『データベースの修復』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。
データベースの修復 のカテゴリ


ページ案内

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。





レンタルサーバで契約期間が終了して消えたデータは復旧できる?

ネットワーク上で契約期間を決めてデータベースのスペースを使用できる
「レンタルサーバー」(rental server/ホスティングサービス)を使っている時、
契約の有効期限が切れてログインや閲覧ができなくなり、

ウェブスペース上には必要なデータがまだ残っていたり、引き続き利用を継続したい、
といった際に、保存していたデータを復旧することはできる?という疑問について。

Not Found

まず、契約されているサーバホスティングの運営会社から提供されていますサービスの内容と、
ご利用の期限が終了してからどれくらいの時間が経ったか、などの状況によって変わってきます。

たとえば、ホームページに使っていたホスティングサーバの契約の有効期限が切れると、

「404 Not Found ページが見つかりません」や「Forbidden」という画面が表示されたり、
レンタルサーバーのサービスを提供されている企業サイトのトップページに自動で移行します。

ですが、サービスの内容次第で、契約期間が終了してからまだあまり時間が経っていなければ、
延長の契約をすぐに行うことで、表示上では消えた状態でも、データベースのディレクトリごと、
インターネットデータセンターのサービスで運用されているサーバ内にまだ保存されている
データを復旧できる場合もあります。

レンタルサーバで契約期間が終了して消えたデータは復旧できる? の続きを読む

FTPで転送したファイルが破損する原因は?

ネットワーク上でファイルを転送する機能を持つ
[FTP](File Transfer Protocol/ファイル・トランスファー・プロトコル)は、
レンタルサーバー上のファイルマネージャーやブログ、ホームページなどで
アップロードを行うためにデータを送信する機能として、普及して使われています。

しかし、まれに何かの理由で転送先で拡張子が壊れてしまい、インターネット上で開こうとしたり、
パソコンの内蔵HDD/SSD、外付けハードディスク、RAID、NASなどに保存して展開しても
ファイルが破損しているために開けない事例も出てくることがあります。

そんな時に何か思い当たりそうな原因は?という疑問について。

まず、インターネット上へのアップロード用に管理されているファイルマネージャー
(コントロールパネル画面)があればそちらにログインして、ディレクトリの状態を確認します。

サーバの接続先で、HOSTの設定やホスト名、ユーザー名、パスワード
正しい入力で設定されているかも念のためチェックしてください。

FFFTP設定

一部の種類の拡張子のみが正常に表示されない場合は、
拡張子の構成自体が破損しているのではなく、違う原因である事も多いです。
 
例えばインターネット上では通常閲覧できない[.psd]などの画像だったり、
解凍が必要な圧縮ファイルや、その形式に対応された専用の
読み込みできるアプリケーションが必要な場合がよくあります。

なので、FTPサーバから新しく保存したファイルが開けなかったりユーティリティーなどが
セットアップできない時は、WEB上から展開ができるアプリケーションを探して
パソコンにインストールして使えば、開ける可能性があります。

また、アップロードした直後はJPGやGIF、PNGなどの画像が
「×」状態でウェブページ上で表示できない事があります。

その時はしばらく待ってみるか、再読み込みをすると正しく映る事もあります。

次に、実際にファイルが破損する原因としまして、まず拡張子のサイズが数GB~数十GBと
かなり大きいものだと、ファイルマネージャーにアップロードするのに時間がかかります。

その間に転送エラーがどこかで発生して100%正確にコピーできずに壊れたり、または
ファイルマネージャーのサーバーが大容量のファイルに対応できずに送信に失敗する事もあります。

ファイル名や拡張子の名前などがもし書き換わっていたら、コントロールパネルの画面から
名前を変更したり、上書きする形でその拡張子だけを
ウェブ上のアップロード機能などを使って再度、送信してみてください。

FTPで転送したファイルが破損する原因は? の続きを読む

PHPファイルのテキストを失った時に修復するには?

「PHP」(Hypertext Preprocessor – ハイパーテキスト・プリプロセッサー)は
そのままアルファベットで「ピーエイチピー」とも呼ばれる、
動的なWEBページ用のサーバーサイド・スクリプト言語(またはファイルの名称)です。

オープンソースの「WordPress」(ワードプレス)のようなウェブログ作成のための機能でも
取り入れられていて、パソコンの一般ユーザーにも取り扱う機会が多いテキストファイルでもあります。

HypertextPreprocessor

この[.php]の拡張子は例えばホームページやウェブログサイトではレンタルサーバースペースの
ファイルマネージャーのサービス上の領域にFTPやアップロード機能、バックアップからの
インポート機能などを用いて、構築したデータベースやディレクトリ上に組み込むことで作動します。

しかしパソコンに圧縮形式などで保存した後のPHPのファイルは他のデータ構成上の役割次第では
ホームページやブログなどで編集画面から更新した時に、
少しずつ中身のソースの記述が書き換わる事もあります。

PHPのソースコードの表記はブログのテンプレートやCSSと同じく非常に複雑で、少し文字の記入の
修正をして誤字や脱字、配置の間違いが出ただけで頁のレイアウトが大幅に崩れる事も少なくありません。

しかも場合によってはページな内の一区画が丸ごと消えたり、
サイト内のページが全て真っ白になってしまうエラーも起こります。

さらにひどいトラブルの場合は管理画面にまで影響して、
ホームページが表示されないどころかログインもできなくなるケースもあります。

このようなPHP上の深刻な問題が発生した時にはどのように対処して修復すればいい?という疑問について。

[ウェブサーバー上のデータが破損した場合]

まず、特によくあるトラブルの解消として、ウェブサーバーに送信していたサイトが
PHPのソースコードの崩れで破損した場合は、ひとまず少し前の壊れる前の状態に書き換えます。

PHPを編集する前に先に、メモ帳やテキストエディタのシートに「すべて選択⇒コピー⇒貼り付け」の
手順で全部の文字を事前に念のために簡易的にバックアップしていれば、作業は簡単です。

