『デスクトップパソコン』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。
デスクトップパソコン のカテゴリ


ページ案内

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。





増設したHDDが読み込めない時にデータ復旧を行うには?

デスクトップパソコンのPCケースの内部にある、空いたドライブベイに、
3.5インチ型、またはマウンターに取り付けた2.5インチ型のハードディスクドライブを増設して、
大容量記憶装置として使用してきた、またはこれから使用する際に、
パソコンで正常に読み込めなくなった場合には、どうすればデータ復旧ができる?という疑問について。

電源ユニットのコネクター

ケーブルの接続のミス

まず、ドライブベイに設置した増設したHDDのインターフェース(コントローラのボードに付いた差込口)に、
SATAケーブルまたはIDEケーブルのコネクタと、電源ユニットの中間コネクタが正常に差し込まれているか
どうかを、一度取り外してから差し込み直す手順で、確認をされてみてください。

SATAケーブルなどが大きく折れ曲がっていたり、切れかかっていたら、新しいケーブルに交換します。

増設して最初に通電をした際には、BIOSでHDDが認識しないことがあります。

一度パソコンの電源を切って、もう一度起動し直すと、次は正常に読み込まれる場合もあります。

増設したHDDが読み込めない時にデータ復旧を行うには? の続きを読む

SATAのHDDが認識しない時にIDE変換アダプターで復旧

最近のベースであるHDDのインターフェース規格
S-ATA(Serial ATA/シリアルアタ)』の方式が基準である パソコンなどの電子機器を使用中、
急な故障などで動かなくなり、内部のSATAハードディスクが読み込めずに認識しない、という時、

ほかにお持ちの古い方のパソコンでデータを読み込みしたいけれど
そちらはIDE(Integrated Drive Electronics)の古い方式で、そのままでは
インターフェースコネクタが違い接続できないため、どうしたらデータ復旧ができる?
という疑問について。

まず、IDEに対応されたパーツで構成された古いデスクトップパソコンに
臨時にSATAハードディスクを増設して、開けなくなったデータを読み込みしたい、
という形でしたら、SATA→IDEの変換アダプターを取り付けて
インターフェースコネクタを同じ形状に合わせて復旧する方法があります。

SATA→IDE変換アダプターの製品一覧

・CENTURY:SATA-IDE SATA活してIDE
・サンワサプライ:シリアルATA用IDE変換アダプタ TK-AD40IDE
・変換名人:SATA→M/B上のIDE変換アダプタ Z型 光学ドライブ対応 IDE-SATAZD2
・Cyberplugs:IDE – SATA双方向変換アダプタI型
・玄人志向:セレクトシリーズ mSATA SSD IDE変換アダプター KRHK-MSATA/I9

IDE変換アダプター

IDE方式の方のデスクトップパソコンのケースの蓋を開きます。

空きのドライブベイのスペースや電源ユニットのコネクタがあるかどうかを確認します。

お使いのパソコンによってはSATAハードディスクやSSDの製品が動作環境の基準未満で
正常に認識しない可能性も考えられるため、製品の仕様も一応確認します。

機材を揃えたりパソコンなどのパーツの取り外しが難しそう、という際には、
プロのデータリカバリーサービスの方で、作業を行ってもらうことができます。

SATAのHDDが認識しない時にIDE変換アダプターで復旧 の続きを読む

OSが破損したHDDのデータを、増設したドライブから救出

デスクトップパソコンの内蔵ハードディスク(またはSSD)にインストールして使用している
オペレーティングシステム」が、ある時何かのシステム障害で
破損してしまうと、デスクトップ画面の立ち上げができなくなる事があります。

セーフモードやシステムの復元、スタートアップ修復などの回復機能を
ひととおり試してみて、もしそれでもOSが立ち上がらなかったら
基本ソフト(OS)の再インストール(リカバリー)が必要になる場合もあります。

しかし再インストールをすると今度はCドライブが丸ごと初期化されてしまいます。

もしハードディスクの中にバックアップしていないデータが取り残されたままで
その前にもう一度開き直すには、どうすればいい?という疑問について。

一般個人で行う簡単な方法として、別の正常に起動できるオペレーティングシステムを使って
ハードディスクドライブを開き、ドキュメントなどのフォルダーを開いてファイルを救出する手法、
またその代行作業を実施されているレスキューサービスがあります。

HDDとSSD

別のドライブでOSを起動するには、以下のような方法があります。

・新品のハードディスクやSSDを増設して、 Windowsの起動ディスクから新しくインストールする。
・事前にパーティションの分割をしていて別の領域に違うOSを
デュアルでセットアップしていたら、そちらから起動してみる。
・前のパソコンで使っていたHDDを一時的に交換して開く。
・ハードディスクを取り外して別のPCに増設する。
・LinuxディストリビューションのOSをCDブートで起動する。
・ノートパソコンの場合は一度2.5インチHDDを取り外して、
 外付けHDDケースやUSB変換ユニットに繋げて別のPCで読み込む。
(※メモリやCPU、マザーボード等の動作環境を満たしている事が必須です。)

※今回の説明では、[Windows 8 ProのOSをインストールしたSSD]をデスクトップPCに
新しく増設してCドライブに設定して、前のハードディスクをDドライブにして読み込む手順を解説いたします。

