「セキュリティの設定」のページの案内

『セキュリティの設定』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。










コンピューターの問題解決などのコンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「セキュリティの設定」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「セキュリティの設定」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

室内に機器が散乱していてうっかり壊してしまう危険とは?

自宅の仕事部屋や個室、自社・事務所内のルームや倉庫といった室内にパソコンやモバイル端末、カメラ、
サーバやNAS、それらの周辺機器といった数多くの機材をおいてしばらく使っているうちに、
机の上やパソコンラックの周囲には次第に物が増えていきます。

電子機器の故障のトラブルとは?

リムーバブルディスク、PCのパーツ、コード、リモコン、デジタルカメラ、DVDやCDのディスク、マウス、
ペンタブレット、カバーケース、アダプター、マウス、キーボード、雑用品といった物が足元に散乱してしまうと、
椅子に座る時や立ち上がる時に邪魔になってしまい、また急に他の人が室内で移動することにも不具合が生じやすくなります。

そして足元で机やパソコンラックと壁の間に、もしも貴重な機材などが落ちたり挟まってしまうと、
衝撃で故障したり、他の物や壁との圧迫によって、いつの間にか破損してしまうおそれもあります。

また、ドアや窓の開け閉めの時に、物が挟まっていて、それに気づかずに割って壊してしまったり、
上階から落としてしまう可能性もあります。

室内に機器が散乱していてうっかり壊してしまう危険とは? の続きを読む

セキュリティ機能を必ず有効にした後にデータを移行

新しくパソコン本体を購入した時はまだアプリケーションやファイルが何も入っていない
白紙の状態なので、今までの古いパソコンで使っていたデータをある程度、
バックアップ分から移行する作業がよく必要になります。

また、OSが破損してしまいリカバリーを行った後や、ハードディスクが壊れてしまい
新品のHDDに交換を行った後も同様にコンピューターが初期化状態に戻るため、
バックアップや復旧作業で取っておいたデータを移し変える機会がよくあります。

コンピューターの保護の措置

この時の注意点として、最初に新品状態のオペレーティングシステムを起動してから
セットアップを進めてデスクトップ画面を開いた時に、いきなりファイルやフォルダを
外部記録装置からコピーして書き込みのはおすすめできません。

まず、真っ先に行うべきこととしまして、コンピューターウィルスをはじめとする
PC上の脅威からマシンを守るための「セキュリティ機能」を有効にすることが重要です。

すでにファイルが消えていたり、破損した、パソコンが開けない、といった状況の場合には、
必要なファイルを復元するには、データリカバリーサービスに問い合わせて、
問題の状態を見てもらわれることを推奨します。

セキュリティ機能を必ず有効にした後にデータを移行 の続きを読む

ジャンプリストの履歴データを消去するには?

MicrosoftのOS「Windows 7」には『ジャンプリスト』と呼ばれる、
よく使う項目へのアクセス時間短縮のための便利な機能が搭載されています。

スタートメニューに表示されている各アプリケーションソフトのアイコンの右側にある
矢印マークにマウスカーソルを当てると、「最近使ったもの」という欄が出てきます。

ここ最近で開いて使ったファイルが表示されて、その項目を押すと
該当のアプリケーションで対象のデータをすぐに開く事ができます。

また、デスクトップ下側のタスクバーにあるウェブブラウザやソフトウェアのアイコンを
右クリックすると、同じように「最近使ったもの」といった名称の項目欄が出て、
ここ最近で開いたウェブページやファイルにすぐにアクセスできて、大変便利な機能です。

しかし、ジャンプリストにはよく訪問するページやよく開くファイルの履歴が残ります。

そのため複数の人が使う共有パソコン等では特に、プライベート的に他の人に
あまり見られたくないような履歴が残っていると困る、という場合は、
ジャンプリストに項目が表示されないように設定したり、個別に削除する事も可能です。

ジャンプリストの履歴データを消去するには? の続きを読む

iTunesのデータ移動を短時間で実行する場合

iPodシリーズやiPhone、iPadなどのアップル社製モバイル機器のデータをパソコン上に
データ移動/コピーしたり、新しいコンテンツをダウンロードして管理するためには、
iTunes(アイ・チューンズ)というソフトウェアをPCのOS上にインストールして使用していきます。

アイ・チューンズの機能によるファイルの移行

iTunesは頻繁に最新版へのアップデートのお知らせが表示されて、iPhoneやiPod nano、iPadなどを
USBコードで接続して同期させるたびに、何かのプログラムを更新する部分があるほど、頻繁に出てきます。

ですが必ずしも毎回アップデート作業をする必要はなく、購入した製品のデータの移し変えや
iTunes Library(アイチューンズ・ライブラリ)へのデータの移行のみを優先して行って、
後から時間的に余裕のある時に他の更新作業を実行する順番でも大丈夫です。

iTunesのデータ移動を短時間で実行する場合 の続きを読む

データ消滅のトラブルに備える危機管理意識

パソコンやサーバを使っている人のほとんどは、中身のデータを失ってしまう
トラブルに一度、二度は遭われてしまった経験があるかと思われます。

パソコンや電子機器ユーザーとして初心者のうちは、セキュリティ対策やバックアップ、
データの復元といった対策方法を詳しく存じなかったため仕方が無い場合も多いです。

一度失敗をしてしまいそこから学んで、次回からアクシデントに備えて
事前に対策を施していく事でも、危機管理意識の向上に繋がります。

しかし、まだ初心者の方がこのページをご覧になられた場合は、
以下の事項を熟読して、トラブルの対策を考慮されてみてください。

また、ある程度コンピューターを使い慣れている方でも、中級者あたりの人が
「絶対安全」「うちならこんな事は起こらない」と考えてしまうのが最も危険です。

たとえば、地震はいつ発生するかわからないため、パソコンラックまたはPC機器を置いた
デスクの底面に、耐震ストッパーなどを取り付けておくと、安全性が高まります。

『もしも』の事態を考える

マイドキュメントやProgram Filesなどのフォルダにあるデータが消滅したとしても
まだ『システムの復元』が使えたり、外付けUSBハードディスクやUSBメモリの中に
バックアップをあらかじめ取ってあれば後から、コピーペーストで復元できます。

パソコンやサーバならまだ、OS上で使えるシステム修復のアプリケーションや
プロのデータ救出サービスなどでの数多くの復旧対策が残されています。

ですが、UbuntuやMac OS XのパソコンだとWindowsよりも使える機能が少なく、
メモリーカードにバックアップを取っていたとしてもハードディスクの中身の
膨大なデーターの内の一部だけしか保存できず、全ての復旧が難しい場合もあります。

バックアップデータを取って備えるだけでも後から修復できる点が一つ増えて
確かに心強いのですが、しかしそれだけではまだまだ十分なトラブル対策にはなりません。

例えば大事な事はメモ帳用紙にペンで書いて紙面の媒体として残しておく、など。

もしもコンピューターウィルスがインターネットから侵入して感染拡大すると
ファイルやシステムが片っ端からが破壊されて、ある意味データの誤削除や
ハードディスクのクラッシュよりも難しい症状になってしまう危険もあります。

そのため信頼できるセキュリティソフトを導入して、また危険なページを
ブロックできるようにきちんと設定する、日々の危機管理意識が重要です。

データ消滅のトラブルに備える危機管理意識 の続きを読む

PCウィルスに感染したデータの復元と対策方法とは?