ホームページの管理画面が問題なく作動していれば、
それを編集画面に貼り付け直して保存すれば、ほぼ間違いなく元に戻ります。

ブログのソフトウェアをアップデートしたりアップグレードした時に更新前の設定がカスタマイズしていた
phpごと書き換わってしまった、という場合も、やはりバックアップの分を参考にして作り直すと早いです。

前の状態のテキストをバックアップしていなかった時は、もしWodrPressなどの有名なシステムであれば、
インターネットからソースコードの見本が飾られているページを探したり、
同じテンプレートを再度取り込みして、正常なソースを見つけ出してください。

PHPの編集に慣れていればもちろん自分自身でテキストを正確に書き換えてもいいのですが、
まだ初心者の方は、なるべく配布されている正確なソースを使われた方が安心です。

PHPファイルのテキストを失った時に修復するには? の続きを読む

ホームページのプログラムが破損してログインできない時の復旧

インターネット上でアップロードするホームページを作成・編集する時に、
「html」や「php」、「cgi」、「css」などのページを構成するファイルが
ソースをうっかり書き間違えたために破損してしまった、という場合について。

例えば「Wordpress」(ワードプレス)といったプログラムで多く使われる
PHP Hypertext Preprocessor」(ハイパーテキスト・プリプロセッサー)の
拡張子の内容は、ひとつ誤字や脱字をしてしまうだけでも大変な事があります。

【主なトラブル例】

・ソースのタグ(変数・関数)の記入ミスが原因でページが真っ白になった。
・インターネット上でURLページを見たらページが文字化けしていた。
・大事なプログラムの拡張子をまちがえて削除や上書きをしてしまった。
・レンタルサーバー上のデータベースが損傷して正常に使えなくなった。
・更新中に原因不明の障害が突然発生して管理者ページにログインできなくなった。

よくある事例で、編集した後で画面が真っ白になったりエラー発生の文字が出て、
HTMLのソースがエラーページの表示用の簡易的なコードのものに入れ替わり、
正しくページが映らなくなるトラブルが非常に起こりやすいですね。

エラーコード

ディレクトリの構成やシステムの稼働に重要なPHPファイルなどをカスタマイズする時に間違えて
記入ミスをしたまま保存をすると、動的なページ生成のためのプログラムは静的な固定ページと違い、
ホームページやブログ全体が管理画面ごと見れなくなるケースが出てきます。

公開用ページのみが一時的に開けなくなっただけならまだすぐに表記を間違えた
特定のテーマ(テンプレート)を管理画面から以前の状態に戻して保存をし直せば、
また正常な公開の状態に戻ります。

しかし、レンタルサーバー上にアップロードしたプログラム全体に
影響が出るようなファイルのソースコードをうっかり崩して保存してしまい、
編集画面にログインできなくなると、同じ手順では元に戻せなくなってきます。

ホームページのプログラムが破損してログインできない時の復旧 の続きを読む

WordPressをレンタルサーバー上からバックアップ

現在、世界でも特に利用者数の多いオープンソースのブログ作成ツール
「WordPress」(ワードプレス)は、[MySQL]の機能などから
自分自身でレンタルサーバー上でデータベースを管理する事が出来ます。

ブログ(WEBLOG)は普通のホームページと違い
基本的にインターネット上でウェブページを作成して保存する仕組みで、
サーバー上にアップロードして使うWordPressもその点では同じです。

新しくページを作成して更新した時、PC上のフォルダ上ではなく
レンタルサーバ上のスペース(ファイルマネージャー)に保存されます。

そのため、もしも何かの操作ミスで間違えてページを消去してしまうと
レンタルサーバーをお使いの場合、簡単には元に戻せなくなってしまいます。

また、稀に管理サービス会社の方である日、突然何らかのシステム障害が起こり、
保存先のデータベースが破損してしまう、という可能性もあります。

そのため、WordPressで作成したブログのディレクトリは
もしもの事態に備えて定期的にインターネットから保存する形で、
所有しているパソコン等にバックアップを取る事が非常に重要になります。

まず一つの簡単なバックアップ手順として、WordPressのダッシュボードの管理画面から
「投稿」⇒「投稿一覧」⇒各記事タイトルを順に開き、本文の文章を選択してコピーします。

記事の文章をメモ帳やWord、テキストエディタに貼り付けて名前を付けて保存します。

画像ファイルは右クリックで「名前を付けて画像を保存」で
パソコンのフォルダ上に、または外付けハードディスク、RAID、NASなどにバックアップして、
いつでもデータ復旧ができるようにします。

一つか二つ分の記事ページを臨時にバックアップする際はこの簡易的な操作でもすぐにできるのですが、
数百ページ分の日記や記事をまとめて保存する時には、以下の方法を行ってみましょう。

エクスポートで保存

まず、記事ページ等をテキストエディタ用にバックアップする際には、
WordPressの管理画面で「ツール」から「エクスポート」に入ります。

WordPress

「すべてのコンテンツ」を選択して「エクスポートファイル」のボタンを押して
「保存」をクリックすると、パソコンの指定のフォルダに保管されます。

[wordpress.日付.]~が完了しました。]
というメッセージが出たら「ファイルを開く」で内容を確認します。

WordPressをレンタルサーバー上からバックアップ の続きを読む

ATOKのユーザー辞書を修復するには?

ATOK(エイトック)とは、株式会社ジャストシステム(JustSystems)より
開発・販売されている日本語入力システム・かな漢字変換ソフトウェアです。

ATOKは『Advanced Technology Of Kana-Kanji Transfer』の略称。

単体で販売されている物と、ワープロソフト「一太郎」に付属した物があります。

使用されるコンピューター機器のOSの種類によって各種、販売されています。

・Windows=『ATOK 2011 for Windows』
・Mac OS X=『ATOK 2011 for Mac』
・Linux=『ATOK X3 for Linux』

日本語を入力していく際に様々な漢字などに変換していくと、それらの単語の
パターンがユーザー辞書のフォルダに保存されていきます。

テキストを日々たくさん打ち込んでいく際にとても便利なツールなのですが、
ある時オペレーティング・システムの不具合でデスクトップが開けなくなったり、
誤ってユーザー辞書を消去してしまったり、パソコンのハードディスクが壊れたりすると、
また最初からATOKに変換を覚えさせなければならない事もあります。

そんなトラブルに対処できるようにするために、ATOKにはユーザー辞書を
事前にバックアップしておく事が出来る機能が搭載されています。

ATOKのユーザー辞書を修復するには? の続きを読む

IMEの辞書ツールを初期化して修復するには?

