データ復旧の方法などの新着エントリーのページ

外付けHDDがMacパソコンで認識しない時に復旧するには?

ポータブルSSDのデバイスが認識しない時に修復するには?

冗長性がない状態のRAIDからHDDのデータを失った時の復旧



ファイルの復元の方法などのコンテンツページの一覧

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。失ったデータファイルの復元(restoration)の手法といった、主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

【各コンピューター機器別のデータ復活方法一覧】

パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。

【ソフトウェア上で起こる問題を修復する手法の一覧】

ソフトウェアの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。

【トラブル・障害の原因とシステム回復手段の一覧】

コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。

【パソコンのファイルの復元とリカバリーの手順の一覧】

間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。

【データのバックアップと保護対策を行う技法の一覧】

大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。

【専門業者のデータ復旧サービス一覧】

専門で回復の作業を行ってもらえるデータ救出サービス業者の一覧リストです。

『各種のコンピューターの機器やシステムのデータを修復する方法の総合的な解説ページの一覧』

壊れたパソコンのHDDからデータを救出するには?

ノートパソコンのデータを取り出しする方法とは?

NASの内蔵HDDのデータ復旧を行うには?

デジタルカメラから消えた写真画像のデータを復旧するには?

USBメモリのデータを復旧するには?

ハードディスクドライブのデータ復旧を行うには?

SSDから削除したファイルを復元する方法は?

Windows(ウインドウズ)のOSのデータ復旧を行うには?

メモリーカードで削除したデータファイルを復元するには?

ゴミ箱ツールの削除ファイルを復活させたい時は?

外付けHDDに保存したデータを復旧するには?

RAIDのデータを復旧するには?

Macintoshのパソコンからデータ復旧をするには?

SDカードのデータを復旧するには?

消えた電子メールデータを復旧するには?


 【概要事項の説明】  【サイトマップページ】  【免責事項・著作権】  【プライバシーポリシー】  【掲示板・メールフォーム】   【RSSフィード

当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、各コンテンツのリスト、お問い合わせメールなどについての一覧ページです。


『パソコン修理の特設ページ』

パソコンが故障した時の修理とPCのエラーのトラブル解決の方法】    【パソコンのトラブル解決に関するヘルプページ

パソコンとその周辺機器が故障した時に修理をする方法や、システムのエラーといったコンピューター上のトラブルを解決する手順、またPCサポートのサービスなどの案内ページです。




データの修復やPCの修理の仕方などのカテゴリーページの一覧

主にコンピューター上で取り扱うファイルを損失した時に復元する方法やデータ復旧のサービスセンター、また失ったファイルのレスキュー作業を行うテクノロジーに関連する、それぞれのコンテンツの分野、HDDやメモリーカードなどの補助記憶装置といった電子機器の種類ごとにエントリーページを区分けした、一覧ページのリストです。

データ復旧とは?

故障の状態を検査

修復の料金・価格

データ復旧サービスセンター

東日本の都道府県別の専門業者

西日本の各地域別の業者一覧

ハードディスクドライブの救出

RAID・ミラーリング

外付けHDD

SSDの救出

サーバーダウンの復帰

NAS・LANDISKの不調

TeraStation

LinkStation

デスクトップパソコン

デバイスが認識しない

ノートパソコン

パソコン修理とは?

起動しない状態でのリカバリー

PC修理サポート店の一覧

USBメモリー

SDカードのデータのレスキュー

メモリーカード

リムーバブルディスク

CD-R/RW

DVD-RAM/RW

ブルーレイディスク

デジタルカメラの写真を復活

ビデオカメラ動画の回復

MOのサルベージ

FD:フロッピーディスク

壊れたPCの部品交換

Windows

Macintosh

Linux・Ubuntu OS

データベースの修復

ファイルの取り出し

ポータブルHDD

モニターの画面が開かない

ウィンドウズのOSの修復

コンピューターの修理

ごみ箱の削除後の復元

上書き保存を元に戻す

フォルダーの消失

消去した拡張子を直す

初期化・フォーマット後

ファイルの破損・エラー

プログラムが開けない

システムのリカバリー

電子メールの復活

バックアップから復活

ソフトウェアでの復元

パーティションの内部ファイル

Excel・Word Office

セキュリティの設定

インターネットのトラブル解決

モバイル端末

PC初心者向けのヘルプ

パーツの性能と動作環境

ウェブ上のディレクトリ




パソコンのHDDやメモリーカードのデータ復旧についての解説

当ホームページでは、主にパソコンをはじめとするコンピューター上の電子データを
誤った入力指示で消去してしまったり、補助記憶装置(Auxiliary storage)の初期化(data formatting)、読み込みエラー、故障などの
トラブルで開けなくなった時に、何かの形で元に戻して修復(repair)する方法やリカバリーのサービスについて紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取り扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各種のストレージを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

基本的なノウハウについて、質問・回答を記述いたします。

間違えてファイルを削除した時に復元する方法とは?

