ページの案内

『デジタルカメラの写真を復活』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。









コンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「デジタルカメラの写真を復活」のページリスト

当カテゴリー「デジタルカメラの写真を復活」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

Instagramのデータのバックアップと復元を行うには?

大手のソーシャルネットワーキングサービス「Facebook(フェイスブック)」を運営されている企業
Facebook, Incから提供されています写真投稿型のSNS「Instagram」(インスタグラム)を日々お使いの際に、
間違えて投稿した写真などのデータを削除してしまったり、アカウントを誤って消去してしまった、
といった時に備えて、データをバックアップしたり、後で復元するにはどうすればいい?という疑問について。

バックアップ機能を使用

まず、Instagramには現在、これまでのログのバックアップ機能が搭載されていますので、
こちらを用いていつでも、過去の投稿データを保存することができます。

最初にInstagramログイン(サインイン)して、ユーザーのプロフィールページを開きます。

「プロフィールページを編集」またはその右側にあるアイコンをクリックして、
次に「プライバシーとセキュリティ」→下部にある「ダウンロードをリクエスト」と進みます。

メールを送るためのメールアドレスを入力して、送信を行います。

これで、メールの受信まで少し待つとデータをバックアップするための必要な作業を行うことができます。

Instagramのデータのバックアップと復元を行うには? の続きを読む

デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラを持参して写真や動画を撮影していく際に、
誤って人とぶつかってしまう、転倒してしまう、乗り物での走行移動中に振動などで
強い衝撃を受ける、誤って水濡れ・水没させてしまう、といった破損の事故が出てしまったり、
経年劣化で故障した際に、修理や交換と同時にデータの復旧を行うには?という疑問について。

メモリーカードの破損の状態を確認

まず、デジタルカメラの製品本体がその内部の回路まで破損した場合、一眼レフカメラのレンズや
バッテリー、そしてメモリーカードといった、換装が効く部品がまだ無事でしたら、
そちらのみを取り外して、別の同じ製品本体に交換した時に、再度使用の継続もできます。

デジタルカメラの内部パーツのうちのどれかが破損しても、内蔵フラッシュメモリ
またはSDメモリーカードやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードが無傷であれば、
まだ内部の写真画像や動画のデータは読み込みがし直せる見込みがあります。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラが故障してしまい、メーカーやショップでの修理サービスに出したり、
新品への取り替えをする際には、メモリーカードは必ず先に本体の差込口から取り出しておかれるように、ご注意ください。

デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには? の続きを読む

デジタルカメラをSDカードのデータごと紛失した時の対処法は?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラを普段、自宅や自社、外出中にお使いの際、
うっかりどこかで落としたり置き忘れるなどで紛失してしまった場合、カメラの本体と、
SDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどのメモリーカードに保存していた
写真画像のデータを救出するのにはどうすればよい?という際の対処法について。

まず、最初は慌てずに周囲を見回して、自宅や自社、あるいは外出中か、
どの場所でカメラを紛失されてしまったかを大まかに思い返して、
もし自宅内・自社内にある可能性がありましたら、それらしきところを一通り探してみます。

小型のデジカメやビデオカメラは、ズボンやコートのポケットに入れたままにしていることも多いです。

うっかりデジタルカメラを入れたまま、服を洗濯機に入れて回してしまわないのようにご注意ください。

一眼レフデジタルカメラなど大型の本体は、持ち運びのバッグの奥や車の中などを探してみます。

また、SDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどのメモリーカードを先に
カメラから交換などで取り外していましたら、本体ではなく、そちらにデータが残っているので
USBカードリーダー/ライターに差し替えて、パソコンにUSBポートからリムーバブルディスクとして
WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderでデータを開き直すことができます。

また、SDカードなどの写真画像データは使用した一日おきにこまめに別の補助記憶装置や、
クラウドストレージサービスなどにバックアップを取っておくと、後の復元作業にも便利です。

デジタルカメラをSDカードのデータごと紛失した時の対処法は? の続きを読む

Macパソコンでデジタルカメラの写真データを復元するには?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、またはその他のモバイル製品やノートパソコン
などの写真の撮影機能で撮った大事な画像ファイルを誤って削除してしまった場合、
Apple社より開発・販売されていますパーソナル・コンピューターのオペレーティングシステム
Mac OS XやmacOSの方の機能を用いてデータを復元することはできる?という疑問について。

『主なデジタルカメラ製品の一覧』

・Canon:デジタルカメラ PowerShot SX410IS 光学40倍ズーム PSSX410IS
・Nikon:デジタルカメラ COOLPIX A100 光学5倍 2005万画素 レッド A100RD
・Kenko:デジタルカメラ DSC Pieni 131万画素 DSC-PIENI-SB
・SONY:デジタルカメラ Cyber-shot W810 光学6倍 ブラック DSC-W810-B
・CASIO:デジタルカメラ EXILIM EX-ZS240SR 手ブレに強い光学12倍ズーム
・FUJIFILM:デジタルカメラ XP90 防水 FX-XP90Y
・PENTAX:中判デジタル一眼レフカメラ 645Dボディ 約4000万画素 645D 17974
・Leica:M7 Rangefinder 35mm Camera w/ .72x Viewfinder, Silver
・Panasonic:HC-X1000 4K Ultra HD 60p/50p Professional Camcorder, 20x Optical Zoom
・シグマ:デジタル一眼レフカメラ SD1 4600万画素 APS-Cサイズ CMOSセンサー

まず、デジタルカメラ本体をUSBケーブルを通してMac OS Xのパソコンに繋げたり、
SDカードやコンパクトフラッシュメモリーカード、xDピクチャーカードを
カードリーダーに差し込みしてPCに接続していた状態の場合について。

ここでFinderなどの画面からパソコン上の削除操作でフォルダー上のファイルを
ゴミ箱に入れる」の動作で消去した場合は、
Mac OS XやmacOSでは、一度ゴミ箱のフォルダーに写真画像のデータの表示が移行します。

デジカメまたはメモリーカードをMacパソコンにつなげたままの状態で
ゴミ箱を開き、対象の削除した写真画像のファイルを選択して、「戻す」を
行なうと、再びデジカメまたはメモリーカードのフォルダーに表示が戻る形で復元されます。

ですが、「ゴミ箱に入れる」の操作ではなく、Photo関連のソフトウェアで
そのまま写真ファイルを誤って削除した場合や、メモリーカードをフォーマットした場合、
あるいはデジタルカメラの方の機能で消去してしまった場合は、ゴミ箱には移行されません。

その際には、それ以上そのデジタルカメラの内蔵フラッシュメモリまたはメモリーカードでの
新しい写真の撮影とjpegといったファイルの保存は行わずに、
プロのデータリカバリーサービスに出して診てもらわれることを推奨します。

Macパソコンでデジタルカメラの写真データを復元するには? の続きを読む

一眼レフカメラの写真を消した後でデータ復元を行うには?

