「サーバーダウンの復帰」のページの案内

『サーバーダウンの復帰』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

ファイルサーバー・NAS


「サーバーダウンの復帰」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「サーバーダウンの復帰」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

閉鎖したホームページのサーバからデータを復旧するには?

インターネット上には、ホームページ、ウェブログ、掲示板などのページが数多くあります。

これらを運営する中で、管理者の方々の事情や会社の業績の流れ、サービスの変更、
ウェブページ上のサービスの終了、またサイトアドレスの移転、といった理由により、
いつかは閉鎖をされてしまう場合もまた多くなります。

ご自身で管理されているホームページやウェブログ、掲示板、Wiki、アンケートなどのウェブページを、
ある時に何かの事情で閉鎖した際に、うっかりレンタルサーバにアップロードしていたサイトの中のデータを、
一通りバックアップするのを忘れていた、というミスも、また時折起こりえます。

あるいは、よくアクセスして閲覧していたSNSやポータルサイトといったサービスが終了した時に、
必要なウェブ上のデータがまだ残っていた場合、復旧をするにはどのようにすればいい?という疑問について。

ファイルマネージャーにログインできるかどうかを確認

まず、ご自身で運営されていたホームページがなくなってしまった場合について。

ウェブページそのものは閉鎖しても、レンタルサーバで契約したユーザーアカウント自体がまだ残っていれば、
ホームページを管理する「ファイルマネージャー」(File Manager)に、ひと通りのデータが残っている見込みがあります。

データの削除の操作などを特にしていなければ、ログインして入るレンタルサーバやブログサービスの管理画面から、
「ファイルマネージャー」や「コンテンツの一覧」を開いて、作成されているフォルダーの一覧を開きます。

必要なHTMLやPHP、CSS、テキスト、画像などのファイルが見つかりましたら、そちらをバックアップします。

またはコピー&ペーストなどで、パソコン上、または外付けハードディスクドライブやRAID、NAS、DVD-Rなどに、
データを保存してバックアップをされてみてください。

またはエクスポート(Export)やインポート(Import)のツールなどがあれば、
サービス先の機能を使って、一括でデータを保存したり復旧をする手法もあります。

閉鎖したホームページのサーバからデータを復旧するには? の続きを読む






インターネット上のHTMLページのデータは復元できる?

インターネット上にある通常のウェブページを構成するマークアップ言語の、
「Hyper Text Markup Language」(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)で
作成された「HTMLページ」が、いつの間にかネットワーク上から消えてしまったり、
誤って自身で管理しているページを削除した場合には、後から復元することはできる?という疑問について。

キャッシュページからのファイルの救出

まず、インターネット上に公開されているHTML(マークアップ言語)のウェブページでしたら、
大手の検索エンジンに「キャッシュページ」がまだ残っているかどうかを確認します。

Google(グーグル)の検索結果ページでチェックをする場合には、そのページのURLを検索窓に入力します。

緑色のURLの文字の右横にある、▼マークをクリックすると、「キャッシュ」という項目が表示されますので、
そちらを開くと、過去ログのキャッシュページが表示されます。

こちらのページで、上部の解説または右クリックで出る「ソースの表示」でHTMLソースを開きます。

そして全文を選択して、テキストエディタかホームページ作成ソフトのシートなどに、
コピーペーストしてから、「.html」の拡張子で、ファイルとして保存ができます。

または、「Ctrlキー」+「Sキー」でページのhtmlをパソコン上のフォルダーに保存して、
データのバックアップによる復元ができます。

また、以前にインターネット上のデータのバックアップ関連のサポートに登録されていましたら、
そちらのサービスも忘れないように、チェックをされてみてください。

インターネット上のHTMLページのデータは復元できる? の続きを読む






ホスティングサーバから失ったデータは復旧できる?

ネットワークを通して複数のユーザーが使用する「ホスティングサーバ」
(hostingserver/またはレンタルサーバ、ウェブサーバ)のファイルマネージャーといった
ディレクトリにデータファイルを保存していた際、誤ってフォルダーから削除したり、
サービスの終了などでデータを失ったら、後で復旧することはできる?という疑問について。

ゴミ箱ツールにファイルが移行しているかどうかを確認

まず、ホスティングサーバのWEBサービスから提供されています機能の中で、
誤ってフォルダーから必要なファイルを消去してしまった、という場合に復旧をする手法について。

ひとまず、そのサービスに「ゴミ箱」のツールが設置されているかどうかを確認してください。

たとえばメールサーバの場合は、インターネットに契約したプロバイダの提供するウェブメールと同じく、
アカウントの取得で使える電子メールのWEBサービスでも、ゴミ箱のフォルダーが設置されています。

なお、通常の受信箱ではなく「迷惑メール」や「その他」のフォルダーに受信メールが届いている場合があります。

またゴミ箱フォルダーのメールのサービスでは、30日ほど経つと自動的に削除される仕様であるため、
チェックもれがないようにご注意ください。

ホスティングサーバから失ったデータは復旧できる? の続きを読む






ファイルサーバーから削除したデータは復元できる?

