「ごみ箱の削除後の復元」のページの案内

『ごみ箱の削除後の復元』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

パソコンのゴミ箱のフォルダー


「ごみ箱の削除後の復元」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「ごみ箱の削除後の復元」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

ファイルを削除する時に他のデータを一緒に選択して消した時は?

Windowsのパソコンのエクスプローラーや、MacパソコンのFinderなどの画面上で、
何かのファイルやフォルダーを選択して削除する時に、うっかり隣り同士または離れた箇所に表示されている、
他の拡張子のデータを一緒に選択していてまとめて消した時は、どうすれば復元することができる?という疑問について。

一緒に削除した他のデータをゴミ箱フォルダーを開いて探すには?

まず、パソコンに内蔵されたHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)、
またはUSBコードから接続した外付けHDDやポータブルSSD、RAIDの内部のディレクトリに保存されているデータは、
Windowsのグラフィカルユーザインタフェースのエクスプローラーや、MacのFinderから、
ファイルを削除した場合であれば、すぐには消去されず、一旦ゴミ箱のフォルダーに拡張子の表示が移行します。

ゴミ箱を開いて、削除したファイルが見つかりましたら、アルファベット順や五十音順で、
元々隣あたりの位置に保存されていたファイルやフォルダーがあるかどうかを、目視で確認されてみてください。

また、たとえばWindowsで一緒に選択して削除してしまったファイルの拡張子のフォーマットがおおよそわかる時は、
画面の右上の検索窓に拡張子の名称「pdf」「jpg」などを入力すると、その拡張子のファイルのみが一覧に表示されます。

ファイルを削除する時に他のデータを一緒に選択して消した時は? の続きを読む






ダイアログボックスから削除したHDDのデータ復旧を行うには?

Windowsのパソコンを日々お使いの際に、アプリケーションソフトを開いてファイルを開いたり、
名前をつけて保存をする際に展開する「ダイアログボックス」(dialog box)のウィンドウで、
うっかり間違えて、表示されているハードディスクまたはSSDの内部のフォルダーに保存されていた、
別のファイルを削除してしまった場合は、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

ダイアログボックスからのゴミ箱への自動的なファイルの移行とは?

まず、Windowsの仕様で、エクスプローラーの画面で削除したファイルと同じく、
ダイアログボックスから削除したファイルも、すぐにはそのままフォルダー上から消去されず、
一度「ゴミ箱」(trashbox)のディレクトリの中にデータが移行します。

デスクトップの画面にあるゴミ箱フォルダーを開いて、一覧に削除したファイルがありましたら、
そちらを選択して右クリックをして「元に戻す」を押すと、以前のフォルダーの位置に復旧ができます。

もし、外付けハードディスクやRAIDケースが読み込み出来なくなっていた場合は、
データリカバリーサービスの方で、復旧の措置をしてもらうこともできます。

ダイアログボックスから削除したHDDのデータ復旧を行うには? の続きを読む






削除したテキストエディタのデータファイルを復元するには?

パソコンやモバイル端末といったコンピューター上で、文字を打ち込んでシンプルに文書を作成する、
アプリケーションソフトの「テキストエディタ」(text editor)を使う際に、間違えて文章の一部、
またはファイルそのものを削除してしまった時には、どのようにすれば復元ができる?という疑問について。

「元に戻す」(アンドゥ)の機能でデータを復旧する方法とは?

まず、パソコン上でよく使用されているテキストエディタには主に、
Windows(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムに標準で搭載されている「メモ帳」や、
macOSにある「テキストエディット」(TextEdit)、UNIXのヴィーアイ(vi)などがあります。

ほかにもサクラエディタ(sakura-editor)といったソフトウェアもあり、
「.txt」などの拡張子のファイルは、これらの機能で共通して開くことができます。

テキストエディタには、「編集」の項目の中に「元に戻す」(アンドゥ/undo)というメニューがあります。

こちらの機能で、誤った入力をして文書の一部を消去したり間違えた字を打ったりした時は、
「元に戻す」の入力で(またはCtrlキー+Zキーの入力で)、一つ前の状態に復元することができます。

※エディタのソフトウェアやPCのOSが、急にエラーを起こして強制終了せざるをえなくなった場合は、
 メモリに一時的に保存されていた、アンドゥの分のデータは消えてしまいます。

また、パソコンそのものが突然の故障で強制終了して、そのまま開けなくなってしまった時は、
壊れた本体を修理に出される際に、ハードディスクやSSDにまだ大事なファイルが残っていましたら、
先に専門事業のデータ復旧サービスにて、取り出しの作業を行ってもらわれることもおすすめします。

削除したテキストエディタのデータファイルを復元するには? の続きを読む






Windows10のごみ箱アイコンが消えた時に復元するには?

