「USBメモリー」のページの案内

『USBメモリー』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

USBメモリー


「USBメモリー」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「USBメモリー」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

USBメモリを差しっぱなしにした時に起こる問題と対処方法

ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)の規格が用いられた、電子データ保存用の補助記憶装置である、
「USBメモリ」(またはUSB flash drive)を日々使用している時に、うっかりパソコンやNAS、オーディオ機器などの、
USBポートに差しっぱなしにしていた場合に起こりうるトラブルと、その対処方法について。

USBメモリの過熱による読み込みの不可から復旧するには?

まず、USBメモリ(またはフラッシュドライブ)は、その製品の種類と接続しているパソコン、
またはコンピューターによっては、ある程度の時間差し込みをしていると、
熱が溜まってメモリーカードが高温になる場合があります。

パソコンなどの機器の電源を長時間付けたまま、うっかり忘れてずっと差し込みをしていて、
過熱した状態から一度USBメモリのコネクタを取り外して、すぐにまた別の機器につなげると、
コンピューターにデバイスが認識されず、一時的に内部のデータが読み込めなくなる場合があります。

その際に、もう一度USBメモリーを取り外して、しばらくの間室内の涼しい場所に置いて、
熱が冷めるのを待ってから、再度接続すると大抵はデータを開き直せて、読み込みが復旧します。

もしノートパソコンごとなくしていて、見つけた後でPC本体の方が破損していた場合は、
それ以上は動かさずに、パソコン修理サポートやデータ復旧サービスに出して、
故障の状態を見てもらわれることをおすすめします。

USBメモリを差しっぱなしにした時に起こる問題と対処方法 の続きを読む






違うパソコンでデバイスが認識しない時に回復するには?

USBメモリや外付けHDD、外付けDVDドライブ、カードリーダー、デジタルカメラといった、
コンピューターに外部から接続するデバイス(device)の機器を、
これまで使っていたスペックの低いパソコンから、スペックの高い新しいパソコンに差し替えた時には、
ハードウェアへのアクセスができなくなる場合があります。

また、Windowsのバージョンが違う別のPC本体や、これまで使っていたPCよりも製品が古く、
スペックも低めのマシンの方に接続を試みたところ、なぜかデバイスが認識されずに
データが読み込みできない場合には、どのようにすれば読み込みを回復することができる?という疑問について。

外部のデバイスに熱が溜まって認識しないケースとは?

まず、MacBook Airなどパソコンの製品によっては、USBメモリなど一部の補助記憶装置を
直接PC本体のUSBポートに長く差し込みしている時、外部デバイスにかなり熱が溜まりやすくなります。

そして、熱を帯びたまますぐに別のパソコンに差し替えると、読み込みができないことがあります。

その場合は、熱を帯びた周辺機器を数十分ほど使用せずに置いて冷ましておきます。

それから再度、同じ、または違うパソコンに接続すると、正常にデバイスが認識して回復する、
といったケースがあります。

また、PC本体が壊れていた場合は、専門のパソコン修理サポートの方で、
故障の状態から直してもらうサービスも実施されています。

違うパソコンでデバイスが認識しない時に回復するには? の続きを読む






USBメモリを接続したらパソコンが再起動する状態から修復

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンのUSBポートに、
USBメモリなどのデータ記憶装置を接続したら、青い背景と白い文字の出るブルースクリーンの画面に移り替わり、
操作ができなくなる場合は、どうすればその状態から修復して読み込みができる?という疑問について。

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と出たら?

まず、USBメモリを繋げたら、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。再起動できます。
停止コード PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA」といったメッセージが表示されて、
正常に操作ができなくなる問題が発生した場合に、修復をする方法について。

ひとまず、パソコンは一旦電源を切って、再起動を試みてください。

別のUSBメモリ、またはUSBケーブルで接続する機器をお持ちであれば、試しにそちらを接続されてみてください。

また、もし別のPC本体をお持ちであれば、そちらにUSBメモリを接続して、
内部のディレクトリとデータファイルが開けるかどうかを試されてみてください。

これで、USBメモリとパソコン本体のどちらに問題があるかがわかります。

ですが、ブルースクリーンが出た時は多くの場合、パソコン本体の方に問題が出ています。

USBメモリを接続したらパソコンが再起動する状態から修復 の続きを読む






USBへのアクセスができず認識しない状態から回復するには?

パソコンをはじめとする電子機器に付いたUSBポートの差込口に接続して使用する、
シリアルバス規格のUniversal Serial Bus(ユニバーサルシリアルバスを用いた機器)の一種である、
「USBデバイス」(またはUSBグッズ・PCアクセサリー)をお使いの際に、
ある時 USBコネクタを差し込みしても正常につながらず、デバイスが認識しないトラブルが出る場合があります。

その際には、どうすれば装置の機能や内部データへの接続の回復ができる?という疑問について。

USBポートの差込口を入れ替えて繋げ直してみる

まず、USBポートの差込口を間違えていないかどうか、
あるいはUSBアクセサリー自体が正常に差し込まれているかどうかを確認します。

USBコネクタにゴミや汚れが付着していたら、それを丁寧に取り除きます。

そして、USBポートが二つ以上あるコンピューターをお使いでしたら、別のUSBポートに差し替えて、
繋げ直してみてください。

蓋が開けづらいといった、ゴミや埃を取り除くのが難しい機器の場合には、
コンピューターの修理サポート店やデータ復旧サービスといった専門事業の方に注文をして、
認識できない状態からの、リカバリーの作業を行ってもらわれることをおすすめします。

USBへのアクセスができず認識しない状態から回復するには? の続きを読む






MacパソコンからUSBメモリのデータを復旧するには?

