「パソコン修理とは?」のページの案内

『パソコン修理とは?』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

パソコンが壊れた時の修理


「パソコン修理とは?」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「パソコン修理とは?」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

パソコンを保存データを残したまま修復してもらえるサービス

パソコンや周辺機器、スマートフォンやタブレット端末が壊れてしまった時に、
内部のハードディスクやSSD、内蔵のフラッシュメモリに保存されたままのデータを
残したままにして修理をしてもらうことはできる?という疑問について。

保存データを残したままパソコンを修復してもらえるサービスはある?

まず、パソコン本体の製造メーカーで行われているカスタマーサポートでは、
ほとんどの場合、壊れたマシンを修理に出す時には、規約により、
ストレージのデータは初期化を施しての、コンピューターの修復が行われます。

ですが、私設のPCやモバイル端末の修理サービスの中には、
内部のファイルやフォルダーを残したままにして直してもらえる店舗も多くあります。

また、コンピューター上から失ったデータを復旧してもらえる専門サービスの企業もあります。

パソコンを保存データを残したまま修復してもらえるサービス の続きを読む






パソコン用のパッド(コントローラー)が操作できない時は?

パソコンにUSBコネクタなどを通してカーソルを操作したり、ボタンを押して入力する
オプションの装置「パッド」(Pad・コントローラー)をお使いの際に、
コンピューターにデバイスが認識しなかったり、認識はされてもボタンの操作ができない場合、
どういったことが原因で、どうすれば直すことができる?という疑問について。

ボタンのモードの切り替えを試してみる

まず、コントローラーのボタンのモードに二つ以上の設定がある製品をお使いの際には、
指定のボタンを押して、モードの切り替えを行ってください。

十字キーやスティックは、これでモードの切り替えで操作できるようになるものがあります。

パソコンの上のソフトウェアの操作のためにパソコン用のパッドを使う場合、
そのソフトウェアのウィンドウから別のウィンドウにマウスなどで操作を移した時には、
パッドの方の操作ができない状態になるため、
マウスでもう一度、そのソフトウェアの画面にカーソルを合わせて直します。

また、対応されていないUSBコネクタに差し込みしているケースもありますので、
その際には別のUSBコネクタへの差し替えをされてみてください。

お使いのパソコンのUSB接続に問題があって、どこが原因が発見できない、という際には、
パソコン修理サービスセンターに提出するか訪問サポートで、リカバリーをしてもらうこともおすすめします。

パソコン用のパッド(コントローラー)が操作できない時は? の続きを読む






パソコンの修理対応の保証期間が切れた後で直すには?

メーカー製のパソコン(BTO PCを含む)を普通にコンピューターショップや電気店、通信販売などで
購入する際には、基本的にメーカーか店舗での修理対応保証のサポートサービスが付帯しています。

このサービスは、必ずしも最も古いコンピューターすべての製品が現在でも修理の受付を
常に行なっているわけではなく、いつの間にかサポートが終了していたらどのような理由で、
またそのあとはどのように直せばいい?という疑問について。

保証サービスの期間が終了している場合の

パソコンの製品の発売後に10年以上、とある程度の年月が過ぎると、より高い性能のパーツや
搭載されたオペレーティングシステムのバージョンアップなどによって、
同じメーカーからも新製品が次々と登場します。

そのため以前の型番の製品は次第にスペック不足で自然と需要も下がっていって、
最終的には生産終了などの理由につき、
メーカーでのサポートもそれに伴ってOSと同じく数年後あたりに終了していくことがあります。

また、購入後の保証サービスも通常での有効期間は1年~、長期の延長サービスで5年~、ほどで、
その時期が来ると無効になり、そこから先はメーカーでも有償での修理対応になります。 

製造メーカー先の会社での製品の生産終了などに伴うサポート切れの後では
一部の例外を除いて、そのパソコン本体やパーツが故障した時の修理の注文もできなくなります。

そのため それを機に、より性能の高い新しいパソコン本体に買い替えをする、
というケースも、各ユーザーによって多いです。

パソコンの修理対応の保証期間が切れた後で直すには? の続きを読む






パソコンの修理を出張訪問で依頼する時に相談する内容は?

