「ウィンドウズのOSの修復」のページの案内

『ウィンドウズのOSの修復』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。







コンピューターの問題解決などのコンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「ウィンドウズのOSの修復」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「ウィンドウズのOSの修復」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

Windows10がよくフリーズする時に状態を修復するには?

「Microsoft Windows 10」(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)のパソコンを日々お使いの際に、
次第に動作中にフリーズ(ハングアップ)が起こってよく止まるようになった場合は、
どのようなことが原因で、どのように対処すれば状態を元のように修復できる?という疑問について。

ソフトウェアをアンインストール

まず、ここ最近の中で、新しく何かのアプリケーションソフトをWindows10のパソコンに
インストールしていたら、そちらを「プログラムと機能」の画面などから確認されてみてください。

特に容量が大きいユーティリティーはCPUやメモリ、HDDの使用量も大きく、
また何か問題のあるソフトウェアの場合は、フリーズの原因となることもあります。

そのソフトウェアをセットアップした後でフリーズがよく発生するようになった場合は、
最新バージョンへのアップデートをするか、一度アンインストールをしてみます。

また、ほぼ使っていない他の余分なアプリケーションソフトのアンインストールして、
パソコンを軽くすることで、さらにオペレーティングシステムやCPU、メモリの負荷は減ります。

Windows10がよくフリーズする時に状態を修復するには? の続きを読む

新しいウィンドウズでデバイスが認識しない時に修復するには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで
OSを新しくアップグレードしたり、新しOSのパソコンに買い替えた時に、
外付けのUSB機器などを接続したら、前のOSの時は接続できていたのに
今度はなぜかデバイスが認識しない場合に問題を修復する方法は?というご質問について。

デバイスドライバのアンインストール

たとえば、Windows Vistaのパソコンで使える内蔵/外付けDVDドライブを
Windows8.1のパソコンにつないだところ、エクスプローラーに表示はされるものの、
データー用DVDを入れるとデータが開けない、という場合は、
まず一度、コントロールパネルのデバイスマネージャーを開きます。

「ポータブルデバイス」または「DVD/CD-ROM ドライブ」などそれぞれの機器の項目にある
デバイスの名称を選択して、右クリック→「デバイスのアンインストール」と進みます。

これで、デバイスドライバにエラーが発生していた時はこれを修復できます。

コネクタをパソコンから取り外して、OSを再起動してから、もう一度接続してみてください。

また、何回かつなげ直しているうちに、あるいは別のUSBポートにつなげてみたら
デバイスが認識して再生される、ということもあります。

新しいウィンドウズでデバイスが認識しない時に修復するには? の続きを読む

Windowsパソコンでセキュリティ警告が出た時の直し方は?

使っているWindowsパソコンで、以下のようなセキュリティ警告のエラーメッセージが出てきてしまい、
一部の機能が正常に使用できなくなったら、どのようにすれば修復ができる?という疑問について。

警告メッセージが消えない場合のエラー

「セキュリティ警告 警告:この内容の認証は確認されていないため、信頼できません。
問題は次に表示:署名証明書からルートへ証明書のチェーンを作成できません。
”Adobe Flash Player”は~に署名されて次から配布されています。
インストールして実行しますか?Adobe Systems Incorporated
(青字でクリックできるようになっている)はい(Y) いいえ(N) 詳細情報(M):」

このメッセージの後で、「はい」を選択しても「いいえ」を選択しても、警告が消えるのみで結果は変わらず、
次に同じページに行くとまた同じ現象が起きてしまい、フラッシュプレイヤーが必要だと
思われる箇所が空白になって、左上に何かのマークみたいなものが付いている。

青字をクリックして証明書のインストールをすると「正しくインポートされました。」と出て、
次にこのページに行くとまたこの警告文が出てきて、何日か前にツール→インターネットオプション
→コンテンツ→証明書で、「信頼されたルート証明機関」の中で有効期限が切れたものを
削除したのが原因かと思い、こういった場合の復旧の仕方は?というご質問について、解説していきます。

Windowsパソコンでセキュリティ警告が出た時の直し方は? の続きを読む

Windows10をトラブルシューティングの機能で修復するには?

Microsoft(マイクロソフト)からリリースされていますプラットフォーム
「Windows 10」(ウィンドウズ テン)がセットアップされたパソコンを日々ご使用の際、
フリーズが多発したり、深刻なエラーが発生した時のトラブル対策として
どのような修復するための機能がある?という疑問について。

トラブルシューティングの画面を開く

まず、Windows 10にはWindows 8/8.1以前のシリーズと同じように、コントロールパネルや
設定画面から入って使用できる、様々な修復機能が搭載されています。

またWindows 10には、コントロールパネルと、オプションの選択画面にそれぞれ
「トラブルシューティング」(Troubleshooting)の項目があります。

コントロールパネルの方は、デスクトップ画面の左下にあります
「何でも聞いてください」と表示された検索バーに「トラブルシューティング」と
入力すると、ギア状のマークの項目が一覧に表示されますので、これを選択します。

左のメニューにある「設定の変更」を開くと、トラブルシューティングの設定を一部、変更できます。

「システムとセキュリティ」を開くと、「Internet Explorer」や「電源」、
「検索とインデックス作成」「Windows Update」といった各種項目の機能で
問題が発生している場合はそれらの原因を問題を検出して解決できます。

Windows10をトラブルシューティングの機能で修復するには? の続きを読む

Windowsパソコンの不具合をチェックして修復するには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムを
インストールしたパソコン本体を使っているうちに細かいエラーなどの不具合が出てきたら、
どうやって不具合の問題をチェックして修復していくことができる?という疑問について。

※こちらの一例では、Windows 10の場合での操作方法について解説いたします。

信頼性モニターの表示

Windows 10には、「信頼性モニター」という機能が標準で搭載されていまして、
このツールを開くと過去しばらくのエラー発生といった経緯がグラフ表示で確認できます。

コントロールパネルを開き、右上の検索枠に「信頼性」と入力します。

「セキュリティとメンテナンス」の項目にある「信頼性の履歴の表示」を押します。

信頼性モニターが表示されて、過去に日別または週別に起こったエラーが一覧に表示されます。

Windowsパソコンの不具合をチェックして修復するには? の続きを読む

Windows10の障害をトラブルシューティングで回復するには?

Microsoft(マイクロソフト社)より提供・販売されています最新のオペレーティングシステム
Microsoft Windows 10』(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)をお使いの際に、
ある時システムの調子に不具合が出てエラーが発生したり動作が遅くなりやすくなったりした場合、
Windowsの標準機能ではどうすれば障害の回復ができる?という疑問について。

ウィンドウズ10のソフトウェアの製品

・Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ/オンラインコード)
・Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ/オンラインコード)

「以前のビルドに戻す」の機能から修復

まず、ウィンドウズ10の画面がなんとか開ける場合には、「スタート」にある「設定」を開きます。

「更新とセキュリティ」を選択し、「回復」のメニューにある
「今すぐ再起動する」を押すと、パソコンが再起動に入ります。

「以前のビルドに戻す」の項目の「開始する」を選択して押すと、コンピュータプログラムの
ビルド( build)に問題のあった場合には以前の状態に戻ることで障害の直る見込みがあります。

Windows10の障害をトラブルシューティングで回復するには? の続きを読む

Windows10のパソコンの故障を修理するには?

