「ビデオカメラ動画の回復」のページの案内

『ビデオカメラ動画の回復』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

デジタルビデオカメラ


「ビデオカメラ動画の回復」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「ビデオカメラ動画の回復」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

ビデオエディターで編集した動画データを復元するには?

MicrosoftのWindows(マイクロソフトのウィンドウズ)のオペレーティングシステムに標準で搭載された、
「フォト」のアプリケーションソフトに含まれている、動画編集ツールの「ビデオエディター」を使って、
ムービーのデータをカスタマイズして作成したファイルを、間違った削除の操作で失ってしまったり、
破損してしまったため元に戻す際には、どうすればデータを復元することができる?という疑問について。

元の動画データを補助記憶装置から読み込みし直す

まず、Windows11や10でビデオエディター(Video editor)から編集をしている状態の映像のデータは、
基本的に元となった動画のファイルが、そちらとは別にどこかの補助記憶装置などに保存されています。

最初に、「追加」の項目にある「このPCから」「コレクションから」「Webから」の選択で、
どの場所から以前の映像のファイルを加えたかを、思い出されてみてください。

多くの場合は、Eドライブや外付けHDDのフォルダーに保存されたデータから引き出したものになります。

ですが、同期接続をしたスマートフォンやタブレット端末、デジタルビデオカメラや、
インターネット上から読み込みしたデータの場合は、少し読み込みをし直すのが大変になる場合もあります。

もし、元の動画ファイル自体にも何か破損などのが出ていて正常に開けない状態になっていた時は、
専用のツールを使うか、または専門の復元のサービスでデータを修復してもらう必要が出てきます。

ビデオエディターで編集した動画データを復元するには? の続きを読む






Adobe Premiereで編集した動画データを修復するには?

アメリカ合衆国のアドビ社(Adobe Inc.)から販売・サービスの提供がされています、
Adobe Premiere(アドビ・プレミア)のソフトウェアを使って編集した映像動画のデータが、
ある時に操作を間違えて一部が書き変わってしまったりファイルが消えた時には、
どのようにすれば修復をすることができる?という疑問について。

取り消しの機能で動画データの状態を元に戻す

まず基本的な操作としまして、Adobe Premiere Pro(アドビ・プレミア・プロ)といった動画編集ソフトにも、
ほかのツールと同じく誤った操作をした時のための、取り消し(アンドゥ)の機能が搭載されています。

プロジェクトを開いている時に、切り出しや補正などでの間違った編集の入力をした際に、
「編集」のタブにある「取り消し」(undo)を選択するか、「Ctrlキー+Zキー」を入力することで、
動画データの操作が一段階前の状態に戻ります。

二回以上前の段階に戻す時は、「取り消し」のアクションを繰り返してデータの修復を実行します。

また一回戻してから編集タブの「やり直し」を指示することで、同じ操作を進めることもできます。

プロジェクトのウィンドウを一度閉じると、パソコンのメモリに保存された一時データが消えて、
もう一度同じファイルを開き直しても、「取り消し」がリセットされて効かなくなるのでご注意ください。

またAdobe Premiereをインストールしたパソコンのメモリの容量やCPU、グラフィックボードなどの性能が低いと、
元に戻せる回数の限度が低くなったり、作業の途中でエラーやフリーズが起こりやすくなります。

マシンの推奨環境が満たない時や、または動作環境での余裕を持たせたい時には、
高い容量のメモリなどの部品に交換、または増設をするか、パソコン修理サービスセンターにて、
パーツの換装やPC本体の整備、重大なシステムエラーからの修復の作業を行ってもらうことができます。

Adobe Premiereで編集した動画データを修復するには? の続きを読む






ビデオカメラが故障した時にデータを取り出しするには?

ビデオ動画を撮影する電子機器である、デジタルビデオカメラ(Digital Video Camera)を日々お使いの際に、
強い衝撃や水濡れ、水没、高熱、低温、経年劣化、パーツの破損といった原因で故障してしまった場合、
まだ中に入っている録画した映像データのバックアップをしていなかったため、
後で取り出しをするにはどうすればいい?という際の、ファイルのサルベージを実行する方法について。

デジタルビデオカメラの本体が壊れた時の対処法は?