Microsoft Windows 10(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)のオペレーティングシステムが、
CドライブのハードディスクまたはSSDにインストールされているパソコンを、日々お使いの際、
いつの間にかデスクトップの画面やタスクバーに表示されていたはずの、
『ごみ箱』(trashbox)のアイコンが消えた場合は、どうすれば復元することができる?という疑問について。

ショートカットアイコンが消えた時には正常な操作はできる?

まず、大抵の場合はゴミ箱のシステム自体が壊れたり消去されたわけではなく、
ショートカットアイコンだけが、誤った操作などで、
デスクトップやタスクバー上での表示が消去されただけの状態になります。

ゴミ箱としての機能の方は、しっかりと残って作動している場合が多いです。

何かのファイルをフォルダーから削除する時に、「このファイルをごみ箱に移動しますか?」と表示されて、
「はい」を押して普通に操作して削除されれば、機能の方は正常に動作しています。

※オペレーティングシステム自体が破損していると思われる場合は、
 OSを修復する各機能を使用するか、再インストールを実行してする、
 またはプロのパソコン修理サービスの方で、直してもらう必要が出てきます。

Windows10のごみ箱アイコンが消えた時に復元するには? の続きを読む






Windows10でゴミ箱から削除したデータファイルを復元するには?

MicrosoftのWindows10(ウィンドウズ・テン)のオペレーティングシステムをインストールされた、
パソコンをご使用の際に、誤ってエクスプローラーやアプリケーションソフトから、
Cドライブの内部のフォルダーに保存していた、必要なファイルの拡張子を削除してしまった場合には、
どのようにすればデータの復元をすることができる?という疑問について。

Windows10でゴミ箱から「元に戻す」でデータを復活させるには?

まず、Windows10もこれまでのWindows8/8.1や7以前のバージョンと同じく、
デスクトップの画面から、ファイルマネージャーのエクスプローラーを開きます。

パソコンのドライブベイに内蔵されたハードディスクやSSDこと、
ローカルディスク(C:)の内部に保存されている状態のファイルを普通に削除した場合は、
基本的にすぐには消去されずに、一度ゴミ箱フォルダーにデータのアイコンが移行されます。

デスクトップのアイコンからゴミ箱フォルダーを開いて、削除した対象のファイルがありましたら、
そちらを選択して、右クリックをして「元に戻す」で、以前のフォルダーの位置に復活させることができます。

Windows10でゴミ箱から削除したデータファイルを復元するには? の続きを読む

誤って削除したデータファイルを以前のバージョンから復元するには?

Windows(ウィンドウズ)のパソコンを使用して、保存をしたデータの操作を行っている最中に、
必要なファイルを誤って普通のフォルダーからゴミ箱に移動させて、ゴミ箱を空にしてしまったり、
Shiftキー+Deleteキーなどで完全に消去してしまった場合に、「以前のバージョン」といった、
同じウィンドウズの内部の機能を用いて、消えた拡張子の復元を行うには?という際の方法について。

主な外付けハードディスクの製品の一覧

・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 1TB TS1TSJ25M3
・Seagate(シーゲート):外付けハードディスク 3TB USB3.0 New Expansion SGD-FNX030UBK
・I-O DATA(アイオーデータ):USB3.0 ポータブルHDD「かくうす」 500GB HDPE-UT500
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 WDBUZG0010BBK-JESN
・BUFFALO(バッファロー): EX2 USB3.0用 外付けHDD 3TB HD-LC3.0U3-BK

外付けHDDにバックアップデータを保存するには?

まず、Windows(ウィンドウズ)にあるバックアップの標準機能であらかじめ、
対象のフォルダーの削除したデータと同じものを、別の場所にコピーで保存していることが必要になります。

※こちらのページの事例では、Windows 10(または8/8.1)のデータ保存機能の、
「バックアップと復元(Windows7)」や「ファイル履歴」の場合での手順について、説明をいたします。

(Windows Vista/7の場合はシャドウコピー、復元ポイントなどの機能を使います。)

事前にパソコンの内部のフォルダーのデータをコピーするには、まず外付けに使う、
ハードディスクドライブを(もしくはそれと同規模の容量のデータ記憶デバイスを)一台購入して、準備します。

誤って削除したデータファイルを以前のバージョンから復元するには? の続きを読む

Macのゴミ箱から外付けのデータ記憶装置のファイルを元に戻すには?

Apple社のmacOSやMac OS Xのオペレーティングシステムがインストールされた、
MacBook Air/ProやiMac、またMac miniやMac Proなどのパソコンに、
USBで接続したデータ記憶装置に保存しているファイルを、誤って削除してしまった時に、
後からデータの拡張子を元に戻すことはできる?という疑問について。

Macパソコンのゴミ箱に移行したデータを元に戻す手法とは?

