「RAID・ミラーリング」のページの案内

『RAID・ミラーリング』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

外付けのRAIDケース


「RAID・ミラーリング」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「RAID・ミラーリング」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

MacパソコンでRAIDのハードディスクのデータを復旧

AppleのmasOSやMac OS Xがインストールされた、MacBook Air/Pro(マックブックエアーまたはプロ)や、
iMac(アイマック)、Mac Pro(マック・プロ)といったパソコンで使用する、
RAID(Redundant Arrays of Independent Disks)から、間違えて必要なファイルを削除してしまったり、
読み込みができなくなった時は、どのようにすればデータを復旧することができる?という疑問について。

ゴミ箱やバックアップ、クラウドからファイルを元に戻す

まず基本としまして、masOS(マック・オーエス)などのオペレーティングシステム(Operating System)には、
Microsoft Windowsと同じく、ゴミ箱(Recycle Bin)の機能が搭載されています。

Macパソコンでのゴミ箱の機能は、パソコンに内蔵されたハードディスクドライブやSSDのほか、
外付けのRAID(リダンダント・アレイズ・オブ・インエクスペンシブ・ディスクズ)にあるHDDや、
USBメモリー、SDカードといったストレージで、Finder(ファインダー)の画面から、
削除の操作をしたファイルやフォルダーは、すぐに消去されずに一旦移行する仕組みです。

ゴミ箱のフォルダーを開いて、対象の必要なデータファイルの拡張子がありましたら、そちらを選択します。

そして「元に戻す」の入力で、ハードディスクの以前の場所にファイルを復旧(restitution)することができます。

また、Macのオペレーティングシステム(Operating System)に標準で搭載されている、
データのバックアップの機能である「Time Machine」(タイムマシン)や、
オンラインストレージ(online storage)の「iCloud Drive」(アイクラウド・ドライブ)を、
事前に設定されていましたらそちらを開いて、データの引き出しによる復元をされてみてください。

予備のファイルがどこにもなかった場合でも、まだ市販のソフトウェアを使用したり、
専門の復旧のサービスに注文をして、表示が消えた拡張子のデータを修復することができます。

MacパソコンでRAIDのハードディスクのデータを復旧 の続きを読む






冗長性がない状態のRAIDからHDDのデータを失った時の復旧

RAIDの装置を、パソコンや外付けのケース、NAS、サーバーといった機器で普段運用をしている際に、
余剰のデータが残っていない時点=冗長性(Redundancy/リダンダンシー)がない時点で、もし何かのトラブルが起こり、
ファイルが消えてしまったりボリュームが読み込めなくなったら、どうすれば復旧できる?という疑問について。

冗長性の性質がないRAID0のハードディスクが故障したら?

まず、複数台のハードディスクドライブ、またはSSDを一つのボリュームとして合わせて実装する形で運用する、
RAID0(レイドゼロ)は、RAID1(ミラーリング)や5、6~と違い冗長性の性質がない方式です。

そのため、一台のストレージが故障したら、壊れたHDDやSSDを入れ替えてのリビルドによる回復ができません。

なので基本的には、事前に別の外付けハードディスクケースやDVD-R、NAS、
またクラウドサービス(cloud)といった場所に、データのバックアップを保存していることが重要になります。

パソコンのローカルディスクとしてRAID0を使用していた場合でしたら、
Windowsのファイル履歴や、MacのTimeMachine(タイムマシン)、クラウドストレージの専用フォルダーなどに、
必要なデータが保存されているかどうか、確認をされてみてください。

必要なファイルが、ボリュームから完全に表示が消えてしまっても、
まだ専門のアプリケーションソフトやサポートの事業の方で、修復ができる見込みがあります。

冗長性がない状態のRAIDからHDDのデータを失った時の復旧 の続きを読む






破損したRAIDの筐体は分解して修理できる?

パソコンなどの予備のデータ記憶装置として、外部でUSBケーブルでの接続で読み込みして使用する、
ハードディスクやSSDが複数収納されているRAID(レイド)を、専用ケースまたはPC本体への内蔵でお使いの際に、
ある時、筐体の内部パーツが破損したり老朽化するなどで故障してしまい、
ディスクアレイが動かなくなった場合には、分解をして修理することはできる?という疑問について。

RAIDケースのエラーや故障の状態を確認するには?

まず、破損したRAIDケースのどの部分に、どのようなエラーや故障が発生しているかを、
I-O DATA(アイオーデータ)やLogitec(ロジテック)、ラトックシステム(RATOC Systems)といった、
各製品の取扱説明書、またはメーカーのホームページで確認して、
現在で点灯・点滅している、それぞれの不具合を表したランプの色などを調べて確認をしてください。

長くRAIDのドライブ装置を使っていると、冷却ファンの周りに埃やゴミが溜まり、
正常に排熱ができなくなって筐体が過熱して破損しやすくなります。

そのため、だいぶ汚れが出ていたら、クリーニング用のペーパーや綿棒で掃除します。

プロペラの部分は、ドライバーを使ってRAIDケースを空けて、汚れを取り除きます。

また設定や清掃の作業は、パソコン関連のサポートの事業にて代行をしてもらうこともできます。

破損したRAIDの筐体は分解して修理できる? の続きを読む






RAIDの本体が破損してデータが開けない時に復旧するには?

二基以上のハードディスクドライブやSSDに、データを多重化(冗長化)して保存をするシステムである、
「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)を普段使用している際に ある時、
パソコンの外部にあるRAIDケースの本体が物理的に破損してしまい、読み込みができなくなったら、
ボリュームの内部に保存されたデータファイルを復旧することはできる?という疑問について。

RAID本体のどの部品や付属品が故障しているかどうかを確認

まず基本としまして、RAIDケースの製品を購入された時に付属の取扱説明書を取り出します。

RAIDケースの電源ボタンを押してから、正面の位置やモニターにあるランプが、
通常と異なるオレンジ色などに点灯・点滅している場合は、光り方を見て、
どのようなエラーまたは故障の不具合が発生しているかどうかを確認してください。

特殊なモードになった場合は、何割かの状態は適切な処置ですぐに修復することができます。

電源コード、またはACアダプターといった付属品が破損していると思われる場合は、
別の電子機器のACアダプターは使わず、必ず故障したものと同じ製品の専用のアダプターを、
メーカー先から取り寄せて交換をしてください。

一方で内部の重要な部品が破損している場合は、基本的には一般のユーザーでは直せないため、
コンピューターの修理サービスにて、部品の換装によるレスキューの作業を注文されてみてください。

RAIDの本体が破損してデータが開けない時に復旧するには? の続きを読む






故障したRAIDケースは分解で修理してデータを復活できる?

ハードディスクに物理的な故障が発生して、データが読み込みできなくなるトラブルを防ぐために、
複数のHDDを組み合わせて多重化・仮想化してデータを保存するシステムである、
RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、ファイルやフォルダーの保護に大変役立ちます。

しかし、外付けのRAIDケースのタイプとして使用している筐体のコントローラやスイッチといった、
どこかのパーツが故障してしまい読み込みできなくなった場合は、ケースを分解して修理することで、
保存されたデータへの接続を復活させることはできる?という疑問について。

RAIDのケースが故障した時に修復をするには?

まず、購入したRAID(レイド)の製品がメーカーまたは店舗の保障期間内であった場合の対処法について。

ひとまず、個人で故障した筐体の分解による修理を試みると、その後、保証期間がまだ残っていても、
有償でしか修理のサービスが受けられなくなる可能性があるのでご注意ください。

普通のプラスドライバーで回るネジが使用されて組み立てられている筐体であれば、
ケースの分解自体はさほど難しくはありません。

ですが、肝心のパーツが破損していると、HDDにあるデータの読み込みの復活のための、
交換できる代わりのパーツ自体が入手するのが難しい場合があります。

基本的には、販売メーカー先のサポートに問い合わせて、故障を直してもらわれることが無難です。

先に保管されているデータを復活させたい、という際も、プロのデータ復旧センターに注文をして、
HDDから必要なファイルを抽出してもらわれることが、最も安全な解決方法になります。

故障したRAIDケースは分解で修理してデータを復活できる? の続きを読む

RAIDの基板が壊れた時にデータの救出はできる?