IME(Input Method Editor:インプット・メソッド・エディター)とは、
パソコンなどの電子機器で使用されている、文字の入力補助ソフトウェアです。

例として、Microsoft Windowsではデスクトップ画面の右下にあるタスクの
言語バーに、IMEパッドとしてマークが表示されています。

これを押すと、手書き、文字一覧、ソフトキーボード、総画数、音声入力
という項目一覧が出てきて、これらのツールを文字入力の際に使用できます。

またIMEには、入力されていく文字言語の設定をコンピューター上で
インプットして使いやすくする学習機能もあります。

しかし長い間IMEを使っていくうちに、おかしな変換をしてしまったり、
変な文字の入力に変換されるようになってしまう事があります。

またユーザー辞書が機能として壊れてしまい、ちゃんと入力ができなくなる
トラブルが発生して、一旦初期化する必要が出てくる時があります。

IMEの辞書データを修復するには、ツールバーの真ん中辺りにある工具箱のアイコンを押して
プロパティ⇒辞書/学習のタブ⇒辞書ツールの【修復】を押して、
「実行しますか?」の選択肢で「はい」を押します。

まずはIME ツールバーの [プロパティ] ボタンをクリックします。

[辞書/学習] タブをクリックして最前面に表示します。

[ユーザー辞書] の [修復] ボタンをクリックします。

これで、文字入力が元に戻れば初期化が完了です。

IMEの辞書ツールを初期化して修復するには? の続きを読む

VMware Workstationの仮想化マシンのデータ修復

VMware Workstation(ヴイエムウェア・ワークステーション)とは、
アメリカのコンピュータ用ソフトウェア開発・製造メーカー『VMware』から
販売されている、デスクトップ仮想化製品のソフトウェアです。

デスクトップ仮想化とは、コンピューターの中にソフトウェアで仮想マシンを作り、
サーバ仮想化と同じく、デスクトップ環境を改良してWindows等のOSで運用出来る
VDI(Virtual Desktop Infrastructure:バーチャルデスクトップインフラストラクチャ)という技術です。

仮想機械の運用

仮想機械(バーチャルマシン)の作成をすればパソコンやサーバー1台(1組)でも
複数のOSや違うアーキテクチャのソフトウェアを使用して、
複雑なパターンでの作業を同時に行える、などのメリットがあります。

ただ、あくまで1台のハードウェアの中で複数のコンピューターを仮想化するため
PCやサーバ本体の性能を十分に高くする必要があり、もしパーツの性能が低く
動作環境が満たないと、読み込みの処理速度が遅くなったり、場合によっては
途中でエラーやフリーズが起きて、十分にメリットを生かせない可能性もあります。

また、ソフトウェアによってはライセンスを新しく取得する必要も出てきます。

VMware Workstationをはじめとする仮想化マシンの環境では取り扱うデータの量も
通常で使用しているパソコン環境よりも膨大なものになるため、
ハードディスクに保管しているファイルや、システムの設定状況の保護も重要です。

VMware Workstationの仮想化マシンのデータ修復 の続きを読む

「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」と出た時の修復

Microsoft Windows(ウィンドウズ)のOSで使われている「ユーザープロファイル」【user profile】は、
コンピューター上でユーザー別のプライベート用にログインできるように設定した特殊なフォルダです。

要約すると使用者ごとにそれぞれ展開・使用ができる、保護された特別な領域です。

(注意:『ユーザープログラム』(user,s programs)は
ユーザーが開発したプログラムの事で、ユーザープロファイルとは別のものです。)

ですがある時、普段どおりにユーザー別でのログオンが急に失敗してしまい
アクセスできないようなアクシデントが出てしまう場合があります。

ユーザープロファイルが読み込めませんでしたので、
既定のシステムファイルを使ってログオンしました。

というエラーメッセージが表示されて、こうなると違う設定環境で開かれて、
ユーザープロファイルに保存してあったHDDの重要なデータが開けなくなってしまいます。

(初心者の方には少し難しいかもしれない作業が多いので、無難に直したい時には、
 専門のパソコン修理サポートやデータ復旧サービス業者の方に注文して、
 初期診断を受けてから修復の作業を行ってもらってください。)

「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」と出た時の修復 の続きを読む

FileMaker(ファイルメーカー)の修復コマンドの使い方

FileMaker(ファイルメーカー)とは、アメリカ合衆国のソフトウェア会社
[ファイルメーカー社:FileMaker Inc]により開発されている、
WEB公開機能搭載のデータベース構築ソフトウェアです。

主にFileMaker Pro11FMP) や、サーバー用のFileMaker Server11/Advanced
といったソフトが現在販売されています。

データベースの新作成・構築の手直し・管理・更新といった作業を行っていくと
ファイルの書き換えがかなり頻繁に行われる使い方になる場合も多いため、
稀に一部のデータが破損して、読み込みや書き換えが出来なくなる事があります。

ホームページビルダーといったアプリケーションソフトと同じく、
FileMakerには破損したファイルを開く際に、自動的にプログラム損傷箇所の
回復が行われる「自動修復機能」が標準で備わっています。

これによって、急にパソコンの電源が停電などで着れたり、アプリケーションのエラーや
オペレーティングシステムのフリーズによる強制シャットダウンが起こって
名前を付けて保存ができなくても、最後の更新ポイントの状態から復旧ができます。

また、メニュー画面の[ファイル]にあるコマンド『一貫性チェック』を使って、
不良ブロックが発生していないかをいつでも検査する事も出来ます。

何かDBに問題がありそうな時は、すぐに名前をつけて保存をして
その際に『最適化コピーの保存』を指定してフォルダに書き込みましょう。

しかしこれらの機能でも破損箇所が直らなかった時のために、壊れた箇所を
直すための「修復コマンド」の機能が搭載されていますので、もし急に
作成したデータベースが破損した時はまずはこの搭載ツールを使用してみましょう。

FileMaker(ファイルメーカー)の修復コマンドの使い方 の続きを読む

SQL Serverのデータベースを復元するには?

