ページの案内

『コンピューターの修理』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。









コンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「コンピューターの修理」のページリスト

当カテゴリー「コンピューターの修理」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

「デバイスとプリンター」でトラブルシューティングを行うには?

Microsoftのオペレーティングシステム「Windows」がインストールされたパソコンに
プリンター、または複合機や、キーボード、ディスプレイ、マウス、スピーカーなどを
それぞれのケーブルのポートに取り付けて使う際、接続や動作のエラーなどが発生して
正常に使用できなくなったら、どのようにトラブルを解決できる?という疑問について。

「デバイスとプリンター」を開く

こちらの一例では、Windows 10(ウィンドウズテン)で操作を行った場合について解説いたします。

まず、Windowsのデスクトップ画面からコントロールパネルを開いて、一覧にある「デバイスとプリンター」を開きます。

プリンターや複合機、FAX、キーボード、マウス、液晶モニターなどのそれぞれの周辺機器の名前が表示されます。

もしそれぞれのの画面に対象の電子機器のアイコンが表示されていなかったら、
デバイスがコンピューターに認識されていないか、接続が正常にできていない状態です。

また、専門のパソコン修理サービスで、どこに認識のエラーの問題が出ているかを検査して直してもらうこともできます。

「デバイスとプリンター」でトラブルシューティングを行うには? の続きを読む

ウィンドウズの更新後にプリンターが印刷できない場合に修復するには?

Microsoft Windowsのオペレーティングシステムをインストールして使用しているパソコンでは
OSのプログラムが定期的に、手動か自動でアップデートされていきます。

そんな中である日、ウィンドウズのアップデートによる更新での再起動の後に、
プリンターを使用する際に、入力が伝わらず動かなくなって印刷できなくなった、
という場合にはどうすれば元通りに修復できる?という疑問について。

主なプリンターの製品一覧

・Canon(キャノン): プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG3630 BK ブラック
・EPSON(エプソン): インクジェット複合機 Colorio PX-045A
・brother(ブラザー工業):A4 インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J562N 両面印刷/無線LAN
・HP(ヒューレット・パッカード):インクジェット複合機 ENVY4504 A9T89A#ABJ
・CASIO(カシオ):ディスクタイトルプリンター CW-E60

プリンターのデバイスドライバをインストールし直す

まず、「デフォルト プリンタ が存在しません」といったエラーメッセージが出てくる時は、
「コントロールパネル」の「デバイスマネージャー」を開きます。

「プリンター」の項目にある製品の名称を選択して、右クリックをして「削除」を選択します。

パソコンを再起動するとデバイスドライバ―ソフトウェアがインストールし直されます。

ウィンドウズの更新の際にデバイスドライバ―の関連で問題が出ていた場合は
これで修復されて以前のように印刷ができるようになります。

ウィンドウズの更新後にプリンターが印刷できない場合に修復するには? の続きを読む

古い機器のハードディスクからデータを救済するには?

古いパソコンや、かなり前の外付けHDDケース、旧型の映像の再生装置、といった
コンピューター機器では、現在のSATA(シリアルATA)方式のハードディスクやSSDではなく、
IDE方式のハードディスクドライブに対応・搭載されている製品が多くなります。

ある時、だいぶ以前に使っていたパソコンなどの危機をもう一度起動しようとしたら、
故障したためか正常に動かなくなり、内部のHDDなどに保存していたデータが開けなくなった場合、
どうすれば必要なファイルを救済できる?という疑問について。

[IDE方式のハードディスクの製品一覧]

・SEAGATE:3.5インチHDD 80GB PATA(IDE)接続 7200回転 ST380215ACE
・MARSHAL:3.5インチHDD 500GB IDE PATA 7200rpm 内蔵ハードディスク MAL3500PA-S72
・富士通 :2.5インチ内蔵HDD 100GB MHV2100AT PL IDE/ATA100

まず、一度お使いの古い機器から、すべてのコードを本体から引き抜いて電源コードも取り外します。

電源ボタンを数回ほど空押しして、静電気を抜きます。

デスクトップパソコンのように、蓋を開いて内部のパーツが確認できる機器でしたら、
移動した時の衝撃などで一部のパーツやコードの接触が外れていないかを確認します。

また、電源コードを別の製品の付属のものと付け間違えていないかどうかも確かめます。

HDDが長期間、通電していない状態では、一回起動させた時は正常に読み込みできない可能性があります。

異音が鳴っていなければ、何回か起動を繰り返してみます。

取扱説明書がまだお手元にありましたら、そちらのトラブル対応の項目を開いて、
各製品ごとの問題の事例と対処方法を確認されてみてください。

どうしても古いコンピューターが起動できない時は、修理に出してみる方法があります。

メーカーでの保証がすでに切れている場合は、私設のコンピューター修理店に出して
診てもらわれることもおすすめします。

また、特にメーカーでの修理の場合、ハードディスクの内部データは消去されますので、
先にHDDを抜いておくか、ファイルのバックアップでの救済の措置をする必要があります。

ハードディスクが読み込みできない場合には、専門業者のデータリカバリーサービスにて、
パソコンや外付けHDD、RAIDなどの装置から、保存したデータを救出してもらうこともできます。

古い機器のハードディスクからデータを救済するには? の続きを読む

パソコン本体を動かして急にOSが終了した時の復旧方法は?

デスクトップパソコンまたはノートパソコンの電源を入れて普通に使っている最中、
少し本体の位置をずらして動かしたり、持ち上げて置き場を変えた時に、
急に電源が切れてOSが閉じてしまった、というトラブルが起きた場合の復旧方法について。

OSが一瞬で終了してしまった原因はやはり、本体を持ち上げたり動かしたときの
物理的なショックでほぼ間違いないです。

内部の回路に衝撃を与えてしまうと、
デリケートなデスクトップ機や衝撃吸収性能が低いケースのノートブックPCでは
受けたダメージに耐え切れず、OSの起動が終了してしまう事もあります。

また少し位置をずらした時に、電源のコードや周辺機器のUSBケーブルやLANケーブル
ぐいっと引っ張られて本体のコネクタから抜けたり、他のコードと絡み合ったりすると
そのショックでプシューッという音と共にデスクトップ画面が消える事があります。

その逆に、PC本体は動かさなくても、起動中にケーブルコードを動かしたり
絡まった部分をほどいて引っ張ったりすると、その影響で
電源の供給が一瞬途絶えて、本体の電源が落ちてしまう事も多いです。

再起動後の対処

デスクトップ本体またはノートパソコン本体の電源が一度落ちた後は、
電源ケーブルのコンセントが本体のコネクタや電源コードがら抜けていなければ、
本体の部品の回路がショックで壊れたり外れていなければすぐ自動的に再起動して、
ふたたびOS画面が前回と同じく開きます。

パソコンが正常に起動できなくなった場合は、一度を電源を止めて、ケースを開いてメモリが
ちゃんと差し込んであるか、あるいはハードディスクや電源ユニット、マザーボードが
焦げ臭くなっていないか、どこかの配線が外れていないか、などを見て確認してください。

もしどれかのパーツが破損していたら部品交換の修理による対処がどうしても必要になります。

パソコン本体を動かして急にOSが終了した時の復旧方法は? の続きを読む

大規模停電で消えたデータを復旧する対策

落雷や強風、豪雨、雹、地震、津波、洪水、台風、大雪、火災、竜巻などの
災害の影響を受けて停電が起こり、市街地や施設への電力の供給が止まると、
家電製品のみならず、デスクトップパソコンやサーバー、プリンター、モデム等、
電源コンセントからの電気の供給を必要とする機器も使えなくなってしまいます。

特に大きな災害や電力関連施設の事故で地域一帯の大規模停電が発生すると、
しばらく電気が使えずにインフラが滞ってしまう可能性も出てきます。

ノートパソコンやデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、無線LANルーターなど
バッテリーが内蔵されている電子機器や電池で動く小型の機材は、
電力が補充されていればまだしばらく使えます。

なので電源装置(パワーサプライ)の残った電力や電池の中身が無くなる前に
メモリーの保存をすればいいのですが、問題はやはりデスクトップパソコンや、
サーバー、TeraStation、LinkStation、Landisk、RAID、プリンター、
外付けハードディスクといった、基本的に電源コードが必要になる機器の方ですね。

電気が止まって屋内全体が停電の状態になるとコンピューターに使っている
電源コンセントからの電力も断絶されるため、ファイルの上書き保存をする暇も無く
一瞬で電源が落ちてしまい、書きかけのファイルなどが消えてしまいます。

大規模停電は事前に落雷や強風の前触れなど予兆が起こる場合も多いのですが、
大地震や交通事故などの物理的な障害で急に前触れなく発生する事もあるので、
大事なコンピューターほど十分に停電対策を施しておく事も大事です。

大規模停電で消えたデータを復旧する対策 の続きを読む

デスクトップの表示が消えた時に復活させるには?

