「デバイスが認識しない」のページの案内

『デバイスが認識しない』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。










コンピューターの問題解決などのコンテンツの解説

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を、新着順に表示しています。

各文章の下部分にある「続きを読む」の行の、エントリーのタイトルのテキストから、コンテンツの本文と追記の一文が表示された個別のページを閲覧できます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。



「デバイスが認識しない」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「デバイスが認識しない」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

HDDを取り外して付け直した後で認識しない時に復旧するには?

データ記憶ストレージであるハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)を、
一度デスクトップパソコンやノートPCの本体から取り外して、再度ドライブベイに付け直してから、
電源ボタンを押して起動した時、一度取り外したハードディスクがなぜか認識しない状態で
内部の保存データが開けなくなったら、どうすれば復旧ができる?という疑問について。

パソコンの電源をもう一度起動し直してみる

まず、二台以上のハードディスクやSSDを搭載して運用されているデスクトップパソコンの
内部のドライブベイから、一度ストレージを取り出してサイド付け直したり、交換をされてから、
最初にパソコンの電源を起動した時は、新しいデバイスとしてWindowsなどのオペレーティングシステムに
正しく認識されていない場合があります。

その場合は、Cドライブだけがエクスプローラーやダイアログの画面で表示されて、
増設していたD~ドライブのアイコンの方が表示されていない状態になります。

一度パソコンをシャットダウンをしてから電源コードを抜いて、もう一度電源を入れ直して起動し直すと、
二回目以降には、正常に読み込みされて自動的にHDDないしSSDへのアクセスが復旧する場合もあります。

HDDを取り外して付け直した後で認識しない時に復旧するには? の続きを読む

デスクトップパソコンの差込口で機器が読み込めない状態から修復

デスクトップパソコンの本体のケースに配置されている、USB用のポートやディスプレイ用のポートなど
複数のプラグの差込口に、必要なパーツのコードや外付けの周辺機器の付属ケーブルを差し込みしたところ、
なぜか正常に認識されず読み込めない時には、どうすればアクセスできる?という疑問について。

接続するUSBコネクタの位置がずれていたら?

まず、ポータブルHDDやカードリーダーなどでの、差し込みをしているコードまたは機器のプラグが正常な向きで、
かつ対応されている種類のコネクタにしっかりと差し込まれているかどうかを、ご確認ください。

特に古い、もしくは新しいUSBメモリやUSBカードリーダー/ライターは、差し込みするポートの位置を間違えると、
USB2.0と3.0といった規格の違いで、デバイスの認識が正常にできない場合があります。

USBハブや延長コードを通して接続した場合は、一度取り外しをして直接デスクトップパソコンの本体に繋げたり、
別のUSBポートに差し替える、または一度パソコンを再起動して、再度読み込みをされてみると、
アクセスの状態が修復されることも多いです。

デスクトップパソコンの差込口で機器が読み込めない状態から修復 の続きを読む

東芝製のハードディスクの故障をチェックして修復するには?

東芝(TOSHIBA)製のハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)の製品を
パソコンや外付けの記憶装置としてお使いの際に、少し読み込みの調子がおかしくなってきたため
現在のディスクの状態の正常か、または長く使っていて故障の進行具合が進んでいないかを
チェックしたり修復するには、どうすればいい?という疑問について。

東芝製のHDD製品の一例

・MQ01ABD100 1TB SATA 6Gbps対応2.5型内蔵ハードディスク
・DT01ACA100 1TB SATA 6Gbps対応3.5型内蔵ハードディスク
・USB3.0接続 ポータブルハードディスク 2.0TB CANVIO BASICS HD-AC20TK
・ポータブルハードディスク 500GB HDTB305FK3AA-D
・HD-ED-B20TK CANVIO DESK

まず、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)をお使いの場合は、OSの標準機能の
ストレージのエラーをチェックして簡単な修復を行う、「エラーチェック」が使えます。

デスクトップ画面からエクスプローラーを開いて、対象のCドライブ、またはDドライブや
リムーバブルデバイスのハードディスク型アイコンを選択します。

右クリックで「プロパティ」→「ツール」のタブを開いて、
エラーチェック:ドライブのエラーをチェックします」というメニューにあります
「チェック」を押すと、スキャンが行なわれます。

「このドライブをスキャンする必要はありません」と表示されたら、キャンセルを押します。

「このエラーを修復する」と出た時は、「ドライブの修復」の項目を押して、
スキャンを行い、「~完了しました」と出たら、「閉じる」を押して、回復は完了です。

外付けHDDなどのリムーバブルストレージが正常に認識できていない時は、
パソコンにインストールされたデバイスドライバの方に問題が出ている場合があります。

コントロールパネル→デバイスマネージャーで、ポータブルデバイスの項目にある
対象のストレージ名を選択して、右クリックで「デバイスのアンインストール」を行います。

そして一度USBコネクタから取り外して、パソコンを再起動して、もう一度接続します。

東芝製のハードディスクの故障をチェックして修復するには? の続きを読む

ハードウェア変更のスキャンで機器を再認識して復旧するには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンを使用されている際に、
外付けHDDケースや外付けRAIDケース、ポータブル・ハードディスク、USBメモリ、
USBカードリーダー/ライターといった外部のデバイス装置を接続しようとしたら、
コンピューターに正常に認識されず、どうすれば読み込みの復旧ができる?という疑問について。

主な外部デバイス装置の一覧

・WESTERNDIGITAL:外付けハードディスク 6TB Duo WDBLWE0060JCH-JESN USB3.0 RAID0・1対応
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.1Gen1 Type-C対応 HDPX-UTC1S
・TerraMaster:D5-300CTerraMaster D5-300C 5ベイHDDケースRAID0・1 Single Type C RAIDストレージ
・BUFFALO:USB3.0対応 USBメモリ バリューモデル 16GB RUF3-K16GA-BK/N
・エレコム:カードリーダー USB3.0 スリムコネクタ ケーブル一体タイプ ブラック MR3-A006BK

「USBデバイスが認識しません」とエラーが表示される

たとえば、ウィンドウズ10のパソコンにデスクトップの画面を開いている状態で
新しい外部データ記憶装置をUSBポートに接続した場合、

USBデバイスが認識しません 
このコンピューターに最後に接続されたUSBデバイスが正しく機能していないか、
Windowsによって認識されていません。
」と警告メッセージが表示される場合があります。

USBコネクタ自体が割れていたり錆びていてデバイスが読み込めない場合には、
個人ではファイルの救出が難しくなるため、
専門業者のデータリカバリーセンターにて見てもらわれることを推奨します。

ハードウェア変更のスキャンで機器を再認識して復旧するには? の続きを読む

デジタルカメラのデバイスが認識しない時に復旧するには?

普段お使いのデジタルカメラ、またはデジタルビデオカメラをパソコンに接続して
撮影した写真画像などのデータを読み込みしようとした時、デバイスドライバ―が
システムに認識しない状態になり、ファイルが読み込めない時には、どうすれば復旧できる?
という疑問について。

※作業の前に、念のため、レンズに傷がつかないようにキャップを付けるか、
 本体から取り外してから行われることをおすすめします。

まず、パソコンのUSBコネクタに繋げているUSBケーブルが、付属のものではなく
間違えて別の機材ものを使っていないか、ご確認ください。

差込口の形が同じでも、実際には認識しないことも多いです。

デスクトップパソコンの場合、特殊なUSBポートに間違えて差し込んでいましたら、
別のUSBポートに差し替えます。

また、デジタルカメラ本体の電源がオフになっていましたら、オンにしてから差し込みます。

デジタルカメラに差し込んでいるSDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどを、
引き抜いていたりしていないかどうかもお確かめください。

専門の事業のデータリカバリーサービスで、どの媒体に問題が発生しているかを
検査して、またSDカードなど中身のファイルを取り出ししてもらうこともできます。

デジタルカメラのデバイスが認識しない時に復旧するには? の続きを読む

IDEのHDDが認識しない場合にSATA変換アダプターで復旧

PC/ATのハードディスクインタフェースの一種類である
「IDE」(Integrated Drive Electronics/インテグラテッド・ドライブ・エレクトロニクス)
のHDD製品を日々パソコンなどの電子機器で使用している際に、

一昔目のIDEのHDD用のパーツで構成されたパソコン本体が故障するなどして
読み込めずにデバイスが認識しない場合、最近のSATA方式用の新しいパソコンの方に
移し替えて接続するにはどうすればデータ復旧の措置ができる?という疑問について。

まず、IDE方式に対応されているデスクトップパソコンであればそのままPCケースを開きます。

SATA対応の最近のパソコンではIDE用のコネクタがなく通常では
SATA方式のみの仕様となっている製品もあり、
その場合には、別売の「IDE→SATA変換アダプター」を取り付ける必要があります。

主なIDE⇔SATa変換アダプターの製品一覧

・センチュリー:IDE→SATA変換アダプターセット IDEいかしてS-ATA
・センチュリー:IDE to SATA変換アダプター CROO-IS
・変換名人:IDE → SATA変換アダプタ L型 IDE-SATALD
・サンワサプライ:IDE-SATA変換アダプタ TK-AD40SATAD2
・タイムリー:HDDをUSB SATA&IDE-USB2.0変換アダプタケーブル UD-500SA
・玄人志向:セレクトシリーズ mSATA SSD IDE変換アダプター KRHK-MSATA/I9

IDE仕様の 認識しない古いパソコンの本体ケースのカバーを開けて、
内蔵されているIDEハードディスクドライブを取り外します。

次に、お使いの新しい方のデスクトップパソコン本体のPCケースを開きます。

電源ユニットにIDEで使われる「4ピン電源コネクタ」が付いているかどうかを確認します。
(もしない場合には、別売の変換アダプターまたは変換用ケーブルが必要になります。)

HDDのインターフェースにあるピンが折れてしまっていると読み込みができなくなるため、
復旧の際には専門のデータリカバリーサービスで取り出ししてもらわれることをおすすめします。

IDEのHDDが認識しない場合にSATA変換アダプターで復旧 の続きを読む

パソコンの内蔵ハードディスクが認識しない時の復旧方法は?