Microsoft SQL Server(マイクロソフト・エスキューエル・ サーバー)は米国:マイクロソフトにより
開発・販売されているRDBMSこと、リレーショナル・データベース管理システムです。

また、SQL [エスキューエル・シークェル:Structured Query Language]とは
リレーショナルデータベースの取り扱いをする構造化照会言語です。

データベースを構成するアクセス権を定める定義言語と、
テーブルに対してのデータ追加・更新・削除を扱う操作言語があります。

SQLサーバーに保管されたデータファイル群も、PCや他の種類のサーバ、周辺機器の記憶装置と同じく
作成したら作った分だけのデータをバックアップなどの対策手段で保管をしておく必要があります。

コンピューターは急な落雷や台風、地震、強打、埃の侵入などの
外部的な影響で故障して動かなくなるアクシデントも起こるためです。

また、誤ってテーブルを削除してしまったり、全く違うデーターに
上書きして損失してしまった分は上手く対処しないと復活が難しくなります。

主な事前対策の方法としてまず、RAIDやNASの装置の導入によるミラーリング
(ハードディスクの二重化)をサーバ機器にセッティングして、片方のHDDのグループが
破損してももう一方のグループでデータ復旧をして稼動を続けられるようにするシステムの導入。

次に、自動バックアップのシステムを専用ソフトウェアや専門業者への依頼で
整えて、更新ファイルを常に作っておく手段などが有効です。

また、Microsoft SQL Server自体にも標準で「バックアップと復元」のセクションが
付いていますので、マニュアルを見てセットアップを行うと更に安全管理の幅も広がります。

SQL Serverのデータベースを復元するには? の続きを読む

電子ファイリングの新規データ入力中にトラブルが起きたら?

近代的な管理方法:電子ファイリング【Electronic Filing】とは、オフィス上や産業で取り扱われる
文書を紙媒体ではなく磁気ディスクや光学メディア、半導体メモリなどの保存装置に
電子ファイルとして作成して、より簡単に保管や運用を行う方法です。

電子ファイリングシステムによる運用

具体的にはハードディスクやSSD、MO、DVD-RAM、超ミニUSBメモリ等に
拡張子ファイルを新規で書き込み保存をします。

書籍と違い置き場のスペースを削減できる上に、インターネットや
イントラネットでの接続で遠くの場所へコピー転送できる利点が強みです。

テキストや図面のアナログ紙面媒体をデジタル上に変換して
パソコン上に打ち込む作業を『データ入力』と言います。

また、デジタル上に作られた情報媒体を書類やインターネットや新聞誌などで
大勢の人が閲覧できるようにしたものを『電子ファイリングシステム』と呼びます。

ただ、新規にデータを入力している途中作成の段階では
うっかり保存ミスなどをしないように注意する必要もあります。

電子ファイリングの新規データ入力中にトラブルが起きたら? の続きを読む

ウェブスペース上のデータログが消えた時の直し方は?

インターネット(INTERNET)上ではご存知、ホームページやブログなど、
レンタル型WEBスペース・ファイルマネージャを提供するホスティングサーバの
プロバイダサービスを、アカウントを取り、好きなサービスに登録して使用する事が出来ます。

他にも掲示板やメールフォーム、アクセスカウンター、ウィキ(wiki)、ニブログといった
様々なウェブスペースを作成して、インターネット上に公開することが可能です。

これらのウェブページを作って拡張したり更新を行うには、
ログファイルの置き場(データログのスペース)にアップロードしたり、
テキストの書き込みを行い投稿送信をする事で実行できます。

しかしこのデータログ【Datalog】は、ネットワークを通して接続している
ウェブレンタルスペース上に存在し、自分のパソコン内部で管理されている
ハードディスクドライブの方にある、というわけではありません。

そのため、運営側の方でいつ、サーバログが何らかのシステム障害で壊れたり
消えてしまうと、今までに更新したログが無くなってしまいます。

また誤って書き込みページやアップロードファイルを削除したり、
FTP【File Transfer Protocol -ファイル転送プロトコル】のツールで
うっかり上書き送信してしまうと、かののデータは無くなってしまいます。

インターネット上の領域はデータの復元ソフトウェアでは直す事が通常、出来ません。

これらのトラブルで失ったログについてはまた別の直し方を使う必要があります。

ホスティングサーバからのエクスポート

まず、事前に準備をしなければ行えない復元の仕方なのですが、
ホスティングサーバのレンタルサービスにエクスポート機能がある場合は
そちらから全てのログファイルをご自身のパソコン、または外付けのHDDやRAID、
テラステーション、リンクステーション、ランディスクなどのNASにデータをバックアップします。

例えばブログの場合でしたらTerapadやサクラエディタ、MT Log Reader、メモ帳
などのテキストエディタで開ける文章ファイルを取っておき、いざという時に
インポートやアップロード、FTP送信でウェブスペース上に送り直る方法が大変頼りになります。

ウェブスペース上のデータログが消えた時の直し方は? の続きを読む

筆まめや筆王のはがき作成用住所録を復旧するには?