デスクトップ(desktop)とは『机の上』を意味し、コンピューター上ではMicrosoftの
WindowsやApple社のMac OSをパソコンやサーバーで開いた時にあらゆる
アプリケーションソフトウェアやシステムを操作して使っていく時の入口(ENTER)となる画面です。

基本的に左上詰めでソフトのアイコンやフォルダが列になって表示され、
また下のタスクバーや、スタートメニューにも主なアイコンが出ています。

デスクトップに表示されているアイコンはいつでもマウスで好きな位置に移動したり、
右クリックで削除することが出来ます。

プログラムの追加と削除』でソフトウェアをいアンインストールすると、
ショートカットのアイコンも自動的に消去されます。

しかし間違えてまだ使うソフトのアイコンをデスクトップから消してしまった時は、
まだごみ箱ツールに入っているので元の場所にすぐ戻しましょう。

またはマイコンピュータのProgram Filesからそのツールのフォルダに移動し、同じ形のマークを
見つけて右クリックで送る⇒デスクトップ(ショートカットの作成)と指示すれば再び表示されます。

なお、『WINDOWS』のフォルダはCドライブ:Documents and Settings
ユーザー名のフォルダに格納されています。

また、デスクトップから必要なフォルダーが消えてしまった、といったファイルの消失が
もし発生した場合には、プロの「データリカバリーサービス」で、修復してもらわれることも
推奨します。

デスクトップの表示が消えた時に復活させるには? の続きを読む

自然災害で失ったデータを復旧したい時は?

パソコンの本体やサーバ、USBメモリ、外付けHDD、LinkStation、LANDISKといった電子機器に保存しているデータが失われてしまう原因は、システムの障害やヒューマンエラーといったトラブルの他に、自然災害による影響で記憶装置が物理的に故障して読み取れなくなる、という要因もあります。

台風、強風、落雷、大雨、洪水、津波、大雪、雹、地震、土砂崩れ、地盤沈下、山火事、噴火、といった自然災害、他に、日本ではあまり頻繁には発生しないですが、竜巻や砂嵐、また、建物の火災発生や倒壊などの人災でも、やはり大きな被害が出てしまいます。

例えば、台風や洪水により屋内に水が浸水してパソコンが水に浸かって壊れてしまう場合や、近くの落雷により電源コンセントから高圧な電気が流れて電源ユニットやハードディスクが焼き焦げる事態、地震や強風でコンピューターが倒れて強い衝撃を受ける場合などが多いです。

機械は基本的に、浸水、衝撃、高熱、高電圧、異物の侵入といった、外部環境からの影響に脆い一面があります。

ですが、ある程度まで破損した電子機器からも、プロのデータ復旧サービスの方で、まだ内部の補助記憶装置からファイルやフォルダーを取り出しできる見込みがあります。

自然災害で失ったデータを復旧したい時は? の続きを読む

電子部品等を安全に使用する際に製品データシートを確認

データシート(Data Sheet)とは、主に半導体など複雑な電子デバイスやコンピューター機器、
または化学物質などの取り扱いの際に注意するポイントの安全確認が記載された媒体の事を指します。

ICチップや真空管といった電子部品、または医薬品などの物質は取り扱いを間違えると故障したり、
場合によっては大変な事になる可能性もあるため、厳重に製品安全データシートでチェックをしながら作業を行う必要があります。

機器やシステムの取り扱い

パソコンやコンピューター製品の難しい操作を行う場合でも、わからない所が多い時は
取扱説明書や専門のマニュアルを参考にして
少しずつ手順を覚えながら安全に使用していくのが望ましいです。

またもう一つの意味として、マイクロソフトオフィスのエクセルやワード、パワーポイントなどの
オフィス用ソフトウェアの中にデータシートと呼ばれる、グラフを作成する時のデータ入力・編集の機能もあります。

電子部品等を安全に使用する際に製品データシートを確認 の続きを読む

静電気や電波ノイズの障害でデータが消える事もある?

電子機器は急激な規格外の電気エネルギーを受ける事が弱点の一つであり、パソコンのデータを記録している
ハードディスクドライブに静電気や電波ノイズ、電磁波、また近くの落雷による過電流などが流れると、
機械の故障やデータの破壊のアクシデントが発生する可能性があります。

HDDは電力と磁気の力を使い書き込みを行う作用であるため、予期せぬ電流が流れるのは特に危険です。

まず、静電気(static electricity:スタティックエレクトリシティ)は外出で持ち歩いているノートパソコンや
外付けHD、携帯電話などに被害が及びやすく、間近で火花放電を受けた影響で回路に異常をきたす可能性も無いとは言い切れません。

静電気や電波ノイズの障害でデータが消える事もある? の続きを読む

水濡れして壊れたケータイのデータを取り出すには?

携帯電話(ケータイ)やスマートフォン(SMART PHONE)は、水濡れ・水没にとても弱い、
という一面があります。

台所やお風呂場、トイレ、洗面所、洗濯機、飲料水、市民プール、海辺のビーチ、雨や雪の日、
と、ケータイが水に濡れるアクシデントの可能性はどこにでもあるとも言えます。

アウトドア用の防水ケースを使っていれば水分の付着や浸入をある程度防止できるのですが、
やはり年中防水ケースに入れている、というわけにもいかなくなりますね。

近年のスマートフォンなどは、耐水・防水仕様の製品も多いのですが、
それでも もし深い池や川などに落として何時間・何日も浸かってしまった時は、
やはり故障してしまう確率が高くなってしまいます。

そして実際に携帯電話が水に濡れてしまったり、水の溜まり場に
丸ごと水没してしまった時にはどうすればよい?という際のサルベージの方法について。

まずはすぐに乾いたタオルやハンカチで、付いた水滴を全て拭き取りましょう。
そして電源は必ずすぐに切ります。

ケータイの内部に水分が浸水してまだ乾いていない状態で電源を入れると
ショートして中身が焼き焦げて、完全に故障する危険が極めて高いです。

特に海水や飲料、泥水などに触れた時は要注意です。

電源を切ったら充電器に差したりはせずに、すぐに携帯電話会社の窓口に持っていきましょう。

そのまま使い続けるのは決してお勧めできません。

水に濡れてもまだ電源が二度と付かないほど壊れているとは限らず、適切な対処をしてもらい
中身の全データを回収して新しい機種の方へ移行してもらうことも可能です。

水濡れして壊れたケータイのデータを取り出すには? の続きを読む

一時的に止まったパソコンを修復して動作を再生するには?

パソコンにキーボードやマウス等で打ち込んだ操作の処理能力がシステムや性能上 追いつかずに、
一定時間急に動作が効かなくなるエラー障害をフリーズ、またはハングアップと呼びます。

パソコンを使った事のあるほとんどの方はおそらく何度も、急にPC作業が
止まるトラブルの体験をされていると思います。

最初のうちはフリーズが発生=故障、とつい勘違いしてしまい、電源ごと一度消してしまい
作業中の上書き前データが消えてしまった、運が悪いとファイルやフォルダが壊れてしまった、
という手痛い損失を受けてしまう可能性もありますので、ご注意ください。

フリーズは一時的に操作が効かなくなるだけで、決してパソコンそのものが故障したわけではありません。

少し待ってみると1分~5分以内に、送った命令の処理作業が完了して
すぐにシステムがハングアップから回復することも多いですので
ひとまずは無理に動かさずにしばらく待機してみましょう。

開いているアプリケーションソフトウェアの一つが止まっただけでしたら、
他の開いているソフトウェアプログラムを一旦全て閉じてみると
CPUやメモリの負担が大きく減って、軽めの問題はすぐに修復されて元に戻る事もあります。

しかし厄介なのは『エラーが発生したため~を終了します』と表示された場合で、これが出てしまうと
大抵は強制的にウィンドウが閉じてしまい上書き前の更新データも保存されたまま消えてしまいます。

自動バックアップ&復元機能を持つソフト以外では再生が出来ないのが難点です。

また、パソコン全体が操作不能になってしまった場合もやっかいです。

やはり数分待ってみて、運が良ければPC動作が戻ってくるのですが、10分以上待ってみても
フリーズが回復されない場合は何時間そのままにしてもずっと止まったままな場合もあります。

一時的に止まったパソコンを修復して動作を再生するには? の続きを読む

トラブル発生時の画面を画像ファイルに保存するには?