ハードディスクドライブの物理障害の対策として、HDDを多重化してデータを保存する、
「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive Disks/レイド)を使用している際に、
ケースに内蔵されている基板(コントローラーボード)が ある時 故障したと思われる場合に、
データの救出をすることはできる?という疑問について。

RAIDコントローラが破損していた時は?

まず、RAIDのコントローラーボードが破損すると、コンピューターに認識されなくなります。

そのため、そのままでは仕組みとしてデータの読み込みができなくなり、
多くの場合、ユーザー個人では読み出しの復帰ができません。

また、システム面でも同時にディスクアレイが崩壊していてデータが開けない状態の可能性があります。

赤いランプが複数のドライブベイの箇所で付いたり、パソコン上でも複数のディスクでのエラーの表示が出ると、
HDDを入れ替えても直らない場合が多く、特に注意です。

コントローラーが故障すると、新しい基板に交換しなければ直せないのですが、
パソコンのマザーボードと違い、RAIDケースの場合は市販では基本的に売られていません。

そのため、基本的にはRAIDケースをメーカーの修理に出して、壊れた基板を換装することで直してもらうことになります。

ですが、それまで保存していたデータはセキュリティ上、初期化により消去されます。

そのため、先にRAIDのハードディスクドライブに残っている読み込みできなくなったファイルを取り出ししたい、
という時には、専門事業のデータ復旧サービスセンターに出して、見てもらうのが最も安全です。

RAIDの基板が壊れた時にデータの救出はできる? の続きを読む

RAIDでデグレードモードと表示された時に復旧するには?

ハードディスクを複数台使用する機器には、ファイルを多重化して保存するRAID(レイド)のケース、
またはそのRAIDシステムが搭載されたパソコンや、NAS(ネットワークドライブ)である、
TeraStation(テラステーション)やLinkStation(リンクステーション)などの製品があります。

それらのコンピューターを日々、自宅もしくは自社でお使いの際に、ある時モニターに、
「DEGRADE MODE」(デグレードモード)で動作中です、といったエラーメッセージが表示された時には、
どうすればRAIDのデータの読み込みを復旧することができる?という疑問について。

デグレードモード(DEGRADE MODE)の状態の意味とは?

まず、デグレードモードとは、「劣化した(機能上の)形態」という意味です。

RAIDに搭載されている複数のハーディスクのうちの一台、または一グループが故障しているか、
認識できない障害が起きている状態です。

そのため、RAIDにデグレードモード(degrade mode)と表示された時はすみやかに、
故障したハードディスクを新しいものに交換して、再構築する必要があります。

自身ではあまり換装作業といった形で機器に触れたくない、という際には、
プロのデータ救出のサービスを実施されている事業の方にて、
復旧作業の注文をして見てもらわれることを推奨します。

RAIDでデグレードモードと表示された時に復旧するには? の続きを読む

RAIDアレイの再構築で消えたデータを復旧するには?

デスクトップパソコンやRAIDケース、サーバ、NAS(ネットワークストレージ)といったコンピューターの機器で、
データ記憶装置のハードディスクドライブを多重化して二台以上に同じデータを書き込んで安全性を高める、
RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)を使用すると、ファイルをある程度保護できます。

しかし、RAID0からRAID1、RAID1からRAID5など、ディスクアレイの構造を再構築して使い直す作業を行った際に、
誤って前の状態の時に保存していたデータをバックアップせずに再構築をして、
フォーマットをかけてしまいHDDやSSDの中身のファイルやフォルダーがすべて消えてしまった、
といった場合には、後からデータ復旧をすることはできる?という疑問について。

予備で取ってあったバックアップデータを探してみる

まず、どこかに予備のバックアップデータが取ってあったかどうかを一通り確認してください。

たとえばパソコンのハードディスク・SSDの内部やデジタルカメラのメモリーカード、
またはインターネットのホームページなどのファイルマネージャーやクラウドサービスといった、
別の場所に別のバックアップ先や、元となったオリジナルのデータがまだどこかに残っていれば、
そちらを引き出して、ディスクアレイに保存されていた分のファイルをバックアップし直してください。

また、Windwows11、10、8の「記憶域プール」などで作成したディスクアレイが破損した場合は、
ほかの標準機能である「ファイル履歴」や「バックアップと復元」「OneDrive」など、
別のツールでバックアップしたデータが取ってあることも多いので、ひとまず探してみてください。

必要なファイルのバックアップがどこにもなかったら、うっかりディスクアレイを再構築して、
初期化させたRAID(レイド)は一旦、なるべくそれ以上は動かさずに電源を切っておいてください。

一番確実な修復の方法としましては、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、
再構築したRAIDのHDDのチェックと、消えた拡張子のサルベージの措置を行ってもらわれることを推奨します。

RAIDアレイの再構築で消えたデータを復旧するには? の続きを読む

RAIDのHDDが認識しない時にデータの読み込みを復旧

ハードディスクを複数台に多重化してデータを書き込み、物理障害への耐性を強める、
『RAID』(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)のシステムをご使用の際に、
HDDが正常にコンピューターに認識しない状態で、データを開いたり新しく書き込めない時には、
どうすれば復旧することができる?という疑問について。

ストレージの接続の状況やフォーマットの状態を確認する

まず、一度RAIDケースやNAS、または複数台のHDDを内蔵しているパソコンの電源を切ります。

そしてRAID(レイド)の本体の蓋を開けて、ハードディスクがそれぞれ、
正常に基板のインターフェースに差し込まれているかどうかを、一台ずつ確認してください。

特殊なエラー音が鳴ったり、エラーランプが点灯していて認識しない状態になった時には、
RAIDケースやNASの商品の取扱説明書に沿った解除方法を試してみてください。

パソコン本体に予備のハードディスクやソリッドステートドライブを増設して、
RAIDとして多重化(冗長化)の構成にしようとしたら、
エクスプローラーで正常に開けず認識しない、という時は、ファイルシステムのフォーマットが、
WindowsやMacに対応されていないもので書き込みされている場合があります。

パソコン以外のコンピューターで使われているHDDには多い事例で、その際には、
たとえばWindowsのOSの場合であれば、
コントロールパネル→管理ツール→コンピューターの管理→「ディスクの管理」を開きます。

対象のハードディスクが正常に表示されていましたら、「フォーマット」をして、
Windows対応の「NTFS」または「FAT」に書き換えすることで、認識できるようになります。

RAIDのハードディスクの読み込みができずに、内部のファイルがバックアップできていなかった場合は、
それ以上はHDDを動かさず一度外して、RAIDに対応されたデータ復旧サービスで救出してもらうことをおすすめします。

RAIDのHDDが認識しない時にデータの読み込みを復旧 の続きを読む

RAIDのエラーの障害を修復してデータを救出するには?

複数のハードディスクドライブまたはSSDに、同じデータを同時に書き込みして保存する、
ディスクアレイ(disk array)のシステムを導入した補助記憶装置である、
RAID』(レイド)を日々お使いの際に、
ある時 急に、何かのエラーの障害が発生して読み込みが正常にできなくなることがあります。

その時には、どうすればディスクアレイ上でのトラブルの障害から修復をしたり、
保存されたデータを救出することができる?という疑問について。

RAIDの障害の原因をチェックして対応するには?

まず、BUFFALO(バッファロー)のDriveStation(ドライブステーション)のように、
外部のデータ記憶デバイスのRAIDケースをお使いの場合、本体のアクセスランプ/エラーランプの点灯の仕方や、
パソコンに接続した時にデスクトップの画面から出る、メッセージの表記などによって、
どのような障害が発生したか、問題の原因と具合を ある程度までチェックして判別することができます。

RAIDケースの冷却ファンのプロペラ部分や、金網の排気口にホコリが溜まっていると、
排熱が上手くいかずに、高熱による障害を引き起こすおそれがあります。

そのため、長く使っていて異物がたまってきたら、定期的に掃除をして除去してください。

また夏場で気温が暑くなりやすい部屋や、熱や湿気のこもりやすい位置に、
コンピューターの機器を配置するのも良くないため、
ある程度下の方の位置に、すき間を空けて置かれておくことが望ましいです。

元通りに冷却ができるようになると、RAIDの筐体の状態が回復して、
データも再び読み込めるようになって、そのまま内部のファイルを救出できる可能性もあります。

一方で、RAIDやそれを搭載したNASといった複雑なシステムの周辺機器からデータを失った際には、
プロのデータ復旧サービスでのみ対応ができてファイルを復元できる、という場合もよくあります。

RAIDのエラーの障害を修復してデータを救出するには? の続きを読む

RAID1から削除したデータファイルを復元するには?