LANやWANといったネットワークを通して、複数のパソコンなどのコンピューターのマシンで、
共有してストレージを使用できるファイルサーバー(file server)を使っている際に、
誤って必要なデータをフォルダーから削除した場合に、後から復元することはできる?という疑問について。

ファイルサーバの製品の一覧

・ロジテック:WSS2008R2搭載Cube型RAID5 NAS 4ドライブ 2TB
・QNAP:2-bay NAS ARM Quad-core 1.4GHz 1GB DDR4 RAM 3.5 SATA HDDs 1xUSB3.0 2xUSB2.0 1x GbE LAN (TS-228A-US)
・NETGEAR Inc.:ReadyNAS NVX iSCSI対応 4HDD 8TBモデル RNDX4420-100AJS
・Turbo:NAS TS-859U-RP+
・Synology:RackStation RS2416RP+ クアッドコアCPU 冗長電源搭載12ベイNAS
・BUFFALO:テラステーション WSS R2 SE搭載 6ドライブ NAS 12TB WS5600DN1206S2
・アイオーデータ機器:WDRed搭載RAID6 NW接続HDD LANDISK XVW2.0T
・Thecus:3ベイ エントリーNASキット N3200PRO

ゴミ箱機能からファイルを復元

最初に、HDD(Hard Disk Drive)に保存されているファイルやフォルダーを誤って削除した場合について。

まず、対象のファイルサーバーにWindowsやmacOSのパソコンで言う、
「ゴミ箱」に当たる予備の機能が備わってるかどうかを確かめてください。

サービスで導入されているサーバのシステムの設定と仕様次第となるのですが、
例えばLinux系のマシンにある「.recycle」といったフォルダーがあれば、
そちらを開くと、削除したファイルが移動されています。

そちらにあるファイルを選択して、「元に戻す」といった操作をするかコピー&ペーストで復元します。

一定期間が過ぎると、自動的にゴミ箱(trash box)から消去される設定になっている、
または管理側の運営で消去されていく可能性もあるため、早めにデータを戻されることをおすすめします。

ファイルサーバー(File Server)やNAS(ネットワークアタッチドストレージ)は、
パソコンとファイルシステムが違うなどの理由もあり、
個人で内部のデータを復旧するのが難しくなるコンピューターの装置でもあります。

そのため重度の問題が発生した時は、基本的に専門事業のデータ復旧センターに出して、
検査とサルベージの作業を行ってもらわれることが一番確実です。

ファイルサーバーから削除したデータは復元できる? の続きを読む






ファイルサーバの共有フォルダーにアクセスできない時は?

自宅もしくは自社内で運用されている、NASなどのファイルサーバ(file server)を使用する際、
複数のパソコンなどで開く共有フォルダーにアクセスできない状態になった場合には、
何が原因で、どのように対処すれば回復することができる?という疑問について。

主なファイルサーバの製品の一覧

・富士通:PRIMERGY RX1330 M1 16GB 4TB x4 (E3-1231v3/1U) WSS2012R2 STD
・Synology:RackStation RS18016xs+ クアッドコアXeon搭載 RS18016xs+
・BUFFALO:テラステーション WSS Windows Storage Server R2 NAS 24TB WS5600DN2406S2
・NETGEAR Inc. :ReadyNAS Pro iSCSI対応 12TBモデル RNDP6620-100AJS
・QNAP:Turbo NAS TS-869U-RP

サーバとルーターの電源が付いているかどうかを確認

まず、基本的なチェックの点として、ファイルサーバ本体の電源が付いているかどうかを確認してください。

停電やブレイカーの遮断で電気の供給が急に止まると、データの喪失や故障の原因にもつながります。

そのため、無停電電源装置(UPS)を購入して、電源コードとの間に中継をされることをおすすめします。

サーバの本体がかなり過熱していたら、ルーム内での涼しく日の当たらない所に移動したり、
周囲に物を隣接して置かずにスペースを空ける、夏場はエアコンを付ける、窓を開けておく、などの措置を推奨します。

次に、無線LANルーターの電源が付いているかどうかを確認してください。

ルーターの方も過熱に弱い装置であるため、夏場は特に室内が暑くなりすぎないように注意が必要です。

またバッテリーが劣化してきたり、熱で次第に膨張してきたら、電池の部分だけ新品に交換をしてください。

電源ユニットやバッテリーといった部品の取り外しや分解が難しそうな場合や、深刻な破損が起きている時は、
ファイルサーバやルーターをコンピューターのトラブル解決のサポートに出して、
パーツの換装といった作業を行ってもらわれることをおすすめします。

ファイルサーバの共有フォルダーにアクセスできない時は? の続きを読む

ネットサービスで管理画面にアクセスできない時に復旧するには?

インターネットでは、ユーザーがウェブ上でデータを保管するスペースや、
便利な機能を使用できるように提供されたサービスが数多くあります。

これらは最初に「サインアップ」(ユーザー登録)を行って、
ユーザー名やパスワードなどの設定をしてからサインインをして、
それから初めて管理画面に入って使用ができるようになります。

しかしたまに、何らかの原因により突然、
一度サインアップして登録したはずのサービスの管理画面に、アクセスができなくなることがあります。

もしファイルマネージャーやメールの受信箱、ブログの履歴といった保管場所に、
膨大なデータを保存していた場合、アクセスができなくなると困ってしまいます。

そんな時のために、よくあるミスやアクシデントについての、
一通りの原因となるパターンと管理者画面へのログインの復旧の方法を、順に解説していきます。

ログインページのURLの変更があった場合は?

