『フォルダーの消失』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧です。
フォルダーの消失 のカテゴリ


ページ案内

下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。




自動的に作成されたフォルダーを誤って消去した時に復元する方法

パソコンやモバイル端末、リムーバブルデバイスを使用していく際に、
新しいシステムやアプリケーションソフトを導入する時に、新しくフォルダーが、
HDDやSSD、NAS、USBメモリー、SDカードといったデータ記憶装置内の領域に、
手動ではなく自動による機能によって作成が行われていることがあります。

それらのフォルダーを、よくわからずに間違って削除してしまい、
後で何かの機能が不具合を起こして動かなくなったり、内部に大事なデータファイルが
保存されていたことに気づいた場合、どのようにすれば復元できる?という疑問について。

フォルダーの削除

ゴミ箱のチェックと再度のインストール

まず、ウィンドウ上でフォルダーを手動で選択して「削除」を入力して消去した場合は、
まだパソコンのゴミ箱フォルダーの中に移動する形で、内部のファイルごと残っている可能性があります。

ゴミ箱アイコンを開いて、対象のフォルダー名が残っていればそちらを選択して、
右クリックで「元に戻す」を選択すると、以前のディレクトリの位置に復元されます。

ソフトウェアによって自動的に作られたフォルダーを削除してしまった場合は、
そのフォルダーが保存されていた親フォルダーの名称を確認します。

そのユーティリティが正常に機能しなくなったら、一度アンインストールをして、
再度インストール・セットアップをし直すことで、多くの場合は元に戻ります。

自動的に作成されたフォルダーを誤って消去した時に復元する方法 の続きを読む

WordPressで構築したデータが壊れた時に復旧するには?

「WordPress」(ワードプレス)を使用してウェブページを作成・編集している時に、
更新のミスなどによって、構築されたコンテンツ管理システムが壊れてしまった時には、
どのようにすればウェブ上またはディレクトリ内のデータを復旧できる?という疑問について。

更新後にページが正常に表示されなくなった場合

HTMLソースやfunctionといった重要なphpファイルなどをカスタマイズして更新したら
ページが正常に開かなくなった、という場合にはレンタルサーバの企業から提供されています
ホスティングサービスのファイルマネージャーの画面、またはFTPソフトで、ディレクトリにアクセスします。

次に、WordPressで配布されています同じ名称の「テーマ」を、
別のWordPressのサイトをお持ちであればそちらにインストールして、パソコンにダウンロードします。

PC上の保存先のディレクトリからそのテーマの名前が付いたフォルダーを開いて、初期状態の
「function.php」などのファイルをウェブディレクトリ上の同じ位置に上書きでアップロードします。

これで、ウェブ上の公開ページや管理ページの表示が元に戻っていれば、復旧に成功です。

テーマのディレクトリ

他のWordPressのサイトがない時は、テスト用なども兼ねて仮で作成して、
そちらからインストールしてください。

事前に、WordPressでメインで使用しているテーマや一部のプラグインのフォルダーを、
初期状態、または正常に稼働できている状態の時に、パソコン上にバックアップしておかれると、
いざという時にアップロードによる上書きですぐに破損状態から修復できるので便利です。

バックアップしていたファイルが大分古いバージョンのデータだとエラーが発生する可能性があるため、
なるべくアップデートのたびに新たにバックアップをしておかれることが望ましいです。

WordPressで構築したデータが壊れた時に復旧するには? の続きを読む

Windows10の個人用フォルダーのデータを復元するには?

Microsoft(マイクロソフト)のオペレーティングシステム
「Windows 10」(ウィンドウズ・テン)をパソコンで使用されている際に、
「ドキュメント」や「ピクチャ」といった個人用の特殊フォルダーに保存されていたデータを
間違えて削除してしまった場合、どのようにすれば復元できる?という疑問について。

ファイルの詳細

まず、WindowsにはMac OS Xと同じく、ファイルを削除した際に一旦別の場所へ履歴を残す
「ゴミ箱」のフォルダーが設置されています。

デスクトップからゴミ箱を開いて、一覧から必要なファイルやフォルダーを選択します。

右クリックで「元に戻す」と操作すると、以前の個人用フォルダー、
または通常のフォルダーなどの保存したディレクトリの中に、元のファイルが復元されます。

また、Windows 8/8.1と同じく、Windows 10にはコントロールパネルにあります
「ファイル履歴」という、データのバックアップと復元用のサービス機能が搭載されています。

こちらを事前に、外付けHDD/ポータブルハードディスクか外付け用のRAIDをパソコンに
USBを接続して、設定をオンにしてデータのバックアップを取っておきます。

データを失った際、「個人用ファイルの復元」から、必要なフォルダーを選択して、
逆時計回りの矢印ボタン「元の場所に復元します。」を押して、
以前のフォルダーの場所に復旧させることができます。

パソコンや補助記憶装置自体が壊れてファイルが開けなくなった時は、
専門業者のデータリカバリーサービスに出して、機器の内部から抽出してもらうこともできます。

Windows10の個人用フォルダーのデータを復元するには? の続きを読む

データを保存したフォルダーの場所を見つけて保管するには?

