新着エントリー

Instagramのデータのバックアップと復元を行うには?
閉鎖したホームページのサーバからデータを復旧するには?
パソコンで使うポータブルSSDのデータを復元するには?







コンテンツページの一覧

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

【各コンピューター機器別のデータ復活方法一覧】

パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。

【ソフトウェア上で起こる問題を修復する手法の一覧】

ソフトウェアの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。

【トラブル・障害の原因とシステム回復手段の一覧】

コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。

【パソコンのファイルの復元とリカバリーの手順の一覧】

間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。

【データのバックアップと保護対策を行う技法の一覧】

大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。

【専門業者のデータ復旧サービス一覧】

専門で回復の作業を行ってもらえるデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】  【免責事項・著作権】  【プライバシーポリシー】  【サイトマップページ】  【掲示板・メールフォーム】   【RSSフィード
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、各コンテンツのリスト、お問い合わせメールなどについての一覧ページです。



カテゴリーページの一覧

主にコンピューター上で取り扱うファイルを失った時に復元する方法やデータ復旧のサービス、またテクノロジーに関連する、それぞれのコンテンツの分野、またHDDやメモリーカードなどの補助記憶装置といった電子機器の種類ごとにエントリーページを区分けした、一覧ページのリストです。

データ復旧とは?

故障の診断・検査

修復料金・価格

データ復旧サービスセンター

東日本の都道府県別の専門業者

西日本の各地域別の業者一覧

ハードディスクドライブの救出

RAID・ミラーリング

外付けHDD

SSDの救出

サーバーダウンの復帰

NAS・LANDISKの不調

TeraStation

LinkStation

デスクトップパソコン

デバイスが認識しない

ノートパソコン

USBメモリー

SDカード

メモリーカード

リムーバブルディスク

CD-R/RW

DVD-RAM/RW

ブルーレイディスク

デジタルカメラの写真を復活

ビデオカメラ動画の回復

MOのサルベージ

FD:フロッピーディスク

壊れたPCの部品交換

Windows

Macintosh

Linux・Ubuntu OS

データベースの修復

ファイルの取り出し

コンピューターの修理

ごみ箱の削除後の復元

上書き保存を元に戻す

フォルダーの消失

消去した拡張子を直す

初期化・フォーマット後

ファイルの破損・エラー

プログラムが開けない

システムのリカバリー

電子メールの復活

バックアップから復活

ソフトウェアでの復元

パーティションの変更

Excel・Word Office

セキュリティの設定

インターネットのトラブル解決




データ復旧についての解説

当ホームページでは、主にパソコンをはじめとするコンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、何かの形で元に戻して修復する方法やリカバリーのサービスについて紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、コンピューターとそれに接続する各種のストレージを取り扱う上での疑問について、初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

一例:『記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?』

データの補助記憶装置は、重要な回路が物理的に破損してしまうと「物理障害」という故障の部類に当てはまり、内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクの内部回路に深刻な損壊が出ていなければ、まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)といった装置は、一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になることもあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている「読み書きヘッド」という装置が、ディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に吸着して、異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。

そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、そこで物理障害のアクシデントからの回復に対応された専門のデータ復旧サービスに問い合わせをして、故障したドライブ装置の検査をしてもらうことが、最も確実な復元方法になります。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で見てもらえます。

機器の内部回路の読み出し・分解・抽出といったデータリカバリーサービスでの作業によって、中身の大事なデータを救出してもらわれることをおすすめします。



新しい記事ページの一覧

当ホームページの、新しい投稿ページの見出しの一覧リストです。

Instagramのデータのバックアップと復元を行うには?

大手のソーシャルネットワーキングサービス「Facebook(フェイスブック)」を運営されている企業
Facebook, Incから提供されています写真投稿型のSNS「Instagram」(インスタグラム)を日々お使いの際に、
間違えて投稿した写真などのデータを削除してしまったり、アカウントを誤って消去してしまった、
といった時に備えて、データをバックアップしたり、後で復元するにはどうすればいい?という疑問について。

バックアップ機能を使用

まず、Instagramには現在、これまでのログのバックアップ機能が搭載されていますので、
こちらを用いていつでも、過去の投稿データを保存することができます。

最初にInstagramログイン(サインイン)して、ユーザーのプロフィールページを開きます。

「プロフィールページを編集」またはその右側にあるアイコンをクリックして、
次に「プライバシーとセキュリティ」→下部にある「ダウンロードをリクエスト」と進みます。

メールを送るためのメールアドレスを入力して、送信を行います。

これで、メールの受信まで少し待つとデータをバックアップするための必要な作業を行うことができます。

Instagramのデータのバックアップと復元を行うには? の続きを読む

閉鎖したホームページのサーバからデータを復旧するには?