撮影とビューファインダーへの投影を一枚のレンズで同時に実行する機能をもつ
「一眼レフ」(single-lens reflex/シングルレンズリフレックス)のデジタルカメラで撮影した写真を
間違えてSDメモリーカードなどのデータ記憶装置から消してしまった場合、
後で画像・映像ファイルの復元はできる?という疑問について。

主なデジタル一眼レフカメラの製品の一覧

・Canon:デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT
・Nikon:デジタル一眼レフカメラ D3200 200mm 18-55mm/55-200mm付属 D3200WZ200BK
・PENTAX:デジタルミラーレス一眼 Q10 ズームレンズキット シルバー Q10 LENSKIT SILVER 12163
・OLYMPUS:ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット ホワイト E-PL6 DZKIT WHT
・Panasonic:ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF5 レンズキット 電動ズームレンズ付属 DMC-GF5X-W

 
まずデジタル一眼レフカメラも通常のデジタルカメラ(digital camera)と同じく、
撮影した静止画やムービーは、通常、SDメモリーカードなどの記憶装置に
電子データとして同じように拡張子で保存される仕組みになっています。

デジタル一眼レフカメラの本体の機能で消去したり、初期化で消してしまった画像は、
パソコンのように一旦ゴミ箱には移行せずに、表示上ではそのまま消えてしまいます。

本体付属のUSBケーブルやUSBカードリーダーでメモリーカードを
Mac OS Xのパソコンに読み込んでいる時にFinder(マイファイル)の画面から削除した時は、
一旦ゴミ箱フォルダーに移行します写真を消えてしまった後でそこから元に戻すこともできます。

Windowsのパソコンの場合では、リムーバブルディスクから写真を消してしまった時には
ゴミ箱には移行せず、そのままでは開かないため、別の回復方法を実行します。

消去してすぐの段階で何も新しいファイルを上書きしていなければ、
まだ以前の拡張子の”痕跡”が残留している見込みがあります。

その際には、プロのデータ復旧サービスセンターの方に問い合わせをして、
論理障害の対処として、失ったファイルの復元を行ってもらわれることが最も確実です。

一眼レフカメラの写真を消した後でデータ復元を行うには? の続きを読む

ネットワークカメラの録画映像データを復元するには?

ビデオカメラに映し出された映像をインターネットに接続してリアルタイムで視聴したり
遠距離からコンピューターで録画やスナップ写真の撮影、アラームなどの操作ができる
ネットワークカメラ』(network camera)は、
現在、防犯カメラやビジネスでのモニター中継などに幅広く活用されています。

ネットワークカメラで撮影している映像は普通にモニターに映すだけでなく、
内蔵または差込みをしているデータ記憶メディアに録画する事もできます。

日付ごと、または一定時間ごとにファイルやフォルダに収めて保存する事で、
後でパソコンや専用モニターから視聴し直す事が可能です。

ですがその記憶メディアの最大容量の限界まで録画されると、これらのファイルは自動的に
古い時間の順から削除⇒上書きされていくように設定されている事も多いです。

ネットワークカメラを防犯のための監視カメラなどの用途で常に録画を設定している場合は特に、
使い始めてしばらく時間が経つと、常に新しい記録映像のデータで上書きが繰り返されていきます。

例えばもしある時、カメラを映していた先の場所で何か問題が起きていた可能性が出ていることが
わかり、しばらく経った後で該当する時間帯のデータがすでに上書きされていたり、
ファイルが消えていた、というケースがごく稀に出てしまった場合について。

その問題が起きたあたりの時間帯に何かが映っているか気になった場合や、何かの用途で
撮影していた大事なファイルを間違えて削除した場合には、あまり時間が経ちすぎていなければ
まだそのファイルの痕跡がデータ記憶装置のクラスターに残留していて、
そこから復元できる可能性も十分に残っています。

ネットワークカメラの記憶媒体は専用のHDDレコーダーに内蔵されたハードディスクドライブや、
カメラ本体の差込口に接続して使うmicroSDカードなどがあります。

microSDカードの場合はネットワークカメラから抜き取ってUSBカードリーダー/ライターに
差し込んでパソコンに接続して、HDDの場合はレコーダー本体から取り外して
外付けハードディスクかUSB変換ユニットに外部接続して読み込みします。

お使いのレコーダーのフォーマットの構造やOSの種類、アプリケーションの性能と仕様によっては
HDDが読み込みできずスキャンできない事も多いので事前にご了解ください。

Windowsなどでは別のコンピューターでフォーマットされたハードディスクなどがエクスプローラーで
開けない場合もあるのですが、特定のユーティリティーからなら読み込みができるものもあります。

ネットワークカメラの録画映像データを復元するには? の続きを読む

iPhotoでライブラリの写真を読み込めない時に開くには?

Mac OS XのMacintoshパソコンなどのアップル製品のコンピューター機器では、
iPhoto(アイフォト)という写真画像の管理用アプリケーションが使用できます。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、ノートパソコンなどのカメラ機能等で
撮影して作成した写真画像ファイルをこのツールで読み取って保存する時、
iPhoto Library」という、アルバム専用のフォルダが作成されます。

libraryのフォルダー

この「library」(ライブラリ)のフォルダ(パッケージ)は通常、
ユーザーごとの『ピクチャ』の特殊フォルダに作成されます。

しかしある時、コンピューター内の何かのシステムの変更をした後などで
急にiPhotoからLibraryが読み込めない状態になった、という場合について。

まず、お使いのMacBook AirやiMac、Mac Miniなどのパソコンを起動します。

デスクトップが開いたら、Duckかアプリケーションなどの場所にiPhotoのアイコンがあるか確認して開いてみます。

前に開いた写真画像ファイルのログが残っているか確認します。

iPhotoでライブラリの写真を読み込めない時に開くには? の続きを読む

紙焼き写真をデジタル化して保存する方法

まだデジタルカメラが普及していなかった頃に、フィルムを使って撮影する
アナログ式のカメラ(写真機)で撮った紙焼き写真を、デジタル化してコンピューター上の
データ形式として保存しておきたい、という場合について。

まず、前に使用していた普通のフィルムカメラやインスタントカメラ、使い捨てカメラ
などで撮った写真をすでに現像してもらっていて、紙焼き写真が手持ちにある場合は
『スキャナー』を使った画像の検出を行ってみましょう。

スキャナーで読み込み

スキャナーは家庭用として使うものであれば、プリンターとセットになった
家庭用の『複合機』を電気店で購入して、パソコンにインストールして使うと便利です。

もちろんスキャナー単体としての製品も発売されていますので、
業務用として様々な用途で使っていく場合は機能に特化した製品がおすすめです。

複合機をPCにセットアップしたら、まずはプリンターとパソコン両方の電源を入れて
デバイスに認識させます。

デジタル化して保存したい紙焼き写真をスキャナーのガラス面に裏返して置いて、
ふたを閉じます。

その際、小さいごみや埃が映らないように、スキャナーと紙焼き写真を両方とも
軽く拭き取ってから、ガラス面に置きましょう。

紙焼き写真をデジタル化して保存する方法 の続きを読む

デジタル一眼レフカメラのメモリーカード容量の選び方

普通のコンパクトカメラの機能よりもより綺麗で解像度が高い高画質な写真画像を
幅広いズームや撮影モードで撮れる『デジタル一眼レフカメラ』は
美麗でピント合わせなどもより良い写真を撮影するのに必須で、大変人気もあります。

1300万画素、1800万画素、2460万画素、4600万画素、と画素数も大きく、
写真ファイル一枚一枚は初期設定で5184×3456ピクセルあたりの大きさで、
5MBから8MBもの容量になります。

カメラの種類や年代、撮影した物の対象によっても大きく変わるのですが、
コンパクトカメラ」で撮った写真は4288×3216ピクセルで3MBくらいの容量として、
これらの機器と比べるとメモリーカードの容量を大きく消費しやすくなります。