Microsoft Windowsのオペレーティングシステムの最新バージョンである
Windows 10』(ウィンドウズ・テン)を、それまでのWindows 7や8/8.1から
アップグレードしてお使いの際、急に何かのシステムエラーや、パーツの故障が発生して
故障した時は、どうすればパソコンを修理できる?という疑問について。

Windows10が搭載されたパソコン製品の一覧リスト

・Dell:ノートパソコン Inspiron 14 3000シリーズ 16Q31 Windows10/14インチ
・ASUS:ノートパソコン EeeBook X205TA-DBLUE10 Windows10 11.6インチワイド/ダークブルー
・マウスコンピューター:2in1 タブレット ノートパソコン Windows10 Office付 8.9インチ
・HP:15.6 型 ノート パソコン Windows 10 A4-5000 4GB 500GB DVDスーパーマルチドライブ
・Acer:2in1 タブレット Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF Windows 10 10.1インチ

デスクトップの画面がまだ開ける場合での復旧

最初に、電源ボタンを押したらロゴ画面が表示されるようでしたら、BIOSの設定画面を開いて、
パソコンに搭載されているCドライブ(プライマリパーティション)に該当するHDDかSSDが
しっかりと認識できていて、最優先で起動する設定になっているかどうかを確認します。

デスクトップ画面自体が普通に開けるようであれば、コントロールパネルを開いてみます。

「回復」のメニューでは、Windows10にアップグレードしたあと、
「システムの復元」の機能がリセットされて自動的に無効になっていますのでご注意ください。

Windows10のパソコンの故障を修理するには? の続きを読む

Windows XPから新しいバージョンにデータを移行するには?

新しくWindows 7やwindows8/8.1、10のOSオペレーティングシステムのパソコンを購入した後に、
今まで使用していたWindows XPのパソコンの方のデータを移行したい、という際の方法について。

まず、ウィンドウズビスタ・ウィンドウズセブンには【Windows転送ツール】が
付属されていますので、これを用いて移動を行うことができます。

ですが、XPや2000、Meでは使えてもVistaや7、8、10では使えないプログラムや、
移行が出来ないファイルも中にはありますので事前にご注意下さい。

転送実行の手順

まずはVistaのスタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒Windows転送ツールを起動して、
新しい転送を開始する⇒新しいコンピュータ⇒転送ツールケーブルを経由、
またはUSBフラッシュメモリなどに転送ツールをコピーして、XPにもインストールする方法を使います。

Windows XPから新しいバージョンにデータを移行するには? の続きを読む

Windows7をシステム修復ディスクで回復するには?

Microsoft Windows 7](マイクロソフト・ウィンドウズ・セブン)の
オペレーティングシステムがインストールされたパーソナルコンピューターで
急に問題が起きて正常にデスクトップ画面が起動できない、といったトラブル時のために、

ウィンドウズ7 のシステムを回復できる「システム修復ディスク」を、
DVDディスクやメモリーカード、外付けハードディスクなどのデータ記憶装置に
事前に書きこみして作成しておくことができます。

Windows 7のOSのバージョン一覧

・Microsoft Windows7 Home Premium 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP
・Microsoft Windows7 Home Premium 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP
・Microsoft Windows7 Professional 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP
・Microsoft Windows7 Professional 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD
・Microsoft Windows7 Ultimate 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP

まず、正常にWindows7が立ち上がる時にDVD-RやDVD-RWなどの
ディスク型のデータ記憶装置を一枚用意します。

次に、コントロールパネルを開いて、「バックアップと復元」の項目を開きます。

左のメニュー一覧にある「システム修復ディスクを作成する」を開きます。

ドライブDを選択して、「ディスクの作成」のボタンを押すとデータの書き込みが始まります。

作業が終わったら「OK」を押してディスクをDVDドライブのトレイから取り出します。

そして、ラベルを付けてディスクケースに入れて、保管しておきます。

後にコンピューターのオペレーティングシステムに問題が発生した時に
このディスクを取り出して、パソコンの電源を付けた直後にドライブ装置に挿入します。

Windows7をシステム修復ディスクで回復するには? の続きを読む

Windows8.1でシステムの復元ポイントを手動で作成する手順とは?

マイクロソフト社からリリースされた新しいオペレーティングシステム
Windows 8.1」(ウィンドウズエイトポイントワン)は、
[Windows 8]をWindows Storeでアップデートする形で使用することができます。

(ウィンドウズ7以前のバージョンからアップグレードする場合には
 リテールパッケージを新しく購入することで実行します。)

普通にパソコンを使っている分にはウィンドウズ8とそれほど変わりはなく、
インストールなどで拡張したアプリケーションのほとんどは互換性を保ったまま使用できます。
(一部の未対応のユーティリティーは「互換性のトラブルシューティング」 を使って
Windows8.1でも起動できるように設定します。)

またOSのアップデートを行ったつもりが何かの途中のトラブルで正常に行われていなくて
Win8のままだった、ということがありますので、しっかりと変更されているかを確認するには、
以下の画面を開きます。

コントロールパネルを開いて「システム」を開くと「Windowsのエディション」の項目が
「Windows 8.1 Pro」と表示が変わっています。

また、アップデートの後にはデスクトップ画面の下にあるタスクバーの左端に
スタートボタンにあたる白い長方形のようなマークが加わります。

Windowsはシステムの中身が頻繁にアップデートされていくのですが、
特に新しいOSは上書き更新(アップデート)の量も多くなりやすいです。

また、これまでインストールしてきたアプリケーションの方も
互換性を高めるためにWindows8対応のものに少しずつアップデートされたり、
新しいバージョンのユーティリティーを購入する必要が出ることもありますね。

そんな中で、ある時OSやアプリケーションのアップデートの際に、
何かのエラーやバグが突然発生して、システムに不具合が出る可能性もあります。

そのようなトラブルに備えて深刻な問題を回避する方法として、
「システムの復元」というバックアップの標準搭載機能を有効にして
後からリカバリーできるポイントのデータを作成しておくと安心です。

Windows8.1でシステムの復元ポイントを手動で作成する手順とは? の続きを読む

前のOSのソフトウェアがWindowsで起動できない時に開くには?

