「ファイルの破損・エラー」のページの案内

『ファイルの破損・エラー』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

破損して読み込めないデータファイル


「ファイルの破損・エラー」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「ファイルの破損・エラー」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

破損したJPEGの画像データのファイルを修復する方法とは?

デジタルカメラやモバイル端末、ノートパソコンなどで撮影した写真データや、
画像編集ソフトなどのアプリケーションソフトウェアで作成したJPEGのファイルが、
画面上で正常に映らずにぼやけていたり、画像の一部に白や黒の面が出ていたり、
砂状に荒れた部分があったり、もしくはファイルが開けない、といった状態になることがあります。

そのような場合には、どういった方法で対象のJPEGの拡張子を修復することができる?という疑問について。

主なデジタルカメラの製品の一例

・Canon(キヤノン):EOS1DSMark IIIの21.1MPデジタル一眼レフカメラ
・Nikon(ニコン):デジタル一眼レフカメラ D4Sボディー D4S
・日立(HITACHI):500万画素デジカメHDC-503X HDC503X
・Leica(ライカ):デジタルカメラ ライカD-LUX6 1010万画素 光学3.8倍ズーム 18461
・Kenko(ケンコー):デュアルモニターデジタルカメラ DSC880DW IPX8相当防水 DSC880DW
・CASIO(カシオ):デジタルカメラ EXILIM EX-ZS27WE 広角26mm 光学6倍ズーム
・Panasonic(パナソニック):デジタルカメラ ルミックス SZ10 光学12倍 DMC-SZ10-W
・SONY(ソニー):デジタルカメラ Cyber-shot RX100M2 光学3.6倍 DSC-RX100M2
・SIGMA (シグマ):デジタルカメラ dp0Quattro FoveonX3 有効画素数2,900万画素
・RICOH(リコー):PENTAX中判デジタル一眼レフカメラ 645Zボディ 約5140万画素 645Z 16602

画素数を少なくすると画像データがぼやけてしまう?

まず、JPGやPNGのファイルの元になった画像データの画面を構成しているドット数が、
少ない解像度(resolution)に設定されていると、その分、画面や印刷での表示がぼやけてしまいます。

そのため、スキャナー(scanner)で画像データとして読み取る際には、
dpi(ドットピッチ)を300~600程度に設定して、取り込みをされてみてください。

また、画像ファイル(graphics file)の画素(pixel)は、一度縮小して解像度を縮めると、
そのまま上書き保存をしたら、不可逆の操作であるため、
サイズを以前と同じ大きさのピクセルの数に戻しても、ぼやけた状態になってしまいます。

なので、そこからデータを元に戻したい時は、すぐに「アンドゥ」の機能で遡って修復を実行してください。

また画像のデータの、隣り同士のピクセルの差分を拡大化して、
ピンぼけした状態の写真やグラフィックといった画像を、ある程度まで鮮明化させて修復する、
アンシャープマスク(Unsharp mask)の処置を行うことで、画像をはっきりとした写りに処理することもできます。

破損したJPEGの画像データのファイルを修復する方法とは? の続きを読む






壊れたファイルを修復するデータ回復の機能とは?

パソコン上でアプリケーションソフトを使ってファイルの拡張子を
作成・編集している時には、こまめに上書き保存することがとても大切です。

しかし上書き保存中にエラーやバグ、もしくはフリーズや強制終了などの
急なトラブルが発生した原因で、稀にファイルが壊れてしまうことがあります。

また、新しいパソコンやハードディスク、SSDへの引っ越しによるデータの移行中や
少し壊れたOSの修復作業といった作業の最中に、
稀にファイルの拡張子が破損してしまうケースもあります。

誤って削除してしまったデータの場合はごみ箱から元に戻したり、
まだ通常見えない領域に残っている痕跡から復元する方法が使えるのですが、
拡張子自体が壊れた場合だと、修復するのに特殊な機能での操作が必要になります。

壊れたファイルを修復するデータ回復の機能とは? の続きを読む






壊れたデータファイルの修復を行う手段の一覧

パソコンをはじめとするコンピューターの操作をしている時に、アプリケーションソフトウェアの画面を開いて
作成・編集していた「拡張子のプログラム」、または「ファイルの内容」が稀に、

「上書き保存の失敗」や「エラーの発生」、「急なシャットダウン」、「機能の不具合」
などの影響を受けた拍子に、破損してしまうことがあります。

壊れたファイルはOSやアプリケーションソフトウェアから展開できずに開けなくなったり、
開いたらファイルの中の複雑なデータが消えていた、というケースも出る事例もあります。

ですがこれらのコンピュータートラブルは、一見すると元に戻すのが難しそうですが
事前に何かの対策手段を設定していればすぐ元通りに修復できることも多いです。

「破損したデータの主な直し方(簡単にできる作業順)」

・bakファイルから開き直す。
・以前のバージョン・セッションから修復する。
・互換性のある別のアプリケーションソフトで開く。
・ツールに搭載されたデータ回復機能を使う。
・Windowsのファイル履歴や、Mac OS XのTimeMachineを使用する。
・拡張子の種類と名前を変えてみる。
・HDDのエラーチェックを実行する。
・別のOSでハードディスクを起動してみる。
・専用のリカバリーのユーティリティーでスキャンする。
・プロのデータ復旧サービス業者に依頼をして、直してもらう。

まずは、壊れて使い物にならなくなってしまった対象の拡張子の「バックアップの分」が
アプリケーションソフトウェアの自動作成機能などでどこかに保管されていないか探してみましょう。

システムではなくハードウェア(HDDそのものなど)が壊れた、という場合には、
プロのデータリカバリーサービスに問い合わせて、検査を受けてみることを推奨します。

壊れたデータファイルの修復を行う手段の一覧 の続きを読む






画像ファイルを多く開くとデータの重さでウィンドウが閉じてしまう?

パソコン上で写真やグラフィックの画像といった容量が重くなりやすいファイルを
PhotoshopやIllustratorをはじめとする画像作成・編集ソフトで開く時や、
インターネットのブラウザでウェブページ作成などのために加工する時には、
あまりたくさんのファイルを一度に開きすぎると、一つのトラブルが起こりやすくなります。

元々サイズや解像度などで容量が大きいpsdやbmpといったファイルの拡張子は
コンピューターのメインメモリの使用量やCPUの処理能力を消費しやすく、
特にレイヤが多い編集中の画像では入力の処理に負担がかかりやすい点があります。

そのため、一度に10枚、20枚、とたくさんのファイルを開きすぎると、
アプリケーションソフトがフリーズしたり、エラーが出て強制的に閉じてしまうこともあります。

パソコンに負担がかかるパターン

・写真を一枚ずつ加工していたら、保存が終わった分を閉じていくのを忘れていて
 いつに間にか20枚くらいの枚数を同時に開いていた。

・数千×数千ピクセルの大型サイズの画像に数十~100枚以上のレイヤを重ねていて、
 一回の動作指示のたびに処理のスピードが遅くなってきた。

・いろいろなアプリケーションソフトを経由してファイルを加工するために
 同時に複数のソフトウェアのウィンドウで別々の画像を開いている。

・インターネット上でアップロードする予定のウェブページを作っている時に、 jpgやgif、png、
 動画ファイルなどが複数枚、簡易プレビュー画面に 常に表示される状態にしたまま編集して、
 キーやマウス入力の度にプレビュー画面が頻繁に更新されて、ページ上で負担が掛かっている。

・Adobe AcrobatやPowerPointなど、画像ファイルを少しでも取り扱う
 アプリケーションソフトで、機能やスペック以上の使い方をしてしまっている。

・動作環境が満たされていないパソコン本体に高性能のアプリケーションソフトを
 インストールして使っている。

特に、パーツの性能があまり高くなく容量も抑え気味の古いパソコン本体の場合は、
次第に動作が重くなってきてウィンドウが突然フリーズしたり、
エラー、強制終了といったトラブルが起きやすいので注意が必要です。

画像ファイルを多く開くとデータの重さでウィンドウが閉じてしまう? の続きを読む

電源やバッテリーが切れてデータを失った時に復旧するには?

