「ソフトウェアでの復元」のページの案内

『ソフトウェアでの復元』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

アプリケーションソフトウェアのディスク


「ソフトウェアでの復元」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「ソフトウェアでの復元」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

WinMerge(ウィンマージ)のテキストデータを復元

Microsoft WindowsのOSで使用する、テキストエディタのオープンソースソフトウェアである、
「WinMerge」(ウィンマージ)を使用して日々文章を作成・編集している際に、
間違えて一部の文字を消してしまった時に、後からデータを復旧したり、
ファイルを誤って削除した時に復元するには、どのように対処をすればいい?という疑問について。

WinMergeの「元に戻す」で取り消しの操作をする手法とは?

こちらの例では、日本語版のWinMergeを使用した場合での記述をいたします。

まず基本的な使い方で、WinMergeの操作中に文章の一部の文字を間違えて削除してしまったり、
誤って上書きやキーの押しっぱなしなどによる誤字入力をした時には、ほかの多くのソフトウェアと同じく、
「元に戻す」(アンドゥ)の機能を使って、テキストデータの復元をすることができます。

WinMergeの画面上部にあるメニューの、「編集タブ」にある「元に戻す」を押すか、
「Ctrlキー」+「Zキー」を入力して、一段階ずつ操作の取り消しをすることができます。

また、「やり直し」の方を指示すると、逆に一段階ずつ入力を進め直す手法も使えます。

こちらの機能は、一時データがパソコンのメモリ(memory)に保存される仕組みになっています。

そのため、ファイルの保存をする前にウィンドウを閉じたり、フリーズやエラーで画面が固まる、
また停電などでシャットダウンが起こると、メモリのデータがクリアされて、
以前に開いた分からの「元に戻す」の操作が効かなくなりますので、ご注意ください。

もし、ウィンドウズのPCのメモリ自体の容量がだいぶ低くて、取り消しがあまり上手くいかなかったり、
故障で不具合が出始めた時には、新品に交換または増設をするか、専門のパソコン修理サービスにて、
パーツの換装やシステム整理の作業を行ってもらわれることをおすすめします。

WinMerge(ウィンマージ)のテキストデータを復元 の続きを読む






GIMPで作成・編集した画像データを復元するには?

GNU GPLのビットマップ画像の編集・加工ソフトである「GIMP」(GNU Image Manipulation Program)をお使いの際に、
ソフトウェアで取り扱っている「.xcf」や「.jpg」といったデータを間違えて部分的に消去した時や、
拡張子を誤って削除した場合には、どのようにすれば復元することができる?という疑問について。

「元に戻す」の機能で描画の操作を取り消しする

※こちらの説明では、主に日本語のモードの場合での解説をいたします。

まず基本としまして、GIMP(ジンプ)にもPhotoshopやIllustratorと同じく、
「取り消し」(アンドゥ)の機能が搭載されています。

使用中に誤った操作を行って、ピクセル上で一部の削除やトリミング(切り取り)、余分な描きこみ、
または画像サイズや解像度の間違った変更、といったミスをした時の使い方としまして、
「編集」のタブにあります、「~ を元に戻す」をクリックするか、Ctrlキー+Zキーを押すことで、
一段階ずつ遡る形で、画像のレイヤーなどを以前の状態に戻していくことができます。

(~の部分は「ブラシで描画」「塗りつぶし」というように、操作の内容によって文字が変わります。)

一度画像データのウィンドウを閉じてしまうと、メモリにある一時データが消えて、
もう一度GIMPでファイルを開いた時には「元に戻す」で復元できなくなるためご注意ください。

また、フリーズの影響などで拡張子が破損して開けない時は、専門のデータ復旧サービスに、
パソコンの本体または内蔵のHDD/SSDを出して、修復してもらわれることもおすすめします。

GIMPで作成・編集した画像データを復元するには? の続きを読む






弥生販売のソフトで作成・編集したデータを復元

弥生株式会社から販売されています、「弥生販売」のソフトウェアで作成・編集して管理をしていた、
帳票や伝票といった大事な業務用のデータを、うっかり削除してしまったり、一部が消えてしまったら、
どのようにすれば復元することができる?という疑問について。

「元に戻す」の機能で入力ミスをしたデータを復旧するには?

まず基本としまして、弥生販売にも、他の業務管理ソフトやグラフィックソフト、テキストエディタといった、
多くのアプリケーションソフトと同じく、「元に戻す」(アンドゥ)の修復機能が搭載されています。

たとえば、得意先台帳や売り上げの見積書の記入欄に入力する数値などをミスして記載していたり、
一部のテキストや計算表の数値が消えてしまった時には、「編集」タブの「元に戻す」をクリックするか、
Ctrlキー+Zキーを入力して、一段階前の状態に戻す形で復旧をすることができます。

ですが、弥生販売のソフトウェアでは、別の明細表といったシートにカーソルを移したり、
ほかのアプリケーションソフトに画面上での操作を移行すると、その時点で一時メモリにあったデータが消えてしまいます。

そうなると「元に戻す」が効かなくなり、大抵が少しのデータの分とはいえ、復元をするには書き直しが必要になります。

そのため、作成や編集を行っている際に、帳票といった業務用のデータの書き間違えが出た時には、
その直後に「元に戻す」で直されるよう、ご注意ください。

もし、弥生販売といった会計ソフトで取り扱うファイルやコンピューターに不具合が起きた場合でも、
まだ適切な処理でストレージを検査したり、専門のサービスにて、データの修復の作業をしてもらうこともできます。

弥生販売のソフトで作成・編集したデータを復元 の続きを読む






弥生会計のソフトで作成したデータを復元するには?

弥生株式会社から開発・販売されています、「弥生会計」のシリーズの会計ソフトをお使いの際に、
管理されている帳簿や伝票といったデータの一部をうっかり間違えて削除してしまった時に復元をしたり、
誤って消去してしまったファイルを復旧するには、どのような手順で行えばいい?という疑問について。

弥生会計で入力をミスしたデータを「元に戻す」の機能から復元する時は?

まず、弥生会計のソフトウェアにも、振替伝票の作成などでテキストの入力を間違えていたり、
一部を「削除」や「切り取り」、誤った「貼り付け」といった操作のミスをしてしまった時のために、
すぐに修復するための、「元に戻す」(アンドゥ)の入力機能が備わっています。

「Ctrlキー+Zキー」、または「編集」のタブからプルダウンメニュー(pull-down menu)を開いて、
「元に戻す」を入力して、仕訳日記帳といったテンプレートへの記載で失敗したデータの部分を復元します。

※もし帳簿などが書かれた拡張子自体が破損していた場合は、専門のデータリカバリーサービスにて、
 ファイルが保存されたハードディスクやSSDを提出して、リカバリーしてもらわれることを推奨します。

弥生会計のソフトで作成したデータを復元するには? の続きを読む






ソフトウェアの動作が遅くなった時に修復する方法とは?