まず、インターネット上ではレンタルサーバーや独自ドメイン、ホームページスペース、ブログ、SNS、
掲示板、Webサービス、クラウド、メールなど、大容量のデータを取り扱うサービスが、豊富に揃っています。

しかしこれらのサービスでの一例までに、もしも管理画面が突然開けなくなった時に、
最初にページの再読み込みを試してそれでも開けずに、契約したサーバの画面に
「指定されたURLへのアクセスが禁止されています。」といったメッセージが出る場合があります。

この原因はある程度の割合で、ログインページが変更になっていたりすることがあります。

または新しいセキュリティー機能が実装されて、それに伴い自身からのアクセスも弾かれる例があります。

そういった場合には契約しているレンタルサーバーの管理画面にログインして、
新しい管理ページのURLアドレスを確認したり、
セキュリティー設定を変更して、元に戻してみることを試みてください。

また、サーバーのシステムの問題などでアクセスのし直しがなかなかうまくいかない時は、
システムの管理サービスに問い合わせをされてみることもおすすめします。

ネットサービスで管理画面にアクセスできない時に復旧するには? の続きを読む

仮想ハードディスクのデータを修復するには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンの、「ディスクの管理」などで作成した、
仮想ハードディスク(Virtual Hard Disk)に保存されているファイルやシステムを、
うっかり間違えて削除した際に後からリカバリーして元に戻したり、またはVHDが読み込みできなくなった時に、
ストレージに残っているデータを修復するにはどうすればいい?という疑問について。

自動更新バックアップの前に別名でファイルを保存

まず、オペレーティングシステムの機能や市販のフルバックアップソフト(丸ごとデータ引っ越しソフト)の中には、
フォルダーからのバックアップを取る際に、仮想HDDのファイルのVHDに変換できる機能もあります。

別のマシンに搭載されたドライブ装置に、以前の状態のデータを同じように移行することもできます。

しかし、ファイルのバックアップを定期的に残していなかった場合や、
急なアクシデントで差分の更新機能による自動保存の前にデータが消えてしまった場合は、
別のファイルで上書きされる前にすぐに別名で保存し直すなどして、修復の措置を取る必要があります。

もしクラウドストレージのサービスに登録していて、事前に専用のフォルダーを作成していたら、
そちらの方にHDDの一部のデータが自動的に送信されていて、インターネット上のサイバースペースにある、
対象のディレクトリの内部から、ファイルを引き出す形で復旧ができる見込みもあります。

仮想ハードディスクのデータを修復するには? の続きを読む

サーバとストレージでデータを復元する方法の違いとは?

「サーバ」(server)と「ストレージ」(storage)とは、具体的にどのように違っていて、
またファイルの保護や失ったデータの復元を行う際の方法には、どのような違いがある?という疑問について。

ストレージに保存されたデータを読み込むには?

まず、ストレージ(storage)とは「記憶装置」という意味で、メモリー(memory)とも呼びます。

データを書き込みして保存してから、後で読み込みできるようにしておくための装置です。

パソコンなどのコンピューターでは、主記憶装置であるメインメモリ(main memory)と、
補助記憶装置であるハードディスク(hard disk drive)またはSSD(solid state drive)
と種類が分かれています。

CPUを高速でアクセスできるようにする、記憶素子のメインメモリは一次記憶装置とも呼ばれ、
こちらは直接のデータの保存には使用されません。

ハードディスクやSSD、また外部の外付けHDDやUSBメモリ、SDメモリーカード、DVD-R、CFなどは、
電子データを拡張子のファイルとして保存する二次記憶装置となります。

またRAIDも、複数のハードディスクで構成されたストレージとなります。

これらは、WindowsやmacOSのパソコンで、フォーマットが合っていれば、
増設やUSBコネクタからの接続により、ストレートにアクセスして内部のデータを読み込むことができます。

電子データのファイルを保存する際の、個別の電子機器ではない、
「クラウドストレージ」(Cloud storage)の場合は、インターネット上のサイバースペースを借りて、
そちらのサービスのフォルダーにファイルを送信して保存する形になり、ログインしてデータにアクセスします。

サーバとストレージでデータを復元する方法の違いとは? の続きを読む

サーバのデータを失った時にサルベージするには?

サーバ(Server)やNAS(Network Attached Storage)が急に故障してしまい、
内部のハードディスクドライブに保存されているファイルやシステムが展開できなくなった時に、
HDDの内部のデータをサルベージするには、どのようにすればいい?という疑問について。

サーバー関連の製品の一例

・BUFFALO:iSCSI対応TeraStation IS ラックマウントモデル6.0TB TS-RIX6.0TL/R5
・RAID5対応Windows Storage Server搭載モデル 12TB WS-6V12TL/R5
・テラステーション ネットワーク対応HDD(NAS) 1TB TS-WX1.0TL/R1
・マウスコンピューター:MousePro-SV260STB
・NEC:Express5800/GT110j

サーバーが破損して止まるトラブルとは?

まず、サーバ(server)の語源は「給仕・奉仕する」という意味で、コンピューターではご存知、
外部にあるパソコンや携帯電話などの装置から発信される要求を受け付けて、処理を実行するための電子機器です。

サーバには、コミュニケーションや電子メール、プリント、データベース、ファイル管理、
アプリケーションソフトなど、通信処理を実行するプログラムによってそれぞれ専用のサーバもあります。

しかし、サーバールームの冷却設備が不十分であったり、マシンのスペック的なパワーが足りないと、
過熱が出て、作動がダウンしたりハードディスクの破損など深刻な故障を引き起こしてしまう場合があります。

また、年間ほぼ不休で稼動し続けるため、サーバの装置が次第に老朽化して、
いつかはやはりコンピューターとしての寿命が来てしまいます。

サーバやNASは、ある程度複雑な装置やシステムなこともあり、
特に物理的な故障の度合いが大きいと、専門のサービスで修復をしてもらう必要も出てきます。

サーバのデータを失った時にサルベージするには? の続きを読む

Windows Serverで失ったデータを復旧するには?

