「LinkStation」のページの案内

『LinkStation』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。






コンピューターの問題解決などのコンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「LinkStation」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「LinkStation」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

LinkStationのRAIDアレイを再構成して修復するには?

BUFFALO(バッファロー)より発売されている、NAS(ネットワークアタッチストレージ)の
製品の一つである「LinkStation」(リンクステーション)を日々使っている際に、
HDDの破損といった何らかの問題が発生してしまった場合に、リカバリーをする手順について。

または、RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)の構成を変更したい、という場合に、
HDDを交換してRAIDアレイを再構成して、状態を修復する方法について。

リンクステーションの製品一覧

・BUFFALO:リンクステーション ネットワークHDD(NAS) RAID1搭載 2TB LS220D0202C
・LinkStation for LS520DNBシリーズ NAS用HDD搭載 2ドライブNAS 6TB LS520DN0602B
・リンクステーション HDD WD Red採用 ネットワークHDD(NAS) 4TB LS220DN0402B
・ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL
・NAS:リンクステーション ネットワークHDD 1TB LS410D0101C

LinkStationのユーザーマニュアルで故障を調べる

最初に、どのような問題が起きているか、LinkStation本体のランプの色や警告音の様子を、
ユーザーマニュアルを見ながら確認されてみてください。

HDDが物理的に故障していて、換装しなければならない状態でしたら、
新しいHDDを購入して、入れ替えを行ってから、ウェブ上での修復の作業を行います。

自身で作業を行っていくのが難しそう、という際には、NASを取り扱われている、
パソコン修理サービスセンターに問い合わせて、代行作業を行ってもらう方法もあります。

LinkStationのRAIDアレイを再構成して修復するには? の続きを読む

故障したLinkStationを分解してデータ救出はできる?

BUFFALO(バッファロー)から発売されているネットワークアタッチストレージ(NAS)の
「LinkStation」(リンクステーション)を日々運用している際、ある時に製品が故障してしまい、
内部に保存していたファイルが開けなくなったら、
ケースを空けて分解して簡単な修理をしてデータ救出を行うことはできる?という疑問について。

LinkStationの製品の状態を確認

まず、LinkStationの機種のサイズや構造によって、筐体のケースを空けて分解する作業の難しさが少し変わってきます。

冷却ファンにホコリが溜まって排熱が十分にできなくなり機械が熱暴走を起こす場合は、ファンの周りにネジが付いていて、
本体のカバーごと外さなくてもこれをドライバーで取り外して掃除がしやすいように作られています。

冷却ファンの固定ネジを外したら、場合によっては接続コードもを外して、
網の部分とプロペラ、とその周囲を、綿棒などを使って丁寧にホコリやごみを取り除きます。

ハードディスクドライブはケースの蓋を開けることで簡単に取り外しができるので、
RAID機能を設定していてHDDのうちの一台が故障した時には別のHDDに交換をして、リビルド機能で復旧することができます。

壊れたハードディスクドライブを抜いたまま電源を起動すると故障するおそれがあるのでくれぐれもお控えください。

もし誤ってリビルドに失敗したり、RAID機能を使用していないLinkStationのHDDが壊れた時は、
NASに対応されている専門のデータ救出サービスに問い合わせて、中身のファイルを復旧してもらわれることを推奨します。

故障したLinkStationを分解してデータ救出はできる? の続きを読む

LinkStationの問題をWeb設定画面で修復するには?

BUFFALO(バッファロー)より開発・販売されているNAS(ネットワークドライブ)製品のひとつLinkStation(リンクステーション)を
普段使用している際に、エラーが発生したりデータが開けなくなった時にはどうすれば修復できる?という疑問について。

まず、LinkStationの管理ソフトウェア「NAS Navigator2」(ナス・ナビゲーター2)がインストールされているパソコンを立ち上げます。

WindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinder、または「NAS Navigator2」を開いて、
ボリュームやフォルダーのアイコンに何らかのエラーマークが表示されていないかを確認します。