パソコンの操作中にアプリケーションソフトやOSのシステムエラーが発生した時は、
何らかの画面の乱れや警告メッセージのバルーンが表示されることが多いです。

そんな時にその状態の画面を画像ファイルとして保存しておけば、
後にソフトウェアの製作元メーカーや、MicrosoftのWindows、AppleのmacOSの
セキュリティセンターに、障害の状況を報告して解決策を相談する際に役立ちます。

まず、ウィンドウズでアクシデントが発生した際、
まずその瞬間は何も操作せずに、キーボードのPrt Sor SysRqキーを押します。

次に、スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒「ペイント」のツール、
あるいは他の画像編集ソフトウェアを開きます。

ツールが開いたら、Ctrlキーを押しながらVキーを押します。

すると、Prt Sor SysRqキーを押した時にモニタで表示されていた画面が
そっくりそのまま表示されますので、これを画像ファイルとして、名前を付けて保存します。

画像データを保存する拡張子は「bmp」・「png」・「jpeg」あたりが良いでしょう。

トラブル発生時の画面を画像ファイルに保存するには? の続きを読む

BIOSの起動プロセスにエラーが発生した時はすぐに修理!

パソコンを起動してデスクトップ/スタート画面を立ち上げて作業をするまでのプロセスとして、

まずは電源ボタンを押す→BIOS(バイオス)が起動する→システムブート(HDD)の読み込み→カーネル(OS)の起動→ユーザーアカウントの画面でパスワードを入力する。→デスクトップ画面またはスタート画面が開く。→個別システム・アプリケーションを起動させる、という工程になります。

しかしこの一番最初のBIOSの起動が失敗してしまうと、PCのキーボードやマウスでの操作が全くできなくなり、非常に危険な状態です。

カーネル(Windows)やソフトウェアが起動しない時はシステム上での障害である事が多いのですが、BIOSの起動プロセスの段階でトラブルが発生した場合は、ハードウェア的な損傷の可能性が非常に高いです。

マザーボード(主基盤)か電源ユニットが焼き焦げたり破損しているなど、おそらく物理的な故障が起きています。

BIOSの起動プロセスにエラーが発生した時はすぐに修理! の続きを読む

パソコントラブルと故障のレスキューサービスとは?

お使いのパソコン本体の電源を入れても突然、急に起動できなくなったり、コンピューターウイルスに感染してプログラムが稼動しなくなってしまうと、オペレーティングシステムが破損しているおそれがあります。

また、誤ってデータやシステムを削除ないしフォーマットしてしまい消去すると、表示上では同じ物が開けなくなります。

正常にコンピューターが動かなくなった時、あるいはPC・機材やインターネットの操作方法がわからなくて困ってしまった時には、パソコンの修理を受け付けているレスキューサービスにて、様々なトラブルの解決をサポートしてもらうことができます。

主にインターネットへの接続からOS・ソフトウェアのインストール作業の代行、また壊れたシステムの修復やデーターのバックアップ、消えたファイルの復元、有害なコンピューターウイルスやスパイウェア、トロイの木馬の駆除、故障したHDDやマザーボード、CPU、メモリ、電源ユニットといったパーツの交換作業など、
大抵のPCトラブルの解消作業の代行であれば、店頭への持ち込み、または出張、郵送にて、機器の修理作業を請け負ってもらえます。

パソコントラブルと故障のレスキューサービスとは? の続きを読む

NECパソコンの不調をリカバリーするには?

パソコンメーカーで有名なNEC(エヌイーシー)とは日本電気株式会社
英文社名「NEC Corporation」の略称で、PC製品のロゴマークにも表示されています。

NECのPCをはじめとするコンピューター製品は基本的に性能が良いのですが
たまによく故障の起きやすいマシンに当たってしまうという話をよく聞きます。

筆者も、以前に一台、NEC製デスクトップパソコンを
使っていたのですが、当時はHDDが特によく壊れてしまい、何度か修理にも出していました。

しかし数ヶ月に一度故障が起きるという状態で、その都度ファイルも
消えてしまって結構な数のデータがなくなってしまったのが残念でした。

今はバックアップも心がけて、またPCや記憶装置も容量の高いものを選び、丁寧に使用するように心がけていまして、
パソコン修理についての知識も大分付けたので、最近ではトラブルもほとんど起こらず快適にPCライフを過ごしています。

まず、実際にOSがおかしくなったりWindows画面が立ち上がらなくなり、セーフモードからの操作でも元に戻らず
調子がおかしくなった時には、起動時にF11キーを数回押してリカバリーシステムを起動させる事で復元が行えます。

NECパソコンの不調をリカバリーするには? の続きを読む

SONY(ソニー)のVAIO(バイオ)のパソコンのデータ復旧

大手電子機器メーカーのソニー株式会社(SONY CORPORATION)製の
VAIO(バイオ)のシリーズのパーソナルコンピューターを購入して日々お使いの際、

急にアプリケーションのエラーシステムの破損、パーツの故障などが発生してしまい、内蔵ハードディスクのデータが
読み込みできなくなった時には、どのようにすればファイルを開いて復旧ができる?という疑問について。

まず、SONYのパソコンも他のメーカーのパソコンも他のメーカーの製品やBTOパソコンと同じく、デスクトップパソコン、
またはノートパソコンのケースに、ハードディスクやCPU、メモリ、マザーボードなどの部品が収納されています。

どのコンピューター製品でもやはり、数年以上使用していると、いつエラーや障害が発生しやすくなってもおかしくはありません。

もしパソコンのどこかのパーツが故障して動かなくなった時には、PCケースの蓋を開けて、
ハードディスクやSSDだけを取り外すこともできます。

専門業者のデータ復旧サービスの方でなら、ほかのメーカー製品と同様に、SONYのVAIOの
PC本体に入ったHDDの分解や交換の作業も、丁寧かつ確実に行ってもらうことができます。

SONY(ソニー)のVAIO(バイオ)のパソコンのデータ復旧 の続きを読む

落雷の被害で壊れたPCを修理するには?

夕立や台風などの悪天候で雷が鳴り出したら、パソコンや外付けハードディスク、RAID、NAS、サーバをはじめとする
電子機器は特に要注意です。

近くに雷が落ちた影響で電源の差込コードを通してOA機器や家電製品に過電圧・過電流が電源ユニットに流れ込み、
内部パーツの焼き焦げや電圧変化のショートによる破壊を引き起こしてしまう可能性があります。

また発火による火災事故や怪我にも繋がりかねないため、落雷対策は必須とも言えます。

もし落雷によりパソコンが壊れた時はどうすればいい?という疑問について。

電源装置の破損のトラブル

まず、落雷の直後にPCの電源が入らなくなったり焼き焦げた臭いがし始めたら
ほぼ間違いなく電源ユニットもしくはマザーボードあたりが破損しています。

それ以上は無理に電源を入れようとせずにまずは電源コードを抜いてください。

どのパーツが故障しているかはケースを開いて見なければ分からないため、自作パソコンに
詳しい方でしたら故障と疑わしいパーツを一つ一つ交換して試してみる方法が使えます。

落雷の被害で壊れたPCを修理するには? の続きを読む

ケータイのデータ復元ができる場合とは?

近年の携帯電話は大変頑丈に作られており、衝撃や圧迫に強く、
ちょっとやそっとでは壊れたりデータが消えたりはしないので非常に信頼のできる
記憶媒体・移動体無線通信システムの代表格として世界的に普及しています。

また、MiniSDカード・MicroSDカード・メモリースティックDuoといった外部メモリーカードの
搭載も可能であり、お使いのパソコンへカメラ写真画像やダウンロードアイテムなどの
ファイルをコピーしてバックアップする事もできます。

しかしながらケータイには水濡れには弱く、うっかり洗面器や洗濯機、池や水溜りに
落としてしまったり豪雨にさらされて濡れてしまったら中身の精密機器部分に浸水して
ショートや焼きこげ、錆びによる故障の原因を引き起こしてしまう事もあります。

また、電子機器(マルチメディア媒体)であるので基本的に湿気や磁気、高電圧、日光、
高温、低音といった外部環境にも注意しなければなりません。
また長年使い続けているといつかは電子デバイスとしての寿命が来てしまいます。

故障が起きる事を想定に入れて、こまめにUSB媒体からバックアップをとっておく必要があるのですが、
もしコピーを保存されていなかった場合でも、プロのデータ復元サービスセンターや、
NTT Docomo(ドコモ)の『水濡れケータイ データ復旧サービス』等で内部のICチップから取り出して
今までの記録を復活させてもらうこともできます。

しかし破損の状態によっては100%確実に修復できるというわけではなく、重度の浸水による部品の
深刻な焼き焦げや錆びの具合、強い圧迫によるパーツのダメージや火災などで受けた過熱による
融解・爆発など、非常にリカバリーが難しくなるケースもあります。

またうっかりデーターを消してしまわれた状態からさらに上書きされてしまうとファイルの痕跡が
完全に消失してしまう可能性が極めて高いため、誤って消去されてしまった時には
それ以上の操作は行わずに、すぐにデータ回復のサービスに相談をされてみてください。

ケータイのデータ復元ができる場合とは? の続きを読む

ハードウェアとソフトウェアの意味の違いは?