新しく購入したデスクトップパソコンを起動した時や、
内蔵HDDが壊れたため新品に交換した時、またはドライブベイに増設をした時、
BIOSやデバイスマネージャー、エクスプローラーで表示されずに認識しない、
という場合にはどうすれば復旧ができる?という疑問について。

3.5インチ型HDDの製品一覧

・WESTERNDIGITAL(WD):内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB WD10EZEX SATA3.0
・Seagate(シーゲート):内蔵ハードディスク BarraCuda 2TB 3.5インチ SATA ST2000DM006
・HGST(日立):Ultrastar 6tb 7200 RPM SAS 12 Gb/Si 3.5インチハードディスクドライブ
・I-O DATA(アイ・オー・データ機器):Serial ATA III対応 2.0TB HDI-S2.0A7
・TOSHIBA(東芝):3.5インチ 6TB Generic Data Storage HDD MD04ACA600/N SATA3.0
・BUFFALO(バッファロー):3.5インチ Serial ATA用 内蔵HDD 2TB

まず、最初にパソコンを起動した段階では新しいドライブ装置を
コンピューターが認識ができない場合があり、もう一度起動をし直してみます。

一度ご自身でハードディスクを内蔵されていた場合は、
デスクトップパソコン本体のPCケースのカバーを開き直します。

(※店舗で完成品として購入した新品のパソコンの場合は、
 内蔵パーツをあまり分解したり取り外すと保証が無効になることがあります。)

HDDに接続していますSATA/IDEケーブルと電源ケーブルが正常に
インターフェース部分に差し込まれているか、目視で確認をします。

またSATA/IDEケーブルがマザーボードのコネクタに差し込まれているか、
電源ユニットがマザーボードと接続できているか、確認をします。

オペレーティングシステム起動用のプライマリハードディスク(またはSSD)が
起動できない、という場合は、別のストレージが優先的に認識されていることがあります。

USBメモリや外付けHDD、DVDドライブなどをPC本体に接続していましたら、
それらを一旦パソコンから取り外して再度起動します。

パソコンの内蔵ハードディスクが認識しない時の復旧方法は? の続きを読む

WindowsでUSB機器が使用できない時のデータ復旧

Windowsパソコンに別のパソコンやその他のコンピューター機器で使っていた
データ記憶装置などのUSB機器を新しくUSBケーブルから接続した際に、
エクスプローラーといったウィンドウに表示されず使用できない、という場合には、
何が主な原因で、どうすれば開ける、あるいは内部のデータ復旧ができる?という疑問について。

主な外部データ記憶装置の一例

・BUFFALO(バッファロー):ポータブルHDD 1TB ブルー HD-PNF1.0U3-BL/N
・SanDisk(サンディスク):USB3.0 128GB SDCZ48-128G 高速100MB/s
・Transcend(トランセンドジャパン):SDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 TS128GSDXC10U1
・I-O DATA(アイ・オー・データ):ポータブルブルーレイドライブ EX-BD03K
・富士フイルム(FUJIFILM):xDピクチャーカード 1GB タイプM+ DPC-MP1GB

まず、WindowsをXPから7、7から8、8.1から10などにアップグレードしたり、
各種提供サービスの更新でアップデートをした時、それまでパソコンにインストールされていた
そのUSB機器を動かすためのプログラムである専用の「デバイスドライバソフトウェア」が、
新しいOSでは非対応になっていて使用できないことがあります。

また、Windows XPで使っていたUSB機器をWindows 10につなげ直して使う、といった場合に、
稀に同様の原因で開けない、等のケースも考えられます。

エクスプローラーにアイコンが表示されていましたら、プロパティ→ハードウェアと進んで
対象のデバイスを選択して、プロパティ→「ドライバー」の画面で、詳細を確認します。

その場合はドライバーが作動できないため、まずはお使いの電子機器の製造メーカーの
ホームページを開いて、お使いのWindowsに対応されたアップデーターのソフトウェアが
配布されているか、確認をして、ありましたらそちらをパソコンにセットアップします。

これで、無事に周辺機器が認識できれば、エクスプローラーなどでデータが開けるか確認します。

もしUSBコネクタが破損していて、交換が簡単にできない電子機器でだった場合などでは、
専門業者であるデータ復旧サービスセンターで、中身のファイルを取り出してもらうこともできます。

WindowsでUSB機器が使用できない時のデータ復旧 の続きを読む

「場所が利用できません」とエラーが出てデータが開けない時は?

Microsoft Windows(ウィンドウズ)のパソコンでUSBメモリや外付けハードディスクなどの
データ記憶装置に保存されているファイルを開こうとした時に突然、

場所が利用できません
~:¥は利用できません。このPC上の場所を指している場合は、デバイスやドライブが接続されているか、
またはディスクが挿入されているかを確認してから、やり直してください。~
」(Windows10の場合)

というエラーメッセージが表示されてデータが見れない時は、どのように回復すればいい?という疑問について。

主なデータ記憶装置の製品の一覧

・I-O DATA:USB 3.0/2.0接続外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.0/2.0対応、バスパワー対応 EC-PHU3W1
・BUFFALO:テラステーション 管理者・RAID機能搭載 2ドライブNAS 2TB TS3200DN0202
・BUFFALO:リンクステーション 高速モデル RAID1搭載 4TB LS420D0402C
・SanDisk:Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB SDCZ33-016G-J57
・Toshiba:SDHCカード 東芝日本製超高速 Class10 UHS-I 32GB
・Transcend:SDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 TS128GSDXC10U1
・Transcend:400倍速CFカード 32GB TS32GCF400
・富士フイルム:xDピクチャーカード 1GB タイプM+ DPC-MP1GB
・ASUS:バスパワー対応ポータブルDVDドライブ Windows Mac両対応 SDRW-08D2S-U LITE2014

コネクタの接続の状態を確認

まず、「場所が利用できません」のメッセージの警告画面の一文の通り、
USBコネクタにUSBメモリーカードのコネクタ(connector)や
外付けHDD、カードリーダーなどのUSBコードがしっかりと差し込まれているかを確認します。

特にカードリーダーやアダプターを通して差し込みするデータ記憶装置の場合は、
メモリーカードがしっかりと差し込みされているか、
異物は挟まっていないかどうかをよくチェックします。

USBカードリーダー/ライターをお使いの場合、製品が古いものだと、
新型のSDXCメモリーカードなどには対応されていないために読み込みできないこともあります。

プロのデータリカバリーサービスでしたら、大抵の電子機器に対応されていますので、
かなり古いコンピューターとその周辺機器を使っていて、すぐには対応しづらい場合には、
代行でデータを別の補助記憶装置に移し変える形で復元してもらうこともできます。

「場所が利用できません」とエラーが出てデータが開けない時は? の続きを読む

パソコンのHDDが動かない時にデータ復旧はできる?

パソコンの電源を付けてもハードディスクの稼働音がせず、動かない状態になっていたり、
BIOSで認識はされてもオペレーティングシステムやファイルの読み込みができない場合は、
起動できるようにしたり、データを復旧するにはどうすればよい?という疑問について。

まず、現在発生しているHDDの動かないトラブルは何が原因でどのような状態にあるかを
把握していく必要があります。

パソコンをはじめとする電子機器の場合によくある、電源スイッチがオフになっていたり、
電源コンセントやACアダプターがコネクタに差し込まれていない状態になっていないかを確認します。

またノートパソコンの場合にはバッテリーが切れていたり、本体から外れていないかご注意ください。

バッテリーやACアダプターが経年劣化や強い衝撃で故障して破損していたら、
やはりパソコンに電源が通らずハードディスクも動かないため、新品に交換する必要があります。

デスクトップパソコンで、交換時にSATA/IDEケーブルや電源ケーブルのコネクタが
HDDのインターフェースにしっかりと差し込みされていない状態になっていないか
パソコンケースの蓋を開けて、外れかかっていたら差し込み直しをされてみてください。

HDDが動かない時には、パソコンの電源やデバイスの認識の問題が多いのですが、
物理的に故障していると思われる時には、それ以上通電するのを控えて、
専門のデータ復旧サービスに出して、内部のファイルを取り出ししてもらうことを推奨します。

パソコンのHDDが動かない時にデータ復旧はできる? の続きを読む

ディスクの管理画面で表示されないボリュームを復旧するには?

普段使用している外付けハードディスクや、新しく接続したUSBメモリ、SDカードなどのデータ記憶装置が
なぜかMicrosoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンに接続してみたところ、
正常にデバイス機器がコンピューターに読み込みできず、

コントロールパネルに「管理ツール」→「コンピューターの管理」→『ディスクの管理』の
画面で確認をしてみたら、ボリュームが表示されない状態になっていた場合は、
どういったことが原因で、どうすれば復旧してデータを読み込みできる?という疑問について。

主な補助記憶装置の製品一覧

・TOSHIBA(東芝):3TB 6Gbps SATA対応 3.5インチ内蔵ハードディスクドライブ DT01ACA300
・Sandisk(サンディスク): USBフラッシュメモリ Cruzer Fit CZ33 16GB
・Transcend(トランセンドジャパン):SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 U3シリーズ TS64GSDU3
・MARSHAL:USB3.0 2.0 両対応 外付けハードディスク PC 500GB MAL2500EX3/BK
・Transcend:400倍速CFカード 32GB TS32GCF4002010
・I-O DATA(アイオーデータ):ポータブルコンパクトサイズDVDドライブ Windows/Mac両対応 DVD-EC01K
・Intel(インテル):SSD 730 Series 240GB MLC 2.5inch 7mm BOX SSDSC2BP240G4R5
・富士フィルム(FUJIFILM):xDピクチャーカード 2GB TYPE-M
・TDK:データ用CD-R 700MB 48倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 50枚スピンドル CD-R80PWDX50PE
・イメーション:3.5インチFD DOS/Vフォーマット25枚入 紙箱×1 US仕様品 MF2HD-WIN-25KS

ハードウェアの接続の状態を確認

まず、例としてデスクトップパソコンの空いているドライブベイに増設した
HDDやSSDが読み込みできない、という場合は、ストレージを追加してから
最初の一回目の起動では読み込みができず画面に表示されない場合があります。

パソコンを一度シャットダウンして再度立ち上げてみると、認識できることもあります。

または、電源ケーブルの中間コネクタやSATA/IDEケーブルのコネクタが、
ハードディスクのインターフェースやマザーボードにしっかりと差し込まれているか再確認してください。

(※他に、マザーボードなど何かの内部パーツを交換した後で接続に異常が起きた場合は、
 静電気が蓄積されていたりすることがあるため、一度PCを閉じて電源コードを抜いてから、
 電源ボタンを数回空押ししてみると、静電気が抜けて正常に戻ることもあります。)

外付けHDDやUSBメモリ、DVDドライブなどUSBケーブルに差し込んだ外部デバイス装置が
読み取れない場合は、まず試しに、違うUSBポートに差し替えをしてみます。

あるいは、USB2.0ポートなど特定の製品に対応されていないコネクタに
間違えてつなげていないかどうか確かめてみます。

機器が物理的に故障していると思われる場合は、プロのデータ復旧サービスに出して、
破損した状態を見てもらわれることをおすすめします。

ディスクの管理画面で表示されないボリュームを復旧するには? の続きを読む

IDE方式のHDDが認識しない原因と復旧の方法は?

