ページの案内

『ハードディスクドライブの救出』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。









コンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「ハードディスクドライブの救出」のページリスト

当カテゴリー「ハードディスクドライブの救出」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

持ち運び中にHDDが壊れるトラブルからのレスキューの方法とは?

デスクトップパソコンやノートパソコン、外付けハードディスクケースやポータブルHDD、NASといった、
データ記憶装置のハードディスクドライブ(hard disk drive)が搭載されたコンピューターの製品を、
近場へ、または遠出で持ち運びをしている際に、強い衝撃や振動、水濡れ、高温などによって
電子機器またはHDDが壊れてしまった時のレスキューの手順や、それらのトラブルを防ぐ方法について。

自動車のトランクに電子機器を積載する場合

まず、デスクトップパソコン本体といった大型で重量のある電子機器を自動車のトランクに乗せて運ぶ際、
高速道路(ハイウェイ)を使っての長距離移動では、時々ドライブインで休みながら、
念のため駐車場での停止中に、車内での機材の配置を再確認されてみてください。

また走行中は揺れが大きいので、なるべく機器に衝撃を与えないため、製品を購入した時に収納されていた
段ボールなどに入れて、発泡スチロールで固定した状態で収納をされることが望ましいです。

特に山道などの荒い車道を走る時は、もし走行中に座席の下の方に落ちていたりするなどで、
固定されていた位置からずれていたら、元の場所に戻して、よりしっかりと固定し直します。

またエンストやパンクなどが途中で起こらないように、各部を点検をされてから行かれることも大事です。

パソコン本体などの電子機器が故障した場合は、まだ内部のハードディスクドライブやメモリーカードは
破損せずに無事であることが多く、データレスキューのサービスセンターで取り出しをしてもらうか、
読み込みをして別の補助記憶装置にファイルを移し替えてもらう形で、復旧ができる可能性が高いです。

持ち運び中にHDDが壊れるトラブルからのレスキューの方法とは? の続きを読む

HDDの差し込み口が欠けた時に復旧するには?

デスクトップパソコンやノートパソコン、外付けHDDケース、RAID、NAS、サーバ、レコーダー
といったコンピューター装置で使用されている大容量データ記憶装置の
「ハードディスクドライブ」(hard disk drive)を、マザーボードなどの基板に接続する際に、
接続部の一部が欠けて差し込みできない場合は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

まず、インターフェースの金属部分ではなく、プラスチックの部分が少し折れているだけ、
ということがあります。

たとえばSATA方式のHDDにあるL型の接続部は、稀に折れてしまい、
外側に向かって折れているために、基板(コントローラ)への接続の際に
引っかかって差し込みができないことがあります。

デスクトップパソコンの電源ユニットの電源ケーブルやSATA/IDEケーブルのコネクタ、
またノートパソコンの裏側などにあります蓋の内部にある、HDDを入れる差込口は、
接続の際に指で少し折れ曲がっている箇所を整えるだけでもすぐに当てはまりやすいです。

ですが、外付けHDDケースやRAIDケース、LinkStationやTeraStationといったNASのように、
HDDをドライブベイの奥に配置されているコントローラーボードのインターフェースに
差し込みするタイプの機器は、折れたプラスチックの部分が斜めに引っかかって、
なかなかうまくコネクタに接続できないこともあります。

その際には、決してピンを傷つけないように、慎重に接着剤か接着テープで、
ピンに決して付着しないようにしてプラスチックを元の形に接続して丁寧に差し込み直します。

通電のないプラスチック部分が破損しただけでしたら、接続によるデータの読み込み自体には
影響はないので、完全に折れ曲がって取れてしまっても、HDDを使い続けることはできます。

ですが、その分ピンに傷がつきやすくなるため、何度も取り外しをするHDDの場合は、
念のためすぐに、必要なデータのバックアップを一通り行っておかれる方が安全です。

HDDの差し込み口が欠けた時に復旧するには? の続きを読む

HDDが振動による衝撃で故障したらデータは復旧できる?

ハードディスクドライブ(hard disk drive)は、持ち歩きによる振動などの強い衝撃を受けて、
内部のパーツにダメージが出て故障してしまう場合があります。

そんな場合での故障をなるべく防ぐにはどうすればいいか、
また電子機器の破損が出た時には、内部のデータを復旧することはできる?という疑問について。

【ハードディスクドライブの製品の一覧】

・Seagate:st9320421as F/W : sd14 P/N : 9 ge144 286 Wu 320GB
・東芝(TOSHIBA):内蔵ハードディスク 2.5インチ 500GB 8MB SATA 6 Gbit/s 9.5mm
・NETCNA:00 wh121 IBM 8-tb 7.2 K 3.5 SAS 12 G NL 512e g2hs互換製品
・日立(HITACHI):0 F10630 Hitachi 2tbエンタープライズSATAハードドライブ
・WD:HDD 内蔵ハードディスク 2.5インチ 1TB WD10JPVX SATA3.0 5400rpm 8MB 9.5mm

まず、特にパソコンやNAS、外付けHDDケースやRAIDケースなどを通電した状態で
移動させている状態だと、プラッタの回転とヘッドの読み書きの動作で掛かる振動と、
機器を動かした時に掛かる震度のリズムが合わさった時の共振により、
異常が発生して故障が起こる可能性があります。

デスクトップパソコンやネットワークアタッチストレージなどの電子機器の筐体は、
稼働中に配置をずらすなどで動かして振動を与えることは極力、控えることが賢明です。

また、ノートパソコンのようにある程度衝撃がかかることを前提とした構造の製品でも
電源を付けてHDDが回転している状態の時は、あまり移動をしないようにして、
また乗り物に乗って移動している最中も、テーブルの下にマットを敷くなどして、
振動を少しでも緩和できるようにすることが、故障をある程度防ぐ一つの対策です。

ですが、強い振動などの衝撃が掛かると、たとえ製品を購入してはじめの頃でも、
HDDの使用年数にかかわりなく故障してしまう可能性があります。

一度ハードディスクの本体自体が振動などの物理障害で故障して読み取りができなくなると、
中身のデータは個人では開けなくなってしまうことが多いです。

ですが、デスクトップパソコンやノートパソコン、外付けHDDケースやRAIDケース、NASなどの、
ハードディスクを組み込んでいる機器の別のパーツが故障しただけの場合なら、
まだHDD自体は無事で、別の外付けHDDケースやデスクトップパソコンの空いたドライブベイに
移し替えて読み込みをする復旧の措置をして、ファイルが救出ができる可能性が高いです。

どの部品が破損しているかは、電源がまだ起動できれば、
ビープ音(エラー音)やアクセスランプの点滅の具合などである程度、判別ができます。

複雑なパーツ構成のPCで、ハードディスクやSSDの取り出しが自身では難しい、という際には、
パソコン修理サポート店やデータ復旧サービスで行ってもらうことができます。

HDDが振動による衝撃で故障したらデータは復旧できる? の続きを読む

HDDが故障する前兆を確認して修復するには?

パソコンやNAS、サーバなどをはじめとするコンピューター装置に使用されている
データ記憶装置「ハードディスクドライブ」(hard disk drive)が、故障してしまう時に
起こりやすい前兆とはどういったもので、またそれを確認してある程度まで直せる部分を
修復しておきたい時には、どういった方法で行っていけばよい?という疑問について。

まず、ハードディスクが通電して回転している時に、
カタンカタン、コトンコトン、カッコンカッコン…といった異音が聞こえてきたら、
ヘッドクラッシュ(head crash)という深刻な障害が発生している状態です。

こちらは故障の前兆の中でも特に重度の物理障害で、もしくはすでに壊れていて
読み込み自体ができないこともあります。

データを記録している円盤状の磁気ディスクであるパーツ「プラッタ」(Platter)に、
データの読み書きのためのパーツである「ヘッド」が、経年劣化による摩耗や
強い衝撃などの影響で表面に吸着している、製品としての寿命が間近である状態です。

ヘッドクラッシュは一般個人では直すのがほぼ不可能で、またHDDは消耗品でもあるため、
まだ異音が小さい段階の前兆など、ハードディスクが一応パソコンで開けるようでしたら、
すぐに必要なファイルを別の補助記憶媒体にバックアップする必要があります。

ですが、いつ内部の回路が完全に故障して開けなくなってもおかしくはないため、
なるべく安全に必要なファイルのバックアップを行うには、
データリカバリーサービスに注文をして、作業を行ってもらわれることが最も確実です。

HDDが故障する前兆を確認して修復するには? の続きを読む

HDDを通電しないで故障した時のデータ復旧はできる?

