「ポータブルHDD」のページの案内

『ポータブルHDD』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

ポータブル・ハードディスク




コンピューターの問題解決などのコンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「ポータブルHDD」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「ポータブルHDD」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

ポータブルHDDに起きた問題をMacパソコンで修復するには?

2.5インチのSATA方式のハードディスクドライブがコンパクトな小型のケースに収納されている、
「ポータブル・ハードディスク」(portable HDD)を日々お使いの際に、
MacのOSのパソコンに接続してデータを読み込みしようとしたら、アクセスのエラーや、
正常にデバイスが認識できないトラブルが発生した時に、どのようにすれば修復できる?という疑問について。

USBケーブルの接続の状態を見直してみるには?

まず、ポータブルハードディスクの製品に付属していますUSBケーブル(Universal Serial Busのコード)が、
HDDのカートリッジと、MacBook Air/ProやiMacのパソコン本体のUSBポートのどちらかで、
コネクタ(connector)が外れていたり、正しく差し込まれていない状態になっていたら、接続をし直してください。

複数のUSBケーブルを同時に接続できるUSBハブや延長コードを経由して接続している場合は、
一度USBハブを取り外して、直接MacパソコンのUSBポートに差し込みします。

ポータブルHDDに起きた問題をMacパソコンで修復するには? の続きを読む

ポータブルHDDをUSB変換ユニットに付け替えてデータを復旧

USBケーブルでパソコンなどのコンピューターにつなげてボリュームを読み込む、「ポータブルHDD」を日々お使いの際に、
ある時、突然ケースが故障してしまい、ストレージの内部のファイルが読み取りできなくなった場合に、
別のUSBの機器で読み込みをして、データを復旧するにはどのようにすればいい?という疑問について。

ポータブル・ハードディスクの製品の一例

・BUFFALO(バッファロー):2.5インチ ポータブル 外付けHDD 500GB HD-PCF500U3-BE
・Transcend(トランセンド):USB3.0 2.5インチ スリムポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 2TB TS2TSJ25M3G
・WD(ウェスタンデジタル):ポータブルHDD 2TB USB3.0 My Passport WDBS4B0020BOR-WESN
・I-O DATA(アイオーデータ):HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0対応 日本製 HDPX-UTA1.0K
・Silicon-Power(シリコンパワー):ポータブルHDD 2TB 2.5インチ耐衝撃 A75シリーズ SP020TBPHDA75S3S
・Seagate(シーゲート):Backup Plus ポータブルHDD 5TB STHP5000402
・LaCie(ラシー):HDD ポータブルハードディスク 5TB USB3.0 3.1 USB STHG5000400
・東芝(TOSHIBA) Canvio 4TB USB3.2(Gen1)対応 外付けポータブルHDD HD-TPA4U3-B/N

アクセスランプの点灯の仕方による問題の確認

まず最初に、ポータブルHDDは普通の外付けハードディスクのケースやRAID、NASのケースと違い、
電源コンセントを差し込みして使う仕様ではなく、
コンピューターとUSB(ユニバーサルシリアルバス)での接続で、通電する仕組みとなります。

ご使用されているポータブルHDDの製品に、通電の際に点灯するアクセスランプがあれば、
そちらが正常な色や点滅の仕方で光っているかどうかをご確認ください。

アクセスランプが正常に光っている状態でデータにアクセスができない時は、
まだ待機中で、しばらく経つと読み込みが出来ることも多いです。

またはUSBポートの差し込みの箇所が違っていたり、たまたまデバイスが認識しないことも多く、
別のUSBポート、または別のパソコンに接続をし直すと、そちらで読み込みが復旧した、ということもあります。

アクセスランプが付いてない製品の場合は、Windowsのコントロールパネルのデバイスマネージャーや、
コンピューターの管理→「ディスクの管理」といった画面で、ボリュームの認識の状態を確認します。

ポータブルHDDをUSB変換ユニットに付け替えてデータを復旧 の続きを読む

HDDが壊れる寸前の状態でパソコンの修復はできる?

パソコン電源(Power supply)を付けた時に、Windowsのローディング画面から先に進まないので強制終了したら、
黒い画面に「Windowsを通常起動する」「Windowsの問題を修復する」と出た時には、
どうすればPCの立ち上げを復旧することができる?という疑問について。

「ディスクのシステムボリュームが壊れています」と出たら?

こちらの一例では、ユーザー様からいただきましたご質問についての回答での形で、記述をいたします。

まず、青い画面の「スタートアップ修復」で、「正常に完了しました」→「完了」ボタンをクリックすると、
画面がWindowsのロード画面へ戻ります。

そこでいつまでたっても先に進まない時は、強制終了して電源を付け直してみてください。

再びスタートアップ修復の起動が始まり、これが繰り返しになった場合は、スタートアップ修復で見つかった、
根本的な原因に、「ディスクのシステムボリュームが壊れています。」と表示されるケースがあります。

HDDが物理的に壊れ始めていたら、新しくハードディスクを購入して、換装を試みることで、多くの場合は復旧できます。

HDDの取り外しが難しいパソコンの場合は?