パソコンやモバイル端末で使用しているソフトウェアが、普段はスムーズに動くものが、
インターネット環境が一時的に変わったり、一時的に別のPC本体で使用、またはアップデートや設定変更をしてから急に遅くなり、
これを速くするにはどのような方法で修復できる?という疑問について。

インターネット回線の速度の違い

まず、よくある事例としまして、普段はスペックが高くOSも最新のデスクトップパソコンで、
高速のネットワーク回線で活用してるソフトウェアを、外部への宿泊や出張で一時的にスペックの劣るノートパソコンで、
またスピードの遅めなインターネット回線のサービスで使用すると、
かなり速度が遅くなって不具合が出やすくなることがあります。

ネットワーク回線が遅い場合には、有料で高速のサービスを使用したり、
より早い Wi-Fi(ワイファイ)のアクセスサポートのサービスが他にも受信できていましたら、
普通に使用可能なサービスであれば、そちらに接続の切り替えをされてみてください。

ソフトウェアの動作が遅くなった時に修復する方法とは? の続きを読む

やよいの青色申告のソフトで保存した確定申告のデータを復旧

会計に関するアプリケーションソフトといった製品やサービスを開発された、弥生株式会社で販売されている、
確定申告ソフトの「やよいの青色申告」で、入力していた帳簿といったデータの一部を、
間違えて削除した時に復旧をしたり、また「.KB」といった拡張子のファイルをいつの間にかなくしていたり、
消去されていた時に復元するには、パソコン上でどのような手順で実行すればいい?という疑問について。

やよいの青色申告の「元に戻す」の機能で表記のミスを修復するには?

まず、やよいの青色申告のデスクトップアプリにも、他の多くのソフトウェアと同じく、
確定申告などに使用するためにファイルを作成している際の入力のミスで、
データの一部を失った時に復旧するための、「元に戻す」(アンドゥ)の機能が備わっています。

たとえば、仕訳日記帳などの帳簿や、入金伝票・出金伝票といったシートで文字や金額を入力している際に、
間違えて表記の一部を削除したり、誤った切り取りや貼り付けの操作をしてしまった時に、
編集タブの「元に戻す」を入力するか、「Ctrlキー+Zキー」で、一段階前の動作の状態に表記を直すことができます。

ですが、ここで他の画像編集ソフトやワープロソフトと違う点としまして、やよいの青色申告では、
入力作業の途中で別の帳簿・伝票に画面を変更したり、他のアプリケーションソフトにカーソルを移しただけで、
メモリの一時データがなくなって、「元に戻す」による修復の動作が効かなくなります。

そのため、確定申告のデータを記入している際に、間違えて文書や数字の書き込みをしたら、
すぐにアンドゥの操作をして、帳簿の表記の状態を復旧させる必要があります。

(もしKBといった拡張子そのものが破損して、保存した確定申告のファイルが開けない不具合が起きた場合は、
 専門のデータ復旧サービスにて、ファイルの修復をしてもらわれることもおすすめします。)

やよいの青色申告のソフトで保存した確定申告のデータを復旧 の続きを読む

Illustratorの画像編集データを復元するには?

アドビシステムより開発・販売されています画像編集ソフトウェア
「Adobe Illustrator」(アドビ イラストレーター)を日々お使いの際に、

誤って作業中に間違えた線引きや着色をしてしまったり、
レイヤーを削除した、または「.ai」や「.ers」といった拡張子のファイルごと消去した、
といったトラブルが出た時には、どうすれば画像データを復元することができる?という疑問について。

アドビイラストレーターのデータの修復機能とは?

まず、IllustratorにはAdobe Photoshop(アドビ フォトショップ)と同じく、
「編集」の項目に、「アンドゥ」と「リドゥ」の、操作を一段階ずつ巻き戻したり、
逆に戻したアクションを一段階ずつ進め直す機能が搭載されています。

Illustrator CCでは、「~の取り消し」「~のやり直し」と表記されます。

この取り消し機能をくり返し入力することで、誤った操作をしても、
すぐに画像の編集ファイルの動作を一段階ずつ、巻き戻す形で直すことができます。

また、レイヤーなどを削除した場合でも、同じように「取り消し」や「やり直し」を使って
復元することができます。

この操作の記録は、一時メモリに保存されているため、「別名で保存」のように拡張子にして
フォルダーにファイルを書き込むわけではなく、上書き保存をしないまま閉じると、一時メモリのデータは消えて、
「取り消し」「やり直し」がリセットされてしまうのでご注意ください。

「.ai」などの拡張子を削除した時に復元するには?

また、誤って「.ai」などの、作成した画像ファイルの拡張子を
WindowsのエクスプローラーやmacOS/Mac OS XのFinderから間違えて削除してしまった場合でも、
多くの場合はまだゴミ箱のフォルダーに移行しているため、
ゴミ箱を開いて該当するファイルを選択して、「元に戻す」を実行すると、復元できます。

Shiftキー+Deleteキーや、HDDのクイックフォーマット、パソコンの再インストールなどの手順で
消去してしまった場合は、より確実には、専門のデータリカバリーサービスに、
保存していたパソコンに内蔵されたハードディスク、外付けHDDやRAID、USBメモリなどの該当する
データ記憶装置を出して、ドライブスキャンと修復の作業を行ってもらわれることを推奨します。

Illustratorの画像編集データを復元するには? の続きを読む

Windows8のレジストリエディターでシステムを復元

Microsoftのオペレーティングシステム「Windows」(ウィンドウズ)で
それぞれのアプリケーションソフトやシステムの設定を保存しているデータベース
レジストリ」(registry)は、しばらくの長い間パソコンを使い続けていると
次第に容量が肥大化して、徐々に不調が発生し始めることがあります。

レジストリが破損するとWindowsの機能やユーティリティーが正常に動作しなくなり、
十分に使用できなくなったり、読み込みの速度が低下したり止まるおそれがります。

そんな時に備えて、「Windows8」や「Windows8.1」のバージョンには標準として
「レジストリエディター」(registry editor)という、
ファイルの編集やバックアップ、復元を行うための機能が搭載されています。

まず、Windowsが正常な状態の時にレジストリのバックアップを手動で取っておくと、
後でオペレーティングシステム上で深刻な問題が起こった時に、そこから修復できます。

(レジストリは一日に一回、最初にWindowsが起動した時の状態が
 自動でバックアップされるようにもなっているのですが、手動で保存しておくと
 システムの問題や破損がだいぶ前から積み重なっていた場合の時の復元に便利です。)

最初にスタート画面の右側で表示されるメニューバーの虫眼鏡アイコンか、
Windowsキー+Xキーで表示する「ファイル名を指定して実行」の入力欄に
「regedit」と入力して、「regedit.exe」という名称のレジストリエディターを開きます。

ウィンドウの左側のボックスにはそのパソコンのWindows8/8.1でインストールされている
内部のアプリケーションソフトウェアのフォルダーが一覧で表示されています。

それらを編集したり統合して細かにカスタマイズしていくこともできるのですが、
今回の説明では簡単にできるバックアップ(エクスポート)の方を解説いたします。

Windows8のレジストリエディターでシステムを復元 の続きを読む

Media Goから音楽などのデータを転送できない原因は?

