『Windows』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。
Windows のカテゴリ


ページ案内

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。




Windowsの修復に失敗する時にデータを救出するには?

Microsoftのオペレーティングシステム「Windows」(ウィンドウズ)が
インストールされたパソコンで、ある時Windowsの調子がおかしくなり、
システムの修復を行ってみたら、何度やっても修復に失敗して
正常に開かない場合は、どうすればデータを救出できる?という疑問について。

回復画面

まず、自動で、または手動でのWindowsの修復作業が何度も失敗したり、
成功の表示が出てもすぐに元の状態に戻ってしまう時は、
ひとまず電源を切ってから電源コンセントを抜いて、しばらく時間を置いてから
もう一度電源を付けると、回復する場合があります。

また「セーフモード」、あるいは「セーフモードとネットワーク」で
起動してから、Windowsを再起動してみることで復旧する場合もあります。

詳細オプションの画面が開ければ「システムの復元」を実行されてみてください。

Windowsの修復に失敗する時にデータを救出するには? の続きを読む

Windows10のパソコンでHDDを修復してデータを救出

Microsoft (マイクロソフト)のオペレーティングシステム
Windows10(ウィンドウズ・テン)がインストールされたパソコンを日々お使いの際に、
内蔵ハードディスク、または外付けHDDに問題が発生してしまった場合、どうすれば
エラーなどを修復して、また中身のデータを救出することができる?という疑問について。

ストレージのデータ

まず、ハードディスクがアクセスエラーを引き起こしている場合は、
Windows 10の画面では、最初に、デスクトップ画面左下のマークを押して、
ギアの形をした「設定」のボタンを押して開きます。

Windows10の「システム」を開いて、メニューの「ストレージ」を選択して、
ローカルストレージのメニューに表示されたハードディスクの使用量を確認します。

もし空き領域がほとんど残っていなかった場合は、「空き領域を増やす方法を変更する」
などの機能で不要なファイルを削除して、容量を軽くしてHDDの状態を修復してみます。

また「バージョン情報」を開いて、パソコンのマザーボードをはじめとするパーツに
お使いのハードディスクの製品のスペックが足りていなさそうな場合は、
もっと容量が多く新しいSATAハードディスクなどに交換されてみてください。

またはパソコン修理サービスのサポートで換装作業を行てもらいます。

「記憶域」を使ってRAIDアレイのように複数のハードディスクを使っている場合は、
読み込みエラーなどの問題が発生してきたら、一度必要なデータを別の外付けHDDやRAID、
NASやクラウドストレージなどにバックアップして、後で復旧できるようにします。

次にHDDの初期化をしてから、もう一度、記憶域プールを構築し直してみます。

初期化をする前に、ハードディスクに必要なファイルが残っていて取り出ししたいけれど
パソコンが不調で開けない、という場合には、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、
中身のデータの救出をしてもらわれることを推奨します。

Windows10のパソコンでHDDを修復してデータを救出 の続きを読む

Windows10を回復ドライブの作成で修復するには?

Microsoft(マイクロソフト)からリリースされていますオペレーティングシステム
「Windows 10」(ウィンドウズ・テン)をパソコンにインストールして使用している際に、

もしも急にシステムの問題でOSが正常に開かなくなってしまった時のために、
あらかじめウィンドウズのシステムの回復ディスクを作成しておき、
後に起動して修復作業をするには、どのような手順で行えばいい?という疑問について。

(※回復ディスクはパソコンが故障する前に予め作成しておく必要があります。)

回復ドライブの作成

まず、Windows10の標準機能の一つとしまして、Windows8/8.1にも搭載されていた
「回復ドライブ」が搭載されています。

事前に、8GB以上のUSBメモリを購入するか、使わないものを用意してUSBコネクタに接続します。

(できれば16GB以上、とある程度多い容量のものを推奨。)

エクスプローラー画面からのアイコンの右クリック→「フォーマット」などで、
対象のUSBメモリのデバイスにクイックフォーマットを行います。

操作の手順はWindows 8/8.1と基本的に同じで、
最初に、デスクトップ画面でコントロールパネルを開きます。

「回復」→「回復ドライブの作成」→「次へ」と進みます。

回復ツール

「使用可能なドライブ」を確認して、「次へ」→「作成」と進みます。

回復ドライブの作成

「ユーティリティーのコピー中」という進行状況の表示画面に切り替わりますので、
しばらく待機します。

作業が終わったら「完了」を押して、この作成した回復ディスクにあたるUSBメモリを
パソコンのUSBポートから取り外して、保管します。

Windows10を回復ドライブの作成で修復するには? の続きを読む

Windows10のバックアップと復元機能を使用するには?