パソコンやNAS、サーバ、RAID、レコーダーなど様々な電子機器に使用されている
主要な補助記憶装置のハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)を
長い間コンピューターに差し込みして動かさず、しばらく通電しない状態が続いていた際、

ある時使おうとしたら自然に故障してしまったのかハードディスクが動かずコンピューターの
BIOSなどに反応しない時、後から状態を直す、またはデータ復旧はできる?という疑問について。

まず、一度通電をしてもHDDが動かない場合は、ひとまず念のため、SATA/IDEケーブルが
正常にインターフェースに差し込まれているか、また電源ユニットの中間コネクタ、
あるいは外付けハードディスクケースにしっかりと接続されているかどうかを確認します。

最初の1回目の起動でBIOSまたはエクスプローラーに読み込めなくても、
長期間通電しない状態から付け替えたばかりではよくあることで、
再起動して2回目の通電では開けることがあります。

またマスターブートレコード(MBR)に問題が発生していたり、アクセスエラーが起きている時は、
パソコンから問題を修復するか、あるいはMac OS XやUbuntuのオペレーティングシステムが
インストールされた別のパソコンで開くと、読み込まれて復旧できることもあります。

なるべくであれば、さらなる状態の悪化の可能性を防ぐため、
先にプロのデータ復旧センターにて診断を受けてみることを推奨します。

HDDを通電しないで故障した時のデータ復旧はできる? の続きを読む

HDDを自分で修理することはできる?

パソコンをはじめとする多くの電子機器で補助記憶装置として導入されている
ハードディスクドライブ(HardDiskDrive)で使用している時にある日、

製品が故障したのか、または軽いエラーなのか、何かしら様子がおかしくなってきた、
という場合に、HDDを自分で修理することはできる?という疑問について。

ハードディスクの製品の一例

・Hewlett Packard:Enterprise 1.6TB 12G SAS VE LFF 3.5-in SCC EV 3yr Wty
・HGST (Western Digital):0B28955-20PK – HGST Ultrastar C15K600 300 GB 2.5
・SEAGATE:20PK 3TB CONSTELLATION ES SATA 7200 RPM 128MB 3.5IN
・東芝:3.5インチ 内蔵 HDD 6TB 128MB SATA 6Gbit/s 7200rpm MD05ACA600
・MARSHAL:MAL3500SA-T72 (500GB,7200rpm,S-ATA) 3.5HDD

まず、ハードディスクは内部のパーツであるヘッダーやプラッタが故障する、
といった重度の物理障害が発生した場合は、特に個人ではほぼ修理が不可能です。

ですが、不良セクタの障害や軽いアクセスエラーくらいの問題であれば、
まだ特定のツールを用いてある程度の論理障害は自分で修理できる見込みがあります。

Windowsにまだドライブ装置のデバイスが認識できる状態でしたら、
エクスプローラーのコンピューター(PC)の画面で対象のボリューム名を選択します。

右クリック→プロパティ→ツール→「チェック」で、
不良クラスタが発生しているかどうかのエラーチェックを行います。

あるいは「最適化」をしてみたり、また空き容量がほとんど残っていないほど
データを大量に保存していたら、一部のファイルを削除したり、別の場所に
バックアップするなどして減らすと、読み込み速度がある程度戻る場合があります。

また、USB外付けHDDケースで接続をしている場合は、USBポートとコネクタに
小さなゴミや埃が挟まっていないかどうか見直す、ケーブルを別の機器の付属製品に
付け間違えていないか確認する、ちゃんとカートリッジ内部のインターフェースに
HDD本体のコントローラーが差し込まれているかどうか、など、状態を確かめます。

ですが、ハードディスクは精密機器で、かつ消耗品と言われるほど、壊れる時は壊れてしまい、
また分解での修理が困難であるため、基本的には、新しいHDDの交換による修復作業や、
プロのデータリカバリーサービスでの内部のファイルの取り出しによる措置が基本となります。

HDDを自分で修理することはできる? の続きを読む

HDDを誤って床や水に落とした場合は復旧できる?

ハードディスクを机の上から、または鞄に入れて持ち歩いている時 
誤って床や道路、あるいは水たまりなどに落としてしまった場合には、どのように
対処すればいい?また再読み込みやデータの復旧はできる?という疑問について。

主な外付けHDDケースの製品一覧

・ロジテック:HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 LHR-2BRHU3
・Transcend:StoreJet 25S3 USB3.0 アルミニウム製SSD/HDDケースTS0GSJ25S3
・オウルテック:USB3.0/SATA3.0対応 HDD/SSD用外付けHDDケース OWL-EGP25U3V3-BK
・ORICO:3.5インチ HDDケース ツール不要簡単着脱 ブラック 3588US3-V1
・玄人志向:HDDケース USB3.0 USB2.0 3.5型 SATA接続 GW3.5AA-SUP3/MB
・I-O DATA:HDD ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1
・BUFFALO:HDDケース 低反発+EVAセミハード シルバー BBGHH01SVA

まず、ハードディスクの表面の様子を確認します。
特に何ともなければ、パソコンで読み込みできるかどうか繋げてみます。

そのまま無事に認識できても、後に回路に異常が発生することもありうるため、
念のためすぐに落としたHDDの保存データを別のHDDにコピーして
バックアップの予備分を作っておかれることをおすすめします。

ケーブルを差し込むインターフェースのピンが落とした衝撃で折れていたり、
激しく割れていると、電源ケーブルやSATA/IDEケーブルが差し込めなくなって
そのままではデータが読み込みできなくなってしまいます。

また、コントローラーのボードが大きく割れて破損した場合でも、
同じくHDDが正常に認識できなくなります。

※コントローラーは多くの場合、別のものに交換しても正常に認識ができません。

ですが、コントローラーやインターフェースが欠けただけの状態であれば、
まだ内部のデータを記憶するディスク部分であるプラッタまでは
ダメージが出ておらずに保存されたデータは無事で復旧できる可能性もあります。

一般個人で内部のファイルを抽出するのはほぼ不可能ですが、
専門業者のデータ復旧サービスセンターに注文をして、専用の設備で
内部のデータを別の記憶装置に移し替える形で救出してもらうこともできます。

HDDを誤って床や水に落とした場合は復旧できる? の続きを読む

日立製ハードディスクの故障をチェックする方法とは?

先日、長く使用していた日立(HGST)製のハードディスクドライブに何か問題が出ていないかを
チェックするためにパソコンにつなげて、専用のアプリケーションを使って状態の検査を施してみました。

「主な日立製HDD製品の一覧」

・HITACHI:HDD HTC SATA3G 3.5″1TB/7200 32M HUA722010CLA330 並行輸入品 HUA722010CLA330
・日立:HGST 2.5 USB 3.0 外付け ハードディスク HDD G-DRIVE MOBILE 1TB 0G02578 ポータブル
・日立:HGST HTS543225A7A384 2.5 インチ 250GB 5400回転 7mm ハードディスク
・HGST:USB3.0・FireWire800対応 外付けハードディスク 2.0TBG-Technology G-RAID mini 0G02619
・HGST:内蔵型2.5インチSATA HDD 1TB HTS541010A9E680
・日立:HGST 2.5 USB 3.0 外付け ハードディスク HDD G-DRIVE MOBILE 1TB 0G03235 ポータブル
・HGST:TOURO Mobile 1TB 外付けポータブルハードディスク 2.5インチ USB3.0対応 0S03805

パソコン自体が正常で稼働出来ている場合には、Cドライブ(プライマリパーティション)として
セットアップされたHDDやSSDは、検査ソフトによっては認識できない場合があります。

また例として、所有されているパソコン本体のうちの一台、あるいはHDDを使った周辺機器に
何かの問題が発生してハードディスクにトラブルが出ているかもしれない、といった時には、

そのパソコン本体のPCケースから一度HDDを取り外して、別のパソコンで故障が発生しているかどうか、
またはデータ記憶装置としての残り推移寿命の診断を行ってみる方法があります。

デスクトップパソコンから3.5インチ型のハードディスクを取り外すには、PCケースのカバーを開けます。

ドライブベイの固定ネジをドライバーで外して、SATA/IDEケーブルと電源ケーブルを
インターフェースから外して、マウンターごと引き出して取り外します。

ノートパソコンの2.5インチサイズのHDDを取り出す場合は、製品によって配置場所が異なるため、
メーカー製品やサイズによってはやや難易度が高いケースもあります。

基本として、ノートパソコン本体の裏側にあるHDD交換用の蓋をドライバーで外して、
内部のハードディスクを、固定ネジや接着シールを外して
コネクタからインターフェースをスライドさせて取り出しします。

取り出したハードディスクを別のデスクトップパソコンの空いているドライブベイに付け替えて、
予備のSATA/IDEケーブルと、電源ケーブルの中間コネクタを差し込みして電源を起動します。

また、外付けハードディスクドライブケースをパソコンのUSBポートに接続して、
HDDを読み込みしてチェックを行うこともできます。

複雑な構造のパソコン本体でパーツの分解作業が難しそうな場合は、
パソコン修理サポート店やデータリカバリーサービスにて、一連の作業を行ってもらうこともできます。

日立製ハードディスクの故障をチェックする方法とは? の続きを読む

WD製ハードディスクの故障をチェックするには?