コンピューター関連の機材の、電源装置(パワーサプライ/power supply)は、
市街地の停電や電線の断線、電源コンセントからのプラグの誤った引っこ抜き、
また電源ボタンの押し間違えや、強制シャットダウンなどの原因で急に切れたり、
電子機器の電池(バッテリー/battery)が不意になくなって、起動が終了する可能性があります。

または、配線が切れたり間違えて引き延ばしてコネクタから抜けて落ちてしまった場合には、
記録していたデータの方も消える? またファイルが消えた時の復旧の方法はある?という疑問について。

コンピューターのデータの保存の状況によるトラブルの事例

まず、電子上のデータファイルは、電源が切れて電力の供給が急になくなっても、
基本的に消えないものと、消えてしまうものと、2パターンがあります。

大まかに、「名前を付けて保存」しているものや上書き保存をしているもの(自動的な保存を含む)は、
ハードディスクドライブやUSBメモリ、SDカードなどの「二次記憶装置」に書き込んでいれば、
拡張子は消えずにそのまま残ります。

例えばデジタルカメラやデジタルビデオカメラが、使っている途中でバッテリー切れして電源が閉じても、
メモリーカードは「不揮発性メモリー」という、
電池がなくなってもそのままファイルが残るように作られている記憶装置を使っているので、大丈夫です。

後で充電をするか電源コードでつなげて、もう一度 電子機器を起動した時に、
メモリーカードに保存した分のデータは、しっかりと残っていて読み込みができます。

もし電源が急に切れたショックによる影響で、ノートパソコンやRAIDなどが故障してしまい、
読み込みができなくなった時は、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、
中身のハードディスクから大事なファイルを取り出してもらうのが、最も確実な復元方法になります。

電源やバッテリーが切れてデータを失った時に復旧するには? の続きを読む

ファイル名が長いとデータの移動や削除ができない?

パソコンをはじめとするあらゆるコンピューターのシステム上で取り扱う
「ファイル」(File)というデーターは、見る人、PCともに、判別のためすべてに
『名前』を付けるのが必須になります。

名前を付けて保存をする際の失敗の事例

ファイル名は基本的には半角英数字で付けます。また大文字で付けた名前でも
通常での使い方やインターネットへのアップロードなどは問題ありません。

ひらがなやカタカナ、漢字でファイル名を書いて保存することも出来るのですが、
一部のアプリケーションソフトで開けなくなったり、サイトにアップロードが出来なくなる場合もあり、
またOSに重要なファイルの名称を書きき直してしまうとシステムに障害が出る場合もあります。

なので基本としては半角英数字で名前を付けるようにするのが確実です。

しかし、ファイル名を何十文字~百文字以上とやたら長く表記して保存すると、
別のフォルダーや外部のデータ記憶用のディスクに移動する時に

ファイルまたはフォルダーの移動エラー
「~ を移動できません。指定されたファイル名は、無効または長すぎます。
別の名前を指定してください。」

というエラーメッセージが出て失敗する場合があります。

ファイル名が長いとデータの移動や削除ができない? の続きを読む

破損したデータを削除したり予備から復元するには?

パソコンやサーバー、NASといった電子機器で保存したり、作成・上書きをして取り扱う電子上のデータファイル
(拡張子プログラム)は、稀にシステムのエラーや、コンピューター上の動作トラブルなどが原因で
正常にフォルダーに書き込みされずプログラムが破損して、開けなくなって使い物にならなくなることがあります。

その拡張子を開くアプリケーションソフトによっては破損を修復する機能が付いている物もあるのですが、
それを使っても直すことができなかった場合は特別重要で替えが利かないファイルでなければ、壊れた場合は一度削除して、
ファイルを保存し直したり、外付けHDDやRAIDの予備のバックアップデータから引き出す方法があります。

その際、故障している方のファイルの拡張子は、新しくインターネットから保存したり、データのコピーから引き出す分、
または新たに作り直す分と同じ場所のフォルダーにあると上書きがうまくいかなかったり、似たような名前が
二重にあってややこしくなるので別箇所に念のためにコピーか移動をして、フォルダーから消去することがおすすめです。

破損したデータを削除したり予備から復元するには? の続きを読む

「ファイルが壊れています。」のPDFエラーから修復するには?

Adobe Reader(アドビ・リーダー)やAdobe Acrobat(アドビ・アクロバット)のソフトウェアで
PDF(Portable Document Format)の文書ファイルフォーマットを開いて閲覧しようとした時に、 

この文章を開くときにエラーが発生しました。ファイルが壊れています。修復できませんでした。
というエラーメッセージが表示されてしまう場合について。

まず、その時にフォルダーに保存したPDFファイル、もしくはインターネット上に
アップロードされていてそのまま保存をせずに開いた場合で、それとは別の、
すでにマイコンピューターのフォルダーにある
PDF文書か、もしくは別のページのものを一度開いてみてください。

今まで開けていたPDFファイルがエラーもなく無事に開けた場合、
新しくファイルを保存して開こうとしてエラーが発生した方のPDFファイルは、
今パソコンにインストールしているAdobe Reader/Acrobatよりも
新しいバージョンのAdobe Acrobatで作成されたものである可能性が高いです。

「ファイルが壊れています。」のPDFエラーから修復するには? の続きを読む

DLLエラーが起きた時にシステムを修復するには?

DLLとはDynamic Link Library(ダイナミック・リンク・ライブラリー)の略語で、
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のOSにある特殊な機能です。

アプリケーションソフトウェアのプログラムなどを.dllファイルの拡張子に分けて、必要な分だけのDLLを
メモリにロードして使用出来るようにして、メモリの容量を節約するための仕組みです。

このプログラムモジュールはパソコンの使用者は特に何も指示せずに、Windowsの方で自動的に設定されていきます。

しかし稀に、アプリケーションソフトウェアのプログラムが何らかの読み込み不良を起こした時、DLLエラーという
トラブルの事例が起こり、IEの『UNLHA32.DLL COMCTL32.DLL WUAUBOOT』などの
エラーメッセージが表示されて、アプリケーションソフトの実行が出来なくなることがあります。

これを修復するにはエラーを引き起こしているDLLファイルの状態を改善する必要があるのですが、
DLLファイルを単純に削除すると今使えなくなっているソフトや、他の共有している
アプリケーションソフトが使用出来なくなる可能性が高いため、他の方法で直していく必要があります。

最も確実な方法としましては、やはりプロのパソコン修理店やデーリカバリーセンターに
問い合わせて、うっかり削除した、または破損してしまったり読み込みができなくなった
ファイルを救出してもらう方法になります。

DLLエラーが起きた時にシステムを修復するには? の続きを読む

ファイルが壊れる原因とデータを復旧する方法とは?