まず、シャットダウンしてあるデスクトップパソコンのケースから
電源ケーブルやUSBケーブルをすべて取り外します。

ケースの固定ネジを外して蓋を開けて、
3.5インチのドライブベイのスペースが一台分余っているかをご確認ください。

2.5インチサイズのハードディスクやSSDを増設する場合は、
製品に付属された[3.5インチ変換マウンタ]にはめ込んでネジで固定します。

デスクトップパソコンのドライブベイにHDDまたはSSDを差し込み増設の作業を始めます。

お持ちのパソコン本体の構造によって作業を行うのが難しそう、という時のために、
プロのデータ復旧サービスで、分解とデータの取り出しの措置を行ってもらうこともできます。

OSが破損したHDDのデータを、増設したドライブから救出 の続きを読む

デスクトップのデータが消えた時の復元方法

パソコンは電源ボタンを押して起動してからBIOS画面⇒OSのタイトルロゴ、と移り、
ユーザーアカウントの認証画面でパスを入力した後で、
基本作業を始める[デスクトップ画面](DESKTOP)が表示されます。

通常このスペースには、ウェブブラウザや電子メール、主要フォルダ、ゴミ箱といった
主に使用していくデスク・アクセサリー(desk accessories)や
新しくインストールしたアプリケーションのアイコンが配列されていきます。

これらは基本的に「ショートカットアイコン」という小さなデータなので、
うっかり間違えて削除してしまってもシステムに影響もなく、すぐに元に戻せます。

デスクトップ上から消えたショートカットアイコンを復元するには
ゴミ箱フォルダを開いてそこに残っているか確認して、
マウスの右ボタンで「元に戻す」を選択すれば以前の位置に復帰します。

ゴミ箱にも残っていなくてすでに削除してしまったと思われる場合は、
マイコンピューターにあるアプリケーションのフォルダの中、
または[すべてのプログラム]から同じマークのアイコンを探してみます。

どこにも必要なファイルがなかった場合には、すでに表示上では消えている場合が多いため、
それ以上は新しいデータの上書き保存による以前の拡張子の痕跡が消えるのを
避けるため、一旦パソコンを閉じてそれ以上は起動しないようにします。

そして、プロのデータリカバリーサービスに依頼をして、PCのハードディスクまたはSDDから
消えたファイルを復旧してもらわれることを推奨します。

デスクトップのデータが消えた時の復元方法 の続きを読む

デスクトップガジェットを復元するには?

ガジェット(Gadget)とは、誰でも簡単に作成できるソフトウェアという意味です。

主にパソコンのデスクトップやインターネットを開く時のホームのウェブページ上に
天気予報やカレンダー、RSSフィード、時計、チャート、スライドショー、便利リスト
といった小さなお役立ちの機能を配置できることなどを指す場合が多いです。

Microsoft WindowsのOSでは、新しくWindows7から『デスクトップガジェット』という
ソフトウェア表示の機能が追加されました。

スタートメニューからコントロールパネル⇒「デスクトップのカスタマイズ」画面の
「デスクトップ ガジェット」をクリックします。

初期設定でWindows7に入っているデスクトップガジェットの一覧が表示されますので、
アイコンを右クリックして「追加」を押すとこのようにデスクトップ上に配置されます。

デスクトップガジェット

他のガジェットを追加する時はインターネット上でガジェットを見つけて、
手順に従ってパソコンに保存して同じように配置していきます。

しかし長く使っていて急にデスクトップガジェットが動作を停止してプログラムが破損したり、
Windowsのシステムファイルにトラブルが出てOSに問題が発生したり、
ハードディスクが物理障害で故障する、などのアクシデントでパソコンが壊れてしまうと
せっかく集めて配置したガジェットのデータも失ってしまいます。

なので、後で元通りに復元できるように定期的にコンピューターのシステム設定やデータの
バックアップを外付けHDDなどに取って保存しておく事が大切です。

フルバックアップ機能がある専用のソフトを購入してセットアップすると定期的に外付けHDDや
RAID、NASへの更新差分のデータのバックアップが行えて便利なのですが、それら以外にも
手動でデスクトップガジェットの保管ファイルのみ保存する手順もあります。

デスクトップガジェットを復元するには? の続きを読む

スペックが低いとパソコンの動作が遅い?

お使いのパソコンの製造年月日が大分昔のものであったりメモリやHDDの容量が少なかったり、
CPU、マザーボードの性能が低いと、スペック(specification・仕様)が低いために
最新のマシンに比べて読み込みやマシン起動の動作が遅い場合が多いです。

例えば、パソコンショップに置かれている新品のマシンを少し触らせてもらったり、
インターネットカフェの最近導入されたWindows7搭載のPC
または知人の家や会社に置いてある新しいパソコンを使ってみるとわかりやすいです。

電源の起動からOS画面の立ち上げ、デスクトップの表示までにかかる起動時間の速度が
ずっと速く、ウェブブラウザでのインターネット閲覧やアプリケーションソフトの動作に関しても
はるかに高速で快適に使える、という経験をされた事も多くの人はあるかと思います。

