「電子メールの復活」のページの案内

『電子メールの復活』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

Outlookの電子メールの画面


「電子メールの復活」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「電子メールの復活」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

Sylpheedのメールデータを復旧するには?

Windowsのパソコンで使用する、電子メールクライアント(mail user agent)のソフトウェアである、
「Sylpheed」(シルフィード)でメールを送信・受信して管理している時に、
間違えた削除の操作やOSのエラーなどにより、ファイルが開けなくなった時には、
どのようにすれば失ったデータを復旧をすることができる?という疑問について。

Sylpheedのごみ箱ボックスからメールを元に戻すには?

まず、Sylpheedの画面にある、「受信箱」や「送信控」「草稿」「送信待ち」といったボックスから、
送受信をしていた電子メールを間違えて削除した場合に、復旧する手順について。

ひとまずは、基本的にすぐにEメールの表示が消えず、「ごみ箱」に一旦データが移行します。

この「ごみ箱」のアイコンを開いて、件名の一覧に必要なEメールのデータが残っていましたら、
そちらを選択して、右クリックで「移動」を入力します。

そして、データの移管をしたいフォルダーを選択して「OK」を押すと、
その場所にメールが移動する形で、元に戻すことができます。

もし以前に「ごみ箱を空にする」の指示をしてメールを削除してから、だいぶ時間が経っていた時は、
拡張子の痕跡の上書きによる消失を防ぐため、それ以上はそのパソコンをあまり動かさないようにして、
プロのデータリカバリーサービスの方で、消えたファイルの復元の作業を行ってもらわれることを推奨します。

Sylpheedのメールデータを復旧するには? の続きを読む






eM Clientのメールデータを失った時に復元するには?

電子メールのソフトウェアである、「eM Client」(イーエムクライアント)をお使いの際に、
誤って受信または送信・下書きといったBOXのEメールや、連絡先などのファイルを削除してしまった時に、
失ったデータを後から復元するには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

メーラーのゴミ箱の機能からデータを元に戻す

まず、eM Clientのメーラー(mailer)にも、ほかの電子メールクライアントと同じく、
削除したデータを後から復活させることができる「ゴミ箱」の機能が搭載されています。

eM Clientのウィンドウを開いてから、メールフォルダーの一覧の画面にある「ゴミ箱」を開きます。

一覧から目視または検索窓で探して、必要なメールのデータが見つかりましたら、そちらを選択します。

右クリックをして、「フォルダにコピー」または「フォルダに移動」の項目で、
「受信トレイ」といった場所を選択して「OK」を押すと、元に戻すことができます。

※ですが、もしパソコンのハードディスク自体が破損して、データが開けなくなっていた場合には、
 専門のデータリカバリーサービスで内部のファイルを抽出してもらうのが、唯一の解決策となります。

eM Clientのメールデータを失った時に復元するには? の続きを読む






送信したメールが戻ってきて転送できないエラーを解消

デスクトップパソコンやノートパソコンをはじめとするコンピューターの機器から、
送信先のメールアドレスに文書や添付ファイルを送信してみたら、
「Mail System Error – Returned Mail」(メールシステムエラー リターンドメール)
というように書かれたメッセージが受信箱に届いて戻ってきて、転送できないエラーが発生することがあります。

またはメールの発信自体ができないエラーが出たら、どうすれば解消することができる?という疑問について。

電子メールが送信不可で戻ってきて転送できない原因とは?

まず、電子メール(Electronic mail)の機能やポータルサービスを使う際に、
送信不可となり戻ってきて転送ができない時の、特によくある原因の例としまして、
メールアドレス(email address)の、表記の入力ミスがあります。

何処かの箇所でアルファベットや数字の書き間違えがないかどうか、再度確認されてみてください。

「.」(ドット)と「,」(カンマ)、「-」(ハイフン)と「_」(アンダーバー)を、
それぞれ打ち間違えていたり、「小文字のアットマーク」を大文字で入力していると、
アドレスの相違で送信エラーが出てしまいます。

また、もしご自身で所持されているメールサーバーに問題が出ていた場合には、
コンピューターのサポートセンターかシステム管理会社に問い合わせて
マシンの故障からの修理をしてもらわれることを推奨します。

送信したメールが戻ってきて転送できないエラーを解消 の続きを読む






emlファイルのメールデータを復元するには?

電子メールで使用されている、Eml形式の拡張子である「.eml」のメールデータを、
ある時に誤ってファイルの削除をしてしまったら、過去のバックアップの分から表示を元に戻したり、
後から復元するにはどのように操作をすればいい?という際の解決方法について、解説いたします。

ゴミ箱に移行したemlファイルを元に戻す

まず、emlファイルは普通のほかの拡張子のファイルと同じく、
WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderで開くフォルダーなどで、保存して収納ができます。

そのため、デスクトップパソコンやノートブックPCのHDDやSSD、または外付けのハードディスクやRAIDで、
そちらから間違えて削除した場合は、先にゴミ箱のフォルダーにデータが移行します。

パソコンのデスクトップの画面からゴミ箱のアイコンを開いて、
お探しのEmlファイルが移行されていればそちらを選択して、「元に戻す」で以前の場所に復元ができます。

Macパソコンの場合は、USBメモリやSDカードなどのデータ記憶装置に保存していたファイルでも、
Finderから削除した場合は一度ゴミ箱フォルダーに移動しますので、同じように元の位置に戻します。

また、MicrosoftのOutlook(アウトルック)やMozillaのThunderbird(サンダーバード)、
Windows Liveメールなどのメールソフトで開いた状態で、誤って拡張子を削除した場合でも、
「削除済みアイテム」(ごみ箱)のフォルダーに、emlのファイルが移動されています。

そちらを開いて、間違って消去していたデータを元のフォルダーに移動することもできます。

ですが、ハードディスクやメモリーカード自体が故障していて開けない時は、
専門のデータリカバリーサービスに提出して、復旧をしてもらわれることをおすすめします。

emlファイルのメールデータを復元するには? の続きを読む






Windows10でのメールデータを復元するには?

Microsoft Windows 10(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)の、
オペレーティングシステムがインストールされたパソコンのスタート画面にある、
「メール」のアプリの機能で閲覧している電子メールのデータを、誤って削除してしまったり、
読み込みができなくなった時には、どのようにすれば後から復元することができる?という疑問について。

Windows 10の「メール」の管理画面からフォルダーを開く

まず、デスクトップPCやノートパソコンにインストールされているWindows 10の、
デスクトップの画面の左下にある、スタートボタンを押します。

「予定と近況」の項目にある「メール」を押して、メール管理画面を開きます。

データを間違って消去した対象のメールアカウントの画面で、「フォルダー」にある、
「その他」をクリックして、「削除済みアイテム」の項目を開きます。

その中から間違えて削除していた必要なメールを選択して、「移動」→「受信トレイ」などの場所を選択すると、
そちらのフォルダーに移行することで、ウィンドウズのメールデータの復元ができます。

また、誤って「受信トレイ」や「下書き」などでのフォルダーから削除した直後、
項目の右下に「元に戻す」という欄が出ますので、そちらを押すとすぐにデータの表示が戻ります。

ですが、たとえばだいぶ前の過去のメールといった個別のファイルを保存している、
HDDやメモリーカードなどがもし破損して開けなくなっていたら、それ以上の通電は一旦お控えください。

その際には、専門のデータリカバリーサービスに問い合わせて、
Windows 10のパソコンか外部のストレージを出して、復旧の対処をしてもらわれることをお薦めします。

Windows10でのメールデータを復元するには? の続きを読む

ゴミ箱に捨てたメールデータの復元を行うには?