パソコン上で、ExcelやWord、グラフィックソフトといった様々なアプリケーションソフトウェアを使う際に、
作業中に急にファイルが壊れるトラブルが発生した時には、どういった原因により破損が起きて、
どのようにすれば損失を防げて、また失ったデータを復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

ファイルの拡張子が壊れる主な原因とは?

まず、エクセルやワード、PDFなどで作られたテキストファイルや、
画像、音声、映像、HTMLやPHPなどのデータは、
バイナリーファイルといった様々な形で、アプリケーションソフトウェアの機能で、
独自のファイルフォーマットの拡張子により作成されます。

しかし、ソフトウェア(ツール)でファイルを作成したり、上書きやコピーによる保存を行う際に、
稀にプログラム上の書き込みのエラーが起こり、ファイルの拡張子のプログラムが壊れることがあります。

文字化けや画像の乱れといったエラーは、これが原因で起こる場合が多いです。

たとえば、ファイルの終わりの場所を示す「EOF」(エンド・オブ・ファイル)の表記が、
ファイルのデータシートなどの中で間違った箇所に記されていたり、
表記がされていなかった場合は、正常に動作しない可能性もありますので、見直されてみてください。

また、ヒューマンエラー(人為的な操作ミス)で壊れてしまう場合も多いですので、
予備のデータのバックアップはなるべくこまめに取ることを推奨します。

必要なファイルのバックアップを取り忘れていた場合には、プロのデータ復旧サービスに問い合わせをして、
対象の拡張子があったハードディスクやメモリーカードを出して、検査と復元の作業をしてもらわれることを推奨します。

ファイルが壊れる原因とデータを復旧する方法とは? の続きを読む

PDFファイルが破損した時にデータを修復するには?

PDF(Portable Document Format)のファイルを、新しく作成して保存したものを展開したり、
配布先からパソコンや外付けHDD、NAS、RAIDケースなどに保存したり、
自分でアップロードしたデータを読み込んで開こうとすると たまに、

Adobe readerで~を開けませんでした。ファイルの種類がサポートされていないかまたはファイルが破損している可能性があります。

といった、エラーメッセージの表示が出てしまうこともあります。

この場合には、どうすればデータを修復することができる?という疑問について。

ソフトウェアのエラーやバグで文書が開けなくなる原因とは?

まず、破損や読み込みエラーの原因は、ウェブスペース上のファイルマネージャーに、
FTPソフトなどのファイル・トランスファー・プロトコルの機能でアップロードされた時に、
PDFファイルの拡張子が破損して送信されているケースが、まず一つ。

次に、Adobe Readerで頻繁に行われているアップデートの影響で、
プログラムにバグが出てしまっている可能性などが考えられます。

他にも、コンピューターウイルスの感染や、
文書作成側の編集ミスといった不具合の可能性も考えられます。

個人で作成したPDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)のファイルの拡張子で、
複雑な破損が発生して、バックアップファイルもない、という場合には、
よくわからずに拡張子を書き換えると、かえって余計に壊れるおそれがあります。

そのため、専門のデータ復旧サービスに出して、修復をしてもらう方法が最も安全です。

PDFファイルが破損した時にデータを修復するには? の続きを読む

エラーを修復する時にデータファイルが直らないトラブルからの回復方法

パソコン上でソフトウェアやインターネットエクスプローラーなどの動作中によくいきなり
アプリケーションエラーが起こって、作業中にプログラムが止まってしまうトラブルがあります。

オペレーティングシステムのバージョンが低かったり、メイン・メモリやCPUのスペックや容量が
足りなかったりするとよく中断エラーが起こり、警告バルーンの表示とともに止まってしまいます。

これらは大抵はソフトウェアを一度閉じてからまた開き直すことで再展開されます。

ですが、システムが修復しても、作成中・編集中だったファイルの拡張子やアプリケーションシステムの設定が
更新した分だけ消えてしまったり、運が悪いと丸ごと破損して読み込めない事態もあります。

また、リカバリーツールなども使用してソフトウェア上のエラー修復が成功できても、
ファイルのデータが直らない場合は、それとは違う系統での特殊な直し方をする必要も出てきます。

各種の回復機能で直せる範囲

WindowsのOSの場合で代表的なのは「システムの復元」を起動して
前回時のポイントまでパソコンの時間を巻き戻して復活させる方法です。

ですが、復旧できる更新データの範囲が数日単位だったりとやや大雑把な範疇となり、
タイミングが良くなければエラーが起きたその日その時間帯の分が開かない場合も多いです。

Mac OS Xの場合は「Time Machine」(タイムマシン)を使われてみてください。

それぞれのアプリケーションソフトで何らかの機能の不具合が起きた時は、
一度「プログラムと機能」からアンインストールを行って再度インストールをします。

キーボードやサウンドスピーカー、液晶ペンタブレット、モニターなどの周辺機器が正常に稼働しなくなった時は、
コントロールパネルのデバイスマネージャーで「削除」をして再起動すると回復できることがあります。

また、間違えて設定の変更を行ったために動作に不具合やエラー的なものが生じている場合も
ありますので、プロパティの画面を開いて何か設定が変わっていないか機能の状態を確かめてみてください。

エラーを修復する時にデータファイルが直らないトラブルからの回復方法 の続きを読む

エクスプローラが応答なしと出てファイルが開けない時にデータを復旧

何かのアプリケーションソフトウェアでファイルを開こうとした時に
その内容を読み取ることが出来ずに、エクスプローラ画面に『応答なし』
と文字が出たまま何も動かなくなった場合は、いくつかのパターンがあります。

まず、しばらく待機していると、ファイルが正常に開く場合と、
ある程度時間が経つと読み込みエラーの発生で中止されて動作が終了する場合、
また、時間がいつまでたっても何も応答せずに操作が出来ないトラブルなどがあります。

しばらく待機しても直らない場合

書き込みミスなど何らかの理由でそのファイルが壊れていると、ソフトウェアのプログラムは
読み込みをしようとしばらくは動作するものの最後にはエラーにより中止・強制終了してしまうか、
ずっと止まったままフリーズしてしまいます。

10分くらい待ってもフリーズが直らないようでしたら、一旦エクスプローラ右上の
×ボタンかスタートメニュー右から『閉じる』を使ってソフトを終了させましょう。

一時的にたまたまファイルが開けないこともあるのですが何度試しても読み込みできない場合は、
データ記憶装置への読み書きの時に誤作動が引き起こされてデータが破壊されたか、
使っている各機器のどれかにハードウェア的な破損が起きている可能性が高いです。

インターネット・エクスプローラー(IE)の応答なし表示とは少し違い、
ファイルの読み出しに反応しないこのトラブルは解決もやや難しくなります。

例えば、Windowsフォトギャラリーで撮影した写真画像や
ホームビデオムービーを見ようとしてフォルダーからファイルを開いた時に、

『フォトギャラリーでこの画像またはビデオを開けません。
このファイルは破損しているか壊れています。』

といった不具合が出た場合、USBフラッシュメモリやMO、SDカード、DVD-RWなどの
外付けの保存メディアにデータを書いていたら、ディスクの傷による破損や
製品の寿命という原因の可能性も十分に考えられます。

システム的ではなく物理的な故障が起きたら、多くの場合、一般の個人では
どうしても読み込みができなくなりますので、基本的には専用の機材が揃っている
専門業者のデータ復旧サービスに注文をされてみることを推奨します。

エクスプローラが応答なしと出てファイルが開けない時にデータを復旧 の続きを読む

インストールの失敗で壊れたデータファイルを直すには?