Windows 10(ウィンドウズ・テン)のオペレーティングシステムが搭載されたパソコンを購入、
またはアップグレードをして使用しているパソコンで、データのバックアップをするため、
バックアップと復元』の機能を使ってファイルを保存したり復旧させるには
どのような手順で行えばいい?という疑問について。

まず、パソコン本体とは別に外付けのハードディスクドライブが一台必要になります。

購入した外付けHDDをUSBコネクタに接続して、フォーマットを行います。

操作方法はこれまでのWindows 7やWindows 8とほぼ同一で、まずは
デスクトップ画面のコントロールパネル(control panel)を開きます。

「システムとセキュリティ」のメニューにある「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

「バックアップの設定」を押します。

(すでに設定したものの変更の際には「オプション」を押して「バックアップ設定の変更」を選択します。)

ボリュームの一覧画面から外付けHDDの項目を選択して、「次へ」を押します。

コントロールパネル

「自動推奨」⇒「設定を保存してバックアップを実行」でCドライブのデータバックアップが開始されます。

しばらく時間がかかるので、待機をします。

Cドライブ自体が認識できない時は、それ以上ハードディスクを動かさないようにして、
プロのデータリカバリーサービスで、回復のために診断をしてもらわれることを推奨します。

Windows10のバックアップと復元機能を使用するには? の続きを読む

Windows10のエラー発生時にシステムイメージから復元

Microsoft(マイクロソフト社)より販売されていますオペレーティングシステム
Windows 10」(ウィンドウズ・テン)を使用している際に、
もし急にシステム上のエラーといったトラブルが頻繁に発生して問題が出てくると、
原因を直すために場合によっては再インストールをする必要が出る可能性もあります。

ですが、これまでのウィンドウズと同じく事前に、深刻なエラーが発生する前のOSの
「システムイメージ」のデータをバックアップしてディスクとして保存しておくことで、
後からその状態に戻す形で、ハードディスクまたはSSDの中のOSを復元させることができます。

こちらの一例では、外付けHDDにデータをバックアップする方法について解説いたします。

まず、パソコンのUSBコネクタにある程度(なるべく500GB以上)の容量のある
外付けハードディスクドライブを挿入して、フォーマットを行います。

コントロールパネルを開いて「バックアップと復元(Windows7)」を開きます。

左側のメニューにある「システムイメージの作成」を選択します。

バックアップの保存先は「ハードディスク上」の接続したHDD名を選択して、「次へ」を押します。

「どのドライブをバックアップに含めますか?」の画面で
データが必要なドライブ(ボリューム)の領域を選択して、「次へ」を押します。

バックアップ領域

「バックアップの開始」を押すと作業が始まりますので、しばらく待機します。

システム修復ディスクを作成しますか?のメッセージが表示されますので、
一緒に作成する時は、「はい」を押します。

DVD/BDドライブにDVD-RやBD-Rのディスクを挿入して「ディスクの作成」を押します。

一連の作業が自身では難しそう、という際には、パソコン修理サポート店や
データリカバリーサービスにて、バックアップやセットアップを行ってもらうこともできます。

Windows10のエラー発生時にシステムイメージから復元 の続きを読む

Windows 10のパソコンのデータをバックアップするには?

Microsoftから開発・販売されていますオペレーティングシステム「ウィンドウズ」の最新バージョン
Windows 10』(ウィンドウズ・テン)を使用している際に、

急にOSに問題が発生して起動ができなくなったり、ハードディスクドライブやSSDが故障してしまう
トラブルを考慮して事前に内部の個人データをバックアップするにはどうすればいい?という疑問について。

手動でのコピーによる保存方法

まず、これまでのウィンドウズやMac OS X、Linuxと同じく、
Windows 10ではパソコンの電源スイッチを入れてからデスクトップ画面の起動後に、

デスクトップ、またはタスクのフォルダーのアイコンか、スタート画面の「エクスプローラー」から、
個別のデータファイルが収納されていますフォルダー(エクスプローラー)の画面を開けます。

パソコンにUSBコネクタで外付けハードディスクドライブを接続するか、
ディスクドライブにDVD-R、またはBD-Rを挿入します。

フォルダー

(SDカードやUSBメモリは長期的な保存にはやや不向きなので、
 外部への持ち運びなど一時的なデータ保管の場合に推奨します。)

予備を取っておきたいファイルやフォルダーを選択して、
これをコピー&ペーストなどでバックアップ用のUSBハードディスクやRAID装置、
ネットワークドライブなどのデータ記憶装置にコピーして保存します。

簡易的な手動でのデータバックアップは基本的にこの方法で大丈夫です。

Windows 10のパソコンのデータをバックアップするには? の続きを読む

Windows 8.1でファイルをバックアップして回復

「Windows 8.1」ウィンドウズエイトポイントワン/Windows Bule)は
Microsoft社により リリースされた、Windowsの新型のオペレーティングシステムです。

Windows 8.1

Windows 8をすでにお持ちであればそのままオンラインを通してアプリから
アップデートできるので、ウィンドウズ8からいつでも切り替えをして使っていくことができます。

Windows8.1はデザインや機能としてはそれほど大きな変更の点はなく、スタートボタンなど
一部のコンテンツの追加と、一部の表記の変更などがこれまでのWindows8との、主な違いです。

一方でパソコンの中のデータのバックアップやシステムの回復を行っていく際の
[手順]にはこれまでと何か違いはある? という疑問について、解説していきます。

【「Windows7のファイルの回復」の変更点】

・まず、「Windows 8」にはコントロールパネルの項目の一つに
「Windows 7のファイルの回復」というイメージディスクの作成機能がありました。

しかしWindows8.1にアップグレードするとその項目は消えて、
かわりに名称と配置場所が変更されて別の形で標準搭載がされています。

Windows 8.1のPCで一通りのバックアップに必要な操作は、
全てコントロールパネルにある「ファイル履歴」から行えます。

まず、先に外付けHDDかDVD-R、BD-Rなどの大容量のデータ記憶メディアを
Windowsパソコンに接続してフォーマットをかけて、 データの書き込みができるようにしてください。