この差は、パソコンおきに搭載されているアプリケーションソフトの数や
ハードディスクにあるデータファイルの使用容量、OSのバージョン、
レジストリの状態、セクタの断片化などによって違ってきます。

ですが、最も読み込みスピードの違いを分けるのはやはり
内蔵されている部品のスペック的な性能の違いが大きいところです。

メモリ

パーツ製品の一例

・GIGABYTE(日本ギガバイト):マザーボード ATX Socket AM3 AMD 880G+SB850 DDR3
  PCI-E PCI S-ATA IDE FDD USB3.0 USB2.0 IEEE1394a GbE GA-880GA-UD3H REV2
・Intel(インテル):CPU Boxed Core i7 i7-870 2.93GHz 8M LGA1156 BX80605I7870
・玄人志向:ATX電源ユニット オール105℃コンデンサ 最大出力500W KRPW-V500W
・BUFFALO(バッファロー):DVD-RAM/±R(1層/2層)/±RW対応 ATAPI用
  内蔵DVDドライブ ブラック DVSM-X22FB-BK
・BUFFALO:ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066)4GB D3N1066-4G/E

例えばマザーボードのメモリの差込口に差し込まれているメモリが
256MB(メガバイト)のもの一枚しかない場合と、4GB(ギガバイト)のメモリが
差し込まれている場合では比べ物にならないほど動作速度に差があります。

またハードディスクドライブの最大容量が100GBのものと1TB(テラバイト)の
ものでは空き容量の圧迫が10倍も違います。

コンピューターでグラフィックや画像を読み込んで開く事が多い場合、
ビデオカード(グラフィックボード)が搭載されていないと、
読み込みが非常に遅く、何度も一時的にフリーズしたりする現象も出てきます。

CPU(中央演算処理装置)も、1GHz(ギガヘルツ)の製品より5GHzの製品の方が
ずっと処理速度のスペックが上で、速く読み込み動作が完了します。

そしてマザーボードも、古い基盤であると上記のように新しい部品に交換してもその各種スペックを
生かしきる事が十分にできず、結果としてあまり変わらない、というケースも考えられます。

スペックが低いとパソコンの動作が遅い? の続きを読む

富士通パソコンのFMVのデータ復旧

富士通(読み:ふじつう・Fujitsu Limited)から開発・販売されているパーソナルコンピューターは主に
FM(FUJITSU MICRO)シリーズ、そして近年のデスクトップパソコン・ノートパソコンのFMVなどがあります。

最近のモデルではデスクトップのESPRIMOシリーズ(エスプリモ)や
ノートPCのLIFEBOOK(ライフブック)など。

富士通では通常のパソコンカスタマーサポートの他に、AzbyClub(アズビィクラブ)という会員サポートで
「技術相談窓口Azbyテクニカルセンター」などのサービスを受けられます。

FMVのパソコンを操作中、誤操作でファイルやフォルダを消去してしまったり、OSが破損して
Windowsが動かなくなるトラブルに見舞われた場合、また急にハードデイスクが
物理的に故障してしまった時など、貴重なデータが読み込めなくなってしまった場合について。

ノートパソコンを落として壊してしまった場合などでは、HDDが無事であれば他の壊れた部品を
新品に交換したり、またはパソコンだけ買い換えてハードディスクを差し替えるかデータをコピーすれば
解決できるのですが、ファイルそのものがバックアップも無くて開けない時は対処方法も違ってきます。

富士通パソコンのFMVのデータ復旧 の続きを読む

パソコンの液晶画面が壊れた時にデータを救出するには?

デスクトップパソコンに接続する「液晶ディスプレイ」
(LCD;Liquid Crystal Display/リキッド・クリスタル・ディスプレー)や、
ノートパソコンをはじめとするコンピューター機器に付いている液晶画面が壊れてしまい、

オペレーティングシステムを起動してもデスクトップやスタート画面が映らなくなり、
ハードディスクやリムーバブルディスクなどの保存データが読み込めなくなった場合について。

液晶画面

モニタのトラブル事例

・床や硬い地面に落として画面が割れてしまった。
・圧迫や強打などの強い衝撃を受けてヒビ割れしてしまった。
・液晶画面に大きな傷が付いて、モニターの一部が見えなくなった。
・システム的なトラブルで画像の表示が出来なくなった。
・バックライトや液晶パネルなどの部品が壊れて正常に映らなくなった。
・真夏の高温による過熱で故障してしまった。

まず、液晶パネル(Liquid crystal panel)という液晶ディスプレイの表示部に故障が発生して画面が
映らなくなると、キーボードやマウス、ボタンを押してもどのように表示されているか見れなくなります。

なので、たとえ電源は付いてシステムに問題がなくても、そのままの状態では
普通に使用するのが難しくなってしまいます。

モニターの表示装置が割れた状態を長時間放置しておくと、液晶パネルや偏光版、ガラス基板、
カラーフィルター、配向膜、導光パネル、バックライト、蛍光管、フレームといった部品の
破損した部位から小さなゴミや湿気、埃、水分などの異物が入って故障が悪化する危険もあります。

あまりそれ以上は無理にモニターを使用されずに、一度ディスプレーの製品、
またはノートパソコンの本体をNECやAppleなど、
製造メーカー先の修理サポートに出してモニタ画面が直るかどうか、見てもらいましょう。

メーカー製品の機種にもよるのですが、私設のパソコン修理サービス店でも
割れた液晶画面の交換による修復作業を行ってもらえる業者も多くあります。

しかし急な故障のためにすぐに中身のデータを救出したい、という場合について、解説していきます。

パソコンの液晶画面が壊れた時にデータを救出するには? の続きを読む

パソコン本体のデータの読み込み速度を快適化するには?