インターネット上には、ホームページ、ウェブログ、掲示板などのページが数多くあるのですが、
管理者の方々の事情や、会社の業績の流れ、サービスの変更、ウェブページ上のサービスの終了、
またサイトアドレスの移転、といった理由により、いつかは閉鎖されてしまう場合もまた多いです。

ご自身で管理されているホームページやウェブログ、掲示板、Wiki、アンケートなどのウェブページを、
ある時に何かの事情で閉鎖した際に、うっかりサイトの中のデータをバックアップするのを忘れていた、
またはよくアクセスして閲覧していたSNSやポータルサイトといったサービスが終了した時に、
必要なウェブ上のデータがまだ残ってため、何とか復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

ファイルマネージャーにまだログインできるかどうかを確認

まず、ご自身で運営されていたホームページの場合、ウェブページを閉鎖しても、
レンタルサーバで契約したユーザーアカウント自体がまだ残っていれば、
ホームページの管理する「ファイルマネージャー」に、ひと通りのデータが残っている見込みがあります。

特にデータの削除の操作などをしていなければ、ログインして入るレンタルサーバやブログサービスの管理画面から
「ファイルマネージャー」や「コンテンツの一覧」を開いて、作成されているフォルダーの一覧を開きます。

必要なHTMLやphp、CSS、テキスト、画像などのファイルが見つかりましたら、そちらをエクスポートするか、
コピー&ペーストなどで、パソコン上、または外付けハードディスクドライブやRAID、NAS、DVD-Rなどに保存します。

閉鎖したホームページのサーバからデータを復旧するには? の続きを読む

パソコンで使うポータブルSSDのデータを復元するには?

高速の読み込みで耐衝撃にも優れた、フラッシュメモリを導入された、外付けのデータ記憶装置
「ポータブルSSD」(Portable Solid State Drive/フラッシュメモリドライブ)をパソコン上で使用している時に、
ファイルを消失したり読み込みができなくなったら、どうすればデータを復元できる?という疑問について。

主なポータブルSSDのメーカーと製品の一覧

・BUFFALO(バッファロー):ポータブルSSD 日本製 USB3.1(Gen1) 対応 240GB SSD-PG240U3-B/N
・ELECOM(エレコム):外付けSSD ポータブル 240GB USB3.0 USB3.1(Gen1) TLC 小型 軽量 ESD-ED0240GBK
・WD(ウェスタンデジタル):外付け ポータブルSSD 500GB USB3.0 My Passport Go WDBMCG5000ABT-WESN
・I-O DATA(アイオーデータ):ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E
・KINGMAX(キングマックス):外付け ポータブルSSD 400MB/s(R) 390MB/s(W) USB 3.1 Gen 1 KM240GKE31WE
・Transcend(トランセンド):外付け ポータブルSSD 480GB USB3.1(Gen2)Type-A/Type-C 対応 TS480GESD240C
・SanDisk(サンディスク):ポータブルSSD 500GB USB3.1 Gen2 防滴 耐振 耐衝撃 SDSSDE60-500G-J25 Extreme Portable

ゴミ箱フォルダーへの移行

まず、ポータブルSSDはフラッシュメモリ型のストレージですが、外付けハードディスクドライブと同じく、
Microsoft WindowsのパソコンにUSB接続した時は、USBドライブではなく、ローカルディスクとして扱われます。

そのため、ポータブルSSDに保存されたファイルを、エクスプローラーの画面から削除した場合は、
まず消去される前に、Windowsのパソコン上にある「ゴミ箱」のフォルダーに、一度移行します。

デスクトップ画面にあるゴミ箱のアイコンを開いて、ファイルの一覧に、復元したい対象の
「ドライブのアルファベット名:¥ファイル名」のデータが見つかりましたら、そちらを選択して
「右クリック→元に戻す」を実行すると、以前のポータブルSSDの場所に、削除したデータが復旧できます。

またMacのOSのパソコンでも同様に、Finder上から消去したポータブルSSDのデータは、一度ゴミ箱の中に移行します。

パソコンで使うポータブルSSDのデータを復元するには? の続きを読む

多くて読みにくいデータから必要な箇所をサルベージするには?