Microsoft(マイクロソフト)から開発されている、サーバー用のオペレーティングシステムである、
『Windows Server』を導入したマシンを運用している際に、誤ってデータファイルを削除した時に復元をしたり、
故障が起きて稼働が止まり、ハードディスクドライブなどのストレージが開けなくなった時に、
内部のデータ復旧するにはどのようにすればいい?という疑問について。

ごみ箱(Recycle Bin)からファイルを元に戻す

まず、Windows Server(ウィンドウズサーバ)には、同じくMicrosoftから開発・販売されている、
パソコン用のオペレーティングシステムであるWindowsと同じく、
ごみ箱(Recycle Bin)のフォルダーが設置されています。

通常の操作で、コンピューターの内部のハードディスクといった場所から
間違えてファイルを削除しただけでしたら、ゴミ箱のアイコンをデスクトップの画面から開きます。

内部のディレクトリに必要なファイルが残っていましたら、「元に戻す」(Restore)で以前の場所に復旧ができます。

ですが、ネットワークを通して複数のユーザーで使用している共有フォルダーにあったファイルが、
誤って削除された場合は、ごみ箱のフォルダーには移行されない仕組みです。

また、特殊なソフトウェアなどの機能で消去した場合も、ファイルはゴミ箱に移動しないで、
フォルダーの表示の上ではそのまま消えることになります。

Windows Serverで失ったデータを復旧するには? の続きを読む

ウィンドウズサーバで削除したデータファイルは復元できる?

Windows Server(ウィンドウズサーバ)がインストールされたコンピューターを使っている時に、
間違えてうっかり必要なファイルやシステムを削除してしまった時には、
どうすればハードディスクドライブといったストレージから、データを復元することができる?という疑問について。

ウィンドウズサーバにある回復機能とは?

まず、Windows Serverを普通に起動していて、コンピューターに内蔵されたハードディスクやSSDから、
間違えてファイルブラウザーでファイルを削除してしまった場合に、復元をする手法について。

パソコンで使うWindowsと同じく、一度「ごみ箱」のフォルダーに拡張子が移行しています。

デスクトップの左上にあります、「ごみ箱」(trash box)のアイコンをクリックして、
フォルダーを開いてから、ファイルの一覧に必要なデータを探してみます。

ウィンドウズサーバの機能で削除した対象のファイルが見つかりましたら、そちらを選択して、
右クリックで「元に戻す」と指示すると、以前にあったフォルダーの位置にデータが復旧されます。

ウィンドウズサーバで削除したデータファイルは復元できる? の続きを読む

システムダウンの障害を早急に復旧させるには?

Webサーバやメールサーバをはじめとするネットワークシステムを構築する際には、
LAN・ネットワーク構成の見直しやセキュリティポリシーの設定、
そしてファイアウォールサーバーの設定やセキュリティホールの穴埋めなど、数多くのセキュリティ対策が必要になります。

また簡単にマシンが異常を起こさないように、冷却設備やUPSを設置するなど、
コンピューターの環境整備も重要です。

コンピューターのシステムダウンの障害とは?

しかし、ネットワークやハードウェアの防御をどれだけしっかりとしていても、
システムダウンはふとしたことで頻繁に起こりえます。

インターネットのウェブサービスや管理コンピューターでも、
やはりどうしてもダウン障害と復旧対策の話題がよく出てくるのが、わかりやすい一例です。

システムダウンが起きてしまうと、そのサーバーやパソコンに発生した故障や、
データまたはプログラムの破損の問題を解決するまで、
公開中のウェブサービスやコンピューターが、ずっと停止したままになってしまいます。

システムが止まってしまう障害からすぐに切り替えて、早急に運用を回復するには、
様々な対策を事前にコンピューター環境に施して、
いつでもすばやく復旧ができるように準備をしておかれることがとても重要です。

システムダウンの障害を早急に復旧させるには? の続きを読む

ファイルを大容量で転送できるデータ便のサービスとは?

ネットワークを経由して、取引先の企業内のパソコンやホームページのレンタルサーバーの
ファイルマネージャー、また家族や友人・友人にEメールやFTPを使ってファイルを送信したい時に、
インターネットの電子メールサービスなどは制限があるため、容量が数百MBや数GB以上と、
大型サイズのサイズである場合、相手先のサーバ元にデータが送信できないことがあります。

そんな時の助っ人として、ファイル転送サービスの【データ便】が大変役立ちます。

大容量のファイルを送信できるデータ便のサービスの機能とは?

まず、データ便では画像やテキスト、動画ファイルなど、デジタルデータでしたらほぼ転送可能です。

メールの添付で送れない大型のファイルでも、相手先のサーバに送信が可能です。

また、Eメールでの添付で送るよりも、セキュリティ便で安全性が強化できる強みもあります。

データ便などのウェブサービスでファイルを転送する際には、念のため事前に、
パソコンにコンピューターウイルス対策ソフトで一度スキャンをかけて、
ファイルの状態が正常であるかどうかも、ご確認されることも推奨します。

ファイルを大容量で転送できるデータ便のサービスとは? の続きを読む

ネットからダウンロードしたデータをパソコンの故障などで失ったら?

