた辺りから少しずつ重くなっていきますよね。

2~3年くらい使ってくると動作速度がかなり遅くなったり、頻繁にフリーズや強制終了などの
不具合が起きて非常に調子が悪くなった、ということも珍しくありません。

では具体的にはなぜこんなにパソコンの調子が悪くなる?
また、その時には内部のデータを取り出すことはできる?という疑問について。

PCの不具合が出る主な原因

・ソフトウェアが多くなりメモリやCPUの使用量が増えたため。

・ハードディスクの内部のファイルが何万個と増えて、断片化してきたため。

・アンチウイルスソフトなど常時稼動型のソフトで容量をかなり使っているため。

・コンピューターウイルスやスパイウェアが侵入しているパターン。

・パソコンパーツの老朽化が始まってきたため。

・配置している場所が機械に良くないため。

・最新のアプリケーションソフトウェアの性能に、数年前の
 オペレーティングシステムのスペックが 追いつかなくなってきたため。

これらのトラブルは、適切な修復の対象を行うか、専門のサポートにて修理をすることができます。

パソコンが次第に調子が悪くなった時のデータの取り出し の続きを読む

PC本体からピーッと変な音が出た時の対処方法とは?

パソコンの電源ボタンを押してOSを起動している最中に、
ピ――――、ピポッピポッといった変な音が出て何らかの支障が出た場合の対処法について。

これらの異音は、HDDのヘッドクラッシュや焼き焦げによる音ではなくシステム的に鳴っている
故障の警告音であり、Beep音(Beep Code):ビープ音(ビープ・コード)と呼びます。

まず、電源起動の間に何も鳴らずにすぐにOSが開ける時や、
「ピッ」と短い音が一回鳴っただけの時は基本的に正常な状態です。

AMI BIOSでは、DRAMメモリのリフレッシュ不良の警音告です。)

PC本体からピーッと変な音が出た時の対処方法とは? の続きを読む

could not be found.Please Checkから修復

Microsoft Windowsのパソコンが突然、電源を起動しても画面が真っ黒になってしまい、
たとえば専用の起動ディスクなどを読み込みしても」プロセッサパッケージの部分で、
~could not be found.Please Check the neme and try again」とエラーのメッセージが出て
正常に操作できない場合は、どうすれば問題を修復できる?というご質問について。

could not be found.Please Checkの問題とは?

まず、BIOS(バイオス)の画面や、Windowsのロゴ画面が開く状態であれば、
おそらくOSの障害であるため、システムの復元や再セットアップで、ほぼ修復ができます。

ですが、画面が真っ黒で開けない状態であると、ハードディスクやマザーボードといった部品が
故障している場合があるため、新しいパーツを買って交換する必要が出ることもあります。

各種パーツは、パソコン修理サービス店や、コンピューターのトラブルサポートセンターにて、
換装の作業を代行してもらうこともできます。

could not be found.Please Checkから修復 の続きを読む

カスタマーサポートセンターに電話が繋がらない時は?

パソコンやサーバ・プリンター・スピーカー・キーボード・ソフトウェア・マウス・
液晶モニター・オーディオ機器・その他OA製品など、あらゆる電子機器は
その大多数に、開発・販売元の会社にてカスタマーサポートサービスが実施されています。

電話の回線がつながりにくい時は?

電話や電子メール、窓口にてお問い合わせをされることで、
機器の故障やシステム上の不具合が発生した際にどう対処すればよいかを聞くことができます。

ですが、大手企業のカスタマーサポートセンターでは特に混雑が激しく、
平日の日中時間ではなかなか係員の方へ繋がりにくいことが度々あります。

回線の混雑により電話をしてもなかなか繋がらなくてすぐに対応が取れない、
というケースもよくあります。

自動音声で「しばらくお待ちいただくか、しばらく後でお掛け直しください。」
といった録音メッセージが流れます。

朝方や夕方以降の時間帯でしたら比較的空いているため、
多少後でも構わない場合はこのあたりの時間帯で電話を掛け直してみましょう。

お急ぎの場合は、私設のパソコン修理サービスで、スピード診断のコースで見てもらう方法もあります。

カスタマーサポートセンターに電話が繋がらない時は? の続きを読む

故障トラブルに備えてあらかじめ用意すべき物とは?