しかし、そこでHDDの取り外しがうまくかず、本来ハードドライブのタブが付いているはずの部分(HDDの端の方)が、
ネジで固定されていて、タブは中央に付いていて、試しにネジを緩めてみたら、逆側も固定されていて、
一般の個人では取り外しがやや複雑で難しい、といったケースもあります。

また、壊れかけたHDDに、chkdsk(ファイルシステムの修復・スタートアップ修復が完了した時の
「診断および修復の詳細」の項目)は、あまり行われない方が無難です。

そこで、必要なファイルのバックアップも取っていなかったため、ハードディスクが壊れる寸前と思われる際に、
パソコンと内部のデータを何とか修復できる方法はある?というケースについて。

HDDが壊れる寸前の状態でパソコンの修復はできる? の続きを読む

蓋の開かないポータブルHDDのデータを復旧するには?

2.5インチでSATA方式の小型のハードディスクドライブが搭載された外付けHDDの
「ポータブル・ハードディスク」(portable hard disk)が、ある時、突然、内部のディレクトリ(ボリューム)に
アクセスができなくなり、しかもケースの蓋が通常では開けないようになっている構造の製品の場合は、
どうすれば内部に保存されているデータファイルを復旧することができる?という疑問について。

主なポータブルハードディスクの製品一覧

・WD(ウェスタンデジタル):ポータブルハードディスク 4TB USB3.0 WDBYFT0040BBL-WESN
・I-O DATA(アイオーデータ):耐衝撃ポータブルハードディスク HDPD-UTD2 (USB 3.0対応/2.0TB)
・Seagate(シーゲート):2TB ポータブル外付けHDD 4K 2.5インチハードディスク USB3.0
・Transcend(トランセンド):USB3.0/2.0 2.5インチHDD ポータブルハードディスク TS1TSJ25M3
・シリコンパワー:ポータブルHDD 2TB 2.5インチ USB3.0/2.0 耐衝撃 Armor A30 SP020TBPHDA30S3K
・東芝(TOSHIBA):USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TBCANVIO BASICS HD-AC10TK
・BUFFALO(バッファロー):2.5インチ(ポータブル) 外付けHDD 2TB HD-PCF2.0U3-GBE

カバーとUSBケーブルの破損が出ていたら?

まず、ポータブルハードディスクにも、ケースの蓋が少し開きにくいだけのものと、
または分解ができるネジやカバーがなく、普通に取り外そうとしたら開くのが難しい仕様の製品とがあります。

たとえば東芝(TOSHIBA)製の、あるポータブルHDDの製品は、ハードディスクの取り出し・交換用の蓋が付いた、
外付けHDDケースの製品と異なり、簡単に取り外しができるようにするための蓋がなく、
ストレージの交換が前提とされていない構造の製品となります。

後者の場合は、HDDケースが故障してしまうと、Portable HDDの内部のボリュームに保存されたファイルやフォルダーが、
読み込みできなくなって、違う方法でデータを復旧しなければならなくなります。

蓋の開かないポータブルHDDのデータを復旧するには? の続きを読む

ポータブルハードディスクを紛失した時に探すには?

お手軽に持ち歩きができる外付けハードディスク、その中でも2.5インチサイズのHDDが、
小型のコンパクトなカートリッジに導入されているデータ補助記憶装置である、
「ポータブルハードディスク」(portable hard disk drive)は、持ち運びに便利な製品です。

しかしある時、うっかりどこかでポータブルハードディスクが家の中で見つからない、
あるいは外出中で置き忘れた、落とした、などの可能性で紛失してしまったら、どのように探せばいい?という疑問について。

ポータブルHDDを無くしてしまった時の主な原因とは?

まず、ポータブル・ハードディスク(Portable Hard Disk)を無くしてしまった時のよくある原因としまして、
デスクの横と壁の隙間に落ちていたり、書類や書籍の間に挟まっている、
キーボードの真下やモニターの裏側にずれていたために、室内でうっかり紛失した、といったケースがあります。

また、大きな服の袖のポケットに一時的に入れていたら、そのまま忘れて服と一緒に、
洗濯機に入れて洗ってしまった、ということがないようにご注意ください。

例えば、PC本体を置いている机やパソコンラックの位置とゴミ箱が隣同士の配置の時は、
ポータブルHDDなどの小型の機器や小物が横にずれて気づかずに落ちて捨ててしまうケースも
ありうるので、ゴミ箱の位置を変えるか、横に落ちないように工夫されることをおすすめします。