パソコンで使っている基本ソフト(オペレーティングシステム)をWindows XPからVistaや7、
そして[Windows 8 Pro](ウィンドウズエイト)、Windows10(ウィンドウズ・テン)
これまでに年代ごとにPC本体ごと、またはパッケージ版を買って
新しいバージョンに移し変えていくと、ソフトウェアもその多くを引き続き使いますね。

その中で、Windows XPやWin7で使用できていたアプリケーションソフトがWindows 8/8.1や10に
移し替えたあたりから、互換性の問題などでインストールができないことが時々あります。

またはセットアップの最後のあたりでエラー画面が出てしまい
そこから先に進めなくなったり、インストール自体は成功して起動をしようとすると
新しいOSのプログラムではなぜか立ち上がらない、というケースも見られます。

また、ユーティリティーのサポートのサービスが終了していて
ライセンスの認証ができずに開けない、というパターンも出てきます。

このような不具合が発生してソフトウェアが使用できない場合には
どのようにすればウィンドウズ8や10のOSでも引き続き使える?という疑問について。

まず、特に多いアクシデントとして、Windows 7あたりまでは普通にインストールできて
使えていたソフトウェアが、互換性の面での問題により「Windows 8、10」でインストールが
できない場合は、互換性を優先させた標準プログラムを使って開ける可能性があります。

一例として、市販のアプリケーションソフトのディスクをパソコンのDVDドライブに
挿入してからエクスプローラー画面でディスクの「setup.exe」などのファイルを
クリックすると、通常はセットアップが始まります。

ですが「このオペレーティングシステムは、『ソフトウェア名』の実行に
 適切ではありません。」
というエラーメッセージが出るケースがあります。

ここで「OK」ボタンを押すと、「InstallShield ウィザードを完了しました」
「ウィザードは、『ソフト名』のインストールを完了する前に中断されました。」

というバルーンが出てくるので、ここで「完了のボタンを押します。

少し待つと、『プログラム互換性アシスタント』という画面が出ますので、
「互換性の設定を使用してプログラムを実行する」のメニューを選択します。

前のOSのソフトウェアがWindowsで起動できない時に開くには? の続きを読む

Windowsのアップグレード後にパソコンが重くなった時に軽くするには?

ウィンドウズのパソコンで基本ソフト(オペレーティングシステム)を一新するために
[Windows Vista]から[7]へアップグレードしたり、[Windows 7]から[8 Pro]へ
更新した後で なぜかパソコンが重くなってきたので軽くしたい、という場合について。

まず、オペレーティングシステムを新しい上位バージョンに移行する際に、今までに使っていた
システムの設定やアプリケーションが一部、無効になったり使えなくなってしまう場合があります。

または自分で移行する前にソフトを一部アンインストールしていたり、
システムを変更していたら、そのあたりの変更箇所を思い出してみてください。

もしパソコンの快適化を促すようなツールを以前のOSで使っていて
今は無くなっていたら、再度チェックして、有効化をしてみましょう。

逆に、Windows 7やWindows 8になってから新しいプログラムが追加されて、
さらに新しいソフトウェアも自分で数多くインストールした場合、
その分パソコンにも高いスペックのパーツが要求される場合もあります。

「Ctrlキー」と「Altキー」と「Delキー」を同時に押して
タスクマネージャー」を開くと、各パーツの使用量のパーセンテージを確認できます。

「メモリ」と「CPU」の使用量が1%~20%くらいなら大体は大丈夫なのですが、
もし80%~100%近くまで使っていたら、さすがに動作や読み込みが遅くなるので
一部を無効化して軽量化する処置が必要になってきます。

一覧の「アプリ」や「バックグラウンドプロセス」、「Windowsプロセス」の中で
あまり必要性がなくて使用頻度も低く、使用量の多いプログラムを順に
稼働を無効にしたり、アンインストールをして負荷を減らしていってください。

また、「ディスク」や「ネットワーク」のパーセンテージも数値が高くなっていたら
同じように立ち上げているプログラムを順に無効にしていきましょう。
(※間違えてシステムに重要なプログラムを削除しないように注意してください。)

次に、コントロールパネルの画面を開いて「管理ツール」にある
ディスク クリーンアップ」を起動します。

アップグレードして使っているWindowsをインストールした
ハードディスクまたはSSD(Cドライブ)を選択して「OK」を押します。

数秒~1分ほど待つと「ディスククリーンアップ」の画面が開きます。

まず、「システムファイルのクリーンアップ」のボタンをクリックします。

次のウィンドウで「OK」を押して、Windows Updateのクリーンアップを実行します。

Windowsのアップグレード後にパソコンが重くなった時に軽くするには? の続きを読む

ウィンドウズ8にスタートメニューの機能を追加するには?

Microsoftの最新のオペレーティングシステム
Windows 8 Pro](ウィンドウズ・エイト・プロ)を購入して、
デスクトップパソコンの一つをWindows7からアップグレードしてみました。

その後しばらくは特に複雑なカスタマイズを行わないままWindows 8の新しいスタート画面や
従来のデスクトップ画面を併用で使って覚えて、新しい設定環境での操作方法に慣れていきました。

しかしある日、ウィンドウズ8でもこれまでのXPやVista、7と同じようにパソコンを起動してから
スタート画面(メトロスクリーン)を最初から省いて直接、デスクトップ画面をすぐに表示できる
ソフトウェアを発見しました。

スタートメニューの操作も慣れてくるとPC上でも便利なのですが、
Windows 8で過去のOSと同じような環境設定にして見たらどうなるかと思い、
そのアプリケーションをインストールして実践してみました。

『Classic Shell』(クラシック・シェル)というアプリケーションで、用途としまして主に、
Windows 8のデスクトップ画面下のバーにWindows 7までにあった[スタートボタン]を追加することができます。

また、OSの起動後にメトロスクリーンを表示せずに直接デスクトップ画面に移行できる機能もあります。

これによって、XPやVista、7から8にOSを移行させた時に、新しいスタート画面が個人差で
どうしてもぎこちなくなってしまう場合に
今までのWindowsとある程度同じような設定にカスタマイズできます。

Windows8とWindows7/XPのOSをもし両方お持ちで二台のパソコンを所有されているなら、
片方ずつそれぞれのOSをインストールして、
操作の使い分けや機能の見比べをされてみるのも有効な活用方法です。

ウィンドウズ8にスタートメニューの機能を追加するには? の続きを読む

Windows8に不具合が出た時に修復する方法とは?

Microsoftのオペレーティングシステム『Windows 8』(ウィンドウズエイト)は、
新しくパソコンのハードディスクにインストールをしたり、
Windows7の旧OSから[Windows 8 Pro]をアップグレードして使うことができます。

しかし実際にWindows8の新しい動作環境を使っていくうちに
パソコンの動作に一部、不具合が出てきた、という場合に問題を修復する方法について。

よくある不安定な動作状態

・スタート画面の起動が遅い。
・インターネットを開く時に遅くなる。
・音楽再生の際によく音がぶれる。
・画像の編集が重い。
・一部のアプリケーションが使用できない。
・エラーが出てウィンドウが強制終了する。
・以前のWindowsよりスムーズに動作しない所がある。
・外付けのハードウェアの読み込み具合があまり良くない。

コントロールパネルで状態を確認する

まず、スタートメニューかデスクトップ画面からコントロールパネルを開いて
「システム」のアイコンを開くとコンピューターのメモリの容量やプロセッサの種類を確認できます。

また「Windows エクスペリエンス インデックス」の項目の左横にはパソコンの評価値が表示されています。

この基本スコアやサブスコアが3~4以下など低めな場合はメモリやCPU、プライマリハードディスク、
グラフィックスといったスペック面でWindows8に必要な動作環境が不十分である可能性もあります。

今まで使ってきたパソコン本体にWindows8をアップグレードした時には、
一度 現在のパソコンのパーツや空き容量などの見直しを行われてみてください。

Windows8に不具合が出た時に修復する方法とは? の続きを読む

Windows8のシステム修復ディスクを作成してOSを回復するには?