そのためデジタル一眼レフカメラの場合、2GBや4GBのSDメモリーカードでは、
写真画像を数十枚と動画を数枚撮っただけで、あっという間に容量が埋まります。

4GBのメモリーカードを差し込んで使う場合、あちこちの名所や風景などで記念写真を
撮っていくと2日ほどでデータの容量満杯になります。

1分以上のムービーを録画すると、更に空き容量を大幅に使います。

(録画ムービーを撮影している最中に容量が無くなると、保存機能がしっかりしている
一眼レフカメラやビデオカメラならカウントダウンの数字が表示されてそれが0になったら
自動的に撮影中モードが終了して、それまで撮った部分まで保存されます。)

撮影に失敗した写真やそれほど必要ない写真を移動中に削除しながら使っていく事で
ある程度はメモリーカードの容量を保てるのですが、手間がかかる上に
せっかくの周回中の時間を少しでも削除作業の方に費やしてしまいます。

デジタル一眼レフカメラのメモリーカード容量の選び方 の続きを読む

モニタがひび割れて映らないデジカメの写真を復旧

デジタルカメラの裏側には、カメラ本体のファインダーに映っている
写真のファイルとなる画像を覗き込んで確認したり、撮影した写真を閲覧したり
カメラの設定モードを変更するために見る『液晶モニター』の画面があります。

このモニタ画面は上記の通り様々な事に使う非常に大事な部品なのですが、
長く使用しているうちに、ふとした事で強い衝撃を受けると液晶にヒビが入って
レンズが割れてしまい、映像が一部もしくは全部が見えなくなる事があります。

液晶レンズが割れる主な原因には、固い床に落とした、足で踏んでしまった、
ポケットの中で何かにぶつけた、座った時に強く圧迫してしまった、
肩に下げている時に何かに当ててしまった、といったものがあります。

近年の一眼レフカメラなら、液晶モニタを回転させて本体に閉じる仕様なので
表側のカバー部分で使わない時はまだ保護する事が出来ます。

しかし、コンパクトサイズのデジタルカメラの製品の場合、本体裏側などに付いた
閲覧用の照準合わせのレンズやモニター画面が常にむき出しになっているため、
外部からのダメージを受けやすい点もあります。

上の写真のように表面のモニタまたはその奥にあるパネルや電子機能にヒビが入ると、
電源を入れてもほとんど画面に映像が映らず、真っ黒な状態になってしまいます。

ですが、コンピューターの補助記憶装置が故障していなければ、
プロのデータ復旧サービスの方に注文をして、内部のファイルを復元してもらうこともできます。

モニタがひび割れて映らないデジカメの写真を復旧 の続きを読む

写真画像や動画が取り込みできない時の修復の仕方は?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラなどのハードウェアの装置をUSBケーブルなどで
パソコンに接続して写真画像や動画のファイルを取り込みする時、なぜか読み込みができない
という場合には、どのような修復の仕方、またはサービスがある?という疑問について。

まず、一部のデジタルカメラやマイクロコンピューターの機器の場合、
パソコンのUSBポートで接続すると同時に搭載された専用のソフトウェアが起動されます。

それぞれの撮影機器の専用のアプリケーションソフトがインストールされるか
ウィンドウの画面が開かれたら、ひとまず取り扱いマニュアルやヘルプを見ながら、
写真がぞうや動画ファイルのハードディスクへの取り込みまでの操作を進めてみましょう。

また、USBケーブルでパソコンと外部の電子機器に接続するだけで多くの場合、
ソフトウェアからでなくとも、スタート⇒マイコンピューター(PCフォルダ)の
【リムーバブル記憶域があるデバイス】または【スキャナとカメラ】の項目に
そのデバイスのアイコンが表示されます。

一部のカメラ屋やPC修理店のサポート、あるいはデータリカバリーサービスにて、
ファイルの取り込みやバックアップサルベージの作業を代行してもらうこともできます。

写真画像や動画が取り込みできない時の修復の仕方は? の続きを読む

iPhotoの写真画像が消えた時にデータ復元を行うには?

iPhoto[アイフォト]とは、Macのアップル社より製品開発・販売されている
Mac OS X用のデジタル写真画像の管理ソフトウェアです。

Macの総合ソフトウェア『iLife11』(アイライフ)に、iMovie、iDVD、iWeb、
GarageBandとともに、アプリケーションの一つとして付属されています。

デジタルカメラやiPhoneなどで撮影して保存した写真画像ファイルをライブラリのフォルダに
コピー/移動で移した後、プリンターで印刷したりデスクトップで閲覧、ウェブ上への公開、
編集加工、壁紙への使用など様々な用途で活用していく事ができる、便利なMac用ツールです。

iPhotoの使用中に、アプリケーションの動作がフリーズしてしまい強制終了した後で、
iPhoto Library(アイフォト・ライブラリ)の中にあった写真がなぜかみんな消えた、
というトラブルの事例があります。

ですがこれは、iPhotoのソフトウェア内で読み込み不良が起きたためで、
写真の画像ファイル自体は削除されているわけではありません。

ライブラリへの再読み込み

もともと保存していた場所、例えばホーム(ユーザー名)⇒ピクチャ
⇒iPhoto Library(またはiPhoto/DATA)のフォルダなどの保管場所を
開いて探してみると、写真の一覧が残っているかと思います。

もしくはコマンドFの検索機能でイメージファイルをスキャンしてみましょう。
これをもう一度iPhotoメニューから『ライブラリに読み込み』機能で読み取れば、
またソフトウェアで使用できるようになります。

ですが、誤ってフォルダの画像ファイルを丸ごと削除してしまったり、外付けハードディスクや
USBメモリ等の保存先メディアを初期化した場合は写真データが消えてしまいます。

コンピューターウィルスの感染やHDDの故障などの様々なトラブルで写真が
読み込めなくなる事もありますので念のためにバックアップを取っておく事が大切です。

iPhotoの写真画像が消えた時にデータ復元を行うには? の続きを読む

メモリーカードがデジタルカメラに認識されない時の原因は?

新しく電器店やデパート、カメラ屋、通信販売などで購入したメモリーカードが何故かデジカメ(digital camera)の
カードの差込口に挿入しても認識されない、もしくはカードが差し込めない場合の原因は?という疑問について。

新しい規格に非対応である場合

デジタルカメラ本体をはじめとする小型の電子機器に記録用カードとして使用する「メモリ・カード」(memory card)は、
種類と形状が豊富で、容量の大きさも16MB~128GBあたりと、今やピンからキリまで登場しています。

『主なデジタルカメラの新製品』

・Transcend(トランセンド・ジャパン):400倍速CFカード 64GB 永久保証TS64GCF400
・Kingston(キングストンテクノロジー):64GB SDXC Class10 SD10A/64GB
・シリコンパワー:SDHCメモリーカード 32GB Class6 永久保証SP032GBSDH006V10
・SanDisk(サンディスク):ExtremePro コンパクトフラッシュ 64GB 90MB/Sec. SDCFXP-064G-J91
・SanDisk(サンディスク):Ultra MemoryStick Pro-HG Duo 32GB SDMSPDHG-032G-J95
・東芝(TOSHIBA):Premiugate UHS-I SDXCメモリーカード64GB SD-E064GUA

特にデータの最大容量が大きく、小型のメモリーカードはここ1、2年以内に新発売された製品である場合、
たとえメーカーや種類が同じものであっても現在使っているデジカメが新しいカードが発売された時より
ずっと前に作られた規格であると、対応できずに認識されないこともあります。

個人のPC環境ですぐにはデジタルカメラのメモリーカードが読み込みできない、という場合に、パソコン修理サポート店や
データリカバリーサービスセンターにて、ファイルのバックアップを取ってもらうこともできます。

メモリーカードがデジタルカメラに認識されない時の原因は? の続きを読む

デジカメ内蔵メモリの写真を再度復元するには?