筆者も最初にパソコンを使い始めてからもうかなりの月日が経ってきました。

しかし初めの頃はデスクトップパソコンのパーツの性能や容量が低く、
OSも今のWindows7や8、10、Mac OS X v10.7やx10.8ほどの安定性はないものでした。

メーカー製品も、自宅で組み立てたマシンも、BTOで部品を選んで発注したPCも、
当時はOSやハードディスクやマザーボードがたびたび壊れて止まっていたので、
よくメーカー先のカスタマーサポートセンターや修理サービス店の業者
電話で相談をして、時には出張訪問で自宅まで来てもらって直してもらいました。

自宅や自社へ出張修理サービスで訪問してもらう場合、主にパソコンを分解する工具や
新しい部品を載せた業務用の自動車で来てもらうことになります。

ですが宅配便などの郵送で壊れたパソコンを事業所のラボや工場に送って修理してもらう時とは
また違い、持ってきてもらえる部品や設備、工具がやはり限られてくるので、事前に電話やメールで
相談をする際には、なるべく具体的に問題が出ている部分や問題を伝えることも重要です。

また、そのついでに部品をもっと性能の高いものに交換してもらったり、
新しくパーツの増設やシステムの拡張などを行ってもらいたい時には、
それらのご希望も事前に、問い合わせで具体的に依頼を行ってください。

故障の様子を把握する時の主なチェックポイント

・例えば、パソコン本体の電源を入れた時に
 ビープ音が鳴っていたりエラーコードが表示されていることがよくあります。

 それらの反応からどの領域が問題を引き起こしているかが把握できるので、
 事前に電話で相談を受ける時に具体的にアドバイザーの方に知らせてください。

・トラブルシューティング関連の取扱説明書が同梱されていれば、
 そちらの目次ページを開いてエラーの参照表を探してみてください。

・インターネットがつながらないトラブルでお困りの場合はパソコンの本体ではなく
 モデムやコア・ルータ、LANケーブルが壊れていたり、天候や障害物、災害などの影響で
 回線の一時的な混雑による負荷や電波障害が起きている可能性も高いです。

 その場合には先に、インターネットの契約をされている会社の受付窓口に
 電話をして、状態の確認と対処方法についての相談をされてみてください。

・Windows+Linuxなど二つ以上のOSをブートセレクタ(boot selector)で
 切り替えて使っている場合は、どちらのOSに問題が出ていて、
 どちらかを安全に残すように作業をお願いしたい、など事細かに伝えます。

・スイッチボタンやソケットやコネクタのポートにくぼみ(へこみ)があったり、
 あるいは割れて壊れた場合のようなまだ軽い問題でも、
 電源ユニットやPCケースを丸ごと交換しなければならない可能性も出てきます。

・電源の立ち上げ(startup boot)の段階でもうすでに反応しないでBIOSやOSの自動実行が始まらず
 画面が真っ黒で起動の音も出ない時は、 一応、パソコンの電源ユニットの配線(ケーブル)などの
 部品が割れていたり焦げ臭くなっていないか、少し見回してみてください。

パソコンの修理を出張訪問で依頼する時に相談する内容は? の続きを読む






Windowsは別のPCやUSB外付けHDDケースで起動できない?

Windowsの10、11や、XP、Vista、7、8/8.1など、マイクロソフトのウィンドウズの
オペレーティングシステムをインストールしているパソコンは、長く使っていると、
やはりほかのマシンと同じく、そのうち何らかの障害でパーツのどこかに不具合が出てきます。

Windowsのシステムそのものには異常がなさそうなものの、マザーボードから出るビープ音や、
ランプの点灯、ディスプレイの表示の変化から判断して、メモリやCPU、グラフィックカード、モニターといった、
重要な部品が壊れて替えの部品の交換などの作業が必要になり、またすぐに直しにくいこともあります。

緊急で使わなければならない用事があるので、ひとまずWindowsだけ何とか一時的に起動したいけれど、
肝心の本体が壊れている、というケースもよくあります。

そこで、パソコンの中の「Windowsが入ったプライマリのハードディスクやSSD」を、
一度本体から抜き取って、別のPC本体に交換や増設で組み込むか、
外付けハードディスクケースなどに取り付けてUSB接続してから、
BIOSの設定を変更して、一時的に立ち上げることはできる?という疑問について。

一つのWindowsのライセンスは一台のパソコンでのみ使用できる

まず、結論から書きまして、実行しようとすればWindowsを起動できる場合もあるのですが、
パソコンやOSの状態によっては、正常に立ち上がらないケースが多いです。

また、Windowsの入ったパソコン本体を購入した時点で、大抵はすでにハードディスクやSSDに
プリインストールされていて、OSの起動ディスクも同梱されているために最初は間違えやすいのですが、
LinuxのUbuntuやKNOPPIXと違って、フリー配布のオペレーティングシステムではなく、
Windowsもあくまで有償の基本ソフトとなります。

一つライセンスで使用ができるのは、1台のコンピューターにつき製品1つまで、
(あるいは仮想環境のパソコン1台のみ)という決まりになっています。

2台以上のパソコンでウィンドウズを使うと、使用の際の規約事項の違反になるため、
別のパソコンで同じWindowsディスクのプログラムを使う場合は、前のPC本体ではもう使わずに削除して、
新しく読み込む方のパソコンに、改めてインストールして使い直すことが原則として必要です。

自作で組み立てたパソコン本体などに、ご自身で店舗で購入されたパッケージ版の、
Windowsのインストールディスクを使用されている場合は、
別のパソコンでインストールし直して再認証して使う、という具合になります。

ですが、個人用のファイルの方はもちろん何個でもコピーができますので、
壊れたPC本体を、専門のデータレスキューサービスに出して、復元の作業をしてもらうことができます。

Windowsは別のPCやUSB外付けHDDケースで起動できない? の続きを読む

ASUSのEeePCの故障を修理するには?