専用のIPアドレスのWeb設定画面を開けるかどうかを確認します。

IPアドレスの番号が変更されている場合があるので、ブラウザからウェブアドレスが繋がらない場合は、
もう一度「NAS Navigator2」からウェブ設定画面を開き直します。

ウェブ設定画面にログインできましたら、何かの通知メッセージが表示されているか確認します。

例として、ファームウェアのアップデートの通知が出ていましたら、システム→メンテナンス→「ファームウェア アップデート」の項目で
「アップデート実行」を押すと、リンクステーションの更新が行われて問題も修復されます。

LinkStationの問題をWeb設定画面で修復するには? の続きを読む

LinkStationのデータを外付けHDDへバックアップ

BUFFALO(バッファロー)より開発・販売されています家庭用のネットワークドライブ(NAS)の
LinkStation(リンクステーション)をお使いの際、本体内部のHDDに保存されたデータを
さらに別のハードディスクにバックアップを取って後でデータを復活できるようにするためには、
どうすれば簡単かつスムーズに設定して保存を実行できる?という場合について。

リンクステーションの製品一覧

・BUFFALO:リンクステーション DTCP+対応 ネットワーク対応HDD 2TB LS410D0201X
・71.9MB/s 4ベイ搭載 高速ネットワーク対応HDD (NAS) 2.0TB LS-QV2.0TL/1D
・リンクステーション ネットワーク対応HDD 2TB LS410D0201
・MyBox 2.0対応ネットワークHDD 2TB LS411D0201X
・リンクステーション mini データを守るRAID1搭載 2TB LS-WSX2.0L/R1J

まず、外付けハードディスクを一台用意します。

LinkStationの背面にあるUSBコネクタにUSBコードを差し込みします。

お使いのパソコン本体とLinkStation、外付けHDDの電源を起動します。

予備の使用していないHDD/SSDをUSB変換ケーブル/ユニットに一時的に差し込みする方法でも大丈夫です。

LinkStationのデータを外付けHDDへバックアップ の続きを読む

LinkStationが無線LANルーターにつながらない時は?

BUFFALOから発売されています、家庭用のNAS(ネットワークアタッチストレージ)の、
「LinkStation(リンクステーション)」をセットアップする時、または日々お使いの際に、
突然、ネットワークの回線として接続する無線LANルーター(モデム)の方につながらない場合は、
どのようなことが主な原因で、どうすれば接続できてデータが開ける?という疑問について。

リンクステーションの製品一覧

・BUFFALO:リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 8TB LS220D0802
・バッファロー:LinkStation RAID 高速ネットワーク対応HDD 4TB LS-QV4TL/R5
・DTCP+対応 リンクステーション:ネットワーク対応HDD 3TB LS410D0301X
・小型のネットワーク対応HDD:LinkStation LS-WSS240GL/R1
・RAID機能搭載の高速ネットワーク対応HDD(NAS):リンクステーション 4TB LS-WV4.0TL/RF

無線LANルーターのネットワークの接続を確認

まず、デスクトップパソコンをお使いの場合には、無線LANルーターや無線LANアクセスポイントから
発信されるネットワークの回線を受信するための無線LANカード(wireless LAN card)が、
拡張カードのパーツとして内蔵されているか、
またはUSBコネクタに接続する無線LANアダプター(Wi-Fiカードなど)が必要になります。

ネットワークへのアクセスの際には、無線LANルーター本体に記されているSSIDとKEYの入力が必要になります。

LinkStationやPC本体が、無線LANルーターからネットワークに接続できない時は、
パソコンから間違えてフォームの入力をされていないかどうか、再度お確かめください。

LinkStationが無線LANルーターにつながらない時は? の続きを読む

LinkStationにエラーが発生した時にデータを回復

バッファローから開発・販売されていますネットワークハードディスク(NAS)の
LinkStation』(リンクステーション)を使用されている際、
または使い始めの設定中に何らかのエラーが出てしまい、ネットワークドライブに保存しているデータが
読み込めなくなった時には、どうすれば状態を修復して、データを救出できる?という疑問について。