Apple社にて開発されている、macOS(Mac OS X)のオペレーティングシステムが搭載されたパソコンで、
USBメモリーを使用している際に、間違えてメモリーカードの内部に保存していたデータを
削除してしまった場合には、どうすれば消えたファイルを復旧することができる?という疑問について。

Macパソコンのゴミ箱フォルダーから元に戻す

まずmacOSでは、SONY(ソニー)やI-O DATA(アイオーデータ)といったメーカーから販売されている、
USBメモリーなどの外部のストレージを、USBコネクタに差し込みして接続した際に、
データ記憶装置に保存されたファイルを、Finder(マイファイル)などの画面から削除した場合でも、
そのデータはゴミ箱のソフトウェアの機能に、一度記録されます。

USBメモリをMac Book AirなどのMacパソコンにつけたまま、デスクトップの画面のDuckにある、
ゴミ箱」を開いてみると、多くの場合そちらに対象の消去したファイルが表示されています。

※USBメモリを差し込みしていない状態では、データが表示されず復旧がうまくいきませんのでご注意ください。

コピー&ペーストなどで元のUSBメモリの位置に、またはMacパソコンのHDD/SSDや、
別の外付けHDD、RAID、NAS、個人用サーバといったストレージに移動させて復元できます。

ですが、ゴミ箱にもなくて消えていた場合や、フォーマットで全部消去した場合、
あるいはMacパソコン以外の電子機器から削除の操作をしていた、といった際には、
より確実な方法としましては、プロのデータリカバリーサービスに問い合わせをして、
USBメモリを持ち込みか郵送で出して、消えたファイルを修復してもらわれることを推奨します。

MacパソコンからUSBメモリのデータを復旧するには? の続きを読む

フォーマットしてください。と出て初期化した際のデータの復元

コンピューターで使用される、数々の周辺機器を共通化して接続できるようにする、
USB』(Universal Serial Bus/ユニバーサル・シリアル・バス)の規格が採用されたメモリーカードである、
データ記憶装置の『USBメモリ』を日々パソコンで使用されている際、
WindowsのオペレーティングシステムがインストールされたPCのUSBコネクタに差し込みした時に、

ドライブ△: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?』
といったエラーメッセージが稀に出てくることがあります。

その際には、どのようにすれば初期化したUSBメモリから、必要なデータを復元することができる?という疑問について。

「ディスクのフォーマット」を選択してデータを消去したら?

まず、ディスクのフォーマットの選択画面で、うっかり勢いで『キャンセル』ではなく、
ディスクのフォーマット』という項目を押してしまい、
フラッシュメモリを初期化してすべての保存されていたデータを消去したため、
消えたファイルの復元を後から実践するには?という際の手順について解説していきます。

USBフラッシュメモリ(USB Flash Memory)の規格もHDDやSSD、
他のメモリーカードなどの補助記憶装置と同じく、電子ファイルを書き込む形で保管する仕組みです。

もし、パソコンなどのコンピューターにUSBインターフェースを接続した際に、
『フォーマットしてください』といったメッセージが操作中に表示されて、
その流れのミスでそのままUSBメモリにクイックフォーマットをかけてしまった後でも、
後からまだ拡張子を復旧ができる見込みがあります。

まだフラッシュメモリモジュールの内部のセクタには、画面の表示上で消えているだけで、
保存されている拡張子の痕跡データがそのまま残っている見込みが十分にあります。

ですが、「フォーマットしてください」と表示された時に「はい」と選択すると、
大量のファイルやフォルダーを初期化の工程で丸ごと削除してしまいます。

そのため、できるだけ多くのファイルを復元するには、USBメモリを専門のデータリカバリーサービスに出して、
初期化してしまったデータの復旧の作業を行ってもらうことが、より確実な方法となります。

フォーマットしてください。と出て初期化した際のデータの復元 の続きを読む

USBメモリを別の機器に差し替えて読み込めない時の復旧

パソコンなどの機器で取り扱っているデータを、他のPCやコンピューターの機材で読み取ったり移し替える用途で主に使う、
フラッシュメモリ・モジュールである規格「USBフラッシュメモリ」(USB flash memory)が、
別のパソコンといったコンピューターのUSBコネクタに差し替えた時に、何も反応せず、
中身のファイルが読み込めなくなったらどうすればいい?という場合の、データのアクセスの復旧の仕方について。