まず、Macパソコンの場合、PC本体に内蔵されていない外部のデータ記憶装置にあるファイルでも、
そのまま消えずに一度「ゴミ箱」に移動されるケースもある、ということをご存じでしょうか?

例えば、『Microsoft Windows』(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで、
USBコネクタから接続をしている、USBメモリやカードリーダーに差し込むSDカードといったリムーバブルディスクは、
ウィンドウズ上のエクスプローラーやダイアログボックスなどでファイルを削除すると、
ゴミ箱フォルダーには移動されず、基本的にそのままデータが消去されます。

ですが、macOS/のMacBook Airなどのパソコンに補助記憶装置をUSBポートから繋げた状態で、
マッキントッシュのパソコン上のグラフィカルユーザーインタフェース(Graphical User Interface)の、
Finder(ファインダー)からファイルを誤って削除した場合は、
Duckのゴミ箱フォルダーに拡張子が表示される機能があり、後からデータを元に戻すこともできます。

※もし、しばらく開いていなかったハードディスクやメモリーカードから、
 大事なファイルの拡張子が自然に消えてしまった場合には、それ以上の通電を控えて、
 プロのデータリカバリーサービスにストレージを出して、検査をしてもらわれることを推奨します。

Macのゴミ箱から外付けのデータ記憶装置のファイルを元に戻すには? の続きを読む

macOSで間違えてゴミ箱に削除したフォルダーとデータを救出するには?

Apple社の「macOS」(Macintosh)のパソコンを起動して、デスクトップを開いて操作をしている時に、
アプリケーションソフトや重要なファイルなどが入っている必要なフォルダーを、
Dockの右側のゴミ箱の中にうっかり移動させて削除していたり、またはゴミ箱に入っていなかった時には、
どのようにすれば、後から元に戻してデータを救出することができる?という疑問について。

macOSのゴミ箱に入っていたフォルダーを元の場所に戻すには?

まず、macOS(マック)のパソコンで読み込みができる内蔵のハードディスクやSSDなどにある、
普通のフォルダーであれば、Finderの操作で削除した場合は内部のファイルごとゴミ箱にフォルダーが移行します。

ゴミ箱のアイコンをデスクトップの画面から開いて、まだ必要なフォルダーが一覧に並んでいましたら、
そちらを選択して「元に戻す」を押すと、以前にあったディレクトリの場所に復元されます。

ほか、外付けのハードディスクやRAIDケース、またUSBメモリや、カードリーダーで読み込むメモリーカード、
といった、外部の補助記憶装置からFinder(マイファイル)で削除したフォルダーも、
ストレージの接続中はごみ箱に一旦表示されていて、後で「元に戻す」の動作で救出することもできます。

アプリケーションソフトの入っているフォルダーを削除していた時は、
保存し直す場所を間違えてしまうと、正常に動作しなくなる場合があるのでご注意ください。

また場合によっては、ソフトウェアの再度のインストールをされてみてください。

もし、パソコンの調子がどこかおかしくなってしまった時は、OSのリカバリーをしてみるか、
Mac製品を取り扱われた、専門のパソコン修理サービスの方で修復をしてもらわれることも推奨します。

macOSで間違えてゴミ箱に削除したフォルダーとデータを救出するには? の続きを読む

ダイアログボックスで間違って消したデータファイルを復元するには?

MicrosoftのWindows(ウィンドウズ)やmacOS・Mac OS XなどのOSのパソコンを操作している時に、
コマンドを選択する際に表示される、別枠の新しい設定ウィンドウの画面である、
ダイアログボックス』 (dialog box)を開いて操作の指示を打ち込んでいる際に、
間違えてファイルを削除したり変更をしてしまったら、どうすれば復元することができる?という疑問について。

間違って消したファイルを自動回復の機能から復元する方法とは?

まず、パソコン上でのエラーメッセージなどの画面では、直接的に拡張子を操作する機会は少ないです。

しかし、フリーズといったエラーにより、展開中のアプリケーションソフトウェア(Application Software)を、
上書き保存の前に閉じる、という動作をどうしても選択しなければならなくなった時は、
更新していたデータが、以前に保存した時の状態にまで戻って消えてしまいます。

その時は、もしそのお使いのユーティリティーに「自動回復」の復元機能があって有効であれば、
もう一度アプリケーションソフトの画面を開いた時に、BAKファイルなどのログから復旧できる場合もあります。

ダイアログボックスで間違って消したデータファイルを復元するには? の続きを読む

ごみ箱のディレクトリに捨てたデータファイルを元に戻して開くには?

Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)のオペレーティングシステムのパソコン上で、
いらなくなったファイルの拡張子やフォルダーを、普通にエクスプローラー(マイコンピューター)から、
一度削除すると、すぐには消えずに一旦、専用のごみ箱フォルダーに移動して保管されます。

そこで、どのような手順を行えば、以前と同じようにファイルを元に戻して開くことができる?という疑問について。

ごみ箱のディレクトリに捨てたデータを元に戻す手順は?

