「壊れたPCの部品交換」のページの案内

『壊れたPCの部品交換』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。









コンピューターの問題解決などのコンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「壊れたPCの部品交換」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「壊れたPCの部品交換」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

目立たない位置の冷却ファンに異物が詰まると動作が遅くなる?

最近のパソコン本体の内部には、CPUや電源ユニット以外にも用途によって、
グラフィックカード(GPU)をはじめ、熱した部品を冷やす冷却ファンが複数搭載されています。

それぞれの冷却装置のプロペラ部分は次第にホコリや小さなゴミが付着して詰まる状態になり、
これをずっとそのままにしておくと排熱の効果が下がってパソコンの動作が遅くなったり
エラーやフリーズが出やすくなるため、定期的に掃除して除去する必要があります。

異物の堆積による動作の問題

PC内部の掃除の際には、必ずすべての冷却ファンからホコリやゴミを取り除いて直す必要があり、
パーツの裏側など目立たない位置の冷却装置をうっかり見逃していると、
その一つにずっと異物が溜まり続けて、動作遅延や故障の原因になるおそれがあります。

まず、パソコンケースの蓋を開いて横にした時に、狭い部分のパーツの裏側にちょうど
プロペラと金網またはプラスチック網の面が目立たずに気付かないことがあります。

そうなると、他の冷却ファンは定期的に異物の除去ができていても、そのパーツだけは何年も異物が付着し続けて詰まり、
次第になぜかPC本体の動作に支障が出てもいつまでも問題の原因が見つからずに困ってしまう、というケースもあります。

PCケースの清掃は、専門のパソコンサポート店でも、丁寧に隅々まで代行作業を行ってもらうことができます。

目立たない位置の冷却ファンに異物が詰まると動作が遅くなる? の続きを読む

内蔵DVD・BDドライブを分解して修理するには?

パソコンに内蔵されているパーツの一つ「DVDドライブ」または「BDドライブ」、「CDドライブ」が、
ある時ディスクを収納して読み込みするトレーが開閉ボタンを押しても開かなくなる、といった故障が発生して、
装置の分解をして修理するにはどうすればいい?という疑問について。

アクセスランプの点灯

まず、内蔵のBD(ブルーレイディスク)ドライブまたはDVD(光ディスク)ドライブを
パソコンから取り外して製品のカバーを開けてみる前に、電源ランプ/アクセスランプが点灯しているかを確認します。

次に、Windowsパソコンでしたら、コントロールパネル→デバイスマネージャーを開いて、「DVD/CD-ROM ドライブ」の項目を開きます。

デバイスドライブ名にエラーのマークが付いていましたら右クリック→「デバイスのアンインストール」を行ってから、
パソコンを一度閉じて、再起動してみます。

内蔵DVD・BDドライブを分解して修理するには? の続きを読む

CPUやGPUの冷却ファンの稼働音が大きくなった時に元に戻すには?

パソコンのパーツの、コンピューターを制御する
CPU:Central Processing Unit」(中央演算処理装置:セントラル・プロセッシング・ユニット)や、
グラフィック画像の処理を施す「GPU:Graphics Processing Unit」(画像処理装置:グラフィックス・プロセッシング・ユニット)が、
普段PCを動かしている時に、突然、または次第に冷却ファンの稼働音がかなり大きくなって、
フリーズや動作遅延が多く発生するようになったら、元に戻すにはどうすればよい?という際の解消方法について。

一時的な動作の遅延

まず、もし最近でグラフィック関連やインターネット関連のソフトウェアなど、
非常に高いパソコンのスペックが求められる動作環境を想定されたユーティリティーを
インストール・セットアップされていたら、そちらが原因である可能性が高いです。

CPUやGPU、メモリの容量を常時、非常に多く使用するグラフィック関連のソフトウェアは起動してから
5分以内にファン(冷却装置)のプロペラがブオー…、ブーン…
音が大きくなり始めて、15分くらい経ったらかなり稼働音が大きくなる場合があります。

ですが、その状態ですぐに故障が起こるわけではなく、しばらくは問題なく、動作が少し遅れることがあるくらいで済みます。

CPUやGPUの冷却ファンの稼働音が大きくなった時に元に戻すには? の続きを読む

CPUの割り当てを指定して優先度を変更するには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンを日々お使いの際に、
最もよく使うユーティリティーの処理速度が遅くなっているため、
CPU(Central Processing Unit/中央演算処理装置)のリソースやコアの割り当て(優先順位)を
変更して修復するにはどうすればいい?という場合の操作方法について。

主なCPUの製品の一覧

・Intel:CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K
・AMD:CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

CPUの割り当てを指定して優先度を変更するには? の続きを読む

DVDドライブが壊れた時に交換して修理するには?

パソコンに内蔵されている、ディスク装置の読み取り用のパーツである
「DVDドライブ装置」(またはCD/BDドライブ)がある時故障してどうしても動かなくなり、
新しいドライブ装置に交換して修理するにはどうすればいい?という疑問について。

内蔵型DVDドライブの製品一覧

・ASUSTek(エイスース):Windows10対応 M-DISC対応 SATA接続 DRW-24D5MT
・Pioneer(パイオニア):BD-R 16倍速書込 S-ATA接続 BD/DVD/CDライター BDR-209BK2
・LITEON(ライトオン):内蔵型DVDドライブ LITEON IHAS324-17 IHAS324-17
・Panasonic(パナソニック):DVDスーパーマルチドライブ UJ-870
・I-O DATA(アイオーデータ):内蔵型DVDドライブ DVR-S24ET3K

パーツの取り外し

こちらの一例では、デスクトップパソコン本体から壊れたDVDドライブまたはBDドライブを
換装して修理をする手順の一例を解説いたします。

まず実際に交換作業に入る前に、ドライブ装置のイジェクトボタンを押してみたり、
トレイからディスクがつっかえていたら抜き出す、デバイスマネージャーでデバイスドライバ
を一度削除してみる、といった対処を一通り行ってみます。

それでも直らなかったら、まず新しいDVD/BDドライブの製品を購入するか、
古くて使っていない壊れたパソコンなどから故障していないDVDドライブを取り外します。

最初にパソコンケースからすべてのコードを取り外して、左右と正面の蓋を固定ネジを外して取り外します。

正面を覆うカバーは固定レバーを一つずつ外さなければならない物もあります。

レバーが折れていて完全に動かない時は、パソコン修理サポート店に出して直してもらわれた方が安全です。

DVDドライブが壊れた時に交換して修理するには? の続きを読む

故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる?

パソコンの本体や外付けHDDケース、RAIDといった多くのコンピューターに内蔵されている、電子データファイルを
保存するための二次記憶装置である「ハードディスクドライブ」(HardDiskDrive)や「SSD」(ソリッドステートドライブ)が
物理的に破損して故障したら、多くの場合にそのまま開けなくなってしまいます。

内部の個人用ファイルやインストールされたシステムが読み込みできなくなり、
そのままではその電子機器が使用できなくなるケースが多いです。

その際、メーカーや店舗で付帯された修理保証のサービスは適用できる?という疑問について。

付帯の保証サポートが適応できる期間

まず、お使いの機器の本体に内蔵のハードディスクドライブは製品の一部のパーツなので、故障した時に換装して直してもらう際にも、
メーカーや店舗で実施されています1年~数年の期間が決められた修理保証のサービスが適用できます。

普通に使用していてパソコンが故障した場合に、修理保証のサービスは適用が可能です。

製品を個人で分解したりパソコンのパーツの換装や増設などで改造をしていた場合は、
期間内の保証の対象外になる場合があります。

私設のパソコン修理店では、即日のスピード診断・出張修理といった便利なサービスを実施されている店舗もあります。

故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる? の続きを読む

外付けHDDケースで別の機器のデータも救出できる?