Windowsのエクスプローラーや、macOSのFinder(ファインダー)といった、
デスクトップパソコン(Desktop PC)やノートパソコン(laptop)上で誤って必要なファイルやフォルダーに削除の操作をした場合、
基本的にはそのまま消去されず、まず標準機能の「ゴミ箱」のフォルダーに移動します。

デスクトップの画面にある「ゴミ箱」のアイコンを開いて、フォルダーの内部のファイルの一覧に、
必要なデータが残っていましたら、そちらを選択して、「元に戻す」の操作で、以前のディレクトリと同じ位置に再度、ファイルを移行させる形でデータ復旧(Data recovery)が実行できます。

ですが、別のソフトウェアの画面から削除したり、デジタルカメラといった機器の機能から直接消去したり、
ストレージ自体のフォーマット=ファクトリー・リセットやパソコンのリカバリーを実行した場合は、ゴミ箱には移行されずにそのままボリューム(volume)での表示が消えてしまいます。

しかし、まだ画面上での表示が消えただけで、HDDやメモリーカードの回路には、多くの場合、
そこから別の大量のデータの上書き保存をしていなければ、まだ拡張子の痕跡データが残っています。

市販のデータ復元ソフトを使用してリカバリーを試みたり、専門のデータ復旧サービスセンターに注文して、
そちらから引き出す形でサルベージをしてもらうこともできます。

ハードディスクやメモリーカードが読み込めない時に修復するには?

パソコンに外付けハードディスクやRAIDのケース、USBメモリ(USB flash drive)、カードリーダー・ライター(card reader/writer)、外付けDVDドライブの装置などを、
USBケーブルなどを通して接続を試みた時に、正常に開かない、という際には、
まずパソコンと外部の装置の、両方のコードとプラグがしっかりと差し込まれているかどうかを確認します。

プラグが正常に差し込まれていなかったり、対応されていないポートに接続していたり、
いつの間にか外れていた場合は正しく接続をし直して、
また埃や小さなゴミが挟まっていたら、丁寧に取り除きます。

モバイル・コンピューターを同期する場合には、端末の方で、
アクセスの際に同期接続の許可の指示をする必要が出る場合もあります。

Windowsのコントロールパネルからデバイスマネージャーを開いて、
対象のデバイスの名称の項目にエラーのマークやテキストが表示されていましたら、
そちらを選択して、一度「アンインストール」(削除)を実行します。

そして一度機器のコネクタを取り外して、パソコンを再起動してからもう一度繋ぎ直すと、
デバイスドライバ(device driver)が修復される見込みがあります。

TeraStationやLinkStation、LANDISKといったNAS(ネットワークアタッチストレージ)が
正常にアクセスできない時には、まず無線LANルーターが止まっていないかどうかを確認します。

NASの本体に何らかのエラーが出ている場合は、配信されているファームウェア・アップデーターをパソコンにインストールして、
ネットワークを通してそちらを当てると、復旧できる見込みがあります。

データ記憶装置が破損して故障したらどうすれば復旧できる?

データの補助記憶装置(Computer data storage)は、重要な回路が物理的に破損してしまうと「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなることが多いです。

しかし装置の中のハードディスクやフラッシュメモリの内部回路に深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

ですが、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)といった装置は、
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になることもあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に強い振動や衝撃が加わったり、
経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、
通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている「読み書きヘッド」という装置が、
ディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に吸着して、異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。

そうなってしまうと一般個人ではほぼ内部の拡張子(Filename extension)の読み込みが不可能になってしまうので、
そこで物理障害のアクシデントからの回復に対応された専門のデータ復旧サービス(Data recovery service)に問い合わせをして、
故障したドライブ装置の検査をしてもらうことが、最も確実な復元(restore)の方法になります。

様々なストレージからのデータのレスキュー

ハードディスクドライブだけでなく、SDカードやUSBメモリ、DVD-RW、RAIDケース、NAS、サーバなど、
他の補助記憶装置も物理障害・論理障害の両方のトラブルともに、大手のデータ復旧業者の方で見てもらえます。

重度の破損が起きた場合には、機器の内部回路の読み出し・分解・抽出といったデータリカバリーサービスでの作業によって、
中身の大事なデータを救出してもらわれることをおすすめします。




コンピューターのトラブル解決などの新しいページの一覧

当ホームページの、データの復元(reconstitution of data)を実行する方法や、パソコンのトラブルの解消といった内容の、コンピューターで取り扱うファイルやシステムのリカバリーなどに関する、新しい投稿ページの見出しの一覧リストです。

外付けHDDがMacパソコンで認識しない時に復旧するには?