当サイトでも記事の文章などで、『ハードウェア』と『ソフトウェア』という単語をよく使います。

ですが、『Hardware』と『Software』の具体的な違いがよく分からない、という方も多いかと思われます。

大まかに分けた簡単な分類を含めて説明していきます。

ハードウェアとソフトウェアの意味の違いは? の続きを読む

PHS専用モバイルツールの削除データを復元する方法

PHS(ピーエイチエス)には現在、『b-mobileONE USBインターネットカード2製品
(ビーモバイルワン)の6ヶ月/1年使い放題パッケージの新型データ通信カードを
はじめとする様々なオプションツールが別売品として発売されています。

PHSデータ通信カードからモバイルを通してダウンロードしたファイルを、パソコンのUSBポートに
繋げてデバイスドライバより読み込みをしたりと、幅広い分野で楽しめるようになりました。

しかしながら、もしUSBインターネットカードやCF:コンパクトフラッシュメモリーカードの
データ保存カードが衝撃や圧迫・水害・熱などのアクシデントで破損してしまい
せっかく保存していたデータファイルが読み込めなくなった時はどうすればいい?という疑問について。

PHS専用モバイルツールの削除データを復元する方法 の続きを読む

壊れた携帯電話の記録メモリは窓口で回収できる?

ある日、それまで使っていた携帯電話やスマートフォンを、

・うっかり水の中に落としてしまった、
・コンクリートなどの下に落としてしまった、
・足で踏んづけてしまった、
・ヒーターなどの熱気で故障させてしまった、

といったのミスで物理的に壊してしまった、というトラブルのケースに遭遇されてしまうことも時には起こりえます。

そうなると今まで携帯端末に記録していた電話番号や電子メール、ブックマーク、着信履歴、アプリケーション、エディタ、
設定事項などの貴重で膨大な保存メモリのデータもまとめて失ってしまう?という時のための主な解決方法について。

ケータイの内部のファイルを回復

まずは基本としてやはり、ドコモ(docomo)、au(エーユー)、ウィルコム(WILLCOM)、イーモバイルといった、
契約した携帯電話会社の窓口のサービス(ケータイショップ)に、ケータイやスマートフォンの本体を持って行ってみてください。

製品の機種変更をする際に内蔵フラッシュメモリのデータを新機種に移行してもらえるサービスと同じで、窓口に
壊れた携帯電話やスマートフォンを持っていくと、故障した携帯内部のデータをそのまますぐに回収してもらえます。

例えば液晶モニターが割れて見れなくなったけど電源はちゃんと入る、
という状態でしたら内部フォルダまで損壊していなければ回収が可能です。

新しく買い直した携帯電話やスマートフォンの機種にそのまま移行してもらうことができます。

ファイルのバックアップがなかった場合、なるべく確実的に直すにはデータ復旧センターへ注文をされてみることをおすすめします。

壊れた携帯電話の記録メモリは窓口で回収できる? の続きを読む

HDDからカコンカコンと異音が鳴った時はデータ復旧はできる?

パソコンやRAID、NAS、レコーダーなどの電子機器で使われている補助記憶装置のハードディスクドライブで、ある時、
カコン、カコン、と異音が鳴り始めて、同時にデータの読み込みができなくなった時は復旧できる?という疑問について。

重度の破損の可能性

まず、カコンカコン、コトンコトン、という具合の異音が鳴っている状態は
高い確率でヘッドクラッシュ(HEAD CLASH)という障害が発生しています。

WindowsやMacintoshのオペレーティングシステムが開けず、BIOS画面でも読み込みが行われず表示されていない場合は、
物理障害という故障が起こっている可能性が高いです。

アクセスエラーが起こっているだけであれば、別のパソコンをお持ちなら
そちらに一時的に増設するかUSB外付けHDDケースに差し替えて接続する復旧方法もあります。

HDDからカコンカコンと異音が鳴った時はデータ復旧はできる? の続きを読む

廃棄処分時にデータ完全消去が必要な保存機器とは?

パソコンの本体が古くなってきたため買い替えて、それまでに使っていた方のマシンは、使わなくなったため廃棄処分をする、
またはリサイクルショップやジャンクショップ、ネットオークションなどの場所で売却をしたい、という際、
内蔵されたハードディスクドライブやフラッシュメモリにまだ書き込まれている個人データをしっかりと消去していないと、
第三者により閲覧をされたり、または復元をされてしまい、不正利用をされるおそれもあります。

そういった悪用の危険を防止するために、必ずHDDやメモリーカードは事前にすべてのデータを完全消去ツールなどを用いて削除しておきます。

これらの作業が必要なデータ保存メディアを、うっかり忘れてしまわれないように下記に一覧として記述しました。

廃棄の際に完全削除すべき記憶装置

主に以下のように、デジタルデータを書き込み・読み出しできるファイルの保存用メディアがあります。

・内蔵ハードディスクドライブ
・CD-R/RW/ROM
・DVD-R/RW/+RW/RAM
・SSD
・MO
・ブルーレイディスク
・USBメモリ
・SDメモリーカード
・RAID
・ファイルサーバー
・リンクステーション/テラステーション
・ランディスク/その他のNAS
・マルチメディアカード
・xDピクチャーカード
・メモリースティックPRO DUO
・スマートメディア
・コンパクトフラッシュ
・外付けHDD
・フラッシュメモリが搭載されたモバイル端末

他でも貴重なデータを書き込んだ場合でしたら、ビデオテープやMD、
フィルムやカセットテープに至るまで、全てのデータ保存媒体が当てはまります。

廃棄処分時にデータ完全消去が必要な保存機器とは? の続きを読む

プリンターのトナーからインクが出てこない時の直し方は?

インクジェットプリンターや複合機、レーザープリンター(printer)を使用する際に、
なぜか特定のインク、またはすべてのインクが出てこない、またはトナーが反応しないトラブルが
起きて用紙に印刷できない場合は、どうすればいい?という時の主な直し方について。

プリンターの製品の一例

・Canon(キャノン):カラーレーザー複合機 Satera MF8570CDW
・HP(ヒューレット・パッカード):ENVY4500 A4カラー複合機 ワイヤレス印刷対応 自動両面印刷
・EPSON(エプソン: インクジェット複合機 Colorio PX-045A
・BROTHER(ブラザー工業):A4カラーレーザープリンター JUSTIO 18PPM/LAN/AirPrint HL-3140CW
・OKI:COREFIDO2 C301dn A4 カラー LEDプリンタ C301DN
・日本電気(NEC):A4カラーページ LEDプリンタ MultiWriter 5600C PR-L5600C
・コニカミノルタ:magicolor 1650EN MC1650EN

まず、例としてhp(ヒューレット・パッカード)の複合機プリンターで
例えば黒インクだけが急に出なくなったり色がかすれてきた場合は、
黒色は消耗が早いため、ひとまずインクの残量を確認してみます。

次に、ノズルの目詰まりを解消する「ヘッドクリーニング」を行ってみます。

ヘッドクリーニングの手順はコントロールパネル⇒プリンタとその他ハードウェア
⇒プリンタとFAX⇒アイコンを右クリックします。

印刷設定⇒ユーティリティ⇒「ノズルチェック」と「ヘッドクリーニング」を選択します。

スタートを押して、終了したら「ノズルチェックパターン」で状態が直ったかどうかを確認します。

また例として、Canonのレーザービームプリンターの場合は、まず節電モードを解除して、
ユーザーマニュアルやヘルプを参照に操作して、「状態確認」のボタンを押してみます。

「デバイス状況」→「トナー残量」で、インクの残量の状態を確認します。

交換が必要、と表示されていましたら、近いうちに新品への換装が必要です。

トナーがさらになくなっていくと、印刷の品質劣化の警告が表示されまして、
そのまま印刷を続けると次第に用紙にプリントした画像の色が薄くなり、
また故障の原因にもなりかねないため、無理に使われずに一度使用をストップします。

プリンターのトナーからインクが出てこない時の直し方は? の続きを読む

レーザープリンターに紙詰まりが起きた時に用紙を取り出すには?

レーザー光を当てる方式で高速かつ大量に用紙を印刷するのに向いている機材:
レーザーブーム・プリンター」(laser beam printer、またはレーザー複合機)をお使いの際、

内部の感光体ドラムをはじめとする各種やローラーの部分などで印刷用紙が紙詰まりを起こして
作業が止まってしまい、途中で印刷が出来なくなったらどうすれば直せる?という疑問について。

まず、お使いのレーザープリンターにステータスを表示するための液晶モニターや
動作の解説を表示する各種ボタンなどの機能が付いていれば、そちらを見てみましょう。
(節電モードになっていたら解除します。)

最近の新しく性能の良いレーザープリンターでしたら多くの製品では、
紙詰まりやインク切れなどのエラーが発生すると問題解決のための手順が自動的に表示されます。

または購入した時の箱に同梱されている取扱説明書やトラブルシューティングのための
ガイドブックを取り出して開いて、手順に従って作業を行ってみましょう。

レーザープリンターに紙詰まりが起きた時に用紙を取り出すには? の続きを読む

プリンターでトナーからインクが出ない時の解決方法は?