ハードディスクSSDを2台以上用いて、デジタルデータをそれぞれのHDDなどに同時に書き込み、
ファイルを二重化(ミラーリング)して、物理障害などのトラブルの対策に備えて安全に保存する、
RAID1』(レイドワン)の方式を導入して、冗長化を行って使用していくと非常に安全です。

しかしその使用中に、誤ってパソコンのエクスプローラーやFinder、ダイアログボックスなどの画面で、
必要なファイルを削除したり、コントロールパネルやプロパティの画面でボリュームを間違えて、
フォーマットを掛けたり、RAID方式を変更してしまうと、記録していたデータが消えてしまいます。

そんな時に、RAID1に組み込まれたハードディスクドライブやSSDのディスクアレイを、
操作のミスで再構築による変更をして初期化したり、間違えて必要なファイルを削除した後で、
ボリュームから消えたデータを復元するには、どのように対処をすればいい?という疑問について。

ハードディスクやSSDからゴミ箱に移動したデータを元に戻す

まず、市販のケースの製品、または自作で組み合わせたり専門のサービスで設置してもらったRAID1の、
ディスクの内部で削除したファイルは、RAID(レイド・ワン)の設定を行ったソフトウェアや、
パソコンのオペレーティングシステム、または外部のファイルサーバの製品などによっては、
削除したファイルが「ゴミ箱」のフォルダーに、一度移動するようになっているものも多いです。

たとえば、Windows11や10、8/8.1のコントロールパネルに備わっている『記憶域プール』の機能で、
2つ以上のHDDやSSDの物理ドライブから作成したプールのボリューム内では、
消去したファイルが一度「ごみ箱」に移行するので、デスクトップから開いてみてください。

移動している拡張子を見つけて、そちらを選択して右クリックをして「元に戻す」を押すと、
前にあったローカルディスク、またはリムーバブルディスクの保存場所に復元できます。

あるいは、お手持ちのSDカードやUSBメモリ、外付けハードディスクや、ワンドライブのクラウドといった、
別のストレージに一部の同じデータが残っているかどうかも、見直されてみてください。

またLinkStationやTeraStation、LANDISKなどのNAS(ネットワークアタッチストレージ)の製品によっては、
常備されているRAIDでも、パーティションの内部にゴミ箱フォルダーが初期値で作られているか、
ファイルを何か削除した時に、新しくゴミ箱が作成される仕組みになっています。

またポータブルハードディスクといった拡張ボリュームに、事前にバックアップを設定していれば、
そちらに画像やエクセル、ワードといった予備のデータがまだ残されている可能性もあります。

そして一度そちらにデータが移動する、というシステムが標準で組み込まれている場合もあります。

またNASから消えたデータファイルも、専用のソフトウェアや専門のサービスで復旧できる見込みがあります。

RAID1から削除したデータファイルを復元するには? の続きを読む

RAIDから消去したデータファイルを復元するには?

RAID(Redundant Arrays of Independent Disks)のシステムに組み込まれた、
ハードディスクドライブにあるディレクトリから、操作のミスで必要なファイルやフォルダーを削除したり、
誤ってディスクアレイの再構築をしてフォーマットを掛けてしまった時に、
HDDから消去したデータの復元をするには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

RAIDのストレージから削除したデータの復旧をするには?

こちらの一例では、バックアップ用に使っている「RAID5」(レイドファイブ)のストレージから、
必要なファイルを削除ミスなどで消去してしまった場合に、
Windowsのパソコンからデータの復旧を実行する手順を解説いたします。

今回、作業の実践に使用したのは「株式会社インターコム」で開発・販売されている、
Superファイル復活4」というソフトウェア製品です。

こちらはハードディスクの多重化構造になったRAIDドライブからの、ファイルの検出も可能な仕様となっています。

RAID(リダンダント・アレイズ・オブ・インディペンデント・ディスクズ)は、
読み込みの高速化や、内部のデータ保存の多重化(冗長化)による保護のために、
複数台のハードディスクを1台にまとめて仮想化して使うことの多い、特殊なシステムとなっています。

そのため、市販のユーティリティーの一部は、RAIDのディスクアレイのドライブのスキャンには、
ファイルシステムのフォーマットの関係などで、復元に対応されていない場合もありますのでご注意ください。

その際には、プロのデータ復元サービスに出してサルベージの作業を行ってもらうことが、より確実な方法になります。

RAIDから消去したデータファイルを復元するには? の続きを読む

Windows11や10のパソコンのデータをRAID5にバックアップ

Microsoftの新しいオペレーティングシステムである「Windows11や10、8/8.1」(ウィンドウズ11、10、8)には、
これまでのWindows7やWindows XPと大きく違った、
システムや個人ファイルのバックアップ用のユーティリティーが複数、標準で搭載されています。

それらの機能を駆使して、安全性と高速化、大容量化の特性をそろえて実現した、
外付けハードディスクのRAID5を用意して、バックアップ(backup)を取る作業を実行すると、
HDDの故障のリスクも抑えられるので、だいぶ安全してデータを保管できます。

でもRAIDなどの大容量記憶デバイスを新しく買って、そこにこれまで使ってきた、
Windowsのパソコンのシステムの状態や、個別のファイル・フォルダーをすべて綺麗に整えて保存するには、
具体的にどういった組み方を実行して、データの書き込みをしていけばいい?という疑問について。

RAID5のディスクアレイを設定するには?

まず、S-ATA(エスアタ)方式のハードディスクドライブを4台搭載した「RAID5」(レイドファイブ)に、
Windows 11ないし10・8のパソコンの、内蔵のSSDや増設して設置したHDDの中のすべてのデータを、
最初からすべてバックアップする作業の一例を、今回の実践の手順になぞって紹介していきます。

こちらの実例では、Windows11/10/8(ウィンドウズイレブン・テン・エイト)のパソコンに内蔵されている、
ハードディスクドライブやSSDに記憶された必要なファイルやフォルダーを、
RAID5(レイド・ファイブ)のHDDに、データのバックアップを実行する方法について解説いたします。

BUFFALO製のRAID対応の外付けハードディスク(4台)の、
『DriveStation』(ドライブステーション)を、データ多重化の方式で使用します。

最初にDriveStationを買って、箱を開けた段階ですでにS-ATA方式の3.5インチ型HDDが4台入っていて、
初期状態では「RAID 5」の方式にディスクの状態が設定してあります。

ご自身で最初からRAIDのシステムを組み立ててみる場合は、複数のハードディスクをパソコンに、
USBケーブルで接続してから、コントロールパネルの「記憶域プールの設定」の機能で作成できます。

またはRAID管理ユーティリティーなどの、ディスクアレイ(Diskarray)の構築用のオプション機能を、
付属のディスクかパソコン関連の店舗で購入して入手をして、
Windows11や10、8にバックアップの設定を行ってみてください。

またはパソコンに関する専門のサポートの事業で、データのバックアップや移行、
ほか失ったファイルの復元(リストア)の作業をしてもらうことができます。

Windows11や10のパソコンのデータをRAID5にバックアップ の続きを読む

RAID5の設定でデータを保存して後から復旧するには?

近年のハードディスクドライブやSSDの製品は、丈夫で安全性に優れているものの、
いつ急に故障して読み込めなくなるかはやはりわかりません。

そこで、「RAID5」(Redundant Arrays of Independent Disks)のシステムを運用して、
ハードディスクないしSSD(ソリッドステートドライブ)のどれかが故障した時に、
後からデータを復旧するにはどのように対処をすればいい?という疑問について。

RAID5を導入してハードディスクやSSDを冗長化する手法とは?