オリジナルハガキの作成用ソフトウェアで現在大手のユーティリティには、
株式会社クレオから販売されている『筆まめVer.20』(ふでまめ)や
ソースネクスト株式会社[SOURCENEXT]の『筆王ZERO』(ふでおうゼロ)、
富士ソフトの『筆ぐるめ』(ふでぐるめ)等があります。

年賀状やクリスマスカード、暑中見舞い、残暑見舞い、寒中見舞い、ウエディングペーパー、
誕生日カード、名刺、ちらし、企業からのお便りや告知、といった様々な用途での
はがきに、写真やCGイラストの画像合成、デジタルロゴなど色々なデザインを付けて、
またデジタルの文字入力やインクジェットプリンターでの印刷も可能です。

個人で大勢に宛てるため年賀状を書く時や、法人関連で大勢のユーザー様に
感謝御礼や宣伝用のお便りを作成する時は、住所録が必要になりますね。

手書きのメモやノートブック、電話帳などの紙媒体に書かれたものからコンピューター上に
データ入力をして、筆まめや筆王の住所録に保存しておくと、その時だけでなく今後、同じところに
葉書を出していく際にもすぐに住所やお名前を引き出せるので作業時間の短縮にも役立ちます。

無くなったアドレスリストの戻し方

しかし仮に、例えば一年くらい経って年末に年賀状を書く時期になった時に以前に取ってあったはずの
住所録のリストが無くなってしまった場合はどうすれば復元できる?という疑問について。

一番良いのは、筆まめや筆王、筆ぐるめでハガキを作り終えて一段落するたびに
設定画面から作業後または作業中の住所録ファイルを、MOやDVD±RW/ROM
などのリムーバブルディスクにコピーしてバックアップを取っておかれることです。

アドレスや氏名の文書を書きかけの場合に間違えて違うものに上書きしてしまった
場合でも、住所録のバックアップを作成しておけば、後で設定画面の「復旧する」
と書かれたアイコンで、ファイルを置き換えて元に戻す事も可能です。

また、同じようにハガキの画像・グラフィックやロゴを製作したファイルを失ってしまうと
後で作り直すのが面倒になってしまいますので、ついでに外付けハードディスクやRAID、
NASといった外部記憶メディアに住所録とともにコピー&ペーストなどの方法で、
データのバックアップを取っておかれましょう。

パソコンの再インストールやHDDのフォーマットなどで住所録を消去してしまった場合は、
それ以上のハードディスクへの新しいデータの上書きはは控えて、
データリカバリーサービスに出して、復元してもらうことを推奨します。

筆まめや筆王のはがき作成用住所録を復旧するには? の続きを読む

Accessで削除したファイルを復元するには?

今や世界的に拡大・普及を続けているパーソナルコンピューターで使用する
「Office」(オフィス)の業務用ソフトウェア『Microsift Access』(アクセス)は、
Windows(ウィンドウズ)でもおなじみ「Microsoft」(マイクロソフト)から
開発・発売されているオフィススイートのアプリケーションです。

Access

このAccessで作成していたデータベース(Datebase)の「.accdb」などの一覧表のファイルを
間違えて削除してしまったり、上書き保存する前にテキスト文などを消してしまったら
どうすれば復元ができる?という疑問について。

※こちらの実例では、Microsoftの[Windows 8.1]のオペレーティングシステムを用いて、
『Microsoft Office Professional 2013』(マイクロソフトオフィスプロフェッショナル)の
Access 2013』を使用した場合での一例を記載いたします。

取り消し機能

まず、AccessもExcelやWord、その他数多くのアプリケーションと同じく、
一度行った操作から一入力の分、前の段階に戻る「元に戻す」(アンドゥ)の機能があります。

誤ってデータベース表の一部を削除してしまったり、どこかで入力ミスしているのに気づいたら、
「Ctrlキー+Zキー」を押すか、画面の左上部分にある左側のUターンの矢印ボタンを押すと、
前の段階の入力の所に一回分ずつ戻していく事ができます。

元に戻す

(※一度Accessのウィンドウを閉じるとキャッシュメモリに一時的に記憶されていた
 アンドゥのデータが消えてリセットされてしまうので注意してください。)

Accessで削除したファイルを復元するには? の続きを読む

コンピューターウイルスに破壊されたデータを直すには?

コンピューターウイルスがハードディスクに拡大感染してしまい駆除・隔離が手遅れになり、
貴重なデータファイルやシステムが破壊されてしまった時に回復する方法について。

まず、一番理想的な手順はやはり、予め外付けHDDやBD-RE、DVD-RWなどの
補助記憶メディアにとってあったバックアップデータを使い、
ウイルスを駆除済みのパソコンにコピーで移し変えて直すのが確実です。

しかしパソコンユーザーの多くの方はやはり、あまりハードディスクのバックアップを行われていない、
という現状であるケースが多く、換えの効かないファイルやシステムが破壊された場合には
他の方法を取るしかありません。

まずはWindowsにある『システムの復元』や『ファイル履歴』を使えるか、確認されてみてください。

またWindow Vistaや7の上位エディション、8や8.1をお使いの場合は、
独自のデータ保護機能から元に戻せる場合もあります。

復元ポイントが感染前の日付でしたら、これでほぼ直ることでしょう。

システム上の機能で元に戻らなかった時は、株式会社インターチャネルの
【ファイル救出 データメディック ウイルス対応版】といった、
ウイルス感染ファイルに対応されている市販のデータ復元ソフトを使われてみましょう。

ウイルスに感染したファイルは一度駆除してから元に戻しますので、
またワーム型プログラムに汚染される心配はありません。

また、OSが開けない状態でもCDブートからの起動も可能です。

コンピューターウイルスに破壊されたデータを直すには? の続きを読む

レジストリエディタからエクスポートする手順とは?

システム設定やアプリケーションソフトウェアなど、コンピューター内部の
記録がデータベース化されている部分を【レジストリ】と呼びます。

この部分がもし破損してしまうと膨大なデータが壊れてしまうため、
レジストリエディタを使ってエクスポート(バックアップ作業)を事前に行っておくと安心です。

Registry Editorの起動方法

まずはスタートメニューの『ファイル名を指定して実行』画面で
regedit】と入力⇒検索し、レジストリエディタを起動します。

上部メニューのファイルからエクスポートを選択します。

書き出ししたい範囲と保管場所を指定して、保存を押して完了です。

レジストリエディタからエクスポートする手順とは? の続きを読む

電子辞書や電子手帳のデータが見れない時に復旧するには?