※Windows8.1の使用領域は50GB以上になりやすいので、
 外付けハードディスクを購入してバックアップされる事をおすすめします。

Windows 8.1でファイルをバックアップして回復 の続きを読む

ウィンドウズ8で回復ドライブを作成してリカバリー

マイクロソフト社の新しいオペレーティングシステムである「Microsoft Windows 8
(ウィンドウズ8)は、今までのWindows 7以前のOSと比べて多くの仕様が新しくなっています。

ウィンドウズ8

このウィンドウズ8でもやはり時には、アップデート時のミスやアプリケーションを
インストールした時の影響といった何かのトラブルでOSが不調をきたしてしまう可能性もあります。

その発生した問題により、もしもスタート画面やデスクトップ画面が開けなくなって
PCの中身のファイルがユーティリティーが使えなくなると大変ですね。

そんな時のためにOSの外部の外付け記憶メディアの方に、
「回復ドライブ」というシステム修復ディスクを作成して、
いざという時にそちらからブートで開いてOSをリカバリーさせる事ができます。

まずは今、使っていないUSBメモリやSDカード、
または最大容量の少ない外付けHDDなどの媒体を探して接続します。

※(回復ドライブに使用するデータ記憶装置は一度フォーマットされて
すべてのファイルやフォルダが消去されるので、使用の前に必ず、
重要なデータが書き込まれていないか念のためにチェックして下さい。)

[ディスクの書き込み]の画面で「USBフラッシュドライブと同じように使用する」に
チェックを入れたまま、「次」へをクリックします。

リムーバブルディスクのフォーマットが開始されて作業が完了したら、
フォルダ画面が表示されるのですがそのウィンドウは一旦置いておくか、閉じます。

[コントロールパネルでの作成の手順]

ウィンドウズ8のデスクトップかスタートからコントロールパネルを開き、
カテゴリ表示に切り替えて「回復」の項目を開きます。

[高度な回復ツール]の一番上の項目にある「回復ドライブの作成」をクリックします。

ユーザーアカウント制御のバルーンが出たら「はい」を選択します。

回復メディア作成ツール

回復ドライブの作成の画面が表示されたら「次へ」⇒「作成」を押します。

次の[USBフラッシュドライブの選択]の画面で使用可能なドライブの中から
使用していないSDカードやUSBメモリ、外付けHDDなどを、
パソコン本体のUSBポートかカードリーダーに差した状態で表示して選択します。

メモリを選択して「次へ」を押して進みます。

(bootの保存に必要な空き容量が256MB以上~数百MBほどなので、小さめな容量の
メモリーカードなどでも大丈夫です。 回復パーティションを一緒にコピーする部分に
チェックを入れる場合には4GB以上の記憶領域を持つドライブが必要になります。)

ウィンドウズ8で回復ドライブを作成してリカバリー の続きを読む

Windows 8でシステムの復元を行う時の注意

WindowsシリーズやネットのサービスでおなじみのMicrosoft(マイクロソフト)から
発売されたオペレーティングシステムである
Windows 8」(ウィンドウズ・エイト)は、Windows 7の後継にあたるOSです。

(後にバージョンアップ版の『Windows8.1』がリリースされています。)

これまでのWindowsシリーズとはまたデザインや仕様もある程度異なり、
例えば起動後にデスクトップ画面の前に先に「スタート画面」が表示される事など、
ビジュアル面やコンテンツの配置場所においても大きく変更ポイントがあります。

Windows 7以前のバージョンと同じくWindows8にも、急にOSの調子がおかしくなって
不具合が発生した時などにコンピューターの症状を修復するための
『システムの復元』の機能も備わっています。

しかし、Windows8の場合はこれまでの機能とは仕様が違う部分があるため、
あらかじめ今までのバージョンとは異なる部分を知っておく事が大切です。

Windows 8でシステムの復元を行う時の注意 の続きを読む

Windows8のパソコンのデータを復旧するには?

Microsoft社より開発・販売されているWindows8.1(ウィンドウズエイトポイントワン)の
オペレーティングシステムには新しいスタート画面をはじめ、数多くの便利な機能があります。

Windows 8

またウィンドウズ8には従来通りOSの機能でインターネットや電子メールを使えたり、
アプリケーションのインストールや、エクスプローラーでのフォルダへの拡張子の保存といった
数多くの電子ファイルの使い方ができるため、取り扱うデータの量も膨大になります。

そのため、時には間違えてデータの一部を削除や上書き保存のミスをしてしまったり、
増設したハードディスクや分割したセカンダリ・パーティションのボリュームなどの
初期化を行って大事なファイルを全部消してしまった、というトラブルも起こりえます。

まず先に、Windows 8をインストールしたパソコンの本体が物理的に故障してしまい、
内蔵されたハードディスクが一緒に壊れていたり、
ノートパソコンやタブレット端末からHDDやSSDがうまく取り出せないほど破損した場合は
自力で中身のファイルを拾い上げるのは非常に困難になります。

その際にはすぐに壊れたパソコンやタブレットコンピューター本体を
専門業者のデータ復旧サービスセンターに出して、
物理障害からの復旧の対応コースで診断してもらってみてください。

※液晶モニターが割れて画面が映らなくなっただけで電源とOS自体はまだ普通に
起動できる状態であれば、リモートデスクトップでネットワーク接続ができる別のパソコンから
無線LANルーターなどでアクセスしてシステム上からドキュメントなどの領域のデータを
自身でバックアップして復旧できる場合もあります。