日々取り扱っているパソコンの内部のハードディスクやSSD、携帯情報端末、外付けHDD、RAID、サーバー上にあるフォルダーや、インターネット上のファイルマネージャーのディレクトリの中には、非常に膨大な数のファイルが保存されていることが多いです。

その中から特定の必要なファイルを探したいけれど数が多すぎてなかなか見つからない、またはファイルにある書き込まれたデータの量(サイズ)が多いため、必要な箇所がなかなか見つけられない場合には、どうすれば使いたい部分をサルベージして発見できる?という疑問について。

検索ボックスを使ったサルベージの仕方

まず、基本的なデータ内の箇所の探し方としまして、ファイルやページを開いた状態で、「Ctrlキー」(ConTRoL key)+「Fキー」を入力して、検索ボックスのバルーンを開きます。

またはソフトウェアに備え付けのツールバーや、ウェブサイトのサービスによって設置されている検索窓を使用します。

そこに探したいデータに関連するワードを入力して検索ボタンを押して、サーチを実行します。

データが検知できましたら、その位置に自動的にスクロールされます。必要なデータの部分が表示されましたら、こちらをそのまま使用する、またはバックアップを別のわかりやすい箇所に取って保存される形でサルベージするのも、再度使用する時に便利です。

複数の候補が検知できた場合は、上または下から順番に表示されていきますので、「次を検索」といった表記のボタンを押していって順番にそれぞれのデータの箇所を確認してきます。

多くて読みにくいデータから必要な箇所をサルベージするには? の続きを読む

ウェブページのデザインを変更した後でデータを元に戻すには?

主にインターネット上で閲覧するウェブページを構成する「.html」や「.xml」「.css」「.php」「.js」といった拡張子のファイルを、デザインの変更などのために更新で上書き保存をした後で、正常にコンテンツが表示されていなかったりした時に、後から元のデータに戻すには、どのようにすればいい?という疑問について。

アンドゥ機能の活用と限度

まず、テキストエディタやホームページビルダーといったソフトウェアをパソコン上で開いて、ソースのデータの編集(edit)をする作業を行っている場合には、まだページを閉じていない状態であれば、上書き保存の後でも「元に戻す」(アンドゥ/取消)の機能で一定の回数まで変更した段階を遡る形で以前の状態に修復してみます。

「元に戻す」の遡れる回数には上限が決まっているため、そちらが少ない場合には、ソフトウェアによっては上限の設定を変更することもできます。

また、パソコンのメモリを高い性能をものに交換すると、一時データの保存の限度にも余裕ができます。

自動的に予備のデータが保存されるバックアップファイル(bakファイル)の作成機能の場合は、上書き保存とほぼ同時に予備のデータも上書きされるため、大体の場合は、更新する前のデータ自体はそこからは引き出せないことが多いです。

予備データの自動保存に数分ほどの差がある機能の場合は、その時間の中でファイルを開けば、変更される前のデータを復元できる可能性はあります。

ウェブページのデザインを変更した後でデータを元に戻すには? の続きを読む

サイトのテンプレートのデータが破損した時に復元するには?

ウェブサイトの内部の各ページを構成しているHTMLといったマークアップ言語で構築された、
画面表示のための「テンプレート」(template)で、ある時、サイトの機能やプラグインの
アップデートの際にエラーが発生したり、または自身で文書をカスタマイズされている時に
誤って破損させてしまった場合は、どうすれば復元できる?という疑問について。

まず、テンプレートの初期の状態のバックアップのデータが事前にパソコン上のHDDやSSD、
クラウドストレージ、ファイルマネージャーといったディレクトリに保存されていましたら、
そちらを開いて、表示が崩れた状態のテンプレートと貼り替える形で、元に戻すことができます。