※こちらのページでは、市販のデジタルビデオカメラが壊れた場合の対処法について解説をいたします。

まず、撮影した映像データをファイルの拡張子にして保存する補助記憶媒体が、
SDカードやコンパクトフラッシュをはじめとする、メモリーカードの場合であれば、
ビデオカメラの本体が壊れていても、まだメモリーカードは無傷でデータも無事である可能性が高いです。

例えばビデオカメラ、またはスマートフォンやガラケーの携帯電話、タブレット端末を、
もし水濡れ、水没させてしまい故障した場合でも、蓋をしっかりと閉じていれば、
多くの場合メモリーカードのところにまでは、すぐにはほぼ浸水はしていません。

早めに水の中から取り出していれば、SDメモリーカードは濡れていないか、
少し水分が付着しても、すぐに拭き取れば乾きます。

ビデオカメラの中のメモリーカードまでが濡れた場合は、早めに拭いてから念のため、
少し時間をおいて乾かしてから、パソコンで読み込んでみてください。

(乾かす時間が長すぎると回路が錆び付いてしまうおそれがあるので、ほどほどの間隔で。)

ですが、デジタルビデオカメラの電源を入れて稼働している状態で水濡れ・水没した場合は、
ショートして本体と一緒にSDカードや内蔵のメモリー、小型ハードディスクも故障するおそれがあります。

また、もし長時間放置していて錆びてしまったり腐食して壊れていた場合には、
プロのデータ救出サービスで、動画ファイルの取り出しによる復旧を行ってもらわれることを推奨します。

ビデオカメラが故障した時にデータを取り出しするには? の続きを読む






動画ファイルを間違って削除した後でデータを復元するには?

パソコンのムービー編集ソフトで作成して保存した拡張子を、間違えて消去してしまったり、
デジタルビデオカメラやモバイル端末のカメラ機能などの機器で撮影した映像を収めた、
動画(movie・video)のデータを、誤って削除してしまった場合には、
普通の画像ファイルと同様に、後から復元することはできる?という疑問について。

間違って削除した動画ファイルをゴミ箱から元に戻すには?

まず、動画ファイルを保存している場所がパソコンのCドライブやDドライブの内部であれば、
例えばエクスプローラーの画面上で誤ってデータを消去した時には、「ゴミ箱」のフォルダーに移動されています。

デスクトップからゴミ箱を開いて、間違えて削除した動画ファイルが移行されていれば、
右クリック→「元に戻す」で、以前のフォルダーの位置に復旧することができます。

また、macOSのデスクトップパソコンやノートパソコンのFinderから、間違えて削除した場合は、
SDカードやUSBメモリなどの外部のデータ記憶装置に保管されたデータも、ゴミ箱に表示されます。

ですが、すでにゴミ箱を空にしていて、また間違って動画ファイルを消去をしてから時間が経っていたら、
ひとまずは、なるべくパソコンを動かさないようにして、
専門事業のデータリカバリーサービスに問い合わせて、復旧をしてもらわれることを推奨します。

動画ファイルを間違って削除した後でデータを復元するには? の続きを読む






Windows Liveムービーメーカーの動画のデータファイルを復元

Microsoft社より提供されている、『Windows Live』のサービスの一つである、
Windows Live Movie Marker」(ウィンドウズ・ライブ・ムービーメーカー)を使って、
パソコン上で編集・加工していた動画や写真画像などのデータを、間違えて削除してしまったり、
拡張子が破損して開けなくなったら、どのように対処すれば元の状態に復元することができる?という疑問について。

編集で入力をミスした時に動画データを元に戻すには?

まず、Windows Liveムービーメーカーのユーティリティ(Utility)のウィンドウを開いて、
ウィンドウズの画面上から動画の編集をしている最中に、分割したカット画面などを、
間違えた入力の操作で削除した場合に、映像のデータを復元する方法について。

ひとまず、まだ対象の編集中のデータのウィンドウを閉じていなければ、
他のアプリケーションソフトウェアと同じく、「元に戻す」(アンドゥ)の機能で回復ができます。

キーボードで『Ctrlキー+Zキー』を入力するか、上部メニューにある左回りの矢印アイコンを、
一回押していくたびに、一段階ずつ、ミスをする前の動作に戻していくことができます。

その際、デスクトップPCやノートパソコンに搭載されている、
メインメモリ(一次記憶装置)の容量によって、「元に戻す」で復元できる回数に上限が出てきます。

また、一度ムービーメーカーの画面を閉じると、一時キャッシュメモリに記憶されていた、
過去の履歴データが消去されて、アンドゥの回数がリセットされてしまうので注意してください。