ハードディスクインターフェースの規格のひとつ
IDE(Integrated Device Electronics/インテグラテッド・デバイス・エレクトロニクス)
※別名:ATA(AT Attachment/アット・アタッチメント)が導入されたHDDを、

デスクトップパソコンなどのコンピューター機器で読み込みを行おうとしたら、
なぜかデータが認識できないため、原因と復旧の方法を知りたい、という場合について。

【主なUltra ATA型ハードディスクの一覧】

・WesternDigital(ウェスタンデジタル):Caviar 3.5内蔵型HDD 80GB/U-ATA100 WD800BB
・Seagate(シーゲート):3.5インチ Ultra ATA/IDE 200GB HDD ST3200822A
・日立GST:Travelstar 5K160 40GB/ATA100/5400rpm/8MB HTS541640J9AT00
・東芝(TOSHIBA):2.5inch 内蔵型HDD 100GB IDE U-ATA100 MK1031GAS
・I-O DATA(アイ・オー・データ):Ultra ATA対応 7200rpm 3.5インチ内蔵型 HDI-250H7
・MAXTOR:4D080H4 Ultra ATA100 5400 rpm 80GB 内蔵ハードディスク
・BUFFALO(バッファロー):HD-NH80/M 2.5インチ UltraATA 内蔵HDD 5400rpm
・富士通(Fujitsu):MHV2080AT 80G/9.5mm/8M UltraATA IDE .5インチHDD

まず、IDEハードディスクの専用コードである『IDEケーブル』が正常に
インターフェースとマザーボードに差し込まれているかを確認します。

テープ状のリボンケーブルが強く引っ張られてコネクタから少し切れてしまうと使用できないため、
もし破損していたらIDE方式のHDDがしっかりと認識しない原因となるため、
新品のIDEケーブルを購入して取り換えることでの復旧を試みます。 

なお、近年のマザーボードはSATA方式(シリアルATA)のHDDの方に
対応されている仕様であるため、IDEコネクタが実装されていない製品も多いです。

新しいパソコンの方ででIDE方式のHDDを増設してデータを読み込みたい場合には、
IDE-SATA変換アダプタを別に購入して使う必要があります。

自身でHDDなどのパーツの取り外しやケーブルの接続を行うのが難しそう、という場合には、
私設のパソコンサポートセンターや、データ復旧サービスにて、作業を行ってもらうこともできます。

IDE方式のHDDが認識しない原因と復旧の方法は? の続きを読む

データが保存されたハードディスクに接続できない時の復旧方法

コンピューターの外部記憶装置『ハードディスクドライブ』(Hard Disk Drive)を、
パソコンなどの装置に繋げようとした際に、既にフォーマットが掛かっていて
一回以上使用しているハードディスクドライブがなぜか開けず、正常に接続できない時には、
どうすれば内部の保存データにアクセスして復旧することができる?という疑問について。

【主なハードディスク関連の製品の一覧】

・I-O DATA(アイ・オー・データ):USB 3.0/2.0対応 EC-PHU3W1
・WD(WESTERNDIGITAL):内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0 64MB Inteilipower WD20EZRX
・Transcend(トランセンド・ジャパン):USB3.0 ポータブルHDD StoreJet2.5 2TB TS2TSJ25H3B
・BUFFALO(バッファロー):USB3.0用 外付けHDD 2TB HD-LL2.0U3-BKD
・BUFFALO:RAID 4ドライブNAS ラックマウント 24TB TS5400RH2404
・MARSHAL(マーシャル):MAL1060EX/SV Micro SHELTER 外付けポータブル MAL1060EX2/SV
・LaCie(ラシー):ポータルブルハードディスク USB3.0/2.0対応 rikiki 1TB LCH-RK1TU3S
・東芝(TOSHIBA):DT01ACA100 1TB SATA 6Gbps対応3.5型内蔵ハードディスク
・HGST:TOURO Mobile 1TB 外付けポータブルハードディスク USB3.0対応 0S03805
・Omix:USB 3.0/2.0対応 2.5インチ ポータブルハードディスク 750GB OM-MHDD-750G
・Infortrend:EonNAS 1008C 32TB(ESATA HDD搭載モデル)

まず、ハードディスクの仕組みで回転しているプラッタ(磁気媒体の円盤)のあたりから
カタカタ…コトコト…といった音が鳴っていたり、金属の焦げたような異臭がしたりしたら
ストレージが物理的に故障している危険があるため、すぐに電源を止めて停止してください。

固定ディスク自体が壊れていると一般の個人では読み込みが不可能になるため、
専門サポートの「データ復旧サービスセンター」に診てもらう必要があります。

特に異常は見られないけれどコンピューターにハードウェアが認識されず接続ができない、
という場合は、エラーランプが点灯していたり、
異常の状態と原因を知らせるビープ音が鳴っているかどうかで判断をしていきます。

例として、電源ユニットの中間ケーブルやSATA/IDEケーブルがしっかりと
差し込まれていないか、コネクタやコードが破損していたら、新品に交換する必要があります。

また、外付けHDDケースやNAS、RAIDケースなどの機器の場合も、
ストレージのインターフェース(コネクタ)の差込口に正常に接続されていなかったり、
小さなゴミなどの異物が間に挟まっていると、読み込みのエラーが起こるおそれがあります。

※特にRAIDの場合はディスクアレイ構成の崩壊に繋がる危険があるのでご注意ください。

データが保存されたハードディスクに接続できない時の復旧方法 の続きを読む

外出先でデータを印刷できない時の対処方法は?

ビジネスでの出張など、何かの目的で遠くの場所へ外出して行った時、
急に何かのデジタルデータを紙面に印刷する事が必要になった場合、
プリンターや複合機を手持ちでないため、多くのケースではすぐに印刷するのが難しくなった、
という時にはどうすれば解決ができる?という疑問について。

【主なプリンターの製品の一覧】

・Canon(キャノン):インクジェットプリンタ PIXUS IP2700
・brother(ブラザー工業):A4インクジェットプリンター複合機/6/11ipm/無線LAN DCP-J137N
・EPSON(エプソン):複合機 Colorio EP-707A 無線 Wi-Fi Direct
・HP(ヒューレットパッカード):ENVY4500 A4カラー複合機 A9T80A
・日本電気(NEC):A4対応カラーレーザプリンタ MultiWriter 5750C PR-L5750C

(※こちらの一例では、主にリゾートホテルやビジネスホテルで宿泊した時のケースについて
 解説させていただきます。)

まず、ノートパソコンやモバイル端末を持ち運んで現地で合間に操作を行っている時に、
例えばツアーのプランや旅客機・列車・船舶の予約などに申し込んで
バウチャーチケットに印刷する事が必要になった際に、
プリンターを持ち運んでいない事がほとんどのため、そのままでは印刷ができません。

特に海外に来ている時はさらにプリントが難しくなりがちです。

そこでまず、ホテルのロビーのあるフロントにパソコン一式がサービスで設置されていましたら、
そこの機材の中にプリンターが置かれているか確認します。

そちらのパソコンに、プリントしたいファイルを保存したメモリーカードを差し込んだり、
インターネットのサービスのページやクラウドストレージにアクセスして、
必要なファイルを開いて用紙印刷を行ってみます。

外出先でデータを印刷できない時の対処方法は? の続きを読む

認識できないHDDからのデータ吸出しを実践するには?

パソコンや外付けのハードディスク、NASなどのデータ記憶装置を使用している際にある時、
アクセスエラーやシステムの破損、あるいはまたはフォーマットが異なるために
エクスプローラーなどの画面で開けずに認識ができなくなってしまったら、

自分自身ではどのようにすれば内部のファイルやフォルダーを吸出しして、
データの復旧を実践する、またはサービスで作業を行ってもらうことはできる?という疑問について。

【主なHDDの製品の一覧】

・IBM(アイビーエム):600Gb FC 4Gbps 15K E-DDM HDD
・HP(ヒューレット・パッカード): 500GB FATA HDD 増設用 370790-B22
・BUFFALO(バッファロー):テラステーション 5400RH用オプション 交換用HDD 6TB OP-HD6.0H
・I-O DATA(アイ・オー・データ):USB 3.0/2.0対応 「カクうす」1.0TB HDPX-UTA1.0S
・日立GST(HITACHI) :Deskstar P7K500(500GB/SATA3G/7200rpm/16MB) HDP725050GLA360
・東芝(TOSHIBA): USB3.0外付け HDD (2.0TB) HD-ED20TK
・WesternDigital WD3200BEKT ScorpioBlack 2.5inch 7200rpm 320GB 16MB SATA/3.0Gbs
・AVANTEK:外付けハードディスク 2.5-3.5インチ外付けハードディスク用HDDスタンド
・MARSHAL(マーシャル): MAL3500SA-W72 リフレッシュHDD 3.5インチ SATA 500GB
・Seagate(シーゲート):NAS HDD 3.5inch 2TB 5900rpm SATA6.0G ST2000VN000

別のオペレーティングシステムから読み込み

まず、ハードディスクの読み込みは、重度の物理障害による故障以外のトラブルの場合は、
別の手法を使って自身で開き直せる見込みのあるケースもあります。

例えば、アクセスエラーが発生した場合や、コントローラーに一部、問題が起きている場合、
Windowsで正常に開けなくなることがあります。

ですが、AppleのMac OS X(Macintosh)のOSやLinux(Ubuntuなど)のOSのパソコンを起動して、
そちらに外付けまたは増設で接続してみると、正常にHDDのディレクトリが開けて、
中身の保存されているファイルをコピーして吸出しできる事もあります。

また、USBハードディスクの製品や、ポータブルタイプ製品、カートリッジ型などをお使いの際に、
外殻の専用ケースが故障すると、認識できない状態になりやすいのですが、
ケースに内蔵されているHDDとディスク盤は無傷で自体が故障していない可能性も高いです。

この場合には、ケースの固定ネジドライバーで外して蓋を開けます。

内部の回路であるコントローラーボードのコネクタからHDDのインターフェースをスライドさせて
外付けハードディスクケースからの抜き取を丁寧に実践します。

この作業は、専門のデータリカバリーサービスセンターであれば、専用の設備により、
より丁寧かつ確実的に、行ってもらうことができます。

認識できないHDDからのデータ吸出しを実践するには? の続きを読む

HDDがRAWと表示された時に復旧させるには?