「EeePC」は台湾:台北市のパソコン関連メーカー
「ASUS」(エイスース)から開発・販売されているパソコンの製品です。

ASUSのブランドはデスクトップパソコン本体だけでなく、ノートパソコンや
廉価版で小型なネットブック、携帯電話、タブレット端末など一通りの製品が出ています。

Eee PCも日本製の他のメーカーのパソコン製品と同じく基本的な構造は大体同じです。

CPUやマザーボード、電源ユニット、メモリなど基本的なパーツが搭載されていて、
ノートパソコンならキーボードやバッテリー、モニターが一体化しています。

オペレーティングシステムはWindowsです。

ネットブックの場合、Windows7スターターが搭載されているため機能が限定されています。

ASUSのEeePCの故障を修理するには? の続きを読む

日立FLORAのPriusのパソコンを修理するには?

日立フローラ(FLORA) とは日本の大手電機メーカー:日立製作所HITACHI)で
開発・販売されているデスクトップパソコン・ノートパソコンのブランドです。

またフローラのサブブランドとしてコンシューマー向けのPrius(プリウス)という
日立コンシューマエレクトロニクスによるサポートの製品もあります。
種類はPrius Deck/Air/One/Note/Gear/Deck Noteなど。

現在、日立製作所はパソコン事業から撤退していて新製品は出ていないのですが、
サポートサービスは今もまだ残っているため、以前に購入した日立製のマシンが
壊れてしまった場合はサポートで見てもらうことができます。

日立FLORAのPriusのパソコンを修理するには? の続きを読む

SHARP(シャープ)のパソコン機器を修理するには?

シャープ株式会社[Sharp Corporation]とは日本を代表する大手家電メーカー企業で、
液晶などの技術が導入された製品を中心に幅広く世界的な事業展開をされています。

SHARPはAQUOSのBlu-ray Disc(ブルーレイディスク)やエアコン、
空気清浄機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジといった家電製品が主に有名なのですが、
モバイルノートパソコンのMebius MURAMASA(メビウスシリーズ)や
X68000シリーズ、X1シリーズなどのPCも製造・販売されていました。

例:[Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール ブラック系PC-Z1-B]

他に、日本国内初のAndroidが搭載されたスマートブックや、PLCアダプター、
電子辞書、液晶ディスプレイ、GALAPAGOS(ガラパゴス)のメディアタブレット、
ICカードリーダライタ、電卓、モバイルコミュニケーションマシンWILLCOM D4、
デジタルボイスレコーダーなどのコンピューター製品が販売されています。

SHARP(シャープ)のパソコン機器を修理するには? の続きを読む

郵送でパソコン修理センターに送ってもらう際の手続きとは?

デスクトップパソコンの本体やノートブックPC、インクジェットプリンターなど、
ある程度大きなサイズの電子機器が壊れて、メーカーのカスタマーサポートや
私設の専門修理業者に郵送で送ってもらう際の手順と手続きについて。

まず、必ず電話またはメールやファックスでパソコンや電子機器、家電製品の
現在の状態や、いつの時間にどこがどのように壊れているかを、
分かる範囲でなるべく正確にアドバイザーの方に伝えて手続きをします。

修理センターに出さなければ直らない場合、まず修復作業の依頼の注文を申し込みます。

必要な物を揃える

現在使っている付属品のうちマウスやキーボード、スピーカーなどは必要ないですが
製品本体をはじめ、いくつかの物を取り揃える必要があります。

コンピューター・機材の本体、電源コード・ACコード、セットアップ用のソフトウェア、
プロダクトキーのシール、保証書と納品書またはレシート、受付番号と商品名、
故障の内容の詳細メモ、などがあります。

PCの場合、データ消失(初期化)の同意書をプリントして記入する必要もあります。

修理に出すのに必要な物がすべて揃ったら次に、ヤマト運輸や佐川急便など、
指定の郵送受付サービスのお近くの店舗に製品を買った時のダンボールなどに収納して
自動車やバイクなどで持ち運びます。(または電話で宅配便のトラックに自宅/自社まで来てもらいます。)

郵送でパソコン修理センターに送ってもらう際の手続きとは? の続きを読む

パソコントラブルの出張修理に訪問してもらう時は?