もし、拡張子自体がエラーなどで破損していた場合は、「元に戻す」が利かなくなることがあります。

その際には、専門事業のデータ復旧サービスセンターで、修復してもらうことができます。

Windows Liveムービーメーカーの動画のデータファイルを復元 の続きを読む

MOV(QuickTime)の動画の削除したデータファイルを修復

自身で撮影して作成していた「MOV」の動画ファイルの拡張子を、カメラでの一括消去やフォーマットの機能で、
うっかり間違えてバックアップを取らないうちに、データの削除を実行してしまうトラブルもよく起こりえます。

そんな時に、「.mov」(マルチメディア技術のQuickTime)の拡張子で作られた動画データも、
他の種類のファイルやフォルダーと同じように、後から修復するにはどのように対処をすればいい?という疑問について。

MOVの動画ファイルを間違えて削除した時は?

まず、デスクトップパソコンやノートブックPCに内蔵されたハードディスクかSSDに、
すでにQuickTimeのMOVの動画といったファイルをビデオカメラやデジタルカメラからすでに移し替えていて、
CドライブやDドライブの中で間違えて削除してしまった場合での、復元の対処について。

この場合なら、オペレーティングシステムに標準で搭載されている自動バックアップの機能や、
市販のバックアップソフト、クラウドストレージサービスの転送機能を有効にしていれば、
多くの場合、すぐに保管先のフォルダーから、必要なデータを読み取ることで元に戻せます。

AppleのmacOSなら、「Time Machine(タイムマシン)」や「iCloud(アイクラウド)」、
MicrosoftのWindowsなら、「ファイル履歴」や「バックアップと復元(Windows7)」などがあります。

また、Macパソコンの場合は、USBカードリーダー/ライターに差し込みして読み込んでいる、
SDカードやCF、xDピクチャーカードなどのメモリーカードから、FinderでMOVなどのファイルを削除した場合、
一度ゴミ箱のフォルダーに移行しますので、そこから「元に戻す」で復旧することもできます。

もし、この時点でゴミ箱を空にしていて、まただいぶ時間が経ってしまっていた場合は、
専門事業のデータ復旧サービスにパソコンを出して、修復をしてもらわれることをおすすめします。

MOV(QuickTime)の動画の削除したデータファイルを修復 の続きを読む

Everioのビデオカメラから削除した動画データを復元するには?

家庭用デジタルビデオカメラのEverioで撮ったムービーや写真のデータを、誤って消去してしまったら、
どうすれば復旧することができる?という疑問について、実践工程の説明付きで解説いたします。

JVCのEverioのビデオカメラから映像データのコマを削除した時は?

まず今回は、日本ビクター(JVC)製の「Everio」(エブリオ)で撮影して保存していた、
写真画像や映像動画のファイルを、液晶モニター上のメニューから間違えてコマを削除したり、
パソコン上のファイルマネージャーから消去した場合での、データ復元の作業を実践しました。

こちらで例として表示するデジタルビデオカメラ(Digital Video Camera)は、
SDカード挿入型の「GZ-117-R」のEverioです。

差し込みしたメモリーカードは「SDHCメモリーカード:32GB」(TOSHIBA製)です。

※デジタルビデオカメラ自体が故障して開けなくなった時は、SDメモリーカードを取り外した後で、
 メーカーや専門のカメラ修理のサービスで、本体を修復してもらうことができます。

Everioのビデオカメラから削除した動画データを復元するには? の続きを読む

ハードディスクビデオカメラのデータを復旧するには?

ハードディスクビデオカメラ(hard disk video camera)とは、
名称の通り、デジタル式にビデオムービー(動画)を撮影するビデオカメラに、
小型のハードディスクドライブが、データ記録装置として組み込まれている電子機器です。

しかし、もしHDDビデオカメラで録画していたビデオムービーのデータが、
何かの原因で消えたり開けなくなった場合には、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