パソコンをはじめとする電子機器に大容量の補助記憶装置(Auxiliary storage)として使われる、
外付けのハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)を、macOSのオペレーティングシステムがインストールされている
Apple製のパソコンにUSBから接続したら、デバイスが認識しない状態で、
内部のデータファイルが開けない時は、どうすればHDDの読み込みの状態を復旧できる?という疑問について。

認識しないHDDのUSB接続の状態をチェック

macOSやMac OS Xのデスクトップの画面上、またはグラフィカルユーザインタフェース(GUI)の
Finder(ファインダー/マイファイル)に、「NO NAME」といったHDD型のアイコンが表示されない時は、
まず、簡単なチェックとしまして、対象の外付けHDDの電源スイッチがオンになっていて、
アクセスランプが正常に点灯しているかどうかをお確かめください。

ポータブルHDDの場合は、電源コンセントは付いていないですが、ランプが点灯しているかによって、
通電している状態であるかどうかを判別できます。

USBケーブルが外れていたり、「USB3.0~」のコネクタが、対応されていないUSBポートや
古いカードリーダー/ライターに差し込みされていましたら、一度取り外して差し替えします。

また、USBコネクタにホコリやごみが詰まっていたら丁寧に取り除きます。

もしコードが折れたり割れていた場合は、メーカー先に代わりのコードを取り寄せて交換されてみてください。

外付けHDDがMacパソコンで認識しない時に復旧するには? の続きを読む

ポータブルSSDのデバイスが認識しない時に修復するには?

パソコンといったコンピューターのUSBポートに繋げて使用する、補助記憶装置(Auxiliary storage)である
外付けの「ポータブルSSD」(Portable Solid State Drive)の、USBコードのコネクタを差し込みしてみたら、
デバイスがWindows(ウィンドウズ)などのシステムに認識しない状態で、読み出し(Reading)ができない、
また保存されたデータが開けないトラブルが起きた時は、どうすれば接続の問題から修復できる?という疑問について。

ポータブルSSDのUSBケーブルを差し替えてみる

まず、ポータブルSSDでは、外部の記憶媒体(Storage Medium)を接続するコードの規格はUSB 3.0や3.1、3.2となります。

そのため、対応されたUSBポートでなければ、正常にSSDのデバイス(Device)が認識されないことがあります。

デスクトップパソコン(Desktop PC)やノートパソコン(laptop)の筐体にあるUSBポートを、
対応されている箇所にポータブルSSDを差し替えてみてください。

また、対象のコンピューターの性能が低いものだと、正しい位置にメモリドライブのケーブルが接続されていても、
新しい大容量記憶デバイスの認識が完了までに、しばらく時間がかかることもあります。

あるいは、最初の一回目の接続ではデバイスが反応しないこともあり、その際には、USBポートを別の位置に差し替えるか、
一度パソコンなどの再起動をして、もう一度ケーブルを繋げ直すと、読み書き(read/write)ができる場合もあります。

ポータブルSSDのデバイスが認識しない時に修復するには? の続きを読む

冗長性がない状態のRAIDからHDDのデータを失った時の復旧

RAIDの装置を、パソコンや外付けのケース、NAS、サーバーといった機器で普段運用をしている際に、
余剰のデータが残っていない時点=冗長性(Redundancy/リダンダンシー)がない時点で、もし何かのトラブルが起こり、
ファイルが消えてしまったりボリュームが読み込めなくなったら、どうすれば復旧できる?という疑問について。

冗長性の性質がないRAID0のハードディスクが故障したら?