PCウイルス(コンピューターウィルス:computer virus)とは、
パソコンやモバイル端末をはじめとするコンピューター装置に感染して
システムを破壊したり、操作を捻じ曲げたりする有害なファームウェアのことです。

パソコン内部に保存されたファイルが感染すると、正常に開けなくなったり、
妙なイラストの画像に変わってしまったり、OSが破損する、などの被害が出てしまいます。

時々ニュースにもなる程で、これらに感染したコンピューターはデーターだけでなく
大規模なシステム全体の破損、ネットワークへの情報流出まで発生してしまうおそれもある、
危険なプログラムです。

PCウィルスの感染の経路は、迷惑メールに添付されたファイルを開いた場合や、
または迷惑メールに記載されたURLを開いた場合、またインターネットからのファイルの
ダウンロードや、ネットワークにアクセスする特殊なソフトウェアからのパターンが多いです。

かなり手の込んだ事例では、PCウィルスが、制度の比較的低いセキュリティ対策ソフトウェアの
検知機能に引っかかりにくい面もあり、数万人規模のユーザーの被害者が出る場合もあります。

一度コンピューターに侵入して長時間経っていると、気づいた時にはもうシステムの全体に
蔓延していて、そのOSの状態では手遅れになってしまう場合も少なくありません。

感染拡大のストップと駆除

コンピューターウィルスがPCやモバイル機器へ侵入した時にすぐ発見できた場合は、
まず即座にインターネットの接続を遮断して、インストールしてあるアンチウイルスソフトを起動します。

そしてウィルススキャンを掛けて、有害ファームウェアが検出されましたら、すぐに隔離・削除します。

それから、一度オペレーティングシステムを再起動します。

また、すべての周辺機器のUSBケーブルも取り外します。

再起動中にBIOS起動画面が表示された時にF8キーを数回押します。

そしてセーフモードからOSを起動して次に、最新版にアップデートしてある
『アンチウイルスソフトウェア』でもう一度ウイルススキャンを行いましょう。

更にスキャンをしている間にも、少し前に新しくインストールしたソフトウェアがあり、
それをセットアップしたらパソコンがおかしくなった場合には、
手早くアンインストールするか、Shift+Deleteキーでフォルダーを削除します。

そしてスタートメニューの『ファイル名を指定して実行』から、
更新日時が最も新しいファイルを全て検索して、これらのうちウイルス感染後に
更新されているファイルを消去していきましょう。

プロのパソコン修理サポートで、ネットワークのサービスを実施されているところに
注文をして、代行の作業を行ってもらうこともできます。

PCウィルスに感染したデータの復元と対策方法とは? の続きを読む

耐火金庫でデータメディアを安全に保管

パソコンやデジタルカメラ、サーバーといったコンピューター機器の重要なデータを
バックアップした外付けハードディスクやRAID、NAS、DVD-R、SDカード、USBメモリなどの
外部データ記憶メディアは、普段使わない時に置いておく場所にも気を付ける必要があります。

日光やほこり、湿気、熱気、冷気といった外的な影響を受けやすい所に
置いておくとデータメディアが傷みやすくなります。

また、うっかり固い床に落としたり踏んでしまうなどで強打させてしまうと、
外付けHDDのような精密機器やmicroSDメモリーカードのような小型の装置は
それだけで壊れてしまう危険も少なくありません。

特に危険な事故は、火の消し忘れや空気の乾燥が元で火事が起きてしまった場合、
炎や熱、煙により記憶メディアが完全に破壊される災難に遭われてしまう事です。

また地震や強風など他の災害の原因による二次災害での火災が起きてしまう場合もあります。

そんなもしもの災害に見舞われてしまう場合に備えて、データ記憶メディアを全て
耐火金庫(Fire safe security chest :ファイアセーフ・セキュリティーチェスト)に
他の貴重品とともに収納されておくと、後で復旧できる安全度がずっと高まります。

耐火金庫でデータメディアを安全に保管 の続きを読む

ファイル管理ソフトウェアのツールとは?

コンピューター上で作成・保存したファイルフォーマットのプログラムや名前を編集したり、
フォルダに整理して取っておく事、またデータ形式(data format)の拡張子を変更するなどの
監修作業を、「ファイル管理」または【データ管理:data management】(データ・マネジメント)と呼びます。

パソコンやサーバーでは無数のファイルとディレクトリ、数多くの種類の拡張子を
取り扱うため、ハードディスクドライブやSSDに収納している容量(使用領域)が
大きくなっていくほど、システム的な保存場所の整理整頓が大変になっていきます。

そこで、これらをユーティリティの機能を用いて統括していくための、
『ファイル管理ソフトウェア』(file management software)というツールが
販売・配布されている事をご存知でしょうか?

また、簡単な整理でしたらWindowsやMacintoshのOSのアクセサリー機能としても搭載されています。

データーを管理する、と一言で表しつつもその用途や目的には様々にあります。

ファイル管理ソフトウェアのツールとは? の続きを読む

筆ぐるめの住所録等のデータ移行を行うには?

ソフトウェア開発企業の富士ソフト株式会社から販売されている「ハガキ作成ソフト」で、
筆まめ、筆王とともに高い市場シェアを持つはがき制作ソフトウェアである「筆ぐるめ」を使用する際、
以前に登録した住所録などのデータの移行をするにはどのようにすればいい?という疑問について。

[主な製品のソフトウェアシリーズ]

・筆ぐるめ Ver.18 ジャングル (DVD-ROM 2010) 他、Ver.17、Ver.16~
・筆ぐるめ 年賀状[卯]
・筆ぐるめ 年賀状2010 [寅] ジャングル

CSV形式で保存する手順

まず筆ぐるめを起動して住所録のデータを一通り打ち込んだ後にメニューバーの「保存」を押して
別形式保存を選択、CSV形式】に合わせてOKを押して、住所録ファイルを作成します。

このファイルを他のソフトウェア、例えば筆王や筆まめ、またはエクセルなどの
対応されているソフトで開く事で別のアプリケーションへのデータ移行が出来ます。

また作成・編集した葉書のファイルは、例えば年賀状等の場合、一年後の同じ年末年始の時期に
もう一度編集し直して使い直すと宛先住所やメッセージの入力し直しの手間が省けて大変便利です。

筆ぐるめの住所録等のデータ移行を行うには? の続きを読む

インターネット接続からのデータ完全削除サービスとは?

近年では、インターネットを経由したオンラインからの遠距離アクセスによる
データ復旧サービスを実施されている、機材の修復サポート業者もあるのですが、
それと同じく、インターネットから接続して遠くにあるパソコン等のコンピューターに同期して、
内部の不必要なデータの完全削除を行ってもらえるサービスもある事をご存知でしょうか?

受付まで持参しなくても消去をしてもらえる利点

パソコンで取り扱うデータオブジェクトは右クリック操作などで削除してゴミ箱から抹消してだけでは
まだ場合によっりは元に戻せてしまい、そのまま廃棄処分や譲渡をしてしまうと、
不正な行為の目的で第三者に悪用されてしまう危険もあります。

そのため、痕跡を残さないように処置を施す事も大事な使い方です。

通常でしたらハードディスクドライブやSSDといった記憶装置を完全消去サービスセンターの
受付窓口まで持参するか、または宅配便で業務所に郵送するか、出張で来てもらう必要があります。

しかしPCやサーバが特に壊れておらず、ネットワーク環境も正常に使える状態でしたら、
遠くのコンピューターにリモート操作で内部ファイル等の完全削除を行ってもらう事ができます。

インターネット接続からのデータ完全削除サービスとは? の続きを読む

不要なファイルを削除するソフトウェアとは?