最近でパソコンショップや大手電気店・通販で販売されています新品のPC本体は、
平均的に以前よりもスペック(性能)がずっと高く、数万円くらいかそれ以下あたりの
安い価格のマシンでも、普通のホームエディションとして使う分でしたら、十分に使えます。

ITやハードウェアの業界標準(デ・ファクト・スタンダード)は一年ごとに大きく進展していまして、
今後もコンピューターの大容量化や高速化、多機能化、一般化がどんどん進んでいくことでしょう。

その際、現在自宅や自社内でお使いのパソコン本体が、大量かつ大容量のファイルといった
電子データを頻繁に取り扱う際にどうしても読み込みや書き込みの速度が遅くなりやすいため、
より速くするために快適化するにはどうすればいい?という疑問について。

モデム

まず先に、インターネットでの読み込み速度が遅い、という場合は、
PCの本体と、ネットワーク環境のどちらをより改良するべきかを確認します。

かなり古いIT環境のままだと、どうしてもスピードが遅くなりがちなため、
モデムやモデムや無線LANルーターを新品に買い替える、またはプロバイダサービスの
プランの更新をすると、一気にインターネット回線の速度が速くなることもよくあります。

ここ最近ではインターネットのモデムやサービスも高性能化して、例えば前は8MBだった速度が
今は大幅に向上してサービス変更が行われる、などネットワークの面でも快適化が日々進んでいます。

パーツの選択する基準の一例

「メインメモリ」は現在、1GBで、またHDDが320GB以上のものでしたらそこそこ大丈夫です。
出来ればメモリの合計が4GB~8GB以上あると、なお良いでしょう。

ですがグラフィック関連のソフトウェアを試用される場合は、メモリを16GBかそれ以上に増設、
またグラフィックカードの増設も必要になります。

また、冷却ファンをしばらく確認していなかった時には、ホコリやゴミが溜まっているかどうかを
ケースを空けて確認して、もし異物が詰まっていたら、それらを丁寧に除去すると、
熱がよく排出されるようになって以前の快適さが戻る場合もあります。

パソコンの冷却ファン

スペックの基準として、多少遅い・重いと感じないようにするためには、
一応、パソコン本体を購入される際にも、各部品の仕様も確認してみることをおすすめします。

ハードディスクドライブも1TB~4TBくらいあると、充分に余裕ができます。

CPUとマザーボードは型番や種類おきに複雑な名前ですので、初心者の方でしたら店員の方に
性能の差を詳しく聞いてみて、取り付けの前などにも参考にされてみると良いでしょう。

パソコン本体のデータの読み込み速度を快適化するには? の続きを読む

高電圧の負荷でパソコン本体が故障するのを防ぐには?

デスクトップパソコン本体をシャットダウンかリセットボタンで終了させて電源を切った後、
すぐに電源スイッチを入れ直してしまうと、
HDDのモーターなどの回路に畜電流が残っている状態の時に電源を入れてしまうことになり、
内部の装置に多大な負担がかかって破損やシステムエラーを引き起こしてしまう場合があります。

そのため、一度、再起動やスタンバイ、スリープ以外で電源を切ったら、
なるべく1分くらい待ってから電源ボタンを押し直すようにしてみましょう。

他に、台風や落雷の天候の時にパソコンの電源を差したままにしておくと、
付近に雷が落ちるショックでコンセントから高電圧が流れて電源ユニットやマザーボードを
焼き焦がして故障させてしまい、使い物にならなくしてしまうケースがあります。

また、豪雨でPCに水気が浸入してしまった場合にも電気のショートの心配が出てきます。

また逆に、一時的に電圧が下がる『電圧サグ』(瞬停による沈下)のトラブルで
コンピューターの維持が出来ずにおかしくなることもあります。

とたんに電源が付かなくなって、まったく操作ができなくなったり、
PC内部から焼き焦げたようなにおいや変な音が出始めたらかなり重度の障害が出ています。

高電圧の負荷でパソコン本体が故障するのを防ぐには? の続きを読む

BTOパソコンが壊れた時に修復するには?

