「ブルーレイディスク」のページの案内

『ブルーレイディスク』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。主にそれぞれのエントリーページの、導入の部分に当たるコンテンツを掲載しています。

データ保存用のブルーレイディスク


「ブルーレイディスク」に関するページの見出しリスト

当カテゴリー「ブルーレイディスク」内での、各記事ページの見出しの一覧リストです。

内蔵DVD・BDドライブを分解して修理するには?

パソコンに内蔵されているパーツの一つ「DVDドライブ」または「BDドライブ」、「CDドライブ」が、
ある時ディスクを収納して読み込みするトレーが開閉ボタンを押しても開かなくなる、といった故障が発生して、
装置の分解をして修理するにはどのように対処をすればいい?という疑問について。

アクセスランプの点灯

まず、内蔵のBD(ブルーレイディスク)ドライブまたはDVD(光ディスク)ドライブを
パソコンから取り外して製品のカバーを開けてみる前に、電源ランプ/アクセスランプが点灯しているかどうかを確認します。

次に、Windowsのパソコンでしたら、コントロールパネル→デバイスマネージャーを開いて、「DVD/CD-ROM ドライブ」の項目を開きます。

デバイスドライブ名にエラーのマークが付いていましたら右クリック→「デバイスのアンインストール」を行ってから、
パソコンを一度閉じて、再起動されてみてください。

内蔵DVD・BDドライブを分解して修理するには? の続きを読む






ドライブ装置に入れたディスクが動かない状態からの修復

パソコン本体に内蔵されているCD/DVD/BDドライブの装置にCD-RやDVD-RW、BE-REといった、
データを記録するディスクメディアを差し込みして読み込みをしようとしたところ、
ドライブ装置が動かない状態のままで、トレーの中でディスクが回転しない時は、
どうすれば修復することができる?という疑問について。

ドライブ装置のディスクのアイコン表示を確認

まず、たとえばWindowsのパソコンに内蔵されたドライブ装置をお使いの際、
エクスプローラーの「PC」(マイコンピューター)のフォルダー画面を開くと、
BD-RE ドライブ(D/E~)」といったアイコンが表示されています。

このアイコンが、装置の上にディスクが乗っている表示になっていると、
オペレーティングシステムには、ディスクを入れていない状態と認識されています。

このアイコンが、円盤のみの画像になって、ディスクの種類(Audio CDなど)が
名前に追加で表示されていると、ディスクを入れている状態と認識されます。

もし、ディスク自体に深刻な破損がある時には、データ復旧サービスに注文をして、
ファイルの救出をしてもらわれることを推奨します。

ドライブ装置に入れたディスクが動かない状態からの修復 の続きを読む






「現在使用中です。データが失われる可能性が…」と出た時は?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで、
BDドライブ、またはDVDドライブの装置に、BD-REやDVD-RAM、CD-Rなどをセットして読み込んだり、
USBポートにUSBメモリや外付けハードディスク、カードリーダーに入れたSDカードなどのデータ記憶装置を、
開いてから使用した後で「ハードウェアの安全な取り出し」をする際に、スムーズに閉じられない場合があります。

その際に、「「リムーブバルディスク名」は現在使用中です。再試行する前に、
このディスクで開かれているファイルをすべて保存して、ファイル、またはファイルを使用しているプログラムを閉じてください。
続行する場合、ファイルは閉じられ、データが失われる可能性があります。」

という警告のメッセージが出てきた時には、どのようにトラブルの対処をすればいい?という疑問について。

「現在使用中です。データが失われる可能性があります」から続行をした時は?