家庭用の「プリンター」(複合機)やレーザープリンターなどの印刷機で使うインクトナーを、
大幅な安価で購入できる「トナーカートリッジ」(recycle cartridge)の方で買って
トレーにセットして使った時に、なぜかインクがしっかりと出てこなかったり
プリンターに正常に認識されていない、というトラブルが起こった場合の解決方法について。

中古のトナーの故障率

まず、中古で販売されていますトナーのカートリッジは、以前に別のプリンターで1回以上稼働させて
インクを使い切ってから業者の方で洗浄して表面のシールなどの一部も再加工して
インクを詰め直した「中古」(リユース)の部類に該当する再利用の商品です。

新品のインクトナーと比べて若干、不具合が出て故障する割合が高い、というデメリットもあります。
(一例として、新品の初期不良の確率が1%くらいに対して中古品が2%~3%、など。)

店頭や通信販売で購入してから、もしトレイに中古のトナーを入れて
一回も印刷に使われないうちにエラーが起きてカートリッジが正しく認識されなかったら、
一度プリンターから、エラーの障害が発生してインクの出ないカートリッジを取り出します。

プリンターでトナーからインクが出ない時の解決方法は? の続きを読む

レーザープリンターで起こる印刷トラブルの予防と解決とは?

コンピューター上の電子データを、レーザーを用いてトナーを紙面に印刷する機械
レーザープリンター」 (レーザー・ビーム・プリンター/laser beam printer)は、
家庭用・業務用として数多くの紙媒体を高速で作成するのに便利なコピー機です。

また、FAXやスキャナーの機能が一緒に搭載された「レーザー複合機」などもあります。

主なレーザープリンターの製造・販売メーカーには、
CANON(キャノン)、EPSON(エプソン)、NEC(日本電気)、SHARP(シャープ)、
Panasonic(パナソニック)、HP(ヒューレット・パッカード)、富士通(FUJITSU)、
カシオ、京セラミタ、リコー、LEXMARK、ゼロックス、ブラザー、などがあります。

ですが、高機能なレーザープリンターもセットの仕方や使い方を間違えてしまうと、
印刷の失敗やエラー、故障といったトラブルが頻繁に起こってしまいます。

そのため、それらの問題が起こるのを事前に予防するとともに、もしアクシデントが
起きてしまった時にどうすれば良いかについての解決方法などを順に解説していきます。

レーザープリンターで起こる印刷トラブルの予防と解決とは? の続きを読む

プリンターの設定が自動的に変更されるトラブルから回復するには?

パソコンにプリンター(複合機)をインストールして日々使っていくと、
いつの間にかメインで使うプリンターの設定が自動的に変更されて
正常に使用が出来なくなってしまうトラブルが、これまでに時々発生しました。

普段、固定して設定されているプリンターの名称と印刷画面が、
いつの間にか違うプログラムの方に置き換わっているケースがよくありますね。

プリンター本体の故障や用紙詰まり、インクの認識エラーの類とはまた別で、
主にソフトウェアをアップデートした時や新しいアプリケーションを
インストールした時などに、稀にシステム面でこのトラブルが起きることがあります。

インターネット上から地図などの上で「画像を印刷する」と入力したり、ソフトウェアのウィンドウ上で
Ctrlキー+Pキーで印刷画面を出した時にはっきりとそのトラブルの状態がわかります。

パソコンにはプリンター(複合機)を一台しかセットアップしていなくても新しくインストールした
何かのソフトウェアなどに印刷やプリンターに関連するプログラムが含まれていた場合、
「印刷」のウィンドウの「プリンターの選択」の項目に新しいプログラムの名称が
追加されることがありまして、このトラブルから回復する方法について解説します。

プリンターの設定が自動的に変更されるトラブルから回復するには? の続きを読む

外出先でコンピューターのアクシデント発生を防ぐには?

ノートパソコンや携帯電話、スマートフォン、PDA、タブレット端末といったコンピューター機器を、
知人の間での用事、出張などで遠くまで持ち出す際、もしも外出先や移動中に
急にアクシデントが発生してしまうと、破損の修理に時間がかかる場合も出てきます。

そんな緊急のトラブルが起こらないためにも、出発の事前に準備と対策をして
故障をある程度防いだり修理するための方法について、簡易的なまとめ解説をいたします。

取扱説明書(マニュアルブック)を持っていく

少しだけ荷物が増えるのですが、パソコンやスマホを買った時に同梱されている取扱説明書や
トラブルシューティングの解決ガイドブックを一緒に持っていくと、よくあるトラブルの解消法や
緊急時のメーカーカスタマーサポートの連絡番号が書かれているので大変役立ちます。

外出先でコンピューターのアクシデント発生を防ぐには? の続きを読む

交換したインクカートリッジが反応しないトラブルを修復するには?

パソコン用のインクジェット方式のプリンター(または多機能型の複合機)を使って
印刷を繰り返していくと、次第にインクの量が減っていって底を尽きていきます。

「~のインクがなくなリました。カートリッジを交換してください。」
といったメッセージが表示されたら新しいインクカートリッジに換装する必要があります。

しかしたまに、交換した後でなぜか新しいカートリッジがプリンターに認識されず、
パソコン上の画面でも準備中の表示の後でもう一度同じ「交換してください」といった
メッセージが表示されて、用紙に印刷ができないトラブルが出る場合があります。

その場合はどうすればインクカートリッジの状態を修復できる?という疑問について。

出口のスポンジが乾いていないか確認

まずは一度プリンターの蓋を開け直してからインクカートリッジが
正常にソケットに入っているかどうかを確認してください。

カートリッジの製品別にもよるのですが、レバーの部分に付いているランプが
交換した物だけ点滅していたりすると、正常に認識されていない状態です。

インクの出口部分のスポンジが乾いていたり、空気の気泡が入って塞き止められて
液体がしっかり下部分に流れ出ていないために、容器が空になっているものだと
コンピューターが判断しているパターンもあります。

逆に、システム上では正常に認識されていても、実際に印刷するとインクがちゃんと
出てなくて色の合成が一色分だけ抜けたような仕上がりになるケースもあります。

こういった時には一度プリンターから取り外してカートリッジを少し手で振って、
スポンジにインクを染み込ませてみたり気泡の抜き出しをすると、状態が修復されやすいです。
(その際にインクが零れ落ちたり跳ね飛んだりしないように適度に行ってください。)

交換したインクカートリッジが反応しないトラブルを修復するには? の続きを読む

共有プリンターで印刷できない時に修復するには?

「共有プリンター」とは、複数のパソコンからUSBケーブルや無線LANで接続して、
共同で使用して印刷を出来るようにする設定、もしくは設備のことを指します。

プリンターの共有設定の過程で何らかの操作ミスやトラブルが起きて認識できなかったり
印刷できない場合は、以下のようなポイントを見直して、再確認してみましょう。

まず、無線LANの構築で接続している場合は複数台のパソコンでデバイスに認識できます。

「USB切替機」を使ってUSBコードで繋げる使い方の場合はPCを一台おきに切り替えしながら
順番に使っていく必要があります。

設定を実行するにはまず、スタート⇒コントロールパネル⇒ネットワークと共有センター
と移動して、左側メニューの2番目の項目にある「共有の詳細設定の変更」を押します。

ファイルとプリンターの共有を有効にする」を選んで「変更の保存」を押して修復を試みます。
(初期設定ではすでに有効になっています。)

しかし、その状態で複合機の認識などが出来ない場合、
まずプリンターの電源がちゃんとオンになっていて、使用の準備中段階ではないか、
また無線LANかUSBケーブルでちゃんと接続ができているか確認しましょう。

共有プリンターで印刷できない時に修復するには? の続きを読む

パソコンの蓋を開けた後で異音が鳴り始める状態を直すには?

デスクトップパソコン本体のケース(カバー)の蓋は、固定されたピンを指で回したり、
螺子をドライバーで外したりして、簡単に取り外して開くことができます。

パソコンの蓋を開ける必要のある場合は主に、
内部の冷却ファンのプロペラや金網に付着した埃を除去して掃除をしたり、
内蔵のCPUやメモリ、電源ユニットといった部品を交換・増設する時などがあります。

掃除や修理交換の手順を間違えずに、丁寧かつ慎重に作業を行っていけば
普通は特に問題なく、また以前と同じかそれ以上の性能にして引き続きPCを使えます。

しかし、たまにパソコンの蓋を一回開けてまた閉じて再び電源を起動させた時に、
ビー…という具合に小さい変な音が本体から鳴り続けたまま起動する場合があります。

この異音が鳴る状態を直すにはどうすればいい?という疑問について。

パソコンの蓋を開けた後で異音が鳴り始める状態を直すには? の続きを読む

プリンターの詰め替えインクが使えない原因と解決方法は?