新しくウィンドウズの「コンピューター」(マイコンピューター)のプログラムファイルのフォルダーの内部に、
アプリケーションソフトウェアをCD/DVDドライブからインストールしてセットアップを試みたところ、
途中でパソコンがフリーズしたり強制終了してしまったり、電源が止まった、システム的にセットアップが
完了できなかった、などのトラブルでインストールが失敗してしまった場合のデータ復元の方法について。

こういった際には途中までダウンロードしていたプログラムファイルがハードディスク内に残っていると
オペレーティングシステムの状態や、次回のインストールの際に支障が出てしまうおそれがあります。

やり直しの方法

まず、セットアップに失敗した直後に表示されるアンインストールのプログラムで自動的に
一旦作成されたフォルダごと削除するか、または表示されなかった場合は手動で消去します。

その際、間違って同じ親フォルダーにあるほかのソフトウェアのプログラムや
以前作成したデータまで消されてしまわないようにご注意ください。

また、インストールは何度でも行えますので、一度パソコンを再起動して
メモリやCPUの負担を下げた後にもう一度行われてみましょう。

インストールの失敗で壊れたデータファイルを直すには? の続きを読む

このプログラムは応答していません、のエラーから修復するには?

IEやユーティリティなどアプリケーションソフトウェアの動作中に、
突発的に操作が効かなくなり、ウィンドウが真っ白い画面になって
プログラムの終了』と書かれたエラーメッセージが表示されることがあります。

このプログラムは応答していません。Windows に戻ってプログラムの状態を確認するには、[キャンセル] をクリックしてください。

というテキストが表示され、ここで終了を押すとアプリケーションプログラムのウィンドウは閉じられます。

しかし代わりにそれまで作業していた分のデータが上書き前に消去されて、
一般の個人では後からもう一度開くことができなくなることがあるため、
その際にはプロのデータ復旧サービスにて、消えた個人用ファイルを修復してもらう方法があります。

プログラム終了のエラーが何度も頻繁に発生する場合には
一度、パソコンのスペックやHDDの空き領域などを見直して修復してみましょう。

強制停止の回避方法

動画や音楽、大きな画像をはじめサイズの大きなファイルを取り扱う
アプリケーションソフトウェアの起動中には特によく起きることで、CPUやメモリの負荷により
強制終了してしまうパターンが、ダイアログボックスの
[このプログラムは応答していません]と表示される障害が起きる理由の最も大きな要素です。

2~4GBのメインメモリを導入したり500GB~TBのハードディスクに
交換するなど、PCパーツの基本的性能を上げることで大幅に回避できます。

このプログラムは応答していません、のエラーから修復するには? の続きを読む

アップデート中に中断するとプログラムのデータが壊れやすい?

アプリケーションソフトウェアのアップデート中、またはインストール、セットアップ・、ダウンロード、
OSのアップグレード中など、あらゆるソフトウェア(ユーティリティ・ツール)のプログラムを新しく
書き出ししたり更新をしている際には、基本的に何もせず、システムに任せるようにしましょう。

例えばアップデートに時間がかかったり、急に予定が入ってしまったからと、途中で中断すると、
更新が失敗してしまうばかりか、プログラムの動作に異常を出してしまう可能性が高いです。

アップグレード失敗による破損

アプリケーションソフトの場合は一度アンインストールするか、専用フォルダーを削除して
もう一度インストールしなおすことで大抵は解決できます。

WindowsやmacOS、iOS、Androidなどのオペレーティングシステムの新しいバージョンを購入して
アップグレードを行う際も同様です。

途中でパソコンがフリーズしたり電力の供給が遮断されたりしないように、
なるべく負荷を掛けないように周囲の設備などパソコン環境の準備を整えてから行います。

アップデート中に中断するとプログラムのデータが壊れやすい? の続きを読む

データクラッシュでファイルが壊れて読み込みできない時は?

パソコンに内蔵されたHDDや外付けハードディスクなどのデータ記憶媒体に保存したファイルを
再度、アプリケーション上で開こうとしたら『データが壊れています』または『読み込めません』
といったエラーメッセージが出て、開けなくなることが稀に起こりえます。

これらの障害を『データクラッシュ』(data crash)ともいいます。

ディレクトリやシステム、プログラムファイル1個がまるごと破損している状態を指します。

データが開けない状態のチェック

データドライブのフラグやファイル一つが壊れてしまった時はまず、他の保存している
同じ拡張子のファイルが同じアプリケーションソフトで正常に開けるかどうか、試しに展開してみます。

もし、その補助記憶装置にある他のデータのみが開けない時には、
一度パソコンや外部のデータ記憶装置の電源を切っみます。

USBポートも外してしばらくして電子機器を冷ましてから、もう一度接続して起動します。

そして、再度 読み込みを試してみてください。

管理者の経験としましては、3回に2回くらいは一時的なデバイスの認識エラーで
再起動によってステータスが回復されます。

データクラッシュでファイルが壊れて読み込みできない時は? の続きを読む

壊れたファイルが開かない時にデータ復旧サービスへ注文

記憶装置の内部から一度消えてしまったデータはディレクトリの損壊やウイルス感染・上書きなどで
書き出しの痕跡が抹消されてしまい、ソフトウェアなどを使っても開かない場合があります。

また、ハードディスクのヘッドクラッシュや機材の物理的なショート、焼き焦げなどの
理由で物理的に破損してしまい記憶チップの部品が故障してしまう場合など、
ファイルの復旧の標準機能でも取出しが行えないこともありまして、
個人では残念ながら決して100%の救出が可能というわけではありません。

しかし例外として場合によっては、何らかの方法で消えてしまった全体のうち
一部を元に戻せたり、また見落としがちな保管場所があとで見つかることもあります。

ネットユーザーの方にはインターネット上のファイルマネージャーにはよく自分で作成した
書き込みデータをアップロードや転送により日々送信されている方も多いかと思れわます。

すなわち自宅・自社のパソコン内に入っていたデータがなくなってしまっても、ネットワークドライブや
レンタルサーバー上のファイルマネージャーに残っていたり、RSSリーダー、メールの送受信フォルダ、
クラウドなど、テキスト文章の一部やJPG・GIF・PNG形式などの画像ファイルがまだ保管されていたりと、
結構見落としがちな所にはPC内で消えたファイルがよく含まれていたりします。

専門的で複雑な、壊れたファイルやシステムを修復してもらうには、
プロのPCサポートサービスか、データ復旧サービスに問い合わせて、見てもらわれることが
やはり最も確実です。

壊れたファイルが開かない時にデータ復旧サービスへ注文 の続きを読む

失ったファイルを修復するユーティリティソフトウェアとは?