自宅や自社内にてご使用のデスクトップパソコンやノートブック型PCの
製品本体が何かのシステム障害や内部部品の破損を引き起こして壊れてしまい、
ヘルプやトラブルシューティングの解説を元にご自身での修理を試みても
直せないので急遽、専門スタッフの方に来てもらいたい、という場合の手続きなどについて。

電話連絡の前の準備

まず、メーカーのカスタマーサポートセンターか私設のパソコン修理サービス店に
営業日の日の受付時間帯の間、例えば朝9時から夜8時までの間あたりに、
指定の電話番号に電話をして、出張訪問の注文を行いましょう。

電子メールやFAXでも主張訪問やサポートのアドバイスは多くの店舗で
受け付けてもらえるのですが、なるべくでしたら口頭で詳しく伝えられる
電話を通すか、直接店舗のカウンターまで赴いて依頼をされた方が良いでしょう。

コンピューターのメーカーやOSのバージョン、搭載パーツ、故障の状態などを
できるだけ詳しくお伝えする必要があるため、電話の前には製品の仕様が書かれた
用紙や保証書、ガイドブック、プロダクトキーのシールなどを一通り揃えます。

どこかどのように調子が悪くなっているのかを具体的にメモで記しておくと、
出張スタッフの方への説明もスムーズに進みます。

パソコントラブルの出張修理に訪問してもらう時は? の続きを読む

パソコンのOSが正常に動かない時に更新や設定変更をして修復

Windowsといったパソコンの本体を長く使っていく際に、
次第にオペレーティングシステムや内部パーツが、正常に動かない不具合が出てきた時に、
OSの更新や設定の変更、部品交換といった修復を実行する時の主な要点は?という疑問について。

WindowsやmacOSのバージョンのアップグレードによる修復

まず基本としまして、新しいWindowsやmacOSのバージョンにアップグレードすれば、
次第にエラーやフリーズ、ブルースクリーンといった問題は発生しなくなっていきます。

あるいは、オペレーティングシステムの上書きインストールなどを実行をすることで、
現在の正常に動正常に不具合の多くを修復することができます。

この作業は、パソコン本体の状態や製品の仕様、インターネットの接続環境によって、
スムーズに実行できるかどうかの違いが出るケースがあります。

また、私設のパソコンサポートで、即日診断や当日・翌日での出張のコースで、
スピード対応でコンピューターを修復してもらえるサービスもあります。

パソコンのOSが正常に動かない時に更新や設定変更をして修復 の続きを読む

東芝製パソコンの故障を修理するには?

日本国内でも有名な電機メーカーの一つ、東芝(TOSHIBA)製のパソコンといえば、
まずdynabook(ダイナブック)シリーズのノートパソコンが有名ですね。

株式会社東芝[TOSHIBA CORPORATION]はご存知、東芝グループの
中心的な企業で、主にコンピューター関連機器の製造を行われています。

ダイナブックは1989年から始まる、歴史のあるPCシリーズで、
その前に出ていたラップトップ型PCの後の機種にも当たります。

dynabook/RX3/TX/Satellite/MX/EX/UX/AZ/Qosmioといったパソコンもやはり持ち歩きや
移動の機会が多いノートブック型PCなので、使い方・扱い方によってはその分、
常に故障やシステム的な障害が出てしまう可能性を持っているともいえます。

・長く使っていて埃やゴミが通気口や内部に付着して冷却ファンの回転が
 動作しなくなり、CPUやHDDの過熱が発生して電源が落ちてしまう場合。
・モニターの液晶パネルやバックライト/インバータが傷や衝撃で破損してしまう。
・ハードディスクドライブのヘッドクラッシュ障害が出てしまう。
・キーボードの一つが欠けてしまう。
・電源ユニットが漏電や高電圧負荷で損傷してしまう。
・PC本体が水や飲料を被ってしまい壊れてしまう。

といった物理的な障害の要因と、オペレーティングシステムの
ソフトウェア的な障害の要因とで故障が発生するケースがあります。

東芝製パソコンの故障を修理するには? の続きを読む

DELL(デル)のパソコンを修理するには?

米国のPCメーカー企業『Dell Inc.』(デル) のパソコンは、世界的にも非常に大きなシェアを持ち、
今や多くの人々が名前を知っている程のメジャーなパソコン関連ブランドの一つとして認知されています。

日本国内の本社の名称は『デル株式会社』で、神奈川県川崎市に所在地があります。

よくある問題の事例と解決方法

ある時パソコンの調子が悪くなり、点検した後で起動しなくなった、という場合、
パソコンの中を一回開いて分解してもらう作業が行われた際に、たまに
静電気や湿気が溜まっていて一部のボタンやコネクタが機能しなくなる場合があります。

一回電源コンセントとバッテリーを抜いて、起動ボタンを5、6回ほど
カチ、カチ、と押して、それからまた電源を差して起動を試してみてください。

あるいは、移動中にノートパソコン本体を強打して壊れてしまった、または電源ユニットに
急な電流の負荷がかかって回路がショートしてしまった、という可能性も考えられます。

メモリかマザーボードが物理的に壊れてしまった可能性があり、自身では直すのが難しそう、という際には、
パソコンの修理センターにて、見てもらわれることをお薦めします。

DELL(デル)のパソコンを修理するには? の続きを読む

新しいパソコン環境の使い心地が良くない時に修復するには?