リンクステーションの製品の一覧

・BUFFALO:バッファローリンクステーション ネットワーク対応HDD 2TB LS410D0201
・バッファロー:リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 2TB LS220D0202C
・LinkStation ネットワーク対応ハードディスク(NAS) 1TB LS-Y1.0TL
・リンクステーション 高速モデル NAS(ネットワークHDD) 2TB LS-V2.0TLJ
・NASのLinkStation RAID 高速ネットワーク対応HDD 4TB LS-QV4TL/R5

NASの本体が熱していたらしばらく冷ます

まず、LinkStationを使用している時に急にエラーが出たり、
動作が止まってネットワークに正常に接続ができなくなった時は、
NASの機器が高熱になっていないかどうかをご確認ください。

リンクステーションが熱しやすい場所に配置されていると熱暴走によるエラーが発生して、
NASの本体の動作が止まって、内蔵されたハードディスクドライブの内部ファイルにも、
一時的にアクセスができなくなってしまいやすいため、涼しく通気性の良い場所に配置します。

また、定期的に、リンクステーションの冷却ファンとその周辺や通気口にホコリが溜まっていて、
排熱性が下がっていないかどうか確認して、本体の掃除も行います。

LinkStationにエラーが発生した時にデータを回復 の続きを読む

LinkStationがEMモードの時にデータを復旧する方法

BUFFALOから発売されていますNAS(ネットワークアタッチストレージ)の一つ『LinkStation』(リンクステーション)を、
日々パソコンなどにアクセスして使用していたらある時、フォルダーが開けずにデータが読み込めなくなってしまい、
「NAS Navigator2」(ナスナビゲーター)を起動してみたら、
EMモード」 (Emargency Mode・復旧モード)と表示されていたことがありました。

その時はLinkStation自体は表示できるけれど、ハードディスクにアクセスできない、という状況でした。

リンクステーションにEMモードが出た時の状態

原因はいろいろ考えられるのですが、EMモードになって読み込みできなくなる前に、
LinkStationの内蔵ハードディスクのうちの一台を本体カートリッジから引き出して、
パソコンに接続してXFSのフォーマットの形式を特殊なユーティリティーで読み込みするテストを行った時に、
何かの理由でファイルシステムあたりに問題が発生して、一部にエラーが起きたために復旧状態になったことでしょう。

ですが、ハードディスク自体やパーティション、ファイルシステムが大きく破損したわけではなく、
一応、「NAS Navigator2」での検出自体はできました。

しかし、青や黄色の「!」のマークが付き、赤文字で「EMモード」と表示されて、
WEB設定のIPアドレスのページも開けず、Windowsのエクスプローラーでも赤い×マークが付いて、
フォルダーの内部にアクセスできない状態になりました。

LinkStationがEMモードの時にデータを復旧する方法 の続きを読む

LinkStationで削除したデータを復旧するには?

株式会社バッファロー(BUFFALO)から開発・販売されています、
NAS(ネットワークアタッチストレージ)の製品の一つである、
LinkStation』(リンクステーション)を使用している時に、
保存していた必要なデータを間違えて削除したら、後から復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

主なリンクステーションの製品一覧

・BUFFALO:LinkStation RAID 高速ネットワーク対応HDD LS-QV16TL/R5 16TB
・バッファロー:DTCP-IP/DLNA/Webアクセス機能搭載ネットワーク対応HDD LS-XH500L
・リンクステーション RAID機能搭載ネットワーク対応HDD LS220D0202B 2TB
・ネットワーク対応ハードディスク(NAS) LS-Y1.0TL 1TB
・LS RAID機能搭載ネットワーク対応 LS-WXB6.0TL/R1J 6TB

LinkStationをパソコンにネットワークから接続する

まず、LinkStationの電源を起動して、お使いのパソコンにネットワークから接続します。

Microsoft EdgeやIE、Google ChromeなどのウェブブラウザのURLボックスに、
LinkStationに割り当てらたIPアドレスを入力して、Enterキーを押します。

または、「BUFFALO NAS Navigator」(バッファロー・ナス・ナビゲーター)を起動します。

検出ができたLinkStationのアイコンを右クリックして、「Web設定を開く」を押します。

IPアドレスの管理画面が出たらログインします。

メニューの「共有フォルダー」や「システム」の「バックアップ」などの項目を一通り見て、
前にどこかでリンクステーション内のハードディスクから、ファイルののバックアップや、
コピーによるデータの保存が取れるように設定を行っていなかったかどうかを、一通り確認します。

LinkStationで削除したデータを復旧するには? の続きを読む

LinkStationに接続できない状態からの復旧方法は?