ポータブルハードディスクを紛失した時に探すには? の続きを読む

ポータブルHDDのランプが付かず接続できない時にデータを救出

2.5インチ型のSATAハードディスクが組み込まれている小型の外部ドライブケースである、
「ポータブルHDD」(portable hard disk)を普段お使いの際に、ある時、
通電のサインであるボタンなどの位置にあるランプが光らなくなることがあります。

もしそのまま接続音も鳴らず、内部の保存データが開けなくなってファイルやフォルダーに接続できない時は、
どうすればストレージの再読み込み、またはファイルの救出ができる?という疑問について。

ポータブル・ハードディスクの製品の一覧

・BUFFALO:ミニステーション USB3.1 Gen1/USB3.0用ポータブルHDD 2TB HD-PCFS2.0U3-BBA
・Transcend:USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB TS1TSJ25M3S
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1
・東芝:USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TBCANVIO BASICS HD-AC10TK
・WD:HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN USB3.0
・MARSHAL:miniSHELTER ポータブル 2.5インチ 外付け HDD 1TB
・Seagate:ポータブルハードディスク Expansion Portable Hard Drive 2TB
・シリコンパワー:2.5インチポータブルHDD 1TB USB3.0/2.0対応 Armor A30 SP010TBPHDA30S3K

ポータブルHDDの再接続を行うには?

まず、多くの場合は、パソコンなどのコンピューターに配置されていますUSBポートでの、
デバイスの読み込みの一時的な失敗などの例が、外部でバスを接続する時によく起こるトラブルです。

ポータブル・ハードディスクにあるボタンを押して、特に反応がなく接続できないようでしたら、
一度、別のUSBポートに、ポータブルHDDのUSBケーブルを差し替えてみてください。

または、試しに別のパソコン本体などに接続してみると、読み込めない状態が自動的に修復されて、
HDDに保存されたファイルやフォルダーが、そちらの方では開けることもあります。

ポータブルHDDのランプが付かず接続できない時にデータを救出 の続きを読む

ポータブルHDDが通電しない際にデータ復旧をするには?

主に2.5インチサイズでSATA方式のハードディスクドライブが使用されている、
小型の外付け記憶装置である「ポータブルハードディスク」(Portable HDD)を、
パソコンなどのUSBコネクタにUSBコードを差し込みしたら電源ランプが付かずに、
通電しない状態になった、といった場合には、どうすればデータ復旧の措置ができる?という疑問について。

主なポータブルHDDの製品一覧

・WD:ポータブルHDD 2TB USB3.0 My Passport Ultra WDBMWV0020BBK-PESN
・Transcend(トランセンドジャパン):USB2.0 2.5インチ ポータブルHDD D2シリーズ 1TB TS1TSJ25D2
・Seagate(シーゲート): Backup Plus Slim Portable 1TB USB 3.0 2.5″ External Hard Drive
・BUFFALO(バッファロー):ポータブルハードディスク ミニステーション 500GB USB 2.0
・I-O DATA(アイ・オー・データ):ポータブルHDD 1TB USB3.1Gen1/Type-C対応 HDPX-UTC1K

ポータブルHDDの電源ランプが点灯していない時は?

まず、ポータブル・ハードディスクの製品は基本的に、電源回路やバッテリーが搭載されていない構造です。

付属のUSBケーブルを電子機器に差し込む形で通電して、電源ランプが点灯します。

USBコネクタに一度差し込みしても電源ランプが点灯せず、ストレージ(storage)が反応しない場合は、
一旦USBポートから外して、別のUSBコネクタに差し込みしてください。

また、その電子機器がUSBの外付けハードディスクドライブを読み込みできる仕様であるかどうかも、お確かめください。

ポータブルHDDが通電しない際にデータ復旧をするには? の続きを読む

ポータブルHDDをフォーマットで消したデータは復元できる?

データの保存や持ち運び用などで使用している、外付けHDDの「ポータブル・ハードディスク」を、
使用している時に間違えてクイックフォーマットなどを掛けて初期化してしまった場合に、
保存していたデータは、拡張子を消した後から復元できる?という疑問について。

主なポータブルHDDの製品の一覧

・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD TS1TSJ25M3
・I-O DATA(アイオーデータ):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 EC-PHU3W1
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルHDD 2TB Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN
・BUFFALO(バッファロー):2.5インチ 外付けHDD 1.0TB ブラック HD-PCF1.0U3-BBD
・Seagate(シーゲート):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 Backup Plus Slim 1K9AA2

前にバックアップしていたデータを探してみる

まず、ポータブル・ハードディスク(Portable Hard Disk)に指示を誤ってフォーマットを掛けた時の前に、
パソコン本体などのデータ記憶媒体に同じファイルを保存していたかどうか、または他のHDDやNASの装置、
あるいはクラウドサービスといった場所にバックアップを取っていたかどうかを確認されてみてください。

そちらのストレージを確認して、コピー&ペーストなどの操作や、インポートの実行などによって、
フォーマットで消した必要なデータファイルも元に戻すことができます。

ポータブルHDDをフォーマットで消したデータは復元できる? の続きを読む

ポータブルハードディスクが認識しない時に復旧をするには?