オペレーティングシステム(プラットフォーム)はほとんどのバージョンや
メーカーの製品にしっかりとデータのバックアップ機能が備わっています。

そしてそれらは最初に機種を購入してからセットアップを始める手順の中で
すぐに簡単に設定できるようになっていたり、
一部の機能で最初から自動的なバックアップが標準で出来ている事もあります。

Windows8のパソコンのデータを復旧するには? の続きを読む

Windows7のバックアップと復元機能

Microsoftからリリースされている現在最も新しいオペレーティングシステムの
Windows7(ウィンドウズ・セブン)では、[Windows バックアップ]という名称の、
パソコン内蔵ハードディスク内のデータをバックアップする機能が標準で搭載されています。

[システムの復元]や[シャドウコピー]、[システム修復ディスクの作成]とは
また別の機能で、Windows 7 Home PremiumやProfessionalなどのエディションでも
もちろん使用できる、ファイル修復用の搭載ツールです。

事前に外付けハードディスクを一台購入してから使用されるとより使いやすくなります。

まず、デスクトップの[スタートメニュー]からコントロールパネルに入り
[大きいアイコン]⇒[バックアップと復元]をクリックします。

初期の状態ではまだ何も設定されていないので、
メニューの右側にある「バックアップの設定」をクリックします。

バックアップの設定画面

次の画面で表示された中から保存する記録メディアを選択して、[次へ]をクリックします。
(USB接続した外付けハードディスクが[推奨]で表示されるのでそちらをお薦めします)

バックアップの対象は[自動選択]でWindowsで作られたフォルダのデータと
システムイメージすべてをまとめて保存するか、
もしくは[自分で選択する]で特定のデータを選ぶ設定にして、[次へ]を押します。

バックアップの設定を確認して、[設定を保存して終了]をクリックします。

[ファイルのバックアップまたは復元]の画面に戻り右側に新しく出た
[今すぐバックアップ]を押すと、指定した保存先にデータの書き込みが開始されます。

Windows7のバックアップと復元機能 の続きを読む

Windows7のシステム修復ディスクの作成と使い方

MicrosoftのWindows7のOSは、それまでのオペレーティングシステムと同じく
いつシステムが不具合を起こして破損してしまいデスクトップ画面などが開けなくなる
トラブルが起きてもおかしくはありません。

最近のOSでも絶対に安全という事はないので、そこで、すぐに元通りに復元作業を
実行できるようにするための『システム修復ディスク』を作成するオプションがあります。

システムファイルの損傷やコンピューターウイルス感染、レジストリの破損など
急なOS上のシステム面でのトラブルが起きた場合、
まず「セーフモードの起動」や「前回正常起動時の状態から起動」等を行ってみます。

それでも正常にWindows7の立ち上げができなかった場合は、
このシステム修復ディスクを使ってみましょう。

(必ず事前に以下の手順に沿って、正常な状態の時にディスクを作っておく必要があります。
 コンピューターが開けなくなってからでは作成できないので注意して下さい。)

最初にCD-RまたはDVD-R、BD-Rなどのデータ記録用ディスクを一枚買って用意します。

Windows7のシステム修復ディスクの作成と使い方 の続きを読む

Windows7でシステムの復元ポイント作成

パソコンを動かすためのオペレーティング・システムで最も普及している
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のプログラムには、
システムの復元」という、OS上で不具合が起きた時の為の回復機能があります。

コンピューターの状態を定期的に日時のポイントを作って保存する形で保護しておき、
急にデータを失ったりシステムが破損した時にそこから元に戻すためのツールです。

大事なファイルがプログラムのエラーで壊れてしまった時や、
アプリケーションソフトをインストールした後などでパソコンの速度が遅くなって
前の状態に戻したい時など、幅広い応用性のある仕方ができます。

もちろん「Windows XP」(エックス・ピー)や「Windows Vista」(ビスタ)だけでなく、
最新の「Windows7」(ウィンドウズ・セブン)のOSにも標準機能として備わっています。

システムの復元をWindows7搭載のパソコン(Cドライブ)で使う場合は、
パソコンが正常に動いているうちに以下の設定を行う必要があります。

Cドライブは最初から機能が有効になっていて、Windowsが重要なプログラムを
更新する際などに自動的に復元ポイントが一つ作成されます。

Windows7でシステムの復元ポイント作成 の続きを読む

Windows7のバックアップの作成方法

Microsoftからリリースされたオペレーティングシステム
「Windows 7」(ウィンドウズ・セブン)には、パソコンの中の貴重なデータを
安全にコピーして保存するためのバックアップツールが標準で搭載されています。

Windows 7 Professional

それまでのマイクロソフト・ウィンドウズ(XP以前)でのシリーズから一新して、Windows7では新しく
[スタート]⇒[コントロールパネル]の項目に[バックアップの作成]というメニューが加わっています。

まずは最初に、お使いのパソコン(内蔵HDDのパーティション)にある全ての
必要なファイルを複製する作業を実行します。

Windows7のバックアップの作成方法 の続きを読む

Windows XP Professionalでのデータ救出

Windows XP Professional [ウィンドウズ・エックスピー・プロフェッショナル]はアメリカ合衆国の
Microsoft(マイクロソフト社)から発売されているOS(オペレーティングシステム)です。