パソコンに搭載されているハードディスクドライブやSSDといった大容量データ記憶装置が、ある時に
そのコンピューター装置の故障といったトラブルによって読み込みができなくなった場合、
外部の外付けHDDケースなどの読取装置を使用してデータを開き直す形で救出することはできる?という疑問について。

ハードディスクの方式と形状を確認

最初に、パーツの故障や深刻なシステムエラーが発生したコンピューターに搭載されたデータ記憶装置の
ハードディスクドライブが、3.5インチまたは2.5インチか、SATA方式かIDE方式かを確認して、
その種別に対応されたハードディスクケースのサイズを決めて用意します。

また、USB機器を接続するための、正常の起動ができるパソコンが一台、HDD内部のデータファイルの救出作業に必要になります。

あまり普及されていない特殊な形状のストレージだと、通常のケースでは差し込みができず、
専用の読み取り装置を購入するか、専門のデータリカバリーサービスに注文をされることをおすすめします。

外付けHDDケースで別の機器のデータも救出できる? の続きを読む

ビデオカードが壊れた時にデータを救出するには?

画像処理装置の「GPU」(Graphics Processing Unit/グラフィック・プロセシング・ユニット)、
またそれが搭載されたビデオカード(Video card/グラフィックボード)が壊れてしまい、
パソコンの画面などが正常に開かなくなった場合には、どうすればコンピューターの内部の
ハードディスクやフラッシュメモリに保存されたデータを救出できる?という疑問について。

まず、先にパソコンのケースを開いて、冷却ファンにホコリやごみといった異物が
溜まっていたら、綿棒やピンセット、クリーニングキットなどを使って丁寧に除去します。

パソコン本体を移動させたり、揺れたりした後、またはパーツを交換した後で
不具合が発生した時は、ビデオカードやそれぞれの部品、ケーブルが
しっかりと接続されているかどうかを、お確かめください。

ビデオカードが破損すると、NVIDIA(エヌビディア)のデバイスドライバに
エラーマークがついたり、Windwosの画面に白い線が浮かんだりします。

また、30インチなどの大型の液晶ディスプレイは、低い解像度でしかモニターの画面を映せなくなります。

最も確実なパソコンの修復の仕方としましては、新品のグラフィックボード(Graphics board)を新しく
購入して、現在マザーボードに取り付けてある故障したグラフィックボードと交換する方法になります。

ビデオカードが壊れた時にデータを救出するには? の続きを読む

電源関連の装置が動かない時にデータを取り出しするには?

デスクトップパソコンやノートPCをはじめとする電子機器で使用されている電源ユニット、
またはバッテリー(電池)やその関連の機器が突然動かない状態になった時、
どうすれば内部のデータを無事に取り出すことができる?という疑問について。

まず、デスクトップパソコンの電源ユニットやノートPCのバッテリー、
または付属の専用のACアダプターやケーブルが故障してしまい、
すぐには替えが効かないためデータを先に取り出ししたい、という際には、

外付けHDDケースやUSB変換ユニットをお持ちであれば、
HDDまたはSSDをPCから取り出して、そちらで別のパソコンで読み込む方法もあります。

または別のデスクトップパソコンの空いているドライブベイに増設して
予備の中間ケーブルのコネクタとSATAケーブルを接続して、
D~ドライブとして内部の保存データのフォルダーを開いて回収することができます。

中にはケース内部の構造が複雑でハードドライブの取り出しが一般個人では想定されておらず
難しい製品もあり、その際には、専門のデータ救出センターに問い合わせて、
換装作業を行ってもらわれることを推奨します。

電源関連の装置が動かない時にデータを取り出しするには? の続きを読む

SATAのHDDを変換ケーブルでノートパソコンにUSB接続

日々ご使用のパソコンや外付けHDDケースといった電子機器が故障してしまい、
内蔵されているSATA(シリアルATA)方式のハードディスクのデータが開けなくなった際、
外部からケーブルなどを通して別のパソコンに接続して認識させるには
どのようにすればいい?という疑問について。

まず、ハードディスクはデスクトップパソコンの空いたドライブベイに差し込んで、
SATAケーブルと電源ユニットの中間コネクタを付けて増設する形でも読み込みができます。

ですが、例えばお手持ちの予備のパソコンがノートパソコンだけであったり、
かなり古いPC本体でIDE方式(Integrated Drive Electronics)にしか対応されていない、
という場合は、外部からUSB接続をする方法が適切です。

主に、IDE/SATAの変換機能付きUSBケーブル、HDD変換ユニット、
また長時間使う場合には、2.5インチ/3.5インチのサイズ、IDE/SATA方式それぞれに
対応された外付けハードディスクドライブケースなどの外部接続機器があります。

また、パソコンの修理サポートや、データリカバリーサービスで、故障した機器に入っていた
ハードディスクのデータを別の専用の装置に接続して読み取ってもらうこともできます。

SATAのHDDを変換ケーブルでノートパソコンにUSB接続 の続きを読む

FaithのBTOパソコンから内蔵HDDのデータを救出

株式会社ユニットコム(UNIT.COM INC.)から開発・販売されているBTOパソコンのブランド
Faith』(フェイス)のBTO(Build to Order/ビルドトゥオーダー)のパソコンを使っているうちに、

ある日 急に電源が付かなくなったりWindowsやデスクトップ画面の立ち上げができなくなった時、
OSのリカバリーや部品交換による修理の作業に取り掛かる前にハードディスク(またはSSD)の
内部に保存していたデータを読み込んで復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

Faith(フェイス)のBTOパソコンも他のメーカー製のPCと同じく、
ご自身でケースの蓋を開けてパーツを取り外したり交換や増設を行う事も可能です。

(※パソコン本体の製品を購入した時に付帯する1年間の基本保証や延長の3年保証のサービスが
 まだ有効期限内であるうちは、個人でPCケースを開いて中身のパーツをカスタマイズすると
 対象外になり有償での対応サポートになる可能性があるので、作業の前に確認してください。)

こちらの一例では、Faithの据え置き型デスクトップパソコンの本体から内蔵の
プライマリハードディスクをドライブベイから取り出しして、別のWindows8.1のパソコン本体に接続してから
中身のディレクトリとファイルを開いて内部のデータを救出する手順について解説いたします。

(※ノートパソコン本体や自作パソコンの組み立てキットからカスタマイズして 製作したマシンは
 一部、取り外しの手順が異なる場合があります。)

FaithのBTOパソコンから内蔵HDDのデータを救出 の続きを読む

TSUKUMOのBTOパソコンのデータを復旧

パソコンのマザーボードやCPU、メモリ、ハードディスク、電源ユニットなどのパーツを
自身で指定して注文を取って店舗の方で組み立ててもらい、発送してもらって購入する
受注生産方式の『BTOパソコン』(ビルド・トゥ・オーダー/Build to Order)の製品本体を、

しばらく長い間使っているうちにどこかのパーツに原因がよくわからない故障が起きたり、自身でパーツを取り換えてカスタマイズしたりOSを更新している時に深刻な不具合が発生してすぐに修理ができそうにない状態になった時、ひとまず先に中身のHDDかSSDに保存された大事なデータを取り出して何とか復旧させるにはどうすればいい?という疑問について。

※こちらの一例では、『TSUKUMO』(九十九電機/ツクモ)で購入したBTOパソコンの「eX.computer」のBTOパソコンの製品の本体から2.5インチ型のSSD1台と、3.5インチ型のシリアルATAハードディスク1台を内蔵のドライブベイから取り出しして、別のパソコンで読み込む手順を解説いたします。

またこちらのデスクトップパソコンは元々は3.5インチのSATAハードディスクをCドライブ(ローカルディスク(C:))として使っていたのですが、今は 新しく自身でIntel製のSSD(ソリッドステートドライブ)を増設して、WD製のHDDの方はセカンダリハードディスクにして、Windowsも8.1に更新して使っています。

SSDとHDDの取り出し

まず、TSUKUMOの「eX.computer」のデスクトップパソコン本体に接続していた電源コードやUSBケーブル、LANケーブル、ディスプレイケーブルなどをすべて取り外します。

BTOパソコンはオーダーを取ったパーツの種類やケースの大きさによって変わるのですが、
基本的には普通のメーカー製のPC本体と構造はあまり変わりなく、ほぼ同じ手順でデータ記憶装置などを交換・増設したり取り出しを行うことができます。

(※TSUKUMOの製品の修理保証や交換保証、延長保証の期限がまだ残っている場合は、なるべく先にパソコンの本体を一度修理に出されることをおすすめします。)

もしBTOパソコンのドライブベイにあるハードディスクやSSDをすでにフォーマットしていて、それから再インストールなどでファイルをたくさん上書きして保存した、という場合には、専門のデータ復旧サービスで最初に状態を検査してもらわれることを推奨します。

TSUKUMOのBTOパソコンのデータを復旧 の続きを読む

壊れたパソコンの内部データを交換して開くには?