新しくパソコン機器を買い換えて使用してみたら、前のマシンよりもソフトウェアのセットアップや
操作が上手くいかなかったり、どこか使い心地が良くない感じがする、という場合も時にはあります。

例として、デスクトップパソコンに普段慣れているがノートパソコンを使い始めてみると、
ディスプレイ画面との距離感やサイズ、キーボードの位置とボタンの間隔や基本的スペックが
大分異なり、最初は使い方が上手く慣れずにぎこちない形になってしまうものです。

特にネットブックやウルトラモバイルPCのように小型のノートブックであると、
キーボード入力やタッチパッド使用の感覚がデスクトップの時よりもずれやすくなる場合もあります。

前に使ってたマシンより性能が高ければ高速化で一気に使いやすさを実感できるのですが、
逆にスペックの低いマシンはスピードが遅いために使い心地の悪さを感じてしまうかもしれません。

また逆にノートパソコンからデスクトップ機に変える時も同様ですね。

次に、Windows2000やXPからWindows Vistaや7にアップグレードした場合、メニューの位置や
表示のされ方」が大分変わっていまして、新しいアクセサリツールやセキュリティー機能も加わり、
画面の色彩も一新されていますので、特にXPとVistaの境目は結構大きいかもしれません。

他にも今までWindowsのパソコンを使っていて、新しくMacintoshパソコンの
iMacやMacBookを使ってみる時や、LinuxディストリビューションのOSを導入されてみる時にも、
最初のうちはやはり操作のコツに慣れず、なかなか作業が進まないこともあることでしょう。

新しいパソコン環境の使い心地が良くない時に修復するには? の続きを読む

パソコンを修理に送る前の準備とサポート状況の確認とは?

お使いのパソコン本体が何らかの故障を起こして動かなくなった時、OSの再インストールでも
直せないような深刻な問題の場合は基本的に、販売メーカーのカスタマーサポートセンターか
パソコン修理サービス会社の営業所に出して見てもらうのが最善策です。

しかし、本体を修理に送る前には色々と事前に確認したり準備を済ませておくと
預けている間や返還後に困ってしまう事態も少なく済ませることが出来ます。

まず、購入した時にもらった保証サポート期間の証明書を手元に揃えて、
修理の補償を受けられるかどうかを確認しましょう。

PCをメーカー先のサポートセンターに預けると、
輸送中の時間も含めて1週間~1ヶ月くらい掛かる場合があります。

海外製のメーカーで、取り替えの部品が国外にしかない場合では
換装パーツ取り寄せのため更に期間を置かれる場合もあります。

その間は他に一台もパソコンがなければまったく作業が出来ないため、
場合によっては予備のマシンを購入されることも考慮する必要があります。

事前に電話かメールで問題をアドバイザーの方にお伝えして、
またサポート状況の混雑具合や部品の様子についても一応聞いてみましょう。

しかし別の企業で実施されているパソコンサポートでしたら、
地元でしたら早ければ直接持っていって即日で見てもらえる所もあります。

時間が惜しい場合には非常に助かりますので、状況によって
どの店舗にパソコンを送るか、比べてみても良いでしょう。

パソコンを修理に送る前の準備とサポート状況の確認とは? の続きを読む

パソコンが故障した際の修理に関する用語の一覧

ウェブ検索サービスのサーチなどから、うっかり間違って無変換でのキーワード
pasokonnsyuuri』 『ぱそこんしゅうり』などの結果表示から来られた方のために
コンピューター修復やトラブルサポート関連の用語の、一部の読み方を解説いたします。

パソコンが故障した際の修理に関する用語の一覧 の続きを読む

同じ動作を繰り返すループのエラーを直すには?

パソコンといった電子機器の操作で、デスクトップのショートカットキーを、
マウスポインタで何度も同じ項目やアイコンを連続で押してしまったり、
PCの処理速度が追いつかないうちにキーボードのキーを勢いで打ち込みすぎると、
同じ動作が勝手にループするエラーのトラブルが発生して、ずっと繰り返されることがあります。

そんな時には、どのように対処をすればコンピューターを直すことができる?という疑問について。

同じ動作を繰り返してしまうループのエラーとは?