デジタルカメラ【Digital camera】は撮影した写真画像やビデオ動画映像を、
SDメモリーカードやxDピクチャーカード、スマートメディア、マイクロドライブ、
メモリースティック、マルチメディアカード、PCカード型ハードディスクといった
メモリーカード媒体に通常はファイルが保存されます。

ですが、デジカメの中には本体そのものにもフラッシュメモリまたは
バッファメモリが内蔵されていて、メモリーカードが無い時でも
写真を撮影して保存できるタイプも、最近では多く出てきています。

SDカードのように4GB・8GBほどの高い容量は無いのですが、ある程度の
写真画像の枚数は緊急用として記録して保持する事が可能です。

デジタルカメラ本体をUSBケーブルとUSBコネクタを通して
パソコンに接続すると、マイコンピュータにリムーバブルディスク(E)
といった表示のアイコンが出て、これを開くと内蔵フラッシュメモリの
フォルダを開いて写真を閲覧したり、画像ファイルをバックアップする事も出来ます。

普段のデジカメ操作中に、内蔵メモリに保存してあった写真画像や動画を
間違えて指定して削除してしまったり、うっかり一括で全てのデータを消してしまった場合は、
まず、それ以上は新しく写真を撮ってメモリに書き込まれないようにご注意ください。

デジカメ内蔵メモリの写真を再度復元するには? の続きを読む

水に濡れて壊れたデジタルカメラから画像は取り出せる?

デジタルカメラの本体に水やジュース、コーヒー、ジェルなどの液体物がかかってしまうと、
コードの差込口やボタンの隙間から内部の精密な回路にまで浸透してしまい、
サビやショートが発生してそのまま物理的に壊れてしまう可能性があります。

水分が付着した直後はまだ正常に動いたとしても、暫く時間が経つと
突然電流の回路が破損したり、徐々に湿気が充満したり金属が錆びついて
故障をきたす場合もあるため一度でも水に浸かったら安心はできません。

「デジカメの水没・水濡れの主な一因

・コップや缶を倒して飲料をカメラに零してしまった。
・海辺での撮影中に本体が塩水に浸かった。
・池や川、水溜りに落として水没させた。
・洗濯機に衣類と一緒に放り込んでしまった。
・大雨で衣服やカバンの中にあったカメラが水濡れした。
・洗面器やボールの中に浸してしまった。

デジカメで撮影した画像はSDメモリーカードやxDピクチャーカード、MMC、コンパクトフラッシュ、
メモリースティック、スマートメディアといった小型のデータ保存カードを差し込み、画像ファイルを
移動/コピーするか、最初からメモリーカードを差し込んでそちらに書き込むように設定して保管します。

そして写真ファイルが沢山溜まってきたら一度カードを抜き出してUSB2.0カードリーダー/ライターや
デジタルカメラのUSBコード接続でお持ちのパソコンにアクセスしてデータの移し変えを行います。

または直接デジカメ本体かめもリーカードを写真屋さんに持っていき、
そのまま専用紙に現像をしてもらう事もできます。

しかし、もしカメラ機能やデータ記録カードが水分の浸入による原因で
物理的に破損してしまうと機械からの読み込みが出来なくなる場合が多いため、
もしも水に濡れて壊れた時はすぐに手早く適切な処置を行う事が肝心です。

まず、水濡れした時にデジカメの電源を付けていた時はすぐにボタンをオフ状態にします。

そして一刻も早くタオルやハンカチ、ポケットティッシュなどの清潔な乾いた布で付着した水分を拭き取ります。

本体に挿入しているバッテリーとメモリーカードも手早く抜き取り、
これらに水気がある場合もすぐに拭い取りましょう。

レンズの渕やプラグの差込口などの細かい場所に残った水分は面貌や布の角などで払拭します。

そしてしばらく電源を入れずに長時間の間、乾かします。

軽く水がかかった場合は内部まで水が浸入せずに大丈夫な場合も多いですが、
本体が丸ごと水の溜まり場に落ちて全体が1秒でも浸かってしまったりした時は
後から少しずつ破損の症状が悪化していく危険もあります。

特に泥水や海水、ジュースやコーヒー、石鹸水などの、成分が多量に含まれる
液体に浸けてしまうと内部の部品にサビやショートが起きる確率も高くなります。

後で起動してみて問題が無かった場合でも、デジタルカメラを購入した店舗か
メーカーの修理サポートにお問い合わせをして、お持ち込みか郵送により
デジカメの故障状態の診断をしてもらわれることをお薦めします。

ただし、水濡れで故障した場合は1年~5年間の長期保証期間のサービスの適用外となっている
契約内容である場合も多いため、破損の診断や修理にある程度の費用はかかります。

次に、保存していた写真画像データの方なのですが、まずSDメモリーカードなどの記憶メディアに
最初から記録するように設定していた場合でしたら、本体が水濡れしても内部に収納されている
メモリーカードは特に水分が付着せず無事で、まだデータ画像は取り出せるケースも多いです。

すぐに本体の差込箇所から取り出してカードリーダーを通して読み込んでみます。

ある程度の範囲、時間で見ずに浸かってしまった場合には、それ以上は電気を通さず、
プロのデータリカバリーサービスに提出して、見てもらうことを推奨します。

水に濡れて壊れたデジタルカメラから画像は取り出せる? の続きを読む

フォトショップの画像ファイルを復元するには?

Adobe Photoshop【アドビ・フォトショップ】とは米国アドビシステムズ社
から販売されています、総合画像編集用アプリケーションソフトウェアです。

画像編集加工と新規作成の用途

業界でも標準的で最も需要の高いグラフィック作成ソフトの一つでもありフォトレタッチツールをはじめ
数多くの機能を持ち、デジタルカメラや携帯電話で撮影した写真画像の編集加工から、
CGイラストやグラフィック素材の作成など色々な用途があります。

画像の新規作成や加工編集をしている間はこまめに保存を行う必要があります。

いきなり停電や電源コードの引っ掛けによる断線といったアクシデントでパソコンの起動が落ちてしまったり、
フリーズやアプリケーションの強制終了エラーが起きてしまうとそれまでの作業工程が消えてしまうためです。

間違えたアクションでレイヤの下塗り等に失敗した時は編集メニューの『1段階戻る/進む』で
1アクションずつ取り消し・やり直しをして元に戻したり、前の状態を復元することができます。

しかし、Photoshop起動画面または開いた画像ファイルを一度閉じるとアンドゥ/リドゥのメモリが
解除されて取り消しとやり直しが利かなくなりますので、2パターン以上の編集状態の
画像を作りたい時は、別名で2個以上の画像ファイルを保存しておくと良いです。

プロのデータ復旧サービスセンターでなら、最も高い確率で、失った画像ファイルを復元してもらうことができます。

フォトショップの画像ファイルを復元するには? の続きを読む

FinePixのデジタルカメラ画像データを修復するには?