まず、Windowsのパソコン上でごみ箱に捨てたファイルをもう一回使う必要が出てきた時や、
間違えてまだ使うファイルをごみ箱のフォルダーの内部に移動させてしまった場合に、復元をする手順について。

ひとまず、ごみ箱に入ったままの状態ではまだ開くことが出来ませんので、ご注意ください。

最初に、フォルダーの画面の中に表示されている必要なファイル名のアイコンを右クリックして、『元に戻す』を押します。

するとアイコンが消えて、元々あったフォルダーの方に移動します。

そのデータを、エクスプローラーやダイアログボックス、またはアプリケーションソフトのウィンドウから確認します。

あとは普段通りに専用のソフトウェアを起動して、そのファイルを開くことができれば、無事に復旧は完了です。

ごみ箱のディレクトリに捨てたデータファイルを元に戻して開くには? の続きを読む

ゴミ箱ツールに残ったデータファイルを完全削除する必要とは?

パソコンにインストールされている、WindowsやMasのOS、Linuxといったオペレーティングシステムで、
ゴミ箱のフォルダー(Recycle Bin)から、セキュリティのためにデータファイルの完全削除を実行するには、
どのように対処をすればいい?という疑問について。

ゴミ箱ツールのフォルダーにファイルが残っている場合とは?

まず、パソコンに内蔵されたハードディスク上(Cドライブ)にあるフォルダーの中に含まれている、
ファイルの拡張子を普通に「削除」すると、オペレーティングシステム上の自動的な仕組みによって、
消したデータファイルは一旦、『ゴミ箱フォルダー』(Trush Box)の中に移動されます。

この中に保管されているファイルやフォルダーは、
ごみ箱のデータの容量がいっぱいになると、次第に古い順から自動的にファイルが消去されていきます。

ですが、パソコンの本体を内蔵のHDDやSSDごと廃棄処分したり、誰かに譲渡する場合や、
またはノートパソコンを貸し出したり他の人に使用を許可する場合は、
念のために事前に「ごみ箱を空にする」などの機能を使って、データを削除しておかれるのが望ましいです。

また、さらに安全性を考慮するためには、データ完全削除のソフトウェアやサービスを使われることを推奨します。

ゴミ箱ツールに残ったデータファイルを完全削除する必要とは? の続きを読む

Macパソコンのゴミ箱にあるデータファイルの復元を行うには?

Apple社より開発・販売されています、macOSのパソコンを操作している時に、
間違えて必要なファイルやアプリケーションソフトウェア(Application Software)を削除してしまったら、
どうすればゴミ箱などの場所から、元通りにデータ復元の措置ができる?という疑問について。

macOSのゴミ箱に残っているデータを回復する手順

まず、不要になったファイルを選択して、右クリックの操作などでフォルダーから削除した後に、
一時的に消したファイルやフォルダーを自動的に移し変えて取っておく特殊な領域である、
「ゴミ箱フォルダー」(Trash Box)は、Windowsのパソコンだけでなく、
AppleのMacintoshパソコン(マッキントッシュ)のmacOS/Mac OS Xや、
LinuxディストリビューションのUbuntuなどのオペレーティングシステムにも搭載されています。

macOSのPCで、アプリケーションソフトウェアの操作をする際、
または保存されたデータやシステムの整理中に、間違えて削除をしてしまった時でも、
まだゴミ箱(Recycle Bin)のフォルダーに、表示が消えたファイルが残っていることが多いです。

そちらを開いて、対象のファイルを選択して右クリックをして、
「元に戻す」の操作をして、元々あったフォルダーの場所に戻すことができます。

また、MacのパソコンではUSBフラッシュメモリやMicroSDカード、メモリースティックなどの、
外部からUSBで接続する、補助記憶装置に書き出してる領域のファイルを消した場合も、
一度ゴミ箱のフォルダーに保管されますので、後から元通りに復元することができます。

※Windowsで消去してしまった場合は、市販のデータ復元ソフトウェアを購入するか、
 プロのデータリカバリーサービスで見てもらわれることをお薦めします。

Macパソコンのゴミ箱にあるデータファイルの復元を行うには? の続きを読む

削除したデータファイルがごみ箱に入っていない時に復元するには?

パソコンを使用している時に、フォルダーに含まれるファイルの拡張子を削除したら、
通常は『ごみ箱のフォルダー』(トラッシュボックス)の中に一旦、データが保管されます。

こちらは、後でもう一度コピー&ペーストや移動を行って、簡単に拡張子を元に戻すことも出来ます。

しかし、ゴミ箱ツールの内部にあると思っていたファイルがなぜか見当たらない、
という状況の場合は、データの消去における一部の例外に当てはまってしまっている場合があります。

そんな時には、どうすればゴミ箱に入っていない消えたデータファイルを復元することができる?という疑問について。

ごみ箱に移動されていなくてデータが入っていない状態とは?