インターネット上に設置された、ファイルブラウザー(File Browser)といったサービスにある、
拡張子の保管庫からソフトウェアといったデータをダウンロードして、インストール(Installation)をした際に、
パソコンが故障したり、貴重なデータを失った場合には、どうすれば復旧することができる?

また、セキュリティの面ではどのように注意する必要がある?といった疑問について。

インターネットからデータをダウンロードする時の注意点

まず、インターネット上にあるデータ保管庫のウェブサイトから取得したデータファイルを失った場合について。

その際には、なくなったデータをインストール・セットアップして、もう一度入手する方法もあります。

しかし、ネットワーク上から手に入るファイルやプログラムの中には、法律・著作権上に反しているもの、
製作会社側からは本来禁止されているもの、そして稀に悪質なコンピューターウィルスやスパイウェア、
またトロイの木馬などの有害なワームのプログラムが混入しているものなどがあります。

同じプログラムをもう一度入手しても、そのシステム自体に多大な問題があった場合は、
またデータもしくはオペレーティングシステムが破損して、パソコンが故障するおそれもあります。

法的・セキュリティ的に危険が潜んでいる場所も多いため、特に海外のソフトウェアをセットアップされる前には、
慎重にデータとサイトをチェックしてから実行されることをおすすめします。

ネットからダウンロードしたデータをパソコンの故障などで失ったら? の続きを読む

ディレクトリサーバーと内部ファイルが壊れた時の復旧

ディレクトリサーバーは、長時間の連続での稼動や、
外部のクライアントからのアクセスやログインの集中により、一台のサーバーに負荷がかかることがあります。

また、コンピューターに記憶されているデータを、HDDの容量ギリギリまで埋めてしまったり、
PCウィルスやトロイの木馬などの有害なファームウェアが混じってしまうことで、
ディレクトリ、またはファイルが壊れてしまう可能性があります。

あるいは、誤って必要なファイルを消去したり、NASのRAIDのディスクアレイ構成の設定変更などの作業で、
間違えてフォーマットしてしまうトラブルが起きた場合には、
どのようにすればディレクトリサーバーとその内部のデータを復旧することができる?という疑問について。

ファームウェアのエラーから回復するには?

まず、NASの機器に組み込まれている制御用ソフトウェアの『ファームウェア』(Firmware)に、
エラーが発生して停止状態になった場合について。

そうなってしまうと、多くの場合はウェブ設定などの機能が使えずに開けなくなり、
データが保存されているディレクトリにも、エクスプローラーなどからアクセスできなくなります。

その際には、製品のメーカー先のホームページにパソコンからアクセスして、
専用の「ファームウェア・アップデーター」のプログラムをセットアップします。

そして手順に従って、LinkStationやTeraStation、LANDISKといったNASのファームウェアを更新すると、
壊れたファイルやシステムが上書きにより修復されて、ビジー状態からの復旧ができます。

ハードディスクに書き込まれた、個人用の個別のファイルは修復されません。

大事なデータの拡張子が破損していた場合は、専門のサービスで復旧をしてもらうのが最も確実です。

ディレクトリサーバーと内部ファイルが壊れた時の復旧 の続きを読む

各種のサーバーが故障した時にデータ復旧を行うには?

各種のサーバやNAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)が急に故障してしまい、
内蔵されているハードディスクドライブに保存された、ファイルやフォルダーが読み込みできなくなった時に、
HDDのデータの復旧を行うには、どのようにすればいい?という疑問について。

主なマイクロサーバーのメーカーと製品の一覧

・HP(ヒューレット・パッカード):MicroServer マイクロサーバー N54L proliant-500
・I-O DATA(アイオーデータ):Windows Storage Server 2003 R2搭載サーバー HDLM2-G1.0WIN
・BUFFALO(バッファロー):RAID1対応 Windows Storage Server搭載モデル WS-WV2.0TL/R1
・Logitec(ロジテック): Windows Storage Server 2003 R2搭載 LSV-5S8000/4R
・Synology(シノロジー):DiskStation DS713+ NASサーバー CS4122 DS713+
・富士通(Fujitsu):PRIMERGY TX100 S3 OSレス-250GB×1 PYT10PZD2U
・サイレックステクノロジー:Wireless USBデバイスサーバ SX-DS-3000WAN
・PLANEX(プラネックス):USBプリントサーバ機能搭載4ポートBBルータ BRL-04UR

※メーカー先の修理サポートでは、一部を除いてマシンの故障を直してもらうのみの受付であることが多いため、
 サーバから開けなくなったデータの復旧の措置は、別の専門のサービスで行ってもらう必要があります。

各種のサーバーが故障した時にデータ復旧を行うには? の続きを読む

ファイルサーバーの障害の防止や修復をするには?

ファイルサーバー(File Server)が故障してしまい、ネットワークに接続できなくなることを防止する手法や、
エラーの発生でアクセスができなくなったり、一部のデータが読み込めなくなる問題を防ぐ措置、
またこういったトラブルが起きた時に、障害からの修復をするにはどうすればいい?いう疑問について。

アクセスの負荷でダウンするトラブルを防止するには?

