壊れたファイルが開かない時にデータ復旧業者へ注文

記憶メディア内から一度消えてしまったデータはディレクトリの損壊やウイルス感染・上書きなどで
書き出しの痕跡が抹消されてしまい、ソフトウェアなどを使っても開かない場合があります。

また、ハードディスクのヘッドクラッシュや機材の物理的なショート、焼き焦げなどの
理由で物理的に破損してしまい記憶チップの部品が故障してしまう場合など、
ファイルの復旧の標準機能でも取出しが行えないこともありまして、
個人では残念ながら決して100%の救出が可能というわけではありません。

プログラムの読み取り

しかし例外として場合によっては、何らかの方法で消えてしまった全体のうち
一部を元に戻せたり、また見落としがちな保管場所があとで見つかる事もあります。

ネットユーザーの方にはインターネット上のファイルマネージャにはよく自分で作成した
書き込みデータをアップロードや転送により日々送信されている方も多いかと思れわます。

すなわち自宅・自社のパソコン内に入っていたデータがなくなってしまっても、ネットワークドライブや
レンタルサーバー上のファイルマネージャーに残っていたり、RSSリーダー、メールの送受信フォルダ、
クラウドなど、テキスト文章の一部やJPG・GIF・PNG形式などの画像ファイルがまだ保管されていたりと、
結構見落としがちな所にはPC内で消えたファイルがよく含まれていたりします。

専門的で複雑な、壊れたファイルやシステムを修復してもらうには、
プロのPCサポートサービスか、データ復旧業者に問い合わせて、診てもらわれることが
やはり最も確実です。





誰でもやはり大半のデータをハードウェア上で管理するため、パソコンが故障してしまった時には
バックアップを取っていなければファイルを失ってしまった時の損失がかなり大きいのです。

しかし、たとえごく一部のデータでも、クラウドストレージやNASを使用している時など、
インターネット上で回収できるファイルやサービスもあります。

いざと言う時には今までの仕事や活動の経緯を振り返ってみて、電子機器やネットワーク上を
一度くまなくお探しをされてみると、意外な所からデータが戻ってくる事もあります。

HDDやディスクなどのマルチメディア媒体が物理t形に故障して使用不可能になってしまうのを
ある程度防ぐには、RAIDケース、またはRAID機能を有するNAS製品を使うと、
一台ハードディスクが故障しても、すぐに新品に交換することで、多重化して保存されたデータを
失わないようにすることができます。

また、やはりより確実な方法として、プロのデータ復旧サービスサービスセンターに問い合わせて、
破損した拡張子が修復できるかどうか、注文をされてみることをお薦めします。



『「ファイルの破損・エラー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»