パソコン本体を買って使い始めてから、故障して完全に動かなくなるまでの寿命は一定的ではなく、
使い方や起動の回数/頻度、外部の環境やアクシデント、パーツの性能などの要因に大きく左右されます。

10年以上使える場合もあれば、1年~3年くらいで壊れてしまう事もあり、
逆に言えばいつ動かなくなるかは、なかなか予測できません。
(S・M・A・R・Tである程度、異常発生の時期をチェックする事は出来ます)

また、事故や水濡れ・災害等を除けば、パソコン内部の部品が一気に全部
故障するという事はほとんど無く、破損したパーツのみ取り外して
新しく購入した替えのパーツに交換接続する事で再度使えるようになります。

PCのパーツには、マザーボード、HDD、CPU、メインメモリ、FDD、CD/DVDドライブ、
パソコンケース、電源スイッチ、CPU-FAN、ケーブル、LANカード、チューナー、
キーボード、グラフィックカード、サウンドボード、スピーカー、モニター、
静音パーツ、冷却ファン、電源ユニット、背面コネクタなどがあります。

上記のうち、パソコンのあらゆるファイルやフォルダ、プログラム、システム設定
といったデジタルデータはHDD(ハードディスクドライブ)に格納されています。

なのでたとえLANボードや電源スイッチ・ランプなど別のパーツが故障しても
HDDが壊れていなければ、データを引き出す事は難しくありません。

大まかに、以下の対処方法で中身のデータを開く事が出来ます。

・機能が何らかの損傷で破壊されている部品を特定して新品に換装してパソコン本体の状態を直す。

・ハードディスクをひとまずドライブから取り外して別のパソコンに 接続して読み込みを行う。

専門のパソコン修理店やデータ復旧サービスでしたら、より確実に
ハードディスクやSSDの効果やファイルのサルベージの作業を行ってもらえます。

壊れたパソコンの内部データを交換して開くには? の続きを読む

パソコンを改造するとメーカーの修理保証を失う?

パソコンをはじめコンピューター製品・電子機器の多くには、購入日から1年、3年、5年くらいの
期間の間でしたら故障や不具合が発生しても、メーカー先のサポートセンターにて
ハードウェアの状態診断や検査、修理交換などをしてもらう事ができます。

不具合を起こした製品のお預かり期間が2週間~1ヶ月ほどかかるのですが、
特に急いでいなければメーカーに出しておまかせするのが最適です。

しかし、過去に一度でもパソコンケースを取り外してマザーボードの交換やメモリ・PCカードといった
内部パーツの増設を行い、初期の部品構築の状態を変えてしまったらどうなる?という疑問について。

ソフトウェア的にはほぼ大丈夫なのですがハードウェア的にパーツの改造や換装をサポート期限内に
行うと、修理の保証が受け付けられず、有償での修復作業しか請け負ってもらえなくなる場合もあります。

普通のデスクトップPCだけでなく、自作パソコンやBTOパソコンを
改造した場合でも、多くの場合で保証サポート期間が無効になって消えてしまいます。

NGの可能性がある処理は、自己修理、改造、部品交換、中身の掃除、ケース取り外しなどで、
どこまでがセーフで、どこからが保証対象外になるかは各製造・販売メーカー先の
カスタマーサポートセンターで指定されている案内によって若干異なります。

しかし自己改造をはじめ、上記のようにパソコンのケースを
一回ネジを外して空けるだけでも保証が使えなくなる場合もあります。

メモリやCPU・マザーボードなどのパーツ交換は基本的にできないため、修理保証期間を
残したい場合は自分でPC部品の換装や増設による改造・カスタマイズは行わない方が良いでしょう。

購入の際に最初からスペックの高いパーツで構築されたパソコン本体を選択して買うのもポイントです。

パソコンを改造するとメーカーの修理保証を失う? の続きを読む

マザーボードの接続パーツの交換や増設する前の準備

マザーボードには電源ユニットからメインメモリ・コネクタ・CPU・ハードディスクドライブ・
ビデオカード・サウンドカード・冷却ファンなど多くのパーツが取り付けられています。

またPCスペックやを上げるために、それまでの部品を外してより性能の高いマザーボードの新製品に交換したり、
拡張できる空き部分に拡張カードなどを取り付けて容量を上げることも可能です。

しかし自分で基盤の換装作業を行う場合は、もしもの失敗や破損トラブルを想定して、
ある程度の安全と準備を整えてから行うようにしましょう。

部品を分解する際のチェック

まず最優先でやっておきたいのが、HDD内部データのバックアップです。

もしパーツ交換後にパソコンが動かなくなったりして直せなくなった場合、代わりの予備PCやバックアップがなければ困ってしまう可能性があります。

次に、新しく設置する予定の部品は現在使われているマシンに、動作環境が相性が合っているかどうか、購入前にご確認下さい。

CPUやマザーボード一つだけ性能が良くても他のパーツが古い場合、拡張後でもあまり転送速度や動作の処理能力が変わらないかもしれません。

また、近年でしたら動画などをスムーズに鑑賞するために、高い性能のビデオカードやサウンドカードの搭載が標準になってきています。

逆にこれらのカードがなければ十分にパソコンを活用できないこともあります。

マザーボードの接続パーツの交換や増設する前の準備 の続きを読む

BTOパソコン内の破損データは復旧してもらえる?

BULT TO ORDER PC」(ビルト トゥ オーダー パソコン=BTO PC)はビックカメラやヨドバシカメラ、さくらや、コジマ、ケーズデンキなどの電器店舗で市販されている普通の完成品とは少し異なるパーソナルコンピューターになります。

「ストーム」や「フェイス」、「クレバリー」、「マウスコンピューター」、「パソコン工房」などの全国各地の専門店で、購入の前に自分でパーツの組み合わせを選択する事ができます。

そしてHDD/SSDやメモリ、CPU、マザーボード、電源ユニット、インターフェースカードなど、ご自身の用途に合った部品の構成にカスタマイズ的に組立をしてもらって購入できる、自由幅の広い特徴の製品です。

しかし、そのため普通のパソコンの故障時と違い内部データの復旧に余計にお金が掛かったり、受付をしてもらいにくいような事はある?という疑問について。

BTOパソコン内の破損データは復旧してもらえる? の続きを読む

パソコンのCPUを新品に換装して修理するには?

PCのマザーボードに取り付ける「CPU」 [シーピーユー/Central Processing Unit-セントラルプロセッシングユニット)とは、
コンピューターが行う計算や各機器の制御を担う、言わば心臓部のような部品です。中央演算処理装置とも呼ばれます。

Intel (インテル)のCeleron (セレロン)やPentium (ペンティアム)、Core2Duo、Core5、Core7などの
バージョンのブランド製品がありまして、それぞれ種類によって性能や値段も違ってきます。

また性能が良いものほどシステムの処理能力(読み込み速度)が上がって作業効率もよくなります。

パソコンの性能の向上

しかし、今もしパソコンが重くて動作が遅くなったり、フリーズや強制終了のエラーが多発する状態で上書き保存の前に
データが消えてしまったり、ファイルやシステムが一部影響で破損してしまうなど、日々の操作に不満を感じてしまわれる状態でしたら、
他のCPUとの性能の比較をして、一度交換してみるのも有効な方法です。

CPUはマザーボードに取り付けられている「ファン」(CPUクーラー)の真下に設置されています。

ひとまず、デスクトップパソコンかノートパソコンの筐体の蓋(カバー)を外して、CPUクーラーの
プロペラ部分に埃や小さなゴミが溜まっていましたら、廃熱性が低下して熱暴走を起こしやすくなります。

CPUファンや周囲の部分、マザーボード、電源ユニットなどに付着した異物を
綿棒や針、ピンセット、クリーニング用キットを用いて丁寧に掃除をしてみます。

その他、あらゆる考えられる可能性の問題を解消してみて、タスクマネージャーやコンピューターの
診断機能を用いてCPUに問題がありそうでしたら、新品のより性能の良いCPUを購入してみます。

パソコンのCPUを新品に換装して修理するには? の続きを読む

故障したマザーボードの修理や交換を行う時は?