パソコンやモバイル端末のコンピューター上で、電子メール(Electronic mail)を日々使用して、
送信・受信を行っている際に、誤って必要なメールをゴミ箱に捨ててしまった、
またはゴミ箱から間違えて削除した時には、どうすれば復元することができる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダー(削除済みアイテム)に捨てた後で移動し直す

まず、Microsoftの「Outlook」やAppleの「Mail.app」、「Mozilla Thunderbird」(サンダーバード)、
「Becky! Internet Mail」(ベッキー・インターネットメール)、「em client」「Sylpheed」といった、
主な電子メールのアプリケーションソフトやウェブサービスで、メールを間違って消去した場合の直し方の手順について。

ひとまず、受信箱(受信トレイ)や送信箱(送信済みトレイ)、新規作成の下書きのフォルダーにある、
Eメールの機能に沿って普通に、間違えてデータを削除した場合の基本的な対処法としまして、
普通に消去の操作を行っただけであれば、大抵はゴミ箱フォルダー(削除済みアイテム)に移行しています。

まだ必要なメール(E-mail)がゴミ箱に捨てた一覧のリストに残っていましたら、そちらを選択して、
メニューにあります「移動」を選択して、受信箱などに移し変えて直せば、復元は完了です。

また、MacパソコンでFinderから、外部接続をしているSDカードやUSBメモリから、
間違えてファイルを削除した時も、デスクトップ上のゴミ箱(RecycleBin)に一旦データが移動します。

もし、ストレージのフォーマットやOSの初期化の際にファイルを消してしまい、時間が経っていた時は、
専門のデータレスキューサービスにて、復元の作業を行ってもらわれることをおすすめします。

ゴミ箱に捨てたメールデータの復元を行うには? の続きを読む

Macパソコンのメールデータを復元するには?

Apple Inc.から開発・販売されています、Macintoshパソコンのオペレーティングシステムである、
macOS(Mac OS X)』に、標準のユーティリティーで搭載されています、
電子メールクライアントの『メール』(Apple Mail)を使用している際に、
間違えて必要な受信・送信メールを削除した時は、どうすればデータの復元ができる?という疑問について。

Apple Mailのゴミ箱のボックスからメールを元に戻す

まず基本としまして、Macパソコンの「Apple Mail」(メール)のソフトウェアにあるフォルダーの、
『ゴミ箱』(RecycleBin)のボックスを開きます。

そちらのディレクトリに、前に間違えて削除していた電子メールのデータが移動されていたら、
そちらを選択して、元に戻す手順を実行してください。

移行されていた必要なメールを開いて中身を確認してから、受信箱などに移し替えるか、
テキストをメモ帳などにコピーして、外付けハードディスクといった場所にバックアップを取ります。

また、macOSのFinder(マイファイル)の画面上で、外部から読み出しをしたUSBメモリーやSDメモリーカードの、
内部のデータを削除した時も、デスクトップのゴミ箱のアイコンの中に、一度データが移行します。

この時点で、ゴミ箱からすでにファイルが消えていて、だいぶ時間が経っていた時は、
専門のデータ復元のサービスセンターに出して、復旧の措置をしてもらわれることを推奨します。

Macパソコンのメールデータを復元するには? の続きを読む

Outlookのメールデータを下書きの保存機能から復元するには?

Microsoft Officeのシリーズとして、マイクロソフト社より提供されています、
電子メールクライアントソフトの『Outlook』(アウトルック・メール)を日々お使いの際に、
新規メールや新規メッセージを作成して、下書きでテキストデータを書き込みしている最中に、
急にパソコン、またはソフトウェアの起動が止まってしまうトラブルが出る可能性もあります。

アプリケーションソフトやオペレーティングシステムが、突然にフリーズを起こして操作ができなくなり、
ウィンドウの終了ボタンを押すか、パソコンの電源ボタンを長押しして強制終了を行わなければならなくなると、
メールを送信したり名前を付けて保存する前に、シャットダウンなどで閉じてデータが消えてしまいます。

また、停電や落雷の影響で、デスクトップパソコンの電力供給が途絶えて電源が切れてしまったり、
誤って作業中にOutlookの画面を閉じてしまった場合にも、データが消失するトラブルが起こりえます。

そんな時には、どうすれば書きかけだった下書きのメールデータを復元することができる?という疑問について。

Microsoft Outlookの自動下書き保存の機能とは?

まず、Outlookには他のMicrosoftのOfficeスイートと同じく、
文書シートの作成中に一定時間が経つと、自動的に下書き保存が行われる機能が搭載されています。

Outlookをデスクトップの画面かスタート画面から起動して、
「ファイル」のタブを押して、「オプション」の項目を開きます。

「Outlookオプション」の画面が開いたら、左サイドバーにあります「メール」を押して、
真ん中くらいにある「メッセージの保存」までスライドします。

もし、Outlookのメールのファイル自体を、他のメッセージや連絡先、会議、予定、タスクとともに、
丸ごと誤った削除をしていたり、パソコンの再インストールや、HDD・SSDのフォーマットなどで、
うっかりストレージから消去してしまった、という場合には、
そんな時のための専門のデータ復旧サービスに依頼をして、復元をしてもらわれることを推奨します。

Outlookのメールデータを下書きの保存機能から復元するには? の続きを読む

Windows Liveメールから削除したデータファイルを復旧

マイクロソフト社から提供されています、メールクライアントソフトの「Windows Live メール
(Windows Live Mail desktop)を使用して、閲覧や下書き、送信・受信をしている時に、
誤って必要な電子メールのテキストやフォルダーを間違えて削除してしまい、
「.eml」などのメッセージのファイルを消去した後で、復元をする時にはどのように対処をすればいい?という疑問について。

受信箱や下書き、送信済みのアイテムがごみ箱に移動している

まず、デスクトップパソコンまたはノートブックPCを起動して、スタート画面かデスクトップのアイコンから、
Windows Liveメール(ウィンドウズ・ライブメール)を立ち上げます。

最初に左側のメニューにある、「ごみ箱」のフォルダーを開きます。

誤って削除したメールがごみ箱に移動していたら、そのメールを選択して、
右クリックで「フォルダーへ移動」か「フォルダーへコピー」を入力します。

「受信箱」や「下書き」、「送信済みアイテム」などのフォルダーを選んで、OK」を押すと、
メールが元々あった場所に戻ります。

ちなみに、新規で作成したフォルダーを誤って中に収納していたメールごと削除した場合は、
中の電子メールのデータは一度、「ごみ箱」(RecycleBin)に移動します。

なのでその場合はすぐに、受信トレイ(Inbox)や送信トレイ(Outbox)などの安全な場所に移動させてください。

Windows Liveメールにあるフォルダーそのものは、一度削除すると元には戻せないので、
同じものをもう一度作る場合には、再度作成し直す形で復旧をする必要があります。

また、パソコンのリカバリーやHDDのフォーマットで、すべてのデータとともに丸ごとメールを消去した場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターに依頼をして、検査と回復の作業をしてもらわれることを推奨します。

Windows Liveメールから削除したデータファイルを復旧 の続きを読む

Outlook(アウトルック)で削除したメールのデータを復元

マイクロソフト社から提供・販売されています、業務管理ソフトウェアである、
Microsoft Office Outlook」(マイクロソフトオフィス・アウトルック)で取り扱っていた、
電子メールや予定表、連絡先、タスクといったアイテムのデータを、誤って削除してしまった場合に、
どのようにすれば、消えたファイルを復元することができる?という疑問について。

削除済みのアイテムを受信トレイに移動する方法とは?

※こちらの実例では、Microsoft Office Professional (オフィスプロフェッショナル)の、
「Microsoft Outlook」(マイクロソフト・アウトルック)を、
Windowsのパソコンで起動して、使用する際の手順について解説いたします。

まず、「受信トレイ」や「下書き」「送信済みアイテム」「RSSフィード」「送信トレイ」などの、
各フォルダーにある送受信した電子メールやアイテムを、誤った操作で必要な分まで削除してしまったら、
すぐに、「削除済みアイテム」(ごみ箱のボックス)のフォルダーを開いてください。

フォルダーの中に、間違えて削除されたデータがまだ残っていれば、これを選択して右クリックして、
「移動」を押して、前にファイルが配置してあった受信トレイなどのフォルダーを選びます。

すると、対象の受信箱といったボックスにアイテムが移動されますので、これで元に戻す作業は完了です。

この時点で、「削除済みアイテム」のトレイに入っていなくて、だいぶ前になくなっていたと思われる場合は、
それ以上はハードディスクドライブやSSDの稼働を控えて、専門のデータ復旧サービスに問い合わせて、
消えたメールを復元してもらう作業を行ってもらわれることを推奨します。

Outlook(アウトルック)で削除したメールのデータを復元 の続きを読む

メールサービスにアクセスできない時に受信箱のデータを復旧

インターネット上で提供されている、レンタルのEメールのサービスに急にログインができなくなったり、
サービスが終了してしまい、受信箱(Inbox)などにあるメールにアクセスできないトラブルが発生した時には、
どのようにすれば、データを開き直して復旧することができる?という疑問について。

メールサービスが終了して閲覧できなくなるトラブルとは?