まず、「現在使用中です。データが失われる可能性があります」と警告メッセージの一文が出た後で、
「続行」を選ぶと、そのまま通常の表記通り、このように表示されます。

「「リムーバブルディスク名」はコンピューターから安全に取り外すことができます。」

しかしその際に、例えば現在でまだ展開中のアプリケーションソフトウェアなどで、
そのメモリーカードやディスクから開いていた何かのデータが上書き保存されていないと、
警告文の通りファイルが書き込まれずに、そのまま閉じて消えてしまうおそれがあります。

なので、なるべく一旦先に「キャンセル」を選択して、
一度メッセージを閉じて、どこかのアプリケーションソフトが使用中になっていないかどうかを確認してください。

もしこの時点で、データ記憶装置自体の回路が破損してしまったと思われる時には、
一時メモリにあった未保存の分のデータは、一旦別のストレージに名前を付けて保存をしてください。

壊れたハードディスクやメモリーカード、DVD-RWなどに残った分の読み込めなくなったファイルは、
専門のデータのリカバリーサービスにて、復元の対処をしてもらうこともできます。

「現在使用中です。データが失われる可能性が…」と出た時は? の続きを読む






CD-RやDVD-R、BD-Rのデータの書き込みに失敗したら?

データ記憶装置のBD-R(ブルーレイディスク)やDVD-R(デジタルヴァーサタイルディスク)、
またCD-R(コンパクトディスク)を使って、新しくデータを書き込みする際に、
保存に失敗してしまうトラブルが出た時には、どのように対処をすればいい?という疑問について。

ファイルの書き込みのエラーによる失敗が起きた時に再利用はできる?

まず、最初にデータを保存する際に【追記モード】を選択すると、
後から空き容量の分だけ、別のファイルを書き込みしてつぎ足すことができます。

ですが、すでに書き込み済みのデータを上書き保存したり、削除・編集することはできません。

かわりに、パケットライト機能で、例外的に同名ファイルを追加で保存する形での再利用ができます。

一方で、データを保存する作業の進行中にエラーが発生して、書き込みに失敗してしまったり、
書き込み作業の真っ最中に、急にパソコンがフリーズしてしまったり、
停電や断線で電源が切れると、ファイルの書き込みが途中で止まってしまいます。

このようなトラブルを防ぐには、ほかのソフトウェアのウィンドウを事前に閉じて負担を軽くしたり、
UPS(無停電電源装置)を通して電源コードを繋げることで、ある程度の回避ができます。

また、もしエラーの影響でパーツやHDDの破損が起きて、パソコンやファイルが開かなくなってしまったら、
早急にPC修理のサポート店やデータリカバリーサービスにて、復旧をしてもらうことをおすすめします。

CD-RやDVD-R、BD-Rのデータの書き込みに失敗したら? の続きを読む






外部のデータ記憶装置の大容量化と低価格化

パソコンを扱う上でデータファイルのバックアップや持ち運びをするのに
必要不可欠なのが、リムーバブルディスクとなる外部のデータ記憶装置です。

以前はFD(フロッピーディスク)やCD-RWといった容量の低い媒体が中心で高い容量を持つ保存用カードなどは
まだ登場していないか高額商品だったのですが、現在では大容量化、小型化、そして低価格化が大変進み、
安価でお気軽に高い最大容量を持つ外部のデータ記憶装置を購入できるようになりました。

補助記憶装置の一例

・microSDカード
・xDピクチャーカード
・メモリースティック
・DVD-RAM
・BD-RE
・外付けHDD

と、外付けハードディスクドライブをはじめとする各機器を用いて
大規模なデータのバックアップを個人でも以前よりずっと楽に行うことができます。

外部のデータ記憶装置の大容量化と低価格化 の続きを読む

ブルーレイディスクを非対応の機器に入れて問題が出たら?

現在で最先端を行く大容量データの読み書きを行える記録ディスク媒体である
Blu-ray Disc【ブルーレイディスク】をパソコンのBlu-rayドライブに差し込んで視聴している際、

動画ファイルの整理中に誤ってパソコンのBlu-rayディスクドライブまたはDVDドライブに
PC用でないブルーレイディスクなどを挿入してしまい、その後、書き込み環境が検出されなくなり、
メディアプレーヤーをアンインストール・再インストールなどを試みても修復しない場合は、
どのようにすれば修復できる?というご質問について。

まず、パソコン用のBDではなく、録画用のBD-REを誤って入れていたり、
ブルーレイディスクが対応されていないDVDドライブに入れてしまった、
といった規格の選択ミスをしてしまっていなかったか、お確かめください。

パソコン上で読み込み不可やエラーなど、何らかの論理的な問題が出ていましたら、
『システムの復元』や『Windowsスタートアップ修復ツール』を使って、OSを正常な時の状態に戻してみます。

ブルーレイディスクの裏面に傷が付いて読み込めなくなっている場合は、
ブルーレイレンズクリーナーでキズや汚れを洗浄することでディスクが修復できる可能性もあります。

ブルーレイディスクを非対応の機器に入れて問題が出たら? の続きを読む

BD-REへの書き換えデータを修復するには?