お使いの「電子辞書」(electronic dictionary)や「電子手帳」(electronic organizer/note)、
またはそれらの機能が搭載されたノートパソコンなどの電子媒体が持ち歩き中に
水濡れ・水没してしまったり、しばらく使っていないうちに電源が起動しなくなった場合、

また熱や湿気、錆、土汚れ、強い衝撃や踏み付けなどの原因で故障してしまうと、
今までに書き込んで記録していた内容が全部見れなくなってしまいます。

ですが、液晶モニターが割れたり、操作入力キー(ボタン)が割れただけで
まだ電源が付く場合でしたら中身の機能やデータ保管部分の回路は無事であることも多いです。

電子計算機(electronic branch exchange)自体は、
メーカー先のカスタマーサポートの修理サービスの受付に出して故障を直してもらうか、
あるいは初期不良の場合などでは新品に交換してもらう事で解決できます。

ですが、中身のデータの方までは通常、メーカーの方では復元サービスまでは行われていません。

そんな時にはどうすれば保存していたファイルを復旧できる?という疑問について。

基本的に電子辞書や電子手帳は、パソコンなどのコンピューターで内部のデータに
接続ができない製品は、コンピューターの修理サポートにて本体の故障を
直してもらわれることをおすすめします。

電子辞書や電子手帳のデータが見れない時に復旧するには? の続きを読む

新しいフォルダを作成してデータを分割管理する手法とは?

PCのプログラム上で新しく作成したファイルフォーマットやインターネットからインストールした
ソフトウェア・ファイルは基本的に、パソコンのマイコンピュータに表示されている
ローカルディスク、またはリムーバブルディスク・共有ドキュメントに保存されます。

パソコンを長く使っていくうちに新しいファイルやアプリケーションプログラムは何百・何千と増えていきます。

だんだん一件一件のデジタルデータを探して開くのに時間と手間がかかるようになります。

また、どこに配置してあったかわからなくなったり、間違ってゴミ箱ツールに
他の不要なファイルと一緒に移動させて消してしまうなどのトラブルが起きてしまう場合もあります。

なので、それらのミスを防ぐためには、『新しいフォルダ』を多く作成して各プログラムファイルの
ジャンルや拡張子おきに区分けして保管しておくと、大変便利かつスムーズに作業がはかどります。

共有フォルダーの作成

[新しいフォルダ]はマイ コンピュータの画面上で右クリック⇒新規作成⇒フォルダー
と押す事で簡単に作る事ができます。

ハードディスクドライブの領域だけでなくDVD-RWやSDメモリーカード、MOやUSBメモリ、
外付けHDD、RAID、ネットワークアタッチストレージなど、
書き込み可能なデータ記憶装置でしたらどこでも作れます。

新しいフォルダを作成してデータを分割管理する手法とは? の続きを読む

イントラネットの構築での共有データが損傷した時は?

イントラネット(Intranet)とは企業や法人、団体のコンピューター間に限定された
インターネットの独自システムで、本社・支社などの社内で通信したい時に、

データを共有したい時に構築・運営する、普通のインターネットからは独立した
ネットワーク・システムの事です。

また、他社・他団体とのイントラネットと共有する
エクストラネット(アウターネット)というさらに大規模の専用ネットワークもあります。

イントラネットは限られた通信環境で構築されるため、セキュリティ対策には非常に優れています。

しかし一応ファイヤーウォールなどの防御システムは備えていないとなりません。

特に、広範に拡張されたエクストラネットの場合、どこからか不正なアクセスや不明なラベルの
問題のあるファイル、コンピューターウイルスプログラムの侵入などの被害に遭ってしまい、
データの喪失やシステムの損傷が起きる可能性もあります。

イントラネットの構築での共有データが損傷した時は? の続きを読む

ファイルを開くことができません。のエラーを修復するには?

[Microsoft Windows](マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムを搭載した
パソコンを使用中に、エクスプローラーで開く内部のフォルダやインターネット上のデータベースで

『ファイルを開くことができません。』
『壊れているか対応していない可能性があります。』
『ドキュメントから応答がありません。』

といったエラーメッセージが突然フォルダ上で表示されてしまう事が稀にあります。

Excelのワークブックやmp3、wav、eps、psdなどの拡張子、またメールの添付ファイルなどで
特にパソコンは故障していないはずなのに開けない、
というファイルを開くことができないトラブルが起きた場合の修復方法について。

まず、今までにアプリケーションソフトで作って保存していたデータなどで、
正常に使ってこれたファイルが開けない時は、拡張子がフォルダから消去されていたり、
前回の上書き保存が失敗した、などの理由で実際にファイルが壊れている可能性が高いです。

ひとまず保管先のディレクトリーを開いて、正常にファイルが表示されるか確認します。

拡張子名やファイル名がもし変更されていたら、元の名称に戻します。

また、データが破損していた場合は、bakファイルを開くか、またはUSBハードディスク、RAD、NAS、
DVD-R、USBメモリ、クラウドストレージなどの場所に、
バックアップしたデータがどこかにあれば、そちらから引き出して復元します。

ファイルを開くことができません。のエラーを修復するには? の続きを読む

ドメインの契約期限が切れた後でサイトは復元できる?

ホームページやウェブログはレンタルスペースの使用から
有料サービス、独自ドメインの購入など様々な契約コースがあります。

どのURL契約プランにも、全てドメインの使用により成り立つものなのですが、有償でオリジナルの
ドメインを購入してサイトを開設した場合、契約期限と禁止事項には特に注意する必要があります。

ドメインの契約期間は1年~3年コースなどがありまして、期間が過ぎる
一ヶ月辺りに更新手続きの通知メールが来るため見落とされないようにご注意下さい。

もしドメイン契約の更新を行わなかった場合、ファイルマネージャ内にアップロードしていた
HTMLページやjpg、png、gif拡張子等の画像、mp3、phpなど全てのデータファイルも
自動的に削除されてしまい、

『HTTP 404 – ファイルが見つかりません』『エラー: このリンクは無効です。』
『Page not found ご指定のファイルが見つかりませんでした』
といった、無効ページの表示画面にURLアドレスの中身が変わってしまいます。

無期限に使えるレンタルスペースの場合は、HP使用の禁止事項に特にご注意下さい。

もしも何らかの重度の違反を起こされてしまわれた場合、通知無しにアカウントを削除されてしまい
サイトもファイルマネージャごと消去されてしまう可能性もあります。

ドメインの契約期限が切れた後でサイトは復元できる? の続きを読む

CADのデータを失ってしまった後で復元できる?