まず、日々のHDDやSSDでのデータの更新によるわずかな差分のファイルでも、
何かのトラブルで失うのを防ぐためには、余裕があれば冗長化を施すRAID1やRAID5、
あるいはそれらが設定されたNASでのバックアップと、データの回復による運用をおすすめします。

こちらの説明では、Windowsのパソコンで、BUFFALO(バッファロー)から発売されている、
RAIDの機能が搭載された外付けハードディスク『DriveStation』(ドライブステーション)を使った場合の、
主な設定とデータの保存、バックアップした分からの復旧の手法について解説いたします。

パソコンやサーバー、モバイルコンピューターなどの電子機器で、個人・法人を問わずに取り扱う、
大量の「電子データ」は、複数のハードディスクに同じファイルやフォルダーを書き込んで、
冗長化して保存する『RAID』の機能でバックアップを作ると、物理障害に対して安全性が高まります。

特に「RAID5」(レイドファイブ)の方式は、3台以上のHDDやSSDを使って、
読み込みや書き出しの高速化と、ドライブの故障からデータを守る、
高い信頼性の双方での実現によって、快適かつ安全に運用していくことが可能です。

一方で、もしバックアップの設置を行う前に重要なファイルやフォルダーを失ってしまった時は、
専門のデータ復旧のサポートの企業にて、救出の作業をしてもらうことができます。

RAID5の設定でデータを保存して後から復旧するには? の続きを読む

Windows11や10の記憶域プールで外付けHDDにRAIDを構築

Microsoftのパソコン用のオペレーティングシステムである、
Windows11、10、8/8.1(ウィンドウズイレブン、テンまたはエイト)やWindows Serverには、
ウィンドウズの7までにはなかった、記憶域プール(StoragePool)という新機能が搭載されています。

この機能を使用して、ストレージを冗長化(二重化)してデータを保存するには、
どのように設定をしてRAIDを構築すればいい?という疑問について。

Windows11や10、8の記憶域プールでデータを保存

まず、この記憶域プールの機能を使うと、外付けのハードディスクやSSDに、
「RAID」と同じシステムを構築して、複数のHDDに同時にデータを保存したり、
一つの仮想ストレージのドライブとしてまとめて大容量化することができます。

例えば「RAID0」(ストライピング)のように、仮想ストレージを構築すれば、
二つ以上のHDDを全部合わせた合計の容量を、1台のデータ記憶装置として使えます。

Windows11や10、8、Serverで、ストレージを「RAID1」(ミラーリング)のように設定すると、
ファイルやフォルダーを、2つ以上のHDDに二重化して保存することができます。

そのあと片方がもし故障しても、もう片方から新しく交換したドライブに、
リビルド(再構築)をして復旧させることもできます。

また、コンピューターのサポートの方で、設定を行ってもらえるサービスが用意されているところもあります。

Windows11や10の記憶域プールで外付けHDDにRAIDを構築 の続きを読む

RAID10を構築してHDDのデータを復旧できるように設定

ディスクストレージシステム(Disk storage system)のRAID 10(レイド・テン)を構築して、
複数のハードディスクドライブにデータを多重化(冗長化)する形で、バックアップをする形で保存して、
HDDのファイルやシステムの安全性を向上する設定を施す、ストレージの運用の方法とは?という疑問について。

RAID10で構築する仮想ドライブとは?

まず、例えばRAID1の構築で8台のハードディスクを2グループの仮想ドライブに分けてデータを記憶する設定よりも、
RAID10の構築で4グループ(2台おき)の仮想ドライブに分けてデータを保存する設定にした方が、
HDDがいつか故障した時のリスクが低くて済みます。

※RAID5の場合も、例えば4台のハードディスクの中に「パリティ」(誤り訂正符号)を作成して、
一つの仮想ドライブとして統合して、3台分近い容量でデータの保存に使う、といった設定で構築します。

もちろん、RAID1も容量が多く使えますし、2台以上のハードディスクが同時に故障する確率は低いのですが、
安全性ではやはり、RAID10やRAID5、RAID6などの設定が大変優秀です。

この場合も、壊れた1台のHDDを新品に取り換えて差し込めば、次に電源を起動した時に、
リビルド機能が働いてデータが元通り、4台のハードディスクに復元されます。

万が一、RAID10の本体も壊れていて、一つのHDDを交換した後のリビルドができなくなっている場合は、
販売元のカスタマーサポートかデータ復旧サービスセンターにケースごと持って行って、
リビルドやファイルの取り出しの代行作業を行ってもらうこともおすすめします。

RAID10を構築してHDDのデータを復旧できるように設定 の続きを読む

RAID0が故障した時にデータを復旧するには?

RAID 0』(レイドゼロ/ストライピング)とは、
複数のハードディスクにデータを分散させて保存して高速化させる一つの運用技術です。

HDD一台あたりにファイルの書き込みや読み出しをする量が下がるため、
コンピューターの処理速度が速くなり、より快適に使いやすくなります。

主にパソコンのローカルディスクやサーバ・NASなどの機器を高速化するために導入します。

ですが、もしシステムまたはハードウェアの問題で故障して、データが読み込みできなくなった時に復旧をしたり、
間違えてファイルを削除した時に復元をするには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

RAID0のハードディスクが故障したら?

まず、RAID0の欠点として、ディスクアレイ(HDDの集合体)の構成は、
同じデータをミラーリングで複数のハードディスクドライブにコピーする、
『RAID1』や『RAID5』と違い、すべての台を一つの記録装置として使用することになります。

そのため、RAID0に導入しているHDDのうち、ハード・エラーや物理障害によって、
どれか一台でも故障すると、RAID0へのディスク・アクセスが出来なくなってしまいます。

RAID1やRAID5の場合、どちらか片方のグループのハードディスクが1基壊れただけなら、
まだ故障していないもう片方のHDDに、まったく同じデータの内容が保存されています。

そのため、故障した方のHDDを取り換えてリビルド(再構築)すれば、元通りに復旧できます。

ですがRAID0の場合だと、複数台を1台のデータ記憶装置として使います。

もしHDDのどれか一つが故障すると、システム全体が破損した状態になって、
パソコンやサーバから、データファイルやフォルダーが読み込めなくなります。

ですが、まだ適切な処置をするか、専門のサービスにて復旧ができる見込みがあります。

RAID0が故障した時にデータを復旧するには? の続きを読む

RAID6のHDDが故障した時にデータを復旧するには?

RAID 6(レイド・シックス)のディスクアレイ(Diskarray)が破損して開けなくなってしまったり、
RAIDのハードディスクケースのコントローラ(基板)といった回路が故障してしまい、
HDDに保存されているファイルが読み込みできなくなった時に、搭載されたハードディスクドライブの、
内部のデータを保護・復旧するには、どのように対処をすればいい?という疑問について。

ハードディスクのヘッドクラッシュの物理障害とは?

まず、ハードディスクドライブの運用技術の一つである「RAID 6
(総称:Redundant Arrays og indepemdent/Inexpensive Disks 6)は、
複数台のHDDを組み合わせて、一つの大型のデータ記録装置として使用するシステムです。

ディスク・アレイの構築には、HDDが4台以上必要なので初期費用は少しかかるのですが、
その分、物理障害に対する安全面における信頼性も非常に優れたRAID方式です。

普通、RAID6(リダンダント・アレイ・オブ・インデペンデント/インエクスペンシブ・ディスクズ)での、
ハードディスクドライブが同時に2台以上故障するトラブルは、災害などのアクシデントを除いては少なく、
どれか1台がヘッドクラッシュの物理障害で破損して、データが開けなくなるパターンがよくあります。

しかし、その1台の故障に気づかず壊れたHDDを放置しているうちに、
別の1台がその影響の有無に関わらず、またストレージが故障してしまうと、
そのRAIDからはこれまでに書き込んだデータやOSが読み込めなくなってしまいます。

また、もし筐体そのものが電圧の負荷や災害などの影響でHDDが破損してしまった場合は、
RAIDケースごとプロのデータ復旧サービスに出して、内部ファイルの抽出作業をしてもらわれることを推奨します。

RAID6のHDDが故障した時にデータを復旧するには? の続きを読む

RAIDで喪失したデータをサルベージするには?