プリンター、複合機で使うインクカートリッジは、印刷を繰り返すとそのうちインクが無くなって
印刷できなくなるので、無くなったら新しいカートリッジを買って交換しなければならないのですが、
Canon、エレコム、サンワサプライなどの主な製品メーカーから、インクを自分で詰め替えて、
何度か繰り返して使用して消費を安くできる「詰め替えインク」という製品も販売されています。

インクカートリッジの製品の一例

・ELECOM 詰め替えインク キヤノン BCI-321・320BK対応5色セット5回分 THC-MP630SETN
・SANWA SUPPLY つめかえインク 5色セット 30ml BCI-320・321シリーズ対応 INK-C320S30S5
・BC-311 BC-310 キャノン(canon)詰替えインク パック Ecoink
・【ZHP178X4MP】HP用【HP178/HP920対応】詰替えインク4色セット器具付き
 ZECOO COLOR

プリンターへのセットのミス

最初のうちは詰め替えインクの使い方に慣れずにうまく使えないことも多く、
説明書に書かれている手順どおりにやったはずなのにトラブルが出てしまった、
という時の原因と解決方法について、説明いたします。

まず、購入したインクの製品は、お使いのプリンターに対応した種類であり
互換性が合っているかどうかをご確認ください。

間違えて違う会社の製品や違う色のインクを買って取り付けてしまうと、
うまく適した色が出せなかったり、故障の原因にもなってしまいます。

似た色で同じような形のカートリッジなら何でもいい、というわけではないので、
きちんと指定の当てはまるインクカートリッジを購入してください。

また、間違えて違う色のインクを違うカートリッジに注入してしまわないように、
補充の作業をする際にもミスがないように注意してください。

インクを差し込む時のゴムで出来た栓を付け忘れていないか、
または正しい位置にしっかりと入っているかもご確認ください。

インクがこぼれてプリンターの中に入ってしまうと、ショートしたり固まったりして
深刻な故障の原因になってしまいます。

プリンターのソケットにカートリッジをはめ込む時、下側を向けるため
インクがこぼれやすくなるので、手早く正確に入れるように、気をつけてください。

プリンター本体や詰め替えインクではなく、パソコンの方に問題の原因があった場合には、
PC修理サポート店の方で見てもらわれることを推奨します。

プリンターの詰め替えインクが使えない原因と解決方法は? の続きを読む

詰め替えインクのカートリッジが認識できない状態を直すには?

プリンターや複合機に使われるインクカートリッジは、中身の塗料を印刷で全て使い果たしたら
そのまま別のカートリッジと交換するするものが多いのですが、
近年では数回ほどインクを詰め替えて繰り返し使用できる製品も販売されています。

主な詰め替えインク製品

・ELECOM(エレコム): 詰め替えインク キヤノンBCI-321・320BK対応 リセッター付 THC-MP640SET
・SANWA SUPPLY(サンワサプライ):つめかえインク 30ml
BCI-320・321シリーズ対応 INK-C320S30S5
・Canon(キャノン):インクタンク BCI-321(BK/C/M/Y)+BCI-320 マルチパック

しかしたまに、交換の時の手順を間違えて、カートリッジがプリンターに読み込まれず
インクカートリッジを正しく認識できません」といったエラーメッセージが
表示されて、そのままでは塗料が印刷に使えなくなってしまう場合があります。

詰め替えインクのカートリッジやプリンターではなく、パソコン本体の方に問題があって
デバイスごと認識ができない、という場合には、専門のパソコン修理サービスセンターに
問い合わせて、持ち込みか郵送、出張サポートで見てもらわれることを推奨します。

詰め替えインクのカートリッジが認識できない状態を直すには? の続きを読む

印刷するプリンターの設定の変更や追加をするには?

パソコンを使っている最中に、アプリケーションソフトの制作物や
インターネットのページなどを紙面に印刷したい時は、
インクジェットプリンターや複合機を購入してインストールすることで行えます。

パソコンとプリンターをUSBケーブルで接続して、印刷したいコンテンツの
信号を送信して、専用インクで紙面にコピーしていきます。

その手順は、まずソフトウェア画面のメニューの中で[印刷]または[プリントする]の
ボタンを押します。またはプリンターの形をしたアイコンを押します。

すると[印刷ダイアログボックス]が表示されて、
[プリンタの選択]という枠内に、いくつかのアイコンが出てくるかと思います。

ここで、通常使っている複合機などに最初から設定されていれば、そのまま
印刷ボタンを押して、プリントされます。

印刷するプリンターの設定の変更や追加をするには? の続きを読む

地震の被害でパソコン機器が壊れるのを防ぐ対策とは?

地震発生の影響で震度5~7と激しく揺れた地域では、屋内にある棚や置物、台、OA機器などが
倒れたり下に落ちて、中には壊れてしまう物も多く出てしまいます。

また、前震や本震の時に破損を免れた物でも余震を初めとする二次災害によって
破壊されてしまう場合も少なくありません。

震災による二次災害とその被害には、建物の倒壊による危険、大津波の発生、
物資の流通が停滞、連続して起こる余震、火災の発生、一時的な犯罪の増加、
水道・電気・ガスのストップ、停電・断線による電源の停止、などの危険が挙げられます。

パソコンやサーバ、モバイル機器、外付けのデバイス、サプライ、補助記憶装置といった
コンピューター機器は特に、停電による電力切断、洪水やスプリンクラーでの水濡れ、
火災による高熱や煙、揺れで倒れて落ちた時の強い衝撃や重量による圧迫など、
数多くの物理的な障害によって壊れてしまう危険が高いです。

機材破損の回避手段

これらのリスクを低くするためにはまず、パソコンなど大事な機器は
倒れたり落ちたりしにくい安全な位置に工夫して配置してみましょう。

デスクトップ(タワー型)パソコンや、近くに配置している本棚やパソコンラックなどのOA用品には、
倒れにくくするための転倒防止のストッパーを下に添える、地震対策グッズを設置してみましょう。

本棚や洋服ダンスは壁に部屋の壁に転倒防止のチェーンを付けて支えると
更に安全度が高まり、機材が破損するパターンの回避手段として大変有効です。

普段使っていないパソコン本体などの機器は鍵の掛かった収納庫(押入れなど)に
入れて、倒れにくいように置いてしっかり鍵を掛けて保管します。

筆者も以前、地震でPC本体の一台が倒れかけて床に落ちそうだったのですが、
収納庫に入れて施錠していたので何とかPCが床に叩きつけられるのを防げたことがあります。

地震の被害でパソコン機器が壊れるのを防ぐ対策とは? の続きを読む

インクジェットプリンターで用紙に印刷できない原因を解消するには?

インクジェット式プリンター(ink-jet printer)とは、インクを細かい粒子にしてから電荷を
付与してノズルに吹き付けて紙面に高速でプリントアウトしていく方式の、印刷用のハードウェア機器です。

インターネットの印刷用ウェブページや、Adobe Readerで開くPDFファイル、
エクセル・ワードの文章やパワーポイントのプレゼンテーション、写真画像など、
家庭用・業務用製品ともに現在では誰でもパソコンなどで使用して印刷ができます。

主なインクジェットプリンターの開発メーカーには、hp(ヒューレット・パッカード)、
EPSON セイコーエプソン、Canon(キャノン)、カシオ計算機(CASIO)、日立製作所、
富士通、三菱電機、富士フイルム、などがあります。

パソコンの周辺機器を代表するハードウェアの一つであるプリンター(複合機)は印刷を初めとして
特に多く使用する機会があるのですが、その分様々な困ったトラブルが起きてしまうこともあります。

用紙に印刷できない、などの絵アクシデントが出た時は大抵、モニタ画面の左下にある
タスクのアイコンやメッセージのバルーンから、
トラブル発生の原因と解消の方法が書かれた文章が自動的に表示されます。

しかしうっかりそのメッセージを見逃してしまったり、時より何も表示されずに、
どこにエラーの原因があるかわからずに解消の仕方がわからない、という場合の疑問について。

インクジェットプリンターで用紙に印刷できない原因を解消するには? の続きを読む

コンピューターが壊れるトラブルが多い原因と対策方法とは?