パソコンの内蔵ハードディスク/SSDや外部のデータ記憶装置に保存しているファイルを
開いて別の場所に保管したい時に、書き込みしているフォルダーの位置が
わからなくなってしまった場合にはどうすれば探して開く事ができる?という疑問について。

※こちらの一例ではWindows 10(ウィンドウズ・テン)を使用している場合について解説いたします。

検索バーの使用

まず、ウィンドウズのデスクトップ画面のタスクバー左側にあります検索バーを使います。

文字を入力すると、「もっとも一致する検索結果」の画面が表示されて、
使用している主なファイル名の一覧が出てきますので、この中で目当てのファイル名が
見つかりましたらそちらを選択するとソフトウェアの起動とともに開きます。

検索バー

最初の照覧で見つからない時は、「詳細」を押して、次の画面の「ドキュメント」や
「写真」「フォルダー」などのメニューを開いていきます。

保存したプログラムやファイルはOSの専用のフォルダーによくあります。

またエクスプローラーの画面を開いて、右上の検索窓に文字を入力すると、
該当するデータの一覧が表示されます。

こちらは大量にファイルが表示されやすいため、外部データ記憶装置など、
主な検索場所を開いてその都度順番に区分けして探す方法をとることをおすすめします。

または目安の場所を見て目視で探されるのも有効です。

発見できたらすぐに開いての「名前を付けて保存」やコピー&ペーストやで
外付けHDDやDVD-Rなどのデータ記憶メディアに保管します。

データを保存したフォルダーの場所を見つけて保管するには? の続きを読む

共有フォルダのアクセス権の設定上でよくあるトラブル

同一上のコンピューターやインターネット上で複数のユーザーが
共同して管理できる「共有フォルダ」(public folder/shared folder)は、
誰にでも開けるようにアクセス権を開放してある設定の状態も多いです。

例えば家庭内や社内のパソコンでは、使用者ごとにユーザーアカウントを
個別に登録して管理しなければ、誰でも閲覧が可能な状態になりますね。

身近な例として、WindowsのOSでのローカルディスク(C:)にある
「ユーザー」⇒「パブリック」のフォルダなどもこれに当てはまりやすいです。

パブリックフォルダ

また、他のCドライブ、Dドライブの中身すべてや外付けのデータ記憶メディアも、
わりかし別のデバイスで接続して開けば実質、誰でも見れてしまうため、
実質上の共有ディレクトリと同じ状態になりやすい点もあります。

そのため、システム上に構築されたフォルダの領域によっては、
パスワードでロックを掛けるなどしてセキュリティーの措置を施さなければ、
時には何らかの予期せぬアクシデントが発生するおそれもあるため注意も必要です。

共有フォルダのアクセス権の設定上でよくあるトラブル の続きを読む

切り取りしたファイルを復元するには?

パソコンの操作中に内蔵ハードディスクやリムーバブルディスクに保存してある
フォルダやファイルを、「切り取り」で選択して他の保存場所に移動しようとしたら、
思わぬ操作ミスやエラー障害が起きてデータが消えた、という場合に復元する方法について。

切り取り

フォルダ内の保存箇所が分からなくなった場合

まず、マウスの右ボタン操作やキーボードのCtrlキー+Xキーで
正常に切り取りして貼り付けしたはずのファイルやフォルダが
どこに行ったか分からなくなった場合、大抵は消えずにどこかに移動されています。

Windows7やWindows8、10なら、デスクトップ画面下のタスクバーにカーソルを合わせて
今開いているフォルダやアクセスしたディレクトリの履歴をすぐ確認できるので、
どこかの箇所に切り取りしたファイルが移動されていないか順番に探してみましょう。

また、ごみ箱フォルダの中にいつの間にか入っていないか確認してみてください。

またはスタートメニューの入力欄に拡張子の名前を打ち込んで検出してみましょう。

場所が見つかったらそのファイルをまた元の場所に貼り付けするか、
「元に戻す-移動」の操作で以前のフォルダの配置に戻ります。

もし以前に使っていた内蔵のDドライブや外付けのHDDあるいはRAIDケースがその場所で、
今はもう故障して開けなくなっている場合は、専門の事業のデータリカバリーサービスに
問い合わせて、中身の必要なファイルを取り出す形で復元してもらうこともできます。

切り取りしたファイルを復元するには? の続きを読む

デスクトップ画面上に表示されたファイルを移動

デスクトップ(desktop)は、MicrosoftのWindowsやアップル社のMac OSといった
オペレーティングシステムのパソコンで、コンピューターを起動してから
ロゴマークなどの後に表示される、作業を開始できる基本的な画面です。

この画面にはアプリケーションやフォルダ、ファイルを展開するための
ショートカット」というアイコンが並んでいます。

このショートカット自体はあくまでプログラムにアクセスして起動するためのアイコンで
それ自体がデータの本体というわけではなく、容量も数KBしかありません。

なので間違えてショートカットアイコンを削除してしまっても、
あとでまた簡単にデスクトップ上に表示させて元に戻す事ができます。

デスクトップ画面上に表示されたファイルを移動 の続きを読む

ライブラリの仮想フォルダ内ファイルを修復するには?

[Microsoft Windows 7](マイクロソフト・ウィンドウズ・セブン)のOSには
新しく『ライブラリ』(library)という名称のフォルダ機能が付いています。

このライブラリはコンピューター内の別々のディレクトリの中にあるファイルを一度にまとめて
閲覧するための機能です。

例えばCドライブ内のマイピクチャにある写真保存用フォルダと、
Dドライブの中に分けて取ってある写真保存用フォルダの二つをライブラリに追加すると、
その2箇所のフォルダにあるすべての写真画像データをライブラリで一緒に開けます。

ライブラリ

ただ、ライブラリそのものは「仮想フォルダ」なのでデータが直接入っているわけではなく、
ファイル拡張子の本体はそれぞれの領域のフォルダ内に納められています。

そのため、もし間違えてライブラリから間違えてファイルを削除してしまうと、
仮想フォルダだけではなく元々のフォルダからも一緒にデータが消えるので注意してください。

ライブラリの仮想フォルダ内ファイルを修復するには? の続きを読む

電源が切れたはずみで機器が壊れてデータが開けない時は?