Sony Network Entertainment(ソニーネットワークエンターテイメント)により開発・配布されています、
Windowsのパソコン用のアプリケーションソフトである、「Media Go」(メディア・ゴー)をお使いの際に、
インポートの機能から音楽ファイルなどを転送までの作業の中で、稀に何かの原因により、
正常にデータの転送(Transfer)ができない、というトラブルが発生することがあります。

その際には、どうすれば電子機器同士でのデータのアクセスを復旧することができる?という疑問について。

Media Goからスマートフォンに転送できない原因は?

まず、パソコンにインストール・セットアップしたMedia Goのソフトウェアから、
音楽といったデータをスマートフォンやタブレット端末に転送できない時の、主な原因と、リカバリーの方法について解説していきます。

ひとまず、Android(アンドロイド)のOSのモバイル端末と、パソコンとの同期接続が、
正常にできているかどうかを、再度確認してください。

モバイル・コンピューターの方での同期の許可をし忘れていた、ということもよくあります。

また、付属のUSBケーブルが破損していて転送できないケースもあります。

その際には、携帯電話・スレートPCの製造メーカーに注文をして、取り寄せで交換をされてみてください。

モバイル端末の本体の方の、コードの差込口の方が破損している時は、修理に出す必要があります。

また、ノートパソコンのUSBコネクタが破損している場合は、一般の個人では修理が難しくなります。

その際には、メーカー先のカスタマーサポートか、私設のパソコン修理サービスでアドバイスを受けて、
故障を直してもらう必要が出てきます。

もしノートPC自体が故障していて、先にハードディスクやSSDのデータを取り出ししておきたい、という場合は、
修理の前に、専門のデータレスキューサービスにて、必要なファイルの復旧の作業を行ってもらわれることも推奨します。

Media Goから音楽などのデータを転送できない原因は? の続きを読む

セーフモードで起動できないパソコンを復旧するには?

起動とはスタートアップ[startup]の意味で、パソコンや周辺機器など
コンピューターの電源スイッチボタンを押して立ち上げることを指します。

PCの場合はOS(オペレーティング・システム)が起動ディスクから
読み込まれて、デスクトップの画面やソフトウェアが開きます。

しかし、このOSのプログラム上に問題が発生すると、パソコンが正常に起動できない場合があります。

Windowsのパソコンのロゴマークが出なかったりと、正常に起動しない時は
緊急時に使用するセーフモードをPC起動時にF8キーを数回押して立ち上げる方法があります。

セーフモードは最低限の機能でコンピューターを起動させて、その間にWindowsの修復作業や
プログラムの削除、データのバックアップなどの措置を行うための機能なのですが、
PCの不具合の状態によってはセーフモードを使っても起動ができない時もあります。

セーフモードで起動できないパソコンを復旧するには? の続きを読む

DataRecovery(データリカバリー)のソフトとは?

削除データ復元ソフトの中でも知名度の高い『DataRecovery』(データリカバリー)とは、
Windows XP・Vista/Me/2000/~10 のOS用のフリーソフトウェアです。

製作元はトキワ個別教育研究所。

間違えて削除したファイルの拡張子を復元する機能とは?

特徴としましては主に一度削除したファイルの拡張子を痕跡から検出して復活させる機能です。

またパソコンに直接必ずインストールする必要はなく、USBメモリやMOなどの
外部のデータ記憶装置からのUSBブートからでもソフトウェアを起動できます。

アプリケーションソフトとしての使い方は上の表示画面の通り
とてもシンプルでかつ使いやすく、復元したいドライブ領域を
左側のメニューから選択して、「スキャン」を押します。

次に、検出できるファイル群が数十個、数百個と表示されますので、
その中から修復したいファイルを選ぶ「リカバリ」を押して復旧を行いましょう。

DataRecovery(データリカバリー)のソフトとは? の続きを読む

HDD Regeneratorでハードディスクの故障を修理

パソコンや外付け機器に使われる大容量記憶装置:ハードディスクドライブは一度故障が起きると
多くの場合では修復が利かず、特に物理的な破損が出ていると修理で直る見込みもかなり低いです。

しかしセクタ不良、磁性エラーなどの一部の障害は、
HDD Regenerator】(ハードディスクドライブ・リジェネレーター)
という復元ソフトウェアを使っていくと、おおよそ60%程の割合で
ソフトウェアのプログラムによる修復を施すことが出来ます。

※ハードディスクの故障を直す、といってもシェアウェア(shareware)を使用するため
 重度のヘッドクラッシュといった物理障害は直せないので注意してください。

ですが、内部の不良セクタといった比較的軽度の障害でHDDに異常が出て
読み込めないときは、HDD Regeneratorでの故障の修理を試みることができます。

HDD Regeneratorでハードディスクの故障を修理 の続きを読む

破損したデータファイルを修復するフリーソフトとは?

パソコンをはじめとするコンピューターで、データを保存・管理するプログラムである、
テキストファイルやバイナリーファイル(File)は、様々な文字の拡張子名で、
HDDやSSD、外付けハードディスクといったストレージの、記憶領域のフォルダーに保管されています。

しかしたまに、ソフトウェアのアプリケーションエラーにより、上書き保存の時にファイルが破損したり、
コンピューターウィルスの感染などで、拡張子が破壊されてしまう場合があります。

他に、プロパティの表記でファイルの大きさが0バイトと表記されていたり、
バックアップやコピーペーストの失敗で予備データが壊れている、といったトラブルも存在します。

このような問題が出た時には、どのようにすればファイルを修復することができる?という疑問について。

壊れたデータの復元ができるユーティリティとは?

まず、破損したファイルは、エクセルやワード、パワーポイントのヘルプ機能など、
ソフトウェアに搭載されたツールを使った対処法で直ることもあります。

(まだファイルのウィンドウを閉じていなくて、メモリに一時データが残っている状態でのみ、
 元の状態への回復ができる場合もあります。)

ですが、通常機能の手順では、壊れた拡張子が以前の状態に戻らないケースも多いです。

そんな時には、壊れた各種ファイルの拡張子おきの、
専用のデータの復元のフリーソフトウェア(ユーティリティ)を用いた修復の方法が使えます。

一方で、一般の個人でできる作業にはやはり限度が出てくるため基本的には、
プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、壊れたファイルを修復してもらうのがより確実です。

破損したデータファイルを修復するフリーソフトとは? の続きを読む

Windows7でソフトやデータファイルが開けない時の修復

今まで使っていたWindows XPや2000、Me、VistaといったバージョンのOSから
新しくWindows7(ウィンドウズ・セブン)の搭載されたパソコンに
乗り換えをする際には、いくつかの方法パターンがあります。