パソコンのシステムファイルやハードディスクドライブは
いつ急に動作不良や故障を起こしてしまうかわかりません。

実際に突然PCが動かなくなってから慌てて修復に必要な物を用意しようとすると、代わりの
予備パソコン本体を持っていなかったりバックアップデータを取っておらず作業が進ませられない
など、相当に困ってしまうアクシデントも少なくありません。

ですが事前に、緊急のアクシデントを想定してしっかりと準備をされておけば
いざという時に、あまり慌てずに速やかに対応することが出来ます。

まず必ず用意しておきたい物が、【バックアップデータ】。

今までに作成したプログラムファイルや、システムの設定情報をMOやUSBメモリ、
ポータブル・ハードディスクなどの外付け装置にこまめにコピーして保管しておけば、
OSを再インストールしなければならない事態になっても安全です。

次に出来る限り備えておきたい物が、予備のPC本体。

新しいパソコンに買い替える際には、今まで使っていたPC本体がまだ十分に使えるようでしたら
予備のマシンとして残しておきましょう。

修理センターに長期間預けなければならない時などに大いに役立ちます。

故障トラブルに備えてあらかじめ用意すべき物とは? の続きを読む

パソコントラブル解決サポートは業者ごとに費用も異なる?

PC本体やその他OA機器が壊れたり不調をきたしたので修理に出したい、
という場合にお役立ちのコンピューターサポート業者について。

東京都や大阪府、札幌市、名古屋市、福岡市など主要都市部には
数十件以上のPC機器修理店が構えられています。

またパソコン工房など日本全国にチェーン店を設置されている会社もあり、他、各都道府県にも
一県あたりに少なくとも10件以上の業者があり、お手軽に修理を依頼することも出来ます。

店舗おきの料金の違い

しかしながら、どこの事業社に直してもらっても料金があまり変わらない、というわけではなく、
基本的に診断・修復作業のお値段は各社おきに、ある程度は個別に設定されています。

そのため、仮に同じマシンの同じ問題を修復してもらうにしても、
A社とB社、C社によってそれぞれ数万円も値段が違う場合があります。

パソコントラブル解決サポートは業者ごとに費用も異なる? の続きを読む

パソコンの故障のハードウェア的な問題から修理をするには?

パソコンが突然正常に動かなくなって問題が発生してしまうのは決して珍しいことではなく、
どんな高性能なパーツやシステムで構築された製品でもいつかは必ず何らかの問題が発生してしまうと言えます。

しかし故障にはソフトウェア(システム)的な問題とハードウェア(部品・構造)的な
問題とに分かれまして、どちらの障害かによって対処方法も大きく変わります。

主なハードウェアのアクシデント

・ハードディスクドライブのヘッドクラッシュ。

・HDD(読み:ハードディスクドライブ)の老朽化。

・電源ユニットやCPUファンへの埃の付着による熱暴走。

・パーツ交換時の接続不良や破損。

・USBポートやコネクタへの接触不良。

・水分や湿気の浸入による内部機械のショート。

・小さなゴミや虫・地理などの異物の混入。

・日差しや電磁波・熱気・冷気の影響を受けやすい環境での配置。

・ノートパソコンの物理的な強い衝撃。

・マウスやキーボードの破損による操作不能の状態。

・スペックや容量の低いパーツのため、動作環境が不足している。

・長期間動かしていなかったため、一時的に機能がダウンしている。

・その他、起動ボタンやドライブ、周辺機器の物理的な損壊、など。

パソコンの故障のハードウェア的な問題から修理をするには? の続きを読む

機械の修理は専門業者に頼んだ方が安く済むことも多い?

パソコン機器をはじめとする電子演算機器や家電製品など、機械類の製品が故障してしまい
動かなくなってしまった時はまず、一度電源を抜いてみてしばらく機器の熱を冷ましてから
もう一度電源を付け直してみる、またはしばらく使っていなかった機器が動かなくなっていた時は
しばらく電源コードを差し込んでおく、といった手順を試してみてください。

それでも動かない場合は、メーカーまたは購入先の販売店による保証サポートに
お預かりをしてもらうことで大抵は直してもらうことができます。

しかし保障期間がもう切れていた場合、メーカー先の修理サービスは適用できなくなりますので、
私設の家電修理サービスなどに注文をする方法もあります。

自作パソコンの解体やパーツ交換、家電の設備にある程度慣れている方でしたら
自分で修復を試みることもできるのですが、PCパーツの物理的な破損やデータ・プログラムの
損壊などは特に難しく、また代わりの部品を新しく購入しなければならない場合も多いので
自力での修理もそれなりと手間と予算がかかってしまいます。

機械の修理は専門業者に頼んだ方が安く済むことも多い? の続きを読む

PCやOA機器の修理サポートサービスの選び方は?