WindowsXPは徐々に新製品のWindows7やVisaに変わってきてはいるのですが
現在でもまだ世界中で多くのユーザーに親しまれて使用されています。

因みに略称で「XP-Pro」(エックスピー・プロ)と呼ばれる場合もあります。

家庭用のHome Edition(ホームエディション) と違い、
上級ユーザーとビジネス向けであるProfessional(プロフェッショナル)には
暗号化やアクセス制御機能など独自のデータ安全管理機能が搭載されています。

ビジネス・法人向けで使用される機会が多いため、重要なデータファイルのセキュリティ機能は
アプリケーションソフトウェアのインストール抜きでも単独で数多く備わっており、重要なデータの
入ったフォルダ等を第三者に閲覧されないように保護するのにも適したなOSエディションです。

また、Professionalは『バックアップ ユーティリティ』の機能も備わっています。

スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツールにある
『バックアップ』という項目を選び、ツール上で指定したファイルやフォルダ群を
XP ProのPCから、別の外付けHDDやUSBメモリ等にコピーして格納します。

これにより、簡単にバックアップができるの、ある日突然OSやハードディスクが
故障して大事なファイルが開けなくなったとしても、バックアップ分から
他のPCや修理完了後のマシンに移動させてデータを救出させる事もできます。

Windows XP Professionalでのデータ救出 の続きを読む

システム回復オプションを使ってWindowsを復活

Windows XPや2000、HomeServer2003の旧ウィンドウズOSでは、急にパソコンやサーバの
起動ロゴ画面が開かなくなるトラブルが起きた時、付属のCD/DVD-ROMディスクを挿入して
回復コンソールを立ち上げて修復する方法がありました。

ですが、最近のOSであるWindows7やVista、Home Server 2008では、
付属のオペレーティング・システム インストール用DVDディスクに
『システム回復オプション』という復活用ツールが導入されています。

XP以前の回復コンソールよりも画面が青くグラフィック化されて
操作方法もよりわかりやすく使いやすい仕様に出来ています。

コンピューターの電源ボタンを押してBIOS画面が表示された後に正常にOSロゴやデスクトップが
表示されず困ってしまった場合に、まずは製品に同梱されている、
Windows Vista/7/HomeServer2008のインストールDVDをドライブ装置に挿入します。

システム回復オプションを使ってWindowsを復活 の続きを読む

Windows XPの起動ディスクでパソコンを回復するには?

WindowsパソコンのOS画面が起動しない、という緊急事態は、オペレーティング システムの中でも
特に歴史の長く需要の多い、Microsoft Windows XPによく見られるトラブルです。

Windows XP

Windows XP(ウィンドウズ エックスピー)はWindows Vista(ウィンドウズ ビスタ)が
発売されるまでの間の長期間、主流だったので現在でも最も利用者数の多いOSです。

そのため、Windows XPの画面が起動できないエラーや故障を
修復する処理作業はわりと一般的にも普及しています。

セーフモードからの起動といったシステム回復方法のほかに、
Windows XP 起動ディスクを使ったリカバリー方法があります。

XPが起動できないトラブルは、前回起動時でアプリケーションソフトウェアのインストールや
操作の影響で起こる場合も多く、電源の立ち上げ直後にF8キーから開くセーフモード
間単に復活できる場合と、セーフモードでは直せない、やや深刻なパターンがあります。

MBR【マスターブートレコード】が壊れている状態等がその一つですね。

Windows XP自体が開けないのでパソコンにある程度詳しい方でなければ原因の特定が少し
難しくなるのですが、Windows XP起動ディスクをあらかじめ作成して用意しておけば大丈夫です。

起動ディスクを作成する手順はまずフォーマット済みフロッピーディスクを6枚用意し、
マイクロソフト サポート オンライン【Microsoft】のホームページから
OSのバージョンに合わせたWindows XP起動ディスクのデータを保存します。

ローカルディスクのどこかに保存したら、【実行】で開き、
デスクトップ上に作られた専用アイコンをクリックで開きます。

使用許諾契約書を確認したら同意をして、セットしたフロッピーディスクに
一枚ずつ順に手順に従ってデータをコピーをして、完成です。

パソコンの部品自体がすでに故障してしまっていて画面が開かない場合は、
一度カスタマーサポートか私設のパソコン修理店に診てもらわれることを推奨します。

Windows XPの起動ディスクでパソコンを回復するには? の続きを読む

Windows7(ウィンドウズ7)のデータ復元を行うには?

Windows Vistaの後続バージョンとして登場したオペレーティングシステム
Microsoft Windows 7(マイクロソフト ウィンドウズ セブン)には今までのバージョン同様に、
以下のようにいくつかの種類のエディションがあります。

HomeBasicホームベーシック、HomePremiumホームプレミアム、
Professionalプロフェッショナル、Enterpriseエンタープライズ、
Ultimateアルティメット、と複数の種類のエディションがあります。

OSが新しくなるとシステムファイルの内容も更新されるために、それまでに使用していた
アプリケーションソフトウェアが古いバージョンであるほど
多少なりとも動作の不具合やバグを起こしてしまう場合もあります。

またウィンドウズ7などの最新のOSではそのままでは対応できないケースもありますので、
互換性の実行によるトラブルシューティングを行ってください。

それらを防ぐため、各ソフトウェアやサポートサービス先のメーカーでは
WindowsのOSの発売とほぼ同時に、新しいオペレーティングシステムにも
対応できるバージョンのソフトウェアをが多くの所で販売・配布されてます。

また、専門業者のデータ復旧サービスセンターも、新しいWindowsのバージョンに
積極的に、サポートの対応を行われています。

Windows7(ウィンドウズ7)のデータ復元を行うには? の続きを読む

Windows Meのファイルシステム復元機能とは?