パソコンやデジタルカメラ、モバイル端末、NAS、RAIDケース、レコーダーといった
電子機器をUSB接続やインターネット接続をして、電源供給を行いながらの使用中、
誤ってパソコンか外部装置の電源を落としてしまったり、停電が起きてしまい、

データの保存が正常に終了せず、そのはずみでデータが一部消えてしまったり、
装置が開かなくなる故障が発生した時、ファイルの復旧はできる?というご質問について。

まず、バックアップなどデータの保存中にパソコンの電源の遮断により失敗してしまい、
内蔵メモリまたはHDDやmicroSDカードなどに作られているはずのファイルが存在していない、
という場合は、まだ肝心のファイルが出来ていないため復元する物がなく、
復旧しようがない状態となった可能性もあり、最初からまた保存をし直すのが一番確実です。

保存したデータを入れた内蔵メモリまたはHDDやmicroSDカードなどを
外部ケースの本体から取り外してパソコンにUSBカードリーダーやUSB変換ユニットで
接続して読み込める製品でしたら、リムーバブルディスクとしてデータが開けます。

またはHDDなどを取り外してパソコンに増設できて、ファイルシステムが違っても
読み込める対応のソフトウェアをインストールすることで、
スキャンして自身でデータの取り出しを試みることもできます。

拡張子が消えてしまった場合は、症状にもよるのですが、それ以上メモリ―カードやHDDに
他のデータを上書きしていなければ、高い確率でソフトウェアでの復旧ができます。

できるだけ確実に元に戻したい場合は、
プロのデータ復旧サービス店に申し込まれてみることをお薦めします。

電源が切れたはずみで機器が壊れてデータが開けない時は? の続きを読む

消去したファイルを復元できる実行可能な期間は?

うっかり間違えて大事なファイルのデータを消してしまったけど、
時間が経つと拡張子の痕跡が消えてしまいやすいため、元に戻すためには
早めに復元させていく必要がある?とおいう疑問について。

デスクトップ・コンピュータ(desktop computer)やノートブックPCの内蔵HDD、
SSD、データ記憶カードメディアといった媒体からデジタル上で
ファイルの削除や初期化作業を行うと、基本的にすぐ消去されるわけではありません。

「データ削除ミスの一例」

・フォルダ内を確認する前に「ごみ箱を空にする」を実行していた。
・Shift+Deleteキーで必要なファイルを抹消した。
・レジストリクリーナーを使ったら一部のシステムが破損した。
・まだ使うはずのアプリケーションを間違えてアンインストールした。
・デジカメの記録用カードの写真画像をうっかり全消去してしまった。
・「フォーマットしますか?」で勢いで「はい」を選択していた。
・コンピューターのバックアップを取る前にクリーンインストールなどを使用した。

上記のようなトラブルでしたら、ハードディスクのセクタなど
記憶されている領域にまず、「このデータを削除しました」という認識
与える形になり、OS上からでは開いたフォルダから視覚的に見れなくなります。

ですがこの時点ではまだ大体の場合はデータ自体は残っていて、
これは一般的に「痕跡」と呼ばれていまして、こちらから読み込みする形で復元を行います。

こちらは、プロのデータレスキューサービスセンターの方で、最も高い復旧率で
各種の補助記憶装置にあるファイルを修復してもらうことができます。

消去したファイルを復元できる実行可能な期間は? の続きを読む

保存したファイルが見つからない時の探し方は?

【保存】とは「そのままの状態で残しておくこと」という意味で、
コンピューターの用語としてはおなじみ、インターネット等のネットワーク上から
自身のパソコンやサーバー上にソフトウェアや拡張子ファイルを
通信回線の仕組みで転送してフォルダに保存する作業の事を指します。

逆に外部のコンピューターに自分のファイルを転送する事を対義語として【アップロード】と呼びます。

ユーティリティのプログラムは そのまま保存しただけではまだ使えず、
OSへのセットアップの手順を実行して初めて使用できる物も多いです。

保存したデーターは保存先の指定によって、コンピューターのドライブ全体のどこに
書き込まれるかがそれぞれ違う事もありますので、保存の実行でOKを押す前には、
どのフォルダに収納される指示になるかを、後で見つからない事が無いように確認する必要があります。

普通の拡張子ファイルでしたら、マイコンピュータ→ローカルディスク(C:)の
Documents and Settings⇒ユーザー名⇒My Documents(マイドキュメント)にある
マイピクチャ、マイミュージック、マイビデオ等の特殊フォルダに収納されます。

更に日付や種類によって分けていくなら、自分でも新しいフォルダを
右クリックで作成して、より細かい引き出しを作って保存していきましょう。

インターネットやCD/DVDディスクからインストールしたアプリケーションソフトウェアは
ローカルディスク(C:)⇒[Program Files]のフォルダ内に新しい専用フォルダが作られて保存されます。

またはディレクトリを指定して、外付けハードディスクやRAID、NASといった場所に書き込み、
データを二重にバックアップして、いつでもリカバリーができるようにすることもできます。

セットアップしたソフトの起動用アイコンがデスクトップやスタート画面の
すべてのプログラム欄に表示されず、どこにあるか分からなくなり見つからない時は
まず[Program Files]のあたりを開いて、探してみましょう。
(OSの種類やバージョンによって、フォルダの表記名や位置は多少異なります。)

保存したファイルが見つからない時の探し方は? の続きを読む

ファイルやフォルダーのセキュリティ設定を行うには?