まず、消去したデータがトラッシュボックスのフォルダーに移動されるのは、
ローカルディスク(CドライブやDドライブなど、パソコンに内蔵されたHDD・SSDの内部の領域)と、
外付けハードディスクやポータブルSSDなどのストレージに保存されているものに限ります。

その他の外部の記憶媒体(Memory Medium)に属するリムーバブルディスク、
例えばSDメモリーカードやUSBメモリー、またMOやフロッピーディスク、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、
BD-RE、DVD-RAM、CD-RW、ほか、USBから接続したデジタルカメラや携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、
といった補助記憶装置(Auxiliary storage)に保存されたファイルを削除した場合は、対象外となります。

その際には、ごみ箱のフォルダーに移らず直接データファイルが消えてしまいますので、ご注意ください。

(Macパソコンの場合は、USBメモリやカードリーダーを通したSDメモリーカードなどのデータを、
 Finderから削除した場合は、そのまま拡張子が消去されずにゴミ箱のフォルダーに一度移動します。)

削除したデータファイルがごみ箱に入っていない時に復元するには? の続きを読む

ゴミ箱の容量が埋まって消えたデータは復元できる?

パソコンのローカルディスク(内蔵のHDDやSSD、外付けのハードディスクなど)に保存してある、
不要になったファイルを右クリックなどで削除すると、すぐにはディレクトリから表示が消去されずに、
まずはゴミ箱(Recycle Bin)の専用フォルダーに移動して、こちらでデータが保管されます。

なので、間違えて必要なデータまで一緒に削除してしまっても、
『ごみ箱を空にする』の操作をしなければ、いつでもファイルを引き出して復旧することが可能です。

しかし、ゴミ箱にも無限にファイルが収納できるわけではなく、一定の容量の制限に達して入りきらなくなると、
ディレクトリが埋まった時から先は、前の方に保管されていた古いデータの分から順に、
自動的に消去されて、消えていく仕組みになります。

そんな時には、ゴミ箱から失ったデータファイルを後で復元することはできる?という疑問について。

ゴミ箱の容量が埋まると古いファイルから順に消去される?

まず、例えばパソコンに搭載された内蔵のハードディスクドライブやSSDは、
デフォルトの状態ですべての容量のうち、10%がゴミ箱の機能での領域に使われています。

1TB(テラバイト)のHDDでしたら、約100GB(ギガバイト)のデータを、ごみ箱に保存することが可能です。

これだけあれば、余程プログラムやファイルの入れ替わりが激しい使用でなければ、
かなり長い期間は何もせずとも、ゴミ箱(Recycle Bin)にデータを収納できることでしょう。

しかし、いつかごみ箱の最大容量の設定を越えてしまったら、いつの間にか前のファイルが消えてしまった、
というハプニングに見舞われる可能性もありますので、データの管理にはご注意ください。

また、パソコンの設定のし直しは、PC修理やサポート関連のサービスで代行してもらうこともできます。

ゴミ箱の容量が埋まって消えたデータは復元できる? の続きを読む

ごみ箱の最大サイズを減らしてデータファイルの空き容量を増やすには?

WindowsやMacのパソコンにある、ゴミ箱(Recycle Bin)のフォルダーに入るデータファイルの、
最大サイズを減らす設定を行ってハードディスクドライブやSSDの空き容量を増やして、
ストレージを運用するには、どのような仕方で実行すればいい?という疑問について。

「ごみ箱を空にする」でフォルダーの空き容量を増やす

まず、Windows(ウィンドウズ)のパソコンで、デスクトップに表示されているゴミ箱のツールには、
何かアプリケーションソフトウェア(Software)のファイルやフォルダーを削除するたびに、
どんどん使っている使用領域の容量が上がり、不要なデータが蓄積していきます。

基本として、ごみ箱ツールにはハードディスクドライブやSSDの10%にサイズが設定されています。

ですが、定期的に『ごみ箱を空にする』を行っていけばそれほどの領域はなくても大丈夫です。

なので、このゴミ箱に振り分けているデータの容量の割合を減らすことで、
HDDやSSDのパーティションに使える領域の部分も、増やしていくことが出来ます。

最大サイズの空き容量の振り分けを変更するには?

