Googleドライブでデータを自動バックアップして復旧

Google社からインターネット上で提供されているクラウドコンピューティング(cloud computing)の
ウェブサービス『Googleドライブ』では、パソコンなどのコンピューター機器から
電子ファイルをアップロードしたり、いつでもバックアップとして引き出す事ができます。

Googleドライブ

近年、ネットワーク上でクラウドストレージのサービスが数多く提供されていて、グーグルのアカウントを
使って使用できる『Googleドライブ』では、専用のアプリケーションをコンピューターのオペレーティングシステムに
ウェブブラウザなどからインストールして、特殊な専用フォルダーを作成して使っていきます。

Windowsパソコンのエクスプローラーなどの場所に新しく作成したGoogleドライブのフォルダーに
テキストや画像など普段使っているデータを保存すると、
オンラインストレージ上のマイドライブ(ファイルマネージャー)に同じデータが保管されます。

ログイン(サインイン)によるインターネットでのアクセスを通して
他のパソコンでシェアしたり、ファイルを引き出して、失ったデータを復旧する事も可能です。




インストールの手順

(こちらの一例では、Windows 8.1での場合について解説していきます。)

まずは、Googleドライブのページにアクセスしてログインします。

「お使いのパソコンに合わせてGoogleドライブを設定します。」のウィンドウが表示されたら、「開始する」を押します。

開始

Downloading

次の画面でGoogleのアカウントにログインします。
(二段階認証を設定していたら、メールに届いた確認コードを入力します。)

「このフォルダにファイルを追加してください。」という画面が出たら、
解説の画面を確認しながら「次へ」を押して進み、最後に「完了」を押します。

エクスプローラーが自動的に開いて、アカウント名フォルダーの中に
「Googleドライブ」のフォルダーが自動的に作成されて表示されます。

(また、文書作成ソフトの「Google Docs」と表計算ソフトの「Google Sheets」、
 プレゼンテーションソフトの「Google Sides」
も一緒にインストールされますので、
 インターネット上でこれらのコンテンツをシェアしたりする事も可能です。)

このフォルダーに、バックアップしたいファイルをコピー&ペーストなどで保存していくと、
自動的にGoogleのクラウドストレージサービスのディレクトリに
同じデータが自動バックアップの機能でネットワークへの送信で保存されていきます。

ファイルの保存

後に誤って大事なファイルを削除ミスしてしまったり、誤フォーマットやハードディスクのアクセスエラーや
物理障害の故障といったトラブルがあってパソコン上のデータが開けなくなってしまい、
そんな時に以前にGoogleドライブで自動バックアップしていたデータから復旧したい時は、

まず、別にお持ちの予備のパソコン本体や、ハードディスクを交換してオペレーティングシステムを
インストールし直したパソコンで、Googleドライブのページに再びアクセスしてログインします。

もう一度、Googleドライブのアプリケーションをインストールします。

同じGoogleのアカウントでログインすると、そちらのパソコンのアカウント名フォルダーに
同じGoogleドライブの自動バックアップ用の特殊フォルダーが作成されます。

そちらを開くと、以前と同じ自動バックアップされたデータがフォルダー上に表示されます。

コピー&ペーストでパソコンや外付けHDDにバックアップして、復旧作業は完了です。

コピー

また、[Google Drive]のホームページ[drive.google.com]にログインして
マイドライブ」(ファイルマネージャー)のデータを管理していく事もできます。

マイドライブ

もし、必要なファイルをGoogleドライブなどのオンラインストレージや
外付けハードディスク、RAID、DVD-R、NASなどにまだコピーによるバックアップで保存していなくて
そのまま失ってしまったデータがあり、そちらを後から復元したい、という場合は、

対象の拡張子が保存されていたハードディスクなどの補助記憶装置、またはパソコン本体ごと、
データ復旧サービスに問い合わせてから持込か郵送で出して、診断を受けてみることをおすすめします。



『「インターネットのトラブル解決」のカテゴリーの前後のページ』

«

»