先日、パソコンに内蔵しているWD(Western Digital/ウェスタンデジタル)のメーカー製品の「ハードディスクドライブ」(hard disk drive)を長年繰り返しデータを書き込みして使用してきたためそろそろ問題が何か少しずつ出てきている可能性を考えて、故障の検査のため、ユーティリティーによる状態のチェックを実行してみました。

主なWD製ハードディスクの製品の一覧

・WD:内蔵HDD Green 3TB 3.5inch SATA3.0 Inteilipower WD30EZRX-1TBP
・WD:ポータブルHDD My Passport for Mac 2TB USB 3.0 WDBCGL0020BSL-PESN
・WD:外付けハードディスク Elements Desktop 2TB USB3.0 WDBWLG0020HBK-JESN
・WD:Caviar 3.5インチ内蔵型HDD 80GB/U-ATA100 WD800BB
・WD:2.5HDD WD7500BPVX -F 750GB 5400rpm SATA WD Blue
・WesternDigital:Caviar 3.5インチ内蔵型HDD 80GB/U-ATA100 WD800BB
・Western :WDC-WD3000JD

あらゆるコンピューターに導入されているデータ記憶装置であるHDDは、磁気媒体として作られた精密機器であるため、フラッシュメモリなどの規格と比べて装置の破損が起こりやすく、いつ故障してもおかしくない消耗品でもあります。

一度物理障害で壊れてしまうと、それ自体の修理は非常に難しいため、故障のトラブルには注意を払ってある程度丁寧に取り扱っていく事も大切です。

まず、ハードディスクドライブには、故障の自己診断を行ってマザーボードに伝達する
S.M.A.R.T.』(スマート/Self-Monitoring,Analysis and Reporting Technology/セルフモニタリング・アナリシス・アンド・レポーティング・テクノロジー)という検査機能が導入されています。

長年の使用で少しずつHDDの内部回路に経年劣化による問題が出てきている場合に、このモニタリング機能で事前に故障の状況をチェックしたり、軽度の問題を修復する事ができます。

また読み取り用のモニタリングソフトは、内蔵の3.5インチ型のSATAハードディスクだけでなく、USBで接続する2.5インチサイズのポータブルストレージや、別のメーカーの一部のHDDやSSDにも使用できます。

より本格的な検査は、専門のパソコン修理サービスセンターにて行ってもらうこともできます。

WD製ハードディスクの故障をチェックするには? の続きを読む

SeagateのHDDに不具合が起きた時の修復方法は?

パソコンやRAID、NASなどで使用するハードディスクドライブのメーカー企業の一つ
Seagate』(シーゲート・テクノロジー)のHDDの製品で、
ある時ファームウェアなどに不具合が発生して正常に読み込みできなくなった場合、
どのようにすればエラーを修復してデータをもう一度開き直しができる?という疑問について。

Seagateのハードディスク製品の一覧

・Seagate: Laptop SSHD 2.5inch SATA 6Gb/s NCQ 1TB 64MB 5400rpm ST1000LM014
・シーゲート:内蔵HDD Barracuda 3.5inch SATA 6Gb/s 2TB 7200rpm ST2000DM001/EWN (FFP)
・3.5inch HDD 160GB IDE(PATA) ST3160212ACE バルク品
・2.5インチ内蔵HDD U-ATA100 E/IDE 80GB 12.5ms 5400rpm 8MB ST980815A
・3.5inch 内蔵ハードディスク 3.0TB 7200rpm 64MBキャッシュ 1TB SATA3.0 ST3000DM001

まず、正常に稼働できてインターネット接続が整った環境のパソコンが一台必要になります。

ファームウェアの不具合やアクセスエラーなどが起きたSeagateのハードディスクを
お使いのパソコンやRAID、NASなどの電子機器のケースの内部から蓋を開いて取り外します。

次に、デスクトップパソコンの筐体内部の空いたドライブベイのトレーに差し込みして、
SATAケーブル、またはIDEケーブルをマザーボードとHDDのコネクタに繋げて、
電源ユニットの中間コネクタも差し込みして接続します。

所持されているPCの筐体の構造が複雑で、自分では取り出しが難しそう、という時には、
パソコン修理サポートの店舗や、データレスキューサービスの方にて、不具合の出たHDD、
またはその内部に保存されたデータを取り出しする、などの修復作業を行ってもらうこともできます。

SeagateのHDDに不具合が起きた時の修復方法は? の続きを読む

ハードディスクにアクセスできない原因と修復方法は?

パソコンなどのコンピューター装置で使われている大容量のデータ補助記憶装置
ハードディスクドライブ」をパソコンなどのコンピューターで読み込もうとしたら
エクスプローラーなどの画面で認識されずにアクセスできないトラブルが出た場合に、
どのようにすれば修復をしたり、保存データの読み込みができる?という疑問について。

HDDはDVD-RやUSBメモリよりも容量の面でずっと規模の大きい記憶媒体のため、
ファイルの書き換えの回数もその分多くなりがちで、時に何かの不具合が出てくることがあります。

『主なハードディスクのメーカー別製品の一覧』

:『WESTERN DIGITAL』(ウェスタン・デジタル) WD20EZRX WDC-WD20EZRX-R 2.0TB 
:『Seagate』(シーゲート) ST1000DM003 SEA-ST1000DM003 3.5インチ 1TB
:『HGST』(日立) Travelstar 5K1500 回転数 5400rpm 1.5TB
:『東芝』(TOSHIBA) MQ01ABD100 1TB
:『MARSHAL』(マーシャル)MAL33000SA-W72 3.5インチHDD SATA 3TB

フォーマットの違い

まず、ハードディスクの[フォーマット](format)がそのコンピューターの
オペレーティングシステムと異なる表示形式の場合、
デバイスマネージャーやBIOSでの認識はできても、アクセスができないことが多いです。

例えばMac OS XのMacintoshパソコンや、NAS、サーバなどパソコン以外の機器で
先にフォーマットを掛けて使用しているハードディスクは、
Windows(ウィンドウズ)のパソコンだと互換性が合わずにデータが読み込めないことも多いです。

エクスプローラーやダイアログボックス、普通のアプリケーションなどで
ボリュームの一覧を開くと、そのHDDだけアイコンが表示されていない状態になります。

コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピューターの管理→ディスクの管理 の画面では、
フォーマットの違うボリュームはアルファベットが振り当てられず何も表示されない状態で、
[ディスク X ベーシック 容量 オンライン]とだけ、HDDのデータが表示されます。

操作も未割り当ての領域以外は「ボリュームの削除」のみしかできないため、
この原因によりそのままでは内部ファイルにアクセスすることはできません。

元々使用していたコンピューターのドライブベイにまた接続して、読み込んでみてください。

ハードディスクにアクセスできない原因と修復方法は? の続きを読む

ハードディスクのインターフェース(コネクタ)が破損したら?

パソコンなどのコンピューター機器の内部で電源ケーブルやSATA/IDEケーブルを差し込んで
ハードディスクドライブを読み込む時にコネクタを接続する「インターフェース」の部分か
接続ケーブルの端子が物理的に割れたり、ピンが折れたり汚れや錆が付いて破損したら、
どうすれば読み込みの課の状態からドライブを回復できる?という疑問について。

まず、ハードディスクのコネクタ(接続部分)は
「IDE」(パラレルATA方式)と「SATA」(シリアルATA)の二種類があります。

このうちIDEの方の場合、例えばインターフェースの大きな差込口の部分に
埃やゴミが詰まっていたら、それを丁寧に取り除きます。

もしピンが少し曲がって電源ケーブルが差し込みできなくなったら、
ピンセットなどを使って、折れて取れないように慎重にまっすぐな方法に直してみましょう。

SATAケーブルやIDEケーブルの方のコネクタが割れたり折れて破損した場合は
ひとまずケーブルの方を新しく買って交換して、再度接続してください。

電源ケーブルのコネクタの一つが少し割れてハードディスクの方の端子に差し込めない時は、
電源ユニットから伸びたコードの別のコネクタに差し換えてみてください。

ハードディスクのインターフェース(コネクタ)が破損したら? の続きを読む

ハードディスクの基盤が故障したら交換できる?

パソコンや外付けHDD、レコーダー、RAID、NASなどのコンピューター機器で
データ記憶装置として使われる[ハードディスクドライブ]には、
表面に「コントローラ基盤」というパーツが取り付けられています。

この基盤(ハードディスク・コントローラボード:hard disk controller board)は
読み込みに必要なファームウェアが書き込まれたフラッシュメモリや、
ケーブルを差し込みするための端子などの部品が一体化しています。

そしてプラッタやモーターといった他の回路と違い、ケースの外側に付いています。

そのため、ハードディスクを交換したり増設する時や外へ持ち運ぶ時には、
丁寧に取り扱わなければうっかり破損させてしまうおそれもあります。

[基盤が破損する一例]

・何かの角にかすって基盤に傷をつけてしまった。
・強い衝撃や圧迫で割れたりヒビが入ってしまった。
・ケーブルを差し込みするコネクタのピンが折れた。
・水分などが付着して、錆びて腐食していた。
・過熱や電気でボードの一部が焼き焦げて焼損した。

基盤に深刻な損傷が発生すると、パソコンやサーバ、NAS等に組み込んで
いざ接続した時に、デバイスが認識しなくなってしまいます。

そんな時、HDDの基盤の部分だけが故障している状態なら、
別のハードディスクの方から基盤を壊れていないものに交換すれば、
内部に書き込みしたデータを一時的に読み込み直しができる?という疑問について。

ハードディスクの基盤が故障したら交換できる? の続きを読む

ハードディスクからカチカチ音が鳴り出したら?