USBコネクタを通してパソコンや他のコンピューター装置にコンパクトに接続できる
ポータブルハードディスク』(Portable Hard Disk Drive)をつなげてみたら、
外部のデバイスの装置として認識しない場合や、ディレクトリが開かずファイルが見れない場合に、
どのようにトラブルへの対処をすればデータの復旧ができる?という疑問について。

HDDケースのUSBケーブルが正常にアクセスできるかを確認

※こちらの例では、Transcend(トランセンド)製の、2.5インチサイズでSATA方式の
 ハードディスクドライブを使用するポータブルHDDのケース「StoreJet 25M3」の製品を
 Windows 8.1のOSのパソコンに接続してデータ復旧を行う場合について、解説していきます。

まず、最初に付属のUSBケーブルを差し込みします。

次に、ポータブルハードディスクのケースの、ランプのところにボタンがありましたらそちらを押して、
正常にランプが付くかどうかを確認します。

USBケーブルも試しに、別のUSBポート、または違うパソコン本体のコネクタに差し替えてみてください。

ポータブルハードディスクが認識しない時に復旧をするには? の続きを読む

ハードディスクの故障をモニタリング機能の検査で予測できる?

ハードディスクやSSDにある、「S.M.A.R.T」の機能から専用のソフトウェアを使用して状態をスキャンして、
事前に故障を予測したり、簡単なエラーからの修復をするには、どのようにすればいい?という疑問について。

ハードディスクドライブはいつ故障してもおかしくない?

まず、パソコンやサーバ、ネットワークドライブ、RAIDなどのコンピューター機器で使用される、
補助記憶装置の「ハードディスクドライブ」(hard disk drive)は、
消耗品とも言えるデリケートな精密機器でもあります。

「不良セクタ」や「コントローラーボードの破損」、「経年劣化による摩耗」、
そして「プラッタへのヘッド吸着による障害「ヘッドクラッシュ」の発生など、
いつ故障が出てもおかしくはない点が複数あります。

しかも多くの場合、ハードディスクの修理は非常に難しく、
高額になったり、ほぼ不可能なケースが多いため、基本的には新品のドライブへの交換や、
内部のディスクからのデータ復旧の措置によって、状態の修復を実行することになります。

そのため、特に内部データの管理と日々の機材の扱いには気をつけなければなりません。

ハードディスクの故障をモニタリング機能の検査で予測できる? の続きを読む

ポータブルハードディスクのデータを修復するには?

ポータブル・ハードディスクに保存したファイルを、うっかり間違えて削除したり、
フォーマットを掛けてしまうトラブルが出たり、デバイスのエラーや機器の回路の故障が起きて、
内部のストレージのディレクトリに保存されているデータで開けなくなった時に、
修復をする方法にはどういったものがある?という疑問について。

外付けのHDDのデータもゴミ箱から元に戻せる?

まず、最近のWindowsのパソコンでは、外付けのハードディスクをUSB接続して、
内部のデータファイルをエクスプローラーの画面から削除した場合にも、パソコンに内蔵されたCドライブと同様に、
ゴミ箱のフォルダーに一旦移行しますので、そこから元に戻して修復することもできます。

ポータブルハードディスクの内部ファイルも、他の外付けHDDと同じくローカルディスクと認識されます。

なので、ゴミ箱に移行して、そちらから必要なファイルを探して、「元に戻す」の操作で復旧することが可能です。

USBメモリやSDカードといったメモリーカードのデータは、ゴミ箱には移動されないので、ご注意ください。

また、macOS、またはMac OS XのAppleパソコンをお使いの場合も、誤ってファイルを削除した後ですぐに、
「ゴミ箱」をチェックしてみると、外部のデバイスであるポータブルハードディスクドライブのデータも
移動されていますので、こちらから元に戻して修復することができます。

一方、NASなど、お使いの外付けHDDの製品によっては、自動的に「ゴミ箱」が作成される機能が、
標準で搭載されている場合もあります。

ポータブルハードディスクのデータを修復するには? の続きを読む

ポータブルHDDがパソコンで読み込みできない時の復旧方法は?

2.5インチのSATAハードディスクが搭載された小型の外部データ記憶装置である、
『Portable Hard Disk Drive』(ポータブルハードディスクドライブ)は、パソコンなどのコンピューターに、
製品に付属されたUSBケーブルをコネクタに接続するだけで、すぐにデバイスが認識されてデータが開けます。

ですが、もし急に、PCに正常に読み込みができなくなった時には、どうすれば内部のファイルの読み込みを復旧できる?という疑問について。

フォーマットの違いでデータが開けない時は?