BUFFALO(バッファロー)の一般向けのNAS(ネットワークアタッチストレージ)製品である、
LinkStation』(リンクステーション)は、複数のコンピューターから
無線LANで内部のストレージのデータにアクセスできる、ハードディスクドライブの読み取り装置です。

自宅内や社内のパソコン、モバイルコンピューターなどでフォルダーを共有できるファイルサーバーとして、
大変便利な補助記憶装置なのですが、なぜかコンピューター上でハードウェアが認識しない、接続できない、
といった場合は、どのような復旧の方法やサービスがある?という疑問について。

LinkStationのネットの接続環境を確認するには?

まず、リンクステーションには、接続するまでにいくつかの手順やタイムラグがあり、
すぐに開けないこともよくあるので、具体的な対処方法の手順と注意の箇所を解説いたします。

まず、LinkStationのケースの蓋部分を開けて、中身ハードディスクドライブがしっかりと正しく入っているか確認します。

RAID0やRAID1、RAID5の仕様の型番の製品は、HDDが複数搭載されているので、前蓋を開けた時にそれぞれ確認してください。

次に、リンクステーションのケース裏側にある電源スイッチをオンにします。

電源を入れて青いランプが点滅し始めてから常時点灯の状態に切り替わるまで数分間、待ちます。

また、お使いのコンピューターに、インターネットに接続できる環境が必要になります。

LinkStationのLANケーブルをLANポートに差し込んで繋げて、
同時に別のLANコネクタか無線LANカードから、インターネットに接続します。

パソコンやルーターを一台ずつしかお持ちでなく、あまりいろいろなパターンで試すことができず、
自身では難しそうな場合には、プロのPC修理サポートセンター、またはデータリカバリーサービスに注文をして、
作業を代行してもらわれることもおすすめします。

LinkStationに接続できない状態からの復旧方法は? の続きを読む

LinkStation取扱対応のデータ復旧サービス業者一覧

BUFFALO(バッファロー)より発売されていますNAS製品『LinkStation』(リンクステーション)
取り扱いに対応された専門事業の[データ復旧サービス業者]の一覧リストコーナーです。

個人、または法人でNAS・ファイルサーバーとして運用するために所有されています
LinkStationに保管していたフォルダやファイルをうっかり削除してしまった場合や
、内部のHDDが故障した時に、データを復元してもらいたい、といった際にお役立てください。

※また、LinkStationとともに同じNAS製品のTeraStationや玄箱にも
並行で対応されているデータレスキューサービスも数多くあります。

LinkStation取扱対応のデータ復旧サービス業者一覧 の続きを読む

BUFFALO製のNASからデータを救出するには?

パソコン機材のメーカーの一つ「BUFFALO」(バッファロー)から販売されています、
LinkStationやTeraStationといったNASの本体に保存していた、
テキストやブックマーク、写真画像や電子メールなどの大事なデータが、
機器の故障によって読み込めなくなった場合に、リカバリーをする方法について。

また、ネットワーク対応ハードディスクから間違えてファイルを削除してしまった場合に、
パソコンと同じような方法でデータ救出はできる?という疑問について。

主なBUFFALO製のNASの製品の例

・BUFFALO:TeraStation TS5800D3208 インターフェース:LAN 容量32TB
・バッファロー:テラステーション TS-X4.0TL/R5 RAID5対応LAN接続型HDD 4TB
・LinkStation LS-QV1.0TL/1D 容量1TB
・リンクステーション LS-Y2.0TL
・Windows Storage Server搭載モデル WS-WV4.0TL/R1 RAID1対応 4TB