パソコンを日々使っているうちに『ユーティリティ』という単語を目にしたことがお有りでしょうか?

ユーティリティー [Utility]とは「役に立つもの」「有用性」という意味の
英単語で、パソコン用語では機能を追加するソフトウェアなどのことを指します。

パソコンに内蔵されたハードディスクに保存していたファイルを誤って削除してしまったり、操作のミスでUSBメモリや外付けHDD、SDカードからの
接続中にデータを抹消してしまった場合は、後でファイルを復元することはできる?という疑問について。

そのためには、市販で販売されています『データ復元ソフト』というユーティリティーを使用して、
以前のデータでまだ残留している見込みのある痕跡からサルベージして修復できる可能性があります。

データ復元機能の主な種類

標準搭載型の機能

Windows8、10のパソコンのコントロールパネルに搭載されたアクセサリツールの一つ
『ファイル履歴』や『記憶域プール』のように、標準のバックアップツールとして
付属している機能を外付けHDDや増設したドライブに適用して、バックアップや多重化の保存ができます。

また、パソコンやNASには、「ゴミ箱」という特殊なフォルダーが設定されています。
エクスプローラーやFinderの画面からフォルダーの内部のデータを間違えて消去して失った時は、
このゴミ箱を開くと、基本的にそちらに一度移行しています。

これを元の位置のディレクトリに戻すことで回復ができます。 

失ったファイルを修復するユーティリティソフトウェアとは? の続きを読む

データファイルが壊れた時には入力の操作に注意して修復

パソコンや外付けHDD、RAIDなどのデータ記憶装置にそれまで保管していたファイルやフォルダーが、
突然『ディレクトリが壊れています』などの警告メッセージのバルーンが表示されて開けなくなってしまった時は、
あまりにも急なアクシデントでつい慌ててしまいがちです。

システムのトラブル

パソコンのシステムやプログラムにはどんなに性能や保存性の良いものでも
バグのエラーやファイルの損傷が起こってしまう可能性も決してではありません。

そんな時にはうっかり勢いであちこちのフォルダーやマイ コンピュータ(PC)のデバイスを順番に開いて、どこかに解決策がないか、
または予備の保管データが残っていないか、色々な入力操作をしつつ、データ修復の作業を試してみることになります。

しかし、ここで慌てたまま勢いであちこちのシステムをいじってしまうとファイルの痕跡を間違って
抹消してしまったり、他の正常なプログラムを消したり上書きしたりしてかえって状態を
悪化させてしまうことも多く、逆に取り返しの付かない事態を招いてしまう危険性もあります。

まずは一度冷静に状況を見据えて、どこに問題が発生しているのかを慎重に確認して、
修復の作業を順に行っていく必要があります。

データファイルが壊れた時には入力の操作に注意して修復 の続きを読む

LZHやZIP、RAR、CABなどの圧縮形式ファイルも復元できる?

「圧縮形式」の拡張子である[.lzh、.zip、.rar、.cab、.tar、.gca]といった容量の大きい拡張子、
または多数の大容量ファイルを転送したりインターネットから保存する際に、稀に展開での不具合が起こる場合があります。

たとえば圧縮ファイルを解凍する際に、拡張子が壊れていて開けなかった場合はどうすればよい?
特殊なファイル形式だから復旧させるのは難しい?という疑問についての解説を記述いたします。

拡張子のデータの状態

まず、失った拡張子をバックアップがない状態から元に戻すには、
なるべく早い段階のうちに適切な手順に沿って手早く修復作業を行います。

どこかの外部のウェブサイトやCD/DVDのディスクメディアから入手されていたファイルであれば、
もう一度そこから再度インストールやコピーして復元できるかどうかを試されてみてください。

開発元のページがすでに閉鎖されていた場合は、インストール用のミラーページや
オフライン配布のCD/DVDディスクがまだ別にあるかどうかチェックしてみます。

LZHやZIP、RAR、CABなどの圧縮形式ファイルも復元できる? の続きを読む

コンピューターの内部で壊れたデータファイルの修復ツールとは?

パソコンやハードディスクの内部の貴重なファイル・フォルダーをうっかり消してしまったり、エラーや機材の故障でデーターが破損してしまった時には、自分自身でデータ修復ツールないし付属の回復システムを用いて喪失ファイルの復元を試してみることもできます。

主なバックアップと復元の機能

Windowsにも、「ファイル履歴」や「バックアップと復元(Windows7)」といった、独自のデータのバックアップ機能が備わっています。

またMacのオペレーティングシステムには、TimeMachine(タイムマシン)というバックアップ機能もあり、iCloud(アイクラウド)のクラウドサービスによるデータのバックアップ設定も行うことができます。

『データ修復ツール』と『データ復元ソフト』の違いは、前者は主に搭載システムやダウンロードタイプのツール、後者はインストール・市販のソフトウェアといった所なのですが、機能タイプは基本的によく似た構造で特にこれといった明確な境界線があるわけではないので、類似語のように見ていただければと思います。

HDDの復旧ツールは主にWindowsやMacintoshのOSに標準で使えるアクセサリのプログラムなどを差しますが、xDカードやCFカード、USBメモリ、SDカードといった外付け媒体にも対応できるファイル修復ツールは基本的に、パソコンショップでソフトウェアのパッケージを購入してライセンスを取得し、PCにインストールして復旧ツールを入手します。

コンピューターの内部で壊れたデータファイルの修復ツールとは? の続きを読む

台風や洪水などの災害時での保管データの損失を防ぐには?

災害は、交通機関や農作物の被害・水害・停電・強風などによって、人身被害や経済面などで
非常に多くの悪影響を及ぼします。

そして屋内に設置されて物理的にほぼ安全なパソコンとその内部にも被害が及ぶケースもまたあります。

強風により突発的に起こりうる停電やネットワークの切断、ショートによる
電源装置の破損、窓や隙間からの雨水の浸入による水害などが挙げられます。

台風や洪水などの災害時での保管データの損失を防ぐには? の続きを読む

パソコンでファイルが破損するトラブルからデータを回復するには?

すべてのコンピュータやハードディスクは長く使うほどエラーが起こりやすくなり、
データ復旧または事前のデータ保存が必要となるケースも多々出てきます。

データ損失の予防として具体的にどういったトラブルが起こり始めたら注意が必要か、
そのパソコントラブルの主な事例を挙げてみます。

主なデータ消失アクシデント

・基板チップが焼けている。
・突然システムが落ちた。
・停電などにより電源が落ちた。
・電源が付かない。
・ファイルを誤って削除、フォーマットしてしまった。
・ウイルス感染、ハッキングを受けて操作できなくなった。
・パーティション(区画)を開放してしまった。
・HDDを増設したら認識されなくなった。
・熱、水害などでパソコン本体が破損した。
・外部からの衝撃でクラッシュしてしまった。
・水害で水に浸かって動かない。
・カチカチと異様な音が出る。
・焦げ臭い、などの異臭がする。
・Windowsが一時的に開けない。
・ドライブが認識されてない。
・モーターが回っていない。

パソコンのアクシデントに遭遇した場合、後にパソコンのOSが自然に回復しても
まだ注意が必要で、万全のためすみやかに外付けハードディスクやDVD-Rなどの
データ記憶装置にファイルをコピーしてバックアップを実行されることをおすすめします。

パソコンでファイルが破損するトラブルからデータを回復するには? の続きを読む

不調なデータファイルの回復が可能な状態とは?