コンピュータ・セキュリティ』(computer security)とは、パソコンやサーバといった
コンピューターシステムを安全に使用できるようにするための対策手段です。

主に、ウイルス駆除ソフトやファイアウォール等のセキュリティ対策ツールを
OS上にセットアップして有害なプログラムの侵入を防ぐ事などを指します。

また、ファイルやフォルダを暗号化して第三者が閲覧できないようにしたり、
ノートパソコン盗難防止チェーンを付けて盗まれないようにするのも
有効なセキュリティ対策設定の一つです。

パソコン本体やリムーバブルディスクには大抵、誰の所有する機器でも他人に閲覧されると
困るデーターが大量に入っているため、セキュリティ設定を厳重に施す必要があります。

特に、マイコンピュータや外部補助記憶装置に書き込まれたファイルやフォルダは
何も対策をしなければ、もしも悪意ある第三者に開かれた場合簡単に閲覧されてしまいますので、
セキュリティー保護を行う事が大切です。

複雑な機器を業務で導入される際、パソコンやネットワークの設定が難しそうな時は、
プロのPCサポートサービスやシステム管理会社に依頼をして作業を行ってもらう方法もあります。

ファイルやフォルダーのセキュリティ設定を行うには? の続きを読む

消えたフォルダを復旧するには?

フォルダ(Forder)とは「書類ばさみ」という意味合いで、パソコン・コンピューター上では
拡張子ファイルを整理して格納する特殊な管理用ディレクトリです。

デスクトップ画面上では通常のファイルとは違う形のアイコンで
表示されています。(Windowsでは黄色、Macintoshでは緑色)

フォルダの領域中に新しいフォルダを作る事も可能で、PC上やインターネットのサーバー上などで
階層構造にしてデーターを分割整理して保管したり、後に復旧ができるようにするために作成します。

一度作られたフォルダは中身の全てのファイルを削除したり
上書き変更をしても通常はそのままコンピューター上に残ります。

しかし、稀に何らかの動作の後で突然、フォルダが消えてしまう
ミスやエラートラブルが発生する時があります。

フォルダが消える原因の一例

・アプリケーションソフトウェアをアンインストールした時に
一緒にフォルダや内部ファイルごと消去されてしまった。
・ハードディスクドライブを長い事使っていて、不良セクタが
溜まっていき、保存している領域にエラーが発生して消えた。
・コンピューターウイルスのプログラムが感染して書き換えられた。

まず、ユーティリティソフトをアンインストールすると、
ソフトウェアの種類によってはフォルダごと一緒に削除される場合があります。
これを取り戻すには、「システムの復元」「タイムマシン」といった、
PCの状態を少し前のポイントまで巻き戻す事で修復を行ってみましょう。

次に、特に多い理由の一つが、保存しているHDDに不良セクタ/ブロックが
発生したりしてエラー障害が出ているパターンです。

ハードディスクドライブをしばらく使用していて未整理の状態であったり、
数年間使っていて記憶装置としての寿命が近づくと起こりえます。

OSで使えるスキャンディスクや回復コンソールなどのシステム修復オプションで
HDDの論理障害の復元を試してみましょう。

消えたフォルダを復旧するには? の続きを読む

ファイルまたはフォルダの移動とコピーでエラーが出たら?

新たにファイルやフォルダを別の場所に移動しようとしたら
『~フォルダを削除できません。ほかの人またはプログラムによって使用されています。ファイルを使用している可能性があるプログラムをすべて閉じてから、やり直してください。』

というメッセージの赤い×マークが付いたダイアログボックスが出て、
他の空き領域(別の階層ディレクトリやバックアップ用に接続した二次記憶装置など)
の中にデーターの移動やコピーが完了できない時があります。

(コピーの場合は『ファイル名~をコピーできません。』と表示されます。)

これは、現在そのFileが別のアプリケーション等で使用中のために
消したり書き換えることができないために起こるエラーです。

プログラム起動中はロックされている状態なのが主な原因ですので、
この引っ掛かりを取り除くには、まずは開いているすべての
アプリケーションソフトウェアのウィンドウを一度全部終了しましょう。

他のフォルダに移行させる時にエラーが出た時は、送信先の領域へのコピー作業だけは完了していても
元の使用領域の方にはまだ残っていますのですべてのプログラムを閉じた後で確認して、
その後『すべての選択』や【左クリック+Shiftキー/Ctrlキー】で選んで、手作業で消していきましょう。

ネットワークやLANケーブルで共有して使っているコンピューターでは、
他の方が会社内外部のパソコンからイントラネットを通じて使用している、
という共同作業でのトラブルもありえますので、業務の内容を確認して、
同意を得た上で相手側の作業の終了後にコピーや移動処理をすると良いでしょう。

ファイルまたはフォルダの移動とコピーでエラーが出たら? の続きを読む

ソフトをアンインストールした後、今までに作ったデータは残る?