Microsoftの最新のオペレーティングシステム
「Windows 8」(ウィンドウズエイト)をパソコンに新しくインストールしたり
ウィンドウズ7など以前のバージョンからアップグレードして使っている際、

Win8はシステム的なトラブルはこれまでよりも起こりにくく改良されているものの、
それでもやはり、あるとき予期せぬエラーやシステムの破損が起こり
強制シャットダウンやフリーズなどの不具合が出て動かなくなる可能性もあります。

ウィンドウズ8ではこれまでのWindowsシリーズとは操作方法の異なる箇所が数多くあります。

WindowsのOSでは、何かの操作ミスや破損、アプリケーションの失敗などの時に
不具合を起こして正常に開けなくなった時のために
あらかじめ[システム修復ディスク]を作成してOSを回復できるように備えておく方法があります。

このディスクをDVD-Rなどの記憶媒体に焼いて事前に作っておけば、
OSが壊れてしまった時に以前の正常な状態に直すことができます。

しかしWindows 7やVista、XPのOSとWindows8とでは
少しメニューの位置や手順が異なる部分があるので、簡単に解説いたします。

Windows8のシステム修復ディスクを作成してOSを回復するには? の続きを読む

Windows 8に以前のアプリケーションは対応できる?

Microsoftのオペレーティングシステム
Windows 8』(ウィンドウズ・エイト)は、これまでの
Windows 7やWindows Vista、Windows XPとはあちこち変わった仕様になっています。

例えばパソコンの電源を入れてログオンをすると、まず上記の写真のように
今までのWindowsとは全く別の『スタート画面』が表示されます。

Windowsキーを押すかスタート画面左下のデスクトップボタンを押すと
これまで通りのデスクトップ画面が表示されるのですが、そのかわり
従来あった「スタートメニュー」がWindows8では左下のタスクバーに表示されません。

他にも数多くの変更点があるのですが、新規ユーザーの方が特に気になると思われる、
これまでwindows 7以前のOSで使ってきたアプリケーションソフトウェアは
「Windows 8に移行した後でも正常に使用できる?」という疑問について。

Windows 8に以前のアプリケーションは対応できる? の続きを読む

Windows7のエクスペリエンスインデックスでPCを評価するには?

Microsoft Windows7の標準搭載機能の一つに「エクスペリエンス インデックス」
という、パソコンのパフォーマンスをチェックして性能を測るツールがあります。

Windows7(ウィンドウズ・セブン)のオペレーティングシステムが組み込まれているパソコンは、
数年以上前のマシンと比べて購入した時から平均的にスペックが高い製品が多めです。

例えばメモリが1GB~4GB、HDDが500GB~2TB、CPUがCOREi5・COREi7など、
それぞれのパーツの性能が高ければコンピューターのパフォーマンスも高いので、
基本的には多くの場合で快適かつ順調にパソコンを使用できます。

しかし、メモリが不足するほど大きなプログラムを多数使っていたり、ハードディスクの空き容量が
埋まってしまったり、今後の最新ソフトウェアに求められる動作環境がお持ちのPCで
追いつかなかったりすると次第にどこかの部品に性能面での弱点が見えるようになっていきます。

具体的にパソコンのどこの部品のスペックが低いかをある程度把握する際に、
Windows7のエクスペリエンスインデックス機能が役立ちます。

Windows7のエクスペリエンスインデックスでPCを評価するには? の続きを読む

XPで使えたソフトがWindows7以降で開けない時に直すには?

Microsoftで長らくOSとしてリリースされていた「Windows XP」(ウィンドウズ・エックスピー)は
Windows 7や8/8.1、10、がリリースされてから後もまだ世界中のユーザーに幅広く使用されています。

しかしWindows XPのサービスの延長サポートが終了して、
またWindows7に適したアプリケーションソフトウェアも登場してきているため、
徐々にXPユーザーもWindows7以降にOSを移行していく傾向にあります。

XPから7以降にOSをインストールし直すかパソコン本体そのものを新しく買い換えて移行する際、
少し注意することとして、念のためにWindows XPを入れているPC本体を
一台はしばらく残しておくことをおすすめします。

なぜなら、プログラムの互換性の問題によりXPで開けて使えたアプリケーションソフトが
Windows7以降では開けない場合があって使えない可能性があるためです。

例えばWindows7がリリースされるより以前の数年以上前に購入していた古いバージョンの
アプリケーションソフトをまだXPで使っていて、OSの移行とともにWindows7以降の方に
インストールしたらセットアップやプログラムの起動ができず開けないケースがあります。

XPで使えたソフトがWindows7以降で開けない時に直すには? の続きを読む

Windowsを強制シャットダウンしてエラーを修復するには?

Windows7やWindows 8/8.1、Windows 10のパソコンを使っている最中、
ごく稀に何かのソフトウェアのエラー障害などにより、マウスやキーボードでの
通常の操作が受け付けなくなって、フリーズしたように見えるケースがあります。

起動中のソフトウェアだけが不具合を起こして止まったのなら画面右上の
赤い×ボタンを押すか、Alt+F4キーでアプリケーションを強制終了出来ます。

しかしごくたまに、Windowsの操作自体にまでエラーの影響が出て、
通常の入力を受け付けなくなってしまうことがあります。

そんな時にはやはりWindows自体を一度閉じて、パソコンをシャットダウンしてから再起動して
やり直すのが一番手っ取り早くて確実な、問題の修復の方法です。

タスクマネージャの起動

まず、キーボードの「Crolキー」「Shiftキー」「Escキー」の3つを同時に押して
タスクマネージャが開けるか試してみてください。

開けたら実行中ソフトの項目を選択して「タスクの終了」を押すと画面を閉じられます。

タスクマネージャーが開けないか、もしくはソフトを閉じても操作ができなかったら、
次は「Crolキー」「Altキー」「Delキー」の3つを同時に押して、
青色と緑色背景のセキュリティ画面を開きます。

Windowsを強制シャットダウンしてエラーを修復するには? の続きを読む

Windowsで不要なサービスを無効にして快適化するには?