コンピュータ機器を用いたデスクワーク作業を行っていく際に、
時より『ファイルの削除』をする必要が出てくる時があります。

パソコンの内蔵ハードディスクドライブ(ローカルディスク)やUSB外付けの記憶メディアは
ファイルを保存できる最大容量が決まっていて長く使ううちにいずれは空き領域が埋まっていき、
使用領域で一杯になってしまいます。

また、たくさんの拡張子ファイルやアプリケーションのプログラムでHDDの容量を大幅に埋めていと
その分、PCの読み込み速度が遅くなりやすくなり、操作が不便に感じる場合もあります。

空き容量を増やす方法

・フォルダごとに重複している、同じ内容のファイルを削除する。
・不要なファイルやフォルダを消去する。
・データを別の外部記憶装置の方にコピー&ペーストで移行する。
・使わなくなったアプリケーションソフトをアンインストールする。
・ディスククリーンアップでドライブ全体の各ファイルを圧縮する。

しかし数百GB~数TBと相当な容量のデータをすでにパソコンに入れている場合、
一つ一つをチェックして的確に削除していくと膨大な時間と労力がかかってしまう
ケースもあるのですが、そんな時にはファイル削除ソフトウェアが役立ちます。

また、専門のデータ完全消去サービスで行ってもらうと、安全性もより確実です。

不要なファイルを削除するソフトウェアとは? の続きを読む

不要なファイルデータの完全抹消ツールとは?

「データの完全削除」とは、大破して使えなくなったコンピューター製品や故障して廃棄処分する予定のハードディスクドライブ、
またはリムーバブルメディアなどの補助記憶装置に残ってしまい取り出せなくなったファイルやデータの痕跡、
を第三者に拾われたり復元されたりして悪用される事態を防ぐための措置となります。

しかし他にも、故障ではなくまだ使える機器だけど消去したデータの痕跡を完全に抹消しておきたい、という時にも役立ちます。

持ち運びの多いデータ記憶装置の取り扱い

例えば不特定多数の人が使う共有用パソコンやファイルサーバ、業務用パソコン、また、持ち運びや交換、受け渡しを頻繁に行う
USBメモリーカードやSDカード、外付けHDD、NAS、RAID、xDピクチャーカード、CR-RW、DVD-RW、MO、メモリースティックなど
外部接続型記憶メディアの場合はさらに注意が必要になります。

一度、第三者にデータ記録メディアを預けたり受け渡す際に、ディレクトリの内部に
余分なファイルの痕跡が残っていては、万が一個人のプライベート関連や企業機密のデータを
勝手に修復されて使われてしまうアクシデントが起きる可能性も0ではありません。

特にデータ記憶メディアの一番上の階層領域であるルートディレクトリにうっかり重要なデータを
削除せずにそのままにして貸し出しや譲渡、廃棄を行うのはセキュリティ上で危険です。

不要なファイルデータの完全抹消ツールとは? の続きを読む

インターネットのウイルス対策とセキュリティソフトの機能とは?

現在、お使いの全てのパソコンにコンピューターウイルス対策のセキュリティソフト、
またはツールのインストールはお済みでしょうか?

特にインターネットに接続されているPCには必要不可欠なのが、アンチウイルスソフトと呼ばれる
、PC内部のシステムやデータ保護機能を多数備えたユーティリティプログラムです。

ネットワーク上にはご存知、HDDに侵入して保管されているファイルを破壊する有害なプログラムや、
勝手にデータを読み取るスパイウェアが迷惑メールやウェブページ等に隠されているため、
これらの問題からのパソコン保護対策が必要不可欠になってきます。

また、インターネットに接続していないPCにも、USBメモリーカードやMO、CD/DVDディスクを読み込む際に
もしもウイルスプログラムが混じっていた場合、セキュリティを取っていなければ感染してしまいます。

その事に気づかずに知らない間にコンピューターの隅々まで蔓延してしまい、
大量のプログラムやデータが破壊されてしまうおそれもあります。

インターネットのウイルス対策とセキュリティソフトの機能とは? の続きを読む

パソコンのクラッシュやデータ障害を防ぐためには?

パソコン本体やハードディスクドライブをはじめとする各パーツは塵・埃の侵入やヘッドクラッシュの
障害による損壊など、常に故障やデータ損傷の危機と隣りあわせで稼動しているとも言えます。

しかしデータ破損の原因となる要素とその対処法を事前によく知っておく事で、
突然発生するPCアクシデントを未然に防ぐ事ができます。

ハードウェアトラブルを予防

まずはお使いのパソコンのスペックをよく把握しておくことが大事です。

容量に合わないパーツと交換したり旧式のパソコンで最新のアプリケーションをインストールしたり
すると、読み込みエラーや多大な負荷を引き起こしてしまう可能性がありますのでご注意ください。

次に、地震や誤ったコードの引っ張りなどでパソコン本体が倒れないように、
PCケースの底面に耐震ジェルのクッションを貼り付けておかれると、安全性が高まります。

次に、パソコンルームはできるだけ清潔にして またPC機器を日光の当たる場所や
冷暖房の前に置かないようにしましょう。
機械は外部的な要因で回路がクラッシュしたり部品が劣化することも多いです。

部屋の掃除をする時はPCの電源を切ってシーツを被せておく事をおすすめします。
PCの上にたまった埃を定期的に除去して掃除をしておく事も大切です。

ショートや電源のダウンを防ぐため、落雷や台風の日はなるべくパソコンを
動かさないようによるか、災害対策の設備を整えた方が良いでしょう。

時には電源を抜いて一時的に冷却させておく事も大事です。パソコンを使わない
時は塵や埃、虫の侵入を防ぐため、専用のカバーをかけておくようにしましょう。

また、あまり長くパソコンを使わないまま放置しておくと内部で湿気が
充満して調子が悪くなるため、時々は起動させるようにしましょう。

パソコンのクラッシュやデータ障害を防ぐためには? の続きを読む

新しいパソコンにデータを移行する前には?

今までに使っていたパソコン本体の調子が悪くなってきたりスペックが不足しきてたため新しいパソコンを買い換えた時や、
新型でより快適かつスムーズに動くパソコンを買った時、またWindows XPからWindows 7や8のパソコンにする時など、
長く使っていくとPC本体を定期的に買い換える時がありますね。

新型のパソコンは最初はデータが初期状態のままなので、インストールしたプログラムや
お気に入りのブックマーク、フォルダの保存ファイルなど前のパソコンに入っている必要なデータを
接続コードや周辺機器(外付けハードディスクやRAIDケース、MO、外付けDVDドライブなど)を
用いて移し変えると作業が大分早く済みます。

しかし移動の前にいくつか注意すべき点もあります。

データ移動前の注意点

データの移行で注意しなければならないのは、まず移し変えの前に必ず前の
パソコン全体にウイルスチェックとスパイウェアチェックをかける必要があることです。

万が一感染していた場合、移行したデータを通してせっかくの新しいPC本体に
コンピューターウイルスなどが蔓延してしまう可能性があります。

そして新しいパソコンにもデータ移行の前に必ずアンチウイルスプログラムを
インストールする必要があります。インターネットから保存し直す際も同じです。

新しいパソコンにデータを移行する前には? の続きを読む

コンピュータウィルス感染によるデータ損害を防止するには?