【BD-RE】とはBlu-ray Disc Rewritable(ブルーレイディスク・リライタブル)の略で、
BD-Rと違いファイルの書き換えが可能なデータ記憶デバイスです。

1枚につき23GB~25GB、または50GBの大容量を持ち、Rは一度しか
書き込めないのに対してREはおおよそ1万回ほど繰り返しの書き込みが可能です。

空き容量が埋まってきたら不要なファイルを削除するか別の記憶媒体に移動することで
新しいファイルを書き換えられるのですが、一度ブルーレイディスク内部から消したデータは、
その後しばらく上書きを繰り返すくうちに痕跡が消えていって、
復元が難しくなっていきますのでご注意ください。

BD-REへの書き換えデータを修復するには? の続きを読む

ブルーレイディスクドライブが読み込めない時のデータの復元

パソコン用のブルーレイドライブ(Blu-ray Discドライブ)とは、Blu-ray Disc(ブルーレイ・ディスク)に対応した
ドライブ装置の電子機器で、1層=25GB、2層=50GBと、DVDメディアの5~10倍にもなる容量のデータを取り扱うことができます。

更により微細で高画質な映像を楽しむことも出来る、次世代型メディアです。

PC内蔵・外付けタイプがありドライブ機器本体の値段は現在40000円程が相場です。

Blu-ray Discが認識されない時は?

ブルーレイドライブを購入してパソコンに接続・セットアップする際に認識が
されない、読み込み・書き込みができないといったトラブルが起こる時があります。

このアクシデントで特に多い原因は動作環境に十分な設備が整っていないことで、ブルーレイドライブを
購入する前には必ずご自宅のパソコンのスペックが動作条件をクリアしているかよく照らし合わせる必要があります。

『例』 メインメモリー:2GB、Pentium D以上のデュアルコアCPU、動画再生支援機構搭載グラフィック装置の搭載、など。

またはドライバが正常にインストールされていない、USBポートとの接続不良が起こっているといった原因が考えられます。

ブルーレイディスクドライブが読み込めない時のデータの復元 の続きを読む

ブルーレイディスクのデータが消えた時に復旧するには?

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)に保存していたデータが、誤った拡張子の削除の操作や、
間違えたフォーマットの措置で消えてしまった場合に、表示されない状態になった
ファイルやフォルダーを後から復元するには、どういった方法がある?という疑問について。

BD-Rドライブが故障して開けなくなるトラブルの原因とは?

まず、「BD-R」や「BD-RE」、「BD-ROM」(ビーディー)こと、
Blu-ray Disc Read Only Memory(ブルーレイディスク・リードオンリー・メモリー)とは、
ブルーレイのディスクを使用する、データ読み込み専用の補助記憶装置です。

CD-RWやDVD-RW、DVD-RAM、MOなどに継ぐ、次世代型光ディスク媒体の再生機器となります。

ブルーレイディスクは、DVD以上に優れた保存性を誇る最先端のディスクなのですが、
記録面に深いキズが付いたり、紫外線や湿度、高温、低温などにさらされて、
ディスクが傷んでしまった場合、保存データの再生や読み出しに支障が出るケースもあります。

また、長い間、数多くの書き込みと読み出しを繰り返すと、次第に規格が摩耗して、
いつかはデータの書き出しや再生ができなくなっていきます。

BDの寿命が近くなり、すでに読み込みがまともにできなくなった場合は、それ以上は回転をさせないようにして、
また破損しかけているストレージから、より安全にファイルを回収したい、という際には、
プロのデータ復元のサポートを実施されたサービスで、復旧の作業を行ってもらうこともできます。

ブルーレイディスクのデータが消えた時に復旧するには? の続きを読む

Blu-ray Discのデータを復元するには?