読み取りできるUSBの規格かどうかを確認する

まず、移し替えた方のコンピューターが、USBメモリなどの外部接続の補助記憶装置を、
読み取りできる機能が付いている仕様であるかどうかを、再確認してください。

USBメモリの規格が2.0より上位の「USB3.0」など、その製品の種類も正しく対応できて、
正しい種類のUSBポートに正しい向きで差し込みできているかどうかも、チェックされてみてください。

コンピューターの機器のUSBポートはたまに、正しく挿入ができていても、
一時的に読み込みができず、デバイスマネージャーやBIOSでも反応しないこともあります。

ひとまず別の空いているUSBポートがあれば、そちらに差し替えてみてください。

また、例えばWindows(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムで使っている時に、
「ハードウェアの安全な取り外し」の手順を取らずに急にUSBメモリから引き抜いたり、
まだメモリーカードが熱を持ったままの直後にすぐ別のノートパソコンなどに差し込みすると、
一時的にデバイスマネージャーやBIOSに検出されず、反応しないことがあります。

その場合にはUSBメモリをまた引き抜いて、数十分から一時間ほど待って機体を冷やします。

それからまた差し込み直すと今度は反応して、内部のファイルを開けるパターンが多いです。

USBメモリを別の機器に差し替えて読み込めない時の復旧 の続きを読む

USBメモリがパソコンから読み込めなくなった時の復旧

少し前に、パソコンをはじめとするコンピューターで、
データの持ち運びや移し替えといった用途のためにそれまで普通に使っていたUSBメモリが、
ある時、急にまったく読み込めなくなったことがありました。

そんな時には、どのようにすればハードウェアの認識の状態を復旧することができる?という疑問について、解説していきます。

USBメモリが急にパソコンで読み込めなくなるトラブル

まず、急に読み込めなくなるトラブルが出た時、WindowsのOSのデスクトップパソコンの本体の、
USBポートにUSBハブを差し込んで、そのコネクタの一つにUSBメモリを一枚差し込みしていつも通りに、
別のPCに移動するファイルの書き込みに使用していました。

ですが、その時はたまたまUSBハブへの抜き差しを、パソコンの起動中に短時間で何回か繰り返しつつ、
その後USBメモリを長く差しっぱなしにしていて、メモリーカード媒体にだいぶ熱が溜まっている状態でした。

そこから「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」の手順を飛ばして、
うっかり勢いで上書き保存をしてから、その直後にそのまますぐコネクタから抜き取って取り外してしまいました。

それが原因だったためか、別のノートパソコンに差し替えた時に、Windowsのパソコンに一時、
USBメモリがまったく反応しない状態になり、しばらくデータが読み込めなくなりました。

USBメモリがパソコンから読み込めなくなった時の復旧 の続きを読む

フォーマットで削除したUSBメモリのデータを復旧するには?

コンピューターにUSBコネクタから接続をして、電子データの読み込みや書き換えができる、
USBフラッシュ・メモリ』(USB Flash memory)を使用している最中に、
誤ってメモリーカードの「フォーマット」を実行してファイルやフォルダーをすべて削除してしまった場合は、
どうすれば初期化の動作で消えたデータを復旧することができる?という疑問について。

クイックフォーマットの選択で「はい」を押した時は?

まず、何かのアプリケーションソフトウェアや補助記憶装置のバックアップ機能などの設定中に、
パソコンで読み込んで認識させているドライブのアルファベット記号を、
間違えて選択してデータをすべて消去してしまった、というミスがよく起こります。

または、デバイスのエラーや破損のトラブルが発生してUSBメモリが急に使えなくなり、仕方なく一回、
クイックフォーマット(初期化)を行なった、といった場合に、書き込んでいた大事なファイルを、
後から復元させてもらうことはできる?という疑問について解説していきます。

USBメモリに、誤ってクイックフォーマットをかける選択で、うっかり「はい」を押してしまったり、
ディスク管理などの画面で間違えて初期化して、すべてのデータの削除の操作を行ってしまっても、
抹消した直後の時点なら、また完全になくなったわけではありません。

100%の状態で残っているとは限らないのですが、まだ前に書き込まれた、
拡張子のプログラムの「痕跡」の電子データは、消えていない状態です。

ハードディスクやSSD上でゴミ箱から間違えて削除してしまったファイルと同じく、USBメモリからも、
フォーマットした後でデータの痕跡を読み取って検出する方法や、専門のサービスで復旧することができます。

フォーマットで削除したUSBメモリのデータを復旧するには? の続きを読む

USBメモリが割れて破損した時に壊れた状態から復旧するには?

以前に、手持ちのUSBメモリ(USB memory stick)のうちの1枚で、
ケースの一部が外れるように割れて、取れてしまったことがありました。

そのような時には、どのような故障の対処をして、それ以上壊れるのを防いだり、
また、どうすれば内部のデータファイルを復旧(restitution)できる?という疑問について。

USBメモリのどこかが割れていた時は?