お使いのパソコンやファイルサーバー、サプライなどの機器が
コンピュータウイルス(読み:computer virus)やスパイウェア(読み:spywar)に感染してしまい、
貴重なシステムやデータが破損してしまう原因ときっかけには様々な要因が考えられます。

特にウイルス対策ソフトウェアの最新アップデートファイルを入れていない場合、
かなりの高確率で感染してしまいますのでご注意ください。

Windows Defender(ウィンドウズ・ディフェンダー)といったOS上のセキュリティ機能の設定、
また、アンチウイルスソフトでの防御をしっかりと行っていく必要があります。

下記にて感染するケースを一覧にまとめました。

ウイルス被害の脅威

・ウイルスやスパイウェアにかかったページにアクセスしてしまった。
・開くと意図的に有害なワームに引っかかるようになったページを開いてしまった。
・ウイルスプログラムが添付された電子メール(スパムメール)を開いてしまった。
・ファームウェアの仕込まれたソフトウェアをインストールしてしまった。
・ネットを開いた時点で感染するタイプの新型ウイルスに出くわす。
・ハッキングにより有害なプログラムをシステム内部に送り込まれる。

といった要因が考えられます。

まず、パソコンやサーバではインターネットにつながると必ず、コンピューターのシステムに
侵食して破壊をしてくる脅威の悪質なウェアがどこかに蔓延している上に、ハッキングやクラッキング、
トロイの木馬といった数多くの手口による被害の脅威に常にさらされます。

一度コンピューターウイルスがシステムに入ってくると、ウイルス駆除ソフトによる
警告表示がなければ気づけないままどんどん感染拡大して、貴重なデータや
構築したOSの設定などが徹底的に破壊される恐れもあるため、対策は絶対不可欠です。

コンピュータウィルス感染によるデータ損害を防止するには? の続きを読む

ファイルを完全削除できるフリーソフトとは?

ハードディスク内のフォルダやSDカード、USBなどに保存したファイルデータは買い替えなどで保存機器を廃棄する際に、
第三者による削除データの復元と不正利用を防ぐため、ごみ箱などで消したファイルの痕跡を残さず完全消去をしておくのが
今や最も安全な保存メディア処分の仕方と言えます。

データ消去フリーソフトのメリット

データ削除サービスに依頼をするのが一番確実なのですが、料金をあまりかけず自分で行う際は、
廃棄予定のハードディスクなどがまだ何とか作動できてファイルを開ける状態の場合に、
ダウンロードサイトから入手できるデータ削除フリーソフトを使われるのも一つの選択です。

ファイルを完全削除できるフリーソフトとは? の続きを読む

不要な保存データを完全消去する方法は?

パソコンのハードディスク(HDD)やMO・USB・DVD-ROM・デジカメのSDカード
といった接続機器、またはRAID、サーバーなどのデータベースが故障したり
機器の寿命が来たりして廃棄処分する事になった時には、
今や廃棄の前に内部データの完全消去が必須となります。

完全デリートする必要

処分する保存メディア内のデータを普通に消去しただけでは、万が一廃棄した時
誰かに拾われてデータ復旧ソフトなどにより削除ファイルを復元させられて、
個人データや機密事項などを不正利用されてしまうおそれがあるためです。

不要な保存データを完全消去する方法は? の続きを読む

身近で出来るパソコンセキュリティ対策は?

インターネットや社内をはじめオンライン,オフラインを問わず、
データは常に外部ユーザーへの漏洩(ろうえい)の危機にさらされていると言えます。

なぜならば世間には悪質な利用者も少なからず存在し、
日本国内や海外からハッキングやクラッキング、スパイウェアといった
不正なアクセスの手段で他のネットユーザーのパソコンの中身などが狙われます。

営業妨害や重要な個人情報、登録情報などのデータの盗み見をしてくるためで、
事前に何も準備していないと非常に危ない状態なので、必ず防御対策を施す必要があります。

貴重なデータを保護するためにはまずデータセキュリティソフトやファイヤーウォールといった
保護プログラムで、コンピューターのシステムへの侵入と流出をガードする事が必須です。

また、さらに基本的な対策として、オフラインでもデータのチェックを心掛ける事が最も大切です。

身近でも出来る事で行わなくてはならない要素もたくさんあります。

データー漏洩防止の方法

・ウイルス、スパイウェア対策ソフトの定期更新を必ず行う。
・定期的にウイルス、スパイウェア感染のチェックを行う。
・データ漏洩対策に必要経費としてなるべく予算を惜しまない。
・ウェブサイトは必ずプライバシーポリシーのページを作成する。
・業務用パソコンにパスワード(暗証番号)を設定する。
・パソコン本体は使わないとき鍵を付けて保管する。
・パスワードやキーワードは人に見られないよう注意する。
・重要機密はメモや書類になるべく書かない。
・使い終わった重要書類はシュレッダーにかけて処分する。
・他人にパソコンや携帯のモニタの文面を見られないようにする。
・社員、店員への情報保護の教育とはしっかりと行う。
・末端側のミスや企業スパイによる情報流出防止を常に心がける。

身近で出来るパソコンセキュリティ対策は? の続きを読む

データの損失を予防するためのセキュリティの機能とは?

現在は比較的話題になっていないものの、以前に「データの流出」のトラブルが
かなり世間で騒がれていた時期がありましたね。

企業機密の流出は下手をすれば会社の致命的ダメージや信用損失にも繋がりかねなく、
想像以上に恐ろしいトラブルと言えます。

また、一般個人でも、誤った操作ミスや、コンピューター装置や周辺機器の損壊のミスで、
貴重なデータを損失してしまうことがよくあります。

そのために、どのようにセキュリティを強化すればファイルを失う損害を防げる?
という疑問について。

OSでの対策

まず、WindowsやMac OS X/macOS、Linuxのオペレーティングシステムや
パソコン内部のスペック、拡張機能、ツール、またデータ漏洩対策用のアプリケーション
種類やバージョンの違いによって、データの損失をガードできる範囲も違っていきます。

ヒューマンエラーの防止の対策の一つとしまして、キーボードをご自身に使いやすい製品に
買い替えて使用することで、入力ミスをある程度、軽減することができます。

WindowsのOSやインターネットエクスプローラー(InternetExplorerやMicrosoft Edge)が
古いバージョンの場合、システムの安全性も最新のものと比べて防備が低くなりがちです。

また、Google Chrome(グーグルクローム)やSafari(サファリ)、
Mozilla Firefox(モジラ・ファイアフォックス)やLunascape(ルナスケープ)は
ウェブブラウザの利用者数がInternet Explorerより少ないことから逆に、
悪質なユーザーやワームウイルスからの攻撃を受けにくい、という利点もあります。

Mac OS XやmacOSを用いたアップルのMacintoshパソコンやiMac、MacBook Pro/Airも、
Windowsパソコンより有害プログラムの種類が少なく被害を受けにくい部分もあります。

しかしどのハードウェアやウェブブラウザを利用するにしても、
ネットワークに繋ぐ以上は外部からの攻撃対象となるリスクは常にあるため、
セキュリティー面での防護対策をある程度は必ず行う必要があります。

データの損失を予防するためのセキュリティの機能とは? の続きを読む

データ漏えいトラブルの障害を防ぐには?

パソコン、データ保存メディアはネット接続や持ち運び、盗難などで実は常に企業機密、個人情報流出をはじめとした情報漏洩の危機に晒されていまして、誤ったデータの削除や保管されたデータ記憶メディアの破損と同じく、大変深刻なアクシデントと言えます。

セキュリティ対策について、特にコンピューターの初心者の方は、主なトラブルの事例の把握のためにも、ぜひ一読いただければ幸いです。

情報漏洩のアクシデント

・パソコンやCD/DVD/BD/MOディスクが盗難や紛失に遭ってしまう。
・有害なワーム型ウイルスやスパイウェアの感染被害。
・ハッキング・クラッキングによる不正アクセス被害。
・悪質な第三者によるパソコン本体への接続。
・企業、店舗の社員、アルバイト従業員の操作ミス。
・電子メール転送等からの個人情報流出トラブル。
・廃棄、売却したデータ保存媒体の第三者によるファイルの復元。
・暗証や暗号無しのアカウントやクッキー機能からのデータ流出。

他にも数多くのトラブルや悪質な手口が存在して、これからも次々と新しくデータ盗難等のパターンが増加していくかと思われます。

データ漏えいトラブルの障害を防ぐには? の続きを読む

パソコンのデータ破損に備えたセキュリティ対策とは?