パソコンに色々なアプリケーションソフトウェア【Application software】を数多く導入していくほど、
様々な便利機能や面白いコンテンツを使えてとても使い勝手が良くなっていきます。

ですがインストーラのプログラムを数多く入れていくほど、メモリやCPU、また主記憶装置こと
ローカルドライブの使用量が大きくなっていき、マシンパワーの総合能力が落ちてしまい
計算処理能力の低下による動作遅延やエラーが多発する事もあります。

読み込みのスピードが遅くなってきたと感じ始めたら、ほとんど使わなくなったソフトウェアを順に、
『プログラムの追加と削除』から消去していく事でマシンにかかる反動を軽減していく事が出来ます。

ただ、ファイルやフォルダをマイコンピュータから削除しただけでは
システム設定はインストール時に変更されたままの状態で残ってしまいます。

アプリケーションソフトウェアの痕跡をなるべく残さないためにもアンインストール【uninstall】で
一度パソコンに加えたソフトの導入を解除し、システム上からデリートするのが正しい手順です。

「だけどソフトをアンインストールして、今までに作ったファイルは
一緒に消えたりしないでちゃんと残る?」という疑問について。

一緒にフォルダから消えてしまう例外

まず、そのソフトウェアで作成したデータが普段、コンピューター上でアプリケーションのフォルダ内に
含まれている専用フォルダに全て収納されていた場合、アンインストールとともにフォルダも
削除されて一緒に消えてしまう事が稀にありますのでこの場合だけは気をつけましょう。

アプリケーションにもよるのですが、通常設定で「Program Files」の奥の専用フォルダに、
保存されるようにデフォルトで指定されているものもありますので、
これら書庫(データバンク)の位置はしっかりと把握しておかれる必要もあります。

(PCの場合はマザー・ボードやメモリではなく、ハードディスクに保管されます)

逆に、PCの外から繋げている2次記憶装置
(別名:auxiliary memory/storage ウィクショナリーメモリー、backing memory バッキングメモリー、
Secondary storage セカンダリーストレージ)の方に書き込んでいたりバックアップを
直前に取っていれば、ソフトをアンストールしてもファイルが消えることなく残ります。

ソフトをアンインストールした後、今までに作ったデータは残る? の続きを読む

保存したはずの見つからないファイルを検索するには?

パソコンに保存したはずの画像や文書ファイルの置き場所を忘れてしまったり、どこのフォルダに
書き込みしたのかわからなくなってしまった場合はどうやって保管している位置を探せば良い?
という疑問について。

まず、PCにはマイドキュメントだけでなく、自身で作成した新しいフォルダやユーティリティーの
インストール時に自動的に作られたProgram Files内のフォルダ、またUSBフラッシュメモリや
microSDカード、外付けハードディスク、RAIDケース、NAS製品といった外部記憶型の
ドライブ装置やメモリーカードなど数多くの保管場所がありますので、
大まかに、どこに保存してあったか見当をつけてみましょう。

インターネット上で保存したデーターでしたらそのURLアドレスに
再度アクセスして、もう一度右クリックの『名前をつけて保存』を開いてみてください。

ソフトウェアで製作したデータの場合は、適当にファイルを開いて『名前をつけて保存』を展開してみましょう。

すると保存先のフォルダが表示されますので、そこに同名で同じ拡張子の項目がありましたら、
無事発見できたかと思います。

または『最近使用したファイル』の名簿にも載っているかもしれません。

それでも見つからないようでしたら、スタートメニュー⇒虫眼鏡マークの『検索』を開いて、
「何を検索しますか?」で探したい種類の項目を選択します。

ファイル・フォルダ名か拡張子名の一部でも良いのでキーワードを入力して
検索を開始してみましょう。Cドライブ全体を探す時は少し時間が掛かります。

保存したはずの見つからないファイルを検索するには? の続きを読む

Windows8.1のフォルダに保存したデータを復元する方法

Microsoft社のオペレーティングシステム:『Windows 8/8.1』(ウィンドウズエイト)のインストールされた
最近の標準機能の付いているパソコンで誤って必要なファイルを削除してしまったり、

突然外付けユニットを接続した時にデバイスから認識できなくなって同時にシステムにも問題が
起きてしまったり、ソフトウェアをインストールした後でOSに異常が出て、デスクトップ画面が
正常に開かなくなりデータが読み込みできなくなった時は、どうすれば復元できる?という疑問について。

まず、繋げているすべてのUSBデバイスを外して、PCも再起動して試しにセーフモードで起動して、
エラーから一時的に回復して、そこからシステムの復元やデータのバックアップを行ってみます。

Windows8で保存したデータは、Cドライブ(ハードディスク)にあり、
多くの使い方ではドキュメントなどのフォルダーに拡張子ファイルとして保管する形になります。

こちらは中身のファイルを削除しても、一度ゴミ箱に移行します。

しかしアプリケーションソフトのファイルは大きなデータであるため、
アンインストールするとそのまま消去されてしまうのでご注意ください。

また、削除するファイルやフォルダーが増えてゴミ箱に溜めていくと、そのうちハードディスクの
空き容量が埋まっていき、ゴミばこの最大容量が埋まると、古いデータから順に自動的に消去されます。

※なおHDDの空き領域が無くなるとソフトウェアが正常に起動できなくなったり、動作の遅延が発生します。

Windows8.1のフォルダに保存したデータを復元する方法 の続きを読む

パソコンデータの損失ダメージを防ぐには?