誤った操作で消してしまったファイルや壊れた補助記憶装置からデータを救出してもらえるプロの
「データ復旧サービス業者」では、パソコン本体に搭載されたハードディスクやSSDなどのパーツをはじめ、
外部から接続するUSBメモリやデジタルカメラのSDカード、外付けハードディスク、RAID、
NAS、CD-RW、DVD-RW、MOなど、あらゆる記憶媒体でのリカバリーに対応してもらえます。

しかしながら壊れた補助記憶装置の機材やディスク、メモリチップの破損した状態によっては
常に確実にデータ復旧ができるとも限らないケースも存在します。

機器の破損の事例とデータの回収

フラッシュメモリの記憶チップの部分がショートなどで焼き焦げたり、強い衝撃によって潰れたりして
完全に読み込めなくなった場合にはリカバリーが物理的に不可能というケースもありめます。

ですが、内部のデータ記憶装置自体が無事であれば復旧できる見込みがあります。

必ずしもファイルのレスキューが可能というわけではないのですが、それでもやはり
データ復旧サービスは高い確率で破損データの修復ができる心強いサポートです。

不調なデータファイルの回復が可能な状態とは? の続きを読む

エラーで破損したデータファイルを修復するには?

長くパソコンに親しんできたユーザーならどなたにでも一度以上は遭遇してしまう、
思わぬアクシデントによるデータの損失に遭われてしまった経験が多くの方にはお有りであることでしょう。

そしてデータの損失はPCに限らず、外付けハードディスクやRAID、NA、SDカードなど、
データを保存する機器すべてに起こりうる可能性があります。

もちろん常日頃からこまめにデータを外付けハードディスクやRAID、NASといった
他のデータ記憶装置にバックアップして保管しておくことが一番安全で確実な復旧の方法です。

しかし、突然の予期せぬパソコンのアプリケーションエラーや急な強制シャットダウン、停電などの
事故の影響でシステムやファイルが破損してしまう、という事態が起こってしまうケースがあります。

そんな時には、どうすれば破損したデータを修復することができる?という疑問について。

バックアップデータを探してみる

まず、上記の通り、バックアップデータがどこかに保管されていないか、一通り確認します。

例えばジャストシステム社製の「ホームページビルダー」で作成した
「.html」のウェブページ用のファイルが壊れて開けなくなった時は、

名前を付けて保存をした時に一緒に作成されている、[.bak]という拡張子の
BAKファイルを、エクスプローラーなどの画面の同じフォルダーで探してみます。

この拡張子を選択して、右クリックでファイル名を変更して[.html]に
拡張子を変えると、破損する前の同じファイルに変更できます。

テキスト関連のデータが文字化けなどを引き起こしてしまっている場合は、ファイル変換ソフトで
バイナリエディタを別の文字コードに変更してみると、正常な文章に直せる見込みがあります。

エラーで破損したデータファイルを修復するには? の続きを読む

ソフトウェアのライセンス認証を破棄してアンインストール

パソコンでは、古いマシンから新しいパソコン本体へ買い換えたり、
新しいハードディスクやSSDに交換してオペレーティングシステムを
コピーやインストールのし直しで、入れ直す機会もよくあります。

その時に以前のOSにインストールしていた有償のアプリケーションソフトを別のドライブでも
引き続き使う場合、「ライセンス認証」について注意しなければならない点があります。

コンピューターにインストールして使う有償のユーティリティ製品は
基本的に一つの製品・アカウントにつき、一台のパソコンのみ、
または2台~3台まで
、と、制限付きでの使用が許可されています。

そのため、パソコンを買い換えたり一時記憶装置を交換してオペレーティングシステムや
ハードウェアを入れ替えた時に、使用できるパソコンの制限をよくオーバーしてしまいやすいです。

ライセンスの使用制限を確認する認証プログラムのところで使えるパソコンの台数を
超過しているためにそのPCでは使えない、というケースもたまに起こります。

そんな時、どうすれば以前のライセンスの認証を解除して
新しいコンピューターでソフトウェアを使える?という疑問について。

まず、トレンドマイクロ・ウイルスバスターなどのアンチウイルスソフトウェアは
2つ~3つのパソコンでライセンスを共有して使える製品が多いですne

そのため、まだ一台のみしか使っていない場合はまだ一、二台のパソコンに
同じウイルス対策ソフトをCD/DVDディスクからインストールしてもセットアップ自体は大丈夫です。

ですが4台目以降くらいになると、以前のパソコンのライセンス認証を解除して
かわりに新しいPCのライセンス登録を行う必要があります。

この作業はインターネットを接続していれば、古いPC本体の電源を入れてそちらでわざわざ
アンインストールしてライセンス破棄の転送を行わなずとも、新しいPCから直接操作できる物も多いです。

ですが、プログラムの仕様や何かのエラー、アクセス制限などの理由で
もしも別のパソコンからライセンス認証のコントロールができない場合は、
以前のコンピューターのOSをもう一度開いて、そこから操作してみてください。

ソフトウェアのライセンス認証を破棄してアンインストール の続きを読む

OSのアップデートの更新速度が遅い時に速くするには?

パソコンやモバイル端末に購入時の段階ですでにインストールされている
「オペレーティングシステム」(Operating Syetem)は、
日々使用している間に定期的にインターネットに接続して、
開発元から提供される新しいプログラムを自動更新し、最適化を施す必要があります。

機能のバージョンアップを行うとセキュリティが強化されたり、より効率的で使いやすい
システムやアプリケーションソフトを新しくコンピューターに追加していくことができるようになります。

[Windows、Mac OS X、Linux、iOS、Android]など
コンピューターによって様々なオペレーティングシステムが使われます。

そして、開発元から一定期間おきに各種のサービスパックやアップデートプログラム、
または上位互換の「アップグレード版」などをインストールしていきます。

ですがOSの更新にはシステム全体の書き換えや一部のアプリケーションソフトウェアの変更、
これまでのデータ分のバックアップなどの作業が同時に行われるため、
数十分~数時間ほど更新に時間がかかります。

時には何時間か経ってもアップデート進行中の画面ゲージが100%になかなか届かず、
ある場所でずっと止まったままでフリーズして、
結局アップデートが完了できず中断してしまうことも少なくありません。