現代の生活では、パソコンやプリンターのみならず、様々なコンピューターの電化製品が
個人・法人ともに日常的に使用されるようになりました。

まずご家庭でしたら、NAS、RAIDケース、外付けHDD、プリンター、冷蔵庫に電子レンジ、炊飯器、
オーブントースター、電気ポット、洗濯機、DVD/BDレコーダー、全自動食器洗い機、ミキサー、
乾燥機、エアコン、カーペット、加湿器、空気清浄機、CD/MDコンボ、ドライヤー、掃除機、
湯沸かし器、運動用のマシン、電話、iPodなど。

企業のオフィスでしたら、コピー機やファックス、シュレッダー、サーバ、
セキュリティシステム、その他特殊な機材など、様々なOA機器があります。

普通に使っている分にはどのコンピューターの機材もある程度は長持ちするはずなのですが、
ところが人によっては、なぜかすぐに機材が故障を引き起こしてしまったり、
立て続けにいくつもの家電製品が連続で壊れてしまった、という場合も稀に起こるケースがあります。

主な不具合発生の例

:電子レンジとパソコンなど、相性の悪い電化製品が隣同士に置かれている。
:精密機器の近くに、冷蔵庫やストーブ、加湿器など熱や湿気を出す製品がある。
:電力の供給(アンペア)が低く設定されていて、工事しなければ変えられない。
:ホコリやごみが内部に溜まってきて、不具合を起こしている。
:水をかぶってしまい壊れてしまった。
:機械が相当に古くなって製品としての寿命が来てしまっている。
:ドアの角や壁にぶつけたり落としたりして強打させてしまった。
:近所に強烈な電磁波を発している設備があったり、車通りの激しい場所である。
:機材をスペースの壁の位置にくっつけすぎている。
:定期的な手入れ(メンテナンス)を忘れがちになってしまっている。
:日差しや熱風、寒風、砂埃が直接当たる位置に家電製品を置いてしまっている。
:値段が安い製品や中古製品を中心に買ってくる習慣が付いている。
:取り扱い説明書の注意事項を熟読せずにそのまま使ってしまっている。
:海外で電圧変換機を通さずに、日本から持ち込んだ家電を使用してしまう。

コンピューターが壊れるトラブルが多い原因と対策方法とは? の続きを読む

コンピューターの修理が簡単に出来る場合とは?

現代での一般家庭の日常生活やオフィスで内での仕事上では、
パソコンや家電製品をはじめとして非常に数多くの電気製品や機器に囲まれた、
まさにデジタルライフとも言える状態です。
屋内の電子機器には、パーソナルコンピューター、プリンター、コピー機、
RAIDケース、CDプレイヤー、NAS、DVD/BDレコーダー、エアコン、空気清浄機、
冷蔵庫、ポット、炊飯器、選択乾燥機、加湿器、液晶ディスプレイ、デジタルカメラ、
掃除機、自動食器洗い機、デジタルオーディオプレーヤー、など多くの製品があります。
これらのエレクトロニクス製品はパソコンのようにデリケートな精密機器から
衝撃耐性・防水機能が備えられた頑丈な機器まで様々なタイプがあります。
電気製品ごとに故障が起きる原因はそれぞれ異なるものなのですが、修理の仕方もその分、
千差万別であるものの、わりとあらゆる電子機器に共通した簡単な直し方というものも存在します。
その理由として、まずコンピューターに共通した故障やトラブルのパターンがあります。
例として、電源コンセントが引っ張られて抜けていたり、いつの間にか自分または誰かがプラグを
外していてスイッチが付かない状態。これはコンセントを差し直すことですぐに解決できます。
次に、長い間の使用や管理の不備によって機械の内部や隙間の空気口、表面などの部分に
小さなごみや埃、塵が溜まっていて通気性が悪くなり、中身の装置に過熱が出てしまうケース。
この場合は外側もしくはカバーの内面にある異物を綺麗に除去すれば
割と簡単にあっさりと直る可能性も高いです。
小型のノートパソコンやタブレット端末のように、ケースを開けて内部を確認するのが
一般個人では難しいコンピューターの製品が物理的に破損していると思われる場合には、
プロのパソコン修理サービス店にて見てもらわれることを推奨します。
コンピューターの修理が簡単に出来る場合とは? の続きを読む

プリンターに間違って多量の印刷を指示した時に中止するには?

Canonやhp製品をはじめとするをインクジェットプリンターや複合機
パソコンにセットアップして普段、よく数十枚・数百枚と同時に用紙に
印刷を行っていると、たまに1枚か2枚だけでいいのについ前回の数十枚指定を
そのままにしたまま印刷の開始ボタンを押してしまうというミスもよく聞きます。
または、普段の癖で同じテキストや画像、ページなどを何十枚か勢いで指定してしまい
気づいた時には印刷が開始されてしまっているトラブルもよくある事かと思います。

プリンタを止める前の注意

そんな時には、そのままにしておくと最後まで用紙にコピーされてしまい、
値段のそれなりに高い専用のインクや用紙も無駄使いになってしまいます。

また、数十枚、数百枚とあると、途中でエラーや紙詰まりを不必要に起こしてしまう
可能性もありますので、なるべくプリンターの動作を中断させて、途中で中止した方が良いでしょう。
すぐ止めるには、無理に電源を落としたりコンセントを引っこ抜いたりしてはいけません。
パソコンより比較的丈夫なプリンターや複合機といえども、途中で止まると紙詰まりや
急な電気の供給ストップなどが原因で故障してしまうおそれもあります。
また、プリンターによっては命令が消えずに次回の起動時に結局また
印刷が再開される場合もあります。
プリンターに間違って多量の印刷を指示した時に中止するには? の続きを読む

複合機の機能が動作不良を起こした時に修復するには?

多機能型プリンター(複合機)とは、デジタルデータの紙面印刷機能である
プリンター(printer)をはじめ、コピー機、イメージスキャナー、ファックス(ファクシミリ)
といった装置が一まとめになって作られたコンピューター機器です。
CANON(キャノン)やEPSON(エプソン)、HP(ヒューレット・パッカード)の
家庭向けインクジェットプリンターや、ブラザー工業のデジタル複合機を
お持ちの方もとても多いと思われます。
たった一つの機器で印刷出力をはじめとする、あらゆる機能が使えるので
電源コンセントやUSBケーブルも差込む数が一本で済み、操作やセットアップも
楽に行えるのが特に強いメリットです。
しかし、プリンターの機能が壊れてインクジェット用紙に印刷できなくなったりスキャナから急に画像が
読み取れなくなった場合、またファックスによる通信が行えなくなった際に、
もしも物理的に複合機の一部分が破損していたら少し複雑な問題も出てきます。
ただの紙詰まりやインク切れ、用紙切れ、ネット環境の一時中断、蓋のしめ忘れ、など
小さな不具合でしたら適切に対処すれば大抵はすぐに状態を元に戻せます。
しかし、どれか一つの機能に動作不良があるために動かなくなっている場合、
他の機能が普通に使える場合でも、そのまま放置して使い続けると破損状態のまま
電源を付けて稼動させ続けているため、壊れた箇所や他の部品に負荷が激しく
かかりやすくなることもあり、複合機全体の完全な故障の元になってしまう可能性も高まります。
複合機の機能が動作不良を起こした時に修復するには? の続きを読む

Outlookメールの受信データが消えていた時に復元するには?

MicrosoftのOutlookメール(アウトルック)の受信トレイに入っていたメールが、
後からLiveメールなどインストールしたのが原因なのか、インストールして以後Outlookを開くと、
受信トレイにあったメールが全部消えていて、どうすれば復元できる?というご質問について。
まず、保存フォルダーには受信トレイ.dbxがあるものの、ごみ箱には受信トレイ.bakはなく、
Dbx.Rescueを解凍しても、「破損ファイル」と出て使用できず、Mail Export Toolを
使用しても、メールを読み込むことが出来なかった、という際の解決方法については、
Windowsパソコンのエクスプローラーを開いて「表示」タブの「隠しファイル」にチェックを入れます。
たとえば、PC→ローカルディスク(C:)→ユーザー→ユーザー名→AppData→Local
→Microsoft→OutlookまたはOutlookExpress、とフォルダーを進めて開きます。
この中に「受信トレイ.dbx」といった名前のファイルが入っていないか確認して、
こちらがあれば、メールソフトで開いてみてください。
Outlookメールの受信データが消えていた時に復元するには? の続きを読む

パソコン教室の講座でトラブル対策方法も学べる?

パソコンのトラブルを少なくするには、マシンの性能を良くするだけでなく、
その使い方や仕組みをよく知ることも大切です。
どのように操作していけば上手くPCを動かして作業していけるのか、
また逆にどのような事で故障が起きてしまうのかを熟知できれば、
アクシデントの発生やその被害も極力抑えることができるようになります。

PCスクールで習得できるスキル

主にパソコン教室では、初心者向けの講座がまずメインに行われています。
設置の仕方から電源の付け方、周辺機器の接続の仕方、ソフトの開き方、と
ビギナーユーザーの方にやさしい基本的な動作から学んでいきます。
Microsoft Office ExcelやWordの使い方など中級者向けの講座、
さらにプログラミングやグラフィックの作成など、上級者向けの講座も
スクールのカリキュラムによって受講することが出来ます。
パソコン教室の講座でトラブル対策方法も学べる? の続きを読む

多機能型プリンターで故障が発生した時に修理するには?