RAID(レイド:Redundant Arrays of independent Inexpensive Disks)は、
数台のハードディスクドライブを組み合わせることでコンピューターの大容量化、
読み込み速度の高速化、そしてデータの冗長化によって、安全性の向上を実現した装置です。

ですが、もしRAIDのディスクユニットが破損した時にデータを復旧したり、
間違えて消去したファイルをサルベージするには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

RAIDのディスクユニットの冗長性とは?

まず、RAIDは複数のHDDのディスクユニットに同時にデータが書き込まれて冗長化されています。

そのため、もしもどれか1台が破損したとしても他の装置から読み出して、
そのままシステムを中断させることなく、作業を続行することも可能です。

また、RAID0(ストライピング)の規格では、データを分散して書き込んでいるのみなので、
物理障害への耐性は普通のパソコンより冗長性は低いのですが、
RAID1(ディスク・ミラーリング)以降の規格であれば、
故障したHDDの代役になります。

一方で、間違えた操作でRAID自体からファイルを削除すると、
冗長化したHDDすべてのディスクアレイから、同じデータが消えてしまいます。

ですが、まだ市販のアプリケーションソフトやサービスの事業で、修復できる可能性があります。

RAIDで喪失したデータをサルベージするには? の続きを読む

外付けHDDのミラーリングでデータを復旧するには?

パソコンやサーバをはじめとするコンピューターの装置は、どこか一部のパーツ、
特にハードディスクに故障が起こると、使用できなくなるばかりか、データの読み込みも出来なくなってしまいます。

その対策として、HDDの回路の破損によるデータのアクシデントに少しでも耐えるための「ミラーリング」こと、
フォールト・トレランス(fault tolerance)の機能を組み込むことで、ある程度の対策ができます。

そこで、壊れたHDDを交換してデータを復旧できるようにする手法とは?という疑問について。

外付けハードディスクをミラーリングで運用

まず、RAIDやディスクミラーリング、クラスタリングなどの多重化(冗長化)の機能を設定しておくことで、
もしどこかのシステムが故障した時にも、そのまま正常な稼動を継続できるように対策が施されたマシンを、
フォールト・トレラント・コンピューター』、またはRAIDと呼びます。

その方法の一つである、二台の外付けのハードディスクドライブ同士の共有領域に、
まったく同じデータを書き込んで二重化して、マシンの物理的な安全度を上げて保存する、
ディスク・ミラーリング(disk mirroring)の運用は、中でもメジャーな手法です。

ですが、もしRAIDを構築する前にすでにハードディスクが破損して開けなくなっている場合は、
専門のデータ救出のサポートの事業に問い合わせて、復旧をしてもらうことができます。

外付けHDDのミラーリングでデータを復旧するには? の続きを読む

RAID1(レイドワン)のデータを復旧するには?

二台のハードディスクドライブに同じデータを保存して冗長性を付けて運用する、
RAID1のシステムを構成したディスクアレイで、片方のHDDが壊れた時にリビルドをして読み込みの修復をしたり、
ミラーリングの崩壊といった問題が起きて、レイド・ワンのデバイスが認識しなくなった時に復旧をしたり、
間違えて必要なファイルを削除した時に復元をするには、どのように対処をすればいい?という疑問について。

ミラーリングにより再構築できるようにする対策とは?

まずRAID1とは、2個以上のHDDに、同時にまったく同じデータやファイルの拡張子の書き込みを行うように、
特殊なシステムの設定をして、冗長性を持たせる二重化(ミラーリング/Mirroring)を施します。

RAID1の設備を付けておけば、片方のハードディスクがヘッド障害や老朽化、熱暴走などの負担により、
故障して止まってしまっても、まだもう1個のHDDが無事であれば、データのミラーリングができています。

そのため、引き続きコンピューターのOSは動かせるまま作業を続けられます。

また、記録したデーターも読み込めなくなることはなく、すぐ他の外付けHDDにバックアップを取ったり、
RAID1に使っていた破損しているハードディスクを新品に交換します。

そしてそこから再構築(リビルド)をして、再び元の正常なシステム運用状態に復旧させることも出来ます。

また、専門の企業であるデータ復活のサポートを実施されたサービスの方で、
より確実にストレージの再構成やファイルの読み出しによる修復をしてもらうこともできます。

RAID1(レイドワン)のデータを復旧するには? の続きを読む

ソフトウェアRAIDのHDDのデータを復旧するには?

ソフトウェアRAIDで構築されたハードディスクドライブで、誤った操作を実行してしまった時に、
ストレージに保存されていたファイルやプログラムを削除した時に復元をしたり、
レイドのディスクアレイ(Disk Array)に問題が起きて開けなくなった時には、
どうすればHDDのデータを復旧することができる?という疑問について。

ソフトウェアRAIDが破損してしまったら?

まず、RAID0や1、または2、3、4、5、6、10のうち、基本的に規格の数字が上に行くほど、
ハードディスクの内部のデータの安全性は高まります。

RAID1は一つのドライブが故障しても、もう一つが無事であれば問題なくシステムが稼動を続けられます。

またRAID6は「二重障害」に対応されていて、二台のHDDが同時に破損を起こしても、
残り二台以上あるハードディスクで、システムの動作やデータを守ることが出来ます。

ですが、ソフトウェアRAIDの場合は、CPU一つに特に負担がかかりやすく、
そのことが原因で、コンピューターがダウンしてしまう場合もありえます。

もしコンピューターに異常が出て、ディスクアレイが正常に作動しなくなった時は、
まだ適切な対処を実行するか、専門のサービスにて、データの復旧ができる見込みがあります。

ソフトウェアRAIDのHDDのデータを復旧するには? の続きを読む

ハードウェアの二重化とオートセーブ機能によるデータの保全

設定を非常に複雑化させて使用するパソコンや、サーバ、ワークステーションなどの、
大型のコンピューターで動かすシステムは、部品・プログラムともに非常に精密で、
またその分、故障の種類や発生の頻度が高まるリスクもあります。

ですが、ストレージを二重化して、二つ以上のハードディスクやSSDに、
オートセーブ機能によって同時にデータの保全をするRAIDのシステムを導入すると安全性が高まります。

システム・ダウンの障害が発生する要因とは?

まず一例として、データを処理する上で一時的に必要となるメモリの作業領域(working area/ワーキング・エリア)は、
デスクトップパソコンといったマシンでしたら、その領域も大きく設定されています。

しかしマイクロコンピューターといった小型の電子機器は、メインメモリの大きさが小さいため、
ハードディスクやSSDの方も使って、作業領域を補う必要が出る場合もあります。

大型の電子装置でも、十分なスペックが用意されていなければフリーズやエラーが頻繁に発動してしまいます。

他、アプリケーションソフトウェアにバグが含まれていたり、
通信回線の故障や、急な電源の切断が発生するといった要因により、
システム・ダウンの障害が発生すると、まずデータファイルを失ってしまう危険があります。

複雑な構造のコンピューターが破損してしまった時は、一般の個人ユーザーでは、
そのまま分解するとかえって破損が悪化してしまうおそれがあるため、
専門のパソコンやシステムの修復のサービスにて、直してもらわれることをおすすめします。

ハードウェアの二重化とオートセーブ機能によるデータの保全 の続きを読む

RAIDの設置でHDDのデータを失わずに済む?

パソコンの本体に内蔵されているHDDやSSD、または外付けのハードディスクドライブは、
PCのデータファイルやプログラムを保存する要となる大変貴重なパーツで、より大切に取り扱う必要があります。

そんなストレージの内部データを多重化(冗長化)して、
より安全に運用ができるようにする、RAIDの設置とは?という疑問について。

RAIDシステムで冗長性を付ける方法とは?