そんな時には何が原因で、どう対処すればOSの更新が
途中で遅くなったり止まったりせずにスムーズにできる?という疑問について。

まず基本として、接続しているインターネット回線の速度を見直してください。

CAケーブルや光ファイバーなど優先のLANケーブルとモデムを使って高速で接続できる
プロバイダのサービスなら、そうそう保存までの時間が遅くなることもありません。

ですがWi-Fiを通じた無線LANとルーターを使って
ワイヤレスでネットワークに繋げている場合だと速度が有線より遅いことがあります。

もし、よりスピードの速い回線をお持ちなら、
そちらから繋げてアップデートやアップグレードをやり直してみてください。

次に、ハードディスクや内蔵フラッシュメモリの使用領域と空き領域を
プロパティの画面で確認してください。

データの保存量が膨大になっていると、例えばiPhoneやiPadなどで使われる
iOSをiTunesから最新のバージョンにアップグレードした時に、
一緒にパソコンのフォルダー上にバックアップが行われて、その分時間がかかります。

何十GBもデータが残っていてバックアップが遅くなってしまう場合は、
先にこのファイルを手動でコピー&ペースト出保存しておき、
本体のフォルダーから削除してから、改めてOSの更新作業に取りかかってください。

OSのアップデートの更新速度が遅い時に速くするには? の続きを読む

Windowsを軽量化して読み込み速度を復旧するには?

マイクロソフト社より提供されているオペレーティングシステム
「Windows」(ウィンドウズ)は、世界中で多くのユーザーに愛用されています。

今現在では「Windows8、Windows8.1、Windows10」と、新しいバージョンのOSが登場し、
またパソコンのメモリやハードディスクの容量の拡大化、CPUやマザーボード、拡張機能カードの
性能の向上で、それらで取り扱うアプリケーションソフトも日々性能が上がってきています。

そのため、近年登場してきているユーティリティーを使用するためにある程度の高い性能の
PC本体が推奨される動作環境である場合も多く、Windows XPやWindows 2000が登場した当時の
やや古いパソコンの状態のままでは十分な速度で使用できないケースもよくあります。

パーツの換装と増設

最近のパソコンの環境でWindowsを快適に動かしていくために、
パーツの高性能化や容量の拡大化、そして軽量化を施していくのがおすすめです。

まず、近年の性能のPC本体でWindowsを使いたい、という場合は、
ハードディスクが1TB以上あってメモリ容量も4GB以上あるくらいのスペックの本体を
新しく購入する際に、BTOパソコンショップやPC修理センターなどのサービスで
WindowsのOSをセットアップしてもらう方法があります。

またはWindows 10か8、macOSやUbuntuとのデュアルで使う手段もあります。

WindowsOSブートマネージャの画面やBootCampコントロールパネルで
2種類のOSをマルチブートとしていつでも切り替えて使っていくこともできます。

Windowsを軽量化して読み込み速度を復旧するには? の続きを読む

OSの再インストール後にパソコンが変になった時に修復するには?

Windows(ウィンドウズ)などのオペレーティングシステムは、一年以上パソコンを使い続けて
様々なアプリケーションソフトウェアをインストールしていくうちに、レジストリの肥大化や
ディスクの断片化、その他システム上の不具合が次第に蓄積されていきます。

そしてだんだん読み込みの速度が遅くなったり、フリーズして止まる場合、
時にはOSが開けなくなる深刻なエラーのトラブルが起きる事さえあります。

そんな時には一度必要なすべてのデータをバックアップした後に、
Windows起動ディスクやリカバリーCDを用いてOSのクリーンインストールを
行って、システムを回復させることで、元の正常な状態に修復できます。

OSの再インストールは上書きインストール再セットアップを行って
丸ごと初期化(フォーマット)したかによって作業後の対処も
異なるのですが、それまでにインストールしたソフトウェアの一部、
または全部がCドライブの中から消えている状態から始まります。

そのため、PCを購入してから自分でセットアップした専用ソフトウェアだけでなく、
購入前にメーカーの方でインストールして設定されていたソフトウェアまでもが削除されてしまいます。

最初にパソコンを動かした時の状態とはどこかが違っていて、一部の機能が
使えなくなって困ってしまう、というアクシデントが起こる場合があります。

そんな時にはまず、コントロールパネルにある『プログラムの追加と削除』や
『デバイスマネージャ』表示、またはマイコンピューターの『Program Files』の
フォルダーを見て、何かのソフトウェアが消えていないか確認してみましょう。

例えば液晶モニターの解像度のサイズが合わなかったり、グラフィックの読み込みが
前より遅い場合は、以前に設定されていたドライバが、リカバリーによる
初期化の影響でなくなって出荷時よりも変になった、という可能性が高いです。

OSの再インストール後にパソコンが変になった時に修復するには? の続きを読む

レジストリエラーを修復するには?

レジストリ[registry]とは記録・登録という語源の意味で、パソコン上では主に
Windowsのデータ構造のことを指します。

Windows95のバージョンからソフトウェアの設定に使われるようになり、
OSを動かすための重要な保存場所となっています。

そのため、長い間パソコンを使っていてアプリケーションソフトが数多くインストールされていくと、
このレジストリに書き込まれた容量は少しずつ肥大化していって、
いつかはシステムの動作が遅くなったりエラーや不具合を起こしやすくなっていきます。

PCにフリーズや動作遅延などのシステム的な障害がよく発生するようになったら
レジストリエラーが出ている場合も多いため、それらを修復することで直せる可能性が高いです。

レジストリエディタ[REGEGIT.EXE]を用いて自分で編集することも可能なのですが、
レジストリはもしも編集中にヒューマンエラーの原因で破損すると、
OSが壊れてソフトウェアやWindowsがまともに機能しなくなる危険も高いため、
基本的に専用のソフトウェアを使うか、専門の修理センターで行ってもらいましょう。

レジストリエラーを修復するには? の続きを読む

パソコンの処理速度を上げて軽くして修復するには?

お使いのパソコンのスピードがいつも遅く、頻繁にフリーズや動作遅延が発生していたり、
時々急にキーボードやマウス指示の動きが鈍くなってアプリケーションソフトウェアの画面が
重くなって使い心地が悪くなっている理由には、主に以下のような一例があります。

PCの動作処理能力が遅い原因

・CPU(中央演算処理装置)の型番が古いもので、性能が低いため。
・メモリユニットに挿入しているメインメモリ1個または2個の容量が低い。
・ハードディスクドライブの最大容量が少ない。
・CPUクーラーや電源ユニット冷却ファンの排熱が十分足りていない。
・OSのフォルダ内にアプリケーションソフトウェアを多く入れすぎている。
・常駐稼動型のソフトウェアツールをいくつも同時に起動させている。
・低スペックのパソコン本体にWindows7など最新のOSをインストールしている。
・ビデオカードやサウンドカードといった補助デバイスを取り付けていない。
・長い事使用していてセクタの断片化や不要ファイルの蓄積が出始めている。
・インターネット回線の接続速度が遅いタイプの料金コースに設定されている。
・USBポートにリムーバブルディスクを常に多数接続して認識させている。

デスクトップ型、ノート型、スマートフォン、レコーダー、サーバーなど、
コンピューター機器には今現在様々なタイプの製品が出ています。

しかし処理速度の面では基本的にどれも、パーツの性能と空き容量の要素が大きな割合を占めていまして、
まずはスペックの低い場所を改善することで快適化を施し、パソコン動作を軽くすることができるようになります。

パソコンの処理速度を上げて軽くして修復するには? の続きを読む

アプリケーションソフトのセットアップが中断された時に修復するには?

