『ブルーレイディスク』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。
ブルーレイディスク のカテゴリ


ページ案内

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。





ドライブ装置に入れたディスクが動かない状態から修復するには?

パソコン本体に内蔵されているCD/DVD/BDドライブの装置に
CD-RやDVD-RW、BE-REといった、データを記録するディスクメディアを差し込みして
読み込みをしようとしたところ、ドライブ装置が動かない状態のままで、
トレーの中でディスクが回転しない時はどうすれば修復できる?という疑問について。

ドライブ装置のアイコン

主なドライブ装置の製品一覧

・Pioneer:Windows10対応 BD-R 16倍速書込 S-ATA接続 BD/DVD/CDライター BDR-209BK2
・I-O DATA:内蔵ブルーレイドライブ BDXL・M-DISC対応/Serial ATA対応 BRD-S16PX
・ASUSTek:Windows10対応 M-DISC対応 BD-R 16倍速書込 SATA接続 BW-16D1HT PRO
・Panasonic:BDXL対応 9.5mm厚 ウルトラスリム ブルーレイドライブ UJ-272
・Acer:Aspire XC-780-N58F Windows10/Core i5/8GB/1TB/±RWスリムドライブ
・ロジテック:DVDドライブ 外付け ポータブル USB3.0 USBType-Cコネクタ付
・I-O DATA:外付けDVDドライブ 薄型ポータブル USB3.0 バスパワー Win Mac EX-DVD04W
・ASUS:バスパワー対応 外付けポータブルDVDドライブ Win10 Mac SDRW-08D2S-U LITE

まず、たとえばWindowsのパソコンに内蔵されたドライブ装置をお使いの際、
エクスプローラーの「PC」(マイコンピュータ)のフォルダー画面を開くと、
BD-RE ドライブ(D/E~)」といったアイコンが表示されています。

このアイコンが、装置の上にディスクが乗っている表示になっていると、
オペレーティングシステムには、ディスクを入れていない状態と認識されています。

このアイコンが、円盤のみの画像になって、ディスクの種類(Audio CDなど)が
名前に追加で表示されていると、ディスクを入れている状態と認識されます。

ドライブ装置自体が故障していてアイコンが表示されないような場合には、
装置をパソコンから取り外して、新製品を購入して交換するか、
製品のカスタマーサポート、あるいは私設のパソコン修理サービスセンターに問い合わせて、
措置の修理をしてもらわれることをおすすめします。

ディスク自体に深刻な破損がある時には、「データ復旧サービス」での注文をして、
ファイルの救出をしてもらわれることを推奨します。

ドライブ装置に入れたディスクが動かない状態から修復するには? の続きを読む

「現在使用中です。データが失われる可能性があります」の表示文

WindowsのパソコンのBDドライブ、またはDVDドライブ装置に、
BD-REやDVD-RAM、CD-Rをセットして読み込んだり、
USBポートにUSBメモリや外付けハードディスク、カードリーダーに入れたSDカードなどの
データ記憶装置を開いて使用した後で、「ハードウェアの安全な取り出し」を行おうとしたら、

「[リムーブバルディスク名]は現在使用中です。再試行する前に、このディスクで開かれているファイルをすべて保存して、ファイル、またはファイルを使用しているプログラムを閉じてください。続行する場合、ファイルは閉じられ、データが失われる可能性があります。」

という警告のメッセージが出てきたため、どのように対処すればいい?という疑問について。

現在使用中

まず、「続行」を選ぶとそのまま通常の表記通り、このように表示されます。
「[リムーバブルディスク名]はコンピューターから安全に取り外す事ができます。」

しかしその際に、例えばまだ展開中のアプリケーションなどで、
そのメモリーカードやディスクから開いていた何かのデータが上書き保存されていないと
警告文の通り保存されずに閉じて消えてしまうおそれがあります。

なので、なるべく一旦先に「キャンセル」を選択して、
一度メッセージを閉じてどこかのアプリケーションで使用中になっていないかどうかを確認します。

何かのソフトウェアでまだ上書き保存をしていなかったら、更新した分の保存をしてから
ウィンドウを閉じて、リムーバブルディスクを取り外してください。

取り出し

もし うっかり先にメモリーカードやディスクを先に取り外した時は、
まだそのアプリケーションで展開中のウィンドウを閉じていなければ、
もう一度同じデータ記憶メディアを接続し直して読み込みしてから上書きをするか、