まず、インターネット上の数多くのポータルサービスで実施されている「電子メール」は、
メールシステム(mail system)などを導入して、データを管理しているプロバイダーサービスで、
運用がされている「メール・サーバー」(mail server)の中に保管されています。

自宅のパソコンのHDDやSSDの中ではなく、外部サーバーのディレクトリにデータが保存される仕組みです。

そのため、そのメールサービスが終了したり、何かのアクシデントでサインインができなくなってしまうと、
基本的に、今までに通信で取得していた「受信ボックス」や「送信ボックス」、「下書きフォルダー」の、
内部のメールにアクセスできない状態になり、すべて閲覧できなくなるトラブルが出てしまいます。

また、特に未読メール(unread mail)が消えてしまった時は、
その未開封の文書の内容によっては、重要なデータを失ってしまうおそれもあります。

一方で、パソコン本体の方で何かの故障が起きてインターネットにアクセスできなくなった場合でしたら、
別のPCやスマートフォン、タブレット端末の方でアカウントにログインして、その間に壊れたマシンを、
メーカーのサポートか私設のパソコン修理サービスで、復旧してもらわれることをおすすめします。

メールサービスにアクセスできない時に受信箱のデータを復旧 の続きを読む

メールサーバーからMAILが消えた時にデータ復元をするには?

レンタルサービスのメールサーバー上に登録した、メールアカウント(Mail account)の、
受信トレイや送信済みアイテム、下書きなどのディレクトリに残していた大事なメールを、
うっかり間違えて削除してしまったり、ブラウザが閉じて書きかけの文章が消えた、
といった場合には、どういった方法でデータを復元することができる?という疑問について。

メールサーバーから削除したデータを復元するには?

まず、よくあるミスとして、受信したメールをまとめて受信箱から間違えて削除してしまった時は、
基本として、一旦「ごみ箱」のフォルダーに自動的にデータが移動する場合が多いです。

その後、メールサーバーに配置されたごみ箱のボックスの中には、指定された日数の期間内、
または最大何件、何GB~TBなどの決められた容量を越えない間は、メールはしばらく消去されずに残っています。

なので慌てずに一度ゴミ箱を開いて、まだ一覧リストに残っていれば、
文章をコピーしてテキストエディタやHTMLのページなどにバックアップを取って、
パソコンのハードディスク上に保存する形で、表示が消えたE-mailのデータを復活することができます。

または、元に戻したいメールにチェックを付けて、
「受信メールボックスに戻す」といった指示を選択して、データの復元を実行します。

もし、ご自身で所有されているパソコンやメールサーバーといったコンピューターから、
間違えて必要なメールを削除してしまい、すでに結構な時間が経っていた時は、
専門のデータ復元のサポートを実施されたサービスにて、ファイルの復旧を行ってもらわれることを推奨します。

メールサーバーからMAILが消えた時にデータ復元をするには? の続きを読む

メールの添付ファイルが開けない時にデータの読み込みを復旧

電子メール(Electronic Mail)には、文書のテキストや写真画像、PDFのフォーマットなど、
容量の軽いファイルの拡張子なら、添付(アタッチメント)という電子データを付帯させる形にして、
メールのテキスト本文やHTMLページと一緒に備え付けて、相手側に送信する機能があります。

しかし、この添付で届いたデータが、自宅または自社のパソコンやスマートフォンで開けない時には、
どうすればファイルの読み込みを復旧することができる?という疑問について。

Eメールの添付ファイルが開けない原因とは?

まず近年では、パソコンやメールサーバーなどのコンピューターからの通信機能を使用して、
インターネットに接続できる、電子機器から送信するメール本文に、
イメージ画像のJPGファイルなどを添付して相手に送っていく方法が、大変親しまれて使われています。

しかしたまに、拡張子の種類やサイズ、中身の状態やメールサービスによっては、
相手側からは正常に添付ファイル付きのEメールを送信できても、自分側から受信した際に、
何かの原因で添付ファイルが開けない、またはその逆の問題が起こる、という場合の原因と復旧の仕方について。

最初に、特に多い原因の一つとして、送信した相手の人が使用しているメールのサービスでは、
受信できるファイルの容量が、こちら側の送信できる最大サイズよりも高い設定だと、
添付されたデータの分だけが届いていないか読み込めない、ということがあります。

また、デスクトップパソコンやノートブックPC、サーバーで読み込める容量サイズの拡張子でも、
スペックが低めなスマートフォンやタブレット端末、ガラケーの携帯電話、
その他の特殊なコンピューターの端末の機能では、大きなファイルが開けないケースも出てきます。

もし、パソコンやモバイル端末自体のシステムがどこか故障していると思われる場合には、
メーカーのサポートか、私設のパソコン修理サービスなどで、直してもらうことができます。

メールの添付ファイルが開けない時にデータの読み込みを復旧 の続きを読む

spモードメールのデータを復元するには?

NTTドコモ(docomo)から契約をしている、AndoroidのXperiaや、
BlackBerry(ブラックベリー)、Windows Mobile、といったスマートフォンやタブレット端末では、
電子メール(E-mail)のサービスを使用することができます。

その一つである、『spモードメール』のspモードで送信・受信・下書きをしたメールのファイルは、
クラウド・コンピューティングのサービスに、自動的に予備の分を保管する機能ははないため、
自分でデータのバックアップを取る必要があります。

後に、もし端末が破損したり、間違えて必要なメールデータを削除してしまった時には、
どのような手順で操作をして、バックアップの分から復元を実行すればいい?という疑問について。

spモードメールのデータを専用の機能で保存するには?

まず一つの方法としまして、保存したいメールを開いて、専用の機能のメニューボタンを押します。

「SDにコピー」⇒「eml(バックアップ用)」を指示すると、
内蔵しているmicroSDカードの『export』のフォルダーに書き込んで、データを保存することができます。

または、docomoの『SDカードバックアップ』などのツールを、
スマートフォン(Mobile phone)にインストールして使用します。

これで、spモードメールだけでなく他の画像やお気に入り、ユーザー辞書、通話履歴、
またその他のファイルといった多くの大事なデータも一緒に、パソコンや外付けHDD、
あるいはRAID、ネットワークアタッチストレージ、個人用サーバーといった場所に保管ができます。

(電話帳などのデータは、『電話帳バックアップ』などを使用します。)

※バックアップの前に、スマートフォンのSDカードが破損して開けなくなった場合には、
 専門事業のデータ復旧サービスセンターにて、復元してもらうことができます。

spモードメールのデータを復元するには? の続きを読む

スマートフォンのメールデータをパソコンで復旧するには?

スマートフォン(Cell phone)の携帯電話端末で使用する電子メールで取り扱っている、
受信箱や送信箱に保存していたデータを間違えて削除したり、初期化をして全部消した時に、
失ってしまったファイルを後でパソコンから復旧することはできる?という疑問について。

スマートフォンでの電子メールの保存場所は?

まず、たとえばNTTドコモ(docomo)やau(エーユー)の契約で、Xperia(エクスペリア)など、
「Android」(アンドロイド)のOSが搭載されているスマートフォン(多機能型携帯電話)で使用する、
キャリアメールサービスの「電子メール(Electronic Mail)」では、
データは端末の本体の内部にあるストレージ、またはmicroSDメモリーカードの場所に保存されています。

この電子メールで受信・送信、また下書き(未送信メール)などのボックスに保存をしたデータは、
通常、そのままの状態では自動的にバックアップされるようになっていません。

そのため、もしもスマートフォンを紛失してしまったり、うっかり間違えてメールを消去してしまい
データを失ってしまうトラブルを防ぐためには、ユーザーの方自身が事前に、
定期的にパソコンや外付けHDDに、メッセージや添付メールなどのバックアップを取っておくか、
専用の保管サービスによって、自動バックアップの設定をする必要があります。

ケータイショップで機種変更をする際や、私設のモバイル端末の修理店にて直してもらう際には、
連絡帳といったデータの移し替えといった作業により、復活の対処をしてもらうことができます。

スマートフォンのメールデータをパソコンで復旧するには? の続きを読む

Windows Liveメールのアカウントを復元するには?