まず、パソコンのスピーカーから同じエラー音がずっと何度も連続で鳴り響いたり、
同じエラーの警告メッセージのダイアログが次々と画面上に重なって、
ひたすら同じリアクションを繰り返すように表示されるエラーのアクシデントについて。

ある時、パソコンの操作の中で急に同じリアクションが無限にループ的に繰り返されて、
こちらからの操作が受け付けなくなるループのエラー(Loop Error)が起きたら、
フリーズ(ハングアップ)と同じく、それ以上の入力での指示ができなくなる場合が多いです。

パソコン(Personal Computer)はたまに、CPUの性能やメモリの容量が低いことが原因で、
処理速度を越えてしまい、一時的に動作が遅くなることがあります。

その時はまだ、キーボードやマウスから出した指示を処理中であるケースが多いです。

ですが、この間を待ちきれずに連続で同じ動作を打ち込んでしまうと、すべて実行するようにOSが認識して、
ここでループエラーが発生して、ひたすら同一画面の連続展開といった繰り返しが起こりえます。

もし、この時点ですでにパソコンの内部のパーツやノートパソコンのキーボードが破損していて、
正常に使用できないトラブルが出ている時は、それ以上の通電を控えて、
PCの修理サポートを請け負われたサービスにて、修復をしてもらわれることをおすすめします。

同じ動作を繰り返すループのエラーを直すには? の続きを読む

メーカー製パソコンの再インストールをする時は?

世間一般で使用大部分のパソコンは、PCメーカーにて製造されて
パソコンショップや電気チェーン店に販売されているパソコン本体ですね。

自作の組み立てや特注のPC以外はほぼ、出荷時の状態から
OS(オペレーティングシステム)がインストール済みで送付されます。

そのためWindowsのインストールCD/DVDは同根されていなく、代わりにメーカーオリジナルの
リカバリー用CD/DVDディスクが付属していますので、OSの異常でWindowsが
正常に機能できなくなったら同梱のリカバリーディスクを使って再インストールを行います。

メーカー製パソコンの再インストールをする時は? の続きを読む

ビープ音が鳴ってパソコンに問題が出た時に修理するには?

電源ボタンを押して起動させたら、いつもの調子ではなく突然「ピーッピーッピーッ」といった
変な音がスピーカーではなくパソコン本体の方から鳴り出してしまった場合。

これはデバイスのエラーやハードウェアの問題発生時に一種のサイレンとして鳴る、ビープ音と言います。

他の異音との違い

故障の発生したPCからはよく、「カリカリカリ・・・」 「ブーーーーン・・・」 「カタカタ、コトコト・・・」
といった異音が鳴り出すのですが、これらの事例はハードディスクのヘッドクラッシュや
電源ユニットの冷却ファンのゴミ詰まりといった物理的な問題であり、
ビープ音は本体に搭載された専用スピーカーから出る警告音です。

ビープ音の鳴り方のリズムによって、メモリやビデオカードなどマザーボードに接続された
どの部分のパーツに異常が起こっているかが判別できます。

ビープ音が鳴ってパソコンに問題が出た時に修理するには? の続きを読む

PCの故障状態の初期診断サービスとは?

デスクトップパソコンやノートパソコン、プリンターやサーバー機器など、PC関連の
コンピューター製品やOA周辺機器が故障してしまい、自分ではどうしても直せなかった場合、
専門のパソコン修理サービス、またはメーカー・購入点で行われているサポートセンターに
見てもらうことで修理を代行してもらうことができます。

でも確実に直るかどうかわからないのに修理に預けてももし元に戻らなくて
お金と時間だけ無駄に掛かってしまったら?という疑問を解消するために、
多くのPC修理センターでは初期診断サービスが実施されています。

PCの故障状態の初期診断サービスとは? の続きを読む

パソコンの修理サポートのそれぞれのサービスで掛かる代金は?

物理的に故障してしまったパソコン本体を修理に査定してもらったら、見積もり金額が
10万円を越えていた、と、PC本体と同じくらいの値段がかかることあります。

新しく買い換えようか、それとも中身のデータや設定が惜しいので修理に出そうか、
結構迷われてしまうことも多いとか思われます。

しかしながら、PCをはじめとするコンピューター製品は一度損壊してしまうと、
OSトラブルの場合は再セットアップ、パーツの破損の場合は交換でしか
基本的には直せないため、どうしてもある程度の値段はかかります。

まず、一番修理の代金を安く済ませるにはメーカー先の保証期間サポートに見てもらうことです。

(しかし状態によってはそれでも高い修理費が掛かることもあり、
また郵送で時間と費用がかかる場合もあります。)

パソコンの修理サポートのそれぞれのサービスで掛かる代金は? の続きを読む

パソコンのシステムエラーや故障からのデータの復旧

パソコンのエラー(Error)と聞くと、「故障が起きた」、というイメージが強い部分が出ることもあるかと思われます。

しかしエラーは、PCのパーツやシステムが正常な状態でもよく起こりうるもので、インターネットや
アプリケーションソフトウェアのちょっとした動作ミスやメモリの容量不足・スペックの低さなどの要因でも発生します。

エラーが発生した時に修復をするには?