まず、「フラッシュメモリチップ」や「USBコントローラ」などの重要な内部回路は、
主にプラスチックとスチールのケースに包まれていて、
USBコネクタの部分は取り外しできるキャップに包まれて衝撃や異物から保護されています。

もちろんUSBメモリはある程度頑丈にできているので、ちょっとやそっとの衝撃では、
割れたり折れたりで壊れたりはしないくらい丈夫で、データ持ち運びの時も安全です。

しかし今回の例でのUSBメモリは、前にうっかり洗濯機の中に衣類と一緒に、
気づかず入れてしまい、長時間、水没させてしまったことがありました。

USBメモリが割れて破損した時に壊れた状態から復旧するには? の続きを読む

USBメモリが洗濯機に水没した時に復旧するには?

以前、データの外部持ち出し用として使っていた「USBメモリ」(USB flash drive)の一枚を、
うっかりズボンのポケットに入れたまま洗濯乾燥機にそのまま入れて、
完全に衣類ごと水没させたまま、長時間運転させてしまったことがありました。

USBメモリをポケットに含んだまま洗濯機に入れるミス

普段、USBフラッシュメモリを外へ持ち歩く時はカバンの中や財布のポケット、
またはノートパソコンのビジネスバッグ(カバーケース)などに入れて運んでいます。

ですが その時はたまたま無意識的にUSBメモリをズボンのポケットに入れていて、
うっかり気づかずに、帰宅後に洗濯機の中へそのまま放り込んでしまいました。

そして1時間ほどの間、他の衣服や洗剤の入った水の中に、
水濡れどころか完全に水没させたまま、長時間ガタゴトと回転させていたので、
さすがに後で気づいた時には、これはもう破損したかもしれない、と思いました。

USBメモリが手元からなくなっていることに気付いたのは、すでに洗濯が終わって止まっている時だったのですが、
後でUSBメモリをズボンに入れっぱなしだったことに気が付いて、その時はまずいミスをやってしまったと思いました。

そのUSBメモリは、ELECOM(エレコム)製の製品で外への持ち出し用として使っているために、
中身の記録ファイルはよく読み込むので、バックアップは頻繁に取っていました。

しかし最も新しい数日分のデータは、まだUSBメモリからバックアップしていなかったため、
もし水没で故障していたら、復旧がうまくいかずに作業のやり直しになってしまうかと思いました。

なお、もし故障して開けなくなっても、コンピューター機器のサポートとして営業されています、
データ復旧サービスにて、壊れた機器の検査とファイルの抽出の措置を行ってもらうことができます。

USBメモリが洗濯機に水没した時に復旧するには? の続きを読む

USBメモリからデータが消えた場合の原因と復旧の方法

「USBフラッシュ・メモリ」(USB flash memory)は、
パソコンなどで差し込みするコネクタ(差込口)がUSBの形状のメモリーカードです。

そのため、カードリーダーや専用のアダプターを中継せずに、
直接パソコンなどのUSBコネクタのあるコンピューターに接続して使えます。

容量も現在32GB、64GB、128GB、また1TBと大きめの規格が登場して、また小型で持ち運びも簡単で
非常に使いやすいので最も普及したメモリーカード媒体として幅広い用途で一般的に使われています。

ですが、もしある時にUSBメモリからデータが消えた場合、
その原因と復旧の方法にはどういったものがある?という疑問について。

USBで接続する装置からファイルが消失するアクシデントとは?

まず、USBメモリは一時的なデータ記録装置として向いている媒体です。

重要なファイルを長期的に保存するのには、あまり向いていない面もあります。

たとえば、しばらくUSBメモリを通電せずに放置したら電子抜けによって保存していたファイルが消えたり、
購入してあまり時間が経っていなくても壊れた、というトラブルが起きる可能性も高いです。

しばらく読み込みをせずに放置していたらある日 急に中身のデータが消える、
といったアクシデントが出てしまった場合、機器の状態によってのさまざまな原因があります。

また、USBメモリは補助記憶装置の中でも故障しやすく、一度壊れてしまうと、
もう一度開ける見込みは低いため、バックアップの分がない時は、
物理障害に対応されたデータ復旧サービスセンターにて、見てもらわれることを推奨します。

USBメモリからデータが消えた場合の原因と復旧の方法 の続きを読む

USBメモリを紛失した時の探し方は?

USBフラッシュ・メモリ(USB frash memory)は、
小型で数百MB~数TBの大容量のデータを保存できる便利なメモリーカードです。

外への持ち運びや、室内の別のコンピューターへのファイルの移動による使用などにも役立ちます。

ですが、もしある時、USBメモリをいつの間にか見失ってなくした時は、
どのように探せばいい? または失ったデータを復旧するにはどのように対処をすればいい?という疑問について。

USBコネクタに差しっぱなしにしていた可能性

まず、USBメモリをパソコン本体や、コピー機といった機械のUSBコネクタに接続していたまま忘れていた、
ということがよくあります。

この際、長時間、製品の相性があまりよくない外部のPC本体に長時間差していて、
過熱などで壊れてしまったり、あるいはお手持ちのノートパソコンのUSBポートに差したままで、
鞄に入れたり持ち運びの際の移動中の衝撃でUSBメモリが折れて破損してしまうおそれもあります。

USBポート(Universal Serial Busの差込口)に差しっぱなしにしていた後で、探して見つかった時に、
もしストレージの回路が故障していてデバイスが認識しなくなっていた際には、
専門のデータリカバリーサービスに出して、ファイルの救出をしてもらうことをおすすめします。

USBメモリを紛失した時の探し方は? の続きを読む

USBメモリが故障して反応しない状態から復元するには?