パソコンを構成するメインパーツの一つ、マザーボード [Motherboard](メインボード [Mainboard])は、
上の写真のように無数の精密b品やチップ、配線が複雑に設置された一つの電子回路基板です。

メモリや拡張カード、CPUなどの他パーツを取り付ける事から、マザー・MB。MBU
(Motherboard Unit)と呼ばれています。(Macintosh用の母板はロジックボード。)

自作PCを製作された事のある方でしたら馴染みが深いと思うのですが
組立の際に電源ユニットやUSBポート、CPU、ビデオカード、音源、IDEなど
いくつものコンポーネントを接続しなければならないため、
組み立てるには結構な手間と知識、そして精密作業が必要になります。

組立パソコン制作の経験がない方でもメモリの増設などパーツの取り付け
くらいの作業でしたら、取扱説明書に沿って進めるだけでわりと簡単に接続する事ができます。

ですが、一度PCケース開けてしまうとメーカーや販売店舗の年間保証サポートが
受けられなくなるため、市販のパソコン製品の場合は必ず保証期間が過ぎてからにしましょう。

組み立てや交換、接続の作業中にマザーボード本体の部品に傷が付いてしまったり
プラグや接続面が曲がってしまうとそれだけで故障の原因となりえますので、
取り扱いの際には決して乱暴には扱わず、ひとつひとつの作業を慎重に進めるようにしましょう。

また、CPUの接続面など、取り付ける各主要コンポーネントの方でも差し込み方が
悪いとプラグが折れたりして使い物にならなくなる事もあるため作業の正確さが大変重要になります。
(かくいう管理人も一度、交換に失敗してしまったことがあります。)

インテル製、ギガバイト製などメーカーによっても相性などが違いますので、
マザーボードや部品の購入の際にはよくチェックをしておくす必要もあります。

Motherboardのメーカーには、ASUS、ABIT、ALBATRON、AOpen、ASRock、BIOSTAR、DFI、
ELITEGROUP、FOXCONN、GIGABYTE、Intel、JETWAY、MSI、Supermicro、TYAN、VIA
などがあります。

コンピューター本体のサポート保証期間がまだ残っている場合は
よほど急いでいなければ、自分で行うよりもメーカーや私設のPC修理サービスの方へ
送付してマザーボードや部品を修理交換してもらった方が確実です。

故障したマザーボードの修理や交換を行う時は? の続きを読む

パソコンの内蔵HDDが壊れた時の対処方法は?

パソコンに内蔵されているハードディスクが壊れたと思われる場合、中身を開けて壊れていないパーツを
取り出ししてデータを救出したり、破損した部品を交換して直したりする方法はある?というご質問について。

ボリュームの読み込みの状態をチェック

まず、中身のプラッタやヘッドなどの部品を交換して修理するとなると、
プロのスタッフと専門設備でもかなり難易度が高くなり、ほぼ不可能になります。

そのかわり故障したハードディスクを分解してデータ記録部分から無事な領域を抽出してもらうことは可能です。

ですが、それでも専門のクリーンルームや機材で行う必要があるため、
自分でHDDのケースを開いて壊したりしないように、ご注意ください。

古いHDDをUSB外付けハードディスクケースに入れてケーブルで繋いでみた際、別のパソコンでも
エクスプローラーに表示されない、という場合、「ディスク管理」や「デバイスマネージャー」、
「デバイスとプリンター」などに表示されて形跡があれば、まだ故障はしていない可能性があります。

パソコンが壊れてしまい全然開かなくなった場合、内蔵のハードディスクをPCから取り出して外付けHDDケースに入れて
別のパソコンにUSB接続をして開けば、写真などの多くの個人データはそのまま読み込めてコピーできます。

(※コンピューターウイルスに感染してシステムが破損していると、他のファイルも破壊されているケースもあります。)

ですが、もしハードディスクの回路が壊れていて開けない場合は、外付けHDDとしてパソコンに認識できていないこともあります。

その際には、物理障害に対応された専門のデータ復旧サービスの業者に出して、中身の分解・抽出による作業を行ってもらう手段もあります。

パソコンの内蔵HDDが壊れた時の対処方法は? の続きを読む

自作組み立てパソコンのデータも復旧できる?

マザーボード、CPU、メモリ、HDD、インターフェース、電源ユニット、ケース、といったPCのパーツを一通り組み立てて
自分で作ってみた「自作パソコン」で、内部に保存したデータをある時うっかり削除したり、フォーマットして
消してしまった時、あるいは自身で取り付けたハードディスクドライブがヘッドクラッシュなどの故障を
起こしてしまった場合、普通の市販のデスクトップ/ノートパソコンと同じようにデータを復旧できる?という疑問について。

開けないファイルを救出してもらうサポート

自作パソコンの内部に取り付けたハードディスクやSSDなどのパーツや周辺機器のUSBメモリ、
DVDディスクなどの場合も、普通の市販のものであればもちろんデータ復旧に対応されています。

メーカー製の期間保証が付いていない状態でも大丈夫です。

HDDは中身のモーターやヘッド、ディスクが壊れると一般個人では直すこともデータの取り出しも
不可能であるため、どうしても専門の業者へ注文をする必要が出てきます。

自作組み立てパソコンのデータも復旧できる? の続きを読む

パソコン修理の際に故障したハードディスクを交換するには?

お使いのデスクトップパソコンやノートパソコン、またはその他のPC/AT互換機に、以下のようなハードウェア・ソフトウェア的な
不具合の症状が表れた場合、今まで入れていたハードディスクドライブが故障し始めている可能性があります。

よくあるHDDの破損の状態

・処理動作のスピードが次第に遅くなっていっていく。
・急にフリーズ(FREEZE)してOSが止まり、BIOS画面を開いたらボリュームが正常に認識されていない。
・機械の中からカリカリ、ガリガリ・・と変な音が鳴る。
・WindowsやMacintoshのデスクトップ画面が開けず、ロゴ画面の次にエラーメッセージの画面が表示される。
・アクセスランプがオレンジ色に点灯して、読み込み不可のトラブルが発生している。
・アプリケーションソフトでの作業の途中でUSB接続機器が認識されなくなり、
 オペレーティングシステムにも動作不良が出始めてきている。

パソコン故障の原因はその多くが、HDD-ハードディスクという、
内部に設置された記録用の固定ディスク装置の異常によるものと言われています。

メーカーのサポートセンターや修理業者にパソコン修理を依頼する場合、ハードディスクドライブは外部からの埃や湿気に
大変弱い精密機器であるため、修理がほぼ利かず、正常な新品HDDの交換という形での修理作業となります。

例外としてデータの空き容量不足やコンピューターウイルスの感染、OSの破損など、
論理的な障害の場合は機材の交換をしなくても済むシステム内部での修復が可能です。

専門業者の方でパーツ換装作業の代行をしてもらわれる場合には、サポート店の受付への持ち込みや送付、出張サービス、
格安プランなどの、各メーカーやPC修理サービス会社によって、様々な方法での依頼を行うことができます。

パソコン修理の際に故障したハードディスクを交換するには? の続きを読む

ハードディスクを交換する時に保存データも修理するには?