大手の電器店で市販されているデスクトップ・ノートブック本体や
自分でパーツを買って組み立てて作るPCとは少し違い部品のオーダー式で注文をして購入する
BTOパソコンを長く使ているうちに壊れた場合、ハード・ディスクを交換する際など、
なるべくお手軽に直せるおすすめな修復の仕方はある?というご質問について。

まず、BTOパソコンのように比較的安価なコンピューター機器を直せる方法としましては、
壊れた部品のみを新しくパーツ販売ショップのコーナーや通販で購入して、
ケースから故障パーツを取り外して交換する手順を覚えていくのが有効です。

特にハードディスクやメモリの入れ替えはそれほど難しくないので、
一般の方も十分お手軽に換装作業ができます。

ノートパソコンやCPU、マザーボードあたりになると難しくなっていくので、
ご自身ではあまりやりたくない、という際には、
パソコン修理センターの方で代行してもらわれることをおすすめします。

ハードディスク自体の破損はほぼ不可能に近いため、重度の物理障害が出ている時は
データを復旧(内部から回収)してもらった後でHDD交換をする方法を推奨します。

BTOパソコンが壊れた時に修復するには? の続きを読む

パソコンのサポートで修理に出す前にデータを復旧するには?

デスクトップ・ノートパソコンをはじめとするコンピューター製品はSONYや東芝、富士通、日立、
hp、Acer、ASUS、Apple、DELL、NECなど、大変多くのメーカー製に分類されています。

またそれぞれ開発されている会社も違いますので機器の構造やパーツ、サービス、
そしてサポートにも違いがあります。

またケーズデンキやコジマ、さくらやなど販売店によっても多少ブランド製によるサービスの
違いもありますので、購入の前に比較してみるのも良いです。

主なPCメーカーには、akia、ASUS、Canon、CASIO、COMPAQ、DELL、EIZO、HP、IBM、
Intel、NEC、SHARP、SONY、アップル、エプソンダイレクト、ゲートウェイ、
セイコーエプソン、ソーテック、ソンチアー・ジャパン、ノーザンライツ、パナソニック、
ヒューレットパッカード、マウスコンピューター、ユニティ・コーポレーション、ツクモ、
沖電気工業、工人舎、高木産業、三菱、三洋電機、松下電器産業、東芝、日本エイサー、
日立、飯山電器、富士通、など、数多くの企業があります。

これらほとんどのメーカー企業では、購入日から1年~5年あたりの間でしたら
保証期間制によるトラブルサポートを受け付けられていますので、
故障が起きてしまった時にはそのまま費用が掛からずに修理をしてもらうことができます。

しかしながら多くのサポートでは壊れたハードディスクの交換のみで、HDD内部に
取り残されたデーターを救出してもらうサービスは実施されていません。

そのため、メーカー保証とは別にデータ復旧専門の業者に注文する必要があります。

パソコンのサポートで修理に出す前にデータを復旧するには? の続きを読む

マウスコンピューターのBTOパソコンのデータを復旧

オーダーメイドパソコンのメーカーの一つ「マウスコンピューター」(MouseComputer)で
指定のパーツを発注して購入したBTOパソコンの本体を日々使用していて、

ある時、何かの原因で故障が起きてWindowsの画面や電源が起動できなくなった場合、
どうすれば中身のデータを復旧できる?という疑問について。

マウスコンピューターのディスク

まず、[mouse computer]のBTOパソコンにも他のメーカー製パソコンと同じく、
「1年間の長期修理保証のサービス」が付きます。
(またはそれ以上の長い期間に延ばす事が出来る延長保証サービス。)

また、製品の到着日から1ヶ月間は「初期不良期間」のサービスが適用されます。

ご自身でパソコンのケースを開けてみる際には先に、保証期間がまだ残っているか確認して、
マウスコンピューターのカスタマーサポートで修理に出すか検討される事をおすすめします。

近年の故障が起こりにくい頑丈なデスクトップパソコンでも、長年の外気への据え置きによる
内部パーツの汚れや埃溜まり、湿気の充満、持ち運びの時の衝撃、傷などで冷却ファンに問題が起きたり、
マザーボードや電源ユニットの動作やシステムに深刻な支障が出てしまう事もあります。

また、ファイルの上書き中にディスクエラーが発生して次回の起動時にファイルシステムが壊れていて
一部のファイルやオペレーティングシステムが正常に読み込めなくなったり、うっかり間違えてファイルを
削除したり増設したハードディスクに誤ってフォーマットを掛けた、といった論理障害が出た場合は、

Windowsに標準で搭載してある回復機能である
「システムの復元」や「ファイル履歴」などを使った復元方法を試してください。

またはパソコン本体が災害などによって強い圧迫や落下、水没、落雷の影響によるショートなどの
物理的な影響で壊れてしまった場合は、個人でできる方法としては修復するのがやや難しくなる事もあります。

データを保存したCドライブのパーティションがあるプライマリハードディスクの本体に
ヘッド吸着やコントローラー、コネクタの破損といった損傷が発生して故障してしまうと、
パソコン本体で正常にウィンドウズが読み込みできなくなる事が多いです。

時々『S.M.A.R.T.』(スマート)の機能の読み取りでハードディスクの問題のチェックや
エラーの修復を行うようにしましょう。

マウスコンピューターのBTOパソコンのデータを復旧 の続きを読む

PC起動中にシャットダウンの強制終了がよく起こる時は?