Microsoftより提供されている、電子メールクライアントソフトの『Windows Liveメール』は、
他のソフトウェアと同じく、デスクトップパソコンやノートブックPCにインストールして、
ハードディスクやSSDのフォルダーに、電子メールアカウントやアドレス帳、メッセージなどのデータを保存します。

ですが、もし間違えてアカウントを削除してしまった時は、どのように復元をすればいい?という疑問について。

Windows Liveメールのアカウントの表示が消えるトラブル

まず、お使いのパソコンでWindowsにオペレーティングシステム上の深刻なトラブルが起きて、
起動画面が開かなくなったり、内蔵ハードディスクがヘッドクラッシュや老朽化、衝撃で故障して、
読み込みができなくなると、そのままアカウントが画面上で表示できなくなる危険があります。

WindowsのOSを再セットアップしたり、HDD・SSDを新品交換すると、初期化されるなどで、
電子メールの内容を含めたそれまでのすべてのデータを、実質失ってしまうことになります。

そんなトラブルによるデータの消失を防ぐために、Windows Liveメールには、
作成した個別アカウントのデータをバックアップする、保存の機能が搭載されています。

※バックアップがなくて、データを消去して表示が消えてからだいぶ時間が経っていた時は、
 専門事業のデータ復旧サービスセンターで、ファイルのリカバリーを行ってもらうことができます。

Windows Liveメールのアカウントを復元するには? の続きを読む

確認メールが受信箱に届かない時の原因とデータの回復方法は?

インターネット上のウェブサービスで、新規会員登録をした時に、
登録フォームの記入事項覧に入力したメールアドレスの受信箱に、
仮登録完了または本登録完了の通知メールが届いていない、ということもよくあります。

また、ウェブ上のサービスのページから指定の時間帯でのデータの送信を設定した時に、
詳細内容の確認メールが送られてこない、といった際には、どういった問題がトラブルの原因で、
またどのような方法で回復の対処をすればいい?という疑問について。

確認メールが送信されるまでの時間差による原因とは?

まず、場合によっては入力フォームに重要なデータなどを書いていて、
確認メールや添付のファイルがクライアントソフトに送られてこないのでうっかり忘れてしまい、
後に困ってしまうケースもあるかと思われます。

そうしたトラブルが発生しないように、パソコンやガラケー、iPhoneやXperiaといったスマートフォン、
またiPadやAQUOSといったタブレット端末での、電子メール(Electronic Mail)の送受信の際に起こる主な原因と、
その回復の方法について説明いたします。

最初に、通常だと確認メールは仮登録や予約注文をしてから数秒から十数秒以内に、
すぐに自動的な送信システムで受信箱(Inbox)にデータが届くように送られてきます。

ですが、入力フォームに必要事項を記載して登録決定ボタンまたは注文確定の送信ボタンを押してから、
サービスのシステムの性能によっては、すぐには自動送信で届かない場合もあります。

確認メールが送信される速度は、それぞれのサービスのシステムによって異なり、
5分くらい経ってから届くこともあれば、送信に10分以上かかることがあります。

サーバの混雑時などシステムの状況によっては数十分、時には数時間以上かかってしまう場合もあります。

他のフォームと比べてかなり時間差が開くことも多いため、
まずはメールボックスに届くまでじっくりと待ってみてください。

あるいは、一時的な通信障害が出ていてたまたま届かないか遅れているケースもあります。

または、手動で別に送信ができるメールフォームが用意されている場合もあります。

気になる場合は、仮登録の通知メールや申し込みの確認メールが届くのに、
どれくらい時間がかかることがあるか、サービスの説明ページで確認をされてみてください。

あるいは、自宅または自社で運用をされているメールサーバといったコンピューターの方に異常が出て、
メールの送受信に不具合が出ている時は、早急にシステム管理会社か修理サービスに問い合わせて、
問題からの修復を行ってもらわれることをおすすめします。

確認メールが受信箱に届かない時の原因とデータの回復方法は? の続きを読む

メールのテキストデータの文字化けを修復するには?

電子メールシステム(electronic mail system)では、Thunderbird(サンダーバード)や、
Microsoft Outlook(マイクロソフト・アウトルック)、Sylpheed(シルフィード)、eM Client、
Windows Liveメール(ウィンドウズライブメール)といった、専用のメールソフトウェアによる転送、
またははじめから搭載された機能により、通信システムでデジタル上のデータを配送します。

しかし、たまに電子メールのソフトウェアや搭載されたプログラムが、
テキストや拡張子に一部が対応されていなかったり、システムの相性が悪いと、
MAILの題名や本文の日本語が変になったリ、不可解な文字で表示される「文字化け」が出ることがあります。

このテキストデータに表れる文字化けや文字落ちの問題から修復をするには、どのように対処をすればいい?という疑問について。

文章のエンコードが切り替わっていないか自動で変換された

まず、主なメールの文字化け(misconversion)の原因の一つとして、
文章のエンコード:EUC-JPやUTF-8、SHIFT_JISなどの設定が、
自動的に切り替わっていないことで、正しくメールのテキストが表示されていない可能性があります。

または逆に、テキストファイルのエンコードが自動で変換されたために、表示が切り替わった可能性もあります。

メールの文章全体をコピーして、文字コードの変更をできる専用のエディタに、
テンプレートへの貼り付けをして、エンコード(encode)を何回か変更して修復されてみてください。

または、E-mailに文字化けの解消を実行する校正の機能があれば、そちらを使用して直してみましょう。

また、あまりメジャーではない絵文字アイコンや特殊なフォント形式で書かれた文字が、
メールサービスやプロバイダ用の機能で対応されず、違う記号や文字として表示されることもあります。

また、データの複雑な破損が起きていて、自身では直すのが難しい場合には、
専門のコンピューターやプログラム関連のサービスで、修復してもらうことができます。

メールのテキストデータの文字化けを修復するには? の続きを読む

個人用フォルダーのpstファイルのメールデータを修復

パソコンにインストールして使用する、電子メール機能付きの管理ソフトウェアの、
Microsoft Office Outlook(マイクロソフトオフィス・アウトルック)で取り扱う「pst」のファイルを、
間違えて削除したり読み込みができない時には、どうすればデータを修復できる?という疑問について。

Outlookのpstやostのファイルが開けないトラブルとは?

まず、個人用フォルダーのpstファイルや、オフラインフォルダーのostファイルを、
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)の、ファイルマネージャーのエクスプローラーで、
「PC」(マイコンピューター)から開こうとしたり、Outlookのデスクトップからメニューの画面を起動した時に、
プログラムのエラーが発生して、PSTファイルが開けないトラブルの対処方法について。

ひとまず、電子メールの送信・受信ができなくなった時は、一度Outlookの電子メールソフトを閉じるか、
または、パソコン自体を再起動されてみてください。

あるいは、「pst」(パーソナル・ストレージ・テーブル)のファイルを展開できる、
別のアプリケーションソフトで開いてみてください。

または、ほかのオペレーティングシステムのデスクトップパソコン、
あるいはノートPCから、試しにメールデータを開いてみてください。

もし、「pst」の拡張子を失ってしまったり、損傷により開けなくなっている場合でも、
まだ修復の措置を行うか、専門事業のサービスにて、データの復元ができる見込みがあります。

個人用フォルダーのpstファイルのメールデータを修復 の続きを読む

携帯電話で間違えて削除したメールのデータは復活できる?

ガラケーの携帯電話やスマートフォン(Mobile phone)のメールボックスで送信・受信をしていた、
電子メール(Electronic mail)を間違えて削除してしまった時や、下書きで保管していたテキストデータを、
うっかり消去してしまった時に、後から復活させるにはどのようにすればいい?という疑問について。

携帯電話からEメールを間違えて削除した時は?

まず基本としまして、受信・送信メールや下書きでの作成・編集中の文章を間違って削除した場合、
携帯電話(またはタブレット端末)のメールボックスの一覧にある「ゴミ箱」のフォルダーに、
自動でファイルが移動していて、そちらにデータが残っていないかどうかを確認されてみてください。

ゴミ箱に必要なデータが残っていましたらそちらにチェックを入れて、
「復元」といったボタンを押すと、以前のボックスの位置に移行します。

また個人またはビジネスで使用していた、重要な送信済みメッセージを誤って消去した場合には、
下書きフォルダーの方に、書きかけのコピーの文章の形で、
Eメールのデータが部分的に残っているかどうかも見てみましょう。

ゴミ箱からすでにファイルを削除してしまっていたり、
容量がいっぱいになっていてそのまま消去されていた場合でも、まだ携帯電話を取り扱われている、
データ復元のサポートを行われたサービスにて、復旧ができる見込みもあります。

携帯電話で間違えて削除したメールのデータは復活できる? の続きを読む

Thunderbirdで消去したメールのデータを復元するには?