一般の家庭用パソコンから企業のOA機器に至るまで、近年ではコンピューターの
性能の向上と大容量化が急速なスピードで進歩しています。

しかしその分、拡張子ファイルをはじめデジタルデータを大量に作成・保管する用途が
標準的になったため、ちょっとしたパソコンのトラブルから貴重なデーターが
一気に損壊・抹消されてしまうケースが出てくる場合もありえます。

そうなるとやはり、ハードウェア・作業時間・金銭・信用面・精神的な面など
様々な要素で多大なダメージを追われてしまうおそれもあります。

ファイルの削除

これらのデータ損失のアクシデントを防止するように事前に対策していくためには、
まず、パソコンや外付けデータ記憶装置などの機材の丁寧な使い方がやはり大切です。

ハードウェアの配置する場所、システムの構成、各プログラムツールの特徴、
インターネット上に潜む危険なファームウェアの存在などをよく調べて把握しておく事が肝心です。

また、パソコンは性能や空き容量が低いほどフリーズや動作遅延・書き込みの失敗が起こりやすいので
基本的にはスペックの高いマシンを購入される事も検討される事をおすすめします。

パソコンデータの損失ダメージを防ぐには? の続きを読む

コンピューター機器のデータ修復が成功した後は?

WindowsやMacパソコン、サーバ、携帯電話、iPod、メモリースティック、SDカードなど、
コンピューター機器に保管されているデータファイルはたとえ間違って削除してしまったり
ディレクトリごと壊れてしまったとしても、ファイルの回復機能や専用ソフトウェア、
データ復旧サービスによって修復することが可能です。

トラブル再発の防止

拡張子や機材の破損状態にもよるため必ず救出できるとは限らないのですが、
性能の高い復活プログラムや良いサポートでしたらその大部分は成功できます。

また、データの復旧に無事成功した後はシステムの調整やバックアップなど
いくつか行うべき作業がありまして、今回ではその部分について解説いたします。

まずは改めて全データのバックアップを撮っておく事が大切です。

例えばHDDの故障がおきていた場合、一度交換してもまた再発してしまう可能性も0ではないため、
他の外部接続型の大容量保管メディアにコピーをとっておくとその後も安心して管理・運営ができます。

新しくPCをフォーマットし直した時はシステムをチェックして整え直す必要もあります。

コンピューターウイルス感染のために破損したファイルやプログラムを復元させた時の
場合は、念のためすぐにウイルスバスターなどの検索機能でまだウイルス障害に
かかったプログラムファイルが残っていないかどうか必ずチェックして検査しましょう。

パソコンにまだ何らかの不具合や障害が残っていると、データ損失トラブルの再発に
繋がるおそれがあるためです。

コンピューター機器のデータ修復が成功した後は? の続きを読む

ウェブブラウザのお気に入りブックマークを復元するには?

パソコン上でインターネットを閲覧するにはIEをはじめウェブプラウザのインストールが必要になります。

主なウェブプラウザ

・Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー) [Microsoft Corporation]
・Google Chrome(グーグルクローム) [Google]
・Safari(サファリ) [Apple]
・Sleipnir [フェンリル]
・Lunascape(ルナスケープ) [Lunascape]
・Mozilla Firefox(モジラ ファイアフォックス) [Mozilla Foundation]

各プラウザには一度開いたウェブページ(WorldWideWebでハイパーテキスト)を
いつでもすぐに閲覧できる「お気に入り」(Favorite・Bookmark)という大変便利な機能が付いています。

お気に入りのページはインターネット画面のツールバーにいつでも新規追加や
削除をすることができるのですが、もしうっかり間違ってお気に入り内のデータを
削除されてしまった場合での復元方法について。

IEやLunascapeの「お気に入り」の保存場所は、マイ コンピュータの
ローカルディスク内に初期設定時から作成されて含まれているフォルダの一つ、

Documents and Settings」→「ご自分のアカウント名フォルダ」
の中にある星(☆)マークのアイコン型フォルダ『お気に入り』の中にあります。

※Firefoxの方はIEと違い、通常では一つのファイル内に上書きされて保存される
システムなのですが、フォルダを作りIEのように管理する事もできます。

インターネットの閲覧中、ウェブプラウザ画面から→クリック機能で削除したブックマークの
HTMLファイルは、削除の時に出るバルーンにも表示されるようにごみ箱に移動されます。

なので、いきなりコンピュータ内から消えるのではなく、
まずはごみ箱フォルダの方に一旦移動されてそちらに保管されています。

元に戻したい場合は、Documents and Settingsのお気に入りフォルダにコピーや移動をして、
もう一度ウェブプラウザを開き直すと削除したブックマークが復活しています。

ハードディスクを丸ごとフォーマットしてしまった場合は、フルバックアップやクラウドサービスを
もし事前に設定していれば、そちらを開いて、ウェブブラウザのブックマークの復元を試みます。

お気に入りのバックアップがない場合には、それ以上そのハードディスクの稼働は控えて、
プロのデータ復元サービスに注文をして、消えたファイルを復旧してもらわれることを推奨します。

ウェブブラウザのお気に入りブックマークを復元するには? の続きを読む

プログラムの追加と削除で必要なシステムを消した後での復旧

Windows-OSパソコンのローカルディスクに残っている空き容量が少なくなってきたり
パソコン動作が前に比べて遅い、重いと感じられた時は、

Windows XPの場合は画面右下の『スタートボタン』→『コントロールパネル(C)』
→『プログラムの追加と削除』
から過去にインストールした後ほとんど使っていない、
使用頻度の低い不要なプログラムを削除(アンインストール)する事で空き容量が大きくなります。