インターネット(ウェブプラウザ)やアプリケーションの起動中など、パソコン操作の
最中に突然、シャットダウンが起きて電源ごと強制終了してしまう事態が
起きてしまう時にはどうすればよいのか?という疑問について。

SHUTDOWNの発生には様々な原因が考えられるのですが、主にシステム上の
バグや内部パーツにかかる負荷などによって起こります。

パソコン故障の症例

・アプリケーションプログラムの不調やエラー障害。
・インターネット・エクスプローラーで重いページや有害なページを開いた時。
・いくつものソフトウェアやプログラムを同時に起動した時。
・デバイスドライバの故障や破損。
・ハードディスクドライブのクラッシュ障害。
・メモリの容量が足りないために処理能力不足が起きる。
・長時間の起動でCPUに負荷がかかり熱暴走が起きてしまう。
・PCの全体的なスペック不足や寿命による劣化。
・OSのシステム設定のミス。
・うっかりパソコン本体を起動中に動かしたり衝撃を与えてしまった。

シャットダウンした後はすぐに再起動が始まりまた正常に稼動するケースが大半なのですが、
そのかわりに強制終了の前に保存していなかった作成ファイルやデータが失われてしまいます。

メモ帳やフォトショップ、他ユーティリティのプログラムやインターネット上の
html文章は最後に上書きしたところから先は残念ながら消えてしまい、
通常のシステムデータ復元の方法では直せない場合もあります。

(※ホームページビルダーなど、一部のソフトやツールでは自動的に保管されていて
シャットダウン後に復元できるものもあります)

PC起動中にシャットダウンの強制終了がよく起こる時は? の続きを読む

パソコンのメモリの容量不足で起こるエラーを修復するには?

パソコンの内部パーツのひとつ『メモリ』(メモリー)は、稼動中の
プログラムやソフトウェア・テキスト(文書)などのデータを一時的に記憶するための装置です。

ハードディスクドライブとはまた違った役割を持っています。

128MB、256MB、512MB、1GB、2GB、4GB、8GB〜と、データの容量の大きさによって種類があります。

数字が大きいほどより多くの作業、またスペックの大きいプログラムをスムーズに行う事ができます。

しかしながらこの容量が足りない場合はエラーが起きてしまうため、
どうすればこれらの問題を修復できる?という疑問について。

例えば近年のハイスペックかつ大容量なソフトウェアプログラムをインストールする際に、
メモリの容量不足による動作環境の基準未満であるため、稼働が完了できない場合があります。

例えば製品のパッケージや取扱説明書に書かれている必要最低限の動作環境
512MB(メガバイト)であった場合、256MBのメモリーを一枚のみ搭載しているパソコンでは
スペックが足りないためインストールやアプリケーションの進行が正常にできないおそれもあります。

またはセットアップや起動・稼動ができないケースもあります。

パソコンのメモリの容量不足で起こるエラーを修復するには? の続きを読む

パソコンの電源が付かず起動しない時に復旧するには?

昨日まで使っていたパソコンが突然今日、電源を押しても起動せず、ディスプレイ画面に
何も映らない、モーター音がならない、という故障トラブルが起きた時、このままでは
仕事やネットコミュ二ティができない、そんな時にはどうすれば復旧できる?という疑問について。

まずは、慌てて勢いで電源を何度も押したり消したりを繰り返したり、
パーツをマニュアルや知識無しに分解したりを決してしないようにご注意下さい。

OS画面が開かず起動しない程の故障になると、下手に負荷をかけるとかえって
故障が悪化してしまう可能性も高くなってしまいます。

電源が起動しなかったりモーターの音が鳴らない場合、ハードディスクの故障ではなく
他の内部パーツに影響が出ている可能性が高く、修理の作業が難しくなりますが、
いくつかの簡単な作業パターンを試みて復旧できることもあります。

自作パソコンを作成された経験をお持ちの方でしたらある程度の知識があれば
自分でパーツ交換をして修理が可能なのですが、大抵の方には、
電源ユニットやマザーボードなどどの部品が壊れているか、あるいは
接続不良が起きてしまったかの原因を発見するのは難しいかと思います。

また、市販のデスクトップパソコンやノートパソコン本体を分解してしまうとメーカーの保証修理サービス
受けられなくなる事もあるため、本体内部を開いて分解するのはおすすめしません。

起動が出来なければBIOSの初期化・再セットアップもできないため、
まずは以下の状態が起きていないか、目視で確認してみてください。

パソコンの電源が付かず起動しない時に復旧するには? の続きを読む

パソコンが遅い、重い時には不要なプログラムを抹消して修復

購入してからしばらく順調に動かしていたパソコンがだんだん読み込みが
遅くなってきた、開くのに時間がかかるようになり次第に重くなってきた、
というスムーズにいかない状態になってしまった事はありますでしょうか?