近年のデジタル/プリンタ複合機と呼ばれる、多機能型プリンターには
画像ファイルやテキストデータの紙媒体への印刷、・スキャナによる画像の読み取り、
ファックス(ファクシミリ)と、いくつかの便利な機能が搭載されています。
しかし、その分、突然イメージスキャナで読み込みができなくなったり、印刷用紙へのコピーが
できなくなる、などどこかの機能でエラーや故障が起きてしまうことが多い、という点もあります。
個人用の複合プリンタ、オフィス向けの大型事務機器ともに例として、紙詰まりや
インクジェットの不足など軽度のエラーをはじめとして、内部の読み込み・書き込みの機能が
動かなくなってしまったり、インストールしたソフトウェアプログラムが破損してしまうこともあります。
たとえばプリンターの中に異物が入り、知らずにプリンターを使用していた際におかしいと思い
内部を見たところ、異物混入に気づき取り出したのものの、その後で紙を吸い込まなくなった、
という場合は、Windowsのスタートからコントロールパネル⇒「プリンタとFAX」をクリックして、
お使いのプリンタのアイコンを⇒クリックして「プロパティ」を押してください。
プロパティの「ユーティリティ」のタブを選択して、項目の中の
「給紙ローラークリーニング」を押して、用紙送りの問題を改善してみてください。
多機能型プリンターで故障が発生した時に修理するには? の続きを読む

パソコンのトラブルシューティング一覧

パソコンのシステムやハードウェア上で起こりうる様々な問題の
トラブルシューティングの手法について記載した、各ページの目次リストです。

・電源の起動障害、
・デバイスドライバの接続不能、
・OSの再インストール、
・液晶モニターの画面、
・プリンターの不具合、
・初心者向けの解決方法、

といった様々なトラブルの事例と対応策を各個別ページに記述しています。

コンピューター上のシステムやハードウェア面でに発生した問題の原因や
不具合を直す手順がわからない時に、お役立てください。

パソコンのトラブルシューティング一覧 の続きを読む

イメージスキャナ原稿台の汚れはデジタル画像にも表示される?

パソコンなどで画像や文書のデジタル化のために使用するイメージスキャナや、
スキャナ機能付き複合機を使って、画像や文書をスキャンしてデジタル画像に取り込む際、
透明プラスチックまたはガラスで出来た原稿台に埃や小さなごみ、水滴、髪の毛、
ペンのインクや墨などの汚れが付着していると、読み取りした画像にも
その汚れが黒い点や線のような形となって映ってしまいますのでご注意ください。
特に紙媒体は原稿台に合わせた時にインクや墨が移ってしまうことがあり、
次以降の読み取りでそれらがくっついたままになってしまうケースもあります。
そのため、時々原稿台やカバーの部分を拭き取ったり、汚れが付着していないか見てみましょう。
イメージスキャナ原稿台の汚れはデジタル画像にも表示される? の続きを読む

プリンターでドキュメントの印刷に失敗した時に修復するには?

プリンター(複合機)でパソコン上のテキストファイルや画像・ウェブページなどを
印刷しようとしたら『このドキュメントの印刷に失敗しました』とエラーメッセージが
インジケータに表示されて、プリント用紙への印刷作業に失敗してしまった場合、
どのようなことが原因でそれにどのように対処して修復を行えばよい?という疑問について。
主な原因として、プリンタに用紙が入っていない、電源が付いていない、
USBコードがポートに接続されていない、紙詰まりやインク切れ、
またプリンターの内部にゴミや埃などの異物が詰まっている、などが考えられます。
印刷に失敗した時はインジケータの吹き出しアイコンを開き、表示画面で
ドキュメントの印刷の取り消しを選択されて一度印刷の実行指定を解除してください。
プリンターまたは複合機に一見異常が見られない場合は一度電源を消してみて、内部を開いて
ゴミを取り除くなどしてから再度電源を起動させて接続して、再び印刷を実行されてみてください。
プリンターでドキュメントの印刷に失敗した時に修復するには? の続きを読む

スキャナーで画像が読み込めない時の修復方法は?

スキャナー(Scanner:読み:すきゃなー)とは紙面や写真、バーコードなど
三次元上の情報媒体をビット(bit)の単位でスキャニング(読み取り走査)を行い
デジタル処理でパソコンに取り込ませる装置を指します。
セイコーエプソン株式会社[Seiko Epson Corporation]、キャノン[Canon]、富士通の
イメージスキャナ、フィルムスキャナなどがありまして、複合機として
コピー機(プリンター)やファックスとセットになっている装置もあります。
スキャナや複合機はUSB接続機器(リムーバブルディスク)であり、パソコンの
デバイスマネージャに認識させるには専用のインストールCDが必要なものも多く、
最初は接続の手順がやや複雑で、マニュアル通りにインストール作業を行う必要があります。
正常に認識された後も時々、正常に見込みができないエラーは発生するのですが、
大抵は一時的な障害で、一度再起動したり電源を切って再接続することで修復されます。
スキャナーで画像が読み込めない時の修復方法は? の続きを読む

パソコン修理についてのお客様の声、訪問者様からの質問回答欄

今までに当HPの訪問者の皆様からご相談いただけました、
パソコンやデジタル製品関連のトラブルに関するご質問とその回答テキストを
こちらのエントリーにて、Q&A式に読みやすく整えて記述しました。
コンピューター関連のレスキュー対策へのご参考に頂けましたら幸いです。
これからも少しずつ追記していきます。
Q1:パソコンの電源を入れネットサーフィンをしていたら急に何度もシャットダウンが
  起こりました。その後電源を入れてもモニタ画面に何も映らなくなりました。
A: 旧型または性能の高くないPC本体の場合はHDDなどの部品が物理的に故障しているか
 熱暴走が起きた、またはウイルス感染してしまった可能性もあります。本体にごみや埃がたまっていると
 起こることもありますので、ケースを開いてクリーニングされてみることで直るかもしれません。
 パワースイッチをオンにした時の「赤色」LEDランプしか点灯しない場合、
 マザーボードか電源ユニットが物理的に故障しているおそれがあります。
 パーツの交換が必要になる可能性が高いです。
 本体から今までにない異音が鳴っていた場合はデータ復旧サービスにて
 ハードディスクの内部に保存されているファイルを救出してもらうのが最も確実な対策方法です。
Q2:『CD-RWをインストール中、『再起動しますか』でOKを押した後、
   再起動しませんでした。パソコンはNECで、セーフモードでも起動が止まってしまいました。
A: 再起動を試みたら動かなくなったというアクシデントは、スペックの超過といった
 パーツの性能的な原因が考えられます。セーフモードも再セットアップも利きませんでしたら、
  パソコン修理サポートに出してみるのがやはり最も適切な方法です。
Q3: 電源を入れると信号が送れてない時はどうしたら良いですか?
A: USBケーブルかポート、または本体の部品のプラグのどれかに接続不良が起きていると思われます。
 一度全てのコードやデバイス状態を一通りチェックされてみてください。
パソコン修理についてのお客様の声、訪問者様からの質問回答欄 の続きを読む

プリンターや複合機で印刷エラーが起きた時に修復するには?

お手持ちのプリンターや複合機を用いて画像ファイルやインターネットの
画像を紙媒体に印刷、またはスキャナーやファックス機能を使うときに、
何かしらのトラブルが出てうまく使用できない場合に修復する方法について。
これらの主な原因と、その対象方法についての例をいくつか説明いたします。
・セットした印刷紙をみんな使って、用紙切れしている。
・プリンター内部に印刷用紙が詰まって動かなくなっている。
・正常に画像やスキャナの読み込みができていない。
USBポートの接続ケーブルがPCまたはプリンターの差込口に入っていない。
・インストールCDのプログラムがセットアップされていない。
・インストールの手順に失敗してしまっている。
・プリンターの電源が付いていない。
・印刷に不向きな紙をセットしてしまっている。
・マイコンピュータ画面に表示されず、デバイスマネージャに認識されていない。
・長時間の連続使用により、一時的に読み込みエラーが起きている。
印刷ミスやスキャナでの読み込みエラーといったトラブルが起きた場合は
モニタ画面にエラーメッセージと対処法の書かれたバルーンが表示される
ことが多いので、まずは表示されたメッセージに従って修復されてみてください。
Windows標準プログラムのプリント・マネージャ(print manager)が
新しいプリンターを認識していない場合は、CDディスクから再度
インストール・セットアップを実行し直してみましょう。
また、たまにパソコンの認識エラーで一時的に使えなくなる時もあるのですが、
一度電源を切ってしばらくしてからもう一度読み込んでみると修復されて使えることもあります。
プリンターや複合機で印刷エラーが起きた時に修復するには? の続きを読む