リンクステーションやテラステーションのアイコン表示

まず、パソコンを起動して管理ソフトの『NAS Navigator2』(ナス・ナビゲーター2)を開きます。

リンクステーションやテラステーションが検出できて、画面上でアイコンが表示されるかを確認します。

もしアクセスがまだできれば、アイコンを右クリックして「WEB設定」を選択します。

または、Micosoft Edgeなどのウェブブラウザに、割り当てのIPアドレスを入力して管理画面にログインします。

「バックアップ」や「共有フォルダー」といった項目でもし以前に保存設定をしていて、
どこかにデータのバックアップを自動的に取るように入力されていましたら、
そちらのバックアップ先のフォルダーなどを一通りチェックされてみてください。

別の外付けHDDやRAIDのケースがパソコンやNASにUSB接続がされていない時は、
任意の日時で定期的な自動更新バックアップをするタスクスケジューラ(task scheduler)の機能で、
データが自動的に外部のストレージに保存されないため、更新の時間のタイミングにご注意ください。

必要なファイルを間違えて削除した場合は、NASのディレクトリの内部に、
「ゴミ箱」(trashbox)というフォルダーが作成されて、そちらに一旦移動してあります。

これを開いて、ファイルが残っていれば元の位置に戻して、データを救出します。

BUFFALO製のNASからデータを救出するには? の続きを読む

リンクステーションのフォルダにアクセスできない時に直すには?

BUFFALOのNAS製品「LinkStation」(リンクステーション)を使用して、
複数のPCやモバイルコンピューターでファイルを共有して使っていく際、接続ができるまでにいくつか上手くいかない点もありました。

LinkStationの本体自体はSDカードやDVD-RWと違って直接USBコネクタやドライブ装置からパソコンへの接続ができず、
基本的に無線LANの経由でのアクセスなのが少し大変な時もあります。

個人で所持しているノートパソコンの一台は無線LANカードが内蔵で搭載されているので、
Wi-Fiと同じようにすぐにLinkStationのネットワーク回線を検知できました。

そしてハードディスクのフォルダにアクセスして、試しに適当な画像やエディタのファイルをパソコンからコピーして入れたり、
バックアップ用フォルダを新しく作って動かしてみました。

新しく買った機材は最初、使えるまでになかなかうまくいかないとテンションも下がってしまいやすいですが、
逆にスムーズに認識できて動せるとやっぱり楽しいものですね。

リンクステーションのフォルダにアクセスできない時に直すには? の続きを読む

LinkStationをフォーマットした後にファイルを修復

BUFFALOより開発・発売されていますNAS(小型のファイルサーバー)の電子機器
LinkStation」(リンクステーション)を管理画面で設定変更を行っている時に、

間違えてまだバックアップをしていない必要なファイルが保存されたハードディスクに
ディスクフォーマット」を掛けてしまい、初期化してデータを削除してしまった場合、
どのようにすれば消えたファイルを修復できる?という疑問について。

まず、フォーマットを掛けてしまった後はそれ以上の新しいデータが上書きされて
前のファイルのログが消えてしまわないように、一旦電源を止めて使用を控えます。

LinkStationなどのNASはネットワークから無線LANによりルーターを通して
LANポートからパソコンなどの各コンピューターに接続する仕組みで使用します。

なので、基本的にUSBケーブルでリムーバブルディスクとして接続することはできません。

また、リンクステーションには『XFS』という高性能ジャーナリングファイルシステムが採用されています。

そのためXFSのフォーマットに対応されていないWindowsやmacOS・Mac OS Xでは、
LinkStationからハードディスクを取り出してパソコンに増設しても、
そのままではHDDのデバイスは認識できても、内部のディレクトリにアクセスする事ができません。

そこで、NASなどパソコン以外の機器にフォーマットされたファイルシステムの形式を
読み込みできる特殊な専門のアプリケーションのセットアップが必要になります。

なるべく正確かつ確実にNASのファイルを修復するには、
プロのデータ復旧サポートセンターに問い合わせて、診断を受けてもらう方がお薦めです。

LinkStationをフォーマットした後にファイルを修復 の続きを読む

LinkStationが故障した時にデータを復旧するには?