まず、ファイルサーバーやNAS(ネットワークアタッチストレージ)を運用する際の注意点としまして、
複数のPCで保管・管理する機能を、一括で稼動させている機能であるため、
特に24時間365日の常時稼働させているシステムは、より負荷がかかりやすくなります。

中でも、クライアントからのアクセスが集中した場合に起こりやすい、
システムダウンが発生してしまう可能性に、気を配る必要があります。

また、自身が使用されているウェブ上のサービスでも同様です。

ファイルサーバーの障害の防止や修復をするには? の続きを読む

ネットワークサービスに保管していたデータの復元はできる?

インターネット上で電子ファイルを保管しておけるウェブサービスである、
ホームページのレンタルスペースやレンタルサーバーのファイルマネージャー、データベース、
また電子メールの受信箱・送信箱やクラウドストレージ、ブログの過去ログといったデータを、
間違えて削除してしたり、いつの間にか消えていた場合に、後から復元することはできる?という疑問について。

ネットワークサービスでの主なトラブルの例

・ウェブログの過去記事の一覧画面などで、誤ってネットワーク上にあるログのページを削除してしまった。

・ホームページのファイルマネージャーの画面を操作している時に、画像などを消去していた。

・掲示板やゲストブックがサービスの終了で閉鎖されて、過去ログが見れなくなった。

・レンタルサーバーの内部の電子メールボックスのゴミ箱が、一定時間が過ぎて空になっていた。

・SNSのサービスが改装・閉鎖に伴い、登録していたアカウントでログインできなくなった。

・退会した、または停止を受けてしまったアカウントの以前の書き込みデータが見れなくなった。

・第三者に譲渡したドメインとその内部フォルダーから、保管された必要なファイルをバックアップしていなかった。

・他、使用できるウェブサービスに記録していたデータが ある時、失われていた。

ネットワークサービスに保管していたデータの復元はできる? の続きを読む

WEB上のレンタルサーバーで消えたデータは元に戻せる?

ネットワーク上で使用しているレンタルサーバー(Rental Server)にある、
ディレクトリ(ファイルマネージャー)から、必要なデータが削除のミスなどの操作で消えた時に、
ウェブ上から失ったデータを救出するにはどうすればいい?という疑問について。

WEB上のレンタルサーバーでのデータの管理

主なレンタルサーバー(またはアカウントサービス)に、エックスサーバーやロリポップ、Google Apps、
またXREA.COMやFC2、seesaa、goo、excite、biglobe、nifty、忍者TOOL、ぶっとびねっと、
ほかにもNetcomやさくら、バリューネット など、非常にたくさんのサービスが存在します。

レンタルサーバーでは、パソコンの内部のハードディスクドライブや外付けのRAID、
またLinkStationやLANDISKなどのNASや、自宅・自社内のサーバとは違い、
一般ユーザー自身では、すべてのシステムの管理や、拡張子を元に戻すといった措置で、
なくなったファイルを再帰させる操作を行うことは、基本的にはできません。

サーバ元の運営管理サービスの会社に、ある程度のデータの保管を任せる形になります。

WEB上のレンタルサーバーで消えたデータは元に戻せる? の続きを読む

サーバから失ったサイトのデータを再作成して復旧するには?

サーバ(Server)に保存されているデータを、うっかり間違って削除してしまったり、
ホームページのサービスが終了して対象のサイバースペースがなくなったり、
サイトの更新のミスで破損した場合に、各ウェブページのファイルを再作成して、
復旧をするにはどのようにすればいい?という疑問について。

ホームページのデータを丸ごと復旧するには?

まず、サーバ上から失ったホームページのデータを丸ごと作り直して復旧される場合、
最初は誰でもどのように再作成をすればよいか、難しいことでしょう。

ホームページは、トップページ(インデックス)と下階層のディレクトリページ、
またサイトマップやRSSフィード、画像ファイルといった、
いくつものコンテンツで構成されているのですがまずは簡単に、トップページから復旧をしてみましょう。

サーバから失ったサイトのデータを再作成して復旧するには? の続きを読む

インターネット上で管理しているデータにアクセスできない時は?

インターネット上のレンタルサーバーで管理している、ホームページやブログサービス、
またクラウドやSNS、電子メール、動画、プレゼンテーション、アプリケーションなどの、
様々なデータを保存している「ユーザーのアカウント」にサインインしようとしたら、
アクセスができなくなってログデータや一部のファイルが開けない時は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

登録メールやパスワードを変更していたかどうかを確認

まず、アカウントの登録メールやユーザー名、パスワードといったデータを、
何かの原因でうっかり気づかずに変更したり削除していた可能性がないかどうかを、チェックしてみてください。

アカウントにはログインできて、個別のログファイルやディレクトリのみがなぜかアクセスできない時は、
アップデートの時に使った送信システムのエラーで拡張子が壊れてしまった、ということも考えられます。

データの送信中に、もしパソコンや外付けHDDからのデータ転送のためのケーブルが、
途中でコンセントから抜けたりして中断されていると、衝撃で破損するおそれもあります。

ネットワーク上のオンラインストレージも、パソコンのデータ記憶装置とほぼ同じように、
「ごみ箱」のフォルダーが設置されているサービスが多いです。

電子メールクライアントのサービスなどをご利用の際には、特にそちらも確認してみましょう。

パソコンにメモリーカードや外付けHDDをドライブ装置などでコネクタに挿入して、
リムーバブルディスクとして認識できるハードウェアの環境をお持ちであれば、
定期的に外付けのデータ記憶デバイスに、データのバックアップを取ってください。

インターネット上で管理しているデータにアクセスできない時は? の続きを読む

ブログやオンラインストレージでサーバの障害が起きた時は?