まずは、デスクトップの画面のごみ箱アイコンを右クリックして、プロパティの画面を開きます。

すると最大サイズがデフォルトでは10%ほどになっていますので、
つまみを左にずらしていって、たとえば5%くらいに調節してみます。

(Windows10では、MBの数値の表示です。)

そしてOKを押して、ストレージの空き容量の振り分けの作業は完了です。

例えば100GBくらいのHDDやSSDでしたら、ゴミ箱フォルダーの領域は10GBから5GBに、
最大サイズが変更されたことになり、ローカルディスクの動作もややスムーズにできます。

最大容量を「1%」などあまり少なくしすぎると、
大きなアプリケーションソフトウェア(Application Software)のフォルダーなどを削除する時に、
ゴミ箱が詰まってしまいますので、適度に調整されてみてください。

また、パソコンの修理に関するサポートで、コンピューターの最適化の作業を実施されているサービスもあります。

ごみ箱の最大サイズを減らしてデータファイルの空き容量を増やすには? の続きを読む

削除したファイルはごみ箱からコピーして元の場所にデータを戻せる?

パソコンに内蔵されたストレージ(CドライブやDドライブなどのハードディスクやSSD)に入っている、
ファイルやフォルダー、あるいはショートカットアイコンやアプリケーションソフトのディレクトリなどの、
ローカルディスクのデータは、一度フォルダーから削除した時に多くの場合はすぐには消えずに、
デスクトップで表示されている、「ゴミ箱」(Recycle Bin)のツールの中に移動して保管されています。

そこから後でデータを元に戻すには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

ゴミ箱のフォルダーを展開してファイルの移行を確認

まず、誤って大事なデータを削除してしまったり、
一度は消したけれどまた必要になった、という場合に、ファイルを元に戻す手順について。

最初に、デスクトップの画面にあるゴミ箱のフォルダーのアイコンを左ダブルクリックして開きます。

誤操作によるデータ処理で消去した対象となる、復活させたいファイルを「元に戻す」で配置を移行し直すか、
コピー&ペーストなどの実行で、元にあったフォルダーの場所に貼り付けて元に戻すことができます。

ごみ箱にファイルが入っている時は、アイコンに紙くずが表示されますので、
これで現在、中身が空になっているかどうかも一目でわかります。

電子メールのごみ箱のボックスからデータを復活するには?

次に、インターネット上のウェブサービスの中でも電子メールやクラウドストレージ、NASなど、
コンピューターの端末でサービス先の提供しているホストコンピューターである、
タイムシェアリングシステム(TSS)が導入された、大型のメインフレームなどで取り扱うデータが消えた場合について。

まず、ユーザーアカウントでログインしてからログアウトするまでの間のセッション内(session)でも、
ファイルマネージャーや受信箱、送信箱などのフォルダーから削除したデータは、
サービスのディレクトリにごみ箱の専用フォルダーが設置されていれば、一度そちらに移行されます。

一週間~30日ほどの限定の期間中で、すぐにはサーバーから消去されずに保管されているサービスもあります。

なので、間違えてネットワーク上でバックアップが自動的に取れないデータを消した場合に復活させるには、
ゴミ箱などの予備のシステムが配置されているかどうかを確認して、そちらから元の場所に戻る見込みがあります。

サーバー上のディレクトリから、データを大量にコピーしてバックアップをする際には、
サービスで用意されているフルバックアップやエクスポートの機能を使用されてみると、復旧の作業が便利です。

削除したファイルはごみ箱からコピーして元の場所にデータを戻せる? の続きを読む

ゴミ箱のボックスから削除したデータファイルを復活させたい時は?

パソコンを日々使っていくうちに、オペレーティングシステムにあるゴミ箱ツールの中には、
削除済みのデータファイルが大量に保管されています。

例えば、お気に入りやいらなくなったフォルダーをまとめて抹消したり、
インストールしたアプリケーションソフトウェアで作成されたフォルダーを、
プログラムと機能』(プログラムの追加と削除)から消去した後でたまに残るフォルダーを、
そのままエクスプローラー(マイコンピューター)の画面から、ごみ箱にデータを移動する場合などがあります。

その後で、うっかりゴミ箱のボックスから必要なファイルを間違えて削除してしまった場合は、
どのようにすれば消えたデータを復活させることができる?という疑問について。

一括の削除で間違えて必要なファイルも消してしまうトラブルとは?

まず、フォルダーごとデータを削除をした場合は、
一気に数百メガバイト~数ギガバイト以上のもの容量のデータが、一度にゴミ箱に移行される場合もあります。

そしてファイルの量が多くなるほど、パソコンのハードディスクやSSDの空き容量が少なくなり、
動作の遅延など若干の支障をきたすことがあります。

そのため、時々「ごみ箱を空にする」や「ディスククリーンアップ」の機能で、
データの一括消去を行う必要があります。

ですが、この際にうっかり必要なファイルまでゴミ箱のボックスに紛れてしまい、
場合によっては数ヵ月以上の後になって気づいてしまうケースもありえます。

ゴミ箱のボックスから削除したデータファイルを復活させたい時は? の続きを読む

削除したエクセルやワードのデータをゴミ箱アイコンから復活させるには?