まず、初めからWindows7が組み込まれている新型のパソコン製品を購入して使う方法。

次に、今までのパソコンの互換性を確認して大丈夫であれば、
XPやVistaから7のシステムをアップグレードするやり方、
または一度それまでのOSを初期化して、新たにWindows7をインストールして
ハードディスクを真っ白にしてから使い直す、などの手順で移し変え作業を実行します。

その際、それまでに使っていたすべてのデータを移動させるには、まずファイルの拡張子の必要なものを
外付けHDDやUSBメモリにコピーしてバックアップを取り、後で修復できるようにします。

一方でアプリケーションソフトウェアのプログラムの方は、基本的にはコピー・ペーストで
移し変えるよりも新しいOS環境にもう一度インストールしてセットアップを行った方が確実です。

直接Program FilesやUSERのフォルダーに貼り付けただけではユーティリティーの機能が
一部正常に作動しなかったり、もしくはソフトウェア自体が開けない確率が高いです。

また、そのことが原因でWindowsのOSに機能障害が出てしまう可能性もないとは言い切れません。

容量が低い簡単なプログラムくらいでしたら動くものも多いですが複雑で大容量のソフトウェアは、
出来る限りもう一度CD-ROMやダウンロードでインストールをし直されることを推奨します。

Windows7でソフトやデータファイルが開けない時の修復 の続きを読む

データ救出フリーソフトと試用体験版は違う?

パソコンといったコンピューターで使用するソフトウェアのダウンロードサイトでは、
フリーソフトや市販ユーティリティーをインターネットから入手、
またはオンライン購入が24時間いつでもできる、大変便利なサービスです。

ハードディスクやUSBメモリ、RAID、microSDカードなどから消えたデータファイルをスキャンして復元するデータ救出ソフトウェアも、いざという時にダウンロードができますので大変心強いウェブサービスです。

ですが、復元ツールを探す前に少し知っておくと迷わずに済むこととしまして、
ダウンロードできるアプリケーションソフトウェアは主に、いくつかの種類のものがあります。

データ救出フリーソフトと試用体験版は違う? の続きを読む

Windowsの「バックアップと復元センター」の機能とは?

パソコンで頻繁に起こりうるデータ損失トラブル対策のため、
マイクロソフト社の「Windows Vista」(ウィンドウズビスタ)のオペレーティングシステムでは
最新のセキュリティ対策のヘルプ機能:【バックアップと復元センター】が搭載されています。

予備データの作成と復活

このツールでは特定のファイルをバックアップしたり、自動的に保存することができます。

まずはスタートメニュー⇒コントロールパネルより、バックアップと復元センターを開きます。

『ファイルのバックアップ、コンピュータのバックアップ、ファイルの復元、コンピュータの復元』の
項目で、コピーまたは復活させるデータの範囲を指定して、実行します。

Windowsの「バックアップと復元センター」の機能とは? の続きを読む

完全データ復元PROを使って失ったファイルを修復

株式会社ジャングルから開発・販売されているソフトウェア「完全データ復元PRO」は、
AOSデータから販売されています「ファイナルデータシリーズ」と並んで、
パソコン販売店などの店頭で普及しているデータ復元専門のユーティリティーです。

間違えて削除したファイルを復旧できる機能とは?

空にしてしまったごみ箱にあったファイル、間違ってフォーマットしてしまったデータ記憶装置、
壊れたディレクトリ、間違えて消去したフォルダーの内部の拡張子、
といったデータを高確率で元通りに復旧させることができます。

例えばJPEGなどの画像ファイルや、動画(ムービー)、電子メール、音楽のMP3、エクセルの計算表、
ワードや一太郎の文書、HTMLのウェブページ用ソース、ドキュメント、圧縮形式の拡張子など、
一般的な一通りの拡張子でしたら、検出と回復の対象になります。

更にコンピューターウイルスによる破損、バグ・エラーにより破壊されたプログラム、
断片化が起きたファイルの修復、ローカルディスク内だけでなく外付けのデータ記憶装置の内部に
保管してあったファイルの方も読み取って復帰できます。

Windowsでエクスプローラーに表示できないほかのコンピューターでフォーマットされた
ハードディスクでも、この「完全データ復元PRO」なら読み込みできる物も多いです。

完全データ復元PROを使って失ったファイルを修復 の続きを読む

データ復活のソフトウェアで修復できる拡張子とは?

誤ったプログラムの消去やフォーマット・ディレクトリの破損・間違えて重複した名前のファイルを上書きしてしまった場合には、
データ復活のソフトウェア(またはシステムツール)をインストールした後に起動させてフォルダーの内部を読み込むことで、
ある程度のファイル数を復元させることができます。

その際、基本的にメジャーで使われている拡張子「extension」(.アルファベット)でしたら
大抵のソフトウェアに対応されています。

なので、ほとんどのファイルの拡張子をソフトウェア一本で元に戻すことが可能です。

Extensionの一例

『文書ファイル』
ウェブページ:htm/html/txt/pdf/xml/rdf/css
Word: .doc
Excel: .xls
PowerPoint: .ppt
メモ帳: .txt
アプリケーション: .exe
スクリプト: .java
他: .csv/.ps/.class

『画像ファイル』
psd/jpeg/gif/png/bmp/eps/tiff

『動画ファイル』
WMV/AAC/AC3/MMF/MP3/OGG/OMA/WAV/WMA/MOV

『圧縮ファイル』
lzh/zip/gca/sit/cab

『音楽ファイル』
mp3/m4a/m4b/rm/asf/wave/aiff/midi

上記の拡張子以外にもコンピューター市場にある無数のアプリケーションソフトウェアおきに、
それぞれオリジナルの拡張子も作成・開発されています。

データ復活のソフトウェアで修復できる拡張子とは? の続きを読む

Windowsの快適化ソフトのめもりーくりーなーとは?

WindowsのOSがインストールされたパソコンのメモリ(memory)は、
日々パソコンを使っていくたびに次第に空き容量が埋まっていきます。

時々整理をしなければ、動作が鈍くなったりデータ読み込みや検索が遅くなってしまう場合もあり、
場合によってはシステム障害に繋がるおそれもあります。

そんなトラブルや動作遅延を防ぐには、めもりーくりーなー(メモリークリーナー)
というプログラムを使って、メモリの掃除をすることができます。

空き容量の管理による快適化

めもりーくりーなーの主な機能として、Windowsのパソコンの内部の余分なデータ領域を整理して解放をしたり、
未開放領域を開放して空き容量を大きくする動作などがあります。

また、スワップファイルやCPU、物理メモリの
使用状況などの監視が可能で、正しくメモリを使うことができるようになり、よりスムーズにPC活動ができます。

Windowsの快適化ソフトのめもりーくりーなーとは? の続きを読む

ソフトウェア上で発生する問題の修復方法一覧

コンピューター上にインストールして使うソフトウェアやシステムのプログラム上で起こりうる
数多くのデータトラブルについて、それぞれの原因とファイルの復活方法などを紹介した目次ページです。

ユーティリティーに備わったデータのバックアップ機能や復元機能、またそれぞれのソフトウェアで取り扱う
ファイルの拡張子が破損したり削除してしまった場合の修復方法を一覧リストにしてまとめています。

ソフトウェア上で発生する問題の修復方法一覧 の続きを読む

画像データを復元できる便利なフリーソフトとは?