Windowsパソコンの内部フォルダやクラウドストレージなどに
名前を付けて保存」をする方法でデータの書き込み直しができます。

「現在使用中です。データが失われる可能性があります」の表示文 の続きを読む

外部記憶装置の大容量化と低価格化

パソコンを扱う上でファイルデータのバックアップや持ち運びをするのに
必要不可欠なのが、リムーバブルディスクとなる外部記憶装置です。

以前はFD(フロッピーディスク)やCD-RWといった容量の低い媒体が中心で
高い容量を持つ保存用カード等はまだ登場していないか高額商品だったのですが、
現在では大容量化、小型化、そして低価格化が大変進み、
安価でお気軽に高い最大容量を持つ外部記憶装置を購入できるようになりました。

補助記憶装置の一例

・microSDカード
・xDピクチャーカード
・メモリースティック
・DVD-RAM
・BD-RE
・外付けHDD

と、外付けハードディスクドライブをはじめとする各機器を用いて
大規模なデータのバックアップを個人でも以前よりずっと楽に行う事ができます。

また一個辺りの値段もパソコン機器の進歩とともに日々 安値になっています。

例えばフラッシュメモリ (2GB~32GB)は1個辺り、
2GBでしたら600円~700円、8GBでしたら1200~2000円、32GBでしたら5200円~6500円くらいです。

microSDHCメモリーカード (4GB~16GB)は1枚辺り、
4GBは100円前後、8GBは1600円~2000円、16GBは4000円~500円くらいになります。

MOディスク(230MB~5.2GB)は1枚辺り、
230MBは400円~500円、1.3GBは1000円前後、2.3GBは1700円前後になります。

また5枚~10枚セットなど、ワンセットのボックスで購入するとよりお得です。

そして新しい記憶メディアや より高い性能と容量を持つ保存カード/ディスクも
続々とニュースサイトや電器店等にて発表・発売されています。

外部記憶装置の大容量化と低価格化 の続きを読む

ブルーレイディスクを非対応の機器に入れて問題が出た時の修復

現在で最先端を行く大容量データの読み書きを行える記録ディスク媒体である
Blu-ray Disc【ブルーレイディスク】をパソコンのBlu-rayドライブに差し込んで視聴している際、

動画ファイルの整理中に誤ってパソコンのBlu-rayディスクドライブまたはDVDドライブに
PC用でないブルーレイディスクなどを挿入してしまい、その後、書き込み環境が検出されなくなり、
メディアプレーヤーをアンインストール・再インストールなどを試みても修復しない場合は、
どのようにすれば修復できる?というご質問について。

まず、パソコン用のBDではなく、録画用のBD-REを誤って入れていたり、
ブルーレイディスクが対応されていないDVDドライブに入れてしまった、
といった規格の選択ミスをしてしまっていなかったか、お確かめください。

パソコン上で読み込み不可やエラーなど、何らかの論理的な問題が出ていましたら、
『システムの復元』や『Windowsスタートアップ修復ツール』を使って、
OSを正常な時の状態に戻してみます。

ブルーレイディスクの裏面に傷が付いて読み込めなくなっている場合は、
ブルーレイレンズクリーナーでキズや汚れを洗浄することでディスクが修復できる可能性もあります。

ブルーレイディスクソフトは主にBlu-rayレコーダーでの録画・再生用、
そしてBD-R、BD-REなどファイルの記録で使う書き込み用などに使用されています。

一方でパソコン用の市販ソフトウェアのジャンルでは、今はパソコンの本体にBDドライブが
内蔵されているものが少ないのと、まだまだDVDディスクでも容量が十分な場合が多い、
という点で、PC用ブルーレイディスクソフトは今の段階ではそれほど普及していません。

そのため、対応されている電子機器が少なめなので、
うっかり非対応の機材に読み込みを掛けてしまうと問題が発生するおそれがあります。

ブルーレイディスクを非対応の機器に入れて問題が出た時の修復 の続きを読む

BD-REへの書き換えデータを修復するには?