円盤の表面に磁気材料が塗布されている平面の回転盤によって構成された
データ記憶媒体[ハード・ディスク](hard disk)は、
パソコンや外付けHDDケースに搭載して、電源を入れて稼働させます。

通常はコンピュータの起動と同時にハードディスクのスピンドル・モーターが
回転を始めて、プラッタ(円盤)のセクタにスイング・アームが接触して
アーム先端の時期ヘッドによってデータが読み込みされていきます。

その際、常に「サー…」「ウィィー…」と一定の静音を鳴らしながらHDDが稼働します。

コンピューターやHDDの製品によって、ハードディスクの入出力の間や
起動中の待ち時間の間に大小さまざまな音が少し鳴る事もよくあるのですが、

システム上で何か重い動作を行う際にのみ、必ず小さなカチカチ音が出る場合は、
基本的にはそれほど気にしなくても大丈夫です。

何も動作をしていない時でもハードディスクの製品によっては購入して使い始めた段階から
少しカチッカチッといった音が時々出るようになっている事があります。

平常時に鳴り続けるカチカチ音がどうしても気になる時は、
最近の静音な仕様のハードディスクドライブの製品に交換されてみてください。

しかし稀にある時、急に、もしくは次第に少しずつ、通常時とは違う
「カチカチ…」「カタカタ…」と大きな異音が鳴り始める事があります。

※この時点ですでにハードディスクドライブがパソコンで読み込みできなかったら、
すぐにケースやアダプターから取り外してください。もしバックアップがなかったら
専門のデータ復旧サービスに出して、内部のファイルを救出してもらってください。

ハードディスクからカチカチ音が鳴り出したら? の続きを読む

ハードディスクの修復は個人でどこまで可能?

よくある質問として、パソコンや外付けデータ記録媒体などに幅広く使われている
「ハードディスクドライブ」(Hard disc drive)が何かの不具合や故障を
引き起こした時、一般個人(自分自身)ではどこまで修復できる?という疑問について。

まず具体的に、どういう風にコンピューター全体に問題が起きていて、
本当にハードディスクの方が壊れているかどうかを確かめるのは割と簡単にできます。

パソコンを2台以上お持ちであれば、PCケースを開けて、一時的に故障したマシンに
内蔵されていた方のハードディスクと交換して接続して起動するだけでチェックできます。
(IDEとSATA方式、2.5インチと3.5インチサイズの違いには注意して下さい。)

別のPC本体でも同じように動かなかった場合、消去法で不具合は他のパーツでは無く、
やはりHDDに問題が起きていると言えます。(ごく稀に細かい部分での例外もあり)

ハードディスクの修復は個人でどこまで可能? の続きを読む

別のパソコンの空いたベイにHDDを付け替えてデータ復旧

パソコンが急に起動しなくなってデスクトップ画面などが開けなくなった場合、
まずは一度閉じて電源をもう一度起動させてから
WindowsなどのOSでセーフモードで開けるかどうかを試してみましょう。

しかし、起動した後に真っ黒で何も映らないままで起動メニュー画面が開けない場合は、
オペレーティングシステムではなく内蔵のハードディスクドライブが故障している危険があります。

しかし、症状がHDDの物理障害ではなく、例えば電源ユニットやマザーボード、CPU、
CPUクーラー、メモリ、電源ボタンなどの別の部品の方に破損がありそうな時は、
それぞれの起動不能の時の状態から見て違う対処法で解決できる見込みもあります。

ハードデイスクから変な音もせずに故障が無さそうな場合、
もし現在メインで使っているパソコンとは別にもう一台PC本体をお持ちなら、
そちらの空いたドライブベイにハードディスクを増設する形で付け替えて、
Dドライブ~として開き、データ復旧を試みる行う方法があります。

別のパソコンの空いたベイにHDDを付け替えてデータ復旧 の続きを読む

壊れたHDDのデータ復旧をして新品交換するには?

パソコン本体のケース内に内蔵されたハードディスクドライブ(Hard desk Drive)がある時、明らかにほぼ完全に壊れた様子でまったく動かないので、今までに使ってきた分でマイ コンピュータ内部に保存したデータの復旧をして、HDDをなるべく自分で新品交換するにはどうすれば良い?という疑問について。

まず、そのパソコンを買った時のメーカーの製品解説書を出すかインターネットで調べる、またはメーカー先に電話で問い合わせて、ハードディスクの製品名と詳細を確認します。

次に、壊れた方のハードディスクを取り外すのは割と簡単で、まずパソコン本体から電源コードやUSBケーブル、LANケーブルなど全部の配線を取り外します。

PCケースのカバー部分の取り外せる鉄板をドライバーで止め具の螺子を外して開きます。

CD/DVDドライブ装置の真下あたりの位置に内蔵ハードディスクが収納されていますので位置と接続コードの配置箇所などを、必ず写真を撮ったりメモを取って記憶します。

3.5インチベイのステンレスの金具に取り付けられた内蔵HDDを、止め具の螺子をドライバーで外して取り外しできる金具ごと引き抜きます。

たいていの場合は構造上、マザーボードや電源ユニットなど他の部品まで取り外さなくてもハードディスクだけ引き抜けるようになっています。

しかしPCケースが小さいサイズのものだと、3.5インチベイから抜き取る時に他の配線に引っかかってしまう事がよくあるので、その場合は引っかかる配線も一時的に丁寧に取り外して障害物を外していく必要もあります。

各コネクタに差し込まれた接続コードの配置はすべて正確に記録しておきましょう。

取り外しができたら、余分に外したコードはひとまず元通りコネクタに繋げ直します。

壊れたHDDのデータ復旧をして新品交換するには? の続きを読む

HDDの不良ブロック(不良クラスタ)を修復するには?

パソコンの内蔵ハードディスクドライブ一つを長く使用してアプリケーションソフトや
拡張子ファイルを蓄積していくと、次第にセクタの断片化や不良ブロック・不良クラスタ
という障害が少しずつ発生していき、不調や動作遅延の原因となりえます。

そのため重度の障害になって修理が難しくなる前に時々、HDDをOSの機能や
専用プログラムソフトなどを使って、クラスタ/セクタ部分の不良箇所を直していくと
破損やエラー障害をある程度予防する事ができます。

以下の修復方法は、HDDが論理障害の状態でまだWindowsのOSが
何とか稼動できる状態である場合に使えます。

まずはOSの起動展開後にデスクトップ画面左下アイコンの
スタートメニュー画面でマイコンピュータを開きます。

ハード ディスク ドライブの項目のローカルディスク(C:)と書かれた
アイコンを右クリックして、一番下の項目のプロパティを選択します。

(プライマリパーティション以外のセカンダリパーティションである
DドライブやEドライブを回復したい時はそちらのアイコンを選びましょう。)

ローカルディスク(C:)のプロパティ』画面の「ツール」を
選択し、エラーチェックの「チェックする(C:)」を押します。

次の画面:[ ディスクのチェックローカル ディスク ](C:)で、チェックディスクのオプションの二つの項目
「ファイルシステムエラーを自動的に回復する(A)」 「不良セクタをスキャンし、回復する(N)」
の下のボックスにチェックを入れて、開始を押します。

その次は、システムエラーの修復にチェックを入れて作業を実行しましょう。

チェックと修復の自動作業が終わったら、次に今度は
一つ前の画面で「最適化する」のボタンを選び、ディスクデフラグツールを起動します。

今まで使ってきたハードディスクのセクタ内で起きているセクタ断片化を
整理して、HDDの読み込みを多少なりともスムーズに出来ます。

ですが、一般個人ではやはり直せる範囲には限度があり、機材の値段などもあるため、
やはり基本的にはプロのデータ復旧サービスで診てもらうことをおすすめします。

HDDの不良ブロック(不良クラスタ)を修復するには? の続きを読む

HDDの読み込みの不具合をリカバリーするには?

パソコンに使うハードディスクドライブに故障が出る症状の一つで、HDD自体が丸ごと
読み込みの不具合を発生させてしまい、OSの起動画面の表示がされず、開けなくなる場合もあります。

Windowsのオペレーティングシステムが起動しないだけでしたらまだ、Linuxディストリビューションの
KNOPPIXやUbuntuなど、CDディスクのブートで違うOSを起動してハードディスクを開く事も出来ます。

そして必要なデーターを他の保存機器にバックアップで移し変えた後、
Linuxを使ってHDDに起きている不具合や破損のチェックを行う手段も有効です。

お使いの別の古いパソコンがIDE方式用で、SATA方式のハードディスクを一時的に読み込みたい、
という際には、SATA→IDEの変換アダプターを別に購入して、取り付けることで読み込みできます。

起動ディスクを使った修復

しかしPCの電源を付けてからBIOS画面だけが映って、その後何も映らなかったり、
白い英文と黒い背景の画面ガ出た後で自動的に電源の起動が落ちてしまうとなると、
やや深刻な読み込み不具合が発生した状態になっているかもれません。

F8キーからセーフモードで起動してもすぐ閉じてしまったり、
またはセーフモード画面も開けない場合はリカバリーを行います。

まず、WindowsOSの起動ディスクをCD/DVDドライブに入れて、
上書きインストールや回復コンソールといった、リカバリーの機能を案内手順に従って試してみましょう。

OSを丸ごと再セットアップする完全なリカバリーインストールの手段は今までのデータファイルや
アプリケーションを全部消してしまいますのであくまで最終手段としてお考え下さい。

再インストールをする前には、なるべく先にパソコン修理センターや
データ復旧サービスで不具合の状態を診てもらってからの方が良いです。

HDDの読み込みの不具合をリカバリーするには? の続きを読む

ハードディスクが認識しない、起動しない時は?