仕事の現場での撮影・ロケ・はたまた外出の際にデジタルカメラで撮ってきた写真画像やビデオカメラで撮影した動画ムービーを
誤って削除してしまった時、エラーや物理的な衝撃で記憶データが消えてしまったり読み込めなくなった時、
お手軽に復元することはできる?という疑問について。

画像ファイルの復旧ツール

まず、そんな時にはインストールで入手できるデータ復元フリーソフトが役立ちます。

フリーソフトは、予算がかからず直接ウェブサイトのダウンロード用ページを通して、
パソコンなどにセットアップをして使うことができるユーティリティになります。

画像データを復元できる便利なフリーソフトとは? の続きを読む

ファイナルデータ 特別復元版の試供版とは?

AOSテクノロジーズ / ソフトウェア&サービスより開発・販売されている
有名なデータ復元ソフトウェアの「ファイナルデータ」には、

・[ファイナルデータ特別復元版]
・[CDブートで復元可能 ファイナルデータ復元+Office修復]
・[Officeファイルを修復 ファイナルデータ特別ネットワーク版]
・[Office,Linux,macデータ復元 フォトリカバリー画像・動画・音楽データ復元]

と主にこのような種類がありまして、これら市販の製品とは別にウェブ上から
インストールができる体験版も用意されています。

FINALDATAのインストールによる体験版で出来る検査とは?

パソコンでそのままインストールできる体験用の試用版では、

・ごみ箱を空にして削除してしまった場合。
・ドライブを誤ってフォーマットしてしまった場合。
・ドライブが正常に認識できない場合。
・電子メールの復元。

これらの状態からデータファイルを復元可能かどうかドライブの内部を検索して
診断することができます。

ファイナルデータ 特別復元版の試供版とは? の続きを読む

ファイル復元ソフトウェアのファイナルデータとは?

ファイナルデータとは、AOSテクノロジーズ ソフトウェアサービスより販売されている、
業界でも最も有名な市販のデータ復旧ソフトウェアです。

ゴミ箱から誤って削除したデータやパーティションから認識できないデータ、
フォーマット(初期化)して消去したファイル、WindowsやOutlookメール、サンダーバードなど、
ほとんどの論理障害からの復元に対応できる非常に優れたソフトウェアです。

ファイナルデータの使用できる機器とは?

主に一般で使われるファイナルデータ特別復元版はダウンロード特別価格で8715円と、大変お買い得な価格となっています。

主な対応のデータ保存メディアは、ハードディスク、フロッピーディスク、MOディスク、Zip、PD、
マイクロドライブ、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、SDメモリーカード、メモリースティック、
USBメモリ、xDピクチャーカード、CD-RAM、CD-RW±、DVD-RAM、DVD-RW、BD、など多くの製品があります。

ファイル復元ソフトウェアのファイナルデータとは? の続きを読む

市販のデータレスキューソフトウェアの試用体験版とは?

市販で全国のパソコンショップや電気店に販売されている[データ復元ソフトウェア]は、ファイル復旧機能の性能が大変良い分、最初はお値段も1万円単位と、そこそこかかります。

ファイルが開かない時は?

数千円から数万円を出して購入しても、もしすでに対象のPCのハードディスクやRAID、USBメモリ、SDカードなどのデータ記憶装置にすでに新し拡張子を上書きしていたり、何度かフォーマットを掛けて初期化した、という具合にトラブルによってはデータ復旧の作業時に、何らかの検出ミスが発生したりと今後の使用は別としましても、その時だけはお金を損してしまうということもあるかもしれません。

後々別のトラブルで役立つこともあるかもしれませんが、出来る限り余分な出費と手間は省きたいものですよね。

そんな時にこそ「試用体験版のデーターレスキューソフトウェア」を入手して、事前に動作をチェックすることもできます。

市販のデータレスキューソフトウェアの試用体験版とは? の続きを読む

データ復元ソフトがインストールできない時の対処方法は?

パソコンを操作している時に誤ってゴミ箱などから必要なファイルを削除した時、データ復元ソフトウェアを
使用して、ドライブにスキャンを掛けて失った拡張子の痕跡を探して復旧を試みる方法があります。

しかし、購入したアプリケーションソフトをそのままお使いのパソコンにセットアップすると、
Cドライブに新しいデータがすぐに上書きされて、以前の消失したファイルの痕跡の部分も
セクタで上書きされてしまい、ドライブスキャン中に検出がその分できない、というおそれもあります。

DVDディスクでのブートによる起動とは?

そんな時のために、市販のユーティリティーによっては、製品のDVDディスクや、
アプリケーションソフトウェアのデータをコピーしたUSBメモリでソフトウェアの画面が起動できる
『ブート機能』から、ユーティリティーを立ち上げるという対処方法があります。

パソコンの内蔵または外付けDVDドライブ装置のトレイに、
データ復元ソフトの製品の、パッケージに同梱されています起動用のDVDディスクを挿入します。

このディスク自体に、インストール・セットアップの作業を抜きでも、
データ復元ソフトの画面をデスクトップ上で開くことのできるシステムが搭載されています。

データ復元ソフトがインストールできない時の対処方法は? の続きを読む

住所録などの連絡先のデータが消えた時に復元するには?

パソコンやモバイル端末のアプリケーションソフトに登録して保存している、
住所録や氏名、電話番号、メールアドレス、URLアドレスといった連絡先のデータを、
誤って削除してデータが消えてしまったり、コンピューターの故障で開けなくなった時には、
どうすれば失った住所録といったファイルを復元することができる?というご質問について。

データの保存先の場所が見つからなくなった時に検索するには?