パソコン上で、MicrosoftのExcel(エクセル)やWord(ワード)、PowerPoint(パワーポイント)といった、
オフィススイートなどのアプリケーションソフトで作成・編集したデータファイルを、
うっかり間違えて削除してしまった時に、ごみ箱のアイコンを開いて以前のフォルダーへ元に戻したり、
バックアップしていた別のデータを展開して復活させる方法とは?という疑問について。

ゴミ箱アイコンの中に移行したエクセルやワードのファイルを元に戻すには?

まず、WindowsやMacintoshといったOSのデスクトップの画面上には、「ゴミ箱」のアイコンが表示されています。

パソコンの作業の中でいらなくなったファイルやフォルダーを、
エクスプローラーやFinder、またはソフトウェアでのダイアログボックスで削除すると、
その多くはすぐにコンピューターから完全に抹消されるわけではなく、
この『ごみ箱』(Recycle Bin)のフォルダーの内部に一旦移動して、そちらにデータが保管されます。

Excelで作成した「.xlsx」や「.csv」の拡張子、またWordの「.docx」やPowerPointの「.pptx」、
あるいはこれらのファイルを加工した「.pdf」のファイルといった、
ユーティリティーで取り扱う専用のデータも、普通に削除をしたら一度ゴミ箱の中に移ります。

そして、もし間違えてエクセルやワードで作成したデータを消去してしまい、
後からまたそのファイルが必要になった時は、デスクトップアイコンから、まずゴミ箱を開きます。

必要なデータを一覧からすべて選択して、右クリックで「元に戻す」を実行すると、
ハードディスクやSSDの、以前にあったフォルダーの位置に復活させることができます。

ですが、パソコン自体に深刻なエラーや故障が起きていてうまく操作ができなくなっていた場合は、
プロのパソコン修理サービスに問い合わせて、直してもらわれることを推奨します。

削除したエクセルやワードのデータをゴミ箱アイコンから復活させるには? の続きを読む

Windows VistaまたはXPのゴミ箱アイコンを復元するには?

Windows Vista(ウィンドウズ・ビスタ)や、Windows XP(エックスピ―)のパソコンで、
デスクトップの画面に配置されているゴミ箱のアイコンを、誤って削除してしまったり、
いつの間にか表示が消えていた時に、復元をするにはどのように対処すればいい?という疑問について。

ウィンドウズのパソコンでゴミ箱が消えるトラブルとは?

まず、WindowsのOSのデスクトップの画面に表示された、削除したファイルが一旦保管される場所となる、
ゴミ箱のアイコンは、Windows XPやそれ以前のOSでしたら、
通常はデスクトップの画面上から消すことができないようになっています。

ですが、Windows Vista(ウィンドウズ・ビスタ)では、右クリックで削除できるようになっています。

そのため、うっかりデスクトップの画面からアイコンを消してしまい、
元に戻そうにもゴミ箱のフォルダーに行けないため復元の仕方がわからない、ということもあることでしょう。

Windows VistaまたはXPのゴミ箱アイコンを復元するには? の続きを読む

ごみ箱に残ったデータを空にする前に確認して元に戻す操作とは?

パソコンや電子メールのサービスなどにある、ゴミ箱のフォルダー(Recycle Bin)で、
間違えて「ごみ箱を空にする」などの指示で、まだ残っている必要なファイルを消去してしまうミスが起きたら、
後からデータを元に戻す時の操作は、どのように実行すればいい?という疑問について。

ゴミ箱を空にして必要なファイルを消してしまうトラブルとは?

まず、普段パソコンやNAS、電子メールなどをお使いの際には、不要なファイルやフォルダー、
コントロールパネルからアンインストールができないアプリケーションソフト、
お気に入りページへのリンク、画像ファイル、音楽ファイルなど、
さまざまなデータファイルをごみ箱のツールに移動・削除していきます。

その時点ではゴミ箱に移し変えても、まだデータは保管されたままで容量は残っています。

また、パソコンやネットワークドライブ、ウェブサービスの容量を軽くするためにも、
定期的にごみ箱のフォルダーを空にする必要もあります。

ですがこの時、うっかり必要なデータまでいつの間にか気づかないうちに、
無意識的な操作のミスなどで、ごみ箱に移動させてしまっているミスも起こりえます。

なので、念のために一通りパソコンやNASのトラッシュボックスのフォルダーに表示されている、
ファイルの一覧を先に確認した方が、データの保護のためにはより確実です。

必要なファイルが入っていましたら、ごみ箱に残ったすべてのデータを空にする前にそちらを選択して、
右クリック→「元に戻す」の操作で、以前と同じ位置のフォルダーに復元することができます。

もし、ここで、パソコンのシステムが破損していて、正常に操作と画面の展開ができない時は、
データリカバリーサービスに出して、必要なファイルを復旧してもらうこともできます。

ごみ箱に残ったデータを空にする前に確認して元に戻す操作とは? の続きを読む

ゴミ箱から以前に削除したデータファイルを修復する方法とは?