複数台のハードディスクドライブ、またはSSDを一つのボリュームとして合わせて実装する形で運用する、
RAID0(レイドゼロ/ストライピング)は、RAID1(ミラーリング)や5、6~と違い冗長性の性質がない方式のため、
一台のストレージが故障したら、壊れたHDDやSSDを入れ替えてのリビルドによる回復ができません。

そのため、基本的には、事前に別の外付けハードディスクケースやDVD-R、NAS、
クラウドサービス(cloud)といった場所に、データのバックアップを保存していることが重要になります。

パソコンのローカルディスクとしてRAID0を使用していた場合でしたら、
Windowsのファイル履歴や、MacのTimeMachine(タイムマシン)、クラウドストレージの専用フォルダーなどに、
必要なデータが保存されているかどうか、確認をされてみてください。

冗長性がない状態のRAIDからHDDのデータを失った時の復旧 の続きを読む

LinkedInのデータをバックアップして復旧するには?

ビジネスに特化されたSNSのサービス「LinkedIn」(リンクトイン)での画面上で、
間違えて書き込みしたデータを削除する、などのトラブルで失った時のために、
万が一に備えてバックアップを取って、後で復旧できるようにするにはどうすればいい?という疑問について。

手動のコピー&ペーストでバックアップするには?

まず、LinkedInの管理画面上から手動で部分的にテキストをコピー&ペーストする時は、
たとえばプロフィールのコンテンツでは、コーナーの右上部分にあります、ペンのアイコンをクリックします。

「ヘッドライン」や「現在のポジション」に記入されているテキストを、パソコン上のメモ帳や文書ソフトのシートに
貼り付けして、外付けハードディスクドライブやRAID、NAS、DVD-R、といったストレージにデータファイルを保存します。

また、「連絡先情報」の項目を開いて、各種のアドレスもコピー&ペーストで保存します。

続いて、「自己紹介」や「注目のコンテンツ」に記述されているテキストなどもバックアップしていきます。

LinkedInのデータをバックアップして復旧するには? の続きを読む

ファイルを削除する時に他のデータを一緒に選択して消した時は?

Windowsパソコンのエクスプローラーや、MacパソコンのFinderなどの画面上で、
何かのファイルやフォルダーを選択して削除する時に、うっかり隣り同士または離れた箇所に表示されている
他の拡張子のデータを一緒に選択していてまとめて消した時は、どうすれば復元できる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダーを開いてデータを探すには?

まず、パソコンに内蔵されたHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)、
またはUSBコードから接続した外付けHDDやポータブルSSD、RAIDの内部のディレクトリに保存されているデータは、
グラフィカルユーザインタフェースのWindowsやエクスプローラーやFinderからファイルやフォルダーを
削除した場合であれば、すぐには消去されず、一旦ゴミ箱フォルダーに拡張子の表示が移行します。

ゴミ箱を開いて、削除したファイルが見つかりましたら、アルファベットや五十音順で元々隣あたりの位置に
保存されていたファイルやフォルダーがあるかどうかを、確認されてみてください。

また、たとえばWindowsで一緒に選択して削除してしまったファイルの拡張子のフォーマットがおおよそわかる時は、
画面の右上の検索窓に拡張子の名称「pdf」「jpg」などを入力すると、その拡張子のファイルのみが一覧に表示されます。

ファイルを削除する時に他のデータを一緒に選択して消した時は? の続きを読む

Windows10で画面にデータが表示されない時に復旧するには?

Microsoft Windows10(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)のオペレーティングシステムがインストールされている
パソコンを日々お使いの際に、デスクトップの画面上にデータが表示されなくて開けない状態になってっしまったら、
どのようにすればPCと内部ファイルの読み込みの復旧ができる?という疑問について。

ウィンドウの枠内が白いままでデータが表示されない時は?

まず、エクスプローラーやソフトウェアのウィンドウを開いても、枠内が白いままで
なかなかデータが表示されない時は、ひとまず一度、現在開いているすべてのウィンドウを閉じます。

画面がフリーズ(ハングアップ)していてなかなか閉じられない時は、
Ctrlキー+Altキー+Delキーを同時に押してタスクマネージャーを開きます。

順番にアプリの項目を選択してから「タスクの終了」をクリックして、閉じていきます。

パソコンから冷却ファンの大きな稼働音が鳴り続けていた場合は鳴りやむまで少し待って、
そしてもう一度同じウィンドウの画面を開き直されてみてください。

それでもファイルが開けない時は、一度Windows10をシャットダウンしてパソコンを再起動してから、
もう一度エクスプローラーや対象の機能の画面を開かれてみてください。

Windows10で画面にデータが表示されない時に復旧するには? の続きを読む

外付けハードディスクを紛失した時は?