FinePix(ファインピックス)シリーズとは、富士フイルム【FUJI FILM】
より製造・発売されています人気のデジタルカメラ本体の規格です。

FinePix700が登場して以来、FinePix1500、FinePix6800Z、FinePix40i、FinePix Fシリーズ、
FinePix Zシリーズ、専用向けのFinePix A,E,J,V,S,REAL 3D など、様々な種類が存在します。

デジタルカメラで撮影した写真画像(jpegファイルやbmpファイル)の現像は
基本的に、専用の記録用メモリーカードをカメラに差し込んで
画像データをコピー後、パソコンに移し変えて自宅のプリンターで印刷する方法、
または直接カメラ本体を写真屋に持っていって現像してもらう方法があります。

しかしこの過程で間違ってコピーではなく削除やフォーマットをしてファイルを消した場合や、
FinePixカメラ本体を落としたり水没させて壊したらどうすれば修復できる?という疑問について。

まず、FinePixの記録用カードは以前のものでしたらスマートメディア、それ以降の製品は
xDピクチャーカードSDメモリーカードSDHCメモリーカードに対応されています。

これらのメモリーカードに保管していた画像データを削除してしまい、パソコンにもバックアップを
取っていなかったとしても、カードリーダーからとりあえず空のフォルダの読み込みができれば
専用の復元ソフトウェアツールを用いてのデータ修復が可能です。

主な画像ファイル復旧ソフトウェアには、TRISTARパワーリカバリーフォト、
デジカメ画像復元ソフトフォトリカバリー、Superファイル復活、完全データ復元PRO、
MediaRescue、などがあります。

リカバリーソフトはパソコンには最初から付いていないので
ソフト販売店やインターネットで購入/ダウンロードする必要があります。

なるべく多くのファイルを確実に修復するには、プロのデータ復旧サービスに注文をして、
メモリーカードの状態を見てもらうことを推奨します。

FinePixのデジタルカメラ画像データを修復するには? の続きを読む

画像ファイルの全コマを消去した時の復元方法は?

デジタルカメラやケータイ専用のmicroSDカードやminiSDカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、
スマートメディア、またはそれらに書き込まれた写真画像をコピーしてパソコンの中のマイピクチャなどに
新規作成で作った保管用フォルダには、大型サイズの画像ファイル(JPEG/BMP等)や
動画ファイル(QuickTimeムービー等)が何十、何百枚と収納されています。

誤ったファイルの削除

各ファイルをダブルクリックすると【Windows画像とFAXビューア】といった画面で
写真やイラスト、テキスト、線画を問わずあらゆる画像のイメージが閲覧できます。

撮影や描画に失敗していたファイルはフォルダの空き部分やビューア画面上を右クリックして『削除』を選ぶか、
またはデジカメや携帯電話などの機器に付いている削除機能を押す事でいつでも削除が可能です。

しかしここでうっかりやってしまいがちな よくあるミスとして、間違って違うファイルを選択して
消してしまったり、全ての画像を全選択してフォルダの中身を丸ごと全コマ抹消してしまうパターンです。

windows OSパソコン(ローカルディスクのエリア内)にあるファイルは削除の後、一旦ごみ箱に
移動されますのですぐには消えず、こちらからコピーやドロップで、元あったフォルダに引き戻せば
すぐに同じ形で復活される事が出来ます。

画像ファイルの全コマを消去した時の復元方法は? の続きを読む

撮影に失敗した写真画像ファイルは修復できる?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、ノートパソコンなどの写真撮影ができる機器で
撮った写真画像をいざ、パソコンのハードディスク内に移し変えて『画像とFAXビューア』の
イメージ表示や『Photoshop』で開いてみた時に、思ったよりずっとぼやけてしまったり
色が暗くなっていた、という場合はもっと綺麗に修復できる?という疑問について。

まず、写真画像の加工はPhotoShop(フォトショップ)やイラストレーターなどの
CGソフトウェアをお持ちでありましたら、自分自身でもある程度の補正が可能です。

主に使う機能は『フィルタ』の「色調」「ぼかし」「シャープ」などの機能です。

『色の調整』により明暗や彩度、色素を自由に変更したり、シャープでぼやけた部分を
多少はっきりとさせる事ができます。

また、画像の荒い部分をぼかしで滑らかにしたりと様々なカスタムテクニックで
写真を綺麗に加工し直す事もできます。

撮影に失敗した写真画像ファイルは修復できる? の続きを読む

デジタルカメラ製品本体はレストアしてもらえる?

デジタルカメラで撮影して保存した写真画像ファイルをSDカードやコンパクトフラッシュ、
xDピクチャーカードに移し変えてパソコン内に保管したはずのデータを間違って削除してしまったり、
なぜか途中の行程でファイル破損やエラーが起こり消えてしまった、といったハプニングが
起きた時は、プロのデータ復旧サービスに持っていき、復元をしてもらう事ができます。

しかしカメラ本体も強い衝撃や水濡れ、レンズのひび割れなどで故障していた場合、
ついでにレストア(リストア・レストレーション)作業をしてもらう事はできる?という質問について。

まずデータ復旧センターにも結構店舗によって様々なサポート内容の違いがあります。

パソコン専用の所から、論理障害のみ対応の所、デジタル機器の修理も行われている
大手のコンピューターサポート企業、またカメラ専門の修復サポート店もあります。

デジタルカメラ製品本体はレストアしてもらえる? の続きを読む

カメラのネガフィルムは復元できる?

デジタルカメラのように画像ファイルを作成してSDカードやCF、xDなどのチップに写真を保存するカメラではなく、
デジカメの普及以前に主流だった、ネガフィルムを使用して写真を撮るアナログ式の銀塩カメラを今もまだお使いの方は
大変多く、現在も写真屋さんではネガの現像ももちろん行ってもらえます。

写真画像の現像の失敗

アナログのカメラはデジカメとは違いネガに画像を写すため、パソコンから写真を読み込んで自分で現像することは
できないのですが、ネガがあれば通常、何枚も写真を焼き増ししてもらうこともできます。

しかしこのネガフィルムを現像に出した時、途中で撮影ミスで真っ暗な写真が入ったりすると
その部分から最後まで上手く現像ができない場合もありまして、せっかく撮ったのに
後で映っていなかったためがっかりした、という苦い思い出をお持ちの方も多いかと思われます。

そんな時には、写真を何とかして正常に現像することはできる?という疑問について。

カメラのネガフィルムは復元できる? の続きを読む

水没で故障したデジタルカメラからデータ復旧を行うには?

普段お使いのデジタルカメラやビデオカメラをうっかり水分に浸けてしまった場合、
内蔵フラッシュメモリや差し込みしたSDカードなどに影響を与えないために、
どうすれば安全にデータ復旧などの対処ができる?という疑問について。

主なトラブルの事例

・ポケットからの出し入れなどの際に水たまりに落としてしまった。
・コーヒーやジュースの入ったコップやペットボトルをデジカメ本体に倒してしまった。
・うっかり洗濯物と一緒にコンパクトカメラを洗ってしまった。
・洗面器や浴槽の中に落としてしまった。
・豪雨に打たれて鞄の中に雨水が浸透してデジタルカメラまでずぶ濡れになってしまった

こういったトラブルで浸水したデジタルカメラはどうなる?という問題について。

まず、CanonやSONY、富士フィルムなどの各メーカーで販売されています
耐水性能を備えた防水機能付きの一部のデジタルカメラならまだ安心です。

しかし耐水用に作られていない多くのカメラ製品は、一度完全に水に浸かると
SDカードやイヤホンの差込口、接続面などの微細な隙間から
水分が浸食してしまい、多くの場合で何らかの故障を起こしてしまう可能性があります。

表面が少し濡れたくらいであればすぐに拭き取るくらいで問題ないのですが、
水没させてしまうと自然乾燥では水分を完全には除去できず、
精密機器の内部に錆やショート、曇りといった故障を起こすおそれもあります。

水没で故障したデジタルカメラからデータ復旧を行うには? の続きを読む

デジタルカメラをパソコンが認識しない原因と復旧の手順とは?