パソコンには個人ファイル、または社内の企業情報などをはじめ、
貴重なデータが大量に入っているため、セキュリティー管理をしっかりしていないと
個人情報やプログラム、社内機密事項といったデータの破損や流出の危険も出てきます。

そこでまず、アンチウイルスソフトやファイアウォールといったセキュリティ機能を
セットアップして、常時稼働させておくことが必須になります。

なぜデータの保護が必要?

コンピューターのハードディスクやフラッシュメモリでは、ウェブページや電子メールを通して
ネットワークからコンピューターウイルスの有害プログラム(有害ファームウェア)が侵入して、
貴重なデータが感染して破壊されてしまう危険もあります。

また、スパイウェアやトロイの木馬などの危険なプログラムが、
インストールしたファイルに含まれていることもあります。

そのため、セキュリティソフトやガード機能のセットアップが必要です。

会社内・団体内の共有パソコンも、万が一に備えて、部外者の第三者によって
貴重なデータが持ち出されたりコピーされたりしないようにするため、
自宅や事務所、学校、会社内から持ち出す時や、コンピューターを売却、廃棄する時は
迂闊に盗難やコピーの被害に遭わないように細心の注意と対策が必要です。

また、誤った上書きや削除の操作ミスなどのヒューマンエラーを想定して、
事前にデータのバックアップを、外付けHDDやDVD-R、RAID、NAS、クラウドストレージ
といった、パソコン本体の外部の保管場所に取っておかれることも重要です。

パソコンのデータ破損に備えたセキュリティ対策とは? の続きを読む

コンピューターウイルスで破損したデータやプログラムを復元

普段、インターネットを使っている際、パソコンは常にコンピューターウイルスや
スパイウェアのプログラムなどによるデータの損害といった脅威にさらされていると言えます。

コンピューターウイルスに感染してしまうと、発見や対処が遅れるほどハードディスク内に
広がり、最悪HDD内の全データや電源を入れて繋げている外付けデータの保存装置や、
ログイン(サインイン)しているサーバー内にまで蔓延してしまう可能性すらあります。

こうなると今まで培ってきた貴重なデータが根こそぎ破壊されて、取り返しのつかない事態となってしまうでしょう。

しかし、内蔵ハードディスクや外付けHDD、RAID、MO、DVD-RW、CDーRW、USBメモリ、SDカード
などがコンピューターウイルスにかかった状態からでも、データの復旧ができる見込みもあります。

有害ファームウェア(Firmware)が移ってしまったファイルやシステムデータは、
普通に上書きや削除で対処しても全部消えない可能性が高く、またその方法ではファイル自体もやはり失ってしまいます。

しかし近年のコンピューターのOSの復元機能や市販データ復元ツール、プロのデータ救出サービスなどでしたら、
上手くコンピューターウィルスの感染をなくした状態のファイルで修復して元に戻せる強力な手法が数多くあります。

コンピューターウイルスで破損したデータやプログラムを復元 の続きを読む

ウィルス添付の迷惑メールを見分けてパソコンを守るには?

プロバイダサービスの電子メールやポータルサイトのEメールサービスを
使っているとどうしても遭遇する危険があるのが、悪質なコンピューターウィルスが
ファイル添付やHTMLのプログラムによって含まれた迷惑メールですね。

近年、Eメールでは高度なセキュリティシステムによって、あらかじめ
悪質なウイルスやスパイウェアの入った危険なメールは受信フォルダに入る前に
除去され、また比較的有害でないものも「迷惑メール」フォルダに振り分けられます。

しかし、全てのEメールサービスでセキュリティが万全に整っているとは限らず、
ある程度は注意して受信箱のメールを見分けながら確認してパソコン守る必要もあります。

Outlook Expressなどのソフトウェアで見る、パソコン上の電子メールは
プロバイダ側のウイルス対策サービスのほかに、PCにインストールしているアンチウイルスソフトを
常にアップデートしながら正しくMAILのスキャン・除去をして使っていく必要があります。

ウイルス対策機能のバージョンが古いままだと新種の有害ファームウェアを
検知できない可能性があるためです。

ウィルス添付の迷惑メールを見分けてパソコンを守るには? の続きを読む

落雷でパソコンが破壊されるのを防ぐ装置とは?

台風や夕立、嵐が来て外で激しく雷が鳴っている時、
遠くで落雷している様子を窓からでも確認できるような場合、
パソコンや電化製品の電源ケーブルをコンセントに差していると少し危険です。

自宅・自社付近で落雷があって、稀にその周辺地域に過剰電流が流れて
電源コンセントを伝ってコンピューターの中身がショートしたり焼き焦げて、
物理的に電子機器の回路が破壊されてしまう恐れがあります。

雷の日は精密機器の電源コンセントを外しておく

内蔵のバッテリーで起動中のノートパソコンやiPad、iPhoneなどは大丈夫ですが、
他の電化製品をはたとえ使わずに電源を切っていても、
電源コンセントに差し込まれているだけでも過剰電流が流れる危険があります。

落雷による破壊を防ぐ一番確実で簡単な方法は、雷が収まるまで電源を切って
ケーブルをコンセントから外しておくことです。

落雷でパソコンが破壊されるのを防ぐ装置とは? の続きを読む

メール本文を開いて見ただけで感染するウィルスとは?

コンピューターウィルスが感染してしまう経路は主にインターネットのスパムページや
Eメールの添付ファイル、プログラムのインストールやセキュリティホールから
侵入するファームウェア、そして電子メールに仕組まれているタイプなどです。

メールのコンピューターウィルスといいますと、まず添付されたファイルを開いてしまうと
感染してしまうパターンが浮かぶ人が多いかと思います。

ですがそれだけではなく、中にはメールを開いて本文を見ただけで
うつってしまうタイプのスパムメールも存在します。

普通のテキスト形式の受信メール本文を開いただけならほとんどは問題のないケースなのですが、
リッチテキスト形式(インターネットのページと同じHTML形式)で作成されている
ページを開くと感染してしまう物が存在します。

プレビューウィンドウによる表示

その受信メールの本文を直接開かなくても、プレビューウィンドウの機能が有効になっていて、
うっかりOutlook Expressなどのソフトで受信して開いてしまっただけでも感染するおそれがあります。

有害なマクロウィルスやトロイの木馬とまではいかずとも、
悪質なスパイウェアが入ってくる可能性もありますのでやはり要注意です。

Eメールのサービスでしたらそういったウイルスプログラムが含まれた悪質なメールは、
ほとんどフィルターによるセキュリティ機能で弾かれるか、
迷惑メールフォルダの方に自動で振り分けられて受信されます。

しかしそれでも100%とは限らず、中にはフィルターや自動振り分けを
かいくぐって受信メールフォルダに来てしまうこともありえます。

メール本文を開いて見ただけで感染するウィルスとは? の続きを読む

ネットブックのセキュリティを強化してデータを保護するには?

ネットブック(netbook)は、従来のノートブックPCよりも
低価格化・小型化をコンセプトにしたパーソナルコンピューターで、
DVDドライブなどのパーツが無いかわりに安価で購入できるお手軽なパソコンです。

その一方で、OSは一部機能が制限されたWindows7スターターエディション、
CPUは最近のデスクトップパソコンより性能の低めなIntel Atom(インテル・アトム)、
メインメモリの容量は1GB(ギガバイト)、ハードディスクの容量は100GB、
と、スペック的には近年のPCとしては低めに設定されています。

アンチウイルスソフトの導入

その中でCPU使用量やCドライブの容量などをやりくりする必要があるため、
特に、容量を使い負荷もかけやすいセキュリティソフトの選択は大事です。

Asus(アスース)の「Eee PC」のように、最初からWindows7スターターのOSに
『ウイルスバスター』の30日間のお試し版などのソフトウェアがインストールされていて、
そのアプリケーションをそのままライセンス購入して使用される場合も多いです。

ネットブックのセキュリティを強化してデータを保護するには? の続きを読む

停電で電源が止まる緊急事態を防ぐには?