ウェブログやクラウドといったサービスが運用されているサーバ(server)で、
時々、システムがダウンする障害が起きて、ファイルマネージャーがアクセス不可になる、
といった問題が発生することがあります。

そんな時には、ネットワーク上にあるBLOGやオンラインストレージのディレクトリに保存されている、
テキストのデータや画像のファイルを復旧するにはどのようにすればいい?という疑問について。

ブログやオンラインストレージにかかる負荷とは?

まず、今現在はインターネットでユーザーアカウントを登録して使用ができる、
クラウドサービス(オンラインストレージ)やブログ、レンタルサーバーなどの、
電子データを保管する提供スペースのサービスは非常に数多くあります。

パソコンやモバイル端末、インターネットの普及に伴い、一般化の向上が世界中で見られます。

その一方で、電子メールやファイルマネージャーなどで、
サーバーに多大なアクセスにより負荷がかかり、一時的にダウンして動かなくなる(開けなくなる)、
「サーバーダウン」または「サーバー障害」と呼ばれる現象も、時より発生します。

ご存知、大部分のオンラインストレージや電子メール、ブログ、SNSなどのサービスは、
数千人、数万人、数十万員、数百万人、世界的に普及しているサービスは数億人以上と、
非常に多いユーザー総数のアカウント取得者が、時には同時にアクセスして行われます。

そして、そのデータ処理の容量は相当に莫大なものとなり、サーバへの負担も大きくなりやすいです。

ブログやオンラインストレージでサーバの障害が起きた時は? の続きを読む

サーバーが故障または内部のデータが破損した時に復旧するには?

サーバー(Server)は、膨大な管理データを24時間365日、毎日フル稼動で処理し続けるため、
企業・個人用を問わず常に故障の危機と隣り合わせ、といえます。

電子機器やネットワークで発生するアクシデントにも、様々な一例が挙げられます。

そのようなトラブルでいざという時に、破損したサーバーの機器と内部のデータを復旧をするためには、
どのような対処方法を取ればいい?という疑問について。

サーバーがダウンしたり故障が発生する事例

一時的なアクセス増加による負荷でエラーが発生して、サーバーダウンした。

・間違ってシステムファイルを、削除してしまった。

・ディレクトリやプログラム、重要なファイルが壊れた。

・フォーマットの指示が出て、データにアクセスできなくなった。

・停電などで、コンピューターの電源が落ちた。

・落雷や水害で、サーバや周辺機器がショートしてしまった。

・固い物にぶつけたり、床に落とした、また機体が倒れた、などの物理的な衝撃でマシンが故障した。

・マシンからエラーの音や電磁警告音が鳴った、またはサインのエラーランプが点灯した。

サーバーが故障または内部のデータが破損した時に復旧するには? の続きを読む

サーバーダウンによるデータ障害とその復旧方法は?

ネットワークを通して、複数のコンピューターでアクセスする機械であるサーバが、
ある時、過大な負荷といったアクシデントでダウンしたり故障を起こして開けなくなってしまったら、
どうすればログインの状態やデータを復旧することができる?という疑問について。

サーバを稼動する時に掛かる多大な負荷とは?

まず、サーバー(server)とは、元々コンピューターの間で役割分担を担う呼称で、
パソコン同士の膨大なアクセス・クライアントのデータを、スムーズに処理するための装置です。

使わない時に電源をオフにできるパソコンや周辺機器と違い、サーバーは24時間年中、
つまりは動かし始めたら、機械の寿命が来るまで稼動し続けなければならないことも多いです。

そのため、内部パーツへの負荷もはるかにかかります。

アプリケーション・パーティショニング(Application Partitioning)という、
複数のサーバを使って分散して管理して、マシーン一台辺りにかかる負担を分散させたり、
障害の回復に強くする機能も積極的に導入していきましょう。

また、サーバールームの整備や修復を、専門のサービスで代行してもらう方法もあります。

サーバーダウンによるデータ障害とその復旧方法は? の続きを読む

ファイルサーバーに接続できないトラブルから修復するには?

法人用の『サーバー』やアイ・オー・データ機器の『LANDISK』(ランディスク)、
バッファローの『TeraStation』や『LinkStation』など、ファイルサーバーやNASの製品を、
日々お使いの際に、急にエラーや故障が発生したらどのように修復すればいい?という疑問について。

主なファイルサーバの製品の一覧

・BUFFALO:テラステーション 5200 管理者・RAID 2ドライブNAS TS5200D0602 6TB
・バッファロー:40MB/s DTCP-IP対応高速ホームサーバーSSDモデル LinkStation mini LS-WSXS240L/R1 240GB
・I-O DATA:RAID6対応 ビジネスNAS LANDISK XV 4.0TB
・Thecus:NASキット N7700PRO Thecus
・NETGEAR Inc.:ReadyNAS 102 2ベイ Diskless RN10200-100AJS
・PLANEX:無線LANメディアサーバ シンプルシリーズMZK-SN300N2
・Synology:DiskStation DS414j 4 ベイ NAS サーバー 日本正規代理店品 CS4791 DS414j
・NGX:ギガビット PCI-E LANアダプタ RTL8111Cチップ搭載
・SONY:nasne(ナスネ) for VAIO
・QNAP:TurboNAS TS-469Pro
・センチュリー:シンプルNAS BOX PLUS+ CSS35NASP

ファイルサーバにアクセスできない場合は?