まず、こちらのページでは、富士ソフトで開発・販売されているハガキ作成用のソフトウェアである、
筆ぐるめ」を使っていた場合の、住所録のデータの修復の仕方についての一例を解説いたします。

最初に、デスクトップパソコンまたはノートパソコンを立ち上げて、暑中見舞いや残暑見舞い、
年賀状や喪中見舞い、またクリスマスカードやお札状、冠婚葬祭、ビジネスでの連絡の通知などに使おうとした際に、
筆ぐるめのソフトウェアは消えていないのに住所録のデータが見つからない、という場合の対処方法について。

まず、ハガキの書き出しに使用する、作成・編集をした住所録のデータが保管された拡張子の保存先の場所が、
いつの間にか見つからなくなった際には、以下の手順を実行されてみてください。

MicrosoftのWindowsのファイルマネージャーである、エクスプローラーを開いて、
PC(マイコンピューター)のアイコンを開きます。

ローカルディスク(C:)の、ハードディスクドライブないしSSDの、
ボリュームのアイコンを右クリックして、検索(F)を押します。

左側の入力欄に「fgl」と打ち込んで、拡張子の検索を開始します。

他の場所に連絡先のデータを保存していたか、間違えてファイルを削除したりしていなければ、
基本的にはこれで検索結果の一覧に出てきますので、どの場所のフォルダーに保存されているかわかります。

ですが、だいぶ前にパソコンのオペレーティングシステムのリカバリーなどを実行していたり、
パーティションの初期化(フォーマット)といった動作で、内部のアドレス帳といったファイルを削除した場合は、
プロのデータ復元のサービスセンターにて、拡張子の修復をしてもらわれることをおすすめします。

住所録などの連絡先のデータが消えた時に復元するには? の続きを読む

データ復元フリーウェアソフトが使える機器は?

なくなったデータファイルを修復するフリーソフトウェアで、主に対応されているな電子機器製品について。

ダウンロードサイトから入手できるデータ復旧の機能を持つフリーソフトは、
主にパソコンのハードディスクやSSDの内部に保存されていたファイルをはじめ、
他にも外部接続のリムーバブルディスクなど様々なデータ保存メディアにも使うことができます。

各ユーティリティーの復旧の機能

お使いのユーティリティーごとの機能の充実さや性能、対応の機器の差にもよるのですが、
デジタルカメラのSDメモリーカードやUSBメモリ、外付けハードディスクなど、
パソコンにUSBケーブルで繋げて使いデータを保存する機器なら多くの機材にで使用できます。

データ復元フリーウェアソフトが使える機器は? の続きを読む

データ修復フリーソフトに出来ることは?

『DataRecovery』といった、ダウンロードで簡単に入手できるツールである「フリーソフトウェア」
(freesoft)は、市販で有料の復旧ソフトウェアに比べると使用できる機能が少なくなります。

ゴミ箱やCドライブのフォルダーなど、普通によく使うディレクトリでのデータ復元のみに特化したフリーソフトが多いです。

データ復活ソフトウェアの実践効果

そのかわり、ごみ箱やプログラムファイルのフォルダーの内部で消したファイルを復旧する際にはかなりの効果を
発揮し、最近消したデータであれば大抵のものは1時間とかからずあっという間に復旧できます。

削除をしても実際にはまだパソコンのハードディスクドライブには、
「ディレクトリの領域から消去しました」、という実行指示を送っているのみで、

痕跡はまだすぐにはなくならない為、後で他のデータに上書きされる前に
ファイル修復ソフトで直していきます。

データ修復フリーソフトに出来ることは? の続きを読む

Windowsのソフトでトラブルが出た時のデータ復旧

Microsoftのオペレーティングシステム「Windows」(ウィンドウズ)で
使用している数多くのソフトウェアで、トラブルが発生して開けなくなったり
ファイルが消えた場合に、どうすればデータ復旧ができる?という疑問について。

当サイトへお越しいただきました来訪者の方々からいただきました、
データ復旧関連についての質問の内容をまとめて、記載いたします。

まず、Windowsのパソコンで、たとえばコンピューター上のフォルダーの
「QuickVoice」(Quick Voice Recorder)に
録音していた大切なデータが、同期通信を行った際にユーティリティーが
再インストールされて、フォルダーの内部の録音データが削除されてしまい、

通常は同期した時点でパソコン側に録音データのバックアップファイルが残っており、
そこからのデータ復元は可能なものの、しかし管理機能の「編集」→「設定」→「デバイス」
→「デバイスのバックアップ」で日付を調べてみると、データが消えた日より
後の日付になっていて、この状態でもパソコン側のバックアップから
録音データが消去される前に遡って、復元することなどは可能?という場合は、

一度でもハードディスクにバックアップデータが書き込まれていれば、
後から再インストールで消えてしまっても、iTunesなどほかのソフトも同様に、
そのデータの痕跡は、あまり時間が経っていなければ、まだ残っている見込みがあります。

データ復元ソフトを購入して、インストールするかDVDブートで起動して、
ファイルが消えた跡のフォルダーの内部をスキャンして、ある程度の割合でデータが復旧ができます。

ですが、必ずしも必要なファイルがピンポイントで検出できるとは限らず、
スキャンができなかったり、破損した状態で保存されている場合もあります。

コンピューターの本体の方は、カスタマーサポートやその製品の提供先の相談コーナで
お問い合わせをして、ハードディスクまたはSSDの方はそれと別に、
データ復旧サービスで見てもらわれることをおすすめします。

Windowsのソフトでトラブルが出た時のデータ復旧 の続きを読む

データ復元フリーソフトを使った復旧に対応できるケースは?

うっかり削除してしまったデータファイルを復元できるDataRecovery
(データリカバリー)をはじめとするフリーウェアソフトを使って対応できる問題の事例のケースについて。

データ復旧フリーソフトの利点はダウンロードで入手できるのでコストがかからず、
しかもいつどこからでもネットからDLできる所です。パソコンの操作ミスや誤った
指示などでデータを消去してしまい急に困った時には非常に頼もしいフリーソフトです。

一方でストレージ自体が破損していて、データ復旧ソフトウェアをインストール・セットアップしても、
ファイル(File)のスキャン自体ができず、個人でのデータのサルベージが不可能な時や、
パソコンそのものが壊れた状態でしか動かない場合には、より専門的な技術を備えた、
データ復旧サービスセンターに依頼をすることで、失ったデータを回収してもらえます。

データ復元フリーソフトを使った復旧に対応できるケースは? の続きを読む

データ復旧のフリーソフトウェアとは?

パソコンの操作をしている時に誤ってゴミ箱の中身を空にして、そこに一時保管されていた
必要なファイルを消去してしまったり、
外付けHDDやSDカード、USBメモリのデータを直接削除したり誤って初期化をした場合、

まだ抹消した直後で新しいデータの上書きをしていなければ、
前の不拡張子の痕跡がまだセクタに残っている見込みがあります。

その拡張子を読み込んで引き出し、もう一度ファイルとして復旧される機能として、
データ復元ソフトウェアというユーティリティーがあります。

有償のシェアウェアでは各地のパソコンショップや電気店にて、
数千円~10000円~あたりの価格にて販売されています。

ですが他にも、インターネット上のダウンロードサイトから入手ができます
データリカバリーの『フリーソフト』(フリーウェア)も存在します。

市販の製品よりも復旧できる機器や機能の範囲は大きく限られてしまいがちなものの、
ごみ箱で削除してしまったファイルの回復・回収などができます。

また、間違って削除したファイルやプログラムを更に深層にまで時間をかけて復元することができる
データ復旧ソフトウェアもあります。

データ復旧のフリーソフトウェアとは? の続きを読む

プログラムのデータが破損するトラブルから復旧するには?