すなわち、エラーの発生=パーツやプログラムの損壊ではありませんので、
大抵の場合でしたらそれほど気にされる必要はありません。

しかし一回の起動で何度も同じシステムエラーや動作の遅延が頻繁に起こっている場合は
ハードディスクやCPUに負担がかかり、結果として故障の原因にもなりかねませんので、
念のため不要なプログラムを削除したり、パソコンの最適化を行って負担を軽くした方が安全です。

もし、それでもトラブルから回復しなくても、まだ専用の修復機能を使用したり、
専門のサポートで修理をしてもらう、または必要なデータを取り出してもらうことができます。

パソコンのシステムエラーや故障からのデータの復旧 の続きを読む

パソコンやOA機器の出張修理サポートサービスとは?

ご自宅や会社内にて使用しているパソコンをはじめ、プリンター・サーバー・液晶ディスプレイ・
RAID・レコーダー・オーディオ機器などの各種ハードウェアがシステムエラーや物理的故障を
引き起こしてしまった場合、自力ではどうしても直せずに修理に出したいけれども、

どの機材が壊れているかわからなかったり、様々なOA機器に接続して稼動させているため
外に持ち運ぶのが難しい、といった状況の場合は、
コンピューターサポート企業の出張修理サービスが大変助かります。

タウンページやインターネットで専門のパソコン修理業者のリストをチェックされてみて、
出張修理に対応されている営業所でしたら、お電話により依頼をしてご自宅またはオフィスへと
修理スタッフの方が駆けつけてくれて迅速に対応してもらえます。

パソコンやOA機器の出張修理サポートサービスとは? の続きを読む

中古パソコンとその内部パーツ、周辺機器も修理してもらえる?

近年、パソコン・コンピューター機器関連の市場は新品だけでなく、
中古買取・販売の側面でも大変大きなマーケットに発展しています。

大手の店頭・通信販売店では保障期間付きで購入できますので、
多くのユーザーの方々からの需要があります。

しかし中古のPCですので、開発メーカーからの保証サポートなどは付かないため、
購入した後では店頭での補償サービスがメインとなります。

中古パソコンとその内部パーツ、周辺機器も修理してもらえる? の続きを読む

パソコンのリペアのサービスでデータの復旧もしてもらえる?

デスクトップパソコンやノートPCのパーツが故障した時に、部品交換をしてもらったり、
オペレーティングシステムにエラーが起きた時にOSの修復をしてもらえる、
パソコン修理のサービスでは、マシンのリペアのほかにハードディスクドライブやSSDからの、
失ったデータファイルの復旧の作業も同時にしてもらうことはできる?という疑問について。

パソコン修理のサービスでデータのリペアを受け付けているところもある?

まず、パソコンの製造メーカー先では、基本的に製品の修理のサポートのみがあります。

自宅や自社の近場にて、失ったデータの救出の依頼を行う時のポイントの一つとしまして、
全国の各地には私設での、パソコンやコンピューターの機器の修理サービスが大変多くあります。

その中で、PCや周辺機器、またはオペレーティングシステムなどのリペアのみを実施されている店舗と、
失ったデータの取り出しやリペア(修復)のサポートも、併用で受け付けている店舗とがあります。

後者の方でしたら、壊れたPC本体の修理と、読み込みできないデータ復旧の作業を、
一緒に注文するか、またはストレージの初期化をなくしてそのままPC本体を直してもらうことができます。

パソコンのリペアのサービスでデータの復旧もしてもらえる? の続きを読む

コンピューターサポートのサービスの種別とその選び方は?

パソコンのサポートセンターは東京、大阪、名古屋など主要都市圏をはじめ、
全国各地に沢山あるのですが、サポートの内容は各会社によっても、
大きく違ってくることについてはご存知でしょうか?

例えば、PC本体に内蔵されたストレージの、物理的な部品の破損のために交換をした、
以前のハードディスクの内部のデータは、そのままでは元に戻せないため、
この場合は専門のデータ復旧のサービスセンターにて、請け負ってもらうことになります。

こうした各サービスでの、いくつかのサポートの種別とその活用方法にて説明いたします。

メーカーの保証サポートとは?

パソコンや外付けドライブ、RAID、複合機など、コンピューター機器(ハードウェア)を、
メーカーにて購入した際には、1年間~5年間の修理・修復保証サービスが付属されていますので、
保障期間内であれば障害が起こった時にそのまま修理サポートを受けることができます。

(中古製品の場合は保証期間は全体的に短めです。期間外だと有償になります。)

Mac製品のIT機器は通常、Appleサポートにて修復してもらいます。

大抵のトラブルは修理してもらえるのですが、メーカー先に一度お預かりという形になり、
1~4週間の期間が必要になります。

メーカーでは保存されたデータは初期化の処置が規則であるため、ファイルを先に取り出しするには、
別のサービス業者の方で先に注文して、復旧を行ってもらう必要があります。

コンピューターサポートのサービスの種別とその選び方は? の続きを読む

パソコンの機器が動かない時は一度電源を消すと直りやすい?