まず、主によくあるトラブルとして、急にパソコンなどのコンピューターの機器から、
ファイルサーバにアクセスできなくなった場合、ひとまずすべての機器の状態を確認してください。

ネットワークを接続している無線LANルーター(モデム)が、正常に電源が入っていて、
アクセスランプも通常の状態で点灯しているかどうかを確かめてみてください。

バッテリー切れになっていたり、高熱でダウン状態になっていた時や、
また電源が入っていなかったりエラーが発生してビジー状態になっていたら、起動をし直してください。

ファイルサーバーに接続できないトラブルから修復するには? の続きを読む

運営サーバのパフォーマンスに異常が出た時に修復するには?

自社または事務所や自宅にて運用されている運営サーバやNASで、ある時パフォーマンスに異常が発生して、
正常に稼動ができなくなった時には、どうすれば機器のシステムと内部のデータを修復することができる?という疑問について。

運営するサーバのパフォーマンスを安定させるには?

まず、サーバー(Server)やネットワークドライブを、企業や自宅にて運用されていて、
24時間365日と、一年中稼動させているIT環境をお持ちの場合について。

基本的に、いつ突然パフォーマンスやその他のシステムに異常が発生して、
サーバーダウンが起こっても、すぐに気づいて対処ができるようにすることが重要です。

常時、コンピューターの稼動の状態が正常であるかどうかを監視するセキュリティのシステム、
または、マネジメント運用管理のサービスを活用されてみると、
パフォーマンスに大きな安定性が得られて安全です。

また、ビジネスサーバーといった製品を購入される際に、BTOでの注文で高スペックのパーツで組んで注文をして
最初からマシンの性能を高めておくのも、一つの安全性を高める運用の方法です。

運営サーバのパフォーマンスに異常が出た時に修復するには? の続きを読む

『ページが見つかりません HTTP 404 未検出』のエラーを修復

インターネットのホームページやウェブログなどの、ウェブページを見ていくとたまに、

『HTTP 404 未検出 ページが見つかりません』
『サーバーが見つかりません ページを表示できません』
『403 Forbidden』

といった、白地に文字だけのコンテンツがないページが表示されることがあります。

これらのエラーが出てきた時には、どうすればウェブページ、またはパソコンの状態を修復することができる?という疑問について。

「HTTP 404 未検出 ページが見つかりません」の原因は?

まず、ブラウザの画面に「HTTP 404 未検出 ページが見つかりません」と出た場合について。

その際にはパソコンの調子が悪いのではなく、ページを構成するHTMLファイルが、
サイト先のファイルマネージャー(レンタルサーバー上の保管庫)から削除されているか、
一時的なアクセスエラーで映らないだけで、PC本体の回路の故障ではありません。

サイトの閉鎖や移転、サーバー先の故障によるデータクラッシュなどの要因で、
ページのファイルそのものが消えて、リンク切れを起こしている状態が大部分です。

また、どこのホームページサービスでもサーバの整理中やアクセスの集中する時間帯には、
一時的にページが閲覧できなくなる場合があり、数時間~半日ほど時間が経ったら回復するケースもあります。

どうしても必要なページで、どれだけ待っても表示が復活しない時は、
サービス元に問い合わせて、復旧の依頼をされてみるのも、一つの方法です。

『ページが見つかりません HTTP 404 未検出』のエラーを修復 の続きを読む

ウェブ上のレンタルサーバーがダウンする障害から復旧する方法とは?

インターネット上で登録をして使用する、ウェブレンタルサーバー(Rental Server)に、
サーバーがダウンする障害などが起きて、データが保管されたファイルブラウザ(File Browser)といった、
サイバースペースのファイルやフォルダーが開けなくなったら、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

ウェブページがダウンしてアクセスできないエラーとは?

まず、インターネットで登録できるウェブページの作成サービスには、
ホームページのレンタルのドメインや掲示板、ウェブログ、チャット、
ソーシャルネットワーク(SNS)、サーチエンジンなど、数多くの種類があります。

そのほとんどがGoogleやYahoo、bing(MSN)、livedoor、goo、AOLなどをはじめ、
各企業より提供されているサーバーのレンタルスペースにて、データの管理が行われています。

なので、自分のパソコンに保管をしなくてもホームページなどの運営が可能です。

またオンラインストレージや電子メールサービスも、提供元の企業サーバーにて、
ウェブ上のシステムやセーブデータの運営・管理が行われています。

これらのサービスは各社において、システム管理会社などを通して24時間、
しっかりと管理がなされているため、通常は安定していつでも使用ができます。

しかし、稀に多大な集中アクセスなどによりサーバーに負荷が掛かり、
一時的にサーバーダウン、またはデータベースエラーと呼ばれる、
アクセスが不可能な状態に陥ってしまうことがあります。

その際にはまず、サービスの方に問い合わせて、復旧をしてもらわれることを推奨します。

ウェブ上のレンタルサーバーがダウンする障害から復旧する方法とは? の続きを読む