まず、東芝やTranscend社やなどのコンピューター用品のメーカーにて開発・販売されている、
ポータブルハードディスクに掛かっているフォーマットの形式が、すでに別のコンピューターで使われていて、
WindowsやMacで読み込みできない種類のフォーマットの場合は、
特殊なアプリケーションソフトが必要になることもあります。

ファイルシステムがXFSなどでフォーマットされたストレージは、パソコンに認識自体はできても、
エクスプローラーやFinderでは通常、データが開けませんので、間違えて初期化をされないようにご注意ください。

また、パソコンを再起動して、ロゴの画面でBIOS画面を開いてから、ポータブルHDDが、、
USBデバイスとしてパソコンに認識されているかどうか、表示の状態を確認されてみてください。

ポータブルHDDがパソコンで読み込みできない時の復旧方法は? の続きを読む

ハードディスクへのアクセスが遅い時に修復するには?

パソコンで電源を立ち上げた時に、ハードディスクドライブへのアクセスが遅い時や、
外付けHDDケースやRAIDなどの外部の補助記憶装置の読み込みの速度が重い時に、
問題を修復するには、どのように対処すればいい?という疑問について。

ハードディスクへのアクセスが遅くなる原因とは?

まず、パソコンの内蔵ハードディスクドライブ(プライマリパーティションのローカルディスクC)は、
補助記憶装置の中でも最も容量が大きく、また最もよく使う機器です。

ある程度長くPCを使っていくうちに、次第にアクセスがやたらと遅くなって、
最初の頃に比べて読み込みに時間が掛かるようになっていく場合があります。

例えばアプリケーションソフトウェアやファイルの拡張子が増えていくことも理由の一つです。

他の原因として、ディスクの書き込み領域の[セクタ]という部分に、データがまばらに書き込まれていく、
断片化』という現象が起きている、という要素があります。

セクタのあちこちの箇所に、データの一部がそれぞれ保存されてしまい、
引き出しの整理がされていないような乱雑な状況になっているために、
ハードディスクのこれらのデータへのアクセスが遅い状態になってしまいます。

また、外付けHDD、ポータブルハードディスク、RAIDケースなども、頻繁に使うデータを保存して使用される際には、
同様に通電する回数も多く、ハードウェアの摩耗も早くなりがちです。

ハードディスクへのアクセスが遅い時に修復するには? の続きを読む

パソコンのHDDがクラッシュした時のデータ復旧とは?

パソコンのドライブベイに搭載して使用されたハードディスクドライブに、
ヘッドクラッシュ(Head Crash)という物理障害の破損が起こって内部のファイルが開けなくなった時に、
データの復旧をしてもらうには、どうすればいい?という疑問について。

HDDのクラッシュによる物理障害とは?

まず、クラッシュ(Crash)とは、衝突や破壊といった意味合いです。

コンピューター用語では、ハードディスクドライブやSSDなどのパソコンの部品が、
物理的、またはシステム的に損傷して、壊れてしまうトラブルのことです。

パソコンのクラッシュと言うと、多くの場合は、内蔵されたHDDが、
製品としての寿命やヘッド障害などの破損で、物理的に故障(failure)するパターンを指します。

例えば、OSのシステムファイルやフォルダーが破損しただけの場合でしたら、
読み書き(Reading and writing)ができなくなっただけで、ハードディスク自体はまだ壊れていません。

なので、再インストールなどで、オペレーティングシステムを直した後で引き続き使用できます。

パソコンのHDDがクラッシュした時のデータ復旧とは? の続きを読む

ハードディスクドライブを取り出して交換する修理を行うには?

パソコンの本体に搭載された、データの補助記憶装置(オーグジュアリストレージ)である、
ハードディスクが故障してしまった時には、どうすれば壊れたHDDをPCのドライブベイから取り出して、
ストレージを交換する修理の作業を行えばいい?という疑問について。

HDDの回路が破損して壊れてしまったら?

まず、パソコンの中に搭載されている記憶装置であるハードディスクドライブHard Disk Drive)は、
数年以上使用していると次第に内部のモーターやプラッタ、ヘッド、アームといった部品が老朽化して、
ヘッドクラッシュといった障害が起こり、いつかは故障してしまいます。

そして、ストレージにインストールされたオペレーティングシステムが開けなくなり、
PC本体といったコンピューターの使用ができなくなります。

一度、物理的にHDDが破損して壊れてしまうと、普通はその装置単体をそのまま修理するのは、
プロの業者でも非常に難しいため、中に書き込んでいるデータは外付けHDDへのフルバックアップや、
複数のハードディスク(Hard Disk)を組み合わせるRAID化などの技法で保護します。

ハードディスクドライブを取り出して交換する修理を行うには? の続きを読む

パソコンのローカルディスク(HDD)を換装して修理するには?

パソコンでメインとなる補助記憶装置のHDD(ローカルディスク)が故障してしまい、
オペレーティングシステムが開かなくなった時に、ハードディスクを新品に換装するなどして修復をして、
ハードディスクドライブやSSDにオペレーティングシステムをインストールし直してから、
その後もPCの本体を長く使っていく手順と作業の注意点には、どういったものがある?という疑問について。

ハードディスクを新品に換装する修理の方法とは?