電源コードから電力を供給しているデスクトップ型パソコンや
プリンター・モニター・サーバといったコンピューター機器は、
急に停電が起きて電力が絶たれると同時に、即座に止まってしまいます。

台風や落雷、洪水、雹、強風、建造物の倒壊などの災害で停電になった場合や
家の家電製品の電気を使いすぎてブレーカーが落ちてしまう場合など、
特に夏から秋にかけての電気を多く使う期間は電化製品の取り扱いに要注意です。

電源が落ちて上書き前のデータが消えてしまうばかりか、
電圧の負荷と急停止による衝撃でパソコン機器が故障するおそれさえあります。

特にディスク・アクセス(disk access)での内容読み書き中に電気の供給が
止まってしまうと、データや HDDが壊れてしまう可能性も低くはありません。

停電対策

まず、家の電力のブレーカーがすぐに落ちて停電してしまう場合は、
電力会社に電話をしてアンペア(A)を上げてもらうことで改善もできます。

しかし契約変更のできない賃貸のアパートやマンションにお住まいの場合には、
電力を特によく使う冷蔵庫やエアコンの設定温度を変更したり、
余分な電気をどこかで使っていないかを室内全体で見直してみましょう。

停電で電源が止まる緊急事態を防ぐには? の続きを読む

ウイルスバスターのソフトが重い、遅いと感じた時に直すには?

トレンドマイクロ・ウイルスバスター:【Trend Micro Internet Security】と言えば
ウイルス対策ソフトウェアの代名詞の一つとも言える、
トレンドマイクロ株式会社より開発・販売されているセキュリティソフトです。

約一年周期で最新のバージョンアップ版が登場し、その間もオンラインよりアップデートが
自動的に、頻繁に行われます。

また、家庭向けソフトは、一本のシリアル番号につきパソコン3台まで導入することが
できるのも大きな特色です。

ですが時々、ソフトウェアの機能の影響でパソコン全体が非常に重くなる傾向が出ることもあります。

その際には次のシリーズで大幅に快適化がなされて容量も半減されることもあります。

主なパソコンの防御機能としては、ウイルス対策、スパイウェア対策、迷惑メール判定、
パーソナルファイアウォール、URLフィルタリング、個人情報漏洩防止、セキュリテイレポート、
ホームネットワーク管理、オンラインユーザー登録、などがあります。

ウイルスバスターにはこのように数多くの優秀なセキュリティ機能が
搭載されているためこの一本でほぼ十分、といえる程の安全性があります。

ウイルスバスターのソフトが重い、遅いと感じた時に直すには? の続きを読む

セキュリティホールの欠陥を修正する対処方法とは?

コンピューターのソフトウェアプログラムにはセキュリティホール【security hole】と呼ばれる、
システム上の穴とも呼べるバグや欠陥・安全性的な盲点などが存在します。

これらの穴を通して悪質ユーザーから勝手にネットワークを介して
侵入されたり、ウィルスプログラムやスパイウェアを植えつけられて、
運が悪ければ重大な被害の発生しかねない攻撃に遭う可能性もあるのです。

セキュリティー上の安全対策手段

これらの被害を防ぐためにはセキュリティ対策を強化するだけでなく、アプリケーションソフトウェアや
OSのアップデートを日々、頻繁に自動または手動で行っておく必要もあります。

例えばWindowsのOSの場合、最新のバージョンにアップグレードをされると
セキュリティが強化され、危険の回避能力が向上します。

またそれまで発見されていたシステム上の不具合も数多く修正され、起動時に出る警告画面の表示も少なくなります。

ウイルス対策ソフトウェアやネットワークに直接関わるアプリケーションは
特に頻繁に最新版へのアップデートを行いましょう。

セキュリティホールの欠陥を修正する対処方法とは? の続きを読む

コンピュータが危険にさらされています、と表示されたら?

Windowsパソコンのオペレーティングシステムにコンピューターウィルス対策のための
セキュリティソフトがしっかりとインストールされていないか、
またはツールの稼動が停止している場合、デスクトップ画面右下のインジケータなどの場所に
『コンピューターが危険にさらされています』という警告メッセージと、赤い×アイコンが表示されます。

セキュリティの無効な状態とは?

この警告メッセージが出る状態は、コンピューターウイルス対策のアプリケーションソフトが
オペレーティングシステムのアップデートの作業中の時にも表示される時があります。

この状態の時は基本的に、特に心配は要らず、作業に任せて大丈夫です。

更新が完了したらまた元の上記稼働状態に戻ります。

しかしセキュリティのプログラムが実際に無効になっている場合はコンピューターウイルスや
ハッキング・スパイウェアなどの危機にさらされている、危険な状態と言えます。

コンピュータが危険にさらされています、と表示されたら? の続きを読む

パソコンがウイルスに感染した時の対処方法とは?

コンピューターウイルスはインターネットを閲覧中に突然不明なページで出現したり、
迷惑メールや悪質なソフトウェアプログラムに含まれていたりと感染するパターンは様々です。

しかし、市販で優秀な機能を多数備えたセキュリティ対策ソフトウェアをインストールして、
随時PC全体を監視する機能をオンにしていれば、ほとんどの場合は有害ファームウェアが
侵入してきた瞬間に感知して、警告画面が表示されるためすぐに発見することが出来ます。

ウィルスの隔離・駆除

ノートアンチウイルスやトレンドマイクロウイルスバスターなど、大手の製品で
最新アップデート版に頻繁に更新されているアプリケーションプログラムを使われるのが理想的です。

ワーム型ウイルスをはじめとする有害ファームに感染したらまず、赤い警告メッセージが表示されます。

この段階では隔離・駆除がまだ出来ていないため、すぐに手動でソフトウェアを起動し、
コンピュータ全体のウイルススキャンを実行しましょう。

早い段階でしたら1~10個くらいの感染で済みますのでOS(読み:オペレーティングシステム)
にも影響は特になく、検出・消去さえ実行できれば被害はほぼありません。

パソコンがウイルスに感染した時の対処方法とは? の続きを読む

新しい制限ユーザーのアカウントを追加するには?

ご家庭や会社内で使われているパソコンは、一人の方だけでなく
複数の人数で使用される時、個人用というよりは共有パソコンとも呼ばれます。

共有でパソコンをお使いの時、各個人のプライバシーを守るためや、
各個人の使い方に合わせる為に、新しい制限ユーザーのアカウントを
個別に作成されておくと大変便利です。

まずはウィンドウズのスタートメニュー⇒コントロールパネルの設定画面で
【ユーザーアカウント】をクリックし【新しいアカウントを作成する】を選択します。

次の画面で新しいアカウント名を入力し、『次へ』を押します。
このアカウント名がパソコン起動持のログオン画面で表示される名前になります。

次に「アカウントの種類を選びます」で【制限】を選び、『アカウントの作成』を押します。

これでWindowsログオンの画面で複数のユーザー管理アイコンが表示されます。

新しい制限ユーザーのアカウントを追加するには? の続きを読む

ウイルス対策ソフトウェアが使用できない時の解決方法は?