パソコン動作が遅くなってしまう現象が起こるのにはHDD内に入った容量が
大きくなってしまうなど、いくつかの理由があります。

・販売ソフトウェアやインターネットからセットアップしたプログラムを
インストールしていくと、フォルダサイズの大きいものでしたら
1プログラムにつき数百MB(メガバイト)もの空き容量を使うこともあります。

3~4年もPCを使っていくといつの間にか半分以上もの空き容量を
埋めてしまったために、ハードディスクが重くなってしまう事があります。

また、アンチウイルスソフトなど常時パソコン全体をチェックして
見回るタイプのプログラムを使うと少なからず読み込みに遅延が出てきます。
(もちろんウイルス対策ツールは必要不可欠なのですが)

他にもあまり長くパソコンを動かしていると次第にパーツの負荷が強くなり、
動作にも支障が出て来るので、時々電源を切って休ませるようにしましょう。

PCの処理速度を速くする方法

アンチウイルスソフトの機能をある程度制限したり、ディスク・クリーンアップや
ディスク・デフラグを定期的に行う事でもパソコン全体が若干スムーズになります。

パソコン内部には膨大な容量のデータ・プログラムが詰まっている分、中にはほとんど、
あるいは全く使わず必要のないファイルが入っており、
それらを見つけて削除していくだけでもずいぶん軽くなっていきます。

またメッセンジャーやFAX機能など、OSに最初から組み込まれているコンポーネートを、
『追加と削除ウィザード』から無効にしていくとHDDの空き領域も確保できて多少軽くなります。

パソコンが遅い、重い時には不要なプログラムを抹消して修復 の続きを読む

中古パソコン本体のデータを復旧するには?

[パソコン](パーソナルコンピューター/personal computer)は現在、
スペックの水準が非常に良く向上しているため、
中古で販売されている製品も、現在の新品に近い高性能なマシンもあります。

筆者も以前にアップル社製のMac OS Xのノートパソコンを中古で購入したり、
部品を中古で購入して付け替えをした事もあります。

また、値段によってはWindows 7や8と買い替えで買取をされたWindowsXPパソコンなど、
少しソフトウェアや一部のパーツを入れ替えれば、新品に近いほど使いこなせるものも多いです。

また値段の低い5万円以下くらいの中古パソコン本体でも最近では、
容量の高いメモリが搭載されていて結構読み込みが速いので、今は大変お買い得なものですね。

しかしながら、中古で購入したパソコンをある程度動かしていて、
もし突然、保存していた必要なファイルを間違えて削除してしまったり、
パーツが故障して内部のデータが開けなくなったら、復旧は可能?という疑問について。

中古PCはデータ復元できる?

パソコン関連の店舗やジャンクショップ、リサイクルショップで購入した
中古(リユース/reuse)のパソコンは、修理をする場合はハードウェアの製品の保証期間が
新品と比べてずっと短い事が多いのですが、延長保証の実施されたサポートもあります。

しかし、故障したPCをカスタマーサポートのパソコン修理センターに預ける際、
多くの場合は規定としてハードディスクのデータを初期化しなければならない事があります。

ですが、即日診断コースや出張修理のサポートが実施された私設のパソコン修理店は、
データの初期化なしですぐに、PCが起動できない問題を解決してもらえる
サポートサービスを実施されている店舗もあります。

中古パソコン本体のデータを復旧するには? の続きを読む

フォルダーに保存したファイルを紛失した時に探して回復

パソコンや外付けHDD、NAS、ネットワーク上のファイルスペースなどでよくある
データ損失の一つで、物理障害とも論理障害ともまた違った、
どこにあるかがわからなくなってしまう「紛失」というトラブルのパターンもあります。

アプリケーションで書き込みして保存したテキストデータ、画像、音楽ファイル、
特殊なプログラムの設定、電子メールの受信メール、他、
パソコンなどの機器の内部では日々さまざまなデータを取り扱っています。

一年も使えば非常に膨大なデータがPCのハードディスクや外付けハードディスク、
SDメモリーカード、USBメモリ、DVD-RWなどのデータ保存媒体に保管されることになります。

最近では数TBのハードディスクを数台を搭載したRAIDやNASなどの
超大型のデータ保存媒体も発売されて、一般的にも汎用されています。

そうなると、次第に普段開かないデータや昔のデータの保存した場所が
どこにあったか忘れていってしまうケースも起こりえます。

そしていざ再び使うときにすべてのお手持ちのハードウェア機器や
インターネット上のクラウドサービスなどを片っ端から見直してファイルを開き直したり、
パソコンの各種設定やフォルダーを検索し直す手間がかかります。

場合によっては見つからない、諦めざるを得ない状況も出てしまうかもしれません。

フォルダーに保存したファイルを紛失した時に探して回復 の続きを読む

初心者の方へお薦めなパソコンの選び方とは?

パソコンの購入と使用は、どんなベテラン・プロ・エキスパートの方でも最初は誰でも初心者。

パソコンを買う時ははじめての機材、高額な値段にやはりはじめは戸惑われたのではないでしょうか?

PC本体

一番最初にPCを購入する場合

パソコンを買うときのちょっとしたアドバイスを下記にて記述しました。

・どのメーカーのパソコンを買えばいいのかよく知らない。
・どれくらいの値段のが一番合っているかチェックが難しい。
・パーツ・サプライの型、性能差がよくわからない。
・どこの店舗がお薦めなのか詳しくない。
・少しでも低予算で購入できないか調べたい。
・保証、修理などのサービス、メンテナンスは大丈夫か確認したい。
・ソフト、ツールはまず何を買えばいいのか案内がほしい。

初心者の方が最初にパソコンを買われるときには、一人で行かずに
なるべく購入経験の豊富な知人の方に付き添ってもらう方が良いです。

一人の場合、最初は大抵、メーカーやスペックなどわからないところだらけなので、
予算や用途に合わせたPC選びに失敗してしまうこともあります。

周りにパソコンに詳しい知人の方に心当たりがなくて個人だけでパソコンを買う場合は、
まずネットやカタログで購入マニュアルをチェックした後に、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、
さくらや、コジマ、石丸電気などの有名で信用・保証万全がモットーの大型店舗や
インターネットの販売コーナーで新型PC・周辺機材を購入されてみるのが最も確実です。

初心者の方へお薦めなパソコンの選び方とは? の続きを読む

パソコンのハードディスク復旧の診断サービスとは?