まず、ハードディスクは負荷がかかりやすく、ヘッド障害や老朽化などの故障を起こしやすい機器でもあります。

また修理がきかない消耗品でもあり、内部データの復旧をする必要が出てくる可能性も高いです。

いつ壊れるのかが分かりずらいこともあり、HDD一基のみでは心もとない難点もあります。

そんなHDDの欠点や不安な点を補うために、複数のハードディスクを一つに繋げるように組み合わせて、
一つの媒体のように設置して、冗長性を付ける(多重化してデータを同時に保存する)、
『RAID(レイド)』という技術の、ある程度データを失わずに済むようにするシステムが大変有効で役立ちます。

また、複雑なディスクアレイの構造のRAIDを設定したり、データを移行する時は、
専門のコンピューター関連のサービスで、作業の代行をしてもらうことができます。

RAIDの設置でHDDのデータを失わずに済む? の続きを読む

RAID0は1や5、6よりもデータの復旧が必要になりやすい?

ハードディスクドライブを複数使用できる、大容量のPCシステムおよび記憶デバイスとして需要の高い機器である、
RAID(Redundant Arrays of Independent Disks)のうち、冗長性を有する他のディスクアレイ(Disk Array)の
方式と比べて、RAID0(ストライピング)のモードで運用する場合は、
やはりデータファイルが開けなくなる確率と、復旧の措置が必要になりやすい?という疑問について。

ハードディスクドライブのファイルの書き込み

まず、たとえばRAID1(ミラーリング)のディスクアレイは、2グループに分かれた、
ハードディスクドライブの両方にデータを二重化して書き込むため、片方が壊れてもまだ稼動が出来ます。

一方でRAID0(レイド・ゼロ)の場合は、ドライブの数を多く設置するほど故障する確率は高くなります。

そのため、やはりRAID 0に搭載されたHDD(固定ディスク)のうち一台が故障してしまうだけで、
内部のファイルやプログラムが読み込めなくなる事態になることも、多くなりがちな難点があります。

RAID0のデータ復旧の作業は、他のHDD多重化のシステムに比べて安全性が低く、頻度も多くなりがちです。

そのため、ハードディスクの破損に備えて、データのバックアップは特に重点を置いて運営していきましょう。

もし急にHDDが故障して、内部のファイルが開けなくなっても、
まだ専門の復旧のサービスで、データを取り出してもらうこともできます。

RAID0は1や5、6よりもデータの復旧が必要になりやすい? の続きを読む

ハードディスクを複数搭載したRAIDやNASでデータを復旧

パソコンや外付けHDD、NASといった補助記憶装置(コンピューターデータストレージ)は、
ハードディスクドライブを複数台搭載して、データの安全性を高めて保護性能を向上する、
RAID(Redundant Arrays of Independent Disks)のシステムを組み込んでおく手法もあります。

そして、後にハードディスクドライブが故障して保存されたファイルを失った時に、
予備の分からデータの復旧をできるようにするには、どのように対処をすればいい?という疑問について。

ハードディスクを増やして取り付けるには?

まず、RAID(リダンダント・アレイズ・オブ・インエクスペンシブ・ディスクズ)は、
2台以上のHDDを搭載して稼動させるため、ハードディスクをもう1台か3台、5台くらい買って入手する必要があります。

前に使っていた古いパソコンのハードディスクを取り出して、RAID用に使い直す方法もあります。

ですが、その際はIDE方式かSATA方式かまた最大容量は十分か、データを初期化しても大丈夫かを確認してください。

デスクトップパソコンをお使いであれば、PCケースのドライブベイの空いた引き出しの数が1か所以上あれば、
そこにハードディスクをそれぞれ収納して、増設してみましょう。

一方で、間違えてRAIDのボリューム自体を初期化してファイルを消去してしまうと、
すべてのハードディスクに書き込まれたデータが同時に消えてしまいます。

ですが、まだ専用のツールを使用するか、専門のサービスに注文をして、
後からでも、ディスクアレイのストレージから消えたデータを復旧できる見込みがあります。

ハードディスクを複数搭載したRAIDやNASでデータを復旧 の続きを読む

RAID1をフォーマットした後でデータをリカバリーするには?

複数のハードディスクドライブを、一台のデータ記憶装置としてまとめて運用するための、
ミラーリング(Mirroring)による、安全性の強化といった用途で使うRAID1(レイド・ワン)で、
うっかり間違えてHDDのフォーマット(初期化)をしてしまったり、ディスクアレイを再構築して、
保存していたデータが消えた時は、後からリカバリーすることはできる?という疑問について。

ディスクアレイのボリュームが開けるかどうかを確認

まず、RAID1のケース、またはパソコンのドライブベイに内蔵されたHDDから普通にフォーマットをしただけで、
Windowsのオペレーティングシステムで使用する、ファイルマネージャーの「エクスプローラー」や、
macOSの「Finder」(マイファイル)で、ディスクアレイ(disk array)のボリュームが開ける状態であるかをご確認ください。

もし、WindowsやmacOSで普通に読み込みができるファイルシステムでフォーマットをされていましたら、
ローカルディスクのCドライブやUSB接続のD~ドライブとして読み込みして、
パソコン上から消えたデータファイルを、後からソフトウェアや専門のサービスで復元できる見込みがあります。

RAID1をフォーマットした後でデータをリカバリーするには? の続きを読む

RAID1や5、10でハードディスクの構成が崩壊した時の復旧

現在普及している大容量記憶装置:『RAID』(レイド/ミラーリングディスク)の、
RAID0やRAID1・RAID5・RAID10といった構成の補助記憶装置(オーグジュアリ・メモリー)で、
ディスクアレイが崩壊してしまい、ハードディスクドライブに保存されたデータファイルが、
読み込みできなくなった時には、どのような原因で、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

RAIDのシステムが破損する原因とは?

まず、RAID(Redundant Arrays of Independent Disks)で設定されたディスクアレイ(Diskarray)は、
間違えてハードディスクを一台でもしっかりとインターフェースにコネクタが差し込まれていないまま、
あるいはSATAケーブルが外れたまま、RAIDケースやパソコンの電源を押して起動(通電)すると、
それが原因となって、コントローラが故障したりアクセスエラーが発生して開けなくなることがあります。

TeraStationやLinkStation、LANDISKと、RAID機能を導入されているコンピューター(electronic computer)である、
NAS(Network Attached Storage)でのディスクアレイを構築する際にも、同様です。

一方で、もしディスクアレイに不具合が出てしまっても、まだ内部のファイルはそのまま残っていて、
適切な措置を取るか、専門のサービスに依頼をして、復旧できる見込みがあります。

RAID1や5、10でハードディスクの構成が崩壊した時の復旧 の続きを読む

ミラーリングでデータのバックアップを行う方法とは?

パソコンのハードディスクやSSDなどの、データ記憶媒体に保存しているファイルやフォルダー、
またインストールしたオペレーティングシステム、アプリケーションソフトウェアといったデータは、
「ディスクミラーリング」(Disk Mirroring/RAID)というシステムを使用することで、
二台以上のHDDやSSDのデータ記憶装置を用いる方法で、ファイルのバックアップができることをご存じでしょうか?

ストレージのミラーリングによる安全性の向上とは?

まず、最初の頃はやはりハードディスクやSSDのストレージのミラーリングの設定は、
個人では難しそう、費用がかかりそうというイメージがありますね。

そこで、専用のRAIDケースやソフトウェアなどを用いて、
一般の個人でもお手軽に、ミラーリングによるバックアップの設定をすることができます。

たとえば、BUFFALO(バッファロー)から販売されています「DriveStation」(ドライブステーション)は、
4台のハードディスクドライブを一台のケースに搭載した、RAID方式の外付けHDDの製品です。

他にもWindows完全防除、DVD/CDバックアップソフトなど、いろいろなお役立ちの製品が販売されています。

また、複雑なRAID機能の構成をする際には、専門のパソコン関連のサポートで、
ディスクアレイのシステムの設定や、バックアップ、データの移行をしてもらうことができます。

ミラーリングでデータのバックアップを行う方法とは? の続きを読む

RAIDコントローラが故障した時にデータを復旧するには?

ハードディスクを複数台搭載して、データの読み込みの高速化や大容量化、物理障害に対する保護を施す、
RAID』(レイド)のケースは、コントローラ(基板)によってHDDやSSDを接続する仕組みです。

ですが、このパーツが壊れてしまうと、RAIDアレイが使用できなくなってしまいます。

そんな時には、どうすればコントローラが故障したRAIDのデータを、
もう一度読み込んで、復旧することができる?という疑問について。

RAIDの基板が破損するトラブルとは?