普段日常的にお使いの電子機器、デスクトップパソコンやノートパソコン、サーバ、
またプリンター、RAID、外付けハードディスクケース、NAS、CDドライブ、DVD/BDレコーダー、
ほか、あらゆるハードウェア製品が、突然電源を付けても起動しなくなった場合は
急に故障してしまったのか?と誰もが思われることでしょう。

何かしらのシステムや部品が破損してしまった可能性もあるのですが、
前日または少し前の使用の仕方によって一時的に動かなくなっただけ、
という場合も多いので、必ずしも重度の損傷が起きているとは限りません。

まず、ディレクトリの損傷などのエラーメッセージが出ていない時は電源を一度
切って、しばらく置いて機体を一旦冷ましてからもう一度起動されてみてください。

PCの場合、再起動よりも一度ログオフしてからの方が確実な場合もあります。
念のために電源コードも抜いておくとなお良いでしょう。
(クッキー機能や一部の仮保存メモリは消えてしまう可能性もありますのでご注意ください、)

パソコンの機器が動かない時は一度電源を消すと直りやすい? の続きを読む

日本全国の都道府県のパソコン修理サービスの企業とは?

パソコンや周辺機器、サーバ、モバイル端末といった機材が壊れてしまった時に、
状態の検査をして修理してもらうことができる、専門のサービスセンターとは?という疑問について。

日本全国の各都道府県にあるPC修理の企業とは?

まず、ハードウェアやソフトウェアの問題を解決してもらえるPC修理のサポートの企業は、
東京都や大阪府、愛知県、北海道、宮城県、福岡県、神奈川県、千葉県、埼玉県、兵庫県といった、
日本全国の都道府県の各市区町村で、それぞれ本店または支店にて、営業されています。

また、デスクトップPCやノートパソコンの修理だけでなく、プリンターやサーバ、
ガラケーの携帯電話、スマートフォン、タブレットコンピューターなど、
その他の電子機器の故障も直してもらえるサービスや、
読み込みできないデータファイルの救出、といったサポートを行われている事業もあります。

日本全国の都道府県のパソコン修理サービスの企業とは? の続きを読む

パソコン修理をする前に見るべき状態のチェックとは?

パソコンが急に動かなくなった?というアクシデントはPCユーザーの方でしたら
誰でも一度はあることでしょう。

もし物理的、あるいは論理的に重度の障害が起きていたら自分ですぐに直すのは難しく、
修理センターに出すと2~3週間は預かってもらうためその間は予備の本体がなければ
パソコンが使えないことになり、状況の悪い時は買い換えることにもなりかねません。

本当に故障しているのか一見するとわからないことも多く、すぐ修理に取り掛かる前に、
まず、なぜパソコンが動かないのか、どこが壊れてしまったのかを、
ご自身もある程度把握してみた方が良いです。

・電源コードが抜けていた。

・モニターの電源をオフにしていた。

・他の社員の方が共有パソコンの設定を変更していた。

など、実はどこも壊れてはいなかった、という場合も以外に多いものです。

筆者の場合、以前に新しく買ったデスクトップPC本体がインターネットに繋がらないという
ハプニングが起こった時、障害の原因は不良品だったのではなく、加入した
インターネットプロバイダーサービスでは本体2台までしかネットに繋げない、という契約設定が
あったことでして、購入したPCを一回意味なくサポートセンターに送るというミスをしたことがありました。

とはいえハードディスクドライブのヘッドクラッシュ障害の音が鳴っていたり、
落雷のショートによる電源ユニットの焼き焦げの臭いがする、など、
明らかに物理的に故障しているとわかる場合はそれ以上の起動・稼動は控えて、すぐに
サポートセンターや修理サービスにお問い合わせをされてみることをお薦めします。

パソコン修理をする前に見るべき状態のチェックとは? の続きを読む

パソコンの各機材の故障の原因と修理による解決方法の一覧

パソコンの各種メーカー製品やPCパーツ、モバイル機器、周辺機器といった、
各種コンピューター機材で それぞれよく起こりうるトラブルや故障についての
原因と対処方法、修理方法などの詳細ページを、一覧にまとめた目次ページです。

下記の一覧リストより、それぞれの個別のページにてご参照ください。

(部品の性能やシステム、アプリケーションソフト、パソコン以外の機器についても
 別の記事リストや個別ページにて解説しています。)

パソコンの各機材の故障の原因と修理による解決方法の一覧 の続きを読む