世界的にパソコンのOSとして最も普及しているMicrosoft Windows
オペレーティングシステムでは、コンピューターにインストールした段階から
様々なサービスのシステムやアプリケーションが搭載されています。

また、後から色々なソフトウェアをインストールしたり、OSをアップデート
するうちに更に新たにサービス機能が追加されていきます。

しかしそれら全てのアプリケーションを必ず使うとは限らず、
普通にパソコンを使うだけなら全く使用しない機能も少なくありません。

それらはパソコンを付けている間、自動的に起動しているものもあり、
CPUの処理速度を遅くしたり、メモリの容量を圧迫する原因にもなりえます。

なので不要なサービスは全て動作を停止した方がコンピューターもスムーズに
動いて、少しでも快適化して使えるようになります。

スタートメニューからの開き方

まずは「スタート」からコントロールパネルをクリックし、カテゴリの表示画面に切り替えて
パフォーマンスとメンテナンス」を開きます。

下メニューの「管理ツール」をクリックして『サービス』画面を開きます。

この手順で開けない時は、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」で
services.msc と入力してOKを押すと開けます。

『サービス』(ローカル)の画面ではアルファベット順になって何十個もの
プログラムサービスの名称と簡単な詳細が一覧になって表示されています。

ただ一覧を見ただけでは一つ一つのサービスのことがわかりにくいので、
それぞれの項目にカーソルを合わせて選択するとサービスの説明が表示されます。

これらの中に「サービスの停止」「サービスの再起動」という青字の
項目が表示されているものは停止させることが出来ます。

一覧リストの中で明らかに使っていない不要なサービスがあったらダブルクリックで
プロパティを開き、「停止」「OK」のボタンを押して動作を解除できます。

(「サービスの停止」と出ていないアプリケーションはプロパティを開いても
停止のボタンを押すことが出来ません。「サービスの開始」とだけ出ている場合は
まだそのシステムは起動していないので、プロパティで開始することも出来ます。)

Windowsで不要なサービスを無効にして快適化するには? の続きを読む

Windows7の起動が遅い時の原因と修復方法は?

Microsoftで現在最新のOS(オペレーティングシステム)の
Windows 7(ウィンドウズセブン)をインストールしたパソコンの
起動時間や読み込み速度がなぜか遅い、重い、という場合の原因と修復の方法について。

まず、現在使っているパソコンは、最近購入した新品のマシンで元々Windows7が
入っていたものであるか、または以前に買ったマシンにWindows7をインストールした
ものであるかどうかで少し違ってきます。

何年もずっと同じPC本体を使っていて、それまではWindows XPかVista、2000、98などの
OSを入れていて、最近Windows7にアップグレードしたか丸ごと再インストールした、
という場合は、マシンのスペックとCドライブの状況を一旦確認してみましょう。

Windows7の起動が遅い時の原因と修復方法は? の続きを読む

Windowsのレジストリを修復するには?

[レジストリ](Registry) とは、Microsoftから開発・販売されているオペレーティングシステムの
Windowsシリーズに設定されている、システムの内容を書き込みするための特殊な領域です。

例えばパソコンに新しくアプリケーションをインストールした時やOSのシステム設定を変更した時などに
その時の状態がこのレジストリというデータベースに書き込まれて保存されます。

しかしWindows OSの状態をこまめに書き換えを繰り返して保存しているレジストリは、
パソコンを使っていくほど次第に複雑に作り変えられて容量が肥大化していきます。

そうなるとアプリケーションのエラーや低速化の原因になるため、
時々、整理して最適化をしていくと快適に使い直していくことも一つの方法です。

Windowsのレジストリを修復するには? の続きを読む

Checking file system on C の画面表示とは?

Windowsパソコンを起動している最中に、フリーズが発生するなどの
トラブルが出たため、電源ボタンを5秒間押して強制終了させた場合などに、
次回にPCを起動した時に以下のような英文文字の画面が出る時があります。

Checking file system on C: ~

Windowsを普段のように閉じることが出来なかった場合にパソコン起動時の
ロゴ画面が表示された後で、ブルースクリーンに似たような青い画面に、白文字の英文が出てきます。

前回のパソコン操作特に特にエラーが発生した覚えがなくても、何かの原因でたまに突然表示されることもあります。

Checking file system on C の画面表示とは? の続きを読む

Windowsのスリープを解除するには?

スリープ(sleep)とは「眠っている」という意味で、
パソコンのOS上ではプログラムが休止状態にあることを指します。

オペレーティングシステムの動作が一時的に止まっていて
省電力の待機モードに入っており、ハードディスクやCPUもほぼ止まっています。

Windowsのスタンバイ状態や、ノートパソコンの蓋を閉じた時の状態がわかりやすい一例ですね。

休止状態の際もメモリに保存されている一時的なデータはそのままで、
電源ボタンのランプは点滅した状態です。

通常ならスリープを解除するには、点滅している電源起動ボタンのスイッチを
押したり、ノートパソコンの蓋を開き直すことですぐに復帰できます。
(ユーザー別のパスワードを設定している場合は再度入力が必要です。)

ですが、稀に長時間スリープ状態が続いた時などにすぐに立ち上がらない場合があります。

一定時間以上の待機が影響してパソコンやOSの機能にエラーや障害が起きていることが
原因である場合が多く、最新OSのWindows7やWindows8、10でも起こる場合があります。

Windowsのスリープを解除するには? の続きを読む

Windowsが勝手に再起動する原因の解消方法とは?

Windows7や8/8.1、10、またVista、XP、2000、98 OSのパソコンを動かしている最中、
急にソフトウェアが動かなくなって自動的にシャットダウンして起動が終了してしまい、
その後勝手に再起動するトラブルがよく起こる場合について。

まずOSが勝手に再起動してしまう主な原因の一つで、何も問題のない理由で
再起動というリアクションをパソコンが取られている場合があります。

Windowsの自動更新プログラムのインストールやウイルス対策ソフトウェアの
新規アップデートが行われた後、PCの最適化を行うために再起動が行われることがあります。

大抵は事前に「再起動しますか? はい/いいえ」というメッセージが表示されるのですが、
稀に何かの設定ミスやプログラムのエラーでそのまま勝手に再起動されてしまうこともあります。

またWindows2000やWindows98/95など大分前の古いOSである場合、
最近のアプリケーションソフトウェアやインターネットの性能や容量の処理能力が追いつかずに
エラーなどの支障をきたしてしまい、それが間接的な原因で起こる可能性もあります。

Windowsが勝手に再起動する原因の解消方法とは? の続きを読む

Windowsのロゴ画面が起動しない状態の修復の方法とは?