データ保存用のメモリーカードであるUSBメモリ(Universal Serial Bus)が故障してしまい、
パソコンのUSBコネクタに接続してもデバイスマネージャーに反応しなくなった時は、
どのような問題が原因で、どうすれば認識しない状態から復元することができる?という疑問について。

メモリーカードの回路が破損していたら?

まず、USBメモリ(USB memory card)に書き込みしていたファイルのみが、
間違った削除の操作で消去された状態、または拡張子が一部破損している状態でしたら、
まだ改めて他のデータを上書き保存したり、ファイルの復元をするなどして使い直すことが可能です。

しかし、上記のような原因でメモリーカードの本体が物理的にクラッシュしていると、
残念ながら故障しているUSBメモリそのものを直すことは大変難しく、
もし修理が可能な場合でも、ある程度の修復のための費用が掛かります。

特に、ケースにヒビが入ったりしてメモリの回路が外気に長く触れてしまうと小さなゴミやケースの破片、
湿気などが侵入して重度の物理障害が出てしまい、パソコンで完全に反応しない可能性が高いです。

USBメモリが故障して反応しない状態から復元するには? の続きを読む

USBメモリでパソコンをリカバリーする方法とは?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)やmacOSといったオペレーティングシステムが、
ある時 破損してしまい、パソコンが正常に立ち上げできなくなった場合に、
USBメモリ(USB flash drive)に書き込みしたシステム修復用のプログラムを立ち上げて、
コンピューターのリカバリーをする方法とは?という疑問について。

USBメモリでパソコンを修復するには?

まず、デスクトップパソコンや液晶一体型のパソコン、ノートPC、サーバーといった機器の、
オペレーティング・システム(基本ソフト)が重度の不具合を出して動かなくなった場合には、
OSのリカバリー用のプログラムを使って再セットアップをすることで、大抵は直すことができます。

アプリケーションソフトウェアのプログラムは、ハードディスクやSSDのパーティションに
インストールをしなくても、USBメモリからでも起動できるものも元々多く存在しています。

そしてOSのリカバリーディスクといった分野においても可能で、
このプログラムの読み出しの方法を『USBブート』と呼びます。

また、パソコン関連の修理サポートでPC本体の修復をしてもらったり、
データ復元のサービスで、壊れたHDDやUSBメモリからのファイルの取り出しの作業を代行してもらうこともできます。

USBメモリでパソコンをリカバリーする方法とは? の続きを読む

USBフラッシュドライブの壊れたデータファイルを修復

USBフラッシュドライブに保存していたデータを間違えて削除したり、エラーで破損してしまい、
ソフトウェアから拡張子の展開ができなくなった場合に、対象のUSBメモリといった装置を
パソコンのコネクタに読み込んで、開かないファイルの修復を試みるには?という疑問について。

UFDのストレージのファイルが壊れて開けない時は?

まず、パソコンからUSBメモリを、またはその逆から、
ファイルの拡張子やフォルダーをコピーしたり上書き保存する際、普通はそのまま問題なく書き込みが完了します。

ですが、まれに大容量のデータを一度にUSBフラッシュドライブ(UFD)に転送したりする場合、
あとで開こうとしたら、「ファイルが壊れていて開けない」ということがあります。

アイコンに合わせてプロパティを見ると0バイトになっている場合や、
エクスプローラから『応答なし』となって展開できないパターン、
または読み込みの途中でソフトウェアが強制終了してしまう場合などが出てきます。

USBメモリは、読み込みができなくなっただけでしたら、まだ壊れてはいなかったり、
または内部のメモリチップにあるデータ自体はそのまま残っていて、
付け直しで内部のファイルへのアクセスを修復する方法や、専門のサービスで復旧できる見込みがあります。

USBフラッシュドライブの壊れたデータファイルを修復 の続きを読む

USBメモリの差し替えでデータが開かない時の復旧方法は?

USBメモリ(USB memory)を、複数のパソコン同士でデータを差し替えしながら使っている際に、
たまによくわからない状況で一部のデータやソフトウェアが開かなくなったり動かない場合、
考えられそうな原因と復旧の方法にはどういったものがある?という疑問について。

エラーや読み込み不可の設定で開かない場合とは?

まず、USBコネクタをパソコンの別のポートに差し替えてみてください。

また、コネクタにゴミや埃が挟まっていないか、見て確かめてみます。

MacBook Airなどに差し込んでいる時は、USBメモリが高熱を帯びて、
しばらく置いて冷まさないとデータが開かない場合もあります。

近年のUSBメモリは、32GB、64GB、GB、1TB~と大容量で安い製品が標準で販売されています。

ですがその分、一度に書き込みやコピーペースト、移し変えなどの作業が出来る量も多くなっていきます。

たまにその一部のデータがエラーや読み込み不可の設定などで正常に書き込まれず、
警告メッセージを非表示にしていたり、気づかなかった、というケースも起こりえます。

USBメモリからファイルを誤って削除されていてだいぶ時間が経っている時は、
プロのデータ復旧サポートセンターに出して、修復の作業を行ってもらわれることをおすすめします。

USBメモリの差し替えでデータが開かない時の復旧方法は? の続きを読む

USBメモリのデータがパソコンで開けなくなるトラブルとは?