少し前の世代のマイクロソフトウィンドウズのオぺレーティングシステム:
Microsoft Windows Millennium Edition【Me】ことマイクロソフトウィンドウズ・ミレニアムエディションは、
システムリソースが多く占有する仕組みのためフリーズ(ハングアップ)や
ブルースクリーンのエラートラブルが発生しやすいという難点もありました。

しかしWindowsMEには、98や95など以前のヴァージョンにはない、システムファイルの保護機能
Windowシステムファイルプロテクション】が搭載されています。

うっかり一部のOSプログラムを削除してしまったり強制シャットダウンや停滞等の影響で
壊れてしまってもこのWindowシステムファイル・プロテクションというツールを用いて
MEの復旧や内部データーの改修、復元などの対処を試みる事が出来ます。

Windows Meのファイルシステム復元機能とは? の続きを読む

上書きインストールでWindowsを修復する手順とは?

WindowsのOSのパソコンにシステム障害が起きてどうしても起動できない時は
リカバリCDによって再セットアップをする事で回復できます。

しかし新規インストールで行うとそれまでの全てのデータが出荷時の状態にまで初期化されて、
今までのデータや設定が全て消えてしまうデメリットもあります。

ですがもう一つの復元パターン:【上書きインストール】でしたら、ユーザーが作製・保存した
ファイルや、カスタマイズの状態を維持したまま一定の可能性でシステムを元に戻す事もできます。

パーソナルコンピューター本体

まずはパソコンの取扱説明書(マニュアル)を参考に、
BIOSの設定をWindows CDディスクから起動できるように変更します。

次にCD/DVDドライブにディスクを挿入して再起動して、Windows XP Home Edition セットアップ
(各OSのバージョン表示)の【再セットアップの開始】の画面が出たらEnterキーを押します。

【ライセンス契約】の画面が表示されましたら、F8キーを押します。

【次のインストール済みのWindows ○○の1つが壊れている場合は、
修復を思考できます。】の画面でRキーを押します。

インストールが始まりますので、完了して再起動されるまでお待ち下さい。

上書きインストールでWindowsを修復する手順とは? の続きを読む

Windowsのバージョンアップ後に起こる不具合を直すには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)の最新バージョンは定期的にリリース・販売が行われます。

Windowsは前回のOSバージョンの後継版として上書きアップグレードも可能なものが多いですが、
ある程度以前のOSの場合はクリーンインストールを行う必要があります。

例えばWindowsXPの期間が大変長かったため、
現在でもXP対応のソフトウェアやシステム環境が大変多いです。

大手の開発メーカーより販売されています有名なソフトウェアでしたら最新バージョンに
アップデートされたアプリケーションプログラムを導入することで最新のOSにも対応ができます。

しかし、古いソフトの中には、新しいオペレーティングシステムに
インストールすると、動作に不具合が出る可能性もあるため、互換性のトラブルシューティングの
機能も新しいウィンドウズのバージョンに搭載されてます。

またソフトウェアのバージョンが大分前のものである場合、
新しいWindowsでは完全に機能が使用できる保障がない、というケースもあります。

Windowsのバージョンアップ後に起こる不具合を直すには? の続きを読む

レジストリのリストアでWindowsを起動する方法とは?

Windows」(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムがインストールされた
パソコンを起動して使用している最中に突然のフリーズ(ハングアップ)が
発生して強制終了が起こったり、停電・断線などの障害でUPSがなかったためにパソコンが
閉じてしまうと、カーネルに深刻なエラーなどの問題が起きる可能性があります。

再びPCの電源を入れ直しても、何らかのエラーやシステムの破損でWindowsの画面が
起動できなくなるトラブルが発生したら、どのように対処すればいい?という疑問について。

まず起動直後に、マザーボードのロゴのウィンドウが表示された時に、F8キーを数回押して開ける
(あるいは自動的に表示される)セーフモード画面で
「通常起動する」や「前回起動時の構成」、「セーフモード」などの指示をして、復旧させる手順が使えます。

しかしそれでもウィンドウズが正常に開けずにパソコンが使用できない場合や、
またはその途中でブルーバック画面(ブルースクリーン)が出て止まってしまったり、
ウィンドウズのデスクトップ画面の展開後にすぐシャットダウンしてしまうケースもあります。

そんな時のために、レジストリのリストアという修復機能が用意されています。

レジストリのリストアでWindowsを起動する方法とは? の続きを読む

WindowsXPの起動修復ツールの回復コンソールとは?