デジタルビデオカメラの動画データを喪失する主な原因

・内蔵のハードディスクに、間違えてフォーマットを掛けて初期化してしまった。

・動画ファイルのコマを誤ってカメラ機能でうっかり削除して、視聴ができなくなった。

・ファイルの編集中などの時に、急なシャットダウンなどが原因で拡張子が破損した。

・間違って同名のファイルで、上書き保存や置き換えをして喪失してしまった。

・インターネットに接続した時に、パソコンに移動していたデータがコンピューターウイルスに破壊された。

・デジタルビデオカメラの本体ごと、ムービーのデータを紛失してしまった。

・機械に深刻なエラーやパーツの破損が起きて、ボリュームが読み込みできなくなった。

・ハードディスクドライブの回路が、物理的に故障して開けなくなった。

・うっかり固い床や水の中に落として、HDDビデオカメラを壊してしまった。

・液晶モニターの画面やレンズが割れて、正常にメニューが見れなくなり撮影できなくなった。

まず、上記のトラブルのうち、前半のファイルの拡張子そのものが失われた時と、
後半のHDDビデオカメラ本体そのものに異常が出た場合とで、復元の対処法が変わってきます。

最も確実な直し方としましては、ビデオカメラに対応された専門のデータリカバリーサービスに、
問い合わせをして、問題を検査して内部ファイルのサルベージの作業をしてもらう方法になります。

ハードディスクビデオカメラのデータを復旧するには? の続きを読む

壊れて再生できない動画のデータファイルを修復するには?

デスクトップパソコンやノートPC上で、動画のファイルを開いて視聴や編集をしようとした際に、
『ファイルが壊れていて開けません。』『ファイル形式が無効です。』
といったエラーメッセージが表示されて、映像の再生や展開ができないケースがあります。

このようなデジタルデータ上のトラブルが起きた時は、どのようにすれば、
破損して開けなくなった状態の動画の拡張子の読み込みを修復することができる?という疑問について。

動画ファイルが開けなくなった時に読み出すには?

まず、動画ファイルの拡張子は、WMVやAAC・AC3・MMF・MP3・OGG・OMA・WMA・MOVといった数多くの種類があります。

現在開こうとしているデータが、そのソフトウェアで対応されているかどうかを再確認してください。

拡張子にしっかりと対応されていたら、次に動画ファイルを格納してあるフォルダーを、
Windowsのエクスプローラーなどで開いて、プロパティの画面で異常のある動画の状態を確かめてください。

※もしPC本体自体に故障が出ていて、ファイルやフォルダーが開けずに視聴できない場合には、
 プロのパソコン修理サービスの方で、マシンの調子やデータの読み出しの状態を直してもらうことができます。

壊れて再生できない動画のデータファイルを修復するには? の続きを読む

HDDメディアプレーヤーで動画データが見れない時の修復

HDDメディアプレーヤー(Media Player)を使って、動画や録音データなどを視聴する際に、
ムービーのファイルが開けなくなる状態になって、映像のデータが見れないトラブルが出た時には、
どのようにすれば電子機器に起きた問題からの修復をすることができる?という疑問について。

ムービーのファイルが再生できない時に修復するには?

まず、外付けHDDメディアプレーヤー(ポータブルメディアプレーヤー)に、
動画や音楽・写真画像といったファイルを保存する際に、拡張子が対応されたものかどうかをご確認ください。

もし、あまり普及していない特殊な拡張子で再生できない場合は、パソコン上の編集用ソフトウェアで、
別のメジャーな拡張子に変換をしてから、再度ムービーのデータを保存して読み込み直す方法もあります。

しかし、拡張子自体が破損していて、またオリジナルで他から再入手ができないデータの場合は、
そのファイルを補正やプログラムの修復用のツールで直す必要が出てきます。

または、プロのデータリカバリーサービスに、破損したファイルが入った補助記憶装置を出して、
壊れて見れなくなった拡張子の修復をしてもらうこともできます。

HDDメディアプレーヤーで動画データが見れない時の修復 の続きを読む

画像安定装置でビデオ映像のデータを綺麗に補正できる?

以前にビデオテープに録画した映像や、だいぶ前のデジタルの機材で撮影したムービーや画像のデータを、
パソコンやDVD、ブルーレイディスクなどに移し変えをしたいという際に、
時には書き換え後の映像がビデオの時よりも、目に見えて劣化して画質が悪くなる可能性もあります。

このようなトラブルが発生した時に、画像安定装置(イメージ・スタビライザー)や、
ビデオテープクリーナーを使用して綺麗に補正をする方法とはどういったもの?という疑問について。

録画したビデオテープ(VHS)の画質の劣化とは?