デジタル一眼レフカメラやコンパクトサイズのデジタルカメラ
写真や動画を撮影して内蔵メモリやSDカード等に保存した後で
パソコンで読み込もうとしたら、最初のうちは正常に認識しないことも多いですね。

基本的には製品に付属されているUSBケーブルのコードを取り出して、
デジタルカメラ本体のコネクタとPCのUSBポートを繋げるだけでデバイスに読み込みができます。

ですが、何かの理由でメモリーカード内のデータが開けないことも
実際に時々あるので、それらの主な原因と復旧の手順について書いていきます。

まず、基本的に、デジタルカメラのSDメモリーカードなどを、パソコンが認識しない状態から
直すには、やはりプロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
状態を見てもらうのが、最も確実な修復の方法になります。

デジタルカメラをパソコンが認識しない原因と復旧の手順とは? の続きを読む

マイクロドライブのデータを復元するには?

デジタルカメラで撮影した写真画像をパソコンに移し変える時などに便利な
マイクロドライブ[Microdrive]とは、IBM社により開発・販売されている記憶媒体です。
(現在は主に日立(HITACHI)の製品が普及しています。)

SDメモリーカードやxDピクチャーカードなど半導体メモリとは少し違いまして、
HDDと同じ磁気ディスクの構成により記録をする仕組みになっています。

またデジカメ以外にもNOMAD MuVoといったポータブルデバイスのメディアに搭載されています。

このMicrodriveに保管していたファイルを何らかのトラブルで失ってしまったら復元はできる?という疑問について。

誤ってカメラ画像などを消去されてしまったり、フォーマットにより全消去してしまった場合は、
まず新しくデータを上書きすると、記録ファイルの痕跡(復旧の手がかりとなる部分)までが消えてしまいます。

痕跡がなくなってしまうのを防ぐために、それ以上の読み込みや上書きは行わないでください。

マイクロドライブのデータを復元するには? の続きを読む

スマートメディアの写真画像を復旧するには?

デジタルカメラに使われているスマートメディア(SSFDC、SmartMedia)とは
東芝により開発された小型のフラッシュメモリカードです。

[主なSmartMedia製品]
:FUJIFILM(フジフィルム) MG-128SW(ID付きスマートメディア:128MB)
:アビリティークリエイト スマートメディア ID付き[128MB] DF-128SM
:グリーンハウス GH-SMF64MB

単価が安いものの読み出しの速度が他メディアにやや劣るためか近年では
SDカードやXDピクチャーカードに押されて徐々に普及が縮小化しつつあり、
現在新規の生産はストップしているもののこれまでに販売された、または
店頭在庫に残るスマートメディアと合わせて今でもデータ保存メディアとしての使用ができます。

保管データが読み込めない時の修復

スマートメディアは縦幅45mm、横幅37mm、厚さ0.76mm、重量1.8gと非常に小型で薄いため強度が弱く、
強い衝撃などを受けて保存画像の読み込みに問題が生じることが起きやすい規格でもあります。

また互換性には優れず、他メディアとの接続によっては読み出しが
できなかったりエラーが生じるなどと汎用性に乏しい欠点もあります。

スマートメディアの写真画像を復旧するには? の続きを読む

携帯電話のカメラで撮った写真画像を喪失した時に復旧するには?

携帯電話には今や、写真画像をJPEGなどの電子ファイルとして撮影・加工ができる
「デジタルカメラ機能」が標準装備になっています。

現在販売されているほとんどの携帯機種で写真を撮ることができます。

画像サイズも1200×1600ピクセルなど大型のサイズで写真が撮れて、
また接写撮影、ナイトモード、手ぶれ補正、画質調整など撮影に必要な
多くの補助機能が搭載され、画質・機能ともにデジタルカメラに近いほど進歩しています。

[保存した携帯写真が見れなくなったら?]

ケータイのレンズで撮った写真は本体の内蔵フラッシュメモリか、
内部に差し込みできるmicroSDカードに保管されます。

そしてあとで画像を印刷したり、いっぱいになった容量を空けるために
自分でパソコンなどに移し変える事もできます。

ですが、SDカードやPCのハードディスクに移動させる前にうっかり携帯を落としてしまったり、
水没やクラッシュなどで破損して携帯が読み込めなくなった時はどうすればいい?という疑問について。

これらの場合、携帯電話機の本体そのものが壊れても、
中身のデータの保存領域そのものは無事である可能性もあります。

例えば液晶モニタが映らなくなった場合、電源ボタンやホームボタンなどの操作自体はできて、
普通に電源自体はまだ付くようでしたら、パソコンをご自身でお持ちであれば付属の
USBコードで接続して、WindowsのエクスプローラやMac OS XのFinderから読み込んでみてください。

携帯電話のカメラで撮った写真画像を喪失した時に復旧するには? の続きを読む

XDピクチャーカードの写真画像を復元するには?

xDピクチャーカード」(xD-Picture Card)とはデジタルカメラなどに使われる
富士フィルム(FUJIFILM)のデータ保存用メモリーカードの記憶媒体です。

16MB、64MB(メガバイト)、容量の大きいものでは2GB(ギガバイト)の容量があり、
デジカメで撮った写真画像を保存してからカードリーダーを通して
パソコンにファイルを移動させたりといった使い道があります。

最近の販売製品一覧

オリンパス
OLYMPUS XDピクチャーカード Type M+ M-XD2GMP
オリンパス XD ピクチャーカード TYPE-M+ M-XD1GMP 高速タイプ

富士フイルム
FUJIFILM DPC-M512 xDピクチャーカード 512MB タイプM
富士フイルム xDピクチャーカード 2GB タイプM+ DPC-MP2GB

エスコ
2gb Xdピクチャーカード Ea759gm-7

東芝
TOSHIBA xDピクチャーカード 2GB TypeM XDP-M002GT

写真の画像で容量がいっぱいになったら、ハードディスクなどに移し替えてから
削除して空にしてからまた使う事ができるのですが、
もしうっかり画像を先に削除してしまったらどうすれば復元できる?というご質問について。

まず、Mac OS Xのパソコン上で、USB接続したxDピクチャーカードの
内部ファイルをFinderから削除した場合は、ゴミ箱に一度移動されますので、
こちらを開いて元の場所に戻すかバックアップを取って復元します。

Windowsのパソコン上ではリムーバブルディスクのデータをエクスプローラーなどから消去すると、
ゴミ箱に移らずそのまま削除されますのでご注意ください。

その際にもまだ拡張子の痕跡自体はセクタに残留していて、そこから復元ができる見込みもあります。

XDピクチャーカードの写真画像を復元するには? の続きを読む

デジカメの写真画像を復元するには?