※Windows 7や8の場合は「コントロールパネル」から「プログラムと機能」を開いて選択画面から
削除したいアプリケーションを選択してダブルクリックをして、アンインストールを開始します。

アンインストール

しかしながらこの項目内には他に
・Windows XP・Vistaなどのサービスパック、
・ウイルスセキュリティのユーティリティー、
・IE(インターネットエクスプローラー)やSafari、Google Chrome、
・AdobeReader (アドビ・リーダー)
・Microsoft・Office(マイクロソフト・オフィス)

など、パソコンをスムーズに稼動させるのに非常に重要なプログラムも大量に含まれています。

そのため使用している容量が大きいからといってうっかり
必要不可欠なシステムまで消してしまわないよう十分にご注意ください。

『プログラムの追加と削除』で上記のような重要なシステムをもしもミスで
アンインストールしてしまったら、まずウイルス対策のセキュリティー機能など
インストールし直せるものはCD・DVDディスクやインターネットからダウンロードし直して、
アップデート完了の状態まで元に戻す事を最優先に行ってください。

もし再インストールなどで元に戻せないプログラムがありましたら、コントロールパネルの
『システムの復元』機能でアンインストール前の復元ポイントの状態に修復できます。

プログラムの追加と削除で必要なシステムを消した後での復旧 の続きを読む

コンピュータ内の共有ファイルやフォルダを復元したい時は?

会社内のイントラネット、サーバー、またLANDISKやTeraStation、LinkStationのNAS製品など、
パソコンやモバイル端末からアクセスしてインターネット経由で管理する
大事な共有ファイル・共有フォルダを操作ミスなどで失ってしまった時は、
どうすればデータを復元して元に戻すことができる?という疑問について。

損失の度合いによる損害の規模

デジタル製品の中身はまず、記憶部分煮を構成しているセクタの痕跡や
機材の破損や老朽化の度合いなどによって、損害の規模が違ってきます。

誤った削除トラブルの事例として、以下のような場合があります。

・会社員の一人がオフィスPCの中身を誤って消してしまった。
・自分で間違って消してしまった。、うっかり間違った指示を出して消させてしまった。
・会社員の一人がオフィスPCの中身を誤って消してしまった。
・クライアント側からの操作で消去されてしまった。
・ファイルを紛失してしまった。
・ファイアウォールサーバーのセキュリティをすり抜けられてしまった。

まず、大抵の場合でしたらうっかり削除してしまっただけかと思われますので、
例えばネットワークドライブの場合は「ゴミ箱」の機能が標準で突いている製品もあります。

バッファロー製品といったNASの共有フォルダーを開くとトラッシュボックスのフォルダーが
自動的に作成されていますので、こちらを開くと、消したファイルが移動されています。

これらをもう一度以前の位置のディレクトリに戻すと復元ができます。

また、クラウドストレージを使っている場合は、アップル社の「iCloud」など、
自動的に一部の特殊フォルダーのデータが定期的にバックアップされていきますので、
こちらからファイルを復旧できる場合も多いです。

コンピュータ内の共有ファイルやフォルダを復元したい時は? の続きを読む

必要なプログラムをアンインストールした後で復元するには?

これまでにパソコンへ、市販のアプリケーションのCDやインターネットから
過去にハードディスクにインストールしてセットアップして加えた
「アプリケーション」などのプログラムをアンインストールして消去したい時には、

例えばWindowsの場合でしたら『スタートメニュー』→『コントロールパネル』
→『プログラムの追加と削除』(または「プログラムと機能」の画面)で
ローカルディスク(Cドライブ)に入っている一覧の
項目から選択して、いつでも変更・削除を実行することができます。

プログラムと機能

Mac OS Xの場合はFinderを開いて「アプリケーション」のメニュー内や「ユーティリティー」の
フォルダーにある、各種のapplicationのアイコンを『ゴミ箱』フォルダーに移動すると削除できます。

しかし、これらの手順の中でうっかり間違えて、別のプログラムを消してしまうと大変です。

ボタンやアイコンひとつで削除できるプログラムも多く、結構ミスをしやすい動作なので、
うっかり貴重なデータの入ったファイルやパソコンの動作に必要なプログラムを
消してしまうと、後で復元するのが大変になる可能性もあります。

時に、早急に専門の「データ復旧サービスセンター」に注文して復元してもらわなければ
内蔵のHDDからそのうち上書きで痕跡が消えてしまうおそれもあるのでご注意ください。

消したプログラムを元に戻すには?

Windowsの場合、アンインストールを一度実行してしまうと多くの場合、『Program Files』の
フォルダ内に入っている専用フォルダーやファイルまでが保存データごとすべて消去されます。

(アンインストールの時にログのファイルを残す、と指示した場合はソフトウェアのみが消去されます。)

ですが、あらかじめ『アクセサリ』→『システムツール』の機能
システムの復元』で「復元ポイント」を有効にして設定していれば、
その日時より前にインストールしたプログラムを復活させることが可能です。

指定の日時より後に更新した分は後から戻らないため、ご注意ください。

プロのデータリカバリーサービスでしたら、より確実かつスムーズな手順で
コンピューターの各データを復旧してもらうことができます。

必要なプログラムをアンインストールした後で復元するには? の続きを読む

失った大容量の削除ファイルを完全に復活させるには?