パソコンやサーバの使用に不可欠なメインの内蔵記憶媒体である
ハードディスクドライブは、何らかの障害でPCに認識しない場合、
WindowsやMacのOSが起動しなくなってそのままではパソコンが使用できなくなります。

HDDのストレージが壊れていると、LinuxのNOPPIXやUbuntuの別OSから
パソコンを起動させるやり方なども使う事ができません。

レジストリやアプリケーションのシステムファイルが破損している論理障害が起きている場合、
OSリカバリーディスクをCD/DVDドライブから読み込んで、上書きインストールや
回復コンソールなどの修復ツールを使って損傷したプログラムを回復させる事もできます。

最悪、丸ごと全てのデータを初期化させる再セットアップを使えば中身は真っ白になるものの、
ほぼ確実にシステム面では購入前の普通に認識できるどこも問題のない状態に戻ります。

ですが、HDDを長く使ってきたためにパーツの寿命が来て、固定ディスクのプラッタや
磁気ヘッドがクラッシュするような物理障害が起きてしまうと、
そのままではどうやってもOSが起動しない、かなり深刻なハードウェア故障になってしまいます。

ハードディスクが認識しない、起動しない時は? の続きを読む

ハードディスクのデータ取り出しは新品交換では出来ない?

パソコンやサーバ、RAID、NAS、レコーダーなどの内蔵ハード・ディスクが壊れた場合、
内部回路のスピンドル・モーターやプラッタ、アーム、磁気ヘッドなどの精密なパーツが
クラッシュして物理的にキズが着いたり折れ曲がり、破損している事例が多くあります。

中身の精密な部品が故障したHDDは残念ながら修理をしようとしても
直すのが非常に困難で、ヘッドクラッシュからの傷の修復などの難易度は更に高くなります。

また修復できたとしても非常に高額な料金がかかったり、暫くするとまた
壊れてしまう事態もありうるため、基本的には消耗品として扱っていきます。

パソコンの修理=ハードディスクドライブの新品交換、というパターンが
大変多く、マシン本体自体は多くの場合、これですぐに直せます。

ですがここで注意すべき要点としまして、壊れているハードディスクの
パーティション(ボリューム)内部に保存しているデータの取り出し(バックアップ)は
新品への換装では行えず、引き出しはHDDにはまだ取り残されたままの状態です。

HDDを入れ替えて直したパソコンは購入前の白紙の段階となり、また新しくパーティションに
ファイルやユーティリティーをコピー/インストールして書き込んでいく必要があります。

ハードディスクのデータ取り出しは新品交換では出来ない? の続きを読む

ダイナミックディスクのボリュームが拡張できない時は?

ハードディスクドライブの管理方式・単位であるダイナミックディスク(Dynamic disk)の
『ボリュームの拡張』を実行しようとしたら、

「選択されたボリュームはシステムまたはブートディスクであるか、または
以前のバージョンのWindowsでベーシックディスク上に作成され拡張できません。」
といった、▲!マークのダイアログメッセージが出て作業が出来ない場合。

通常は中身のデータを保持した状態で他のHDDと合体させたり容量を拡大
できるのですが、Windowws98以前のOSバージョンやMS-DOS(エムエス・ドス)、
ブートディスクで作製した古い形式のボリューム(volume)などの場合では、
新しいOSの仕様のため、そのままでは拡張ができません。

この場合は一旦他のディスクメディアに保存データをコピー/移動してから
もう一度、ボリュームの割り当て作業を実行します。

ダイナミックディスクのボリュームが拡張できない時は? の続きを読む

ハードディスクのモーターが回転しない時は?

ハードディスクドライブを搭載しているコンピューター機器
パソコン・サーバ・外付けHDDドライブ・TeraStation・LinkStation・LANDISK・レコーダー
などの電源を入れて起動させようとしたらまったく反応が無く、
モーターの回転音がしないため不安になってしまう、というトラブルについて。

まず、どのような状態の時に故障したかにもよるのですが、該当されるデジタル機器を持ち運んで
移動させた直後や、マシンの中身の分解・交換をしていない平常時で
ある日いきなり起動できずに動かなくなった、という場合は要注意です。

ハードディスクのモーター軸かヘッドが古くなって損壊した、
という重大な故障を引き起こしている可能性が極めて高いです。

一方で、以下のような破損状態の場合はHDDそのものには異常が無く
他のパーツが壊れているか、接続が出来ていないだけ、という場合もあります。

HDが回らない原因の一例

・ノートパソコンを外に持ち運んでいる間に強い衝撃で内部部品の接続が外れた。
・自作PC組み立て時のコード接続ミスで、ハードディスクが起動できない。
・HDD交換をした時、しっかりとドライブに繋げられていない。
・電源コードがしっかりとコンセントに入っていない。
・起動ボタンが強く押し過ぎなどの理由で壊れてしまっている。
・停電・漏電・落雷・水害・過熱などの災害やアクシデントにより、
 電源ユニットやマザーボード・基盤がショートしている。

ハードディスクドライブ以外のパーツに問題があるためモーター音が聴こえない場合は
 まだ症状は大分軽い方で、正常な接続や部品の取替え作業をして直す事が出来ます。

しかしHDDの内部にあるモーター軸が焼き付きを起こしていたり、
ヘッド部分がディスク版面に吸着してモーターの回転を止めている場合は
中身が壊滅的に破壊されている事も多く格段に難しくなってしまいます。

パソコン機器を長く使用されている方には、今までにHDDのクラッシュ
遭遇されてしまった事のある方も多い事でしょう。

ハードディスクの復旧は、論理障害の場合ではなく物理障害が起きている時は、
内部ファイルの引き出しを専門業者の方で行ってもらうことで対処を行います。

ハードディスクのモーターが回転しない時は? の続きを読む

買ってすぐ壊れたハードディスクのデータ回復は可能?

PCやLANDISK、RAID、レコーダーをはじめ様々なマシンに補助記憶装置として
使われているハードディスクドライブ。
(パソコンのマイコンピュータ画面でのアイコン表示はローカルディスク。)

HDDの製品寿命は平均的には5年とされているのですが、使い方や連続稼働時間、
高温、低音、湿度、電圧、強い衝撃といった要因が元で、それより早く異常が起こる事もあり、
場合によっては購入してから数ヶ月~1年以内に壊れる事もあります。

ここで特に注意すべき事として、製品の保証期間内でしたら購入した店舗または
製造メーカー先のカスタマーサポートに出して交換をしてもらえます。

しかしハードディスクドライブは元々 消耗品ともいえる機材で、
特に物理的に中身がヘッドクラッシュやロット不良などで壊れたら
大半の場合で修理が不可能な、非常に故障に弱い機器でもあります。

特にカタカタ、と変な音が鳴り出したり、焦げ臭い異臭が出た後に完全に動かなくなったら残念ながら
自動的なハードディスク回復の見込みも、物理的に故障した回路を直すのもほぼ不可能です。

内蔵・外付け・パソコン以外の機器と、一度壊れると
どのハードディスクでも復活が非常に難しい事には変わりありません。

(運が良ければ一時的に回復する事もあるのですが、下手に動かそうとすると
かえって症状が悪くなる可能性が非常に高いため無理に稼動させるのは控えましょう)

技術の進歩とともにHDDの寿命や安全性も日々向上しています。
しかしいつ壊れてもおかしくはない、という点は常にありますのでデータ喪失の可能性にはご注意ください。

あまりに早く想定外の故障が起きたためハードディスクのバックアップデータを
取っていなかった、というトラブルのケースも頻繁に起きています。

また、自動更新のバックアップ機能を設定していないと
最近の上書き・書き込みデータが消えてしまう事も非常に多いです。

買ってすぐ壊れたハードディスクのデータ回復は可能? の続きを読む

HDDのクラスタスキャンの時間を短縮するには?

パソコンをはじめとする電子機器に内蔵されているHDDや外付けのリムーバブル・ハードディスクドライブは
以前は10GB~80GB/160GB、多くて250GBくらいの容量が標準的だったのですが近年では
320GB/500GB/640GB/1TB/1.5TB/2.0TB/3.0TBもの大容量の製品が標準化しています。

その分CPUやマザーボード・ソフトウェアの性能も向上し、プログラムファイル読み取りが
高速化しているのですが、膨大なデータが書き込まれているHDD全体を復元ソフトウェアなどで
クラスタスキャンする際には、かなり膨大な時間がかかる場合も多いです。

最初からマイコンピュータすべての接続機器を検索するとそれこそ相当な時間を要します。

コンピュータの性能が良くないと、CPU等に負荷がかかったり作業途中で読み込みエラーが起こり、
強制的な作業中断(フリーズ)や故障が発生する場合もあります。

HDDのクラスタスキャンの時間を短縮するには? の続きを読む

HDDセクタのデータ断片化を修復するには?