パソコンが故障した時にハードディスクを別の新品に交換して、
OSを再度インストールして起動し直す際、引き続きこれまでのデータも同じものを
元に戻す形で修理することはできる?という疑問について。

まず、ハードディスクやSSDはメモリ、CPU、マザーボードなどのパーツと違い
OSのデータや個別のファイルを保存して記憶している装置になります。

なのでこちらを取り外すと、OSやユーティリティーは後から別のストレージに
インストールし直せばほぼ手間はかかっても元通りに出来るのですが、

[個人がオリジナルで作成したり集めて揃えたデータ]の方は、
新しく交換してOSをインストールした方のHDDには通常、記録されていません。

そのためパソコンから取り外して換装した古い方のHDD、または壊れたRAIDやNASを
そのまま置いておくと経年劣化でデータを失ってしまう可能性があるので注意してください。

コンピューターの故障によってドライブやOSが開けなくなっただけで
中身のデータ自体がそのまま破損せずに残っていれば、
まだドライブの内部から個人ファイルを救出できる見込みは十分にあります。

しかし、できれば事前に故障や操作ミス、エラーなどのトラブルに備えてデータのバックアップを
しっかりと行っていれば、いつでも修復ディスクなどから復帰できます。

他にも大事なデータを失ってしまう多くの要因で、
・誤ってファイルをフォルダ―上から消去してしまった。
・間違えてクイックフォーマットをかけてしまった。
・コンピューターウイルスの感染によりシステムが破損した。
・ハードディスクのプラッタにヘッド障害などで大きな傷が付いた。
・データ記憶メディアが物理的に割れたり欠損して壊れてしまった。

といった災難に遭われてしまった時のために、事前にオペレーティングシステムの
イメージディスクやドライブにある主要なファイルの差分バックアップのデータを
別の外付けハードディスクなどの記憶メディアに保存して作成しておきます。

ハードディスクを交換する時に保存データも修理するには? の続きを読む

自作パソコンのトラブルでパーツやHDDが破損した時の修理

自作パソコンの組み立てや実際の使用、調整は物理的、論理的にもやってみると非常に奥深いものです。

自分自身での組み立て作業の実践による技術や知識の習得はかなりのものですし、普段使っているパソコンの内部構造などが大変よくわかります。

安全かつ確実に組み立てて使いこなすにはそれなりに深い予備知識も必要です。

故障のトラブルの対策

一方でトラブルが起こりやすい事と、意外にも結果的に市販のパソコンを買うよりも出費が大きくなりやすい、というデメリットもあります。

パーツそのものは一年~三年あたりの保証をつける事ができます。

しかし組み立てて完成させたパソコンそのものには市販のパソコンと違ってメーカーからの修理保障が付かない、という事です。

原因がよくわからずに故障してしまったら、修理に出す時に通常の市販で保証期間のあるパソコンよりも修理費用がかさみがちです。

なお、ハードディスクの内部のファイルを損失してしまった時にデータ復旧サービスに注文をされる際には、それほど関係はなくなるのですが、PCの構造によってはメーカー製とで多少の差が出てくる可能性もあります。

自作パソコンのトラブルでパーツやHDDが破損した時の修理 の続きを読む

自作パソコンの組み立て作業でトラブルが出た時に修理するには?

自作での組立パソコンを、パーツをつなげて配置していく際に、特に注意すべきことはやはり、
CPU、マザーボード、電源、メモリ、ハードディスクなど各パーツの接続時でのトラブルです。

すなわち、ケーブルのコネクタやプラグの一本でも差し間違えて、
もし曲がったりしてしまったらその部品が使えなくなってしまうこともよくあります。

どれも高価で貴重な機材なので、組み立て時には十分に慎重を重ねて作業してください。

組立パソコンの製作での注意ポイント

よく起きてしまいがちな制作ミスのトラブルの例として、

・マザーボードへの配線接続ミス。
・CPUの取り付けミスによる折れ曲がり。
・電源ボタンを押しても起動しない。
・冷却ファン(クーラー)の回転が回らない。
・ハードディスクドライブが認識されず、モーターが回転しない。
・パーツの表面に傷や汚れが付いてしまう。
・OSのインストールに失敗してしまう。
 といったものがあります。

特に難しいのが電源ユニットなど、複雑で数の多いプラグを
マザーボードへ繋げて設置する際の工程です。

似たようなプラグが多いので正確な配置をミスしてしまうことがあります。

自作パソコンの組み立て作業でトラブルが出た時に修理するには? の続きを読む

自作の組み立てパソコンを製作する際の作業時の注意点とは?

『自作パソコン』(hard made PC/組み立てパソコン)とは、市販の完成されている全ての必要なパーツが
最初から組み込まれたオーソドックスなパソコンと違い、ハードディスク、マザーボード、電源、メモリ、ドライブ、PCケースなど、
パソコンを構成する部品を自分で選択して個別に買い集めて、各パーツを組み立てて完成させたPCのマシンを指します。

組み立てPCのメリット

組み立てPCはパーツを自由に選択して購入できるので、自分の使い方に合った理想的スペックで作り上げられています。

また購入に使っていく予算の程も細かく調節できます。

またBTOパソコン(読み:ビーティーオー)でしたら、お店のスタッフの方に組立作業を代行してもらうことができます。

自作のPCは、基本的に普通のパソコンより低コストで入手できます。

ですが、組み立てにはちょっとした知識と技術が必要になり、プラグの配置もかなり正確な配置が求められるので、
作ってみると最初は結構難しいものです。

自作の組み立てパソコンを製作する際の作業時の注意点とは? の続きを読む

ノートパソコンのハードディスクを交換して修理するには?

据え置き型のデスクトップパソコンはケースが大型でスペースも幅があり、
カバーの蓋も取り外ししやすく、ハードディスクなどのパーツも取り出しやすくできています。

ですが持ち運び型のノートブック型のパソコンの方はサイズが小さく、内部のスペースが狭く
パーツが取り出しにくくなっている構造で作られたケースの製品もあります。

そんな際に、ある日ハードディスクドライブが物理障害で故障してしまい、
新品の交換による修理作業が必要になった時に、自身でドライブベイからHDDの取り出しを
行う場合にどういったことを注意して工程を進める必要がある?という疑問について。

主なノートPCのメーカー製品一覧

・東芝:PB25324JSMB dynabook Satellite B253/J Celeron1037/15.6型HD液晶 4GB HDD 500GB
・NEC:Versapro Windows7 Professional 32bit Corei3 2GB 320GB DVDスーパーマルチ Bluetooth
・富士通:FMVA0600MP LIFEBOOK A553/HX Celron 1000M 2G 500G Sマルチ Win7Pro WLAN
・SHARP:PC-XG50H/Win7搭載/リカバリCD・OFFICE付き DVD再生OK
・HP:Pavilion F7Q56PA ABJ クアッドコアAMD A6-5200 4GB 1TB USB3.0 HDMI Radeon HD 8670M
・パナソニック:Lets note CF-T8 / Windows 7 Core2Duo 2GBメモリ 160GBHDD
・APPLE:MacBook 2.26GHz 13.3インチ 250GB MC207J/A
・日本エイサー:E1-570-F34D/K Corei3-3217U 4GB 500GB Sマルチ 15.6 Win8.1(64bit)
・エイスース:X200MA NB WHITE X200MA-KXWHITE ASUSTek Win8.1 64bit 11.6inch Celeron

まず、ノートパソコンの電源をオフにしてACアダプターやUSBケーブル、マウスなど
すべてのコードをポートから外します。

Acerの「ASPISE」など標準的なモニターサイズのノートパソコンの場合、
ハードディスクドライブやメモリ、ネットワークカードといった一部のパーツを
交換しやすいように、専用の取り外し用の蓋の下に収納されている製品も多いです。

ノートパソコンのハードディスクを交換して修理するには? の続きを読む

ノートパソコンの内蔵無線LANカードを交換修理するには?