パソコン/コンピューターに新しくアプリケーションソフトウェアのCD/DVDディスクをドライブに
挿入したり、インターネットからプログラムを保存してインストールを行って、
セットアップ【Setup】の手順を行うことで、通常はソフトウェアの導入が完了できます。

しかし、必要な条件が整わずにインストールが上手くいかない場合もあります。

セットアップ作業の失敗の事例

・ハードディスクドライブの空き領域が不足してプログラムが入りきらない。

・別途に必要な対応プログラムがインストールされていない。

・インストールガイドやUSB接続などの手順を間違えてしまった。

・パソコンの動作環境や対応されているOSの状態が満たされていない。

・CPUやメモリでの処理能力が追いつかず失敗してしまった。

アプリケーションソフトのセットアップが中断された時に修復するには? の続きを読む

コンピュータに問題を起こす可能性があります。とは?

インターネット上やソフトウェアのCD/DVDディスクから新しく何かのファイルやプログラムツールを
Windowsパソコンのコンピューター上に保存しようとした時に、

『ファイルによってはコンピュータに問題を起こす可能性があります。~』
『開く』『保存』『キャンセル』『詳細情報』 という警告メッセージが書かれた
ダイアログボックスのウィンドウが実行の直前に表示されることがあります。

このメッセージは、保存するプログラムファイルによってはスパイウェアやマクロウイルス、
トロイの木馬などの悪質なコードが含まれている可能性をコンピューターが感知して、
もしもの時を考えて警告を促すシステムのものです。

特に問題のない場合が大半なのですが、万が一中にワーム型ウイルスなどが含まれていたり、
他にコンピューターに何らかの問題を引き起こす可能性を考えて、
インストールするソフトウェアやハードディスクに保管する予定のデータは
安全な類のものであるか、確認を行って判断した方が無難です。

コンピュータに問題を起こす可能性があります。とは? の続きを読む

Windowsコンポーネントの追加と削除でHDを軽量化するには?

パソコンのハードディスクドライブの現在の容量の割合を見るには、
Windowスタートメニューのマイコンピュータ⇒ローカルディスク(C)の
アイコンを⇒クリックしていつでもチェックすることができます。

しかしここで使用領域の割合が大きく占めていた場合、なるべく軽量化をしないと
PC全体の処理スピードが落ち込んだり、
書き込みエラーなどのコンピュータートラブルも起こりやすくなります。

Windowsコンポーネントウィザードからの操作

Windowsには標準で搭載されているツールも数多くあるのですが、これらもハードディスクドライブの
容量をそこそこ使っていますので、今までにまったく使用していないツールを
『Windowsコンポーネントウィザード』の画面を開いて削除してで少しでも軽くしていくことが出来ます。

まず、手順はスタートボタンからコントロールパネルの項目を押し、
『プログラムの追加と削除』のアイコンをクリックして展開します。

次に画面の左側メニューに「Windowsコンポーネントの追加と削除(A)」という
項目がありますので、ボタンを押してWindowsコンポーネントウィザードを開きます。

コンポーネントには、FAXサービス、Internet Explorer、MSN Explorer、Outlook、
Windows Media Player、Windows Messenger、アクセサリとユーティリティ、
インデックスサービス、そのほかのネットワークファイルと印刷サービス、
ネットワークサービス、ルート証明書の更新管理とモニタツール、などがあります。

このように、ウィンドウズでおなじみの様々なツールの一覧が表示されます。

Windowsコンポーネントの追加と削除でHDを軽量化するには? の続きを読む

ソフトウェアをインストールしてエラーが出た時に修復するには?

ソフトウェアのプログラム、またはインターネットからデータ保存をしたツールを
インストールしたあとで、エラーが発生した場合の原因と修復の方法は?という疑問について。

まず、ソフトウェアのパッケージや取扱説明書、マニュアルファイルに
記載されている動作環境の項目はご確認済みでしょうか?

最新のユーティリティーの場合、メモリやCPUの性能・容量が不足していると
正常に起動やインストールが正常にできなかったり、動作の問題が発生する場合があります。

またソフトウェアによってはグラフィックカード(ビデオカード)などの増設したパーツや
「Mircosoft NET Framework」(マイクロソフト・ネット・フレームワーク)などの機能が
起動と修復に必要な場合があります。

他に考えられる主な原因として、以下のトラブルの状態が挙げられます。

・HDDの空き領域が足りずにローカルディスク内でのインストールができない。

・共有パソコンなどでのユーザーアカウントが制限付きアカウントに設定されている。

・一度アンインストールした後でフォルダーや前のプログラムが残ってしまっているために正常に再インストールができない。

マイ コンピューターのシステムに問題が発生している。

・アプリケーションソフトウェアにバグが生じている。(初期バージョンによくある原因)

・インストールや周辺機器接続のマニュアル手順を間違えてしまった。

ソフトウェアをインストールしてエラーが出た時に修復するには? の続きを読む

パソコン高速化ソフトウェアで快適に使用できる?

日々パソコンを稼動させるたびにいつもWindowsのOSの画面の起動時間や
インターネット・エクスプローラーを開くのが遅いトラブルや
アプリケーションソフトウェアを稼動させていると動作が非常に重くなる場合。

またウイルスバスターなどの大容量プログラムやツールをインストールを実行した後でPCが
重くなってしまいスムーズに作業ができなくなってきた、ということは大変多いものです。

そんな悩みを解消するための解決手段の一つとして、パソコン快適化ツールの
インストールというPC高速化の方法があることをご存知でしょうか?

Windowsには最初から標準搭載で『ディスククリーンアップ』や『ディスクデフラグ』
といったいくつかのソフトウェアも付いているのですが、
快適化ソフトを使うことでさらにPC全体を軽くする修理を行うことができます。

パソコン高速化ソフトウェアで快適に使用できる? の続きを読む

WindowsのOSの動作速度を軽くするには?

Windows Vista・XPなどMicrosoft Windows/OSのパソコンがだんだん重くなってしまった、
動作が遅くなってしまった、そんな時はどうすれば今より軽くできる?
という疑問について、すぐに実行できる、アクセサリツールを使う作業方法を紹介いたします。

まずはWindowsに標準で搭載されている「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」
→「アクセサリ」→「システムツール」とカーソルを進めた一覧にある項目が役立ちます。

まずは「システム情報」でOSに関する各情報:「仮想メモリ」の合計数、
利用可能なメモリ、ページファイルの残りの空き容量(GB)などを一覧で
一通りチェックできるので、時々OSの状態を確認されてみると良いです。

ある程度の期間パソコンを使っていると保管されたデータファイルやプログラムが
だんだん増えてきて中にはゴミ箱内の削除予定のファイルなど、不要なデータも多くなってきます。

これらを削除したり普段使わないプログラムを圧縮することでパソコン動作が若干
スムーズになりまして、この一括で行える「ディスク クリーンアップ」と
ディスク デフラグ」がシステムツール(アクセサリツール)に含まれています。

WindowsのOSの動作速度を軽くするには? の続きを読む