外付けのハードディスクドライブ(または外付けSSD)を自宅内や事務所、あるいは外出中に、
いつの間にか紛失してしまったら、どのようにHDDやソリッドステートドライブを探していって、
またどうすればストレージに保存していたデータを復旧できる?という疑問について。

外付けHDDを使用した後に発見しにくい場所に置いていた

まず、室内で外付けハードディスクを置いた場所がわからなくなった時は、
よくある場合としまして、書類や本が上に重なっていて見えなくなっていたり、
使用した後に棚の間や引き出しの中といった場所に無意識に置かれていた、といったケースがあります。

会社内や事務所内の場合は、他のスタッフの方が現在使用されていないかどうか、
またはスタッフの方が外付けHDDを使用された後に、うっかりデスクの上などに
置かれたままになっている状態でないか、訊かれて確認をされてみてください。

外付けハードディスクを紛失した時は? の続きを読む

HDDを取り外して付け直した後で認識しない時に復旧するには?

データ記憶ストレージであるハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)を、
一度デスクトップパソコンやノートPCの本体から取り外して、再度ドライブベイに付け直してから、
電源ボタンを押して起動した時、一度取り外したハードディスクがなぜか認識しない状態で
内部の保存データが開けなくなったら、どうすれば復旧ができる?という疑問について。

パソコンの電源をもう一度起動し直してみる

まず、二台以上のハードディスクやSSDを搭載して運用されているデスクトップパソコンの
内部のドライブベイから、一度ストレージを取り出してサイド付け直したり、交換をされてから、
最初にパソコンの電源を起動した時は、新しいデバイスとしてWindowsなどのオペレーティングシステムに
正しく認識されていない場合があります。

その場合は、Cドライブだけがエクスプローラーやダイアログの画面で表示されて、
増設していたD~ドライブのアイコンの方が表示されていない状態になります。

一度パソコンをシャットダウンをしてから電源コードを抜いて、もう一度電源を入れ直して起動し直すと、
二回目以降には、正常に読み込みされて自動的にHDDないしSSDへのアクセスが復旧する場合もあります。

HDDを取り外して付け直した後で認識しない時に復旧するには? の続きを読む

BTOパソコンのSSDのデータを復旧するには?

顧客からの注文に沿ってパーツを組み立てていく受注生産方式で販売されている、
BTO(Build To Order/ビルド・トゥ・オーダー)のパソコン本体の製品を購入して使用している際に、
間違えて内蔵のSSD(ソリッドステートドライブ)に保存していたファイルを削除してしまったり、
BTOパソコンの本体が故障して内部のデータが開けない時には、どうすれば復旧ができる?という疑問について。

復元作業のほとんどはメーカー製のパソコンと同じ?

まず、BTOパソコンを発注して購入をされた際に、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)の
オペレーティングシステムを内蔵のSSD(ローカルディスクC:)にインストールしてもらい、
また特に大きなカスタマイズをされていないパソコン本体であれば、データ復元の作業も、
普通のメーカー製のWindowsのパソコン本体の製品と、基本的な操作はほとんど同じです。

Linuxディストリビューションのオペレーティングシステムなどをメインにして運用されている場合には、
Windows用のユーティリティーやWindowsのデータバックアップの機能などは使用できないため、
システム上の新しいセットアップやソフトウェアを購入される際には、ご留意ください。

BTOパソコンのSSDのデータを復旧するには? の続きを読む

ポータブルHDDに起きた問題をMacパソコンで修復するには?

2.5インチのSATA方式のハードディスクドライブがコンパクトな小型のケースに収納されている
「ポータブル・ハードディスク」(portable HDD)を日々お使いの際に、MacのOSのパソコンに
接続してデータを読み込みしようとしたら、アクセスのエラーや、正常にデバイスが認識できない
トラブルが発生したら、どのようにすれば修復できる?という疑問について。

USBケーブルの接続の状態を見直してみるには?

まず、ポータブルハードディスクの製品に付属しています、USBケーブルが、
HDDのカートリッジとMacBook Air/ProやiMacのパソコン本体のUSBポートのどちらかで、
外れていたり、正しく差し込まれていない状態になっていたら、接続をし直してください。

複数のUSBケーブルを同時に接続できるUSBハブや延長コードを経由して接続している場合は、
一度USBハブを取り外して、直接MacパソコンのUSBポートに差し込みします。

また、スイッチボタンが設置されているポータブルHDDの製品の場合は、
一度、解説書に沿って、そのボタンを押されてみてください。

この時点でハードディスクから変な音がして開けない場合は、回路が破損している可能性が高いため、
ひとまず通電を停止して、データリカバリーのサービスセンターで見てもらわれることをおすすめします。

ポータブルHDDに起きた問題をMacパソコンで修復するには? の続きを読む