主にノートパソコンなどのパーソナルコンピューターでネットワークへの無線アクセスをして
ウェブブラウザでインターネットを閲覧したり、メールで通信をする際に必要になる装置、

無線LANカード」(wireless LAN card/インターネットカード/内蔵無線LANワイヤレスカード)、
または「NIC」(Network Interface Card/ネットワークインターフェースカード) が故障した時に、
新品に交換して修理する際にはどのような手順で行えばいい?という疑問について。

主な内蔵無線LANワイヤレスカードの製品の一覧

・Broadcom社(ブロードコム):BCM943228HMB 802.11a/b/g/n WIFI+Bluetooth 4.0
・Broadcom:BCM943224HMS Dell Wireless 1520 PCIe Half-Mini 802.11a/b/g/n対応
・Intel(インテル):Intel WiFi Link 5300 (533ANHMW)450Mbps 802.11a/b/g/n
・Intel:デュアルバンド 高速Wi-Fi通信Band Wireless-802.11 最大リング867 Mbps+ Bluetooth4.0
・HP+汎用:BCM94313HMGB BCM4313 WiFi+20702 Bluetooth 4.0 無線LANカード SPS:657325-001

ドライバーソフトウェアを更新する

まず、(Windowsの場合)コントロールパネルでデバイスマネージャーを開き、
「ネットワークアダプター」の項目でデバイスの名前にエラーマークなどが付いていないか確認します。

問題が発生していたら右クリックで「ドライバーソフトウェアを更新」を実行するか、
またはデバイスを「削除」してパソコンを再起動します。

それでも元に戻らずインターネットにアクセスできずに無線LANカードが故障していると思われたら、
新品の無線LANカードを一枚購入して、内蔵されている方のパーツと交換する修理作業を始めます。

ノートパソコンの内蔵無線LANカードを交換修理するには? の続きを読む

PCのファンから異音が鳴り出した時に修理するには?

パソコンの中にはCPUクーラーや電源ユニットなどのいくつかの部品の箇所に
「ファン」(FAN)という、パーツの過熱防止のための冷却をするプロペラがあります。

このファンの羽部分とその周辺は、PC本体を購入した段階ではきれいに
手入れされているのですが、自宅や自社内で長く使っていくうちに
通気口や隙間から入った埃や小さなごみが次第に溜まってきます。

買ってから一年経つだけでもホコリを中心にプロペラ部分に汚れが溜まりやすく、特に通気口が
大きく隙間の多いデスクトップパソコンはケースの中に小さな異物が入りやすくなります。

埃が溜まると冷却の効率が下がり部品が発熱しやすくなり故障の原因にもなりかねず、
稀に異音が鳴り出すこともあるため、CPUファンや電源ファンの手入れを定期的に行う必要があります。

PCのファンから異音が鳴り出した時に修理するには? の続きを読む

CPUクーラー交換時の取り付け方と外し方の注意点とは?

CPUクーラー(CPUファン)とは、コンピューターのCPU(中央演算処理装置)の部品が
電源起動中に高熱になって熱暴走を引き起こしてしまうのを防ぐための冷却装置です。

この写真のようにCPUをぴったりと貼り付けて、マザーボードとCPUクーラーの二つに
挟み込む形でパソコンに設置します。

パソコンを分解して再構築したり、CPUの部品を新品に交換する際には、
まずドライバーでパソコンカバーの蓋を空けて、マザーボードから同じくドライバーで
CPUとCPUクーラーを正しい取り外し方、取り付け方に沿って換装していきます。

4箇所の螺子ピンで止めて装置を固定させる「クリップ式」の製品を使う時は
そのままマザーボードの取り付け部分の上から螺子で止めるだけですぐ交換できます。

マザーボードの裏側にリテンションベースを取り付けて固定させるリテンション式
大型クーラーの場合は一度、マザーボードをPCケースから取り外ししなければならないので、
他の電源ユニットやHDDなどのパーツと接続してあるコードも全部一旦取り外します。

グラフィックカードやUSB3.0インターフェースカードなどが取り外しの時に
マザーボードやCPUクーラーにつっかえてしまう時は
それらも一旦取り外ししなければならないので、少し長い作業になりがちです。

どの位置に何のコードや螺子が付いているか、分解する前にしっかりとメモを付けましょう。

CPUクーラー交換時の取り付け方と外し方の注意点とは? の続きを読む

デスクトップパソコンのパーツを分解する時の注意点とは?

デスクトップ型パソコンのケースの中に収納されているそれぞれのパーツを
自分で取り外して分解し、内部の掃除や部品交換、増設を行う時の主な注意点について。

まず、デスクトップパソコンの内蔵パーツを全部この写真のように取り外す際、
中身の部品はほぼ全てプラスのドライバー一本で、順に螺子を取って外すことができます。

(上の写真は交換、増設の分の部品なども含めて少し余分にパーツを並べています。)

再度組み立て直す時にコネクタの配置を間違えず機材を傷つけなければ、
分解や再構築はそれほど難しくなく作業できます。

最初は電源ケーブルやUSBケーブルなど全てのコードを外して、電気を完全に遮断します。

室内の日光や熱気、冷気の当たらない平らな床の位置に清潔なシートなどを敷いて、
その上にパソコン本体を置いて、まずはカバーの蓋をドライバーで外します。

螺子をたくさん外すことになるのでどの位置にどの螺子を使っているかをメモして
きっちりと配置分けをしましょう。

パソコンケースは大きいほど空くスペースに余裕があるので部品の取り外しが簡単で、
また他のパーツの拡張も行いやすくなります。

しかし逆に小さいケースだと、電源ユニットやハードディスク、CPUファンなどの
どれか一つの部品を取り外す時に他の部品に引っかかってしまい、
その部品を先に取り外さなければ別のパーツが取れないこともあります。

デスクトップパソコンのパーツを分解する時の注意点とは? の続きを読む

マザーボードが故障した時の状態と修復の仕方は?

パソコンの基盤であるマザーボード(メインボード)はご存知、PC内部に収納されている
パーツの中でも大きな部品で、外見通りとても複雑に見えて、他の部品とコードで絡まるように
繋がっているため、もし取り外しや交換修理を行うとなるとやはり一苦労になります。

そのため、パソコンの調子がおかしくなって自分で何とか直したい、という場合、まずどの部分が
どう破損しているかを、難しくとも見極めてから直す作業に取り掛かることが重点となります。

WindowsなどOSのロゴマークまできちんと表示されている時や、最初のBIOSロゴ画面、
拡張オプションメニューがちゃんと開く場合は、OSかハードディスクの方にシステム的または
物理的な問題が発生しているだけで、他のパーツに影響が出ている可能性はやや低いです。

電源を付けても何も映らなかったり、「ピッピッピッ」といった警告のビープ音
鳴っている場合は、マザーボードが故障している可能性があります。

しかしどちらかといえば電源ユニットが壊れているパターンの方が多く、
またビープ音が違う場合はCPUが破損していたり、メモリやビデオカードが
ちゃんと差さっていなくて読み込みの不具合が出ている場合があります。

ユーザー個人で故障した部分を見るには、マザーボード、ハードディスクドライブ、
CPU、メモリ、電源ユニット、モジュール(DIMM、RIMM)と、それぞれのパーツの
予備を持っていることがほぼ必須で、それらを一つずつ付け替えて、どの機材に
問題の問題があるかを順にチェックして修復を行っていく手法が最も分かりやすいです。

マザーボードが故障した時の状態と修復の仕方は? の続きを読む

故障したジャンク品のパソコン機器も修理してもらえる?

ジャンクパーツで構成して自分で組み立てたパソコン本体や、一部の故障したパーツを
中古で購入したりジャンク品の部品から交換して運用していたパソコン本体が壊れてしまった場合、
そちらもPC修理サポートのサービスで修理してもらえる?という疑問について。

メーカーのカスタマーサポートの対象とは?

パソコンの機材やモバイル端末の修理サポートは、今や誰でも耳にしているほど有名な市場で、
コンピューターの広く普及した現在では、高い需要と供給があります。

そのうち、パソコンなどのメーカーで請け負われているカスタマーサポートのサービスでは、
原則そちらのメーカーの製品で、改造などが行なわれていないコンピューターのみが対象となります。

故障したジャンク品のパソコン機器も修理してもらえる? の続きを読む

BTOパソコンは部品を分解して直しても大丈夫?