電子メールクライアント(Mail user agent)のMozilla Thunderbird(モジラ・サンダーバード)で、
送信や受信をしているメールのデータを、間違えて消去してしまった時には、
どのようにすれば失ったファイルを復元することができる?という疑問について。

サンダーバードのメールデータが保存されたフォルダーの位置は?

まず、Mozilla Thunderbirdで送受信や下書き保存をした電子メールやアドレス帳のファイルは、
WindowsのデスクトップPCないしノートパソコンの場合、特に指定をしていなければ主に、
ファイルマネージャーのエクスプローラーで閲覧ができる、隠しフォルダーに保存されています。

Cドライブの、Documents and Settings→ユーザー名のフォルダー→\Application Data
→『Thunderbird』または 『Program Files』内の、作成されたフォルダーの位置に保管されます。

Windows11、10、8.1/8では、『C:→Users→ユーザー名→AppData→Roaming→Thunderbird
→Profiles→~.default→Mail→pop.~→Inbox』などの場所に、メールデータが保存されます。

もし、パソコンのハードディスクやSSDごと、誤ってサンダーバードのメールのデータを消去した時は、
それ以上は新しいファイルやソフトウェアのプログラムの上書き保存は控えて、
専門のデータリカバリーサービスにて、復元の作業をしてもらわれることを推奨します。

Thunderbirdで消去したメールのデータを復元するには? の続きを読む

Windows Mail(ウィンドウズメール)のデータを復元

Microsoft(マイクロソフト)から提供されているメールクライアントソフトである、
Windows Mail(ウィンドウズ・メール)で、うっかり必要なデータを消去してしまった時には、
どのようにすれば後から復元することができる?という疑問について。

Windows Mailの設定オプションからバックアップする方法

まず、Windows Mailの受信箱や送信箱のフォルダーからメールデータを間違えて削除したり、
パソコンが壊れた時の事態のために、以下の手順でバックアップを取る方法があります。

Windowsメールを起動して、メニューのツールから『オプション』を開きます。

詳細設定のタブで『メンテナンス』を押して、次の画面で『保存フォルダ』を開きます。

ファイルの保存場所のダイアログボックスに表示された、
個人メッセージストアのフォルダーを右クリックして、コピーをします。

次に、デスクトップパソコンやノートブックPCでエクスプローラーなどの画面を開きます。

そして、Dドライブなどのボリュームにバックアップ用で作ったフォルダーや、
外付けのHDDやRAIDケース、NAS、DVDディスクといった別のデータ記憶装置に貼り付けして、完了です。

後に復元を行うには、Windowsメールのメニューの左側にあるファイル→インポートから、
バックアップデータを引き出して、元に戻すことができます。

もしバックアップ用のファイルが破損していて正常に開けない時は、
専門事業のデータ復元のサービスセンターに出して、修復してもらうこともできます。

Windows Mail(ウィンドウズメール)のデータを復元 の続きを読む

Eメールの整理中にデータがなくなった時に復元するには?

Eメールのプロパティの画面を開いたり、送信箱や受信箱などのフォルダーを整理していたら、
誤っていつの間にか削除してしまったのか、必要なメールデータがなくなって、
そのあと送信後のトレイにもメールが残っていなかった場合には、
どのような方法でメールデータの復元をすることができる?というご質問について。

古い電子メールがなくなった時の再チェック

まず、電子メールクライアントのソフトウェアにある「古いアイテムの整理」といった項目で、
アイテムを削除するボタンに合わせて、「OK」を押されていて、
表示の上では、メッセージや添付ファイルがあるメールデータがなくなった可能性があります。

削除済みアイテムのフォルダー(ゴミ箱)を開いて再チェックをして、
もしそちらに残っていれば、必要な電子メールを選択して、元の場所に戻してみてください。

ゴミ箱のボックスに残っていなかった場合は、ファイルの整理中に、
間違えて他のフォルダーへ、古いアイテムを移動してしまった可能性もあります。

その際には、受信箱(Inbox)や送信箱(Outbox)、下書き(draft)、迷惑メールフォルダーなどを、
順番に見ていったり、エクスプローラーの画面などの場所で、データの名称の検索をかけてみてください。

また、クラウドサービスを導入していてメールの設定をしていたり、
データバックアップソフトなどでの、自動保存の設定を施されている場合には、
それらの保存先のフォルダーを開いてみると、予備のデータが見つかる可能性もあります。

もし、だいぶ前にメールのファイルを間違えて消去していて、すでに表示が消えていた時は、
プロのデータのリカバリーサービスにて、復元の対処をしてもらわれることを推奨します。

Eメールの整理中にデータがなくなった時に復元するには? の続きを読む

Outlook Expressのアドレス帳のデータを復元するには?

Microsoft Windowsの電子メールクライアントのソフトウェアである、
【Outlook Express】(アウトルックエクスプレス)に書き込んでいたアドレス帳の、
住所・電話番号・メールアドレスのデータが、誤った消去の動作や再セットアップ、コンピューターウイルスの感染、
またハードディスクの故障といったパソコンのハプニングで消えてしまったら、元に戻すのが大変です。

そんな時には、どのようにすれば失ったデータを復元することができる?という疑問について。

アウトルック・エクスプレスのアドレス帳をバックアップする方法

まず、以下の方法でOutlook ExpressのEメールで使うアドレス帳のファイルを事前にバックアップしておけば、
不測のデータ喪失のトラブルが起きても、いつでも住所録を再度書き込んで、元に戻すことが出来ます。

方法は大まかに2通りありまして、一つ目はアウトルック・エクスプレス(OE)のアドレス帳の拡張子である、
wabのファイルを、そのままコピー&ペーストする手順があります。

wabのファイルの場所は、Windowsのパソコンの、マイコンピューターのローカルディスクにある、
Documents and Settings】の【ユーザー名】⇒【Application Data】⇒【Microsoft】の、
【Address book】のフォルダー、または【Program Files】⇒【Outlook Express】フォルダーの内部に存在します。

この時点で、もしだいぶ前にパソコンのWindowsのOSを再セットアップしていて、
まとめてファイルを間違って削除していて、Outlook Expressでのバックアップの分がなかった時は、
専門のデータ復旧サービスで、消えた拡張子の復元をする作業をしてもらうこともできます。

Outlook Expressのアドレス帳のデータを復元するには? の続きを読む

消去した受信メールの添付ファイルのデータを復元するには?

パソコンやサーバ、携帯電話、タブレット端末で取り扱う電子メールの受信箱には、
よくPDFや画像といった、ファイルを添付した状態のメールが届く場合があります。

ですが、この添付ファイルをダウンロードした後で、誤って消去してしまったり、
または受信メールごと拡張子を削除した時には、そのまま開けなくなる場合があります。

このようなトラブルが発生した時には、どうすればデータを復元することができる?という疑問について。

元の添付メールから対象のファイルを保存し直す

まず基本として、パソコンのSSDやHDD、またはスマートフォン、タブレットのメモリーカードに、
添付ファイルを保存していて、そちらを誤って消去してしまった時は、
ひとまず元の受信メールがまだ残っていれば、そちらから保存し直されてみてください。

また、パソコンやNASにあるゴミ箱フォルダーに、対象の拡張子が移行していれば、
そちらを開いて必要なファイルを選択して、「元に戻す」の動作で以前のフォルダーに移動します。

一方で、添付ファイル(Attached file)の拡張子自体が破損していて正常に開けない時は、
専用のプログラムやサービスを使用して、修復を試みることができます。

消去した受信メールの添付ファイルのデータを復元するには? の続きを読む

受信トレイから削除したEメールのデータを復旧するには?

Microsoft(マイクロソフト)の電子メールクライアントである「Outlook」(アウトルック)や、
Mozilla(モジラ)の「Thunderbird」(サンダーバード)といった機能の、
受信トレイのボックスに保管していたEメールを、うっかり間違えて一括で削除してしまったら、
どのようにすれば消えたデータを復旧することができる?という疑問について。

ゴミ箱のボックスを開いて受信・送信メールを元に戻すには?