パソコンのハードディスクドライブやSSDに保存されたファイルの拡張子を、
別の外付けの補助記憶装置(オーグジュアリ・メモリー)にコピーする際に、
USBメモリーに書き込みする際の、PCで使うストレージのデータの安全性はどれくらい?
また、内部のデータが開けなくなるトラブルとは?という疑問について。

USBメモリが読み込みできないトラブルとは?

まず、パソコンなどでファイルのコピー・バックアップ・書き込みに使うデータ保存媒体の一つである、
USBフラッシュメモリ(FLASH MEMORY)は、以前は256MBや512MBと、
最大容量の低い製品が標準的で価格もその値段でした。

ですが、近年のフラッシュメモリは16GB・32GB・64GB・128GB・1TB~と、
容量の高い製品が1000円〜数千円と、お手頃な金額で販売されています。

なので、誰でも安価でお手軽に容量の高いメモリーカードを扱えるようになりました。

しかし、誤ってUSBフラッシュメモリを固い床に落としてしまったり、経年劣化によって壊れた場合、
PCのUSBポートに接続しても開かなくなり、フォルダーやOSの読み込みや、
データのコピーができなくなるトラブルが起こることが多いです。

もし、まだ故障したUSBメモリの中に必要なファイルがあってバックアップが出来ていなかった時には、
プロのデータリカバリーサービスに注文をして、見てもらわれることを推奨します。

USBメモリのデータがパソコンで開けなくなるトラブルとは? の続きを読む

USBメモリの故障によるデータの喪失を防止するには?

USBのフラッシュメモリーといった補助記憶装置(Computer data storage)で、
故障や読み込み不可のエラーなどの問題が起きたり、USBメモリに保存された、
データファイルを喪失するトラブルをある程度防止するには、どのように対処をすればいい?という疑問について。

USBメモリが圧迫や強打で破損するケースとは?

まず、USBメモリは外面が透明のプラスチック製であるものが多く、強い圧迫などの衝撃を受けると、
プラスチック部分が割れて内部の剥き出しなICチップ部分に傷が付いてしまう危険が高まります。

また、埃や水分などの異物に触れてデータの損壊が起きてしまう可能性もあります。

ほかにも、使用後のキャップの取り付け忘れにより差込口に異物が挟まってしまうおそれもあります。

特に持ち運びの際には、うっかり押し潰して故障させてしまうといった、
データの喪失のトラブルを招いてしまわれないように、ストレージの保管の方法には十分にお気をつけください。

USBメモリの故障によるデータの喪失を防止するには? の続きを読む

USBのデバイスが認識しない時に復旧する方法とは?

USBドライバ(USB Driver)とは、インストールしたパソコンに付属の卓上ホルダとUSBケーブルを接続して、
データ通信などを行うためのドライバーの機能です。

しかし、パソコンなどで正常に認識しないために使用ができない場合は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

USB Driverがインストール時に読み込めなかったら?

まず、USBドライバは、たとえばDVDのディスクからインストールする時に、
システムエラーにより『unspecified error』というメッセージが表示されて、
デバイスで認識できない、またはアンインストールができない、といったトラブルの事例もあります。

あるいはHDDの故障やデータの破損が起きたために、再セットアップ後にデバイスドライバを再インストールしてみたら、
今度はなぜか、WindowsやMacのパソコンからポータブルデバイスが認識されなかった、というケースもあります。

まずは一度、プリンター、スキャナー、RAID、USBメモリ、カードリーダーなどの、
対象の電子機器の製品に付属された『インストールマニュアル』をご参照ください。

WindowsのパソコンでUSBデバイスドライバをチェックする場合は、
スタートメニューやデスクトップから、コントロールパネル→『デバイスマネージャー』、
または『プログラムの機能(プログラムの追加と削除)』を開きます。

「ポータブルデバイス」などの項目に表示されています、USBメモリなどのドライブ装置を、
右クリックによる操作で、アンインストール(削除)を実行されてみてください。

(Windows 11や10、8/8.1の場合は「プログラムの機能」からアンインストール、
 macOS・Mac OS Xの場合はゴミ箱へアイコンをスクロールして消去します。)

そして、もう一度接続の手順を行って、認識されない状態から復旧できるかどうかを確認します。

所持されているパソコンが一台のみで、ほかに試せる手順がない、という際には、
専門のパソコン修理サポート店やデータ復旧サービスに依頼をして、デバイスの認識などの検査やリカバリーを行ってもらうこともできます。

USBのデバイスが認識しない時に復旧する方法とは? の続きを読む

USBメモリーが接続できない、デバイスが認識しない時は?