Microsoft(マイクロソフト社)から発売されているオペレーティングシステムの
『Windows』(ウィンドウズ)は『Windows 7』や『WindowsXP』から、現在では最新版の『Windows 8』、『Windows 10』への
移行と普及がどんどん進んでいます。

ウィンドウズは最も需要が高いOSである分、動作的なトラブルの件数も多く、電源を入れて立ち上げる時に
起動しないアクシデントをはじめ、様々なトラブルシューティングの方法も用意されています。

BIOSの画面を立ち上げる

まず、代表的な緊急時の立ち上げ方として、パソコンの電源を押してからBIOSの
ロゴ画面が表示された後にすぐ、キーボードのF8キーを数回ほど押します。

次に黒い背景と白文字画面の『Windows拡張オプションメニュー』画面が
表示されたら、いくつかのオプション項目が指定されています。

最初にまず『Windowsを通常起動する』の項目を上下カーソルキーで選んで、Enterキーを押しましょう。

これでウィンドウズのOSロゴタイトルが起動して
デスクトップ画面かユーザーアカウントの画面まで何事もなく進めば立ち上げ成功です。

しかし途中でBIOSのロゴ画面に戻ってしまったり、
デスクトップ画面が出てもすぐに勝手に再起動されてしまうこともあります。

この場合、次は再び拡張オプションメニューを開き、
今度は『前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)』を選びます。

次に『オペレーティングシステムの選択』の画面でWindowsと表示されていましたら
再びEnterキーを押して、立ち上げを行います。

これでも開かない場合は、次は『セーフモード』を選択し、先ほどと同じ手順で最低限の動作にとどめた状態での起動を試みます。

Windowsのロゴ画面が起動しない状態の修復の方法とは? の続きを読む

タスクマネージャーを参考にパソコンの状態を復旧するには?

アプリケーションソフトウェアを開いている最中にエラーが発生して実行中の状態から
操作が何もきかなくなり、フリーズが起きた場合、
デスクトップ下のメニュー一覧も操作が出来なくなることもあります。

ソフトウェア起動画面右上の赤い×ボタンを押したり、メニューの右クリック項目にある
閉じる」を選択しても指示が利かず、そのまま画面が停止する状態を解消するには
一度パソコンの電源を閉じるか再起動して状態を復旧させるしかない場合もあります。

シャットダウンの操作の手順

まずは『Windowsタスクマネージャ』を開きます。キーボードの
『Ctol』(コントロールキー)
『Alt』(オルタネートキー)
『del』(デルキー) の3箇所を同時に押して起動します。

タスクマネージャのメニューにある『シャットダウン』を押すと、
「スタンバイ」「コンピュータの電源を切る」「再起動」「ログオフ」といった項目が表示されますので、
このうち電源を切る、または再起動を選択してPCを一度シャットダウンできます。

タスクマネージャーを参考にパソコンの状態を復旧するには? の続きを読む

スタートアップ修復ツールでWindowsを回復するには?

タスクマネージャやリソースモニタのチェックツールを使っていくら状態を確認しても
どうしてもWindowsパソコンの不調の原因がわからずに問題が続く時は、
ウィンドウズの再インストールというトラブルシューティングの最後の手段を行う前に、
『スタートアップ修復ツール』という回復機能を使う解決方法がまだ残されています。

この機能はWindows VistaやWindows7 OS:Home Basic~Ultimateまで、
またWindows8/8.1、Windows10のバージョン、のエディションに使えまして、
まずは同梱されているWindows DVDをPCの電源を入れた時に挿入して、HDDではなく
DVDディスクでパソコンを起動する形でスタートアップ修復ツールを立ち上げます。

最初に『Windowsのインストール』という専用画面が立ち上がりますので、
下部に表示されている[コンピュータを修復する(R)]をクリックします。

次に『システム回復オプション』画面でmicrosoft Windowsを選択して『次へ』を押します。

次の選択メニューでは、スタートアップ修復、システムの復元、Windows Complete PC復元、
Windowsメモリ診断ツール、コマンドプロンプト、という項目があります。

5つのうち通常では一番上の[スタートアップ修復]を選んで自動診断・回復を行います。
表記にもあります通り、[システムの復元]や[Windows Complete PC復元]を選んで、
以前の正常だった時の状態にパソコンを回復することも出来ます。

スタートアップ修復ツールでWindowsを回復するには? の続きを読む

再起動を繰り返すエラーから修復するには?

Windows(ウィンドウズ)が突然止まって、その後自動的にパソコンが起動するも
ログオン画面やデスクトップ画面まで進む前に、もしくは画面が開いてすぐに
再起動されて、その状態を何度も繰り返すトラブルの対処方法について。

原因として最も考えられますのはWindows OSのシステムファイルが
何らかの原因で破損してしまっているケースです。

ワーム型ウイルスの感染や、レジストリの肥大化、ソフトウェアのインストールといった原因で
起きてしまった可能性が高いです。

CPUやメモリの性能不足で間接的に破損の原因を作る可能性もあるのですが、
直接的には、大抵ハードディスクドライブ内部に問題が起きています。

しかしそのままではウィンドウズがまともに開けず確認もできないため、
ひとまずはシステムをリカバリーさせる必要があります。

一度パソコンの電源を切ってからコンセントも抜いて、しばらく放置して
PC本体を冷まして数時間から半日ほど休ませます。

その後パソコンを起動させて、状態が元に戻らなかったら継ぎは
再起動の直後にF7キーを数回押してセーフモード画面を開き、
各項目からWindows OSの起動ツールを選んで一通り試みてみましょう。

再起動を繰り返すエラーから修復するには? の続きを読む

Windows 7、8、10は視覚効果でも容量を使う?

Microsoft Windows OS(マイクロソフト ウィンドウズ)の現在でのバージョンである
XP・Vista・7・8/8.1・10はそれまでの98や2000などの旧バージョンと違い、
画面のデザインに綺麗な視覚効果が数多く施されています。

マウスポインタの影やタスクバーのボタン、各種メニュー画面など、
OSインストール時の初期状態では大変綺麗に映って見えるのが特徴です。

ですが、これらのビジュアル一つ一つの色彩やさまざまな効果も
表示させるのに実はパソコンの容量を使用しています。

購入直後であまりソフトをインストールしていない状態でしたら
まだ十分に処理速度が速いため特に気にはならないくらいなのですが、

様々なソフトやファイルが入っていくうちに次第に動作は重く、遅く調子が悪くなっていくことも多いです。

Windowsがなかなか速く動作しない、という場合は不要なアプリケーションプログラムや
ファイルを削除していくことで少しずつ軽くなり、スピードも元に戻っていきます。

しかしそれでも中々十分に速くならない時、Windows 7/8/10に多く使われている
視覚効果を無効にすることで、その分の動作を軽くしていく方法もあります。

Windows 7、8、10は視覚効果でも容量を使う? の続きを読む

Windows10をセーフモードで起動して修復するには?