Windowsのパソコンで「外付けハードディスク」をUSBコネクタから接続したり、
同じくウィンドウズのデスクトップパソコンに増設してRAIDにしたり
パーティション領域を増やしてデュアル・ディスク・ドライブとして運用しする時に、

ハードディスクが「RAW」という状態で表示されて なぜか開けないトラブルが出た場合、
どうすればHDDを正常に認識させたり中身のデータを開いたりできる?という疑問について。

例えばドライブの「ブートセクタ」という部分が何かの原因で壊れてしまうと、
エクスプローラー画面で「コンピューター」(マイコンピュータ)から
ドライブ文字のアイコンを開こうとする際に、

「場所が利用できません。 ~にアクセスできません。
 ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません。」

などのエラーメッセージが表示されて、内部のディレクトリが開けないことがあります。

時には、エクスプローラーにドライブ文字とアイコン自体が表示されない場合もあります。

ですが、外付けHDDケースやRAIDのアクセスランプが正常に点灯していて、
しっかりとデバイスマネージャーやBIOSの設定画面、ブートメニュー画面などに
そのHDDの名前が表示されていれば、パソコン自体にはしっかりと認識されています。

Windows7やWindows Vista、Windows8、10での場合、デスクトップやスタート画面が起動してから
『コントロールパネル』を開いて「管理ツール」をクリックします。

次に「コンピューターの管理」を開いて、「記憶域」のタブにある「ディスクの管理」を開きます。

現在接続している増設したハードディスクや外付けHDドライブやRAIDなどのストレージと、
そのパーティションの一覧が出てきます。

その中から、読み込めないドライブのアルファベット番号が出ている領域を見つけます。

ここには通常なら [FAT32]や[NTFS]と表示されているのですが、
問題が出ていると「RAW」という表示に変わっています。

「RAW」(ロー)とは「生の」という意味で、ドライブの場合では初期化や最適化の適切な
データ処理がまだ行われていなかったり、何かの問題が起きて正常になっていない状態のことです。

この状態にはいくつかの原因が考えられるのですが、マスターブートレコードのシステムファイル
(ブートセクタ)に問題が起きていたり、他に、別のコンピューター(computer)で
制御して前に使っていたフォーマットのHDDだったりすると、この状態になる場合があります。

ひとまず無難に内部のデータの読み込み画できるかを試してみるには、
もし「MacBook Air」などMacintoshのパソコンをお持ちであれば、
そちらに外付けHDDとして繋げて、Finderなどから開いてみてください。

Windowsではフォーマットが合わずにエクスプローラーなどで読み込みできなくても、
Mac OS Xなら読み込みできる場合があります。

Macのパソコンをお持ちでなければ、同じ「Linux」が元モデルのUbuntu(ウブンツ)や
KNOPPIX(クノーピクス)をWindowsパソコンにインストールしてデュアルブートやマルチブートにします。

もしくはLinux系ディストリビューションのインストールディスクをDVDドライブのトレイに入れて
CDブートで起動して、そちらで開いても同じく、外付けHDDを読み込める場合もあります。

(※古いPCに入れたWindowsをセットアップしているCドライブなどの領域が
 パーティション分割をしていない状態で読み込めなくなった場合は、
 あまりパソコンに詳しくない初心者の方が無理にHDDの修復作業を行おうとすると、
 新しく何かを書き加えようとする時に予期せぬトラブルが起こるおそれもあります。)

安全に使う際には、CDブートの方で一時的に開いてみたり、
またはプロのデータ復旧業者に診断をしてもらい、内部データを救出してもらうことを推奨します。

HDDがRAWと表示された時に復旧させるには? の続きを読む

エクスプローラーで外付けHDDが読み込めない時の修復方法

Windows(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムをインストールしたパソコンに[外付けハードディスク]をUSBコネクタから接続したら、なぜかエクスプローラーの画面で表示されない、という場合に修復する方法について。

まず確認として、外付けハードディスクの電源がしっかりと付いていて「休止モード」などになっていない状態で、USBケーブルも2.0または3.0の正しいUSBポートに入っているか見直してください。

外付けHDDのアクセスランプも正常に点灯していて、ケースの中のディスクもうっかり抜き取ったままにしていなくて正しい向きでしっかりと入って固定されているかも見直します。

もし他のパソコン本体を一台以上お持ちであれば、試しにそちらでつなげ直して読み込めるかどうか確かめてみてください。

カートリッジの故障や接続のミスが特に出てなさそうであれば、次にパソコンの起動時の「BIOSの設定画面」かブートオプション画面、またはウィンドウズのデバイスマネージャーを開きます。

※「BIOS」はPCの電源を入れてからDeleteキーかF2キーを連打、 「ブートオプション」はF8キーを連打、 デバイスマネージャーのメニューは「コントロールパネル」 ⇒「デバイスマネージャー」⇒「ディスクドライブ」の項目で開きます。

これらのメニューでお使いの外付けHDDの製品名が一覧に表示されていれば、ひとまずパソコンへのデバイスの認識自体はできている事になります。

それなのにマイコンピューターなどのエクスプローラーで開けない、というトラブルが出ている時は、そのHDDのフォーマットの形式がWindowsでは対応されていないのが原因で読み込めないパターンが多いです。

例えばApple社の[Mac OS X]がインストールされているMac ProやMacBook、iMac、Mac miniといったパソコンで先に、「Time Machine」などのバックアップ用の機能で使うためにMacの機能でドライブを初期化すると、フォーマットがMac用に書き換わります。

そのため、Windows7やWindows8・8.1の通常のエクスプローラー画面ではドライブのアイコンが表示されずに中身のファイルを開けなくなります。

Mac以外でもLinux系ディストリビューションのOSやパソコン以外のコンピューターで使われているハードディスクを同じように接続しても、同様にエクスプローラーで読み込めない事が多いです。

RAIDやNASに使用していたHDDも、前の機材で使っていた時の設定次第ではやはりマイコンピューターで読み込めない事もよくあります。

この状態を解決するには、まず前に使っていた元々のコンピューター製品にもう一度その外付けハードディスクを内蔵か増設でドライブベイに繋げ直します。

中身のディレクトリに書き込んでいたすべての必要なファイルやフォルダを他に用意したデータ記憶メディアにバックアップを取ります。

(何かの原因でHDDに不具合が出てしまい一般個人で読み込めなくなった時は、プロのデータ復旧サービス業者に注文をして内部の抽出をしてもらってください。)

そしてもう一度ウィンドウズのパソコンにつなげ直して、外付けの専用カートリッジ(ケース)かアダプターの電源を入れます。

エクスプローラーで外付けHDDが読み込めない時の修復方法 の続きを読む

Macパソコンで外部デバイスが認識しない時に復旧するには?

「Mac Pro」や「Macbook Air」、「iMac」といったアップル社製の『Mac OS X』が
インストールされたパソコンも、プリンターや外付けDVDドライブ、マウス、外付けHDD、LinkStation、
またUSBメモリなどの[外部デバイスの装置]を読み込みする機会はとても多いです。

しかし、USBポートなどのコネクタに接続した時に
何らかのエラーや障害が起きて、PC上に認識できない事があります。

そんな時、何か原因で認識できず、どうすればMacパソコンのデスクトップ上で
正常に読み込んで復旧することができる?という疑問について。

まず簡単な判別方法として、お使いの外部デバイスの製品が
MacintoshのコンピューターやMac OS Xのオペレーティングシステムに
対応されているかどうか、パッケージの箱や取扱説明書から確認してください。

さらに今現在使われているマシンの種類やOSのバージョンが新しい場合は、
その機器でも正常に読み込めるかどうかをチェックしてください。

※原因が分からない時はアップルのサポートの受付サービスかパソコン修理業者の方に
 問題を伝えて解決方法のアドバイスを訊かれてみてください。

また、事前に専門の「データ復旧サービス」にて、ハードディスクかSSDの内部の
必要なファイルを、取り出ししてもらわれることもおすすめします。

Mac OS Xでデバイス機器が実際に認識自体はできているかを確認するには、
デスクトップ画面左上の「アップルマーク」をクリックして、
optionキーを押すと「このMacについて」の項目が「システム情報」と変わります。

そしてoptionキーを押したまままその項目をクリックすると、
ハードウェアやデバイス名の一覧の画面が表示されます。

ここの「USB」や「カードリーダー」「プリンタ」といった項目を開いていくと
今つながっている外部デバイス装置の詳細が表示されます。
(しっかり認識ができていないと何も表示されない可能性もあります。)

[設定の違いによる理由]

パソコンに対応された大抵の電子機器なら、Windowsで認識できればMacでも
認識できる製品が多いのですが、中にはWindows限定でしか読み込みができない商品もあります。

また、Windowsで使用していくと何らかのプログラムによって
使用設定の環境がWindows向けに最適化される場合があります。

そのために後からMacのパソコンでつなげてみると
読み取れないデバイスとしてエラーメッセージが出るケースもあります。

他に例えばMacにインストールして稼働させているアプリケーションによっては、
USB接続をしてから「新しいドライブが検出されました。」といった
メッセージが出た時には大抵は普通に開けます。

しかしアプリケーションの種類によってはアクセスが遮断される可能性も出てきます。

その場合は、一時的にそのユーティリティーの機能を無効にしてみましょう。

Macパソコンに接続するケーブルが壊れている場合には交換することで解決するのですが、
外部デバイスの本体にあるUSBケーブルの差込口が壊れていて認識しない場合には、
周辺機器に対応されたデータ救出サービスセンターに注文をして、
内部のファイルの取り出しをしてもらわれることを推奨します。

Macパソコンで外部デバイスが認識しない時に復旧するには? の続きを読む

「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」とは?