お使いのUSBメモリーをパソコンのUSBポートに差し込んで、
保管していたデータを読み取ってデスクトップの画面上で開こうとしたら、
「内部データが読み込めず、マイ コンピュータの画面でもアイコンが表示されない」
という状態になってしまった時、復旧する方法やサービスはある?という疑問について。

USBメモリが正しく差し込まれているかどうかを確認

まず、最初に「USB」(Universal Serial Bus/ユニバーサル・シリアル・バス)の端子に、
接続面での不具合が出ていて、USBメモリが認識しない可能性があります。

ひとまず、基本的な確認として、しっかりとUSBポートの正しい位置に、
コネクタが差し込まれているかどうかを、確かめてみてください。

埃やゴミが付着していたら、できるだけ丁寧にそれを取り除きます。

もしこの時点で、すでにUSBメモリの端子が割れていたりして物理的に壊れていたら、
すぐにそれ以上の接続と使用を控えて、専門のデータ復旧サービスセンターの方に出して、
破損した状態の診断と、内部のデータの救出の作業を行ってもらってください。

USBメモリーが接続できない、デバイスが認識しない時は? の続きを読む

USBメモリのデータを復旧するには?

小型サイズでデータの書き換えが自由にできるメモリーカードの、
『USBメモリ』(USBフラッシュメモリーカード/Universal Serial Bus flash memory card)から、
誤った削除の操作や、初期化(フォーマット/data formatting)でファイルを消去してしまったら、
どのようにすればデータを復元できる?といったトラブルの、リカバリーでの解決方法について。

また、パソコンなどのUSBポートに差し込みをしたら、デバイスが正常に認識しないために開けなくなった場合に、
必要なデータをどうすれば復旧できる?という疑問について。

USBメモリが故障してしまうトラブル

まず、デスクトップパソコンやノートPCのコネクタに差し込みして使う、USBメモリ(USB flash drive)は、
補助記憶装置の中では比較的小型のストレージで、値段も安く、手軽に持ち運べる便利な補助記憶装置です。

しかし運用する際に起こる、故障のリスクも低いというわけではなく、機材としては小さくともカバーケースが薄く、
持ち歩きの機会が多いと破損しやすく、紛失によるデータの喪失も起こりやすい、といったいくつかの短所もあります。

USBメモリで、もし必要なデータが入っていたまま外付けHDDやクラウドストレージへの、
バックアップをされていない状態で故障してしまうと、内部のファイルが開けなくなる場合があります。

ClipDriveといった小型のUSBメモリは、持ち歩きなどに非常に便利な、パソコンなどで使用するデータ記憶装置ですが、
衝撃などのショックで割れてしまったり内部のデータが飛んでしまう危険もあります。

ですが、個人で読み込みを修復する方法や、またファイルを取り出しして復旧してもらえるサービスもあります。

USBメモリのデータを復旧するには? の続きを読む

「ディスクはフォーマットされていません」と表示されたら?

Windows(ウィンドウズ)のパソコンで、「ドキュメント」(マイドキュメント)などのフォルダーや、
外付けハードディスクにUSBメモリのデータをコピーしたりする際に、
「データを紛失しました」というような、メッセージが出るトラブルが発生することがあります。

たとえば、USBメモリを一旦取り外し再度接続すると、
「ドライブ~のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」
というエラーメッセージが出た場合、USBメモリ内のデータ復旧をすることは可能?というご質問について。

「今すぐフォーマットしますか?」で「いいえ」を選択

まず、大切なUSBメモリを「今すぐフォーマットしますか?」の選択で「はい」を押してしまうと、
完全に初期化されて保存したすべてのデータが消えてしまいます。

なので、「ディスクはフォーマットされていません」といった表示がされたら、
必ず「いいえ」を押して、キャンセルしてください。

一時的なOSの誤作動により、読み込みのミスが発生していて、
パソコンやUSBメモリ自体には、それほど深刻な問題は起きていない場合が多いです。

一度パソコン本体のコネクタから取り外して、少しUSBメモリを置いて冷ましてからOSを再起動するか、
別のパソコン本体の方に差し替えてみてください。

プラグの部分にゴミや汚れが詰まっていたら丁寧に取り除きます。

「ディスクはフォーマットされていません」と表示されたら? の続きを読む

USBの機器が読み込みできない時に接続を修復するには?

パソコンのUSBポート(差込口)から接続して使用する、
Universal Serial Bus(ユニバーサルシリアルバス)の機器には、データ保存装置やマウスをはじめ、
数多くのリムーバブルディスクがあり、パソコンには欠かせない重要な機器でもあります。

そんな普段使用しているUniversal Serial Busの機器が、ある時、読み込みできなくなったら、
それらの接続を復旧する方法やサービスには、どのようなものがある?という疑問について。

USBの電子機器が読み込みできなくなったら?