Microsoftからリリースされているオペレーティングシステム
Windows 10」(ウィンドウズ・テン)は
非常に処理能力が高く、安定感のある優れたOSです。

しかし長く使っていてシステムに所々エラーや損傷が蓄積していくと、
ある日急に、正常にデスクトップ画面が開けなくなる場合もあります。

またWindows7のOSが良くてもパソコン本体が古くてスペックが低いと、
十分に性能が生かせず不具合が起こりやすくなることもあります。

主なOSのトラブルの事例は、ディレクトリの破損、システムの負荷によるフリーズ、
コンピューターウイルスの感染、レジストリの不具合、アプリケーションの問題発生、
空き容量の不足によるエラー、誤って重要なプログラムを変更、動作環境の基準が満たない、
アップデートに失敗、過熱やメモリ不足でシステムがダウン、など多くの原因があります。

もし急にデスクトップ画面がしっかりと開かなくなったりした時は、
Windows XPやVista、7、8と同じく、「セーフ モード」を使って開き直してみてください。

Windows10をセーフモードで起動して修復するには? の続きを読む

システムは深刻なエラーから回復しました。と表示されたら?

前回Windowsを起動していた最中にアプリケーションプログラムに
何らかのエラーが発生して強制終了やハングアップが起こってしまい、
ウィンドウズを強制的に再起動させた時やソフトの画面を閉じた場合などに、

【Microsoft Windows(読み:マイクロソフト ウィンドウズ)
システムは深刻なエラーから回復しました。』
このエラーのログが作成されました。この問題をMicrosoftに報告してください。

というダイアログが表示されることがあります。

ウェブサービスサポートへの問題の送信

ここではマイクロソフトのウェブサービスサポートの方に問題の状況を【送信する】【送信しない】
の二択が表示されるのですが、基本的に特に送信を行わなくても大丈夫なので、どちらを選んでも構いません。

エラーメッセージのダイアログボックスは選択ボタンを押してデスクトップの表示が解除されます。

問題としては再起動するたびにこのエラーメッセージが表示される場合で、ソフトウェアの
プログラムやレジストリにはまだシステムのバグや損壊の部分が残っている可能性もあります。

システムは深刻なエラーから回復しました。と表示されたら? の続きを読む

詳細ブートオプション画面を表示してパソコンを修復するには?

Windowsのオペレーティングシステムが搭載されているパソコン本体の電源を入れた後に、
普段は出るはずの起動のロゴ画面が表示されず、またはその途中で中断して再起動されてしまい、
かわりに黒い背景と白文字の画面などが表示される場合には、どうすれば修復できる?という疑問について。

前回正常起動時の構成で開く

まず、ウィンドウズのログオン画面が表示されないため、そのままでは正常なOSの起動が出来ません。

そのため、まずはいくつかある項目のうち『前回正常起動時の構成』を
↑↓キーで選択してEnterを押してみましょう。

それでもWindowsが起動せず詳細ブートオプション画面に戻されてしまったら、
次は『セーフモード』を選択して、起動を試されてみてください。

詳細ブートオプション画面を表示してパソコンを修復するには? の続きを読む

回復コンソールでウィンドウズXPを修復するには?

Windows XP-OSのシステムファイルが壊れてしまい、パソコンの電源ボタンを押してから
起動がしなくなった時は、

Windows XP CD-ROM (ウィンドウズのインストールディスク)に
搭載されているツール:【回復コンソール】を使用してシステムの復活を行う方法があります。

セーフモード画面でも直らなかった場合は、再セットアップ(初期化)を
される前に一度試みてみましょう。

回復コンソールでウィンドウズXPを修復するには? の続きを読む

Windowsが起動できないHDDのデータ復元方法とは?

ウィンドウズの画面が起動できなくなった際、ハードディスクドライブ内部の
データを復元するにはどうすればいい?という疑問について。

WindowsのOSが開けなくても、ハードディスクドライブそのものが
物理的に故障していなければ、他の機材などを経由して自分で元に戻すこともできます。

Windowsが起動できないHDDのデータ復元方法とは? の続きを読む

セーフモードからOSを正常に起動して修復するには?

Windows OSは、何かのアプリケーションソフトや外部周辺機器をインストール・セットアップを
した後で、たまに次回からの起動時にOSが正常に開けないケースがあります。

しかし、この問題は多くの場合一時的なもので、「セーフモード」という開き方を実行することで、
ある程度のエラーも自動的に修復されて、次からの起動時には直り、解決することができます。

USBケーブルやフラッシュメモリなど外部接続機器とそのコードは、あらかじめ全て抜いて外しておきましょう。

まずはパソコンの電源ボタンを押してからすぐに、キーボードのF8キーを押し続けるか、
あるいは自動的に『拡張オプションメニュー』の黒い背景と白文字の画面が表示されます。

次に、矢印のカーソルで、どのモードで起動するかを選択します。

通常は【セーフモード】か、【Windowsを通常起動する】を押します。

これでウィンドウズが無事に展開されれば、起動成功です。

セーフモードからOSを正常に起動して修復するには? の続きを読む

ウィンドウズのOS画面の起動に時間が掛かる時に速くするには?

PC(読み:ピーシー・ぱそこん)を起動させてWindows画面が自動的に開く時、
内部パーツの性能やシステム設定・空き領域次第では
立ち上げまでに多少時間がかかってしまうことがあります。

遅いPCでは電源ボタンを押してからウィンドウズのデスクトップ画面が開いて
操作がちゃんと利くようになるまでに10分以上かかってしまう場合もあります。

こんな時、どの用に修正すれば少しでもOSの立ち上がりの時間を速くして
効率よく作業ができるようになる?という疑問について。

まず確実な対処方法としましては、パソコンのCPUやメモリ・HDD・主基盤の性能を良くするために
買い替えや交換・増設・修理を行ってパーツの面で速くするのが最も有効です。

しかしすぐに買い換えられない、という場合は、今までにOSにインストールした
アプリケーションソフトウェアを全部見直してみましょう。

ウィンドウズのOS画面の起動に時間が掛かる時に速くするには? の続きを読む

Windowsパソコンの動作遅延の原因を改善するには?

Microsoft Windowsの(マイクロソフト・ウィンドウズ)のOSのパソコンを買ってみたけれど
パーツの容量が足りなかったせいか、動作が思ったより遅い、重い、と思った時、
まずはVista独自の新機能『パフォーマンスの情報とツール』や『問題のレポートと解決策』、
Windows10の『パフォーマンスオプション』などで性能の状態や問題点について改善できます。

Windowsのパフォーマンス診断

まずはパソコンを起動してデスクトップ画面を開き、
スタートメニュー⇒コントロールパネル⇒パフォーマンスの情報とツール、と開いていきます。

プロセッサ、メモリ(RAM)、グラフィックス、プライマリハードディスク、と、
各パーツおきのサブスコア・基本スコアの値が確認できます。

次にタスクの「詳細ツール」にて、パフォーマンスを遅くする原因となる
設定が確認できた場合の一覧が表示されます。

この問題点を個別に修正していくことで処理速度は次第に改善されて直っていきます。

Windowsパソコンの動作遅延の原因を改善するには? の続きを読む

Windowsのカーネルを修復してOSの画面を開くには?