新しく何かのプラグインをインストールしたり、何かの機能をオンにした後で画面が崩れた時は、
一旦それらのプラグインや機能をオフにすると、自動的に以前の状態に復元する場合が多いです。

サイトのテンプレートのデータが破損した時に復元するには? の続きを読む

デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラを持参して写真や動画を撮影していく際に、
誤って人とぶつかってしまう、転倒してしまう、乗り物での走行移動中に振動などで
強い衝撃を受ける、誤って水濡れ・水没させてしまう、といった破損の事故が出てしまったり、
経年劣化で故障した際に、修理や交換と同時にデータの復旧を行うには?という疑問について。

まず、デジタルカメラの製品本体がその内部の回路まで破損した場合、一眼レフカメラのレンズや
バッテリー、そしてメモリーカードといった、換装が効く部品がまだ無事でしたら、
そちらのみを取り外して、別の同じ製品本体に交換した時に、再度使用の継続もできます。

デジタルカメラの内部パーツのうちのどれかが破損しても、内蔵フラッシュメモリ
またはSDメモリーカードやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードが無傷であれば、
まだ内部の写真画像や動画のデータは読み込みがし直せる見込みがあります。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラが故障してしまい、メーカーやショップでの
修理サービスに出したり、新品への取り替えをする際には、メモリーカードは必ず先に
本体の差込口から取り出しておかれるように、ご注意ください。

デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには? の続きを読む

故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる?

パソコンの本体や外付けHDDケース、RAIDといった多くのコンピューターに
内蔵されている、電子データファイルを保存するための二次記憶装置である
「ハードディスクドライブ」(HardDiskDrive)や「SSD」(ソリッドステートドライブ)が
物理的に破損して故障したら、多くの場合にそのまま開けなくなってしまいます。

内部の個人用ファイルやインストールされたシステムが読み込みできなくなり、
そのままではその電子機器が使用できなくなるケースが多いです。

その際、メーカーや店舗で付帯された修理保証のサービスは適用できる?という疑問について。

まず、お使いの機器の本体に内蔵のハードディスクドライブは製品の一部のパーツなので、
故障した時に換装して直してもらう際にも、メーカーや店舗で実施されています

1年~数年の期間が決められた修理保証のサービスが適用できます。

故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる? の続きを読む

インターネット上のHTMLページのデータは復元できる?

インターネット上にある通常のウェブページを構成するマークアップ言語の
「Hyper Text Markup Language」(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)で
作成された「HTMLページ」が、いつの間にかネットワーク上から消えてしまったり、
誤って自身で管理しているページを削除した場合には、後から復元できる?という疑問について。

キャッシュページからのファイルの救出

まず、インターネット上に公開されているウェブページでしたら、
大手の検索エンジンに「キャッシュページ」がまだ残っているかどうかを確認します。

Google(グーグル)の検索結果ページでチェックをする場合には、
そのページのURLを検索窓に入力します。

緑色のURLの文字の右横にある、▼マークをクリックすると、「キャッシュ」という
項目が表示されますので、そちらを開くと、過去ログのキャッシュページが表示されます。

こちらのページで上部の解説または右クリックで出る「ソースの表示」でHTMLソースを開いて、
全文を選択してテキストエディタかホームページ作成ソフトのシートなどに
コピーペーストして「.html」の拡張子で保存ができます。

または「Ctrlキー」+「Sキー」でページのhtmlをパソコン上のフォルダーに保存して、
データのバックアップによる復元ができます。

インターネット上のHTMLページのデータは復元できる? の続きを読む

タブレット端末のフォルダーにアクセスできない時は?

タブレット端末(tablet terminal:タブレット型コンピューター)を日々お使いの際に、
ある時、内部のフォルダーとそちらに保存してあったファイルにアクセスができない
状態になった場合、どのようにすればデータの復旧ができる?という疑問について。

まず、システムの調子に問題があって正常に動かない時は、一度タブレットPC本体の
電源を切ってからオペレーティングシステム再起動をして開き直すか、アップデートを実行します。

製品の問題の具合によっては、各製品(オペレーティングシステム)の操作方法に沿って、
システムの初期化を行う必要も出てきます。

その際、事前に内部の個人用データがバックアップできる状態であるかを先にご確認ください。

タブレット端末のフォルダーにアクセスできない時は? の続きを読む