Windows XP OSパソコンの起動ファイルMBR(マスターブートレコード)やブートセクタのシステムが
フリーズや強制終了などコンピューターエラーの影響で破損してしまいWindowsの通常起動や
セーフモードから起動できなくなった場合は、Windows XPオペレーティングシステムのCD-ROMに
搭載されている『回復コンソール』というツールによって修復させることができます。

起動までの手順

1:まずはCD/DVDドライブにWindowsディスクを挿入したまま電源を起動する。

2:『セットアップの開始』画面にて『Rキー』を押す。

3:キーボード確認画面で『半角/全角キー』を押す。

4:『以下のキーボードが選択されました』のメッセージが出たら『Yキー』を押す。

5:修復したいOS(主に1番)を選択して『Enter』キーを押す。

6:次の画面でAdministratoのパスワードを設定していない場合はEnter、
 設定している時にはパスワードを入力してEnter。

7:『C:¥WINDOWS』が表示されたら回復コンソールを使用できます。

その後ウィンドウズが正常に起動できたらリカバリー成功です。

WindowsXPの起動修復ツールの回復コンソールとは? の続きを読む

ウィンドウズの古いOSのPCで作成したデータは救出できる?

日本国内、そして世界的にも最も需要の高い、パソコンのOS[オペレーテイングシステム]の
『Microsoft Windows-マイクロソフト ウィンドウズ』には、
それぞれの時期で発売されたバージョンおきに主に以下のような種類があります。

ウィンドウズのオペレーティングシステムのバージョンには、
Windows1.0、Windows2.0、Windows3.0、Windows3.1、Windows95、WindowsNT、
Windows98、Windows2000、WindowsME、WindowsXP、WindowsVista、Windows7、
Windows8、Windows8.1、Windows10、と続いています。

現在はこの中でも特に、XP、7、8.1あたりは最も需要の高いOSです。

ですが、ME、2000、98、95といった旧バージョンのOSもまだ多少の需要があります。

現在発売されている最新レベルのアプリケーションソフトウェアも、まだ旧OSで起動できるものも
多いのですが、逆にカーネルのスペック・動作環境の不測で起動ができないものも多くなってきています。

それでは、旧世代のオペレーティングシステムを使用して作成したファイルを誤って削除したり
フォーマットをかけて喪失してしまったり、そのパソコンが動かなくなってしまう、といったトラブルが
発生した場合は、どうすればデータファイルを救出させることができる?という疑問について。

ウィンドウズの古いOSのPCで作成したデータは救出できる? の続きを読む

Windowsの動作がよく停止する問題を修復するには?

Windowsのパソコンを使い始めてある程度の時間が経ってから、
アプリケーションソフトを起動している間に、30秒~1分ほど急に動作が停止すして
元に戻る症状がよく出てくる不具合は、どのようにすれば直る?というご質問について。

性能の良いパソコンも、1年以上使ってくるとわりとどこかが遅くなったり、一時的にフリーズしたりもします。

Windowsのシステム回復オプションの起動やトラブルシューティングの
マニュアルに沿って対処すれば、ある程度の停止する問題は解決できます。

パソコンケースの排熱のための金網部分に埃やごみが付着していたりすると、
冷却の効率が不十分になり、CPUやHDDの動作を鈍らせてしまう原因にもなりえます。

一度パソコンの外側、内側をともに見直して、簡単に修復できる部分をチェックされてみてください。

エクスプローラーの画面でハードディスクやSSDのボリュームのアイコンを右クリックして
プロパティ→ツールのタブからディスククリーンアップやディスクデフラグ(最適化)をして
整理してみると、システムが停止する不具合が回復することもあります。

Windowswを長く使っていると、レジストリ(registry)というデータベースが
次第に肥大化して読み込みに支障が出てしまいやすくなります。

市販のレジストリクリーナーを使ってレジストリの肥大化を解消されてみる方法もあります。

Windowsの動作がよく停止する問題を修復するには? の続きを読む

Windowsレジストリの復元とバックアップの機能とは?

Windows OSシリーズの『レジストリ』 (Registry読み:れじすとり)とは
Windows-ウインドウズ内部のデータベースで、パソコンを自由に操作するための
OSやアプリケーション設定など大切な情報が書かれたシステムです。

ウィンドウズ8

このレジストリは自分で設定、更新する事もできるのですが誤って必要な
データまで消してしまうとWindowsの操作に支障が出てしまうこともあります。

レジストリを安全に扱うためには?

エラーやウイルス感染、ショート、物理的な衝撃などの要因でレジストリが
破損して内部の設定やデータが読み込めなくなってしまうケースもあります。

そんな万一の事態に備えてあらかじめレジストリをバックアップしたり、
故障した時に前回正常起動時の構成に復元できる機能も備わっています。

Windowsレジストリの復元とバックアップの機能とは? の続きを読む

Windows Vistaのパソコンのデータを修復するには?

Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)とは、Microsoft(マイクロソフト)より発売された
Windows最新のパソコン用OS(オペレーティングシステム)です。

内部バージョンはNT5.1のWindows XPより数段アップした NT6.0で、エディションは主に
Starter(スターター)、HomeBasic(ホームベーシック)、
HomePremium(ホームプレミアム)、Business(ビジネス)、Enterprise(エンタープライズ)、
Ultimate(アルティメット)、HomeBasicN、BusinessN、といった種類があります。

ウィンドウズビスタでの消失ファイル救出方法

Windows VistaはXPや2000に比べると対応しているソフトウェアが少ないのが難点です。
そこで、対応ソフトウェアを2つ紹介します。

一つはAOSテクノロジーズから発売されているデータ復元ソフト
ファイナルデータ 特別復元版

Windows Vistaをはじめ、XP、2000、NT4.0、Me、98、95と幅広く
対応されていて市販のソフトというのもあってリカバリー成功率にも
信頼ができます。値段は各バージョンで10000円前後です。

もう一つは株式会社ジャングルから発売された
完全データ復元PRO2008

ファイナルデータと同じくビスタをはじめ各OSにも対応されています。値段は
10080円(税込)で購入の前に体験版をセットアップしてお試しによる復元のチェックもできます。

Windows Vistaのパソコンのデータを修復するには? の続きを読む

WindowsXPパソコンのデータを復旧するには?