BTOパソコンは『Build to Order・ビルドトゥオーダーパソコン』の略で、
主にマシンの購入前に部品の性能を販売店のスタッフにカスタマイズを
してもらい、自分の好みのスペックに仕上げてもらえるPCです。

CPUやメモリなどの主要なパーツを組み替えるだけでなく、ビデオカードやサウンドカード、
FDDやDVDドライブの有無なども指定できるメリットがあり、その分安価で購入することも可能です。

BTOパソコンの販売メーカーには、ドスパラ(dospara)、ストーム(Storm)、
クレバリー(clevery)、マウスコンピューター(MouseComputer)、フェイス(Faith)、
パソコン工房(pc-koubou)、ツクモ(TSUKUMO)、フロンティア(FRONTIER)、などがあります。

通信販売からの注文による購入

近年では、東京都千代田区秋葉原といった都内の電気街店舗まで赴かずとも
インターネットから通信販売で、申し込みページでカスタマイズする部品を
項目欄より選択して、一週間ほどでの配送期間を目安に購入できます。

BTOパソコンは店舗で組み立ててもらえる自作パソコン、というタイプで、
部品の交換や増設もそれほど難しくはありません。

中身のハードディスクドライブが故障したのであたらしいく換装したい、という場合はケースを外して、
取り外しのマニュアルの手順に従いながら行う方法で交換できるでしょう。

メモリやCPUも特に難しくはないのですが、しかし、マシンによっては
やや独特の取り付け方をされている場合もたまにあるかと思われますので
どのようにマザーボードに接続されているかを作業前に一応確認しましょう。

BTOパソコンは部品を分解して直しても大丈夫? の続きを読む

パソコンを分解して修理する時に気を付けることは?

パーソナルコンピューターは基本的にどのマシンも、以下のような
決められた部品をコードでつなげる形で構成された機械です。

主な内部パーツは、ハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)、電源回路、
マザーボード(Motherboard)ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)、
ビデオカード(video card)、サウンドカード(sound card)、CPU(中央演算処理装置)、
PCケース、電源コンセント、冷却ファン、などがあります。

更にノートブック型にはディスプレイ画面やキーボード、バッテリー、タッチパッド・スピーカーなどが
一体化して構成されています。

パソコンがハードウェアの障害で故障した時は、この部品のうちのどれかが物理的に
破損しているためで、大抵は壊れたパーツだけを取り替えればパソコンを直すことができます。

部品そのものはたとえプロの業者でも、製作技術に特化した専門家でもなければ
難しいため、ほとんどはPC本体を分解して交換する形で修理をしてもらうことになります。

パーツを取り外して付け替えるだけの作業でしたら個人でも十分に可能で、特に据え置き型の
デスクトップパソコンは他の小型のコンピューターに比べて比較的、楽に作業ができます。

パーツの取り外し前の注意

購入したパソコンのメーカーで受けられる1年~5年間の保証期限
まだ残っている場合、自分でケースを分解すると、後でメーカーサポートへの修理の注文が
必要になった場合に有償でしか保障を受けられなくなることがあります。

時間に余裕がある時や予備のマシンを持っている場合でしたら、なるべくは
自分で取り外しを行われるよりも、カスタマーサポートにお問い合わせをして
直してもらわれた方が安全です。

ですが、すぐに直したい場合や、保証期間が過ぎている場合でしたら
ご自身でケースを外して、ハードディスクドライブなど故障していると
思われる部品を本体から外す方法も十分に使えます。

その際、ホコリっぽい室内やあまり綺麗でない床の上で換装作業をすると
マザーボードやコード/コネクタの接続面に異物が付いて破損の原因になるおそれがあります。

まずは分解修理の前に部屋内を掃除して、またシートを下に敷いたり、
空気清浄機でゴミや埃をある程度除去されると良いでしょう。

パソコンを分解して修理する時に気を付けることは? の続きを読む

ハードディスクが壊れたら修理と交換のどちらが良い?

パソコンやRAID、サーバ、外付けHDD、NASなどの電子機器に記録装置として組み込まれている
ハードディスクドライブ(HDD)が壊れてしまい、動かなくなったり変な音がするようになり
不安定な状態になったときは、修理の依頼と新品の交換のどちらが良い?という疑問について。

まず、ハードディスクが壊れるパターンには、物理的に中身の仕組みが
故障する場合と、OS(システム)が論理的に不具合をきたす場合があります。

システムファイルが破損しただけでしたらOSをリカバリーして初期化したり、
上書きインストールやスタートアップ修復ツールといった再セットアップ作業で直すことも可能です。

パソコン関連以外で使われるHDDは専門業者の方に直してもらいましょう。

しかし中身のヘッド部分がディスクに吸着したり、モーター軸がずれてパーツがおかしくなってしまう
場合は、自分自身で分解しても直せないだけでなく、かえって損傷を悪化させてしまいますので、
パソコン修理センターに持っていく必要があります。

ハードディスクが壊れたら修理と交換のどちらが良い? の続きを読む

落雷の時にパソコンの電源を付けると危険?

外の天気が大分荒れていて雷が鳴り響いている時に、パソコンをはじめとする電化製品の
電源を付けていたりコンセントを差したままにすると実は危険、ということをご存知でしょうか?

雷が近くに落ちると、当たり一帯の電線に落雷のエネルギーが伝わり、
電源コンセントに接続していた家電製品にも電源コードを伝わって
急激に強い電圧がかかって内部のパーツが破壊されるおそれがあるためです。

近くに雷が落ちてPCやサーバが壊れた、という話を聞いたことがある人も多いかと思われます。

デスクトップパソコンの場合、電源ユニットにまず被害が起こりやすく、
電源を付けていない状態でも焼き焦げてしまう場合があります。
(ノートパソコンは内蔵バッテリーで起動させていれば大丈夫でしょう。)

電源ユニットだけならまだ被害は少ないのですが、パソコンを起動させていた場合は
ハードディスクやマザーボードにまで強烈な電流が回り、
中身が徹底的に破壊されてしまう可能性すらあります。

ハードディスクドライブやUSB記憶装置にダメージが発生すると
保存データまでが物理的に失われてしまうおそれがあるため、特に危険です。

落雷の時にパソコンの電源を付けると危険? の続きを読む

マザーボードの取り付けと配線接続の作業の注意点は?

マザー・ボード(mother board)はCPUや電源ユニット、メモリ、グラフィックボード、
モジュール、ハードディスクなどの部品を総括して接続するプリント基板です。

最も他のパーツと繋ぎ合わせるのが多い部品であるため、パソコン内部の交換修理や増設、
自作組み立てパソコンの製作などPCの部品接続・取り付け作業の際に取り扱いが多くなります。

パソコンの組み立てや換装作業の中でも最も難しいといえるのはやはり、
他の部品よりもずっと複雑な配線接続作業を行うマザーボードの設置ですね。

例えば自作組立のプライムパソコンを組み立てる際、マザーボードを取り付けする時には、
大体最初にネジで固定して設置して、残りの部品を付けていきます。

またすでに完成しているパソコン本体から一番下のマザーボードだけを抜き取って交換する際、
PCケースの大きさが小さいものだと少し作業が大変なこともあります。

マザーボードの取り付けと配線接続の作業の注意点は? の続きを読む

マザーボードが故障した時に交換による修理をするには?

パソコンの電子回路基板であるマザーボード【Motherboard】はご存知、
メインボード(Macではロジックボード)とも呼ばれる、内部パーツの一つです。

マザーボードは電源ユニット・内蔵ハードディスク・メモリ・CPU・CD/DVDドライブなどの
他パーツと接続セットでパソコンのケース内にありますので
普通にPCを使用していましたら負荷を受けやすいHDDと違いそう簡単には壊れません。

しかしマザーボードが突然壊れてしまういくつかの例外もあります。

Motherboard損傷の一例

まず、デスクトップパソコンでは少ないのですが、ノートパソコンはよく持込で外出時に移動して
使用している場合、硬い地面にカバー無しで落としてしまったり壁にぶつけてしまうと、
衝撃で電源が止まったり中身の部品が外れてしまう可能性があります。

またノートパソコンが雨や飲料水にかぶってしまった場合、
最悪、即座にショートしてしまい、電源ユニットやHDDともにマザーボードが
焼き焦げて再起不能になってしまうおそれもあります。

他に日光の直射や高温・低音、強い電磁波なども天敵なのですが、特に水気にはご注意ください。

マザーボードが故障した時に交換による修理をするには? の続きを読む

CPUの温度上昇による発熱を原因とする機能障害の修復方法は?