まず、ビデオテープ(VHS)は購入して開封、録画してから数年間そのままにしておくと、
たとえ一度しか録画していなくても、自作の映像データの画質が劣化してしまうことも多いです。

電子機器やデータ記憶媒体の保存の状態が悪いと、カビが生えてしまう場合もありますので、
特に湿気には十分に注意をして、慎重にビデオテープの保管をすることが大切です。

また、ハードディスクやDVD-R、SDカードといった各種のメモリーカードも同様に、
水気や日光、磁気などが当たらない安全な場所に保管をしてください。

もしHDDやSDメモリーカードが破損していた時は、まだ内部のファイルは無事である可能性がありますので、
専門事業のデータ救出のサービスにて、取り出しの措置をしてもらうことができます。

画像安定装置でビデオ映像のデータを綺麗に補正できる? の続きを読む

デジタルビデオカメラの録画映像データも復元できる?

デジタルビデオカメラ(digital video camera)で撮影した映像動画のデータを、
ある時に誤って削除してしまったり、内蔵のHDDまたはメモリー、またはSDカードを初期化した時に、
録画したムービーのファイルを後から復元したり、機材が故障して開けなくなった時に、
読み込みの状態を復旧するには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

デジタルビデオカメラで録画したファイルを間違えて削除した時は?

まず、SONY(ソニー)やCanon(キヤノン)、Panasonic(パナソニック)、日本ビクターといった、
デジタルビデオカメラの製品で撮影して保存していた映像のデータを、
うっかり間違えて削除の操作やフォーマットのミスをして失った時に、復元する方法について。

ビデオカメラの機器には基本的にゴミ箱といった機能がないため、モニターの画面で消去すると、
録画した動画や画像ファイルの表示が、そのまま消えてしまいます。

ひとまず、外部のSDメモリーカードやパソコン、外付けHDD、クラウドサービスなどの場所に、
同じデータを以前にバックアップして保存していなかったかどうか、思い返されてみてください。

もし予備の動画や画像のデータがなくても、まだストレージには拡張子の痕跡が残っていて、
そちらを引き出す形で、録画したファイルを後からでも復元できる可能性があります。

ですが、デジタルビデオカメラの本体に搭載された小型ハードディスクや内蔵メモリーは、
一般の個人での取り出しやリムーバブルディスクとしての読み込みが難しくなります。

そのため、専門のデータ復旧サービスに出して、復元の措置を代行してもらわれることをおすすめします。

デジタルビデオカメラの録画映像データも復元できる? の続きを読む

ビデオカメラで映像データのファイルを消去した時の復旧

デジタルビデオカメラで、液晶モニターの画面からメニューを開いて撮影した動画や写真画像を視聴する際に、
誤って停止ボタンの付近などにある削除ボタンに指が触れて、「動画ファイルを削除しますか?」 「Yはい」
と押して消去してしまった場合、後からデータを復旧することはできる?というご質問について。

以前にバックアップしていたデータを探してみる

まず、ソニー(SONY)やキヤノン(Canon)、パナソニック(Panasonic)、東芝(TOSHIBA)、
グリーンハウス(GREENHOUSE)、ビクター(Victor)といったビデオカメラの製品から、
以前にパソコンのハードディスクドライブや別のSDメモリーカード、クラウドなどの場所に、
バックアップしていた動画や写真画像のデータが残っているかどうか、思い返して探されてみてください。

ビデオカメラの本体にはゴミ箱の機能が付いていないため、メニューの機能からデータを削除すると、
モニター画面での表示の上では、そのままフォルダーに保管されていたファイルが消えた状態になります。

ですが、一度誤って削除しただけであれば、まだ多くのファイルは、
表示の上で消去されているだけで拡張子の痕跡データは残っていて、復元ができる見込みがあります。

また、機体の本体に差し込みするSDメモリーカードに録画するネットワークカメラなどの場合も同じです。

前に必要な映像のファイルが消えてからだいぶ時間が経っていて、新しく多くのデータを保存した場合や、
間違って初期化の動作をして大量のファイルを喪失した場合には、個人ではたくさんの拡張子の修復が難しくなるため、
ビデオカメラないし補助記憶装置を専門のデータ復旧サービスセンターに提出して、復元してもらうこともお薦めします。

ビデオカメラで映像データのファイルを消去した時の復旧 の続きを読む

WMVやWMAの動画ファイルのデータを修復するには?