まず、RAIDのコントローラ(基板)も、ある時 長く製品のケースを使用してきたことでの経年劣化による、
パーツの摩耗、また熱暴走、電圧の負荷、異物の付着、強い衝撃、インターフェース(コネクタ部分の欠損)、
といった原因で、物理的に破損したりして故障してしまう可能性があります。

そうなると、RAIDとその内部のハードディスクドライブないしソリッドステートドライブは、
多くの場合、パソコンなどの電子機器にデバイスが認識されなくなってしまいます。

ですが、まだHDD・SSDにはファイルやフォルダーがそのまま残っていて、
適切な措置をするか、または専門のサービスでのリカバリーができる見込みがあります。

RAIDコントローラが故障した時にデータを復旧するには? の続きを読む

ミラーリングサーバーでデータの消失を防止できる?

サーバーに設定する、RAID(ディスクアレイ)システムの運用の方法や、
ミラーリングした後のハードディスクドライブに保存されたデータの復旧の仕方は、
どのようなものになる?という疑問について。

RAID機能の搭載でコンピューターを保護

まずはじめに、いくつかのハードディスクドライブにデータを共有させて保存することで、
ファイルの喪失を防ぐ「ミラーリング」(RAID1)の技術システムは、
パソコンだけでなく、サーバやLinkStation、TeraStationなどのNASにも応用されています。

常に稼働するサーバーに圧し掛かる負荷の分散や、ダウンによるデータ障害やHDDの故障、
また一時的なインターネット切断の対策として、
ミラーリングサーバー』(mirroring server)というサーバ用システムもあります。

近年では、法人用のみならず一般の個人の家庭向けにも作られたサーバーやNASに搭載されているHDDも、
「ディスク・ミラーリング」(disk mirroring)というドライブ装置をグループ化した、
ディスクアレイの方式を用いて保存する、データを多重化(冗長化)して運営していく製品も多く登場してきています。

また、複雑な構造のRAIDシステムによる保護でサーバを導入されてみる際には、
コンピューター関連の専門のサービスで、設定やデータの移行をしてもらうことができます。

ミラーリングサーバーでデータの消失を防止できる? の続きを読む

ミラーリングディスクでデータの損失を回避できる?

「ディスクミラーリング」(disk mirroring)とは、簡潔に述べますと、複数のハードディスクドライブなどの装置に、
同じデータファイルをディスクアレイ(disk array/RAID1)という形式で共有して保存して、
後にシステム障害が起こった時などにデータの損失を防ぐためにバックアップすることです。

ミラーリングによるデータ損失の回避とは?

まず、RAID1の方式の技術を導入することにより、通常のパソコンに比べて、
データの読み込み不可や破損のトラブルを、バックアップによってデータの損失を回避できる確率が大幅に上がります。

またHDDやSSDのミラーリング化(二重化)をしておくと、パソコンのストレージの片方が、
起動中に急に壊れたとしても、すぐに画面の表示が切れてしまうことはなく、冗長化により中断を回避して、
もう片方のハードディスクないしメモリディスクで、そのままデータの運用を続けられる利点もあります。

パソコンに内蔵されたハードディスク/SSDを二重化しておくと、個別のファイルだけでなく
オペレーティングシステムも多重化できるため、ソフトウェアの面でも安全です。

また複雑な装置のシステムで、自身では何かのアクシデントがあった時の対処が難しい、という際には、
コンピューターの修理サービスに依頼をして、修復してもらうことができます。

ミラーリングディスクでデータの損失を回避できる? の続きを読む

RAID5から削除したデータを復旧するには?

複数のハードディスクドライブやSSD(メモリディスク)を組み合わせて運用する、
RAID 5(レイド・ファイブ。別名はパリティレイド)を使用している際に、
うっかり必要なデータファイルを削除してしまった時は、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

ゴミ箱のフォルダーからRAID5のデータを元に戻す

まず、RAID(Redundant Array of Independent Disks)は、macOSのパソコンに接続して使っている時は、
HDDやSSDの補助記憶装置(オーグジュアリ・ストレージ)から誤ってファイルを削除しても、
Macintoshパソコンの方にあるDuckの右側のゴミ箱のフォルダーに移動しますので、ここから復旧ができます。

また、WindowsやLinuxのUbuntuといったオペレーティングシステムのパソコンの場合も、
外部のデータ記憶デバイスから削除したファイルはローカルディスクであれば、
一度ゴミ箱に移動しているので、後からファイルを「元に戻す」で復元することができます。

RAID5(レイドファイブ)のハードディスクだけでなく、事前に別の外付けHDDやクラウドなどにも、
もし同じデータを保存していた場合は、そちらからファイルをいつでも復旧できるので、
貴重な個人用のデータをストレージから誤って削除した時に、そのまま失うリスクも低くなります。

もしすでに誤った削除で大量のデータを失って、またイメージディスクなどのバックアップもなかった時は、
専門事業のデータ復旧サービスに問い合わせて、復元の措置をしてもらわれるのが最も確実な対処になります。

RAID5から削除したデータを復旧するには? の続きを読む

RAIDのデータを復旧するには?

ハードディスクドライブを多重化(冗長化)して、複数のHDDにデータを保存して安全性を高める、
RAID(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)の装置を使用する際、
拡張子を削除してしまうミスや、システムのエラー、機器の故障といったトラブルが発生した時に、
RAIDのデータファイルを復旧するには、どのように実行すればいい?という疑問について。

RAIDの機能でデータの保護をする際の仕組みとは?

まず知識としまして、RAID(Redundant Arrays of Inexpensive)とはかんたんに表すと、
数個のハードディスクを繋げて、一台の大容量なHDDとして使う方法の総称です。

データの保存性やスペック・容量の上昇・高速処理・信頼の高まりなどの効果を持たせることが出来ます。

また、USBメモリなどのリムーバブルディスクに収まりきらない規模のデータファイルを、
ストレージに保存したい時などにも大変役立ちます。

しかし、必要なファイルやアプリケーションソフト、システム設定を、
別名で上書き保存してしまったり、ゴミ箱に移動してしまうトラブルに対しては、ご注意ください。

ですが、別に自動バックアップなどの分を用意しているか、
または専門のツールやサポートの企業にて、まだデータを復旧できる見込みがあります。

RAIDのデータを復旧するには? の続きを読む

RAIDケースが故障したら修理できる?

複数のハードディスクドライブに同時にデータを書き込んで、HDDの物理障害による故障のリスクを抑えたり、
高速化に役立つ補助記憶装置『RAID』(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disk)が設定された、
外付け装置をお使いの際に、急に正常に動かなくなってうまく使用できなくなった場合には、
個人でディスクアレイのRAIDケースを修理することはできる?という疑問について。

ディスクアレイの再構築と部品の交換による修復

まず、パソコンやサーバなどのコンピューターの装置に内蔵されたRAIDの場合、
ソフトウェアとしてのシステムで構成されたディスクアレイ(disk array)は、
空きのドライブベイなどの箇所にHDDを差し込む形で組み込まれています。

なので、RAIDを設定する『記憶域プール』といったアプリケーションソフトで構成されている、
ミラーリングシステムで、システム的に問題が起きた時は、
RAIDモードの変更や初期化を行えば、大抵の場合は以前の状態に修理ができます。

接続する部品も、マザーボードまたは繋ぐSATA/IDEケーブルと、
電源ユニットから延びる電源ケーブルの中間コネクタ(またはRAIDコントローラ)のみになります。

そのため、このコネクタが正常にインターフェースに差し込まれているかどうかを確認してください。

(マザーボードや電源ユニット、RAIDコントローラが故障している場合は、交換をする必要があります。)

ハードウェアとしてRAIDケースを用いている、外部デバイスの製品をお使いの場合は、
修理をするためには、ケースの方にどういった故障の問題が出たかを把握していく必要があります。

また、軽度のエラーであれば、専用の機能を使って修復するか、
専門のパソコン関連のサポートで手早く直してもらうこともできます。

RAIDケースが故障したら修理できる? の続きを読む

誤ってフォーマットしたRAIDのデータを復旧するには?