まずはじめに、PCのメインとなる記憶装置であるHDD(磁気ディスク装置)は、
パソコンの本体に内蔵されたものと、外付けのハード・ディスクドライブケースに取り付けられた製品があります。

このうち、オペレーティングシステムが稼働させるストレージは、通常では筐体に内蔵されたHDDになります。

また、NAS(ネットワークドライブ)やRAIDケース、サーバー、レコーダー、カーナビゲーション、
デジタルビデオカメラなどの、色々な電子機器にもハードディスク導入がされていて、メジャーになっています。

一方で、一度ハードディスクの回路が物理的に壊れると、大抵は故障したままで直らなかったり、
非常に修理代金が高額になる精密な機器でもあります。

その場合は、HDDを新品に換装して直すことが、基本的な修理の方法になります。

パソコンのローカルディスク(HDD)を換装して修理するには? の続きを読む

ハードディスクドライブが不調になった時の復旧の方法は?

パソコンなどの機器に搭載されたハードディスクドライブに不調が出て、正常に機能しなくなった場合に、
PCのシステムの修復機能からエラーを修復してHDDを読み込み直したり、
デバイスのディレクトリに保存されたデータファイルが開けない場合に復旧をするには、
どのように実行すればいい?という疑問について。

ハードディスクドライブが破損する不具合とは?

まず、パソコンの中枢的なパーツのハードディスクドライブ、あるいは外付けHDDやRAIDケースの内部の回路が、
物理的に破損してしまった状態になると、並みのエラーや故障よりも深刻な不具合が起こりやすくなります。

次に、起動や読み書きの操作が不能になったハードディスクは、「プラッタ」という記録円盤の部分か、
そのディスクのセクタに読み書きをする「ヘッド」や「アーム」の部分が、
クラッシュを引き起こしている状態であることが多いです。

ハードディスクドライブが不調になった時の復旧の方法は? の続きを読む

CHKDSKコマンドでハードディスクのエラーを修復するには?

WindowsのOSの画面が、パソコンを起動した時にすぐに表示できないエラーが頻繁に発生した時は、
内蔵されたハードディスクドライブの方に、何らかのエラーが発生しているおそれがあります。

また、別のコンピューターで、特にドライブ装置として使用していたハードディスクを、
USBの外付けで接続して読み込みする場合は、同様にエラーが起こるケースもあります。

その際には、どうすればHDDで発生している問題から修復できる?という疑問について。

CHKDSKコマンドでエラーから回復する方法とは?

まず、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンには、
「CHKDSKコマンド」(チェックディスク)という回復機能が、標準で搭載されています。

オペレーティングシステムのみに問題が起きていて、正常にソフトウェアなどが立ち上がらない時は、
ハードディスクやSSDそのものは物理的な破損が起きていなさそうな状態で、まだ何とかOSが開けるようでしたら、
比較的には軽度な問題である可能性もあります。

ひとまずはパソコンを起動して、デスクトップの画面からCHKDSKコマンドの手順を用いて、
ハードディスクドライブのエラーのチェックと修復を行われてみてください。

CHKDSKコマンドでハードディスクのエラーを修復するには? の続きを読む

外付けHDDの不具合をディスクデフラグで修復するには?

外付けのUSBハードディスクで、データファイルの読み込みが遅くなる不具合が出てきた時に、
Windowsのパソコンに搭載されている、システムの整理をする機能である
「ディスクデフラグ」(Disk defragmentation)を手動で実行して、
HDDのスピードの不調を修復するには、どのように実行すればいい?という疑問について。

ディスクデフラグを実行する際の頻度は?

まず、ウィンドウズの場合は、スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツールにある、
『ディスクデフラグ』の機能でCドライブの中身を整理して、全ファイルとシステムの配置を最適化すると、
パソコン作業のスピードがある程度まで戻せます。

しかしこの作業は、よほどHDD内部のデータを頻繁に入れ替えていない限りは、数ヶ月に一度行うくらいで十分です。

またWindows8や10の場合は、手動で行わなくても、定期的にローカルディスク(C:)の最適化が行なわれます。

外付けHDDの不具合をディスクデフラグで修復するには? の続きを読む

ハードディスクの容量が埋まるとトラブルが発生する?

パソコンに搭載されたハードディスクドライブの容量が、だんだん埋まっていって、
オペレーティングシステムの動作が遅延してきたり、HDDに保存されたデータファイルの読み込みが遅くなった時は、
どのようにすれば、ストレージのトラブルが発生する問題を解消できる?という疑問について。

ローカルディスクの空き容量をチェックするには?