Microsoft(マイクロソフト)のWindows XP(ウインドウズ エックスピー)の
オペレーティングシステムがインストールされたパソコンでデータを誤って消去してしまった場合、
どうすれば失ったファイルの復旧ができる?という疑問について。

モニタ画面

まず、Windows XPのEdition(エデイション)の種類は、大きく二分されていまして、
Home Edition(ホームエディション)とProfessional(プロフェショナル)、他にも用途に特化した
・MediaCenter
・TabletPC
・64-bitItanium
・Professionalx64
・WindowsFundamentals for Legacy PCs
・Embedded
・Starter
といったバージョンがあります。

ちなみにSPとは、Service Pack(サービスパック)の略称で、1,2,3が出ています。

XP-OS[オペレーティングシステム]搭載のパソコンが故障したり
エラーが起きたときの対処法やデータ復元方法もやはり最も多くあります。

再セットアップはWindows XPの修復のツールとして有名なのですが、
HDDに保管してあるデーターが一緒に消えてしまいますので、基本的には
リカバリーディスク以外の方法で基本的にXPでのファイルの復元を行います。

XP-OSパソコンのファイルの復元

現在のデーター回復の市販ソフトウェアはほとんどのものがWindowsXPに対応しています。

また、データ復旧サービスセンターももちろんほぼ全てといっていいくらいに
Windows XPパソコンに対応されています。

シェアが大変優れたOSなので対応のサービスも非常に幅広くあり、
そういった要素でも大変便利なOSといえますので、これからXPのOSが
搭載されたパソコンを購入されてみようかと思われる方にもぜひお薦めします。

WindowsXPパソコンのデータを復旧するには? の続きを読む

ウィンドウズをリカバリーした後でデータは復元できる?

MicrosoftのWindows8や7、Vista、XP、2000など、ウィンドウズのパソコンでカーネルに
異常が発生してしまい、起動ディスクなどを使って再インストール(再セットアップ)で初期化した後に、

・誤って必要なファイルがまだ残っていて一緒に消去してしまった事に気づいた。
・ハードディスクドライブを取り出してデータを先に回収するのを忘れていた。
・ストレージの内部ファイルを先に取り出しできる方法があることを知らなかった。

といった場合に、リカバリーの後からでもデータ復元をする事はできる?という疑問について。

Windowsのディスク

まず、ウィンドウズの再インストールをしたりHDDにフォーマットを掛けた後は、
それ以上新しいデータがセクタに上書きされると、まだ残留している拡張子の痕跡が
上書きされて修復が難しくなっていくため、それ以上の使用はひとまず控えます。

ウィンドウズをリカバリーした後でデータは復元できる? の続きを読む

Windows(ウインドウズ)のOSのデータ復旧を行うには?

皆様はマイクロソフト社のWindowsとアップル社のMac OS X、LuinuxのUbuntuなど、
どちらのカーネルがインストールされたパソコンをお使いでしょうか?

世界的にはWindowsの方がやはり普及率が高いですが、ウィンドウズにも
今現在にかけて多くの種類のOS(オペレーティングシステム)のバージョンが存在します。

下記にて各Windows OS(ウインドウズ・オーエス)の種類をまとめてみました。

歴代ウインドウズの型番

まずはWindows1.0からはじまり、Windows2.0、Windows3.0、Windows3.1、と続きます。

次にWindows95、WindowsNT、Windows98、Windows2000、WindowsME、と出て、

そしてパソコンがよりメジャーになったWindowsXP、WindowsVista、Windows7、
Windows8、Windows8.1、Windows10、というバージョンになります。

特にウィンドウズのVistaや7以降は、美麗なデザインで、これから先も期待です。

64bitのWin8

Microsoft Windowsのパソコンを使用していると、やはり日々の操作の中で
膨大なデータファイルを取り扱います。

これらをもし、うっかり間違えて必要なファイルを削除してしまった時のために、
ウィンドウズでは予備の保護機能が複数、サービスの標準として搭載されています。

また、市販のユーティリティを用いて、便利なデータ復旧の機能を拡張することもできます。

まず、デスクトップ画面の「ゴミ箱」のアイコンを開くと、これまでにエクスプローラーの画面から
削除したファイルやフォルダーがこちらに表示されます。

エクスプローラーやダイアログボックスの画面でデータを消去する動作を取ると、
通常はWinowsのデスクトップ画面上に、「このファイルをゴミ箱へ移動しますか?」
といったメッセージ(バルーン)が出てきます。

コンピューター上からはすぐには消えないので、後から復旧する事もできます。

ゴミ箱フォルダーの中のまだ使うファイルを選択して、
「選択した項目を元に戻す」のメニューを押すと、以前のフォルダーの位置に戻る形で、
消えたデータの復旧が完了します。

ゴミ箱を空にして削除してしまい、しばらく時間が経ってからファイルの復元をする必要が
出た場合は、専門のデータ復旧サービスで状態を見てもらうことをおすすめします。

Windows(ウインドウズ)のOSのデータ復旧を行うには? の続きを読む