Windowsのパソコンで別のハードディスクを外付けで接続して、ドライブの中身が自動的に
エクスプローラーが表示されないためマイコンピューターを自分で開いてアクセスしようとしたところ、
新しいドライブのアイコンは表示されていても、そこを開こうとすると

「場所が利用できません。:¥にアクセスできません。ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません。」
という「赤い×マーク」のエラーメッセージが出てデータを開けない問題が発生して、
どうすれば復旧ができる?という疑問について。

まず、この読み込みエラーの原因はハードディスクにある
MFT」(Master File Table/マスターファイルテーブル)という、
中身のファイルやディレクトリの位置を差し示すための領域が破損して、
ディスク構造が壊れているために、読み取ることができなくなっています。

このエラーが出ているとWindowsのオペレーティングシステムからでは上記のようなエラーメッセージが
何度開こうとしても出てきて、いつまでたってもアクセスできない状態が続きやすいです。

ですが、ハードディスクの読み込み中に正常に「ジー…」という音が鳴るだけで
「カタカタ…」「コトンコトン…」「キコキコ…」といった変な音が鳴らず、
マイコンピューターにドライブの認識自体も一応できていれば、
中身のプラッタやヘッドには深刻で物理的な故障が出ていない可能性が高いです。

そこで、まずは読み取りができない緊急時での開き方をいくつか解説いたします。

※HDD自体から変な音が出ている時は、なるべくそれ以上は動かさずに
 データ復旧の専門サービスに、物理障害での救出のを注文されることを推奨します。

「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」とは? の続きを読む

増設したハードディスクが認識されない時に復旧するには?

デスクトップパソコン本体のケースの中にある空いたドライブベイに新しく「ハードディスクドライブ」を
増設した時、最初はなぜかコンピューターに認識がされず読み込みできない場合があります。

筆者も以前、DドライブやEドライブとして使用するために取り付けして
いざパソコンを起動してマイコンピューターなどを確認したところ、
新しいローカルディスクのアイコンが何も表示されていないことがありました。

このような時にはまず、一旦起動をシャットダウンして、
しっかりとIDEケーブルまたはS-ATAケーブルがHDDと
マザーボードのIDE/SATAケーブルコネクタにしっかり差し込まれているかを確認します。

電源ケーブルの方は、メインのCドライブに使っているディスクに繋げている
ケーブルの間に付いている、スペアのコネクタを差し込んでみます。

うっかりコネクタの向きや位置がずれてしまわないように注意してください。

最初に接続した段階では たまたまデバイスに認識されないケースがあり、
何回かパソコンの立ち上げを繰り返すうちに自然に読み込みする場合もあります。

新しく増設したハードディスク(またはSSD)がまだ新品で購入したばかりで
一度も使っていない場合は、最初にフォーマットをする必要があります。

(※RAIDやNASといったパソコン以外の特殊な用途で使ったディスクドライブを Dドライブ用に
増設する場合も、フォーマットや設定の上書きなどの特別な作業が必要になる時もあります。)

※また、1TB、2TB、4TB以上の大容量記憶デバイスを増設される場合は、
パソコンの他のパーツやオペレーティングシステムの動作環境も一定以上のスペックを
満たしていなければならない場合もあります。

電源スイッチも一度オフにしてからもう一度電源ボタンを押して起動します。

増設したハードディスクが認識されない時に復旧するには? の続きを読む

USBハブからの接続でパソコンに正常に認識しないエラーの修復

まざーぼーどやハードディスク、電源ユニットなどのパーツを埃や衝撃から保護するためのPCケースが小さめなサイズのデスクトップパソコンやノートパソコン、NASなどのコンピューター機器ではUSBポートの数が少なくてコネクタが一度に多く差し込めない場合が多いです。

マウスやキーボード、USBメモリ、プリンターといったおなじみの周辺機器だけでなく、近年だとデジタルカメラやビデオカメラ、USB無線LANカード、外付けHDD、またRAIDケースやLinkStation、TeraStation、LandiskといったファイルサーバーなどUSBコネクタからケーブルで接続するタイプの[デバイス](device:コンピューターが認識するすべての外部周辺機器)が非常に数多く登場してきています。

パソコンのUSBポートの数が少ないと、差し替えの手間がいつも少し大変ですね。

そこで、最近では補助装置の「USBハブ」(こちらの写真の機種はBUFFALO製)を使って
各ポータブルデバイスの接続をお手軽にできるように使用しています。

USBポートの数が4個~7個の製品が一つあれば、コネクタの数に非常に余裕が持たせられてとても助かりますね。

また、デスクトップパソコンから離れた位置に置いてある機材はUSB延長コードを専用コードとコネクタの間に経由して接続したりもしています。

しかし時々、USBハブや延長のケーブルを経由して接続するとパソコンにデバイスが認識しないエラーのトラブルが出てしまうこともよくありました。

USBハブからの接続でパソコンに正常に認識しないエラーの修復 の続きを読む

カードリーダーからデータを読み込まない場合の復旧の仕方とは?

SDメモリーカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュメモリーカード、FD、
スマートメディア、メモリースティックDuo Pro、マルチメディアカード
など、

パソコンやデジタルカメラで使用されるデータ記録用カードのメディア媒体を
カードリーダー(メモリーカードリーダライタ:memory card reader/writer)に差し込んで
パソコンに接続した時、なぜか中身を読み込まない、という場合の復旧の仕方について。

主な問題解決の手法

・まず、PCのUSBコネクタに挿入したカードリーダーがしっかりとデバイスに
 認識されているかどうか、アクセスランプ(LED)が点灯しているかで確認します。

・次に、差し込んだ記録メディアが、いくつかあるカードの差込口のうち
 対応されている箇所に正しい向きで差込みができているかどうか確認します。

カードメディアが間違えた箇所に入っていたり、向きが逆になっていたりしたら
メモリーカードリーダライタの表面に書かれているアルファベットのアイコンや
取扱説明書を見て、また小さなごみや汚れも取り除いてから接続し直します。

※ICカードリーダなどの媒体で起きたトラブルの対処法も最初は大体同じです。

MinSDカードなど一部の媒体は付属の専用アダプターが必要な製品もありますので、
読み込みに必要なアダプターを箱から探してみて下さい。

カードリーダーからデータを読み込まない場合の復旧の仕方とは? の続きを読む

「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています」とは?

Microsoft Windows Vista(ウィンドウズ・ビスタ)のオペレーティングシステムを
搭載しているパソコンで新しいアプリケーションをインストール使用した場合などに、

ユーザーアカウント制御のウィンドウが出て
「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています」
という黄色の!マークでの警告メッセージが表示される事があります。

アプリケーションのプログラム名の下に「認識できない発行元」と書かれていて、
その下には「キャンセル このプログラムの発行元も目的もわかりません」
「許可 このプログラムを信用します。発行元がわかっているか、
このプログラムを以前使用したことがあります。」という二つの項目が出てきます。

PCショップやインターネットから購入するアプリケーションの機能の中には
信頼性が不明な製作元のもので稀に、コンピューターウイルスや
スパイウェア、トロイの木馬などの有害なファイルが含まれている可能性があります。

「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています」と
エラーメッセージが出たら、ひとまずあまりそれ以上はソフトウェアの稼働を控えます。

「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています」とは? の続きを読む

カードリーダーライターが認識しない時に修復するには?

カードリーダーとはご存知、USBコネクタからパソコンに接続してデータメディアを
読み取ったり、書き込みをするための補助記憶装置(デバイス)です。
正確には『メモリーカードリーダライター』 (memory card reader/writer)
と呼びまして、プリンターやUSBメモリと同じく、USB端子のコードで繋げます。

メモリーカードリーダライタ自体にファイルが書き込まれているわけではなく、
microSDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、
スマートメディア、マルチメディアカード、フロッピーディスクといった、
PCの裏側に直接差し込めない記憶メディアを読み取るための役割です。

BUFFALO(バッファロー)のUSB2.0カードリーダー/ライターなど、電気店やPCショップで
数千円くらいで発売されています。
※良く似た名称であるハードウェアの『メモリ・カートリッジ』(memory cartridge)は
フラッシュメモリやSRAMといった記憶メディアの事を指します。

【主な製品】

・PLANEX(プラネックス): 35メディア対応
 小型USBメモリーカードリーダー/ライター ブラックPL-CR35UB
・BUFFALO(バッファローコクヨサプライ):カードリーダー/ライター
  43+7メディア対応 ホワイトBSCRA26U2WH
・ELECOM(エレコム):メモリリーダライタ ケーブル一体型
  SDXC対応・SD+MS対応 ホワイト顔MR-C22WHF1
・ALL-WAYS(オールウェイズ):USBカードリーダー R3SD-AW
・SANWA SUPPLY(サンワサプライ):公的個人認証サービス e-Tax対応
  接触型ICカードリーダライタ ADR-RW5100

デバイスを読み込めない場合

SDHCカードやメモリースティック等をカードリーダーに差し込んで
パソコンや接続したらなぜか中身のデータがデバイスに認識しない場合の修復方法について。

まず、ACCESSランプ(アクセスランプ)が点灯しているかどうかを確認して、
次に、カードがそれ専用でない間違えたメモリーカードの差込口に差さっていないか、
また、表裏が逆向きに差し込まれていないかを再確認してみましょう。

古いカードリーダーや、対応メディアが限定されている低価格の製品の場合は、
一部のデータ記録メディアが読み込めず、専用の新しいメモリカードリーダを
購入しなければ認識できない、というケースもありますのでご注意下さい。

一応マイコンピューターに認識はされたけど新しいドライブE,F,G,H,I,J,K~と
いくつも出てきてわかりにくい、という場合はひとまずEあたりから順に、
一つ一つのフォルダを開いて、どこにデータが入っているかを再確認してみましょう。

カードリーダーライターが認識しない時に修復するには? の続きを読む

I/Oエラーで開かないドライブ装置の修復

MicrosoftのWindows(ウィンドウズ)のパソコンのUSBコネクタから
内蔵または外付けで接続したCDドライブやDVDドライブなどのトレイに
データディスクを差込みしてデバイスに読み込ませようとする時、稀に、

「D/E/F/G:~にアクセスできません。」「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした。」
というエラーメッセージが発生してドライブ装置が読み取れないことがあります。

そんな時、元の状態に修復する方法、またはサービスはある?という疑問について。

I/Oデバイスエラーとは

コンピューター用語のI/O(アイ・オー)はinput-output[インプット・アウトプット]
の略称で、入出力(入力・出力)という意味になります。

そして、CD/DVDドライブや外付けHDD、RAID、ネットワークドライブ、SDカードといった
外部装置がデバイスマネージャから読み取れない状態が、[I/Oデバイスエラー]です。

ファイルデータや、それらが書き込まれているディスクの問題ではなく
ドライブ機器の装置本体そのものがコンピューターに認識されていないため、
ディスクメディアを入れ替えても反応しない場合が多いです。

I/Oエラーの警告メッセージが出た時はひとまず、USBポートからコードを抜いて、
一度ドライブ装置の電源も切ってから差込口の小さなゴミや埃を除去されてみてください。

念のためにパソコン本体も一度再起動するか、シャットダウンしてから
再度起動をして、その後でもう一度USBコネクタに接続してみましょう。

HDDの破損で起動ができなくなっている場合には、個人では内部のファイルの回収が難しいため、
物理障害に対応されているデータレスキューサービスにて、復旧してもらうことをおすすめします。

I/Oエラーで開かないドライブ装置の修復 の続きを読む

Eドライブが認識しないエラーを直すには?