パソコンで作成したファイルや、インストールしたアプリケーションソフトは、ハードディスクドライブのセクタという領域に保管されています。

HDDは一つの、論理上の巨大な倉庫ともいえる部品であり、使い始めて最初のうちはセクタにも順序良く書き込まれていきます。

断片化での問題

ある程度パソコンや外付けハードディスク、RAIDなどを使い込んでいくうちに、次第にHDDセクタの領域には、データが整理されずにバラバラの位置に書き込まれていきます。この状態をHDDの【断片化】と言います。

ファイルが収納庫全体の各場所にバラバラに保管されている状態のため、読み出しの作業時間が遅くなり、また磁気ヘッドの移動回数も多くなるためハードディスクドライブの負荷も余計にかかり、故障も早まってしまいます。

HDDセクタのデータ断片化を修復するには? の続きを読む

ハードディスクケースからデータを読み込む対処方法

パソコンが故障してOSや起動画面が開けなくなり、システムの回復も実行できずお手上げ状態となってしまった時は、
PCケースから中身のハードディスクドライブをドライブベイのトレイからネジを外して分解して物理的に取り出す方法があります。

別売で市販されています「USB接続型の外付けHDDケース」に移し変えて、
別のパソコンから読み込み、内部ファイルやプログラムを救出していく手順です。

HDDをパソコン本体から取り外す

まずは別売のハードディスクケースを一台購入します。

HDDのサイズ(3.5インチ・2.5インチ)や、SATA方式、IDE方式の専用の製品か、
うっかり間違えて購入されてしまわれないようにご注意ください。

次にパソコン本体のケースを取り外し、+ドライバーを使って慎重にHDDを取り外します。

もし難しいようでしたらデータのバックアップを請け負われている私設のパソコン修理店か、
データ復旧業者の方へ申し込んでお預かりで安全に修理してもらわれる事をおすすめします。

ハードディスクケースからデータを読み込む対処方法 の続きを読む

3.5または2.5インチの各HDDは故障までの寿命が異なる?

デスクトップパソコン本体やノートパソコン本体、外付けハードディスク、RAID、その他LinkStation、
TeraStation、Landisk・カーナビ・レコーダーなど様々な電子機器に搭載されている
【ハードディスクドライブ】-Hard disk driveには、[3.5インチ]・[2.5インチ]、と、使用する機材の大きさや
種類に合わせていくつかのサイズが存在するとともに、機器の経年劣化による寿命もあります。

『主な導入例』

・3.5インチ⇒デスクトップPCやサーバー・ワークステーションなど。
・2.5インチ⇒ノートパソコンやネットブックなど。
・1.8インチ⇒音楽プレーヤー・ビデオプレーヤー。
・1インチ⇒マイクロドライブ。デジタルカメラなど。
・0.85インチ⇒東芝のデジタルビデオカメラやCOWON社のiAudio6など。
・5インチ&8インチ⇒旧世代の大型コンピューターなど。

このうち、主にパソコンに使用されているサイズは上記の通り3.5インチと2.5インチになります。

現在のHDDは500GBもの大容量でも、安いところで数千円で
購入できますのでお手軽に何個でも入手する事ができます。

しかし一度故障すると修理はほぼ不可能で消耗品でもある事を知っておく事も重要です。

消費電力は小型の2.5インチの方が少なくて済むのですが、3.5インチのサイズの
ストレージの方がボリュームの最大容量も大きく、平均的に故障までの寿命も長持ちします。

3.5または2.5インチの各HDDは故障までの寿命が異なる? の続きを読む

ハードディスククラッシュのデータ復旧は迅速に!

近年、『ハードディスクドライブ』(Hard Disk Drive)はパソコンだけでなく、
サーバや外付けHDDケース、RAIDケース、NAS(TeraStation、LinkStation、LANDISKなど)
といった様々なデジタル機器に内蔵されて、保管データの大容量化が可能になりました。

しかし幅広い機材に普及が始まったその分、急なハードディスクのクラッシュによる
物理障害で故障してしまう事例も多くなってきています。

もしコンピューターの稼働中にカリカリ・・・と突然、異音が鳴り出したら特に要注意で、
まだ何とかHDDが正常に動いている状態でしたらすぐにバックアップを行う事が大事です。

または、事前に自動更新で差分バックアップを行う機能を設定しておけば、
内部のデータが読み込めなくなりファイルなどを損失してしまうアクシデントを防ぐ事ができます。

しかしパソコンなどのOA機器自体が起動しても完全に立ち上がらなくなった時は、
ハードディスククラッシュの起きている状態で無理やり起動させようと、
何度も起動やリセットを繰り返して壊れたHDDを下手に回転させると危険です。

HDDクラッシュの影響で回路の部品に歪みや折れ曲がりが出ている場合、
モーターやヘッド、ディスクに傷が付き続けて、ハードディスク修復前に
余計に破損を悪化させてしまい、復旧を困難にしてしまう恐れがあります。

また、壊れたHDDを長時間放置していても徐々に湿気や小さいごみが充満する危険もあります。

ハードディスククラッシュのデータ復旧は迅速に! の続きを読む

SASのハードディスクが故障した時は復旧できる?

SAS(サス-Serial Attached SCSI シリアルアタッチドスカジー) とは
小型計算機システムインターフェース(SCSI-Small Computer System Interface
読み:スモールコンピューターシステムインターフェース)の新型機種として
登場した規格で、主にハードディスクやサーバのシステムに採用されています。

パラレル伝送からシリアル伝送に変わり、転送速度の面が大きく向上し、
また消費電力も大幅に削減された新型の小型計算機の製品として、
主に新しいPCやサーバに搭載されているストレージ・インタフェースです。

SASの負荷による破損

SAS-HDDは現在で最も寿命の長いハードディスクドライブなのですが、
サーバやパソコン内での負荷は常にかかり続けるため いつ故障やエラーが
おきてもおかしくありませんので、やはりバックアップを時々行う必要もあります。

SASのハードディスクが故障した時は復旧できる? の続きを読む

ハードディスクに不良セクタが発生した時に修復するには?

パソコンやサーバ、NAS、RAID、デジタルビデオカメラなどのコンピューターに
搭載されているデータ記憶装置『ハードディスクドライブ』(HDD)には、
「ディスクセクタ」、[Disk sector]というデータ格納庫部分が入っています。

ハードディスクの場合は1セクタ=512バイトの容量になります。

このセクタはHDDに急なアクセスエラーや熱暴走などの故障が起きてしまうと、一部のデータなどが
損傷してしまう事があり、内部データが読み込めなくなってしまった状態は『不良セクタ』と呼ばれます。

破損した状態のまま何度も無理にPCを起動させようとすると、
HDDと内部のセクタが逆にどんどん損傷がひどくなってしまうおそれがあります。

まず、最初の前提としまして、ハードディスクが故障した時には基本的に、
修理には専門業者のデータ復旧サービスに診断してもらいます。

そしてプラッタの中身のファイルやフォルダーを別のハードディスクにコピーして
移し替える作業を行ってもらわれる事が、やはり最善です。

ハードディスクに不良セクタが発生した時に修復するには? の続きを読む

ハードディスクは寿命が来る前にバックアップと交換

ご家庭や仕事先でお使いのパソコン内にある全てのファイルやアプリケーションは、
ハードディスクドライブ(またはHDD・Cドライブ・ローカルディスク)というパーツ機材に収納されています。

しかしハードディスクは精密機器でとてもデリケートな装置の上、熱暴走やヘッド吸着障害・老朽化
など故障が発生しやすく、いつ突然壊れてしまってもおかしくはありません。

またどちらかといえば消耗品に近い機材ですので修理も非常に難しく、
そして数年使っていくうちにいつかはパーツとしての寿命を迎えてしまいます。

そのため、ある日突然シャットダウンが頻繁に起こる、すぐに起動できない場合が多くなる、
モーター音が鳴らない、またはカリカリ・・・と変な音が鳴り出す、といった
異常の兆候が現れ出した時は特に注意と事前の対策が必要です。

もしものトラブルに備えてすぐに全データファイルと貴重なプログラムを
パソコン引越しソフトなどを用いて、他のパソコンか外付けHDDにバックアップされてください。

ハードディスクは寿命が来る前にバックアップと交換 の続きを読む

予備のディスクからハードドライブの内部ファイルを修復

Hard Disk Drive(HDD・固定ディスク)はPCやサーバ、RAID、NASなど
数多くのデジタル機器に使用されているため、現在では普通に使っている分で
は直接見る機会はやや少なくとも、大変 身近なハードウェア媒体となっています。

そのためヘッドクラッシュやシステムバグ、熱暴走、老朽化などの故障トラブルに
遭われてしまう場合も多いため、普段からパソコンなどを多く使われている方には
ハードディスクからのデータ復旧を行わなければならない機会もやはり多くなります。

HDDは一度破損すると、重度の物理障害の場合はそのまま読み出しが出来なくなる可能性が高く、
なるべく普段から突然の故障が起きた時に修復できるように対策をとっておく必要があります。

予備ディスクの作成

HD(ハードドライブ)が壊れるたびに新規のデータ保存やインストールのし直し作業を
行わなくても済むようにするには、まず、自動更新バックアップソフトウェア
システムの復元・システム修復ディスク、ファイル履歴などの機能を用いて、
定期的にこまめに内部データの保管を行われることがポイントの一つです。

たとえばバッファローから発売されているUSB外付けハードディスクが、
PCショップや電器店で1万円~数万円前後くらいの価格で販売されています。

バックアップユーティリティも付属で入っていますので、これを用いて
内蔵ハードドライブにある全ての必要なファイルやアプリケーションソフトを、
外付けHDDの内部のフォルダーにコピーしたり、またはイメージディスクの機能や作成ソフトで
予備のディスクドライブを作成しておくと、後から修復する際の安全性が高まります。

予備のディスクからハードドライブの内部ファイルを修復 の続きを読む

内蔵HDDのデータ取り出しをする手段とは?