Windows(読み:ウィンドウズ)のパソコンのOS画面が起動できなくなった時は、
セーフモードからの起動や回復コンソールを用いたシステム復旧などいくつもの方法があります。

カーネル復旧による直し方

しかしこれらを順番に試してみても元の正常な状態に戻らずウィンドウズのデスクトップ画面や
ログオン画面が開けないときは、【カーネル】の復旧手順も試されてみましょう。

カーネル(Kernel)とはオペレーティングシステムの中核部分であり、
この部分が破損していると、そのままでは起動ができなくなってしまいます。

まずは起動用のインストールCD/DVDディスクをドライブ装置に挿入します。

次にPCの電源を入れて回復コンソールを起動します。

一例としまして、expand d:¥i386\ntoskrnl.ex- c:¥windows¥sys-tem32
(expand d:¥i386\ntoskrnl.ex_- c:¥windows¥system32)
と入力して、キーボードの【Enter】キーを押します。 (「¥」は半角文字に直します。)

Windowsのカーネルを修復してOSの画面を開くには? の続きを読む

サポート期間が終了したWindowsのOSを最新版へ更新

Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)のオペレーティングシステム-OSは
Windows95⇒98⇒ME⇒2000⇒XP⇒Vista⇒7⇒8⇒8.1、とバージョンアップを重ねていきまして、
そしてMicrosoft Windows10(マイクロソフト ウィンドウズ・テン)が開始されました。

しかし新しいOSの登場に伴い古いバージョンのOSは次第にサポートが終了し、
95、98、ME、Win2000、WinXP、WinVistaはメインストリームサポートが終了しました。

ウィンドウズを古い種類のまま使っていきますと、Windows 7、8/8.1、10以降に作られた
新しいアプリケーションソフトウェアに動作環境が対応できなくなることがあります。

また、プログラムのアップデートやセキュリティ以外のサポートサービスの更新を
受けられなくなり、パソコン作業や安全性の面でも十分とはいえません。

サポート期間が終了したWindowsのOSを最新版へ更新 の続きを読む

ブルースクリーン画面のトラブルが発生した時に修復するには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンの起動中に、
急にオペレーティングシステムの動作が停止してしまい、
青一色と白い英文のみの画面が表示されて操作不能になる問題を、
ブルースクリーン(ブルーバック・青画面・ BlueScreen)と言います。

この状態は、PCのシステム的なトラブルの中でも特に危険な状態に当たります。

最近の安全性が高まったWindowsのOSのパソコンではあまり起こらないのですが、
スペックの低いPC本体や、ME以前のOSを使用している場合、細かいエラーの積み重ねや
レジストリの欠如・システムの負荷といった障害が原因でブルーバックの状態が起こりえます。

ブルースクリーンの状態になると、Windowsが開かず、操作ができなくなります。

この場合、ひとまずはパソコンの電源ボタンを長押しして、強制終了で電源を切ります。

筐体の電源コードを抜くなどして、少しパソコンを冷やしてから、再度立ち上げます。

ブルースクリーン画面のトラブルが発生した時に修復するには? の続きを読む

Windowsで発生する問題を直す手順の一覧

Microsoft(マイクロソフト)から開発・販売されているオペレーティングシステム
Windowsファミリー」がインストールされたパソコンを使っているうちに、
何かのエラーや起動の障害といったトラブルが発生した時のための問題解決につながる
各種・解説ページの一覧リストコーナー(サイトマップ)です。

ウィンドウズ7やウィンドウズ8、10、またVistaやXPなどのバージョンのOSで発生した
深刻なアクシデントが原因で破損した箇所を回復機能で直して解決したり、
パソコンの故障の状態や性能をチェックする時などにお役立てできましたらと思います。

Windowsで発生する問題を直す手順の一覧 の続きを読む

Windowsの再インストールでシステムエラーを回復するには?

WindowsパソコンはOS(オペレーティングシステム)を自分で再インストールして
全システムやプログラムを初期化状態(購入時と同じ設定)直すことで、
システムのエラーやバグ、その他障害などを修復できることをご存知でしょうか?

ウインドウズのOSにはWindows95・Windows98・Windows2000・WindowsME・
WindowsXP・WindowsVista、7、8/8.1.、10といったバージョンがあります。

通常、店頭でパソコン本体を購入する際には最初からインストールされており、
すぐに使用ができるパターンが多いのですが、同時にOSプログラムの
インストール用CD-Rも同梱されている製品も多くあります。

コンピューターウイルスに感染してシステムの多くが破損してしまったり、
内蔵のハードディスクドライブが壊れてしまい交換しなければならない時、
他にもローカルディスクの空き領域が埋まってしまい稼動に支障が出てきた時、

また間違ってWindowsのプログラムを消去してしまい正常にOS画面が開けなくなった場合などの
アクシデントが起こった場合には時に、リカバリーCDを用いて再インストールを行う必要があります。

Windowsの再インストールでシステムエラーを回復するには? の続きを読む

Windowsの処理速度が遅くなった時に修復するには?

Microsoft(マイクロソフト)から開発・販売されているOS「Windows」(ウィンドウズ)は、
それまでのバージョンのOSで使われていたデザインやシステム、ツールなどが、
最新バージョンの製品のリリースによって、大幅に変わることも多いです。

その分、パソコン本体に必要とされる動作環境もより性能の高いパーツ構成が望ましくなります。

例えばWindows XPやVistaを入れて使っていたPC本体に新しくWindows7や8、10をインストールして使う場合、
部品の性能が低いものであると、読み込み速度が遅い場合もあります。

パーツを増設して読み込み速度を上げる方法とは?

メモリが1GB未満でハードディスクの容量が256GB未満と低めだったり、
CPUやマザーボードが古い製品だと、OSの性能が発揮できないこともあります。

また、新しいバージョンのWindowsに移行するとともに、新しい用途にパソコンを使う際に、
時にはビデオカードやサウンドカードなどのパーツを増設する必要も出てきます。

特にメモリの容量が低いままだと遅くなりやすいので、新しくより最大容量の大きいメモリを購入して
マザーボードから交換したり、2枚以上に増設されてみてください。

Windowsの処理速度が遅くなった時に修復するには? の続きを読む

Windowsの動作が遅くなる原因と復旧の仕方とは?

Microsoft(マイクロソフト社)から販売されています、世界的に広く普及している、
グラフィカルユーザーインターフェースOS(オペレーティングシステム)である
Windows」(ウィンドウズ)の搭載されたパソコンを日々お使いの際に、
次第に操作する時の動作が遅くなったら、何が原因でどのようにすれば復旧できる?という疑問について。

メモリの容量の不足

例えばパソコンに最初から内蔵されているメモリの容量が512MBや256MB、128MBくらいだと、
新しいアプリケーションの動作に必要な基準が満たずに遅くなるケースが多いです。

なので、新しくリリースされたばかりのソフトウェアをインストールしてから
パソコンが重く感じた時は、まず、修正パッチが出ていましたらそちらを当ててみます。

または、常時稼働している機能を停止するか、一度アンインストールする、
あるいは、そのまま使い続ける時には、メインメモリの増設を行ってみてください。

Windowsの動作が遅くなる原因と復旧の仕方とは? の続きを読む