IT機器や建築の設計データとして用いられる用語『CAD(キャド)』
[Computer Aided Design:コンピューターエイデッドデザイン]とは、
コンピュータを使った設計支援のことで、
それらを行うプログラムツールを「CADシステム」・「製図システム」と呼びます。

また、同じく機械等の製造工程の業務をシステム化する、CAM(キャム)
[Computer Aided Manufacturing:コンピューターエイデッドマニュファクチャリング]という分野もあります。

設計図面やデザイン等での活用

CADは様々な分野の設計に用いられてまして、主にコンピューター製品、建築、土木、工業、半導体、
電気、自動車、他機械の図面や組立のための設計図、
更にはコンピューターグラフィックの3Dデザインなどに幅広く活用されています。

キャドには各分野や設計ツールにより様々なファイルフォーマット形式で保存されます。

例:BGF、CDD、DCC、DGN 、DXF、DWF、DWG、E2、ICD、ITD、IGES、JAMA、JWC、
JWW、MCD、MPP、MPS、MPW、MPX、MPZ、MODEL、MRM、MRS、MOD、NDR、
PLA、PLN、PLS、SIMA、STEP、SCH、STL、SXF、CFIO、UFIO、GDSII、OASIS 等。

プロッター【plotter】を用いて、コンピュータから送信した図面データを
使い製図していったり、カッティングプロッターによる切り出し作業と併用で
設計図を過カスタマイズして作成するなど、様々な製作法もあります。

CADのデータを失ってしまった後で復元できる? の続きを読む

ログインIDのパスワードやデータログを無くしてしまったら?

インターネットのサービスを使ってホームページやブログを立ち上げたり、
Eメールやアバター、コミュニティを利用する際にはまず独自のアカウントと
ログイン用のIDをオンライン上で発行してもらいます。

最初のサインアップによりアカウントを得る事で、ログイン(サインイン)が出来るようになります。

ですが、しばらくログインをしていないと自分のIDやパスワードを忘れてしまい、
またクッキーの保存も消えてしまい、データログがわからなくなってしまうこともあります。

そんな時、パスワードを確認するための対処方法について。

まずはアカウント登録した時のメールアドレスにて、受信箱より登録完了メールを確認してみましょう。

自分のパスワードやIDが載っている可能性があります。

もし載っていなかった場合は、ID/パスワードを忘れてしまったら?』
『パスワードの再発行』 『IDを忘れてしまったら?』

といったリンクが管理画面手前のログインのページに配置されていないかどうか探してみます。

上記のようなリンクがありましたら、そちらのページにある窓枠に登録アカウントのID
または登録時のメールアドレスを入力して送信ボタンを押します。

次に、登録時のメールに『ID/パスワードの確認または再発行』の通知メールが届きます。

こちらでID/パスワードを確認するか、記載されている専用の
ログインアドレスより新しいPASSWORDの再設定を行う事ができます。

この方法での注意点として、お使いの電子メールのアカウントとアドレスを
すでに削除されていた場合はパスワードがわからなくなってしまいますのでご注意ください。

パスワードの再発行や確認のコーナーがどこにも見当たらなかった場合は
サービスを提供されている管理人の方にお問い合わせをされてみると
解決できるかもしれないのですが、サービスによっては手数料がかかる所もあります。

ログインIDのパスワードやデータログを無くしてしまったら? の続きを読む

サイトのドメイン移転時に各部修正による変更とメンテナンス

ウェブサイトのドメインを変えて、新しく別のアドレスに移設して改装する際には、
大量のHTML、XMLページや画像ファイルなどのデータを移動してアップロードをやり直したり、
各ページごとの校正をするなどの大作業になります。

FTP

ホームページ移行作業

当HPも、過去に旧URLアドレスから今のドメインに移転してきまして、
移設作業に勤しむ際にもかなりのコンテンツ変更やメンテナンスを行いました。

今までにこのHPも含めて何度もアドレス移転を行った経験があるのですが、その際には
適切な処置を行わなければ前のドメインでの不具合を引きずってしまう場合もあります。

実際の作業工程での体験に基づいたページのメンテナンスに必要な方法を記載いたします。

ホームページの移設をした時に行うメンテナンスは主に、
・リンク切れのある外部URLアドレスへのリンクタグをすべて削除する。
・やや内容不足と思われる一部のページには、補足の説明を追記する。
・各記事テキストの誤字・脱字を校正する。
・タグやテーマ等のお知らせのサービスを、前のドメインから書き換えて入れ替える。
・RSSフィードや個人運営サイトの外部リンクの変更を行う。
・新しいドメイン名とタイトルは、あまり大きく変更しない。
・更新前のHTMLデータは、別にバックアップを取る 、などがあります。

もしバックアップを取る前にホームページを削除して、後からデータが必要になった場合には、
以前に一度でもパソコンに保存していたファイルであれば、まだHDDに拡張子の痕跡が
残っている可能性があるため、プロのデータレスキューサービスに出して、
ドライブスキャンをして、失ったファイルの拡張子の復元を試みることもできます。

サイトのドメイン移転時に各部修正による変更とメンテナンス の続きを読む

サイトやブログのデータシステムの構築ページが破損したら?