Eドライブとはパソコンのマイコンピューター上に表示される区画の一つです。

HDDのパーティションがいくつに分割されているかでその内容が違ってきます。

パーティションの仕組み

パーティションが1つのみの時はこのような具合になります。
[Cドライブ=ハードディスク Dドライブ=CD/DVD-ROM ドライブ Eドライブ=USB装置]

(しかし画面上ではリムーバブル ディスク(E:)と表示されるため、
正確にはEドライブとは少し意味が違います。)

パーティションを2区画に分割している時は
[C=プライマリパーティション D=セカンダリパーティション E=ドライブ装置]、

そしてパーティション区画が3分割以上の時は
C、D、Eドライブ全てがハードディスク ドライブとして表示されます。

読み込みのエラーの発生

パソコンを使っていてもし急にEドライブに当たる部分の装置が
認識しない状態になった場合、まず、直前に何かUSBメモリやプリンター、
USBカードリーダーといった装置の接続をしていないかご確認下さい。

それらが認識されない場合、デバイスマネージャからのハードウェアの
読み込みにエラーが出ている可能性があります。

パソコンの複雑な作業に余り慣れていなくて難しそう、という場合には、
プロのデータ復旧サービスセンターに注文をして、代行作業を頼んで
ハードディスクからのファイルを救出してもらわれることも推奨します。

Eドライブが認識しないエラーを直すには? の続きを読む

Drive Image(ドライブイメージ)でデータを拾い出すには?

Drive Image2002/5.0日本語版(イメージドライブ)とは、パーティションのWindows用のバックアップソフトウェアです。

パソコンのローカルファイルやネットワークファイル、CD-RW/DVD-RWなどに保存されている
データのボリュームが長い蓄積で肥大化してついには入りきらなくなった時に昔に入れた分を
別の記録用ディスク等のリムーバブルメディアに移動させたり、もしものコンピューター障害で
データが抹消されてしまった時に別の保存先から拾い出すために役立ちます。

バックアップウィザードを使用

一つの使い方として、例えばDVD-RWにパーティションの内容をコピーするには、
まずDrive Imageを起動させて初期バックアップウィザードを選択して
OKボタンを押し、次にCドライブを選択してまた「次へ」を押します。

すると、バックアップ可能なリムーバブルメディアの一覧が出ますので、
ここでDVD-RWなどを選んで「完了」を押します。

そして[今すぐ操作を実行しますか?]で「はい」を押して、開始されます。
容量が大きいと、複数枚のディスクに交換して挿入しながら行う必要もあります。

セットアップウィザードでは、新しくハードディスクにボリュームを分割する
パーティショニング(Partitioning)をして、こちらにバックアップする手法です。

イメージファイル名は【新しいパーティション】という感じになるのですが、
自由に覚えやすい名前を変更する事も出来ます。

Drive Image(ドライブイメージ)でデータを拾い出すには? の続きを読む

ディスクデフラグで最適化に失敗してデバイスが認識しない時は?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のOSの機能の一つであるディスクデフラグツール
(ドライブの最適化とデフラグ)を実行した際に、外付けハードディスク、またはメモリーカードや
増設したドライブ最適化に失敗して、パソコンからデバイスとして認識しなくなった場合、
どのような方法で外付けハードディスクなどのデータを復旧させることができる?というご質問について。

まず、デバイスが認識される可能性のあるパターンと修復の方法を紹介します。

ファイルシステムのエラーが発生している可能性があるため、
そこで「chkdsk」(チェックディスク)を実行することで読み込みができる時もあります。

「スタートメニュー」→「ファイル名を指定して実行」(または「ここに入力して実行」)
→「cmd」と入力して、コマンドプロンプトを右クリックで「管理者として実行」で開きます。

「chkdsk g:」(対象のボリュームのアルファベット)と入力すると、
チェックディスクの機能が動いてファイルシステムのエラーチェックと修復が行われます。

ディスクデフラグで最適化に失敗してデバイスが認識しない時は? の続きを読む

リードエラー等で読み込めない保存データを復元するには?

パソコンをお使いの際にうっかり貴重なプログラムファイルやフォルダを削除してしまった、
または急に、リードエラー(read error・読み込み不可)のアクシデントでデーターが開けなくなった、
または動かなくなった、といった主なトラブルのケースを下記に掲載してその対処方法とともに
短文にまとめて記述しました。急なアクシデントが起こった時のためにぜひお役立てください。

下に行くほど故障のトラブルの状態は深刻になります。

PCデータの主なアクシデント一覧

1・保存したファイルを誤って削除してしまった。
2・記録していたファイルが消えてしまったり、壊れてしまった。
3・保存ファイル(フォルダ)が開かない。
4・コンピューターウイルスにかかってしまった。
5・WindowsやMacのOSが開かない。
6・電源を入れたら画面が真っ黒のままで何も出ない。
7・一部のパーツが故障して、正常に稼働しない。
8・PCの電源が付かない(パソコンが起動しない)。

リードエラー等で読み込めない保存データを復元するには? の続きを読む

外付けHDDに異音が鳴り認識しない時にデータ復旧を行うには?

外付けハードディスクをデータのバックアップや引き出しなどで日々使用している際に、
ある時、急にコトンコトン、カコンカコン、と異音が鳴り出して、
さらにデバイスマネージャーで認識しない場合、データ復旧はできる?という疑問について。

まず、異音が鳴り出した場合は、ハードディスクの内部パーツのプラッタという、
データを記録するためのディスクに、データを読み書きするためのアームに付いた
ヘッドという回路が常時吸着してしまっているヘッドクラッシュという
物理的な故障が発生しているおそれがあります。

ハードディスクドライブは精密機器で、中を開くと外気の湿気や小さな異物の混入により
さらに破損がひどくなる危険が非常に高く、この状態になると、一般個人ではほぼ
修理することができなくなります。

専門のデータリカバリーセンターではそんなあらゆる故障分野に的確に対応されていて、
外付けHDD、またメモリーカード、RAID、USB、MO、DVD、CDなどの
ほとんどの補助記憶メディアで、パソコンなどに認識しない場合や、
誤ってファイルを削除した場合での復旧の依頼を請け負われています。

外付けHDDに異音が鳴り認識しない時にデータ復旧を行うには? の続きを読む

USB変換ユニットでPCのハードディスクを読み込みするには?

パソコンの本体を複数台購入して所有していると、そのうちの1台に急に不具合が出て
正常に動かなくなってしまった時に、別のPCがあればトラブルの対処法にも幅が広がり、
また素早く実行できますね。

例として、Windows7やWindows 8、10などのOSを使っているコンピューターで
急にオペレーティングシステム上のデスクトップ画面が開けなくなった場合、
実質、ほとんどの操作が出来なくなるので時には深刻なトラブルになります。

セーフモードやスタートアップ修復の機能から起動が立ち上がらなかった時は、
場合によっては再セットアップをしなければならなくなります。

また、OSは問題なくてもマザーボードやCPU、メモリなどのパーツが故障していたら、
多くの場合、部品を新品に買い換えて交換しなければなりません。

そんな時に、先に「ハードディスクドライブ」をパソコン本体から引き抜いて、
「USB変換ユニット」(HDD変換アダプター)などの読み取り装置に繋げて
別のパソコンからUSB接続で読み込む、という方法を使うとまた便利です。

もちろん、IDEケーブルやSATAケーブルでデスクトップパソコンのドライブベイに
一時的に組み込んで増設したり、HDDのサイズとコネクタに対応されている
外付けハードディスクケースに入れて読み込む、といった方法でも回復できます。

筆者の場合、使わなくなったパソコンからはハードディスクドライブだけ
HDD変換マウンタ(またはドライブベイ)ごと取り外して本体とは別の場所に
安全に保管している物も多いですね。

急にHDDを何かの用途で使うことになった時、
デスクトップPC本体を丸ごと物置き場から出してケーブルを繋げ直さずとも、
USB変換ユニットで接続すれば、OS自体は使えなくても他のファイルはすぐに開けます。

USB変換ユニットでPCのハードディスクを読み込みするには? の続きを読む

デバイスドライバの動作エラーを修復するには?

プリンターや外付けの記憶装置、キーボード、マウス、スピーカー、ペンタブレットなど
パソコンには様々な周辺機器をUSBポートなどを通して接続して使用することができます。

普通のマウスやキーボードなど付属のソフトウェアが付いていないシンプルな機材なら
専用のアプリケーションのインストールなども特に必要なく、
コネクタに接続すればすぐにデバイスに認識されて使えるようになります。

デバイスドライバが正しくインストールされていない

しかし複合機やペンタブレット、デジタルカメラ、スマートフォンなど複雑な機能の
周辺機器の場合、対応したソフトウェア『デバイスドライバ』をインストールしなければ
正常なデバイス認識ができない物もあります。

アプリケーションソフトが同梱されている機材は特に、購入した最初の時に
しっかりと取扱説明書をよく読んで、正しい手順に沿って修復の作業を行っていきましょう。

しかし稀に、デバイスドライバのプログラムが正常に機能せずに、
パソコンに繋げた周辺機器がしっかりと使えない動作エラーが出ることもあります。

その理由の一つとして、だいぶ前に購入した周辺機器のため、デバイスドライバが
例えばWindows XP向けに作られているために、Windows7や8、10などの最新のOSに対して
対応できていないケースなどが考えられます。

この不具合を解消するには、一度手動で最新のデバイスドライバに更新する必要があります。

デバイスドライバの動作エラーを修復するには? の続きを読む

パソコンの動作が一時停止する不具合を解消するには?