【BD-RE】とはBlu-ray Disc Rewritable(ブルーレイディスク・リライタブル)の略で、
BD-Rと違いデータの書き換えが可能な記録メディアです。

1枚につき23GB~25GB、または50GBの大容量を持ち、Rは一度しか
書き込めないのに対してREはおおよそ1万回ほど繰り返しの書き込みが可能です。

メーカー製品の一覧

ソニー】 『SONYブルーレイディスク録画用BD-RE書き換え型1層2倍速25GB 20BNE1VBPS2』
TDK】 『TDK録画用ブルーレイディスクBD-RE25GB2倍速 BEV25PWA20PK』
日本ビクター】『Victor映像用ブルーレイディスク録画用130分25GB2倍速 日本製BV-RE130B10』
Panasonic】 『パナソニック録画用2倍速ブルーレイディスク 25GB書換型 LMBE25W20M LM-BE25W20M』
日立マクセル】 『maxell録画用BD-RE 260分2倍速対応 5mmケース入BE50VWPA.10S』
三菱化学メディア】 『三菱化学メディアBD-RE Video書換録画用130分2倍速5mm VBE130NSP5』
Melody】 『Melody Blu-ray BD-RE書換可能2倍速25GBプリンタブル スリムケース』
アイ・オー・データ】 『I-O DATA Blu-ray Discドライブ用BD-REメディア5枚組BD-RE25X5』

空き容量が埋まってきたら不要なファイルを削除するか別の記憶媒体に移動する事で
新しいファイルを書き換えられるのですが、一度ブルーレイディスク内部から消したデータは、
その後しばらく上書きを繰り返すくうちに痕跡が消えていき、
復元が難しくなっていきますのでご注意ください。

Mac OS X/macOSのパソコンでは、内蔵_HDDの実でなく、外付けのハードウェアに
MacのFinderなどから削除したファイルは、ゴミ箱の機能に一旦移行しますので、
そちらから元のフォルダーに元に戻す形で修復することができます。

誤って必要なファイルを消去してしまったり、ディスクを丸ごとフォーマットしてしまった時は
すぐさま復旧作業を実行した方が確実です。

BD-REへの書き換えデータを修復するには? の続きを読む

BDやHD、DVDレコーダーのデータは復活できる?

DVDディスクに録画した映像データや撮影した動画ファイルを書き込んで保存したり、
それらのムービーの再生を行うDVDレコーダーや、HDDに保存するHDレコーダーの他に、

現在では、『Blu-ray Disc』 (ブルーレイディスク)にデータを書きこみして保存する
『BDレコーダー』のデッキが主流になっていています。

デッキ本体に搭載されているハードディスクドライブなどの記憶装置が、
ある程度使っているうちに変な音が出始めたり、ディスクの読み込みが出来なくなるなど、
もしも障害が発生した時は修理サービスなどで直せる?という疑問について。

まず、製造メーカーのカスタマーでの保証期間内に修理を注文する際には、
多くの場合ハードディスクそのものは修理の保証対象外のため、
新品のドライブへの交換という形になってしまいます。

また、基本的に物理的にディスクドライブが破損してしまうと、
ハードディスク自体は基本的に消耗品のため、直すことが出来ません。

例えば、レコーダーを起動したら「Please wait」といった
メッセージが長時間表示された後に、HDDもBDも認識できない、という場合には
製品の故障の可能性が高いため、メーカー先に修理を注文するのが適切です。

しかし、ハードディスクドライブはメーカー修理の際には初期化しなければならなくなります。

データ復旧サービスセンターで中身の録画したデータを
サルベージしてもらい、別の新品のHDDに移し変えてもらわれることをおすすめします。

パソコンのHDDと同じくレコーダーのHDDもあくまで消耗品扱いなのですが、内部データの回収は
専門のデータ復旧サービスサービスセンターの方で中身の録画したムービーの
ファイルをサルベージしてもらい、別の新品のHDDに移し変えてもらうことができます。

BDやHD、DVDレコーダーのデータは復活できる? の続きを読む

ブルーレイディスクレコーダーの故障時にデータを復旧するには?