PC環境を悪質なユーザーや有害プログラムから守るためには、コンピューターウイルスの
対策ソフトウェアをインストールして常時監視機能をONにされておくことが必須です。

しかしノートンやウイルスバスターなど性能の高いセキュリティソフトは容量が大きく、
メモリも多く使用するため、CPU(読み:シーピーユー)やマザーボードの性能が
低いパソコン本体に導入するとシステム全体の動作速度が極端に遅くなったり
フリーズが頻繁に起こるなど、非常に不快な状態で作業しなければならない場合もあります。

PC本体のパーツをより性能の良いものに交換するか、新しい本体を購入するのが一番の解決方法です。

しかし、時間的・金銭的・技術的な面などですぐに環境を変えられそうにない場合は
通販サイトや店頭のソフトウェアコーナーで、動作が軽く、使用する容量も少ない
セキュリティソフトだけでも、必ず一つインストールしておくようにしましょう。

ウイルス対策ソフトウェアが使用できない時の解決方法は? の続きを読む

安全なサイトと危険なサイトをPCに判別させるには?

インターネット上で閲覧できるホームページやブログ・掲示板・入力フォームといった
あらゆるウェブサイトはすべてが安全ではなく、中には開いた途端に悪質な
コンピューターウイルスやスパイウェアに自動的に感染してしまうような危険なサイトもあります。

また違法サイトや成人向け・反倫理的な内容のHPなど、一般の方が見るのに
不適切なページや、あまりおすすめできないような有料サイトなども非常に数多くありますので、
迂闊に怪しいページには入らないように注意する必要があります。

しかし有害ファームウェアの仕組まれたページ等は人の目では非常にわかりづらい点があり、
またウイルス対策を十分にしていなければ
危険なページであることにすら気づかずに何度も来てしまう可能性もあります。

安全なサイトと危険なサイトをPCに判別させるには? の続きを読む

コンピューターと内部のデータを保護するための対策の方法とは?

パソコンの本体は、インターネットのアカウントのサービスやクラウドストレージと違い、
何もセキュリティソフトをインストールしていない状態だと、ネットワークにつなげた途端に、
コンピューターウイルスやスパイウェアといたワームに感染してしまう危険が発生します。

PCに入っているデータファイルは、家庭用・企業用を問わずに膨大な数に及びますので、
これらが破壊されると、大変深刻な被害に遭ってしまうケースもあります。

アンチウイルスソフトの導入

コンピューターウイルスやスパイウェアの侵入は、インターネット上にある
セキュリティの不十分なサービスのアカウントなどから感染してしまうケースも多くあります。

しかしパソコンを使って何かをする以上、インターネットにアクセスせずに行うのは、
一部の専用のマシンを除くと不便になってしまいますので、まずは最低限として必ず、
ウイルスバスターやノートンアンチウイルス、マカフィーといったアンチウイルスソフト、
ないしセキュリティ対策のソフトウェアを、インストールするところから対策してみましょう。

コンピューターと内部のデータを保護するための対策の方法とは? の続きを読む

コンピュータウイルスの感染はスキャンしないと気づきにくい?

使用されているパソコンのシステムにコンピューターウイルスが感染して
ローカルディスクの全体に増殖・蔓延してしまうといずれOSや各ユーティリティーの
動作に支障が出てくるのですが、一個や二個侵入されてすぐにプログラムが
おかしくなるわけではなく、大抵はある程度感染して増えることで異常が発生します。

他のコンピュータへの蔓延のトラブル

大量に増殖してもシステム自体は正常に動いてなかなか気づかない場合も多く、
他にトロイの木馬など、さらに発見が困難なタイプのファームウェアも存在します。

マクロ・ウィルス(macro virus)などはソフトウェアの
マクロ機能に寄生して増殖したりと特殊なタイプも数多くあります。

ウイルスが感染していることに気づかないと、インターネットや電子メールにアップロードした
添付ファイルやUSBフラッシュメモリ・MO・外付けHDDにコピーしたデータの中に感染したファイルが
紛れ込んでいた場合、そちらの媒体にもウイルスが増殖してしまい、下手をすれば共有パソコンや
サーバ、会社内のPCにまで蔓延してしまうおそれもあります。

コンピュータウイルスの感染はスキャンしないと気づきにくい? の続きを読む

アンチウイルスソフトでシステムのデータを保護する方法とは?

インターネットの色々なサイトを閲覧したり、ソフトやプログラムファイルをインストールしていると、
コンピューターウイルスやスパイウェアという類のワームのプログラムが混じって、
パソコンやモバイル端末に侵入してしまうことがあります。

ワームのプログラムは全てが必ずしも直接的にシステムに有害なものではなく、
特に影響のないものもあるのですが、悪質なものはPC内部のシステムやファイルを破壊したり、
ユーザーのデータを勝手に外部のコンピューターへ送ってしまうような危険なものまでありますので、
有害なファームウェアに対するセキュリティの対策は、必ず必要になります。

ウィルス対策ソフトの選択

重要なデータファイルやコンピューターのオペレーティングシステムを保護するためには、
まず基本として、ノートンアンチウイルスやトレンドマイクロ・ウイルスバスター、マカフィーなどの
高性能な有償のセキュリティソフトウェアを購入して、ライセンスを取得してインストール・セットアップします。

パソコンやモバイル端末の内部の監視システムを常時稼動させていくのが、一番安全性の高い対策方法です。

アンチウイルスソフトでシステムのデータを保護する方法とは? の続きを読む

PCの内部を保護するためのセキュリティ対策の方法とは?

パソコンやリムーバブルディスクをはじめとするコンピューター機器には
プログラムファイルや個人・企業情報など大量の貴重なデータが含まれています。

これらは何も保護対策をしなければコンピューターウイルスなどに破壊されてしまったり、
ちょっとした事で第三者に漏えいしてしまったりという危険に晒されてしまいますので、
必ず日頃からデータの取り扱いには最新の注意を払うことが
現代ではPCトラブル対策の必須事項とも言えます。

そこで、基本的なデータ保護、セキュリティ対策の手法についての例を
下記にて挙げましたので、ぜひご参照に頂けましたらと思います。

データ保護のテクニック

・データ記録媒体を廃棄処分する時にはファイルの痕跡を残さないために
 完全消去作業を行ってから捨てる。
・ウイルスバスターなど高性能でサービスの良いセキュリティソフトを
 特にインターネットへの接続時には随時稼動させておく。
・ウィルスやスパイウェア感染の摘出チェックを定期的に行う。
・怪しいウェブサイトやメールはできる限り開かないようにする。
・社内のパソコンにはアカウントの暗証番号を設定しておく。
・外付け記憶装置は失くさないようにしっかりと保管しておく。
・大事なファイルをネットワークを介して転送する前に暗号化ソフトでセキュリティを強化する。
・PCの設置しているルームやオフィスの盗難・侵入対策に予算を惜しまない。
・サーバなど24時間ネットで稼動させる機器を導入される場合には
 システム管理会社に24時間体制でトラブルの監視をしてもらう。
・情報の流出を防止するために第三者にはPCを使わせないようにする。
・データ漏えいやファイル破損トラブルを起こさないよう社員のIT教育を行う。
重要な書類を捨てる際にはシュレッダーにかけてから棄てるようにする。
・パスワードはなるべくクッキー機能に残さないようにする。
・データが破損してしまった時のためにこまめにバックアップを取っておく。

PCの内部を保護するためのセキュリティ対策の方法とは? の続きを読む

有害なPCウィルスプログラムを除去するには?