パソコンを動かしてアプリケーションソフトウェアなどを使っている最中に
急に動作が一時停止して動かなくなる事はよく起こりえます。

一時的な動作停止、とは言っても、そのタイムラグが数秒、数十秒、数分、
またそれがどの程度の頻度で発生するか、何の動作で起こるのか、
他のパソコンでも同様に停止が起きるのか、と条件を把握してみる必要があります。

ストップ問題の具体例

・OSを起動してから1時間くらいの間は数分おきに何度も止まってしまう。

・ウイルス検知ソフトの自動行進や自動スキャン中によく停止しかける。

・CGソフトや動画ソフトで重いファイルを開いて編集している時にフリーズする。

・ふだんはあまりないけど一回の起動につき一回くらいの割合で一時停止する。

・とにかく何をやっていても頻繁にストップする。

まず、どれほど性能が高く読み込みも高速である新品のマシンを使っていても、
稀にアプリケーションソフトの一時停止によるフリーズが数秒~数十秒発生する
くらいでしたら普通にありますので、特に気にする必要はないです。

ですが、同じOSの状態のまま一年以上使いこんでいるPCだと、
メモリやCPU、HDDの空き領域に余裕があっても頻繁にフリーズが起きることはあります。

パソコンの動作が一時停止する不具合を解消するには? の続きを読む

デバイスドライバの機器をインストールし直して修復するには?

プリンターや複合機、スキャナー、ペンタブレット、液晶ディスプレイ、コントローラー、ディスクドライブ、
デジタルカメラ、FAXといった周辺機器をパソコンに接続してデバイスに認識させる際、
プリンタなど特定の装置は専用のソフトウェアプログラムをインストールして使う物もあります。

これらのデバイス装置を普段使っている最中に、何らかのエラーやデバイス認識の不能トラブル、
またはソフトウェアの障害が起きて使えなくなった場合、もう一度最初からデバイスにインストールを
し直さなければ使えない、という場合もあります。

一度プログラムを消去

その際はまず、USBコネクタなどのポートから周辺機器へのコードを抜いて、
専用のアプリケーションソフトウェアの方も一旦、コントロールパネル⇒『プログラムの追加と削除』で
アンインストールして、システム・フォルダ上から消去しましょう。

デバイスマネージャの項目でに不明なマークのアイコン(?・!・×)がある時は、そちらも無効にします。

デバイスドライバの機器をインストールし直して修復するには? の続きを読む

携帯電話が故障して繋がらない時に復旧するには?

近年で広く普及している携帯電話やスマートフォンを日々お使いの際に、ある時通話ができなくなったり、
インターネットへの通信ができなくなったりした際、故障が起きてしまったか、あるいは別の外部的な影響で
通信が出来ず、繋がらなくなった場合は、どのようにすれば復旧できる?という疑問について。

電話が通じなくなった時はまず、どのような理由で繋がらないかを、一つずつ確認されてみてください。

通話不能になる原因

・親機の電源コンセント、または電話回線が外れている。
・他の部屋にある子機を誰かが使用中。
・親機または子機の受話器が外れている。
・ボタンが押しっぱなしの状態になっている。
・台風や落雷、洪水、大雪、津波などの災害で回線が遮断されている。
・電話会社との契約が何かの手違いで変更または停止状態になっている。
・電話機が故障している。

まずは固定電話の親機と子機の両方の、現在での状態を確認して、受話器が倒れて外れていたり、
電話回線や電源コードが引っ張られて取れていないか確認しましょう。

携帯電話が故障して繋がらない時に復旧するには? の続きを読む

I/Oデバイスエラーが出て認識されない時に修復するには?

I/Oとは、input-output(インプット・アウトプット)の略語で、
入出力という意味を表すコンピューター用語です。

I/Oデバイスエラーとはすなわちパソコンなどのコンピューター機器に
入出力装置がデバイスで認識されないエラートラブルのことを指します。

外部からデータを送信する入力と、内部から外部に送る出力の処理作業が
入出力装置のデバイス認識ができないために行えず、

~(ドライブ装置など)にアクセスできません。
I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした。

というメッセージバルーンが表示される場合があります。

主に内蔵のCD/DVDドライブやBDドライブ、USBメモリや外付けHDD、FD、
SDカード、iPod nano、iPod shuffle、特に特にUSB2.0コントローラに
接続されている装置で、認識されないI/Oデバイスエラーの状態が起こりえます。

I/Oデバイスエラーが出て認識されない時に修復するには? の続きを読む

周辺機器のインストールができない時に読み込むには?

WindowsやMac OS Xのパソコンは、OSの起動中にUSBポートの差込口に
周辺機器のUSBケーブルを差し込むだけで、新しいハードウェアとして
自動的に検出し、デバイスに認識・接続させることが出来ます。

しかし周辺機器の中にはセットアップ用のCDソフトから先に専用プログラムをインストールして
決められた手順に従って接続をしなければ正常に読み込みできず使用できない機材もあります。

また、たまに検出されないエラーが起きる場合もありますので、
手動でデバイスの認識を行う以下の方法も知っておくと便利です。

1:まずはスタートメニューからコントロールパネルを開き、
カテゴリの表示画面にある【プリンタとその他のハードウェア】を開きます。

2:左側の関連項目メニューにある『ハードウェアの追加』をクリックし、
【ハードウェアの追加ウィザード】で「次へ」を選びます。

3:周辺機器(ハードウェア)の検索が行われ、次に
『すでにハードウェアをコンピュータに接続していますか?』の
選択画面で「はい、~」を選び、「次へ」を押します。

この段階で、USBポートへの接続と、専用CDプログラムのインストールを済ませている必要があります。

4:インストールされているハードウェアの項目欄にある一番下の、
【新しいハードウェア デバイスの追加】を選び、「次へ」を押します。

5:インストール方法の(推奨)を選び、「次へ」。

6:ハードウェアが検出された場合はそのままインストールを行います。

7:「コンピュータ上では新しいハードウェアは検出されませんでした。」と表示された場合は「次へ」。

8:「共通ハードウェアの種類」の一覧で、希望する項目の種類
(無い場合は「すべてのデバイスを表示」で探す)を選び、「次へ」。

9:次の画面で『ディスクの使用』をクリックし、ここから各周辺機器の
CDディスクのセットアップ手順に従って、インストールを行います。

10:完了画面が出たら、最後に『完了』を押して、終了です。

周辺機器のインストールができない時に読み込むには? の続きを読む

オーディオプレーヤーに曲データが取り込みできない時は?

現在、世界的に普及している「デジタルオーディオプレーヤー」(digital audio player:DAP)は、
コンピューター上に音楽をインポートして再生して聴くための装置です。

小型で持ち歩けるモバイル機器は携帯音楽プレーヤーとも呼ばれています。
(他にメディアプレイヤー、オーディオデバイスとも呼ばれます。)

Appleの「iPodシリーズ」やSonyの「ウォークマン」などが有名ですね。

他にもスマートフォンやタブレットPC、PDAにデジタルオーディオプレーヤーとしての
機能が付いている多機能型のモバイル製品も多数登場しています。

でも実際に曲を入れる時のやり方がよくわからず、
ちゃんとプレーヤーに取り込みできない、という場合に曲データを取り込みする手順について。

ミュージックのデータを保存するには?

携帯音楽プレーヤーに曲を転送して取り込みするには主に、インターネットにアクセスして
ミュージックのオンラインストアから購入するか、パソコンにオーディオプレーヤーの機器を同期させて、
インポート⇒転送をして内部のメモリーに保存します。

携帯音楽プレーヤー本体の機能だけで曲を直接データの保存をするには、
まずインターネットに接続できている必要があります。

オーディオプレーヤーに曲データが取り込みできない時は? の続きを読む

デバイスドライバを追加してシステムが破損した時に復元するには?

パソコンに周辺機器をUSBケーブルなどで接続したら、次回からの起動ができなくなってしまったり
WindowsのOSの画面が開かなくなった、というケースは意外にも多く出ています。

例えば、USBフラッシュメモリをUSBポートに差し込んだまま再起動したらWindowsが起動せず、
かわりに青い背景と白文字の画面が表示されて止まってしまった、ということはよくあります。

これらの原因でシステムが破損した時には、どうすればコンピューターを復元することができる?という疑問について。

デバイスドライバを追加してシステムが破損した時に復元するには? の続きを読む

コントロールパネルからデバイスエラーを検索するには?

プリンター(複合機)やマウス、キーボード、外付けHDD、USBメモリカードなど
PCに接続する周辺機器が突然読み込めなくなって操作不能な状態になったり、
インストール&セットアップの後でもドライブがマイ コンピュータに表示されず
認識されていない、という場合の、エラーチェックと修正の方法について。

デバイスマネージャからのチェック

まず、Windows画面左下のスタートメニュー⇒コントロールパネル⇒システム⇒ハードウェア
⇒システムのプロパティ画面でデバイスマネージャをクリック、と進めていきます。

以上の手順でデバイスマネージャの画面を開きますと、CVD/CDドライブや
キーボード・モニタ・マウスとそのほかのポインティングデバイス・USBコントローラ・
サウンド、ビデオ、およびコントローラ・ディスプレイアダプタ・プロセッサなど、
パソコンに接続されている全ての周辺機器の一覧が表示されます。

名称左の+マークをクリックすると更に各機器の一覧項目が表示されます。

コントロールパネルからデバイスエラーを検索するには? の続きを読む

MBR(マスターブートレコード)を修復するには?

ハードディスクドライブの先頭セクタである領域:Master Boot Record(MBR・マスターブートレコード)
はOS起動に必要なパーティションなどが格納されているため、
これがシステム障害で破損するとOS画面が開かなくなります。

容量は500バイトほどの微小なファイルですが、最初の読み込みに必要である
重要な部分ですので、もし破損してしまうと動かなくなってしまいます。

しかしこの障害はWindows OSのCD-ROM(シーディー・ロム)から
回復コンソールを起動させることで修復させる方法が使えます。

まず起動ディスクを挿入して回復コンソールを起動し、[fixmbr]と入力し、
Enterキー(エンターキー)を押す⇒「新しいMBRを書き込みますか?」の項目で
Yキーを押し、もう一度Enterキーを押して、ブートレコードを新しく作り直すことができます。

MBR(マスターブートレコード)を修復するには? の続きを読む

差込口が折れたデータ記憶装置からファイルは復旧できる?