パソコン本体のマザーボードに取り付けられている中央演算処理装置
すなわちCPU(CentralProcessingUnit-セントラルプロセッシングユニット)は
PC稼動中には非常に高く発熱し、特に使用率が高い程その熱上昇も上がります。

そのためマザーボードにはCPU(シーピーユー)の真上にファン(CPUクーラー)が、
内部の高熱な空気を放出して温度を整えるために設置されています。

しかし交換の時に正常にファンが取り付けられていなかったり、埃やごみが溜まって
熱した空気の入れ替えがしっかり出来ていないとたちまち熱暴走でパソコンに
エラーやシャットダウン、ショートなどの異常が発生しますのでご注意ください。

CPUの温度上昇による発熱を原因とする機能障害の修復方法は? の続きを読む

マザーボードが故障している状態はパソコン上で判別できる?

FUJITSU UH55/JでOSはWindowsのパソコンをアップグレードにしたところ、起動時に
電源ボタンを押すと3秒ほどランプが点灯して消灯、5秒ほどして勝手に点灯→起動するようになり、
このときは50%の確率で上記の問題が起こらずに起動、

スリープ機能で停止させてもディスプレイを開けたときに勝手にシャットダウンして、
シャットダウン後の起動と同じ高速スタートができない状態になり、
Windows8.1のままで回復をかけてみてもCドライブが正常に回復せずメッセージが出ていて、
そのままリカバリをかけたところその後から起動が正常にできなくなり、

ずFUJITSUのロゴまで行くのに3分程度かかり、一度点灯した電源ランプ&通電ランプ&
ドライブランプが消灯→点灯して起動の状態はそのまま継続、

その後一度ロゴが消えて、再度ロゴが出たときにやっと読み込み中の回転マークが
ロゴ下に出てWin8が立ち上がり、起動にかかるトータル所要時間は10~15分程度で、
時々は電源ランプの消灯→点灯の繰り返して起動できないこともあり、
一度電源ボタン長押し、2分ほどすれば起動できることもあり、

試してみたものとしては、もう一度リカバリ→変化なし、 内部バッテリーの放電→変化なし、
メモリの確認→どちらのメモリ1つはずしても起動するが同じ状態、
BIOSのアップデート→何度やっても途中でシャットダウン後正常にアップデートできず、
PC内蔵診断ツール→CPU、メモリ、ディスプレイ、ハードディスクに異常なし、

後は、起動した後は特に問題なく機能やネットが使えて、
しかし更新のアップデートなどで再起動をかけた際に画面は真っ暗になり、
起動ボタン&通電ランプ&ドライブランプなどは点灯したままで再起動、

更新は正常に行われて、完全に起動しない、または起動が止まるわけではないので、
原因がわからず、これはマザーボードの故障?どうすれば判別ができる?
というユーザー様からのご質問について。

まず、マザーボードの不具合が原因でおかしくなることはやはり多いです。

原因のチェックを一通り試して最後に基板の破損だとわかったこともあります。

例えば電解コンデンサなどに物理的な問題が出ていたりすると、
一般個人では問題の箇所を判別したり修理するのが難しくなりますので、
専門のパソコン修理サービスにて作業の代行をしてもらわれることもおすすめします。

マザーボードが故障している状態はパソコン上で判別できる? の続きを読む

パソコンの内部パーツを買い替えて修復するには?

古い型のパソコンや、故障してしまったPC本体は、そのまま本体ごと処分をされる前に、
まだ壊れたパーツのみを取り外して、替えのパーツと交換することで修復できる見込みがあります。

部品の取り出し

以前にパソコンを買い替えてから使わなくなった旧型のマシンなどがありましたら、
その内部には、まだ壊れていないメモリやCPU、ハードディスク、グラフィックカード、
DVDドライブ、電源ユニット、マザーボードなどがあり、そちらと交換することで、
多少スペックは落ちるものの、また稼働させて使用を継続することもできます。

なので、まだ使えるハードウェアや、パーツの一部が壊れただけのPCは、
まだまだ使用の方法がありますので、予備パソコンとして取っておいたり、
自分で分解して使える部品だけ残しておく、という使い道があります。

パソコンの内部パーツを買い替えて修復するには? の続きを読む

CPUを性能の良い規格に交換して修理するには?

パソコンが重くなってきたと感じた時、マザーボードに搭載されている
CPUの使用率が100%になっていたりしていないでしょうか?

中央演算処理装置の使い具合

タスクマネージャを起動してみると、どこかのプロセスがCPUの大部分を
使用しているために読み込みが遅くなってしまうことがよくあります。

そのプログラムや常駐ソフトウェアのツールを削減することでいくらか改善ができるのですが、
それでも遅いようでしたら、より性能の高いCPUに交換をされてみることをお薦めできます。

CentralProcessingUnit (セントラルプロセッシングユニット)はパソコンの基盤である
マザーボードに配置されている中央演算処理装置で、取り外して別の規格に換装することが可能です。

交換の際にはまずパソコンのケースを開いてマザーボードに取り付けられている
CPUファン(冷却装置)を外し、その下部に設置されているCPUを取り外して
別の製品に換装することで完了します。

CPUを性能の良い規格に交換して修理するには? の続きを読む

マザーボードを交換して修理するには?

お手持ちのパソコン内に搭載されているマザーボード(MotherBoard)が

・長年の稼動による老朽化で不調をきたし始めてしまった、
・塵や埃、水分の侵入で障害が起きてしまった、
・自作パソコンのパーツ組み換えの際に基盤や差込口に傷をしまった、
・落雷のショートにより焼き焦げが起きてしまった、

といった故障に遭われてしまった際にはどうすれば良い?という疑問について。

まず、マザーボード(メインボード)はPCを動かす上で最も重要で必要不可欠な電子基盤ですが、
あくまでパーツの一つであり故障してもパソコンそのものが壊れてしまうというわけではなく、
別のマザーボードに交換することでPCの修復ができます。

組立パソコンの場合はいつでも自在に修理交換ができるのですが、
市販のメーカー販売店で完成品としてのパソコンを購入された場合は
年間の契約保証サービス期間内でしたらメーカー先での修理交換を申し込まれてみましょう。

過去に一度でも自分でケースを開いて分解していたり、もし失敗してしまうと、
保証サポートが有償でしか受けられなくなることがありますのでご注意ください。

マザーボードを交換して修理するには? の続きを読む

パソコンが故障した時に付属品で読み込みを修復するには?

デスクトップパソコンの本体一式を一台買うと、コンピューターの製品の様々な付属品が付いてきます。

主な付属品には、キーボード、マウス、スピーカー、OS起動ディスク、マザーボードのDisc、
取扱説明書、止め具、電源コード、予備のケーブル、ACアダプター、保証書などがあります。

このうち、前に買ったパソコン本体と同じ物が入っていていくつも増えてくると、
中にはすぐに必要の無い物も出てくることがあります。

しかし付属品を廃棄処分する前には念のため、本当にこの先必要がない物かどうか、
他の電化製品と同じく再確認をされてみることを推奨します。

たとえば同梱のディスクや予備のパーツ、ケーブルの場合、今度時間が経って
パソコンが故障してしまった時、読み込みを修復するのに必要になることもあります。

パソコンが故障した時に付属品で読み込みを修復するには? の続きを読む

パソコンやサーバの電磁波をカットする対策とは?

電磁波(でんじは)とは、コンピューターなどの電子機器や家電製品から
電場と磁場の変化により微弱に発生している波動のことを指します。

デスクトップパソコンやノートパソコン、サーバー、ネットワークドライブ、周辺機器などの
電気を通して動かす機械からは常に微弱ながら電磁波(電場・磁場)が放出されていて、
そして人体にも触れている可能性があります。

液晶モニタやキーボード、マウスなどの装置も、USBポートから繋げて
電気が通っている状態の時は同じように電磁波が発生しています。

しかし現代では電子機器を使わないと仕事にならないことも多く、
生活の必需品になっているので、使わないわけにもいかないですね。

そこで、電磁波の人体への影響が少しだとしても気になるのである程度は
カットできるようにしたい、という方のために、電磁波対策のグッズが各社から販売されています。

パソコンやサーバの電磁波をカットする対策とは? の続きを読む