Windowsパソコンのローカルディスクや外付けのリムーバブルメディアの
内部のディレクトリーに保存していた電子データファイルやフォルダーに、

・うっかり必要なフォルダごと削除してしまった。
・再フォーマットしてしまった。
・同じファイル名で上書きしてしまった。
・エラーが起きてCドライブや外部接続機器が故障してしまった。

といったトラブルが起きた場合はどうすれば復活ができる?という疑問について。

プログラムファイル

まず、ハードディスクのフルバックアップを外付けHDDやRAID、クラウドサービスに自動で書きこみが
できるように事前に施しておけば、後からでもそちらにアクセスして、コピーをして元に戻すことができます。

Windows8/8.1では『ファイル履歴』、Mac OS Xでは『タイムマシン』や『iCloud』などの標準機能も
ありまして、保管ができる対象のフォルダーにあるデータであれば、完全に復活させることができます。

また、うっかりエクスプローラーやマイファイルから削除してしまっただけなら、ほとんどのファイルは
一度『ゴミ箱』に移行しますので、そちらを開いて、『元に戻す』を実行しますと、元通りに復元できます。

しかし、ゴミ箱から消去してしまったり、誤フォーマットによる一括の削除、
あるいはリムーバブルディスクの中のファイルを抹消してしまった場合は、
どうすれば全てのデータが回復できる?という疑問について。

失った大容量の削除ファイルを完全に復活させるには? の続きを読む

エクスプローラーから削除したデータを復元するには?

マイクロソフトのオペレーティングシステム:『Windows』(ウィンドウズ)で
ファイルシステムや個別のフォルダー、拡張子を開く際に使用するインターフェースの
Windows Explorer」(ウィンドウズ・ エクスプローラー)上で誤って、
必要なデータを削除して消してしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

エクスプローラー

(※こちらの一例では、Microsoft Windows 8.1(ウィンドウズエイトポイントワン)の
 オペレーティングシステムでエクスプローラーを使用している場合について解説いたします。
 Windows 7やWindows Vista、Windows XP〜 では項目の表示が若干異なります。)

ごみ箱から元に戻す

まず、エクスプローラーの画面上で誤ってファイルやフォルダを普通に削除した時は、
多くの場合は一旦「ごみ箱」のフォルダーに移動して保管されています。

ごみ箱に消去したファイルが残っていれば、「右クリック⇒元に戻す」の操作で
以前のディレクトリの位置に復元できます。

(またはフォルダ画面で誤って削除した後すぐに「Ctrlキー+Zキー」を押すか、
 ごみ箱メニューの「すべての項目を元に戻す」「選択した項目を元に戻す」で。)

ごみ箱から元に戻す

ですが下記のような、ごみ箱に移動されない例などもいくつか存在します。

・ごみ箱に入りきらない容量の大きい拡張子やフォルダを丸ごと削除していた。
・外付けHDD/RAIDやUSBメモリ、SDカードなどリムーバブルディスクのファイルを削除した。
・『Shift&Deleteキー』でエクスプローラーから消去した。
・ごみ箱の容量がすでにいっぱいになっていて古いデータから順に消えていた。
・アプリケーションのアンインストールでフォルダごとまとめて抹消していた。
・外付け記憶メディアや増設ドライブにクイックフォーマットを掛けて初期化した。
・ディスククリーンアップなどを使ってエクスプローラーを使わずにごみ箱の中身を空にしていた。

こういった場合はエクスプローラー上のどこにも表示されなくなってしまうのですが、
まだ削除した拡張子のデータ復旧ができる方法はいくつかあります。

最も確実にファイルを復元したい、という際には、まず、やはりプロのデータリカバリーサービスに
問い合わせて、対象のHDDやUSBメモリを送付して、見てもらわれることを推奨します。

エクスプローラーから削除したデータを復元するには? の続きを読む

データを失う可能性が起こるトラブル障害とは?

パソコンのハードディスクやUSBメモリ、SDカード、外付けHDD、NASなどをはじめとした
電子ファイルをデジタル上に保存する『データ記憶メディア』。

これらには常に「データファイルの損傷や消失」のトラブルという危険もあります。

具体的にどういったトラブルでデータを失うことが起こりうるのか、その事例を一覧にして並べてみます。

データトラブルの事例

・HDDなどのパーツの物理的な故障による読み込み不可の状態。
・WindowsやMacOS Xなどのオペレーティングシステムのエラーの発生。
・DVD-RWやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードなどの保存メディアの故障や寿命。
・操作中に誤ってファイルを削除してしまう。
・誤ってディスク(ボリューム)をフォーマットしてしまう。
・コンピューターウィルスやスパイウェアによる被害。
・落雷による電源のショートによる作業の中断事故。
・外部からの衝撃によるクラッシュ。
・第三者による誤った操作による共有フォルダーのデータの削除。

この記事を読まれた皆様もこういったデータトラブルの事例のどれかに
遭遇した経験がお有りではないかと思われます。

ファイルを間違って消去してしまうアクシデントの場合とディレクトリが論理的(システム的)に
壊れてしまう場合、そしてOA機器や保存したディスクが物理的に損傷してしまう場合と、
主にこの3つのトラブルパターンが考えられます。

データを失う可能性が起こるトラブル障害とは? の続きを読む