パソコン周辺機器メーカーの株式会社バッファロー(BUFFALO)より開発・販売されている、
NASのLinkStation(リンクステーション)の本体が故障してしまい、
内蔵されたハードディスクドライブに保存されたファイルが開けなくなった時に、
内部のデータを復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

LinkStationの製品の一覧

・BUFFALO:ネットワーク対応HDD LinkStation LS-CH1.0TL 1.0TB
・バッファロー:リンクステーション LS410D0201 2TB
・高速モデル NAS:ネットワークHDD LS-V2.0TLJ 2TB
・RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD LS420D0402 4TB
・71.9MB/s 4ベイ搭載 高速ネットワーク対応HDD NAS LS-QV2.0TL/1D 2.0TB
・RAID1対応 静音&省エネ 2ドライブモデル LS-WSX1.0L/R1J 1TB
・リンクステーション クラウドエディション NAS CS-X2.0 2TB

読み込めなくなった内部データを復旧するには?

まず、NAS(ネットワークアタッチストレージ/LAS)のLinkStationは、周辺機器でありハードディスクでもあるため、
デリケートな保存装置で、本体の負荷や衝撃に弱いという難点もあります。

もし急にLinkStationが動かなくなったり、パソコンから読み込めなくなったら、
ひとまずはそれ以上は稼動させないようにします。

また塵や埃がわずかに入るだけでも完全破損する可能性もあるため、くれぐれも分解などはされないようご注意ください。

ひとまず、NAS NAVIGATOR(ナス・ナビゲーター)が開けるようでしたら、
「WEB設定」が展開できて正常にアクセスできるかどうか確認してみます。

リンクステーションが復旧モード(EMモード)などの状態になっていてビジーが掛かっている時には、
「ファームウェア・アップデーター」をBUFFALOの公式ページからパソコンにインストールします。

これをネットワーク上から、ネットワーク接続型の外付け増設ハードディスクである、
LinkStationに使用して更新すると、修復が行えます。

ネットワークに繋がらない場合には、専門のデータ救出サービスに問い合わせて、
LinkStationを出して内部の必要なファイルを取り出してもらうことが、最も確実です。

LinkStationが故障した時にデータを復旧するには? の続きを読む

LinkStationのHDDからデータ取り出しをするには?

BUFFALOより開発・販売されています、ネットワークドライブ(NAS)のデータ記憶装置である、
LinkStation」(リンクステーション)を日々 使用している際に、
ある時、急にエラーの発生やパーツ破損などの原因で故障してしまい、データが読み込みができなくなった場合、
どうすれば中身のハードディスクから大事なデータを取り出しできる?という疑問について。

リンクステーションの主な型番の製品

・【バッファロー】RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD LS-WX4.0TL/R1J 容量:4TB
・【BUFFALO】NAS リンクステーション LS-Y1.0TL 1TB
・LinkStation HDD増設ベイ搭載 3.5/GigabitLAN/Webアクセス LS-QV2.0TL/1D 2TB
・リンクステーション LS220D0202 RAID機能 ネットワーク対応HDD 2TB
・LS210D0101 LinkStation ネットワーク対応ハードディスク 1TB

NAS NavigatorでLinkStationの設定を変更

まず、NAS Navigatorの「WEB設定」か、「IPアドレスの管理画面」がもしまだ開けるようであれば、
そちらにアクセスをされてみてください。

「システム⇒バックアップ」や「共有フォルダー」などの機能で中身のデータをコピーしたり、
すでに作成していたバックアップ分からのファイルの取り出しができるかどうかを、試してみてください。

LinkStationは、「XFS」というファイルシステムを掛けてハードディスクドライブを最初にフォーマットします。

このハードディスクは、デスクトップパソコンやRAIDで使われている、
普通の3.5インチ型のSATA方式と同じドライブ装置で、
リンクステーションの本体カートリッジから取り出しすることもできます。