今まで使っていたパソコン(PC/personal computer)の本体やハードディスクドライブ
(HDD/hard disk drive)が故障して動かなくなり、自分ではどうしても直せなさそうな時は、
やはりハードウェアの修理サポートやデータ復旧のサービスへ持っていくか、
または郵送で送って、専門業者の方に修復してもらうのが最善的な方法です。

IDE方式のHDD

WindowsやMacintoshのオペレーティングシステムの使い方がよくわからずに
ファイルが開けないというだけでしたら、まずは入門者向けの初心者用パソコンである
[エントリーマシン](entry machine)を使用して、ある程度慣れるまで
操作の練習をしていくことと、データの取り扱いにも慣れていけます。

間違えてファイルを消してしまった場合は「ごみ箱フォルダー」から元に戻したり、
「システムの復元」(またはファイル履歴)で削除前のOS状態に巻き戻すことで直せます。

しかしHDDが破損して故障したり、ファイルが完全に消えていたり開かなくなった時には、
やはりプロのデータリカバリー専門業者の方にて復帰をしてもらわれることを推奨します。

ハードウェアーの状態診断

パソコンやハードディスクの修理、データ復旧となるとそれなりの予算がかさむ、
といったイメージがありますし、実際にかかることも多いです。

そこでお気軽に申し込みができる『初期診断サービス』というプランが
データ復旧業者のサポートにて提供されていています。

パソコンのハードディスク復旧の診断サービスとは? の続きを読む

壊れたパソコンのHDDからデータを救出するには?

若年層から年配の方、小学生からお年寄りまで性別、年齢、世代を問わず
今や誰でも使用して世界中で幅広くさまざまな機能を備えて普及したパソコン。

電子メールやエディタ、WEBブラウザなどの数多くのアプリケーションで
様々な電子ファイルを日々取り扱っていく際に、ある時オペレーティングシステムに
深刻な異常が発生してWindowsやMac OS Xが立ち上がらなくなると、そのままでは
内蔵されたハードディスクドライブに保存していたデータが開けなくなってしまいます。

HDDの取り出し作業

また、一方でノートパソコンの持ち運び中などの際に本体が強い衝撃を受けて
液晶モニターやキーボード、電源スイッチ、マザーボードなどのパーツが割れて壊れた場合、
操作が出来なくなったり、水に濡れたり高熱・低熱を受けて故障するトラブルも多いです。

パソコンではその膨大なデータを本体に内蔵されたHDDに保存していくのですが、
その分、パソコンの買い替えによる機体の変更の際には登録データの移動が必要になり、
自分で一つずつ順番にファイルやアプリケーションの移行を行うと結構面倒にもなりがちです。

もし必要なデータを外付けハードディスクやDVD-R、RAID、クラウドサービスなどの
外部ストレージにバックアップする前にパソコンのどこかのパーツが壊れてしまったら、
まずハードディスクが無事であれば、まだ個人でもファイルを救出できる見込みがあります。

壊れたパソコンのHDDからデータを救出するには? の続きを読む

パソコンを廃棄する前に内部ファイルを復元するには?

普段日常的に使っているパソコン本体は、仕事で使う事、調べ物で使う事、
インターネットの閲覧やコンテンツ鑑賞などで使う事、とさまざまで便利な用途があります。

パソコン・コンピュータはどのような使い方をしてもいつかは寿命がきてしまい
最後にはパソコン本体買い替えの際に処分せざるをえない、という事にもなります。

一般的に普通のパソコン本体の寿命は3~7年、長いものだとスペックが
高いものだと10年以上はもつといわれています。

ハードウェア処分をする際には?

ごみとして廃棄、[パソコンリサイクル、中古ショップ、個人運営のパソコン工房]
などの買取サービスに引き取ってもらう方法がありますね。

その時、内部データの回収と削除は安全や情報漏洩防止のため必ず済ませておく必要があります。

HDDやSSDの中身のファイルを復元して、その後は痕跡を残さず専門の機能で
確実に消去してからリサイクルか廃棄をするのがデータ記憶装置の一番正しい処分方法です。

パソコンの復旧が出来た場合でしたら、まずはまたすぐに故障してもらう
トラブルの可能性を考えて、大事なデーターはすぐにバックアップを取っておきましょう。

しかしバックアップがないまま捨ててしまわれるとその中にあったデータは
二度と帰ってこないため、貴重なファイルを復元して次の新しいパソコンに
移し変えるためにも、何とかデータ修復をした方が色々と助かります。

まずは壊れたPC本体のケースを開いて、中にあるハードディスクを取り出してみましょう。

パソコンを廃棄する前に内部ファイルを復元するには? の続きを読む