『ブルーレイディスク』は、現在非常に幅広く普及しているデータ記憶装置です。

読み方は英字:Blu-ray Disc、略語:BD(ビーディー)、
カタカタ読み:ブルーレイディスク(ぶるーれいでぃすく)。

青紫色半導体レーザーを使用することからそう呼ばれる直径12cmの保存メディアで、
CD、HDを上回る規格を備えた次世代型光ディスクです。

データの記憶量はDVDの5倍以上(1層25GB、2層式ディスク、50GB)と言われ、
更に驚くべきことに多層化による200GBくらいの大容量化も可能とされています。

ブルーレイディスクの対応メディア

多くのブルーレイディスク対応 再生・保存用機器では従来のCDやDVDの使用も可能です。

身近なところでいえばパソコンに内蔵できる・[BDドライブ]が対応されていますね。

圧倒的な大容量のデータ保存を誇る次世代のデータメディア媒体として
Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)の活躍、普及が期待されています。

Blu-ray Discのデータを復元するには? の続きを読む

Blu-ray Disc(ブルーレイ)のデータファイルは復元できる?

ブルーレイディスクに書き込んでいたデータファイルを
Blu-ray Disc Drive[ブルーレイディスクドライブ]で読み込もうとしたら
ディスクの破損で認識できなかった、または誤って保存したファイルを削除したり、
フォーマットをしてしまった時はどうすれば元に戻せる?という疑問について。

まず、Blu-rayのディスクは内蔵または外付けのBDドライブで読み込む補助記憶媒体で、
BD-REから削除した拡張子は通常、Windowsのパソコンではゴミ箱には入りません。

Mac OS Xのパソコンの場合は、外付けデータ記憶装置のファイルも一旦ゴミ箱フォルダーに
移行するため、あとでゴミ箱を開いて元に戻すことはできます。

ファイルを誤って消去してから特に何も新しくBlu-rayのディスクに書き込みしていなければ、
まだディスク上のセクタには拡張子の痕跡データが残留している可能性が高いです。

そこから新しく上書き保存をすると、その痕跡データも消えるのでご注意ください。

Blu-ray Disc(ブルーレイ)のデータファイルは復元できる? の続きを読む

Blu-ray Discの読み込みや再生ができない時に復旧するには?

ソニーをはじめとする各大手電機メーカーの共同開発により販売・普及されている
Blu-ray Disc(ブルーレイディスク、BD)とはDVDに次ぐ次世代型の光ディスクで、
青紫色半導体レーザーが導入されて、より高画質な映像美を再現、
また多層化によりDVDの4~5倍もの容量を保存することができます。

BDレコーダーでの再生が可能で、またパソコンでもCDやDVDと同じく、
ブルーレイディスクドライブによりBD-ROMへのデータ保存にも使用されています。

このブルーレイディスクを実際に使用してみたところ、映像の再生やデータの読み込み・記録ができない
、というエラーが発生した時にはどうすればこれらのトラブルから復旧できる?という疑問について。

まず、BDドライブの内蔵もしくは外部接続を行うパソコン本体に必要な動作環境の方は
すべてクリア済みでしょうか?

CPU・マザーボード・ハードディスクドライブ・メモリ・グラフィックカード・サウンドカード・
再生用アプリケーションソフトウェア・モニタ(ディスプレイ)など、大容量かつ最先端技術が
導入されたブルーレイ・ディスクの性能を十分に発揮するには、ある程度の予算をかけて
より適したパーツ・システム環境に整える必要があります。

かなり前のパソコンに接続した場合、パーツの相性や性能の問題で
起動や正常な再生ができないこともありますので、その場合は他の媒体、または
Blu-rayが最初から内蔵されている近年のPCに買い換えられることもご検討されてみてください。

Blu-ray Discの読み込みや再生ができない時に復旧するには? の続きを読む