まずは基本としまして、「削除済みアイテム」という名称のごみ箱フォルダーを開いてみて、
送信・受信・下書きメールのファイルが残っているかどうかを確認してください。

ですが、それらを用いても消えたメールが開かなかった場合に何とかデータを復活するには
どのような対処方法を行えばいい?という疑問については、また様々な方法があります。

また、パソコン上でメールが一括で記録されているファイルやフォルダーを間違えて削除したら、
エクスプローラーやダイアログボックスの画面で消去した場合であれば、
基本的には表示がそのまま消える前に、一旦ゴミ箱アイコンの中に移行します。

一方で、ゴミ箱を空にしていたり、直接フォルダーからファイルが消去された時は、
バックアップがない場合には、専用のツールや復旧のサポートでのみ元に戻すことができます。

受信トレイから削除したEメールのデータを復旧するには? の続きを読む

Thunderbird(サンダーバード)のメールデータを復旧

メールクライアントソフトのThunderbird(サンダーバード)で、パソコンから電子メールの通信を取り行う際に、
受信メールや送信メール、または下書きして保存したメッセージのテキストなどを間違えて削除したり、
パソコンをリカバリーなどで初期化した時に、一緒にファイルを誤って消去してしまったら、
どうすれば後からメールデータを復旧することができる?という疑問について。

またはメールのテキストが突然壊れてしまったり、保存していたハードディスクなどに、
誤ってフォーマットをかけて、記録されたファイルを削除したら、修復はできる?という疑問について。

Thunderbirdのごみ箱から過去のデータを元に戻す

最初に、Mozilla Foundation(モジラ・ファウンデーション)より開発・提供されている、
オープンソースのThunderbirdで扱うメールのデータを、自力で復旧する方法をいくつか紹介いたします。

まず基本としまして、デスクトップパソコンまたはノートブックPCで受信したメールや、
下書き、送信済みのメールを間違えて削除した時は、「ごみ箱」に入っているかどうかを確認してください。

サンダーバードの画面にあるごみ箱のトレイに、まだ対象の過去のメールデータが残っていれば、
そちらの項目を選択して「元に戻す」の操作で、以前のボックスの位置に復元ができます。

元の位置に戻したいメールを右クリックして、「メッセージを移動」→「メールアドレス」
→「受信トレイまたは送信トレイ」→「作成フォルダ」→「ここへ移動」の手順で、回復します。

一方で、OSの再インストールやハードディスクまたはSSDのフォーマットなどで、
受信したメールといったすべての個人用ファイルを、間違えて一括で消去してしまった場合は、
プロのデータリカバリーサービスに出して検査をしてもらうのが、より確実な復旧の方法になります。

Thunderbird(サンダーバード)のメールデータを復旧 の続きを読む

Microsoft Outlookの受信トレイ修復ツールとは?

Microsoft Office(マイクロソフト・オフィス)のOutlook(アウトルック)には、
届いてきたメールをうっかり間違えて消してしまった時のための、
『受信トレイ修復ツール』という、便利なデータの復元機能が搭載されていることをご存知でしょうか?

「ost」フォルダーの「pst」のファイルをサルベージするには?

まず、マイクロソフト社の電子メールの送受信ができるクライアントソフトウェアである、
『Outlook』(またはOLEXP)には、普段からトレイにたくさんのメールやアイテムが毎日届いてきます。

そのため、たまに間違えて貴重な連絡先を他の不要なメールと一緒に消してしまわれたり、
受信を見落としてしまい一括でデリートしてしまった、
というケースに遭遇されてしまわれる場合もあることでしょう。

そんな時には、この受信トレイ修復ツールのプログラムを操作してのサルベージの方法があります。

こちらでは、個人用フォルダーのファイル(.pst)、ないしオフラインフォルダー(.ost)の、
保存されたデータを復活することができます。

ですが、ハードディスクドライブ自体が物理的に故障していて開けない場合は、
受信トレイ修復ツールなどのソフトウェア上では、データの読み込みができなくなります。

その際にも、まだ適切な修復の対処を行うか、専門のサービスにて復旧ができる可能性があります。

Microsoft Outlookの受信トレイ修復ツールとは? の続きを読む

iPhone(アイフォン)のメールのデータを復旧するには?

Appleのスマートフォン(多機能型携帯電話)であるiPhone(アイフォン)をお使いの際に、
うっかり間違えて電子メールを削除してしまったり、端末に不具合が出て見れなくなった時には、
どのようにすればデータを復旧することができる?という疑問について。

消えたEメールをゴミ箱から受信・送信や下書きのフォルダーに戻す

まず基本としまして、iPhoneで操作の画面を開くと、
「受信」「下書き」「送信済み」「迷惑メール」「ゴミ箱」「アーカイブ」といった、
いくつかのフォルダーの項目が表示されます。

このそれぞれのカテゴリーの中に、受信したメールや新規作成したテキストが保存されていきます。

もし誤って受信・送信メールや下書きのトレイ(ボックス)にあるデータを消去した時は、
一度 ゴミ箱のフォルダーの中に移動しているかどうかをご確認ください。

そして、ほかのボックスから消えたEメールを手順に沿って元に戻されてみてください。

一方、iPhoneやiPad対応のUSBメモリといった、外部のストレージに一部のデータを移し替えていて、
そちらを間違えて削除した場合には、ゴミ箱には移行されずにそのまま表示が消えてしまいます。

その際には、対象のUSBメモリやSDカードといった補助記憶装置を、
専門事業のデータ復旧サービスに出して、復元の措置をしてもらわれることをおすすめします。

iPhone(アイフォン)のメールのデータを復旧するには? の続きを読む

フリーメールのサービスから消えたデータを復旧するには?

現在、インターネット環境を個人・法人でお持ちの方でしたら、ほとんどの場合で、
プロパイダ先といった電子メール(Electronic Mail)のサービスを、一つ以上所有されることになります。

また、ウェブサイトやブログ、SNSでのアカウントの開設や、レンタルサーバへの登録などで、
大体の場合に必要になるのが、メールアドレス(mail address)です。

大手のポータルサイトで提供されているフリーメールは、機能もセキュリティも充実していて使いやすく、
様々なインターネットでの活動においての、心強い味方となってくれます。

しかしある時に、ネットワーク上の電子メールクライアント(Mail user agent)での操作のミスや、
何らかのアクシデントでメールのデータが消えた場合には、復旧することはできる?という疑問について。

フリーメールでデータを間違えて削除した時に復元するには?

まず、フリーメールのサービス(free E-mail service)は、自宅や自社にて、
デスクトップパソコンやノートPC、スマートフォン、タブレット・コンピューターでの、
インターネット接続への環境をお持ちの方でしたら、誰でも電子メールの独自アドレスを取得することができます。

またこのアドレスを用いて、グーグル、ヤフージャパン、AOL、マイクロソフト、といった、
有名な大手のポータルサービスで提供されているEメールを登録して、取得することもできます。

これらのフリーメールには、誤ってデータを消去した時のためのゴミ箱のフォルダーが設置されています。

間違えて受信トレイや送信トレイのEメールを削除してからも、すぐにはデータの表示がなくならず、
30日間くらいの間はこちらのトレイにファイルが移動されて、消えずに残っています。

ゴミ箱のボックスを開いてから必要なメールを選択して、受信ボックスや送信ボックスに戻す形で復旧ができます。

また、基本的な手法の一つに、メールのデータを一括送信して、パソコンや外付けハードディスクのフォルダーに、
バックアップファイルを保存して、後で開いて復元できるようにする方法もあります。

※パソコンやモバイル端末自体が破損して、フリーメールのアカウントにログインができなくなった時には、
別のマシンでアクセスするか、 コンピューターの修理サービスに出して直してもらうことで、また使用ができます。

フリーメールのサービスから消えたデータを復旧するには? の続きを読む

Outlookメールのdbxファイルのデータを復元する方法とは?

MicrosoftのOutlook Express(アウトルックエクスプレス)や、
Outlook(マイクロソフト・オフィス・アウトルック)のメールクライアントソフトで取り扱う、
Eメールなどが保管してあるフォルダーの「dbx」のファイルを、間違えて削除してしまったり、
拡張子が壊れて読み込めなくなった時には、どうすればデータを復元することができる?という疑問について。

dbxファイルの拡張子を間違えて削除してしまった時は?