まず、普段お使いのパソコンの内部に搭載されています内蔵のCドライブ(ローカルディスク(C:))は、
現在どのくらいの容量を使用しているかを確認します。

たとえばWindowsのオペレーティングシステムでは、エクスプローラーの画面の
「PC」(マイコンピューター)の項目で、ローカルディスクのアイコンを右クリックしてプロパティを開きます。

バルーンに使用領域(青色)と空き領域(桃色)の円グラフが表示されて、
現在の空き容量を一目でチェックすることができます。

このドライブC(ハードディスク)の使用量がほとんど埋まっていた場合はすぐに、
いらないファイルやアプリケーションソフト(Application Software)を、削除するなどの処置が必要です。

ハードディスクの容量が埋まるとトラブルが発生する? の続きを読む

ハードディスクのエラーチェックで破損の状態から回復するには?

パソコンを起動して稼動させている時に、ドライブベイに内蔵されているハードディスクドライブへ、
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムの機能である、
「エラーチェック」を実行して、問題から修復するにはどのようにすればいい?という疑問について。

ハードディスクドライブの稼動で徐々に起こる問題とは?

まず、パソコンを動かしている間、内蔵のハードディスクドライブは常時モーターを回転させながら、
数万個ものデータファイルや数百個以上のプログラムの、稼動・記憶・管理を実行している状態にあります。

長く使っていくほど徐々に、HDDの内部にはシステムファイルの破損や、
また回路のわずかな損傷、キズ、異物の付着などが徐々に起こります。

そのうち、いつ故障が起きてもおかしくない状態にまでダメージが進んでいって、
次第に動作の遅延といった形で、問題があらわれ始めていきます。

ハードディスクのエラーチェックで破損の状態から回復するには? の続きを読む

HDドライブの故障やエラーの障害から修復するには?

パソコンの本体やサーバ、USBの外付けHDDケース、RAID(レイド)、NAS、レコーダーなどに搭載された、
HDドライブが、ある時に故障したり、コンピューター上のシステム的なエラーの障害が起きた場合に、
ストレージの問題を修復するにはどのようにすればいい?という疑問について。

HDドライブがヘッドクラッシュの障害などで故障したら?

まず、パソコンやサーバ、外付けHDDケース、RAIDケース、NAS(ネットワーク・アタッチ・ストレージ)、レコーダーといった、
多くのコンピューター製品の中心部で、記録データの保管された部分でもあるハードディスクドライブ(Cドライブなど)は、
一度ヘッドクラッシュの物理障害などで破損してしまうと、そのHDDそのものは ほぼ修理が不可能となります。

ですが、ハードウェアに内蔵されているHDドライブが完全に壊れる前の段階でしたら、
適切な措置を取って、ある程度の期間、動作を回復できることもあります。

たとえば、突然PCが開けなくなって、特に「カタカタ・・・」と音が鳴り出したら、要注意です。

しかし、まだ完全に故障したとは限らないので、電源はひとまず切ってしばらく機械を冷ましておきましょう。

HDドライブの故障やエラーの障害から修復するには? の続きを読む

HDDを内蔵した製品が破損したらデータファイルは修復できる?

磁気ヘッドが設置された大容量記憶デバイスのハードディスクドライブが内蔵された、
パソコンをはじめとする電子機器が、ある時にハードウェア、またはソフトウェアの問題で破損して起動できない場合に、
HDDの内部に保存されているデータファイルを修復するには、どのようにすればいい?という疑問について。

書き込みエラーが起きてデータが保存できなかった時は?

まず、ソフトウェアで行う、ハードディスクやメモリーカードといった補助記憶装置へのデータの保存の作業が、
適切に実行されずに書き込みエラー(writing error)が起こって、ファイルの作成や上書き保存に失敗した場合について。

ひとまず、その時点でウィンドウを閉じてしまうと、データが一次メモリから消えてしまうので、ご注意ください。

データの転送が記憶媒体の記録速度に追いつかない例外動作の、バッファーアンダーラン(buffer underrun)が出ると、
書き込み不良のトラブルにより、すべてのファイルが保存されない状態となります。

特に、数百ギガバイト(gigabyte)、あるいは1テラバイト(terabyte)以上の、
大容量のデータを送受信する際には、ご注意ください。

書き出しエラー(write error)が起きた際には、補助記憶装置を別のものに変更したり、
また一気に大量のデータを書き込みせずに、少しずつ転送するなどして、やり直しを行ってください。

HDDを内蔵した製品が破損したらデータファイルは修復できる? の続きを読む

壊れたハードディスクドライブを処分する前にデータをサルベージ

パソコンやRAID、NAS、サーバ、レコーダーなどに搭載されたハードディスクドライブ(ローカルディスク)が、
老朽化やシステムの破損、ヘッド吸着障害といった障害で壊れてしまった際に処分を行う前の、
データのサルベージをするにはどうすればいい?という疑問について。