ビジネスのプレゼンテーションに使用したり、インターネットに投稿するために、
ビデオカメラやネットワークカメラで作成したりソフトウェアで編集していた、
「WMV」や「WMA」の拡張子の動画ファイルを、うっかり間違えて消去してしまったり、
誤ったフォーマットで消した時には、どうすればデータを修復することができる?という疑問について。

WMVやWMAの動画ファイルを間違えて削除した時は?

まず、マイクロソフトより開発・販売されている、動画圧縮コーデック(装置)の、
ファイル圧縮形式の一つであるWMA(Windows Media Audio)のオーディオコーデックや、
ともに広く普及しているWMV(Windows Media Video)のファイルを誤って削除してしまった場合に、
後からムービーの拡張子を復元する方法について。

WindowsのエクスプローラーやmacOSのマイファイルのウィンドウ上で消去した場合、
ひとまず、デスクトップにある「ゴミ箱」のフォルダーを開いてみると、
そちらに移動していて、そこから動画データの拡張子を引き出す形で修復できる見込みがあります。

※macOSの場合は、デスクトップPCまたはノートパソコンの本体に内蔵されたHDDやSSD、
 外付けハードディスクやRAIDケースのみならず、ビデオカメラやスマートフォンのSDメモリーカードなどを、
 USBカードリーダーに差し込みしていて、Finderから間違えてWMVなどのファイルを削除した場合でも、
 一度ゴミ箱フォルダーに移行するので、そこからデータを復旧することもできます。

もし、だいぶ前にゴミ箱を空にしていたり、空き容量がなくなって自動的に古いファイルが消えていた時は、
専門事業のデータ復元のサポートを実施されたサービスにて、大事な動画の復旧を行ってもらうこともできます。

WMVやWMAの動画ファイルのデータを修復するには? の続きを読む

間違って消した動画データもソフトウェアで復旧できる?

パソコンのハードディスクやSSD、または外付けHDDやビデオカメラで使うSDメモリーカードから、
撮影した映像の動画といったファイルを、間違って削除して表示が消えてしまった時には、
ムービー(movie)の拡張子もデータ復旧のソフトウェアを使って復元できる?という疑問について。

mp4やMOVの動画ファイルの拡張子を誤って削除したら?

まず、「.mp4」「.MOV」「.wmv」といった動画に使用するフォーマットの拡張子も、
「jpg」や「txt」といったほかの拡張子と同じく個別のファイルなので、
市販のデータ復元ソフトでドライブスキャンをかけて、検出できる対象になります。

しかし、動画ファイルはほかのファイルに比べて容量のサイズが大きく、
特に再生時間が10分以上と長い映像が複数あると相当な容量になり、
検出に時間がかかったり、データの修復に部分的に失敗する可能性もやや高くなります。

より確実には、プロのデータ修復のサポートを実施されたサービスにて、
ムービーの拡張子を復元する措置を行ってもらわれることも推奨します。

間違って消した動画データもソフトウェアで復旧できる? の続きを読む

動画の映像編集データが破損した際に復元するには?

デジタルビデオカメラ(Digital video camera)で撮影をした映像や、作成・編集中の動画データが、
一部正常に保存できていなかったり、拡張子が壊れて、破損している状態で再生される場合には、
どのようにすればムービーのファイルを復元することができる?という疑問について。

動画ファイルが壊れて開けなくなる主な原因とは?

まず、下記にて動画ファイルが破損する主な事例を記述します。

・デジタルビデオカメラが、撮影中での落下といった強い衝撃や水濡れ・水没が原因で壊れてしまった。

・パソコンやビデオカメラでのムービーのデータの保存中に、メモリーカードを引き抜いてしまった。

・動画の製作・編集の作業中に、パソコンやカメラ機能のある電子機器をシャットダウンしてしまった。

・データの保存中にエラーが起こり、ファイルやフォルダーがクラッシュして開けなくなった。

・ストレージの容量や読み込み速度のスペックの不足で、拡張子の保存や新規投稿に失敗して損壊してしまった。

・不意にビデオカメラやスマートフォン、ガラケー、タブレット端末が、シャットダウンした。

・別のパソコンやほかの電子機器で、間違えて動画データのあるSDカードなどを再フォーマットしてしまった。

データの損壊には、WMVなどの拡張子のプログラムが破損しているケースと、
映像や画像の一部がかすれていたり、射線が入ったり白くなっているケースとがあります。

動画を編集中のソフトウェアで、まだ対象のファイルのウィンドウを開いている状態であれば、
「元に戻す」(アンドゥ)などの機能を使って、破損する前の状態に復元されてみてください。