パソコンに内蔵したり外付けのケースで使用するRAID(レイド)のハードディスクやSSDに、
間違えてクイックフォーマット(論理フォーマット)を掛けてしまい、
保存されたデータがすべて消えた時は、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

クイックフォーマットでRAIDから誤ってデータを削除したら?

まず、大量のデータを運用して使うRAIDには、複数のHDDまたはSSDが搭載されています。

しかし、ディスクアレイの仕組みは、ストレージが物理的に破損した時のための対策で、
ファイルやフォルダーを、誤ったクイックフォーマットなどでシステム上から削除すると、
全部の台の補助記憶装置にあるデータの表示が消えてしまいます。

ですが、後からでもまだ専用のユーティリティを使用したり、
専門のサービスに依頼をして、失ったデータの復旧ができる見込みがあります。

誤ってフォーマットしたRAIDのデータを復旧するには? の続きを読む

RAID1でHDDのミラーリングをしてデータを守る対応策とは?

RAID1(Redundant Arrays of Inexpensive Disks 1 – レイドワン)とは、
ハードディスクドライブを2~10個ほど複数台を繋げて動かすRAIDシステムの一つです。

別名『ミラーリング』(Mirroring)とも呼ばれている、データを守るための手法になります。

RAID1でハードディスクを冗長化

まず、RAID0(ストライピング)と違い、RAID1はHDDのグループおきに同じデータを保存する仕様になります。

そのため、どこか1台のハードディスクドライブが故障して動かなくなっても、
システムが飛んでしまうことはなく、残りのハードディスクで運用できます。

そのため、機器の耐故障性が普通のパソコンやストライピングよりも高く、
HDDの短所でもあるヘッドクラッシュ障害発生からデータを守るのに役立ちます。

また、レイド 0(ストライピング)と組み合わせたRAID1+0やRAID0+1を作って、
データを運用することも出来ます。

RAIDの導入は、コンピューターの設定サポートの事業に注文して行ってもらうこともできます。

RAID1でHDDのミラーリングをしてデータを守る対応策とは? の続きを読む

故障したHDDのデータ復旧をするソフトウェアRAIDを構築

パソコンなどの機器に「ソフトウェアRAID」を導入すると、ハードディスクまたはSSDのうち、
1台、2台が物理的に故障して動作不能になっても、他のストレージが正常であれば、
内部のデータを失わなくて済むことが可能なシステムに変更することができます。

このソフトウェアRAIDを設定してデータを保護するには、どのようにすればいい?という疑問について。

ソフトウェアRAIDでデータを保存する手法とは?

まず、壊れたハードディスクドライブそのもののデータの復旧や修理は、一般の個人では直接できずとも、
残りの無事な数台には、個人用のデータファイルやプログラム、システムの設定が保存されています。

そこから新しいハードディスクやSSDに書き直して、再構築(リビルド)する形で、
HDDの一つないし二つが故障した時に、データを救出することができます。

例としまして、WindowsのOSのパソコンでは、システム的な「ソフトウェアRAID」を作成する機能が付いています。

この機能で、ストレージの多重化を構成して、急なHDDの故障による障害から、
ある程度までデータを守ることができます。

また、HDDやSSDの冗長化の設定は、専門のパソコンサポートで行ってもらうこともできます。

故障したHDDのデータ復旧をするソフトウェアRAIDを構築 の続きを読む

RAID0(ストライピング)でデータが開けない時の復旧

パソコンの内部データを安全に管理できるように、ハードディスクドライブやSSDを複数使用して、
書き込みを行う技術の、『RAID』(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)をご存知でしょうか?

数あるディスクアレイの方式のうち、「RAID0」だけはストレージに冗長性がなく、
読み込み速度の高速化をするシステムとなります。

しかし、RAID1やRAID5に比べて冗長性が得られないため、
データが開けなくなるトラブルに遭いやすいという点もあります。

そんな時には、ストレージに残ったデータを復旧することはできる?という疑問について。

ハードディスクやSSDの読み込みの高速化

まず、RAID0(ストライピング)のメリットは、データの高速化をすることで、
使用の際のスピードを上げることができて、スムーズに運用をすることができます。

パソコンやサーバのHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)に保管されている、
プログラムやデータファイルを2台に分散して、書き込み(Writing)をすることで、
固定ディスクが一台のみの時よりも、データを二分の一に高速化して作業させることができます。

ファイルサーバやWebサーバなど、大容量かつ常時稼動するシステムを運営するのに大変効率的です。

一方で、データの保護の面に対しては脆いという短所もあります。

ですが、もしストレージが破損しても、まだ内部のファイル自体は無事で、
専門のサービスにて復旧ができる見込みがあります。

RAID0(ストライピング)でデータが開けない時の復旧 の続きを読む

RAID(レイド)のトラブルの障害からデータを修復するには?

ハードディスクドライブの物理障害への対策や容量の大規模化に有効なシステムである、
RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)で何らかのトラブルが起きてしまい、
保存されたデータが開かなくなったら、どうすれば修復することができる?という疑問について。

デバイスマネージャーでRAIDのHDDを確認する

まず、RAIDはHDDが複数台ある通り、ヘッドクラッシュなどの物理的な故障には強いシステムになります。

ですが、一度に内部の二台以上のドライブが故障したり、またコンピューターウィルス感染やアクセスエラー、
ファイル構造の損壊など論理的(システム的)な障害に対しては普通のパソコンと変わりない、という点もあります。

RAID(レイド)には、まずRAID0(ストライピング)や、RAID1/0+1(ミラーリング)、
RAID5(パリティチェック)、また2、3、4、6、1+0(10)など、
ディスクアレイの構成の組み合わせ方や、HDDの数によって種別や性能、用途も変わってきます。

そのため、同じRAIDの装置でも障害への耐久性には個別差があり、
場合によっては、別に手動でシステムやデータの修復の作業を行う必要が出てきます。

Windowsのパソコンでは、エクスプローラーの「PC」(マイコンピューター)に、
ローカルディスクのアイコンが表示されない時は、まずコントロールパネルのデバイスマネージャーの画面を開いて、
RAIDの名称に、「不明なデバイス」や「!、?、×」などのマークがないかどうか、確認されてみてください。

ストレージにエラーが発生してしまい、データを読み込みできなくなっても、
まだ専用の機能で適切に措置をするか、専門のサービスで復旧ができる見込みがあります。

RAID(レイド)のトラブルの障害からデータを修復するには? の続きを読む

RAIDでパソコンのデータを安全に管理する方法とは?

パソコンには通常、一台につき一基のSSDまたはハードディスクドライブが搭載されています。

ストレージは故障を起こしやすい精密機器の一つであり、過熱や過電圧、老朽化といった原因で、
一度破損してしまうと修理するのがほぼ不可能であることから、
内部に保管していたデータやシステムを損失するトラブルが、しばしば起こってしまいます。

それらのアクシデントを防ぐには、どのように管理をすればいい?という疑問について。

RAIDのシステムでデータに冗長性を持たせる

まず、特に企業・法人で使用しているPCやHDD、SSDのデータの管理は極めて重要であるため、
これらの破損のトラブルを回避するために、RAIDという方式の技術・装置が多くの企業で導入されています。

RAID(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、
WDやSeagete、東芝、以前の日立(HGST)といった、各ハードディスクの製品を複数台、
一つの装置のように(なるべく同じメーカー同士で、似た型番や容量の規格で)組み合わせて、
冗長性を持たせてストレージを運用します。

そして、RAIDのディスクアレイのうちの一台、二台がヘッド吸着や熱暴走などで突然壊れても、
他のHDDにより、データファイルやアプリケーションソフトウェアが継続して使用できるようにする技術です。

別名でデュアル・ディスク・ドライブ(dual disk drive)、
ディスク・アレイ(disk array)とも呼ばれていて、データを安全に管理するための、HDDの集合体です。

パソコンへのRAID5や6、またはRAID10など、高度で複雑なシステムを導入される際には、
専門のコンピューター関連のサポートのサービスで、設定やデータの移行をしてもらうことができます。

RAIDでパソコンのデータを安全に管理する方法とは? の続きを読む