まず、パソコンを初期化する場合にあらかじめバックアップした『.dbx』のファイルの拡張子を、
あとでHDDやSSDに移し変えて読み込み直したところなぜか開けなくなっていた、というケースがよくあります。

また、一括でメールを削除した時に、うっかり必要な分のデータまで消去してしまった、
というトラブルもよく起こりえます。

ですが、間違えて消してしまったファイルでも、
なるべく早めに適切なデータ復旧の作業を行うことで、後から回復させることができます。

もし、前にパソコンからメールや住所録のファイルを削除して、その後HDDやSSDに、
新しいデータを多く上書き保存していた場合は、一般の個人では元に戻すのが難しくなることもあるため、
その際にはプロのデータ復元サービスにて、修復をしてもらわれることを推奨します。

Outlookメールのdbxファイルのデータを復元する方法とは? の続きを読む

Outlook Expressの受信、送信メールを復元するには?

Microsoft(マイクロソフト)から提供された、電子メールクライアントのアプリケーションソフトである、
Outlook Express』(アウトルック・エクスプレス)を用いてEメールを送受信する際に、
間違えてデータを削除してしまうなどのトラブルに遭遇してしまった場合にはどのようにすれば、
メッセージや連絡先を読み込み直したり、ファイルの復元をすることができる?という際の解決方法について。

Outlook Expressで電子メールが開けなくなるトラブル

・受信したはずのEメールの表示が、突然消えてしまった。

・デスクトップパソコンやノートブックPCにあるフォルダーが、操作のミスで空になってしまった。

・Outlook Expressで、うっかり必要なEメールまで間違えてまとめて削除してしまった。

・コンピューターウイルスが添付された電子メールを間違えて開いて、他のファイルが破損してしまった。

・パソコン自体が故障して、物理的にアウトルックエクスプレスのデータが画面上で見れなくなった。

このような緊急のトラブルが発生した際に、パソコンからメールのファイルの拡張子をだいぶ前に削除していて、
現在はバックアップも残っていなくて開けなくなった、という際には、それ以上はPCを動かさずに、
データリカバリーサービスに問い合わせて、復旧の措置をしてもらわれることをおすすめします。

Outlook Expressの受信、送信メールを復元するには? の続きを読む

Windowsでメールのフォルダーが消えた時にデータを復旧

ウィンドウズのパソコンで、メールソフトのOutlook(アウトルック)やThunderbird(サンダーバード)、
Windows Live Mail(ウィンドウズ・ライブメール)などを使っている際に、
ハードディスクやSSDの中の、ディレクトリを分けて使っていたフォルダーから間違えて削除してしまい、
またEメールのバックアップを取っていなかった場合に、後で復旧をするにはどうすればいい?というご質問について。

間違えて削除したメールをごみ箱のフォルダーから元に戻す

まず、メールクライアントソフトでは、通常は作成したフォルダーや内部のデータを削除すると、
中に入っていたメールは、すぐには消えずに「ごみ箱」の方に移動されます。

そして、ごみ箱のトレイには、まだしばらくの間は間違えて消去したファイルも残っていて、
そちらを選択して「元に戻す」の操作で、受信トレイから表示が消えたEメールの復旧ができることが多いです。

間違ってフォルダー自体を消去した時は、「この操作を元に戻すことはできません」といった表示の通り、
基本的に不可逆な入力のため、もう一度、同名のフォルダーを作成されてみてください。

ですが、パソコンのハードディスクやSSDからエクスプローラーやメールソフトで一度削除していて、
暫くの時間が経過していた時は、それ以上のウィンドウズの操作をなるべく控えて、
専門のデータリカバリーのサービスセンターに出して、失った拡張子を復旧してもらわれることを推奨します。

Windowsでメールのフォルダーが消えた時にデータを復旧 の続きを読む

消えた電子メールデータを復旧するには?

パソコンやサーバ、スマートフォン、タブレット端末などのコンピューターの製品では、インターネットを通して、
電子メール」(E-Mail)を使って、送信・受信といった通信を行うことができます。

しかしながら、替えの効かない文章や、パスワード・IDなどが記載された貴重な受信・送信メールなどを、
誤った削除の操作や拡張子の破損によって損失してしまうことは、意外にも多いものです。

そんな時には、どうすれば消えたメールのデータを復旧することができる?という疑問について。

電子メールのデータが消える主なトラブルの例

・受信箱(Inbox)や送信箱(Outbox)、下書き(draft)のトレイから、他のメールと間違ってまとめて削除してしまった。

・データを保存された補助記憶装置が衝撃、クラッシュなどで破損してしまった。

・迷惑メールに入ってしまい、一定時間の経過後、いつの間にか自動的に消去されて表示が消えていた。

・レンタルサーバが故障、閉鎖などのトラブルでダウンして、保存されたデータごと開けなくなった。

・下書きに保存するのにログイン期間の経過などで、必要な電子メールのデータの保管に失敗してしまった。

・アウトルックメールなどのソフトウェアのプログラムが壊れて、E-Mailのファイルが開けなくなった。

これらの電子メールを失うトラブルのうち、まず自身で所有をされているパソコンやサーバ、モバイル端末にある、
ハードディスクやSSD、メモリーカード、DVD-RWなどに保管をされていた分のファイルを損失した場合は、
専門のデータのリカバリーサービスにストレージを出して、拡張子の復元の対処をしてもらうことができます。

消えた電子メールデータを復旧するには? の続きを読む

メールサーバーの不具合によるダウン障害の対策とは?

メールサーバー(Mail server)とは、コンピューター上で電子メールを送信・受信して、
複雑な処理を行うシステムが搭載された、サーバーの機器です。

しかしながら、サーバの装置は24時間365日の、フルタイムで稼動させることが多く、
電子メールや添付ファイルの送受信を常に行っているために、
いつかは過負荷により処理能力の限界が来てダウンしてしまうため、障害の対策も事前に必要になります。

またある時、急にメールサーバーの不具合が起きた時には、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

メールサーバーのダウン障害でアクセスできないトラブルが出たら?

まず、オペレーティングシステムやソフトウェアのエラーといったトラブルが起きた場合は、
基本的には一度サーバーを再起動するか、修復用の機能を使うことで、多くの場合は直ります。

またはOSのリカバリー(再インストール)を実行することで、すぐに回復できるパターンが大部分になります。

ですが、サーバーダウンでアクセスできない障害が発生してから復旧するまでの間は、
外部のクライアントから受けた、メールの送受信などの要求の処理ができなくなります。

また、ハードディスクドライブやCPU(中央演算処理装置)の寿命、電源ユニットの破損などで、
物理的に機械が壊れてしまうと、代わりのパーツに交換して直すのにも少し時間が掛かりやすくなります。

こういったトラブルが出てくる可能性を考えて、ある程度の対策を事前に施しておく必要があります。

ご自身で修復をするのが難しそうな時には、メーカーのカスタマーセンターや専門のシステム管理サポート、
サーバを取り扱われたコンピューターの修理サービスで、不具合を直してもらうことができます。

メールサーバーの不具合によるダウン障害の対策とは? の続きを読む

Outlookメールをバックアップしたデータから復旧するには?

アメリカ合衆国の企業の、Microsoft社(マイクロソフト)にて開発された電子メールのソフトウェアである、
Outlook(アウトルック)をお使いの際に、何かのトラブルでデータが失われるのを防ぐために、
ひと通りのEメールや連絡先、また予定表や会議のスケジュール、タスクなどのデータを、
エクスポートなどでバックアップして後で復旧をするには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

Outlookのメールデータを保護するには?

まず、もしも急にデスクトップパソコンまたはノートパソコンのOSが破損して、
Windowsの画面を開けなくなったり、内蔵ハードディスクドライブやSSDが故障してしまい、
内部のメールデータが読み込めなくなった時のために、予備のファイルを備えて保護しておくことが重要です。

貴重なメールのメッセージは、しっかりと別の補助記憶媒体にバックアップを取って、
Outlookで送受信したEメールの、予備のデータを保存していくことも大切です。

万が一、インターネット上のファイルを間違えて削除したり、
HDDが壊れるなどの、重度のハードウェアの障害が出たとしても、
コピーした予備の送受信メールや連絡帳、予定表、会議のメモといったファイルがあれば、また直ったパソコンの方で閲覧ができます。

もし、バックアップの前にCドライブを構成するRAIDのディスクアレイが崩壊してしまい、
ボリュームが読み出せなくなった時は、プロのデータ救出のサービスに問い合わせて、
内部のメールや住所録、添付画像といったファイルを取り出ししてもらわれることをおすすめします。

Outlookメールをバックアップしたデータから復旧するには? の続きを読む

Eメールのテキストが見つからない時にデータを復旧するには?