Windowsの「ファイル履歴」やmacOSの「Time Machine」などのバックアップ機能を、
あらかじめ有効にしていれば、外付けハードディスクやRAIDから、予備のデータを探されてみてください。

ムービー(Movie)のファイルのプログラムが損壊している場合、一般の個人の方は、
プロのデータリカバリーサービスの方で、復旧をしてもらわれることもおすすめします。

動画の映像編集データが破損した際に復元するには? の続きを読む

Androidで撮影・編集した動画データを復元するには?

Google(グーグル)から開発された、モバイル端末用のオペレーティングシステムである、
Android(アンドロイド)がインストールされたスマートフォンやタブレットPCで、
カメラ機能を使って撮影した動画のデータや、アプリで編集をしたムービーのファイルを、
誤って削除するなどで失った時には、どのようにすれば復元することができる?という疑問について。

Androidで撮影・編集したムービーのファイルを削除した時は?

まず、Androidの「カメラ」や「アルバム」「ファイル管理」といったアプリでは、
ゴミ箱の機能が搭載されていないため、撮影・編集したムービーをフォルダーから削除したら、
そのままデータの表示が消えてしまいます。

そのため、基本的には別の場所にバックアップをしていた分のファイルから引き出すか、
または予備の動画や写真画像の分の拡張子がなかった時には、
専門のデータ復元のサービスセンターにて修復をしてもらうことが、ほぼ唯一の解決策になります。

Androidで撮影・編集した動画データを復元するには? の続きを読む

ビデオカメラで録画した動画データが視聴できない時の復旧

デジタルビデオカメラ(digital video-camera)や、または撮影機能が搭載された電子機器で、
動画を撮影して録画したデータを、パソコンやモバイル端末といったコンピューター上で、
データ読み込みをしようとしたらうまく視聴できない時には、どうすれば復旧ができる?という疑問について。

ビデオカメラの液晶モニターが割れて視聴できない時は?

まず、デジタルビデオカメラ、またはスマートフォン、ガラケー、スレートPCの本体を、
うっかり水の中に落としたり雨で濡れてしまったり、強打による故障で液晶モニターが開かなくなった時は、
ひとまず内蔵されているSDメモリーカードや小型のハードディスクをすぐに取り外してください。

ストレージの方が濡れていたり、錆びや融解、ひび割れなどのクラッシュが起きていなければ、
別のビデオカメラやUSBカードリーダーなどに差し替えて、そちらでデータを開き直せる見込みがあります。

また、液晶のモニターのみが衝撃や圧迫で割れて閲覧できなくなっただけで、
電源自体はまだ付く場合は、付属のUSBコードでパソコンに繋げて、
録画した動画データを視聴したりバックアップできる見込みもあります。

そして、ビデオカメラの本体を買い替えるか、専門のサポートで修理に出されてみてください。

もし内蔵されたメモリーカードやHDDが取り外しできない、といったトラブルが出た場合には、
デジタルビデオカメラを取り扱われた、データ救出のサポートで見てもらわれることをおすすめします。

ビデオカメラで録画した動画データが視聴できない時の復旧 の続きを読む

iPhoneやiPadに保存した動画データを復旧するには?

Appleから開発・販売されています、iOSのオペレーティングシステムが搭載された、
スマートフォンのiPhone(アイフォン)やタブレット端末のiPad(アイパッド)で、
カメラ機能から撮影をしたり、アプリで編集した映像動画のデータを失った時には、
どのようにすればムービーのファイルを復旧することができる?という疑問について。

iPhoneやiPadに保存した動画データを誤って削除した時は?

まず、iPhoneやiPadで使用する「写真」といったアプリから、
カメラ機能で撮影して保存した「.MOV」といった動画ファイルの拡張子を誤って削除すると、
ゴミ箱には入らずに、そのまま画面上からデータの表示が消えてしまいます。

なので、基本として別のストレージにバックアップをしていたデータから引き出したり、
専門のサービスに出して復旧の措置をしてもらう方法を取る必要があります。

iPhoneやiPadに保存した動画データを復旧するには? の続きを読む