パソコン本体や周辺機器、データ保存ディスクなど、PC関連のOA機器がシステムエラーや
物理的な障害を受けて破損してしまい、一般の個人ではどうしても起動しないために、
トラブルサポート関連のサービス会社に修理の注文をしたい時、どの状態でどのように
依頼をするのが最適?という疑問について、おおまかにご説明いたします。

まず、基本として一番最初にチェックするのはメーカーや販売店で購入された時に受けている
パソコンや周辺機器の修理のための年間保証サービスです。

パソコンを新品で購入された時に、ほぼ必ず1~3年間くらいの修理期間のサポートサービスが
付いてきますので、この期間内でしたらメーカー先にお問い合わせすることで修理に出すことができます。

PCやOA機器の修理サポートサービスの選び方は? の続きを読む

アプリケーションエラーを解消する方法の一覧

パソコン上で使用するソフトウェアやオペレーティングシステムの起動中に起こりうる
「アプリケーションエラー」「フリーズ」「動作遅延」といったシステム上の障害の発生の原因と、
それらの状態を解消して直す方法を記載した各ページの目次リストです。

コンピューター上の無数に存在するトラブル事例の中で、よくあるエラーの方から順に解決ページを作成しています。

動作上などでの問題が発生してなかなか直らない時に、ぜひご参照ください。

アプリケーションエラーを解消する方法の一覧 の続きを読む

パソコン修理の値段のお見積もりサービスとは?

デスクトップパソコンの本体や複合機、サーバ、NASなどのコンピューター製品が
故障してしまった場合、損傷が深刻な時は専門のパソコン修理サービスに出して
プロの業者に見てもらった方が安全かつ確実に直せます。

その際、修理の作業にかかるお値段がいくらくらいになるか、
またお預かり機関がどれくらいか、など気になることも多いことでしょう。

そんな時には、事前に料金やスケジュールの
[お見積もり]をしてもらえるサポートサービスが大変助かります。

まず、パソコンが突然動かなくなってしまった時、操作のまったくきかないシステム的な障害が
起きてしまった場合や部品がどこか壊れているハードウェア的なトラブルの場合、
実際にコンピューターの中身がどのようになっているか、
そしてどのような行程で直していく必要があるかによって値段も変動しやすいです。

パソコン修理の値段のお見積もりサービスとは? の続きを読む

ハードの故障以外でパソコンの電源が付かない時の修理

普段お使いのデスクトップパソコン、またはノートパソコンが、ある日、突然電源を付けても
何も映らずに動かせなくなってしまうような緊急事態には、つい慌てて電源ボタンを
何度も押したりと色々いじってしまいがちになってしまうのですが、

ハードウェアの本体内部では電源ユニットやCPU、マザーボードなど部品の焼きこげが
起きてしまってる可能性もあり、下手に動かすとかえって状態が悪くなってしまうこともあります。

ですが、電源がつかない場合やモニターの画面に何も映らない場合は故障ではなく、
他の軽い物理的なミスによる原因で、簡単に直せるパターンもあります。

まずは、そんなアクシデント解消のための対処法について。

主なアクシデントの一例

・PC本体の電源コードが抜けていた。

・停電で家のブレーカーが下がっていた。

・パソコンの電源スイッチをOFFにしていた。

ディスプレイ(モニタ)の接続プラグや電源コードが外れていた。

・モニターのスイッチをOFFにしていた。

・ノートパソコンのバッテリーが切れていた。

・外部機器同士のUSBポートなどでの接続不良が起きていた。

こういった些細なミスによってPCが動かなかった、というケースも結構多いもので、
これなら修理の依頼も必要なく、比較的簡単な方法で修理ができます。

ハードの故障以外でパソコンの電源が付かない時の修理 の続きを読む

パソコンが故障してしまう主な原因と修理の方法とは?

パソコンの故障トラブルについて、まずはじめに主な障害の起こりうるパターンについて、一つずつ並べていきます。

PCをはじめとする精密機器にエラーが起こったりパーツが損壊してしまう理由は
それこそ無数にあるので、その原因を自分で見つけて修理するのはかなり
至難の業になることもありますよね。そんな時のために、主な障害の事例を一覧に並べてみました。

主なPC機器破損のパターン

・ハードディスクドライブのヘッドクラッシュ。

コンピューターウイルスの感染。

・落雷や過熱などで起こる電源ユニット・CPUのショート(焼き焦げ)。

・長期間の放置による湿気や塵の内部への充満。

・パーツ同士の接続不良や長年の使用による老朽化。

・浸水による水害。

・下に落とす、倒すなどの衝撃的な障害。

・重要なシステムの誤った削除やアンインストール。

・差込プラグの折れ曲がりによる接続不良。

・マザーボードやメモリなどのスペック的な相性の悪さによる負担。

・不正・または問題のあるユーティリティーをインストールてしまう。

・無理やり電源を抜いたり強制的にシャットアウトするのを繰り返す。

・システムの復元など、負担のかかりやすい機能を乱用してしまう。

・システムファイルが破損してしまう。

パソコンが故障してしまう主な原因と修理の方法とは? の続きを読む