パソコン上から読む「電子メール」(E-MAIL)は、近年では特に、アカウントの作成や、
お買い物、ビジネスでの業務の報告、宿泊の予約、プライベート的なコミュニケーションなど、
大事なことが書かれた内容のデータを取り扱って使用していく機会も、大変増えてきました。

受信箱や送信トレイ、下書きのBOXなど、それぞれのフォルダーに、
多くのメールが次第に保存されて、またメールのアカウントも増えていく間に、
必要なメールのデータの場所がわからなくなってしまった、というケースも出てきます。

そんな時には、どうすればメールデータを探して復旧することができる?という疑問について。

Eメールのテキストが見つからない時の探し方は?

まず、現在多くの人は、パソコンのインターネットのプロバイダから提供されている、
電子メールのクライアントサービスや、ウェブ上のポータルサイトで運用されていますメールサービス、
また携帯電話の会社で契約して使用しているEメールなど、複数のメールアドレスを使用されています。

その中から、どのメールで送受信を行っていたデータかを、まずは大まかに思い出して探されてみてください。

主な探し方として、まずウェブサービスないしクライアントソフトの検索窓を使う方法があります。

大体の見当が付きましたら、そちらのメールアドレスを取り扱っているクライアントソフト、
またはウェブページ上の管理画面にログインして、開いてください。

パソコンやモバイル端末のメモリーカードのみに保管されていて、替えのないEメールが、
すでに誤った削除のミスやフォーマットにより消えていた、と思われる時は、
専用の機能かリカバリーのサービスにて、復元をする必要が出てきます。

Eメールのテキストが見つからない時にデータを復旧するには? の続きを読む

Outlookメールの受信データが消えた時に復元するには?

MicrosoftのOutlookメール(アウトルック)の、受信トレイのフォルダーに入っていたEメールで、
データが一部、または全部消えた時は、どうすれば復元することができる?というご質問について。

Outlookの「受信トレイ.dbx」の隠しファイルを探してみる

まず、保存されているフォルダーには「受信トレイ.dbx」があるものの、ごみ箱には「受信トレイ.bak」はなく、
「Dbx.Rescue」の拡張子を解凍しても、「破損ファイル」と出て使用できず、Mail Export Toolを使用しても、
メールデータを読み込むことができなかった、という場合に回復をする手順について。

その際の解決方法については、ひとまずOutlookをインストールしているWindowsのパソコンで、
ファイルマネージャーのエクスプローラーを開いて、「表示」タブの「隠しファイル」にチェックを入れます。

たとえば、PC→ローカルディスク(C:)→ユーザー→ユーザー名→AppData→Local
→Microsoft→OutlookまたはOutlookExpress、とフォルダーを進めて開きます。

この中に、「受信トレイ.dbx」といった名前のファイルが入っていないかどうか探してみて、
こちらがあれば、マイクロソフト・アウトルックなどのメールソフトで開いてみてください。

この時点で、受信箱(Inbox)などから必要なファイルが間違えて削除していたりして、
すでに消えていてから、まただいぶ時間が経っていた場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターにて、修復の作業を行ってもらわれることをおすすめします。

Outlookメールの受信データが消えた時に復元するには? の続きを読む

フィルタリング機能で届かないメールデータを受信するには?

MicrosoftのOutlook(アウトルック)や、MozillaのThunderbird(サンダーバード)、
またGmailやYahoo!メール、AOLメールといったサービスを日々お使いの際に、
フィルタリングの機能が作動して、受信したメールの一部、または添付ファイルが、
フォルダーに届いていない時は、どうすればデータを取得することができる?という疑問について。

受信箱にメールが届くのが遅れているケースとは?

まず先に、受信箱に届いているはずのメールが新着で入ってこない時は、
フィルタリングで弾かれたのではなく、タイムラグでまだ届いていないだけのこともよくあります。

特に、自動的に送られるインターネット上のサービスでの通知メールの場合は、
受信トレイの表示を更新してみるか、数十分~数時間ほど待機をされてみてください。

場合によっては一日以上遅れて、通知の自動送信メールが時間差で届くケースもあります。

または迷惑メール用やプロモーション用など、別のトレイに入っていることもありますので、
念のためほかの受信用のボックスも開いて、新着のメールデータをチェックされてみてください。

またOutlookの場合の「優先」と「その他」といったタブの違いで、見落としてしまう場合もあります。

もしインターネット回線自体の調子が悪くなっている時は、プロバイダ先のサポートか、
パソコントラブルの解決のサービスに問い合わせて、直してもらわれることをおすすめします。

フィルタリング機能で届かないメールデータを受信するには? の続きを読む

メール受信箱のデータを間違えて削除した時に元に戻すには?

現在は、インターネットのプロバイダーとの契約で使用ができる電子メールや携帯電話のメール、
またGoogleやYahoo!、Microsoftといった大手のポータルサービスで提供されているEメールを、
ネットワーク上でアカウントを取得して、利用することができます。

しかしある時、ポータルサイトのメールサービスや、インターネットのプロバイダーの、
電子メールクライアント(Mail user agent/メールユーザーエージェント)のサービスにある、
受信箱(Inbox)のデータを間違えて削除した時に、ファイルをリカバリーして元に戻すは、
どのように対処をすればいい?という疑問について。

保存された電子メールを間違って削除するトラブルとは?

まず、GmailやYahoo!メール、Outlook.com、Zohoメール、iCloud、AOLメール、
ほかgoo、jcom、nifty(ニフティ)、biglobe(ビッグローブ)といったサービスで提供されたEメールにも、
受信箱、送信済みトレイ、迷惑メールフォルダー、下書き、ごみ箱などの各ボックスに、
送受信メールが振り分けられています。

また、迷惑メール防止ツールやNGワードフィルターなどの、
セキュリティの機能も充実されていますので、大変使いやすいサービスとなっています。

こちらを長く使っていくほど、いつの間にかメールマガジンやアドレス登録型のサービスに、
大抵はどんどん登録されていくため、次第に一日に受信するメールの量も多くなっていきます。

ですが、ポータルサービスでメールで受信できる量には、基本的に限度があります。

なので、過去の受信メールを一括で削除したり迷惑メールに振り分けたり、受信拒否に設定したりと、
時々整理を行う必要があるのですが、ここで注意することは、誤ってメールを削除してしまうことです。

もし、パソコン上のHDDやSSDに保存をしていたファイルを誤って削除してしまうトラブルが出た時は、
ストレージを専門事業のデータ復元のサービスセンターに出して、修復してもらうことができます。

メール受信箱のデータを間違えて削除した時に元に戻すには? の続きを読む

受信メールが迷惑メールBOXに入って消えた時にデータを復旧

パソコンの電子メールや、ガラケーの携帯電話、スマートフォン、タブレット端末などのEメールをご利用の際に、
必要なメールが迷惑メールBOXの方に入っていて、気づかずに間違って削除していたり、
一定の時間が経って自動的に消去されていた場合は、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

迷惑メールのBOXからメールを受信箱へ移動するには?

まず、迷惑メールBOXの一覧をひと通り見て、もしどこかにまだ対象の必要なメールが残っていましたら、
そちらを選択して受信箱に移動すると、自動的に消去される機能が動作する対象から外すことができます。

迷惑メールが多く届いて紛らわしくなっている場合には、
まず迷惑メールは、メールアドレスの英数字が分かりやすいものであるほど届きやすいという点があります。

例えば、携帯電話番号の数字そのものがメルアドになっている場合(電話番号@docomo.ne.jpなど)、
電話番号が知られているだけで、かなりの数のメールが勝手に受信されてしまいます。

なので、オリジナルの英数字を組み合わせてアドレスを変更したり、
最初からなるべく凝った文字の配列で入力して登録するのも、一つの対策方法です。

パソコン上のフォルダーから、大事なメールのファイルが消えていて、結構な時間が経っていた時は、
専門のデータのリカバリーサービスに出して、復旧の対処を行ってもらうこともできます。

受信メールが迷惑メールBOXに入って消えた時にデータを復旧 の続きを読む