インターネットには開いた途端にウィルスプログラムがPC内部に
感染するトラップの仕組まれている有害サイトや、明けた途端に同じく伝染する
迷惑メールなど恐ろしいトラブルに遭う可能性があります。

ウイルスソフトをインストールしていなかった場合は感染したことにすら気づけずに
ずっと、蔓延作用がほったらかし状態になってしまい、ねずみ算式にパソコン中の
システムやデータ、プログラムが破壊されてしまう深刻な事態に陥ってしまいます。

セキュリティ対策の必要

共有パソコンが感染してしまったり、ネットにアップロードしたファイルが
ウイルスプログラムに感染していた場合には他のユーザーの方々にまで
多大な迷惑を掛けてしまうおそれもあるため、PCのセキュリティ対策はある意味、
すべてのネットユーザーの共通したマナーであり義務であるとも言えます。

トレンドマイクロ・ウイルスバスターなど優秀なセキュリティソフトを稼動させていれば、
大半のウイルスを弾いてくれる上に有害サイトの警告機能も備わっていて、更にもし
感染してしまってもすぐに侵入を検知して通知画面を表示してくれるシステムが備わっています。

有害なPCウィルスプログラムを除去するには? の続きを読む

データ情報が開けないアクシデントから修復するには?

お使いのパソコンやモバイル端末、周辺機器に入っているデータのセキュリティ対策は
常時しっかりと設定されていますでしょうか?

パーソナルコンピューターやモバイルコンピューター関連のハードウェアをはじめとする電子機器には、
大量の貴重なデータ情報が保存されているため、もしこれらが失われたり開けなくなってしまったら、
大変なトラブルになってしまいます。

またインターネットからのコンピューターウィルス感染など、有害なプログラムによって
破損してしまう恐ろしいケースもあり、ネットワーク上にも多くの危機が潜んでいます。

セキュリティ関連のトラブルの事例

:ネットワークを介して悪質ユーザーからのハッキングを受ける。
:危険度の高いスパイウェアプログラムが侵入してしまう。
:共有パソコンに個人情報などを残してしまい、後で第三者に見られてしまう。
:会社や事務所のほかの社員がデータ流出のミスを引き起こしてしまう。
:売却または処分した電子機器からデータをソフトウェアなどで復元されてしまう。
:電子メールの転送時に添付ファイルやテキストを盗み見されてしまう。
:クッキー機能から打ち込んだ情報の履歴を読み取られてしまう。
:共同で使っているPCや記憶媒体が他の誰かに悪用されてしまう。
:空き巣に入られてしまい自宅のPCやサーバを開かれる。
:CD-RやUSBフラッシュフメモリーカードを落としてしまい、誰かに拾われてしまう。

データ情報が開けないアクシデントから修復するには? の続きを読む

PCのデータ損失を回避するためのバックアップ作業とは?

今までにパソコン内部に保存してあったファイルやプログラムを何かのエラーや
ミスにより失ってしまった苦い経験をお持ちの方も多いかと思われます。

自分もハードディスクやMOディスクの完全的な損壊でそれまで入れていた
大量のファイルを失ったことがあります。主なデータ喪失の原因として、

・ハードディスクがヘッドクラッシュやショート、水害、寿命などで故障してしまう。

・誤ってプログラムファイルを削除してしまった。

・データベースやシステムにエラーやウイルス感染が起きてしまう。

・誤って同名のファイル・フォルダに上書きしてしまった。

・災害などでコンピューターが物理的に損壊してしまった。

・共有パソコンで他の誰かが誤った操作を行ったはずみでデータが消えてしまった。

・MOやDVD、FDなどのディスク面にキズが付くなどの破損が出てしまった。

と、このようにデータ損害のケースはかなり多くありまして、いつどこで
大事なデータが失われても決しておかしくはないのです。

そのためこまめなバックアップが非常に大切な作業になります。例えば
右クリックのコピーなどでいつでも簡単に移すことが出来ますので割と簡単に行えます。

PCのデータ損失を回避するためのバックアップ作業とは? の続きを読む

コンピューターウイルスに感染する原因と防御の方法とは?

皆さんはコンピューターウィルス(パソコンウイルス)に感染されて、
一部のファイルやプログラムシステムが破壊されてしまった経験は今までにありますでしょうか?

おそらく大半の方にその被害の経験があるかと思われます。
インターネット上ではそれほどまでにあちこちでウイルスや有害ファームウェアが潜んでいますので、
実はネットとは十分な対策をしなければ危険な仮想空間でもあります。

コンピューターウイルスの障害に遭ってしまう大半の要因はインターネット上にあります。

・[ページを開いた瞬間にウイルスに遭遇してしまうページが存在する
おそらく感染の半分以上はこれが原因でしょう。筆者も今までに何回もこれを受けてきました。

・[開くとウイルスにかかるプログラムの悪意な迷惑メールを開いてしまった
これもうっかりすると遭遇してしまうアクシデントですね。変なメールが届いてたら要注意です。

・[ウイルスやトロイの木馬プログラムが仕込まれたソフト・ツールなどを
インストールしてしまった

これはあまり遭遇しないと思うのですが、危険なサイトからのものには気をつけるようにしましょう。

コンピューターウイルスに感染する原因と防御の方法とは? の続きを読む

iPadやiPhone、iPodでNot Enough Storageと出た時は?

Appleから発売されているモバイル・コンピューターのiPad・iPhone・iPodで、
電源スイッチを押してから起動後に「Not Enough Storage」というメッセージが表示されて、

CloseとSettingsをタッチするように出て、その時にどちらをタッチしても動かず、
メインスイッチで長押しして強制終了しようとしても切れない場合はどう対処すればいい?
というご質問について。

まず、こちらの状態は、バックアップ用ストレージのiCloud(アイクラウド)を
使っていて、5GBの最大容量がいっぱいに埋まると、
「Not Enough Storage」のメッセージが表示される仕組みになります。

「ストレージの購入」でiCloudの最大容量を増やすか、設定⇒「ストレージとバックアップ」
(もしくはパソコン)でiCloudの整理をしてみてください。

またiCloudの設定をオフにして解除すると「Not Enough Storage」の表示はなくなります。

iPadやiPhone、iPodの内蔵メモリーの容量の方も全部埋まっていたら、
いらないファイルを削除するか別の記録装置に移行して整理してください。

iPadやiPhone、iPodでNot Enough Storageと出た時は? の続きを読む

新型のPCウイルスの感染を防ぐには?

PCウイルスに感染されてしまい、インターネット上でページを開いたらいきなり
コンピューターウイルス対策ソフトから『感染しました』という警告が出て、
コンピューターウィルス」(computer virus)に侵入された場合、
他にもうっかり不明なメールを開いてしまった時に遭遇した場合、などは稀に起こり得ます。

ですが、しっかりと優秀なアンチウィルスソフトウェアをパソコンにインストールして常時
最新の状態にして監視体制に設定しておけば、大抵は侵入されたその場で警告画面が出てきます。

そしてコンピューター上に広がる前にすぐ隔離して駆除すれば
システムやプログラムを破壊されたり書き換えられたりせずに済み、破損を防ぐことができます。

しかし、PCウィルスのソフトは単にインストールして
入れておくだけでは十分に安全とは言えないのでご注意ください。

新型のPCウイルスの感染を防ぐには? の続きを読む

コンピューター製品を安全に保護して使う方法の一覧

パソコン本体をはじめ、キーボードなどの周辺機器やサーバ、NASといった
コンピューター製品を安全に長持ちさせて使っていく方法についての目次ページです。

機材ケースの外部から入り込んでくる埃や小さなごみ、湿気といった異物をできる限り防ぐ
保管の仕方や、コンピューターウィルス感染の防止、セキュリティ状態の設定といった
重要な使い方について、下記リストの各個別ページにて解説しています。

また、コンピュータートラブル関連の質問投稿など、幅広くメッセージを受け付けています。

コンピューター製品を安全に保護して使う方法の一覧 の続きを読む