このHDDをパソコンに接続して読み込みすることも可能なのですが、
多くのPCのオペレーティングシステムでは、「XFS」のフォーマットには標準で対応されていません。

WindowsのエクスプローラーやmacOS/Mac OS XのFinder、UbuntuのUnityでは基本的に、
そのままの状態では、LinkStationで使っていたHDDのデータを開くことができません。

そのため、XFSのファイルシステムからのデータの読み出しができる、
別のアプリケーションソフトウェアが必要になります。

しかし、それでも一般の個人では、
パソコンと異なるファイルシステムのストレージから修復ができる可能性はあまり高くありません。

そのため、基本的にはやはり、プロのデータリカバリーサービスにNASを提出して、見てもらわれることが最も確実です。

LinkStationのHDDからデータ取り出しをするには? の続きを読む

リンクステーションのRAIDから消去したデータを復元

BUFFALOから開発・販売されていますNAS(ネットワークドライブ)の家庭向け製品である、
リンクステーション」(LinkStation)のRAID0やRAID1に対応されている型番の機器で、
「RAIDモード」に設定して運用している際に間違えて必要なファイルを削除してしまったら、
どうすればデータの復旧ができる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダーからデータを復元する方法とは?

まず、LinkStationのディレクトリ上でエクスプローラーなどからファイルを削除すると、
自動的にフォルダーに「ゴミ箱」(trashbox)の特殊フォルダーが作成されます。

リンクステーションの一番上の親ディレクトリに戻って開いてみると、
『そのデータが保存されていたフォルダーと同名のフォルダー』が作成されていて、
ファイルがそちらに移動して保存されています。

これらを選択して開くか元の位置に戻すことで、消去したデータの復旧ができます。

またはWEB設定の画面で、事前に「バックアップ」の機能を有効にしていたら、
一定の時間ごとに上書き・更新の分の保存していたファイルが指定のフォルダーにコピーされていて、
そこから移動して元に戻す形で、失ったデータの復旧ができる可能性もあります。

リンクステーションのRAIDから消去したデータを復元 の続きを読む

LinkStationの故障を修理するには?

「BUFFALO」(株式会社バッファロー)から開発・販売されています
LAN接続型のハードディスクでNAS(ネットワークアタッチストレージ)の製品の一つである、
LinkStation』(リンクステーション)をお使いの際に、ある日 急にエラーや故障が発生して、
正常に使用できなくなったら、どうすれば修理ができる?という疑問について。

LinkStationの主な商品の一覧リスト

・BUFFALO:LinkStation LS-V1.0TLJ ネットワーク対応外付HDD 1TB
・バッファロー:LS420D0402 LinkStation [ネットワークHDD・有線LAN・USB2.0・4TB]
・Windows8.1対応ネットワークHDD [有線LAN・USB2.0・2TB]LinkStation LS210Dシリーズ LS210D0201
・LinkStation 外付けハードディスク LS-QV2.0TL/R5 容量:2TB インターフェース:LAN
・リンクステーション 外付けハードディスク LS220D0602 容量:6TB

エラーのランプや故障の音のサインを確認する

まず、BUFFALO(バッファロー)のリンクステーションの電源を入れた時に、
「FUNCTION」(ファンクション)などのランプが、普段と違う点灯・点滅の仕方をしていたり、
「ピー、ピー、」とエラー音が鳴っていたら、それらのサインの様子から問題の原因を確認していきます。

(詳しくは取扱説明書のマニュアルやヘルプのサポートなどにて。)

お使いのパソコンを開いて、(Windowsの場合は)エクスプローラーから[ネットワーク]を開きます。

LinkStationの共有フォルダーなどが正常に開けなかったら、
パソコンにインストールした『NAS Navigator2』(ナス・ナビゲーター2)の管理ソフトウェアを、
デスクトップかスタート画面のアイコンから開いてみます。

LinkStationの故障を修理するには? の続きを読む