まず、主なUSB接続の機器には、マウスやキーボードをはじめとして、USBハブ、スピーカー、プリンター、
ほか、イメージスキャナまたは複合機、デジタルカメラ、デジタルフォトフレーム、Webカメラ、チューナー、
音響機器や延長ケーブル、コントローラー、SDカードなどを読み込むカードリーダー/ライターといった機材が販売されています。

そして、データ記憶装置の外付けRAIDのケースや、外付けHDD、USBメモリ、DVDドライブなどがあります。

これらのUSBの機器はすべて、コントロールパネルにあるデバイスマネージャーに、
正常に認識されることによって使用することができます。

しかし場合によっては、稀に不明なデバイスと扱われたり、またはUSBの読み込みが出来ずに、
パソコンで使うことができない、というトラブルが発生してしまいます。

ファイルの補助記憶装置が認識できない時には、プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、
内部のデータを取り出しして別の機器に移し替える形で、救出してもらうことを推奨します。

USBの機器が読み込みできない時に接続を修復するには? の続きを読む

USBメモリのデバイスが認識しない時に修復するには?

パソコンなどで使用する外部のデータ記憶装置の、USBメモリ(Universal Serial Bus frash memory)を日々お使いの際に、
コンピューターにデバイスが認識しなくなり、内部に保存したデータファイルが開けなくなった場合は、
どうすれば補助記憶媒体から拡張子の読み込みを修復することができる?という疑問について。

USBメモリのデバイスがパソコンで認識しない状態とは?

まず、PC本体を立ち上げてデスクトップの画面が起動した後に、USBコネクタにUSBメモリを挿入すれば、
通常は接続音が鳴り、そのまま自動認識されて『リムーバブル ディスク(E:)』という具合にバルーンが出てきます。

アイコン一覧の下にある、黄色いマークの「フォルダーを開いてファイルを表示する」をダブルクリックすると、
USBメモリのディレクトリとデータファイルの一覧が開けます。

ですが稀に、USBポートに端子を差し込んでも何も表示されなかったり、音が出なかったり、
USBデバイスが認識されません』というエラーメッセージが表示されて、
エクスプローラーの「PC」(マイコンピューター)でも認識しない状態になる場合があります。

そんな時には、まずUSBポートの差し替えをすると、デバイスの認識ができて開ける場合が多いです。

USBコネクタにメモリーカードを差し込んで接続してから、ファイルやフォルダーなどの電子データを、
パソコンから書き込んでバックアップや移動のために保存する、USBフラッシュデバイスの規格は、
製品によっては長時間の使用で高熱を帯びると、一時的に認識しなくなる場合があります。

その時は、USBメモリを少し置いて冷ましてからもう一度付け直すと、
今度はデバイスが正常に認識されて、データが開けることもあります。

USBメモリのデバイスが認識しない時に修復するには? の続きを読む

USBメモリの故障を修理するには?

現在で最も普及しているデータ補助記憶装置の一つである、
USBメモリ』(ユーエスビー・フラッシュメモリのカード媒体)を使用している時に、
急に読み込めなくなり機器が故障したと思われる場合は、修理することはできる?と思われる場合の対処法について。

USBフラッシュメモリの損傷の事例

・ポケットに入れていたら、知らずに圧迫して押し潰してしまった。

・メモリーカードを足で踏みつけてしまい、割れてしまった。

・USBコネクタに差し込みしている時に、引っ掛けて先端を折ってしまった。

・洗面器や水溜りの中に入っていて、水濡れ・水没した。

・高電圧がかかり、機材がショートした。

・窓を開けていたら大雨や飛沫がかかっていて、水に濡れていた。

・数ヶ月、USBメモリを数年使っていないうちに、故障してデバイスに認識されなくなった。

・土や埃、ごみが差込口に詰まって、読み込めなくなった。

・数千回、数万回と書き込んでいくうちに、経年劣化で製品の寿命が来た。

まず、USBメモリそのものは、内部の基板が破損していなければ、まだ保存されたデータは問題なく残っているので、
簡易的な方法での読み込み直しを試したり、専用のサービスでの修復をしてもらうことができます。

USBメモリの故障を修理するには? の続きを読む

USBメモリが破損した時にデータを復旧するには?

USBメモリを、うっかりパソコンの本体や外部のカードリーダーといった読み取り装置のUSBポートに、
長時間差し込みっぱなしにして忘れてしまった際に、もう一度使おうとしたら、
データの読み込み不可のエラーや破損のトラブルが起こってしまった時に、
データの読み取りの復旧を施すにはどのように操作をすればいい?という疑問について。

USBメモリが高温、低音、水気で破損する場合とは?

まず、USBメモリは持ち運びが簡単にできる一方で、移動中に強い衝撃を受けて割れてしまったり、
高温、低音、湿気にさらされてしまう、水をかぶってしまう、あるいは間違えて、
消去やフォーマットをしてしまった、という予期せぬアクシデントに見舞われてしまう可能性もあります。

ノートパソコンなどでの差し込み中に強い圧迫や水没による損壊が起きてしまうと、
USBポートやカードリーダーに接続した時に読み込みができず、デバイスマネージャーに認識できなくなることがあります。

そして、水気を受けたり基板が割れてしまうような破損が出た場合は、修理も難しくなってしまいます。

しかし内部の記憶部分(メモリチップ)がまだ破損していなくて無事である例は多いので、そのまま棄てずに、
一度、専門のデータ復旧サービスセンターにて修復の作業をしてもらわれることを推奨します。

USBメモリが破損した時にデータを復旧するには? の続きを読む