現在、ホームページまたはブログサイトを立ち上げて管理されている方は大変多いです。
個人・企業を年齢層を問わずにウェブページの製作と閲覧がとても一般的に浸透してきていますね。

そこで、通常のホームページとブログ形式サイトの両方を作って運営されている方も大変多いかと思います。
あるいは、どちらか片方のみ製作された方も多いかと思われます。

HomePageとWeblogは同じウェブページという種類でありながらも、
htmlファイルをはじめとするデータシステムの保存・投稿・送信の仕方が大分違います。

なので、まずはここが特に注意しなければならない点の一つです。

もしシステムが破損してしまった場合には、いつくかの手順での復元方法があります。

ホームページは基本的にまずレンタルサーバーまたはドメインを契約します。

次にホームページビルダーなどを用いて自分のPCのハードディスクの中で
HTMLページや画像ファイルといったHPを構成するデータベースを作成します。

各ページの組み合わせ方やタグは1ページずつ自由に変更できるのが強みです。
そして完成したらFTP機能などを用いてサーバー元にアップロードして完了です。

ホームページのデータは基本的に全て自宅のPC環境の中での管理になります。

なので、データのバックアップは必ず行うようにしてください。

ですがもし間違って削除や上書きをされてしまうなどのミスをして構成が破損して動かなくなった場合でも、
多くの場合はデータ復旧ソフトや復元サービスの方で、修復ができる見込みがあります。

サイトやブログのデータシステムの構築ページが破損したら? の続きを読む

ウェブサイトのURLアドレス移転とHTML更新の仕方は?

ホームページやウェブログのドメインやURLアドレスを新しく取得した
別の外部サイトに移転して運営を更新する際、今までに更新したログの分や
HTMLファイルのソース(マークアップ言語)、またファイルマネージャにアップロードした
中身のデータなどは、どのような仕方で取り扱えばいい?という疑問について。

当サイトも以前にURLのアドレスを移転いたしました。
前のサイトドメインの方で、おそらく外部的に深刻な不具合が出てしまいまして、
ドメインの移転による措置を行い時間を取って、現在は順調に運営しています。

サイト移転後も内部コンテンツはそのまま移動していますので、
今までどおりご閲覧をいただけましたらと思います。

旧ページにリンクを貼っていただけている皆様、大変お手数で申し訳ないのですが、
URLアドレスの変更の方を何卒よろしくお願いいたします。

そこで、実際の移転作業を行った際に身に付けたコツや注意点について
他のウェブマスターの方々にもお役立てできますよう、解説をしていきます。

ドメイン全体の修正箇所

まず、ファイルマネージャーでは、画像やページを大量にアップロードしている場合は
削除していった方が良いのですが、その前にエクスポート機能か、右クリックの保存で
ファイルマネージャーの必要な分のデータをバックアップして、
移動先のドメインにそのままアップロードし直すとよいでしょう。

次に、ホスティングサービスでは、アカウントを削除すると、
今までの全てのページがホスティングサービスから無くなってしまい、
ドメインもいずれ他の方が使われることもあるため、そのまま残して、
リフレッシュタグや移転先のリンクを貼り付けておかれる事をお薦めします。

誤ってバックアップをする前にアカウントを削除して大事なログデータが消えた場合は、
もし以前に同じデータをパソコン上でエクスポートなどで保存していたことがありましたら、
まだ拡張子の痕跡が残っている可能性がありますので、データリカバリーサービスに
コンピューターのハードディスクなどを提出して、復元してもらう方法もあります。

ウェブサイトのURLアドレス移転とHTML更新の仕方は? の続きを読む

アクセスやエクセルのソフトウェアで管理したデータベースを修復

コンピューター上で作成してネットワーク上などの場で管理して運用するデータベース(database)は、
[Microsoft Access](マイクロソフト・アクセス)といったデータベース作成ソフトで運用することができます。

オフラインで使う簡易的なデータベースの場合、例としてエクセルではA~Z・五十音順に
並び替えたり表やシートを用いて整頓できたりと便利なツールが数多く搭載されています。

他に、窓の杜などにTCARDやWagby、FileMaker Pro 9.0 評価版、といった
データベース作成用ソフトもあります。

またWindows Notepad(メモ帳)にデータ文書を貼り付けてデスクトップ上に保存して
いつでも開けるようにする、という簡単なデータベース作成の方法もあります。

しかし、もしある時にデータベースをうっかり消してしまったり、
急にコンピューターで開けず読み込めなくなった場合はどうすればい?という疑問について。

アクセスやエクセルのソフトウェアで管理したデータベースを修復 の続きを読む

データベースが破損して消失した時に復旧するには?

データベース (Database-DB)とは、主にパソコン内やサーバー、データ保管媒体
などにまとめて保存していつでも引き出せるように管理したデータの集合体です。

データベースには、事典、名簿、住所録、企業データ、過去ログ、リンク集、
登録カテゴリー、動画、音楽ファイル、画像ファイル、などがあります。

など、インターネットや企業、自宅のパソコンなどさまざまな分野で
データベースが作成され日々活用されています。

故障したフォルダ・ファイルを復旧

PC内部の保管先でしたら、回復コンソールやファイル履歴など、
OSに搭載されているリカバリーツールをまずは使用されてみましょう。

しかし格納領域はネットワーク上にある場合など、例えばフィールドが欄たるサーバーの
ファイルマネージャに保管しある場合などは、そのアカウントの作成者の方が、提供元サービスの
管理者または受付の方に問い合わせをして交渉と依頼を行う必要が出てくる時もあるでしょう。

復活プログラムが使用できない状態の場合は、やはり安全のためにも、
データリカバリーの専門業者に注文をされてみるのが確実な方法です。

データベースが破損して消失した時に復旧するには? の続きを読む

データバンク(DATABANK)のサービス会社一覧

データバンク(Databank/base)とは、特定の分野方面や一定のルールを基準により分けられて
集められた情報の集合体で、大量に蓄積されているデーターを大規模なサーバーの管理システム
などにより巨大な保管庫(サイバースペース)として用意されている保有サービスを指します。

日本の企業概要や統計、出版、タレント、マーケティング、ソリューションなどあらゆる情報の
保存バンク(データウェアハウス:DWH)の管理提供サービスを実施された主な企業の一覧リストです。

お調べ物の検索や参照、企業情報の掲載依頼、無くしてしまった情報・記録の再発見
といった様々な用途にぜひお役立てください。

データバンク(DATABANK)のサービス会社一覧 の続きを読む