パソコンを仕事や日常で日々使っていると、デスクトップアイコンのゴミ箱(Recycle Bin)のツールには、
不要なデータファイルがだんだん増えていきます。

そのままにしておくと容量を使うので、定期的にデータを一括で削除すべきなのですが、
うっかり必要なファイルまで消してしまったり、あとでやっぱり必要になってきて困った場合には、
どうすれば以前にゴミ箱から消えた拡張子を修復することができる?という疑問について。

ごみ箱のフォルダーからデータの復旧をするには?

まず、ゴミ箱のツールは自分で作成するフォルダーとは違う、
WindowsやmacOS/Mac OS X、Ubuntuや電子メールのサービスなどに、最初からある特殊なフォルダーです。

主に、ファイルブラウザーやダイアログボックスで一回削除されたデータファイルを、この領域に収納します。

内蔵のCドライブや増設したHDDにSSD、また外付けのハードディスクといった、
ドライブディスクの装置のデータが主にここに入ります。

また、ゴミ箱のフォルダーを開いてから対象のファイル名を選択して、右クリックで「元に戻す」を選んで、
後から以前のディレクトリに復元することもできます。

ゴミ箱から以前に削除したデータファイルを修復する方法とは? の続きを読む

Windows7のゴミ箱アイコンが消えた時はどうすれば復活できる?

MicrosoftのWindows 7(マイクロソフトのウィンドウズセブン)のパソコンの、デスクトップの画面には、
いらなくなって削除したファイルを一時的に保管しておくための、ゴミ箱フォルダーのアイコンが表示されています。

しかし、このゴミ箱(Recycle Bin)のアイコンをうっかり消してしまったり、いつの間にか消えてしまった場合には、
どうすればデスクトップの画面に表示を復活させることができる?という疑問について。

Windows7のゴミ箱アイコンの表示を復元する手順は?

まず、Windows7のオペレーティングシステムがインストールされたパソコンを使用している際に、
ウィンドウズのデスクトップ上に、アイコンが一つも表示されない状態になった場合に復元をする手順について。

最初に、デスクトップの画面の何もない位置を右クリックします。

「表示」のタブを開いて、⇒「デスクトップアイコンの表示」にチェックを入れ直してみてください。

ゴミ箱アイコン(Trashbox)のみが消えている場合は、Windows7ではまず、何もないところを右クリックして、
メニューにある「個人設定」を開きます。

次に表示される、個人設定の画面にある、→「デスクトップアイコンの設定」の項目を開きます。

バルーンの中の「デスクトップアイコン」の項目で、「ごみ箱」にチェックを入れます。

そして「OK」を押すと、デスクトップの画面上にゴミ箱のアイコンが復活できます。

もし、Windows7のデスクトップ画面の表示自体がおかしくなってしまった時は、
セーフモードやシステムの復元、またはOSの再インストールを実行してみたり、
またはプロのパソコン修理サービスに注文して、リカバリーをしてもらわれることもおすすめします。

Windows7のゴミ箱アイコンが消えた時はどうすれば復活できる? の続きを読む

ゴミ箱に入らないでそのまま消えたデータファイルを復元するには?

パソコンのハードディスクやSSD、外付けのHDDやRAIDに保存していた必要なデータファイルを、
間違えて削除してしまい、またごみ箱のフォルダーに入らないでそのまま表示が消えた場合には、
どうすれば失った拡張子を復元して、ファイルを元に戻すことができる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダーにないデータファイルはどこにある?

まず、ファイルやフォルダーを間違えて削除をした後で、
ゴミ箱の領域に移行していない場合には、対象のデータはどこにある?という疑問について。

ひとまずは、削除の措置が何かのエラーで中断していたり、
操作のミスでフォルダーの移行が行なわれていなかったために、ゴミ箱に入っていない可能性があります。

一旦、元々あったフォルダーを開いて、まだデータが残っていないかどうか確認をしてください。

また電子メールの場合は、対象のデータが別のボックスに入っていないかどうかをお確かめください。

しかし多くの場合は、ゴミ箱に入らない別の機能でデータを削除していたために、
すでにパソコンのフォルダー上では、対象のファイルが表示されていない状態となっています。

ですが、まだその状態でも、消えた拡張子のファイルの痕跡はHDDやSSDのセルに残っている可能性が高く、
専用のソフトウェアを使用したり、データ復旧のサービスに注文をして、復元を試みることができます。

ゴミ箱に入らないでそのまま消えたデータファイルを復元するには? の続きを読む