据置型のデスクトップパソコンやiMacのような液晶一体型化のマシン、通常サイズのノートパソコン、
Macbookのような薄型パソコン、ネットブックのようなモバイルPCなどには基本的にすべて、
二次記憶装置の「ハードディスクドライブ」が内蔵されています。

(またはSSDのような内蔵メモリが搭載された製品もあります。)

長く同じ記憶装置を搭載して使っていくうちに、ある時パソコンのシステムか
内部の回路の調子が急におかしくなって正常に開けなくなることがあります。

特にデスクトップ画面までの起動にたどり着けず途中で止まったりループしてしまうとまた大変です。

内蔵されたHDDに書き込まれていたすべての大事なデータファイルまでが
読み込めなくなった時はどうすれば取り出しできる?という疑問について。

ノートパソコンや小型のMacパソコンを一台のみ所持されている、という場合は、
別の機材が必要になるため、最初から、プロのデータ復旧サービスセンターに、
ハードディスクごと機器を提出して内部のファイルを取り出ししてもらわれることも推奨します。

内蔵HDDのデータ取り出しをする手段とは? の続きを読む

HDDの空き容量がなくなり障害が起きた時に復旧するには?

パソコンや外付けHDDケース、RAIDケース、NAS、サーバといった多くの電子機器に搭載されている
ハードディスクドライブを日々使用している際に、新しいユーティティーのインストールや
新規作成したファイルの保存といった作業で、各パーティション(ボリューム)の空き容量の部分は
次第に埋まって減っていきます。

そして空き容量がほとんどなくなった頃に、動作の遅延といった読み込み障害が発生した場合、
どのようにすれば元の状態に復旧できる?という疑問について。

まず、HDDが古い製品で、全容量が20GBくらいだと、今はあっという間に満杯になってしまいますので、
購入時に容量の出来るだけ大きいHDDにして交換、または注文されることをおすすめします。

なるべくであれば、常にストレージの空き容量の部分が半分以上残っているのが適切です。

残り容量のチェックはたとえばWindowsの場合は、『PC(マイ コンピューター)』にある
ローカルディスク(C:)』のアイコンを右クリックすることでチェックできます。

多くの場合は、不要なファイルを削除していくことで読み込み速度を復旧できます。

ローカルディスク内の残り容量が埋まってしまうと、パソコンの動作が重くなり、
作業が遅くなってしまったり、またプリンターの一時書込みのキャッシュが不足して
動作が効かなくなる、など、コンピューターの一部の機能がスムーズに働かなくなってしまいます。

またDVDなどの視聴の際にムービーが急に止まってしまったり、
コンピューターウイルス検索などハードウェア動作の重くなるような作業を行っている最中に
フリーズが起こってパソコンごと作業が止まってしまったり、
作業中のデータが壊れてしまうといった大変なエラーが出てしまうおそれもあります。

HDDの空き容量がなくなり障害が起きた時に復旧するには? の続きを読む

ハードディスクから異音が鳴り始めたら?

パソコンやサーバ、NAS、レコーダーなどのコンピューターに内蔵するデータ記憶装置や
外付けのUSBデバイスとして使用している[ハードディスクドライブ]で、いつの間にか
変な音が鳴り始めてどう対処すればいいか困った、という場合について。

まず、パソコンから「ビイイー…」と一定のテンポで大きな稼働音が出ている時は、
モーターやファンの回転に合わせて振動が出ているだけの場合もあります。

デスクトップパソコンのケースに何かケーブルや置物、壁がくっついていたり、PC本体と
下の置台の間に何か異物が挟まっていると、強い異音がずっと鳴り響く事があります。

コンピューターの周囲を見回して、くっついている物を離してみてください。

また、内部のCPUクーラーの冷却ファンや電源ユニットのファンと排気口に
埃やゴミが詰まっていたら、きれいに除去します。

だいぶ前に作られたIDE方式のハードディスクをお使いの場合、
「ジー…」と稼働音がかなり大きく鳴る場合があります。

最近のS-ATA方式のHDDやSSDはだいぶ静音に作られているので、
急にIDEのハードディスクを使うとその音の大きさの違いで、
故障につながる異音が鳴り響いている、と思われる事もあるかもしれません。

それまでずっと静かにモーターが回転していたのにある時、急に大きな異音が「ジジッ、ジジッ」
普段よりやや不定期な間隔で鳴り出したら、何かディスクに異常が出てきた可能性もあります。

まだハードディスクが普通にデータを読み込みできるようであれば、そのHDDの製造元メーカーの
ホームページから、ディスクの検査ソフトをインストールして、一度診断をかけてみましょう。

HDDのメーカーの名前を調べるには、ドライブの表面に貼ってあるシールを見るか、
「BIOSの設定画面」や「ディスクの管理」の画面を開くとわかります。

また、HDDの検査に対応された、パソコン修理サポート店やデータリカバリーサービスも
チェックされてみることをおすすめします。

ハードディスクの状況をチェックする「S.M.A.R.T.」(スマート)という
報告機能を読み取って、残りの推移寿命や破損の具合をモニタリングして
何かの障害が発生していないかを確認したり、エラーの修復を実行できます。

すでにディレクトリの読み込みができなくなっていた状態の場合は、電源を通して接続すすると
さらに破損の状態が深刻になるおそれがあるため、それ以上は電源を通さずに、
また重要なファイルがあれば、プロのデータ復旧サービスにて取り出ししてもらうことを推奨します。

ハードディスクから異音が鳴り始めたら? の続きを読む

ハードディスクの故障の状態と残り寿命を検査するには?

パソコンのデータ記憶装置として内蔵で使用している「ハードディスクドライブ」(Hard Disk Drive)は
ずっと長く使っていくにつれて次第に製品の寿命が短くなっていきます。

そのためPCで使うすべてのドライブ装置やメモリディスク(SSD)を定期的に、
故障の状況や残りの推移寿命といった状態の診断と検査を行って、
深刻な問題が出ていないかその都度チェックして修復していくと、安全性も高まります。

S.M.A.R.T.の読み取りによる診断

まず、ハード・ディスクやSSDには『S.M.A.R.T.』(スマート)
[Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology]
(セルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジー)
という、状態の報告機能が搭載されている事をご存じでしょうか?

「S.M.A.R.T.」は大容量ストレージの使用できる寿命が来て動かなくなったり、
重大な物理障害が発生してデータが開けなくなるような手遅れな事態になる前に、
将来の問題につながる症状を発見したり、一部のエラーを修復することができます。

この『S.M.A.R.T.』を読み取ってストレージの残り寿命の推移を検査するためには、
まずパソコンの使っている内蔵のハードディスクのメーカーを確認します。

※Windowsの場合はエクスプローラー画面の[PC]といったディレクトリにある
ローカルディスク(C:)などのアイコンを右クリックしてプロパティ画面を開きます。

「ハードウェア」のタブを開くと全ディスクドライブの名前の一覧が出ますので、
ここでメーカーの名前を確認できます。
WD、HGST、Seagate、TOSHIBA、FUJITSU、INTELなど。)

またはデスクトップパソコンやノートパソコンの蓋を取り外してハードディスクの表面に
貼ってあるシールを見ると、各IT機器メーカーの文字やマークが書いてあります。

もしすでにヘッドクラッシュの異音が鳴っているなどで、故障していると思われる場合は、
それ以上はハードディスクへの通電を控えて、専門のデータリカバリーサービスに出して、
検査とファイルの取り出しを行ってもらわれることを推奨します。

ハードディスクの故障の状態と残り寿命を検査するには? の続きを読む

ハードディスク復旧の価格とデータ修復の料金は?

データ復旧が必要になる最も多いファイル保存の記憶媒体はやはり、
ディスク方式で複雑な仕組みで構成されている、[ハードディスクドライブ]です。

その気になる、復旧の際のコースごとの料金について解説していきます。

ハードディスクドライブ内のデータ復旧(消えたファイルの修復や読み込めない媒体からの
取り出しの作業)は、一律で指定されているサービスもあります。

ですが、大半の業者の方では容量や故障の具合おきに料金プランが定められています。

内部の容量(ギガバイト・テラバイト)が大きいほど料金が大きく上がっていきます。

また、物理障害と論理障害、その障害の程度によっても大きく費用の程が左右されます。

郵送料金や出張費用などが別途でかかる場合もあります。

ハードディスク復旧の価格とデータ修復の料金は? の続きを読む

ハードディスクドライブの故障をある程度防ぐには?