家族、友人との記念撮影や趣味、コレクション、仕事などの機会で撮ってきた
デジタルカメラ」(Digital camera/略称:デジカメ)の写真画像ファイルを
間違って削除してしまった時にはどうすればいい?という疑問について。

デジカメは撮影した画像のデータをデジタル信号として内蔵メモリーの場所か、または本体の
差込口に挿入したSDカード・CFカード・マルチメディアカード・メモリースティック・xD Picture card
などのメモリーカード媒体に記録して、「JPG」といった拡張子として保管します。

Photo画像ファイルを修復

パソコンのCドライブやDドライブに移し替えて保存していた
写真の画像やビデオ動画のファイルを間違えて消してしまった場合は、
まだ「ゴミ箱」のフォルダーに移行されて残っている状態である場合が多いです。

ディスククリーンアップなどを行っていなければ、
ゴミ箱を開いて「元に戻す」の指示を出すと、前にあったフォルダーに復元できます。

ですが、間違えてカメラ本体の内蔵フラッシュメモリや外部のメモリーカードから写真を削除すると、
ゴミ箱機能のないメモリーカード媒体ではすぐにファイルが表示上では消えてしまいます。

そうなると画像が開けなくなるので、日々のカメラ写真の取り扱いには注意が必要です。

しかし、デジタルカメラやデジタルビデオカメラの方のSDカードや内蔵フラッシュメモリに
まだ写真画像の「拡張子の痕跡」が残っている可能性があります。

デジカメの写真画像を復元するには? の続きを読む

カメラ機能で撮影した写真のデータ復元をするには?

デジタルカメラ」(digital camera)やデジタルビデオカメラなどの撮影装置で
作成した画像ファイル、またはほかのデジタル信号として記録する撮影装置や、
撮影機能を搭載したノートパソコンや小型のコンピューター端末で撮って
作成した写真やムービーのファイルを、誤って削除したり読み込めなくなったら、

どのように対処すればデータ復旧ができる?という際の、主なトラブル解決の方法について、
来訪者の皆さまからいただけましたご質問を元に、
トラブルシューティングの質問と回答の形で解説いたします。

まず、デジタルカメラをうっかり床に落として電源が付かなくなり、
写真データがまだ中に入ったままで、どうすれば取り出しができる?という場合について。

例えば、デジタル一眼レフカメラで撮った写真画像やムービーのファイルを
本体の内蔵フラッシュメモリーではなく、
SDカードやコンパクトフラッシュの方に記録するように設定を変更していれば、
たとえカメラが故障して使えなくなってもメモリーカードだけを本体から取り出せます。

USBカードリーダー/ライターを通して、
USBマスストレージクラス(USB Mass Storage Class)の規格からパソコンの
デバイスマネージャーで読み込んで、エクスプローラー画面で開くこともできます。

しかし、差し込んでいたSDカードの方まで割れていたり錆びて腐食していた場合は
コンピューター上で読み込みができない、というケースもあります。

SDメモリーカードやCFの中のメモリーチップが無事で割れたりしていなければ、
データ復旧サービスにて、保管していた写真ファイルを救出してもらえます。

カメラ機能で撮影した写真のデータ復元をするには? の続きを読む

デジタルカメラから消えた写真画像のデータを復旧するには?

近年のデジタルカメラ(digital camera)やビデオカメラ、写真撮影機能付きの端末は、
SDカードやコンパクトフラッシュなどの大容量のデータ記憶メディアの登場により、
デジタルデータとして大量の写真画像を保存できるようになりました。

その分、一度に多くのデータをJPGなどの拡張子としてカメラ店に出して現像してもらったり、
パソコンに出力してファイルをプリンターで印刷して写真に加工できるので手間も省けます。

しかしながら、コンピューター上のファイルとして保存しているため、
間違えて「消去」の操作をしたり、メモリーカードをうっかり「初期化」して丸ごとすべての写真を
削除してしまうミスを起こしてしまうケースがたびたび出てきやすい点もあります。

そんな時にはどうすれば失ったフォト画像を復旧させることができる?という疑問について。

拡張子の痕跡データのサルベージ

まず、撮影した写真の画像ファイルを保存してパソコンにコピーで移動したり、カメラ店のプリント印刷サービスの方で
現像するのに使う記録用カードメモリには、xD-PictureCard、SDXCメモリーカード、microSDメモリーカード、
スマートメディア、コンパクトフラッシュ、メモリースティックと、いくつかの種類の規格があります。

写真を削除したメモリーカードにはまだ完全に拡張子がなくなったわけではなく、
前のデータの「痕跡」が残留していて、そこから拾い上げる事ができる見込みがあります。

それ以上新しい写真を撮ってそのファイルで空き容量を上書きすると前の痕跡が
消えてしまうおそれがあるので、ひとまずデジタルカメラを使わないようにします。

デジタルカメラから消えた写真画像のデータを復旧するには? の続きを読む

ネットワークカメラがインターネットに繋がらない原因は?

ネットワークカメラ』 (network camera)は、レンズに映した映像をインターネットに接続して
リアルタイムの中継や録画ムービー、スナップ写真として閲覧ができる電子機器です。

カメラが設置された場所を遠く離れた場所からいつでもデスクトップパソコンや
ノートパソコンやなどのコンピューターで状況を確認したり、
機能を遠隔操作することもできる、大変便利なハードウェアです。

主に防犯カメラや、業務での顧客に向けての中継用カメラとして用いられて、
個人・法人を問わず近年ではネットの発達とともに普及が始まっています。

付属のハードディスクレコーダーでインターネットに接続してリモート機能を使い、
パソコンなどに専用のユーティリティーをインストールして開き、
外出先でいつでもカメラの映像をリアルタイムで中継して閲覧できます。

また、防犯カメラなど各製品によっては、以下のように便利な防犯機能が数多く搭載されています。

主なネットワークカメラの特殊な機能

・オート・手動で警告音(警報)を鳴らす。
・スナップ写真を撮る。
・ビデオ映像を録画する。
・赤外線モードで夜中も鮮明に映像を撮る。
・動体感知や人体感知の機能で反応して、画面の前で動きがあったら
 写真付きメールを管理者宛てに自動的に送信する。

その分、設置する際に最初はインターネットで見れるようにするために
少しばかり複雑な設定を行って、それらをすべてクリアする必要があります。

自分自身で市販のネットワークカメラを購入してみたけど
リモート監視機能などの設定を実際にを行うと非常に複雑で難しい、

または前に防犯監視カメラの取り付け工事を行ってもらった際に、インターネットの設定もすべて
代行で行ってもらっていたので、急に繋がらないトラブルが出た時に自分自身では何が原因であるか
よくわからないと、いった疑問について、下記にて一例を記述していきます。

※ネットワークカメラの製品やサービスの提供元によって仕様が異なります。
 特に英語版の機材はインストール時のセットアップを慎重に行ってください。

※先に付属の取扱説明書やインターネット上のオンライン解説書を確認して、
 何か設定をし忘れている操作が残っていないか見直してください。

ネットワークカメラがインターネットに繋がらない原因は? の続きを読む

デジタルカメラのバッテリーの寿命が近づいたら交換

デジタルカメラ[digital camera]は撮像素子の技術によって
デジタル上で静止画の写真やビデオムービーを撮影して保存する電子機器です。

デジタルカメラのメーカーには、 Canon(キャノン)、Sony(ソニー)、
Panasonic(パナソニック)、Olympus(オリンパス)、AGFAPHOTO、aigo、easypix、
EXEMODE、GE、MINOX、YASHICA、カシオ、キングジム、グリーンハウス、ケンコー、
コダック、シグマ、ゾックス、ニコン、ペンタックス、ポラロイド、ライカ、
リコー、三洋電機、日立、富士フイルム、と、数多くの製品が登場しています。

デジタルカメラ本体には、ノートパソコンやタブレット端末などの他のモバイル機器と同じく
ケースの内部に専用の「バッテリー」(battery)が搭載されています。

そのため電源コンセントからコードを繋げて電気を供給しなくても、
電池からの電力によりワイヤレスの状態で持ち歩きながらの使用ができます。

またバッテリーはケースの蓋を開けてから簡単に抜き出すこともできます。

電池の残量メーターが減少してきたら付属の電源コードをコンセントに繋げて充電するか、
または予備のバッテリーに交換する必要があります。

デジタルカメラのバッテリーの寿命が近づいたら交換 の続きを読む

デジカメのバッテリーの時間を長持ちさせるには?