壊れたHDDを処分する前に残ったデータをチェック

まず、HDDとは、一応は消耗品である精密機器であり、物理的に壊れてしまった場合は、
基本的に修理は難しくなります。

ですが、システムエラー(論理障害)でコンピューターが立ち上がらなくなっただけの場合は、
再セットアップの作業で直せますので、一度初期化をすることで、また使えるようになります。

パソコンの本体だけでなく、外付けのRAIDケース(レイド)、ポータブルHDD、
またNAS(ネットワークアタッチストレージ)、サーバ、HDDレコーダーといった多くの機器にも、
コンピューターにハードディスクドライブが内蔵されていますので、処分の際にはご注意ください。

しかし、フォーマットをするにしてもそのまま捨てるにしても、内部のファイルやプログラムを失ってしまいます。

ほかにも機材が壊れた時に、HDDの処分をする前に、専門事業のデータ復旧サービスセンターにて、
今までの大切なデータを抽出(サルベージ)をしてもらい、他の媒体に移し変えてもらわれることもお薦めします。

壊れたハードディスクドライブを処分する前にデータをサルベージ の続きを読む

PCが重くなりHDDのデータの読み込みに問題が出る時に修復するには?

Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)といったパソコンを使用していく際に、
次第にコンピューターが重くなり、筐体に内蔵されたCドライブのハードディスクや外付けHDDにある、
データの読み込みが遅くなる問題が起きたり、ソフトウェアが開けなくなる支障が出た時に、
コンピューターの修復をするにはどのようにすればいい?という疑問について。

HDDの使用領域と空き領域の状態を確認するには?

まず基本としまして、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンのデスクトップの画面で、
スタートメニュー→「マイコンピューター」を開く、またはエクスプローラーの画面から「PC」を開きます。

そこで表示される、ローカルディスク(C)のアイコンを右クリックすると、
青色の「使用領域」と桃色の「空き領域」という、円形グラフのあるプロパティの画面が表示されます。

このグラフはCドライブ、すなわちハードディスクドライブやSSD内で、
現在使用して埋まっているデータの容量と、空いている残りの容量の比率が一目で分かる画面です。

この青色で表示された使用領域が大きすぎると、パソコンの動作やデータの読み込みが遅くなりがちになります。

逆に空き領域が大きいほど、PCの処理速度は速くなります。

PCが重くなりHDDのデータの読み込みに問題が出る時に修復するには? の続きを読む

「ハードディスクの問題が検出されました」と出た時の修復の方法とは?

しばらく長い間 Windowsのパソコンや、外部接続の外付けHDDを使っていて、
ハードディスクの問題が検出されました」というメッセージが
突然表示された時の状態から修復するには、どのように対処すればいい?という疑問について。

「ハードディスクの問題が検出されました」と表示されたら?

まず、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで、
この「ハードディスクの問題が検出されました」のメッセージが表示されている段階なら、
まだWindows自体は動かせている状態となります。

なので、今すぐパソコンが壊れてしまう、というわけではありません。

しかし、いつ深刻な故障になり、急に止まってしまうかもしれないため、
そのまま同じように使い続けずに、まずは適切な対処を行ってください。

ハードディスクの問題が検出される不具合(Malfunction)の原因としましては、
不良セクタ(不良クラスタ)という壊れた箇所が発生した場合があります。

また、「S.M.A.R.T.」(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)
という名称の、状態をチェックする機能でHDDにエラーが発見されることもあります。

WindowsのOS上で起きているシステム的な問題ではなく、ハードディスク自体の構造の中で、
エラーが起きているため、いつ故障してデータが読み込めなくなってもおかしくない状態です。

「ハードディスクの問題が検出されました」と出た時の修復の方法とは? の続きを読む

壊れたハードディスクの内部データを復旧するには?

パソコンの本体や外付けHDDのカートリッジ、RAIDケース、NAS、サーバといった電子機器に搭載された、
ハードディスクドライブ(hard disk drive)が壊れてしまい、内部に保存されているファイルやフォルダー、
またはオペレーティングシステムやプログラムが開けなくなったら、
HDDのプラッタ(円盤の回路)に書き込まれたデータを復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

HDDから「カリカリ‥コトコト‥」と異音が鳴り始めたら?

まず、パソコンのハードディスクドライブ(hard disk drive)は、PCの内部パーツの中でも故障しやすい機器です。

特に多い破損の原因が、ディスク装置の内部の回路であるヘッドの部分が、プラッタ(円盤の部分)に吸着する、
ヘッドクラッシュ』(headcrash)という障害です。

カリカリ‥コトコト‥といった、普段と違う変な音が鳴り出したら、HDDが壊れてきているので要注意です。

ほかに、水害・焼き焦げなどで、ハードディスクドライブが完全に物理的に破損してしまったら、
今までに保存していたファイルやフォルダー、インストールしていたソフトウェアのプログラムなど、
大切なデータが全部失われてしまい、大変な損害になってしまうこともあります。

壊れたハードディスクの内部データを復旧するには? の続きを読む