パソコンのハードディスクドライブは(HDD)はパソコンに必ず搭載される
大変普及している馴染みの深いパーツなのですが、その実相当な精密機器のため
物理的に壊れてしまうと修理が専門業者でもほぼ不可能な消耗品とも言えます。

HDDの内部はわずかな埃や粒さえも入る隙間がないほどの精巧さを持ち、
逆に言えばケースを分解して開いた時点で普通の場所では埃や塵が付着してかなりの確率で
完全に使い物にならなくなって故障します。

なのでパソコン修理=HDDの修理ではなく、HDDの交換という形になります。

そのため、大切なデータの入ったハードディスクを自分で分解してみるのはくれぐれもお止めください。

ちなみにハードディスクは電源が入っている間は常に稼動しているため、長時間の起動やデータの
重いプログラム・ファイルを扱う作業に弱く、サーバーと同じで負荷がかかり壊れやすい機材です。

故障をある程度防ぐには、負担がかかりにくいようにすることがまず第一です。

少しでもハードディスク故障の時期を遅らせて長く使いたい場合は日々、コンピューター使用中の
HDDの負荷に気を遣って時々休ませながら運用していくのが良いでしょう。

また、PCケース内やファンの掃除を定期的に行ってホコリを落とし、排熱性を良くします。

冷却装置を良いものに交換するのもおすすめです。

デスクトップパソコンの場合は、ある程度スペースに余裕があるケースだと通気性も上がります。

ただ、日々確実に回転機構が劣化していき、いつかは物理障害で
ハードディスクも故障します。平均して3~10年くらいの寿命と言われています。

最も注意すべきなのは一度壊れたら復旧はできても修理が利かないので
いつ壊れても被害が少ないようにこまめにデータのバックアップを取っておく必要があることです。

ハードディスクドライブの故障をある程度防ぐには? の続きを読む

ハードディスクドライブのデータ復旧を行うには?

パソコンのパーツや周辺機器をはじめ 何十、何百種類と数多くある
データ保存媒体の中で、消えたデータ復旧の頻度が多い記録装置は
やはり磁気記憶装置の[ハードディスクドライブ] (HDD/hard disk drive)です。

特に一般家庭(個人)よりも企業(法人)での場合が多いと言われています。

パソコンの心臓部ともいえる重要なパーツで需要も圧倒的に高く、
サーバやRAID、NASなど内蔵されているコンピューター装置も多い分、
また稼動による負担がかかりやすいためエラーや故障に遭遇しやすい点もあります。

『主なハードディスクドライブのメーカー製品』

・[Seagate](シーゲート):内蔵HDD 7200シリーズ 3.5inch SATA ST2000DM001/EWN 2TB
・[WD](ウェスタンデジタル): 3.5inch IntelliPower SATA3.0 WD30EZRX-1TBP 3.0TB
・[TOSHIBA](東芝):2.5インチHDD SerialATA キャッシュ:8MB MQ01ABD100 1TB
・[HGST](日立):Deskstar 3.5inch 32MB Coolspin 0S03361 4TB
・[MARSHAL](マーシャル):MAL33000SA-T57 5940rpm S-ATA 3.5HDD 3TB
・[Maxtor]:3.5インチ Ultra ATA133 IDE 300GB
・[コンテック]:2.5IDEハードディスクドライブ PC-HDD40G 40GB

削除したデータの復元

まず、WindowsやMacintoshのオペレーティングシステムをインストールしているパソコンから
ローカルディスク(C:)や増設した(D:)などのハードディスクのボリューム(パーティション)に
保存していたデータを誤って削除した、または外付けHDDやRAIDのファイルを誤って消去したり
フォーマットをかけてしまった場合には、どうすれば復旧できる?という疑問について。

エクスプローラーやダイアログボックスで普通に削除しただけのファイルは、
大抵の場合「ゴミ箱」という領域に一度、拡張子が移動して保管されます。

そちらを開いて必要なファイルを選択して「元に戻す」と操作すれば、
また以前のフォルダーの場所に復旧できます。

USBポートからつなげている外付けハードディスク(リムーバブルディスク)の場合は
Windowsでは外付けHDDのファイルを削除すると、ゴミ箱には行かずそのまま消去されます。

Mac OS Xの場合は外付けデータ記憶装置のファイルも一度ゴミ箱に移動します。

ハードディスクドライブのデータ復旧を行うには? の続きを読む

BIOS(バイオス)に障害が発生した時にデータを復旧するには?

コンピュータープログラムの一つであるBIOS(バイオス)【Basic Input/Output System:ベーシック・インプット/アウトプット・システム】
とは、パソコンのパーツであるハードディスクやマザーボード、CPUなどの各機器を制御するための
ファームウェアである、貴重なプログラムです。

ハードウェアとの入力・出力を行う役目を持っていまして、入出力装置のインターフェースの
基本処理を行う機能であるためOS以上に大事なパソコンの部分でもあります。

BIOSの故障

BIOSは時々書き換え更新が行われるのですが、もし書き換え中にシステムエラーや電源切れなどでデータ障害が起きたり、
または強い衝撃や水害によるショートなどでBIOSが故障してしまうとパソコンが起動できなくなり、
OS(Operating System)や再セットアップの画面さえも開けなくなってしまいます。

Linux(リナックス)といった他のオペレーティングシステムのDVDをドライブ装置に挿入してもBIOSで読み込めない、
またはやはりBIOSの画面自体が起動できない、という場合には、パーツの交換といった別の復旧の方法が必要になってきます。

BIOS(バイオス)に障害が発生した時にデータを復旧するには? の続きを読む

MBR(マスターブートレコード)の故障から復旧する時は?

MBR」-エムビーアール(Master Boot Record-マスターブートレコード)
パソコンのHDD(ハードディスクドライブ)の先頭セクタの名称で、
PCを起動する時に一番最初に読み込まれるハードディスクの先頭部分です。

FDISK形式のハードディスクの最先端セクタであり、
主にOSの起動方法などの情報プログラムが記録されているMBRがある時 急に破損して、
パーティションなどが認識されなくなったらどうすれば復旧できる?という疑問について。

Master Boot Recordが作動しなくなったら?

ハードディスクのMBRがエラーやショート、老朽化、衝撃によるクラッシュといった障害で故障してしまうと、
パーティションが読み込みできなくなって、Operating System-オペレーティングシステム
(Windows-ウィンドウズなどのOS)が立ち上がらなくなり、パソコンが起動できなくなってしまいます。

MBRのサイズは512バイトで微小な領域ですが、「パーティションテーブル・ブートローダー」
といった、パソコンの起動に必要な重要なデーターが含まれています。

例えばディスクドライブにクイックフォーマットを掛けたりした後に、
「an operating system wasn’t found」などの英文メッセージが出て読み込めなくなる場合もあります。

MBRか他のどの部分の故障なのか一見判別が難しいのですがこの場合、
それ以上無理に起動させようとするとかえって症状が悪化してしまう可能性が高いため、
まず電源を切ってしばらくした後にもう一度起動させてみてください。

また電源ボタンを押してからBIOS設定画面を起動して、BIOSを初期化して出荷時の状態に戻してみます。

MBR(マスターブートレコード)の故障から復旧する時は? の続きを読む

ハードディスクドライブの異常による故障から復旧するには?

お使いのパソコンに入っている「ハードディスクドライブ」の状態はいかがでしょう?

HDDは大体使い始めてから3年~10年ほどの期間が製品として寿命の一つの目安です。

特にPC内蔵のローカルディスクやDドライブとしてディスク回転の頻度が高い状態で
使い続けていくうちに読み込み速度や反応が鈍くなったりと、次第に劣化の症状が表れていきます。

HardDiskDriveの故障パターン

・数年以上の長期間の間使っていると、徐々に読み込みや動作が遅くなります。
・カリカリ音が鳴り始めたらヘッド吸着が起きている可能性があります。
・コントローラーやプラグなど表面の部品が割れたり欠けたりすると壊れてしまいます。
・ポータブルデバイスとして接続したらエラーが出て開けない、という事もあります。
・OSが起動せず、妙な音がPC内部から出始めたら高確率でヘッドクラッシュの状態です。

HardDiskDrive(データストレージ)を設置しているあたりの位置から
おかしな音がし始めたり、突然パソコンが止まってしまう、といった傾向が出た場合は、
特に要注意なのでただちに予備データのバックアップ保存をおすすめします。

ですが、PCを普段から使わなくとも、頻繁に使用していないHDDは
内部に湿気が充満したりする事が原因で、逆に壊れやすいとも言われています。

ハードディスクドライブの異常による故障から復旧するには? の続きを読む

ハードディスクの破損トラブルの対策方法とは?

パソコンを動かすHDD(ハードディスクドライブ)の寿命は短いもので3年、
長いものなら10年以上もつと言われてみるのですが、
やはりいつかは経年劣化による製品の寿命で使えなくなってしまいます。

大事なのは完全に破損して動かせなくなる前にデータを安全な保存メディアに移し替える事です。

HDD故障が起こったら?

以下のパソコン症状が出始めたら要注意です。

・パソコンの電源がつかない。
・液晶モニターに何も映らない。
・OS起動画面(ログオンやデスクトップ)が立ち上がらない。
・変な音がしたり、青い文字画面(ブルースクリーン・ブルーバック)が出る。
・黒と白文字の画面が出る。
・Registry(レジストリ)やBIOS(バイオス)など重要なシステムが壊れている。

(パソコン本体やモニタの電源コードがちゃんと接続されていないだけ、というケースもあります。)

ハードディスクの破損トラブルの対策方法とは? の続きを読む