PC本体の内蔵ハードディスクドライブやSSD、USBメモリ、CF、MO、SDカード、xDピクチャーカード
コンパクトフラッシュなどのデジタルデータの記憶装置は、差込口(インターフェース)を
SATA/IDEケーブルや電源ケーブル、またはUSBポート、カードリーダー、デジタルカメラ本体
といった電子機器に接続して、データを読み込みしたり、フォーマットを行います。

しかし、これらのHDDやメモリーカードを持ち運びしている最中や、プラグの引き抜きの際に、
誤って曲げてピンやコネクタ部分が折れた場合は、破損したデータ記憶装置から
ファイルは復旧することができる?という疑問について。

まず、内部のプラッタ(円盤部分)やメモリチップ自体が損傷していなくて
ハードウェアが物理的に完全に破損していなければ、基本的にまだ復旧することができます。

無理に何度も読み込もうとしたら、壊れた状態のまま電流が走って内部のディスクやチップに
ダメージが出てしまうおそれもあるため、あまり強引に 折れた補助記憶装置から
データを読み込もうとされないようにご注意ください。

差込口が折れたデータ記憶装置からファイルは復旧できる? の続きを読む

ハードウェアのデバイスドライバが読み込めない時の解決手段とは?

プリンターやスキャナ、カードリーダー、MOドライブ、外付けHDD、USBメモリー、デジタルカメラから接続するSDメモリーカードなど、
外部接続機器のハードウェアをパソコンのUSBポートから繋げてみたところ、

このハードウェアのデバイスドライバを読み込むことができません。
ドライバが壊れているか、ドライバがない可能性があります
。』
という認識エラーの表示が出て正常に読み込めない時の対処方法について。

まずは『スタートメニュー』から『コントロールパネル』⇒『システム』⇒『ハードウェア』
⇒『デバイスマネージャ』と移動して、各接続機器の一覧が表示されている画面を開いてください。

そこに黄色い(!・?・×)マークの付いた項目、または『不明なデバイス』と表示
されている箇所がありましたら、そこの項目を右クリックで削除してから一度
USBコードを抜き外部メデイアの電源を切って、もう一度再接続されてみてください。

ハードウェアのデバイスドライバが読み込めない時の解決手段とは? の続きを読む

ニンテンドースイッチ・DSの故障を修理するには?

任天堂株式会社から開発・販売されています人気の携帯ゲーム機
『Nintendo Switch』(ニンテンドースイッチ)と『ニンテンドーDS』(ディーエス)。

NDSは実質ゲームボーイシリーズの後継機種という形で普及し、また全く新しい次世代ゲーム媒体として販売され、
更にDS Lite→DSi、3DS、そしてニンテンドースイッチと、次々に販売されています。

ニンテンドースイッチまたはDSを持ち運びの際に、もしうっかり落としたりしても少しくらいの
衝撃でしたら角に小さなキズがつくくらいで済むのですが、落とした場所が悪かったり、
長時間水濡れしたり水没した場合は、動作に異常が出てしまうこともあります。

ゲーム機が破損する原因と事例

・高いところから落としてしまうなどで強い衝撃を受けてしまう。
・うっかり踏みつけてしまい、モニタ画面やボタンが割れてしまう。
・水溜りや川、池などに落として水没させてしまう。
・コーヒーやお茶、他 飲料の入ったコップを倒してしまい本体にかかってしまう。
・折りたたみ部分が逆方向に折れ曲がって破損してしまう。
・ボタンの連打をつづけていくうちに操作が効かなくなってしまう。
・インターネット回線に接続できない。
・カメラ機能がレンズの破損などで壊れてしまう。
・電源が入らない、または起動画面が映らない。
・SDメモリーカードが正常に認識されない。

ニンテンドースイッチ・DSの故障を修理するには? の続きを読む

PS Vita・PSPの故障を修理するには?

PS Vita(PlayStation Vita-プレイステーション・ヴィータ)、
PSP (PlayStation Portable-プレイステーション・ポータブル)とは、
SONY(ソニー)から開発されています、人気の携帯ゲーム機です。

ソフトウェアにはUMD(Universal Media Disc)という光ディスクが採用され、
セーブデータの保存にはメモリースティック Duoが使用されています。

PS VitaやPSP(読み:ピーエスピー)は歴代の携帯ゲームの中でも大変性能が高く丈夫に作られています。

しかし、本体をうっかり水の中に落としてしまったり、硬い床に落としてしまう、
またうっかり踏みつけてしまい、モニターの画面や基盤、ボタンが割れてしまうなどの
破損が起きてしまった場合には修理または買い替えが必要になってしまいます。

PS Vita・PSPが故障しやすい状態と原因

また、やはり精密機器であるため、湿気や高温、低音、電磁波、磁気、日光など
機械の大敵である外部環境にうっかり長時間放置してしまうと故障してしまう
おそれもあるため、持ち歩きできる分、PS VitaやPSPの置き場には日々注意が必要になります。

ある日突然正常に電源が入らなくなったり起動画面が表示されなくなる、また
UMDやメモリースティック、Network、Storeなどの各機能に接続できなくなった
場合には、まず取扱説明書の『使用上の注意使用上の注意/故障かな?と思ったら』
ないし、PlayStation.com(Japan)|サポートのウェブページを読まれてみてください。

電池切れやスリープ状態、何らかの操作ミスで動かないだけ、ということもよくあります。

PS Vita・PSPの故障を修理するには? の続きを読む

USB接続機器がデバイスマネージャに認識されない時に修復するには?

パソコンのUSBポート(外部接続機器のコード差込口)にプリンターや複合機、
カードリーダー、レーザーマウス、オーディオデバイス、タブレット、USBメモリーカード、
といった周辺機器を接続したところ、『デバイスに認識されません』といったエラーが発生して
PCで読み込めない時にはどうすれば修復することができる?という疑問について。

まず、初めて接続する周辺機器の場合、CDのインストールが必要な
プログラムもありますのでマニュアルの手順をご確認ください。

(複合機など、CDのインストール中に手順に従ってUSBポートへ接続するものなどがあります。)

正常な読み込みに失敗してしまった場合は一度プログラムをアンインストールして
もう一度CDをインストールし直されてみてください。

次に、USBポートドライバーにパソコン起動時の前(電源を入れる前)から接続
していた場合、パソコンに正常に読み込まれない場合があります。

(USBメモリーカードなどは必ずPC起動後に接続しなければパソコンが起動できないケースや、
逆にレーザーマウスなど、電源を入れた後に接続すると動作ができないUSB機器もあります。)

今まで使っていた周辺機器が突然読み込めなくなった時はまず、

・USBポートドライバーをもう一度差し込み直してみる、
・他のUSBポートに差し込んでみる、
・パソコンを再起動してみる、
・周辺機器の電源を一度消して、もう一度電源を入れてみる、
・他のパソコンをお持ちでしたらそちらのPCに接続してみる、

など、色々な修復するパターンを試されてみてください。

USB接続機器がデバイスマネージャに認識されない時に修復するには? の続きを読む

電子機器の故障が起きやすい配置環境を直すには?

パソコンをはじめとする電子機器には、今や数多くの種類の製品が販売されています。

また、家電製品(家庭用電気機械器具)は主に家庭内で使用する、
エレクトロニクス(電子工学)で作られた電化製品のことを指します。

CD、DVD、ブルーレイ、HDDレコーダー、デジタルカメラ、プリンター、スピーカー、
サーバー本体、RAID、スキャナー、プリンター、レコーダー、ネットワークカメラ、
ネットワークドライブ、ノートパソコン、そしてホーム用のデスクトップパソコンなど。

これらの電子機器が、製品の種類やメーカーに関わらず何故かよく壊れてしまう、という方も
多いのですが、破損を引き起こしてしまう原因はまず生活環境や取り扱い、配置の仕方など
色々と共通した要素が多いので、それらの主な原因となりえる例を記述していきます。

電化製品が破損する要因の一例

・窓や冷暖房のすぐ前など、温度差の激しい場所に設置してしまう。
・機械の大敵である日差しが直接当たる場所に配置してしまう。
・引越しや大掃除で動かした時に内部パーツの接触不良が起きてしまう。
・うっかり持ち運び中に落としたり壁や器具に強くぶつけてしまう。
・長時間の連続使用による熱暴走。
・雨水や大雪、洪水、台風による浸水。
・風呂場や台所など湿気や水飛びの覆い場所での設置。
・落雷による電源のショートや焼き焦げ。
・強い静電気や電磁波を浴びてしまう。
・空気口や隙間から侵入してくるダストや虫の死骸が精密機器の上に溜まる。
・長い間使用していないため内部に塵や埃、湿気が充満してしまう。
・運悪く初期不良の製品に当たってしまう。
・長い間の使用による老朽化(製品の寿命)。

電子機器の故障が起きやすい配置環境を直すには? の続きを読む

iPadやiPhoneがWindowsで正常に認識しない時は?

Appleのモバイル端末:iPad(アイパッド)やiPhone(アイフォン)、iPod(アイポッド)を
充電のためパソコンのUSBケーブルに接続したところ、液晶画面にAppleマークが表示されるだけで
Windowsのコンピューターに認識できない場合は、どうすれば正常に接続できる?という疑問について。

まず対応策として、付属の充電器の方で十分なまでに充電を行います。

一度iPad/iPhone/iPodの電源を切ってから再度起動して、少し不要なファイルや機能を
削除するなどして容量を軽くします。

次にWindowsのパソコンを再起動して、場合によってはiTunes(アイチューンズ)の
アンインストールをしてから最新版をインストール・セットアップします。

次にiPad/iPhone/iPodをDisk Mode(ディスクモード)で接続し直します。

そのプロセスでエクスプローラーとiTunesを起動状態にしてiPad/iPhone/iPodをUSB接続すると、
iTunesではデバイス表示がなく、またエクスプローラーは「応答なし」と出てくる場合は、
iPad/iPhone/iPodを「設定」から「リセット」をして、その状態でパソコンにUSB接続してみます。

次にDisk Modeに入るとWindowsの右下のインジケータで「USBリムーバブル…」の
確認はできるものの、エクスプローラで開かない、という場合は、
タスクバーから「安全な取り外し」を実行して取り外し、再度つなげ直します。

iPadやiPhoneがWindowsで正常に認識しない時は? の続きを読む