パソコンにアプリケーションソフトウェアをインストールして使う時は、
内蔵ハードディスク(Cドライブ)にプログラムがセットアップされて保存されます。

使っていてしばらく経った後に、急にデータの読み込みができなくなったり、
ソフトウェアのウィンドウがパソコンおかしくなる時があります。

そんな時には、どのようにすれば復活できる?という疑問について。

ユーティリティ関連のアクシデント

・インストール時に中断エラーが出てしまう。
・CD/DVDドライブに挿入する際に、盤面部分にキズが付いてしまった。
・システムのスペックやハードウェア環境が合わずに起動できない。
・初期状態のバージョンでよく起こるバグに遭遇してしまった。
・Discを放置していたら日光や高温、低音、高電圧、湿気などにやられてしまった。

WindowsやMacなどHDDのOSの状態が良くない、またはスペックが低くて最新ソフトウェアの
データが読み込めない場合と、ユーティリティ自体がおかしい場合に
ダウンロードまたはプログラム起動時に異常が起こることがあります。

どのプログラムをインストールしても異常が起こった場合はハードディスクや
OSの故障の可能性、一つか二つのソフトのみバグやエラーなどの異常が起こった場合、

または他のパソコンでもインストール時に異常が出た場合は、
最近のOSとの大きなスぺックの差やDiskそのものでのトラブルの可能性があります。

プログラムのデータが破損するトラブルから復旧するには? の続きを読む

データやプログラム復元専用のソフトウェアとは?

PCなどで使用している保存ファイルを誤って削除したり、間違えてフォーマットをした際に、
補助記憶媒体などのデータを元に戻すための手法は、
データ復旧サービスセンターに注文をするだけでなく、
専用のソフトウェア(Data Rescue Software)を用いて自分で修復されることも出来ます。

各媒体:ハードディスクドライブやUSBメモリーなど、あらゆるデータ記憶装置に
対応された便利なソフトが沢山販売されています。さらにはHDDの内部の状態診断による
データ消失のトラブルの予防といったツールが付いているものまであり、大変便利です。

CドライブやDドライブ、リムーバブルディスクの全体または指定したフォルダーの中身をスキャンして
復旧が可能なファイルの拡張子をソフトウェアツールの機能でピックアップして、
指定のフォルダーに復元を実行する手順で行います。

特に誤ってファイルを削除してしまった時などの論理障害時に役立つことでしょう。

一方で、拡張子の表示が消えてからすでにだいぶ時間が経っていて、ストレージに新しくファイルを保存していた時は、
一般個人のユーザーでできる範囲では復元するのが難しくなってくるため、
プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、修復をしてもらうことが、より確実な方法になります。

データやプログラム復元専用のソフトウェアとは? の続きを読む

ノートパソコンでデスクトップの画面が開かない時の修復方法

ノートパソコンを日々使っていたらある日オペレーティングシステムが起動しなくなり、
画面に縦の線がいくつも走ってしまった、といったデスクトップ上のトラブルが出た場合、
その原因と、画面の回復やデータの読み込みの修復の方法には、どういうものがある?というご質問について。

システムの回復の機能を使用

まず、主な原因としましては、特定のアプリケーションソフトや
有害なファームウェアなどが混ざったプログラムのインストールなどのケースがあります。

ひとまず、ノートパソコンの本体やソフトウェアの取扱説明書を読んでみたり、
PCサポートセンターに電話をして指示を受けながら、故障したパソコンの復旧を試みます。

電源ボタンを押してからロゴ画面でF8キーを押してセーフティモードを使って開いてみます。

また、F12キーを押してのドライブを起動されてみてください。

リカバリーディスク(システム修復ディスク)を事前に作成していましたら、そちらを
ノートパソコンのDVDドライブに差し込みして読み込み、「スタートアップ修復」や、
「システムの復元」、「コマンドプロンプト」といった機能を使ってのOSの復旧を試みます。

もしこれらの機能が使用できない状態でも、別の適切な処置をするか、
専門のサポートの方で、修理をすることができます。

ノートパソコンでデスクトップの画面が開かない時の修復方法 の続きを読む

データ入力ソフトウェアでデータベースを作成する方法とは?

紙面に書かれた大量の文字や文章、設計図などをデジタル変換するために
パソコンのキーボードやマウスを用いてコンピューターに移し変えていく「データ入力」は、
テキストの分量によってはかなりの労力と時間、人員を使う大作業となることも多くなります。

ですが、打ち込みの効率を大きく上げる専用のユーティリティーを使うと、よりスムーズにデータベースなどの
コンテンツの作成作業がはかどるようになり、インプットの実行に大変役に立ちます。

データーの打ち込みに役立つユーティリティ

データ入力ソフトは電気店やパソコンショップ、またはインターネットの
ソフトウェア・ダウンロードショップサイトで販売されています。

データ入力やデータベースの作成用ソフトウェアには、Microsoft ExcelやACCESS、そしてそれらのツールを
さらに活用するための補助用のツールや、伝票・納品書などを簡易に作成するための便利なユーティリティーが揃っています。

また、コンピューターのサポート店でも、ある程度の作業を請け負ってもらえるサービスが実施されているところもあります。

データ入力ソフトウェアでデータベースを作成する方法とは? の続きを読む

小さいソフトでもインストールを繰り返しすぎると遅くなる?

今、インターネットでは生活に役立つ、家計簿や会計などの計算ソフトから、
エラーチェック、データの引っ越し、ウイルス対策、ファイルの圧縮解凍ツールまで、
非常に様々な「ソフトウェア」があります。

電気店や通信販売サイトで販売している有償の市販ソフトだけでなく、
インターネットの様々なサイトから入手できるユーティリティーも数多く出ています。

特に、数百KB~数十MBくらいの低い容量のソフトウェアが多いので
いつでも気軽に沢山のソフトのフォルダーをインストールしてセットアップができます。

これらのソフトは容量が小さいものなら一個一個はほとんど変わらないのですが
勢いでほとんど使わないものや使うかわからないソフトを何百個と大量に
インストールしてプログラムをセットアップしていくと、やや違ってきます。

簡単に書きますと、ソフトウェアを一個パソコンに加えるたびに
「レジストリ」という格納データベースが書き換えられて、
ハードディスクの中身も変わって容量も少し増えて複雑化していきます。

そして製作元の違ういろいろなユーティリティーが数百個と入っていくと、
必要のないプログラムも増えて、中には常駐稼動の自動的なツールも何個か
動いていって、一つ一つのツールを読み込むのに時間がかかって負荷が出始めます。

また、あまりない使い方なのですが、同じソフトウェアをフォルダごとコピーして、
コンピュータの中で何十回かコピーペーストや削除を繰り返していくと、
だんだんパソコンの読み込み速度が鈍くなっていくことがあります。

削除したフォルダーはごみ箱にいくのですが、ごみ箱を空にして再起動しても、
インターネットが急になかなか開けなくなったりと、感覚の差が明らかに
出る場合があり、かなり重く負担のある操作をしていた、ということがわかります。

小さいソフトでもインストールを繰り返しすぎると遅くなる? の続きを読む

Windowsのアップグレード後にソフトが動作しない時は?