デジタルカメラを長時間持ちながら写真やビデオの撮影をしていくうちに、
バッテリーがあっという間になくなることも多いです。

近年では数十GBあるSDHCメモリーカードやコンパクトフラッシュ、xDカードなど
大容量の記録装置が多く撮影枚数も増やせる分、長い時間電源を付けて
いろいろ撮っていくうちに、バッテリーがすぐ無くなることも多いですね。

デジカメの電源をずっとオンにしていると、たとえ写真やムービーを撮る枚数が
少なくても、液晶画面がオンになっている状態であると電力をどんどん消費して
電池の減りが早くなるため、液晶画面示をオフに出来るカメラの場合はOFFにして、
または使わない時にはなるべくこまめに電源を切るのが電池の節約になります。

デジカメのバッテリーの時間を長持ちさせるには? の続きを読む

コンパクトフラッシュ(CFカード)のデータを復元するには?

デジタルカメラやハンドヘルドコンピュータのデータ保存用カードとして
使用されている、SanDisk社のコンパクトフラッシュ【CF・CompactFlash】に
保管していた写真画像などのデータファイルを間違って削除するなどで
消えてしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

コンパクトフラッシュメモリーカードはカメラの写真現像取扱店やコンビニのコピー機で
現像される方も多いのですが、UBSカードリーダー/ライターなどの専用接続機器を通して
パソコンからCFカードの内部フォルダを読み込んで復旧することも可能です。

CompactFlash内ファイルの修復

接続語デバイスドライバに正常に認識された後にマイコンピュータ上では
リムーバブルディスク(E,F,G,H,I~のいずれか)として表示されます。

ハードディスクドライブの外の記憶領域であるため『システムの復元』では
コンパクトフラッシュメモリーカードの消去されたファイルは元に戻らないのですが、

そのかわりに株式会社ジャングルの『完全復元プロ』や
AOSテクノロジーズの『ファイナルデータ特別復元版/乗換優待版
といったデータ復元ソフトを購入/セットアップして修復を試みることが出来ます。

CFカードの規格自体が損傷していなくて正常に読み込みできれば、
中身のフォルダをスキャンして、痕跡からソフトウェアの機能で復元を行えます。

コンパクトフラッシュ(CFカード)のデータを復元するには? の続きを読む

xD-Picture Cardの写真データ復旧を行うには?

データ保存用カード規格の一つ、xD-Picture Card(xDピクチャーカード)は富士フイルムにより
開発・販売されています、デジタルカメラ専用のメモリーカードで、FUJIFILMをはじめとする
デジカメ製品の写真画像ファイルの保存用として普及しています。

以前は16GBと今現在で見ると最大容量は低かったのですが、
近年では1GB・ 2GBと記録できる容量が大幅に上がっています。

xDピクチャーカードは完全にデジカメ専用の媒体なのでSDカードやUSBフラッシュメモリほど
広く普及はしていないのですが、他のメモリーカードと同じくPCのカードリーダーや写真屋の
自動注文機械、コンビニのコピー機など様々な媒体を通して読み込むことが出来ます。

もしファイルのコピー移動と間違えて写真画像ファイルをうっかり消去してしまったり、
デジタルカメラの操作中にxD-Picture Cardの画像データを誤って削除してしまっても、
抹消直後の時点でしたらまだパソコンや専門リカバリーサービスを通して元に戻すことも可能です。

xD-Picture Cardの写真データ復旧を行うには? の続きを読む

壊れたデジタルカメラを修理するには?

お使いのデジタルカメラをうっかりコンクリートや高いところから落としてしまい割ってしまったり、
水の中に落としてしまう、また強い圧迫でレンズやシャッターボタンが割れてしまうなど、デジカメは
持ち歩いて使う分、デスクトップパソコンの周辺機器などよりもやや破損が起こりやすい点もあります。

また、ほとんどのデジカメ製品がすでに完成して出荷されている商品なので、自作PCのように
誰でも簡単に分解してパーツ交換ができるハードウェア機器、というものでもありません。

カメラ本体の分解をするには専門の知識がそれなりに必要になりますし、
メーカー独自のパーツが無ければ直らない時もあります。

また、個人で分解をすると保証修理の期限が無効になる可能性が高いため、
無理に自分自身で部品をバラしてしまうのは控えましょう。

壊れたデジタルカメラを修理するには? の続きを読む

デジタルカメラの削除した写真画像データを復元するには?

デジタルカメラや携帯電話のカメラ機能で撮影した写真は通常、アナログカメラと違い
ネガフィルムではなく、パソコンの拡張子ファイル(IMG・JPEG等)の画像データとして保存されます。

保存した撮影画像ファイルはデジタルカメラに差し込むUSBメモリーカード
すなわちSDカードやxDピクチャーカード、CF(コンパクトフラッシュメモリーカード)、
スマートメディアといった種類のカード媒体に記録され、これらをカメラ屋さんに
持っていって短時間で写真に加工してもらったり、また自宅のPCから
カードリーダーを通して読み込んで自分でプリンターを使い印刷することもできます。

しかし、もしパソコンにコピーしてファイルを移し変える時に間違えて削除を
してしまったり他の同名のファイルに上書きをしてしまったりした場合、
またはカードを誤ってフォーマット(初期化)して画像データごと全て
抹消してしまった場合はどうすればデータを復元できる?という疑問について。

まず、ローカルディスク内のフォルダに保存してある写真データでしたら
『システムの復元』機能を使ってHDD全体を少し前の状態に戻す事で修復できるのですが、
SDカード等、外部接続媒体の方のデータの場合は、
専門の画像復元ソフトウェアをインストールして読み込んで直す方法があります。

・『フォトリカバリー・ファイナルデータ/Finaldata』
・『デジカメ消去画像かんたん復活』
・『完全データ復元PRO』
・『完全メモリーカード復元』
・『MediaRescue.R3』

など、画像ファイルやメモリーカード媒体専用のデータ復活ソフトが多数販売されていますので、
お手軽に写真画像を復旧したいという際にはそれらを使用されてみてください。

デジタルカメラの削除した写真画像データを復元するには? の続きを読む

カメラレンズを清掃して手入れするには?

デジタルカメラ(DIGITAL CAMERA)は
名称の通りデジタル方式で素子から写真を撮影して保存するカメラです。

コンパクトサイズの小型カメラから本格的な一眼レフデジタルカメラ、
または携帯電話やPDA、スマートフォン、タブレット端末に搭載された
写真撮影機能など、近年では幅広くさまざまな種類の製品が登場しています。

カメラは[写真レンズ]に蓋をしていない時、外で持ち歩きをしたり写真を撮って使っていくうちに
次第にホコリや脂汚れ、小さなゴミ、水滴などが付着して汚れていきます。

これらの異物がレンズ部分の表面に付着したままだと
写真にも影が映ってしまうため、こまめに清掃して除去する必要もあります。

カメラレンズを清掃して手入れするには? の続きを読む