DVDレコーダーの次世代機として現在普及している光ディスク「Blu-ray disc」(ブルーレイディスク)は、
SONY[ソニー]やSharp Corporation[シャープ]、Panasonic[パナソニック]などにて
開発・販売されているBlu-rayDiscRecorder
(ブルーレイディスクレコーダー・BDR)やパソコンのBDドライブにて閲覧する事ができます。

下の写真のように、最新のモニター機器の本体に取り付けられて
レコーダーが一体化している製品としても登場しています。

ブルーレイディスクレコーダー

以前にはHDD非内蔵型のレコーダー『シャープBD-HP1』などがありまして、
現在では販売されている殆どのブルーレイレコーダーにHDDが搭載されています。

ハードディスクドライブが内部に設置されているおかげで2つの番組を同時に
録画・予約が出来たり、大容量のムービーを保存できたりと多くの利点があります。

しかしながらHDD自体はPCのものと同じく長い期間の使用によって次第に老朽化して、
いつかは破損してしまう難点もあります。

また、BDのディスクも、繰り返しの再生や経年劣化、ひっかき傷や汚れの影響で
いつかはやはり読み込みができなくなるため、HDDやBDに書きこまれたデータの中で
特に大事な分は定期的にバックアップされておかれる事が望ましいです。

ブルーレイディスクレコーダーの故障時にデータを復旧するには? の続きを読む

ブルーレイディスクドライブが読み込めない時に復元するには?

パソコン用ブルーレイドライブ[Blu-ray Discドライブ]とはBlu-ray Disc
(ブルーレイ・ディスク)に対応したドライブ機器で、1層=25GB、2層=50GBと、
DVDメディアの5~10倍にもなる容量のデータを取り扱うことができます。

更により微細で高画質な映像を楽しむことも出来る、次世代型メディアです。

PC内蔵・外付けタイプがありドライブ機器本体の値段は現在40000円程が相場です。

Blu-ray Discが認識されない時は?

ブルーレイドライブを購入してパソコンに接続・セットアップする際に認識が
されない、読み込み・書き込みができないといったトラブルが起こる時があります。

このアクシデントで特に多い原因は動作環境に十分な設備が整っていない事で、
ブルーレイドライブを購入する前には必ずご自宅のパソコンのスペックが
動作条件をクリアしているかよく照らし合わせる必要があります。

『例』 メインメモリー:2GB、Pentium D以上のデュアルコアCPU、
    動画再生支援機構搭載グラフィック装置の搭載、など。

またはドライバが正常にインストールされていない、
USBポートとの接続不良が起こっているといった原因が考えられます。

ブルーレイディスクドライブが読み込めない時に復元するには? の続きを読む

ブルーレイディスク(BD)のデータが消えた時に復旧するには?

「BD-R」、「BD-RE」、「BD-ROM」 -ビーディー
(Blu-ray Disc Read Only Memory-ブルーレイ ディスク リード オンリー メモリー)とは、
ブルーレイのディスクを使用するデータ読み込み専用の記憶装置で、
CD-RWやDVD-RW、DVD-RAM、MOなどに継ぐ次世代型光ディスク媒体の再生機器です。

BD-REディスク

記録面(裏面)の耐久性がさらに改善されてCD、DVDよりも優れた保存性を持ち、
またDVDの5倍以上もの容量でデータを保存する事ができます。

BDはDVDやCDディスクより更に高画質で再生できるので映画など映像コンテンツの分野でも活躍しています。

BD-Rドライブが開けなくなった場合

ブルーレイディスクはDVD以上に優れた保存性を誇る最先端のディスクなのですが、
記録面に深いキズがつ付いたり紫外線や湿度、高温、低温などにさらされて
ディスクが傷んでしまった場合、保存データの再生や読み出しに支障が出るケースもあります。

ブルーレイディスク(BD)のデータが消えた時に復旧するには? の続きを読む

Blu-ray Discのデータを復元するには?

『ブルーレイディスク』は、現在非常に幅広く普及しているデータ記憶メディアです。

読み方は英字:Blu-ray Disc、略語:BD(ビーディー)、
カタカタ読み:ブルーレイディスク(ぶるーれいでぃすく)。

青紫色半導体レーザーを使用する事からそう呼ばれる直径12cmの保存メディアで、
CD、HDを上回る規格を備えた次世代型光ディスクです。

データの記憶量はDVDの5倍以上(1層25GB、2層式ディスク、50GB)と言われ、
更に驚くべきことに多層化による200GBくらいの大容量化も可能とされています。

ブルーレイディスク対応メディア

多くのブルーレイディスク対応 再生・保存用機器では従来のCDやDVDの使用も可能です。

身近なところでいえばパソコンに内蔵できる・[BDドライブ]が対応されていますね。

圧倒的な大容量のデータ保存を誇る次世代のデータメディア媒体として
Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)の活躍、普及が期待されています。

Blu-ray Discのデータを復元するには? の続きを読む