お持ちのパソコンに入っているOS:Windows XPやVista、2000を
新しくWindows7(ウィンドウズセブン)や8、10にアップグレードさせることで、
オペレーティングシステムの性能やサービスが向上していきます。

しかし、OSのバージョンアップ後でたまに、それまでに使っていたアプリケーションソフト
新しいWindowsでは使えなかったり、ファイルシステムにまで不具合を起こしてしまう場合があります。

新OSに対応されていない旧プログラムによる障害

今までに使用していたソフトウェアが動作しない場合、古いプログラムが新しく出たOSの
使用環境に対応がされずに不具合が生じている可能性が高いです。

例えばWindows10やWindowsServer2008(Macintoshの場合はMac OS X)に
動作環境が対応されたアップデート版がソフトウェアの開発元メーカーから
発売されていれば、そちらの新バージョンに切り替える必要があります。

Windowsメンテナンスといった設定画面も開いて、現在のコンピューターの状態を確認されてみてください。

そのアプリケーションソフトのウェブサイトやPCショップの店頭を見て、
バージョンアップ版のプログラムが配布されていたり、
特別乗換優待版の専用パッケージが発売されていたら、そちらで入手が出来ます。

シェアウェアソフトのバージョンアップにはシリアルコードや
オンライン登録のアカウントなどが必要なことが多いため、これらの
記載されたパッケージやメモは捨てずにきちんと取っておきましょう。

Windowsのアップグレード後にソフトが動作しない時は? の続きを読む

データ復元ソフトをローカルディスク以外で使用

パソコンの便利な機能を増やして拡張して、操作性能を向上させていくための、
ユーティリティーソフト(アプリケーションプログラム)は、今や全世界で山のように存在し、
HDDの空き容量内でしたらいくらでもインストール・セットアップして使うことができます。

その際の注意点としまして、ユーティリティソフトは基本的に、パソコンの二次記憶装置
Cドライブ(ハードディスク/SSD)にインストールして使用する
アプリケーションツール、という仕組みになります。

そのため、HDDの空き容量の節約のためにUSBメモリやSDカード、外付けハードディスク
といった外部のデータ記憶装置にプログラムを保存して使おうとすると、ソフトウェアが
正常に動作しないものが多いため、お薦めはできません。

外付けの補助記憶装置で開けるプログラムもあるのですが、
外部接続ドライブやデータ記憶装置が傷みやすく、ファイルも壊れやすいので、
やはり内蔵HDDか外付けHDDにセットアップして作ったフォルダーにしっかりと
アプリケーションプログラムを保存するようにしましょう。

データ復元ソフトをローカルディスク以外で使用 の続きを読む

新しいパソコンでソフトウェアが動かない原因と修復の仕方

パソコンをスペックの良い新型に買い換えてそちらをメインに使っていく時、今までの本体で
使っていたアプリケーションプログラム(ソフトウェア・ツール)も移し変えたい場合には、

ソフトウェアのディスクやインターネットのサービスからインストールするか、
USBメモリやSDカードなどの外部のデータ記憶装置にコピーして新しいPCの
『Program Files』フォルダーの内部にペーストする方法がありますが、
これだと動かないケースもが多く、動いたとしてもいろいろ設定を失っている場合があります。

基本的にはインストールのし直しによる方法を優先して行ってください。

しかし今まで使っていた本体では正常に開けていたのに、新しい本体では
なぜか正常に起動やセットアップができない、というトラブルがたまに起こります。

主な起動エラーの要因

・一台に一つ限りの有償ソフトウェアであるため、ライセンスの更新が必要。・メモリやCPU・ビデオカード・マザーボードなどPCの動作環境が合わない。

・WindowsのOSバージョンが違うため。(一部、対応できないソフトもあります)

・フォルダーをコピーして移し変えた際に中身のファイルが消えたか壊れてしまった。

・インストール・セットアップの際の設定が前と違うか、現在のPCに合っていない。

・OSやシステムファイルの初期設定が前の本体とだいぶ違うため。

・Microsoft Net FrameworkやPower DVDなど起動に必要なプログラムがセットアップされていないため、そのままでは開けない。

新しいパソコンでソフトウェアが動かない原因と修復の仕方 の続きを読む

消えたデータファイルの復活ソフトウェアとは?

パソコンのマイコンピュータ [ローカルディスクや外付けのリムーバブルディスク]の内部に
保存してあるファイルの拡張子やフォルダ・プログラムといったデータを誤って削除してしまったり、
ゴミ箱ツールからうっかり必要なファイルまで消去してしまった時、また同名ファイルの上書きや
外部接続ディスクのフォーマットで重要なデータが消えてしまった時に復活させる方法について。

消えたファイルは後から元に戻せる?

PCやアプリケーションソフトウェアに搭載されている『システムの復元』 『ファイル履歴』といった
リカバリー機能で元に戻せなかった場合でも、データ復活ソフトウェア
(データ復旧プログラムツール)で復元できることをご存知でしょうか?

ほぼすべてのファイルフォーマットは一度記憶装置から消去してしまっても、
まだデータの書かれていた痕跡は残っていますので、この痕跡部分から、
専用のシステムにて自分で元通りに修復させることもできます。

消えたデータファイルの復活ソフトウェアとは? の続きを読む

プログラムのアプリケーションエラーを解消するには?

パソコンにインストールした、アプリケーションソフトウェアのプログラムを起動して使用している最中に、
突然にエラーが発生して、ファイルを保存する前にウィンドウが中断して閉じてしまったり、
データの読み込みが急に遅くなったと思ったら、Windowsごとシャットダウンしてしまった、
といった困った障害が頻繁に起こってしまう場合には、どういった解消の方法がある?という疑問について。

Windowsのソフトウェアを使いすぎている状態の直し方は?

まず、アプリケーションエラー(Application error)の主な原因とは何か?という疑問について。

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)といったパソコンでは、
長く使っていくほど、コンピューターにインストールしたソフトウェアの数は次第に増えていきます。

コンピューターウィルス対策のセキュリティソフトをはじめ、常駐型のプログラムも稼動しているため、
いくつかのプロセスにメモリやCPUの処理能力が追いつかずに、一時的にフリーズやダウンが起こることもあります。

そのため、ひとまずは不要なソフトウェアをアンインストールして、
Cドライブの空き領域を減らしてみることも、運用方法の一つです。

Windowsでは、コントロールパネルの「プログラムと機能」(プログラムの追加と削除)の項目で、
不要になったユーティリティーを削除して、ストレージを軽くしていくことができます。

あるいは、パソコン修理のサポートで、コンピューターの最適化のサービスを注文して、
アプリケーションエラーの解消の代行作業をしてもらうこともできます。

プログラムのアプリケーションエラーを解消するには? の続きを読む