カメラのネガフィルムは復元できる?

デジタルカメラのように画像ファイルを作成してSDカードやCF、xDなどのチップに写真を保存するカメラではなく、
デジカメの普及以前に主流だった、ネガフィルムを使用して写真を撮るアナログ式の銀塩カメラを今もまだお使いの方は
大変多く、現在も写真屋さんではネガの現像ももちろん行ってもらえます。

写真画像の現像の失敗

アナログのカメラはデジカメとは違いネガに画像を写すため、パソコンから写真を読み込んで自分で現像することは
できないのですが、ネガがあれば通常、何枚も写真を焼き増ししてもらうこともできます。

しかしこのネガフィルムを現像に出した時、途中で撮影ミスで真っ暗な写真が入ったりすると
その部分から最後まで上手く現像ができない場合もありまして、せっかく撮ったのに
後で映っていなかったためがっかりした、という苦い思い出をお持ちの方も多いかと思われます。

そんな時には、写真を何とかして正常に現像することはできる?という疑問について。




写真データの修復の依頼

結論から言いますと、ネガの真っ暗になってしまっている部分の修復そのものは残念ながらかなり困難で、
不可能な場合が大半なのですが、プロラボで請け負ってもらえるかもしれませんので、
どうしても現像させたい、という場合はプロラボの方へお問い合わせをされてみてください。

正常に映らなかったネガ部分を切断して、残った部分を繋ぎ合わせての現像なら行ってもらうことができます。

また近年では写真屋さんの機械はデジカメと同じくフルデジタルのミニラボに移り変わってきていまして、
条件が揃えばネガがなくなってしまったり破損してしまった場合でもプリント(現像)ができるようになりました。

すなわち、写真が一枚でも残っていればスキャナで読み込んでもらい、デジタル処理を施して何枚でも複製してもらうことが可能です。

また、複合機をお持ちの方であれば写真屋さんほどの綺麗な画質は出せなくとも
ご自分でパソコンに取り込んでデジカメのように複製・印刷を行う事もできます。

ちなみにカメラ画像の復活ソフトウェアや画像データ復元サービスの場合は
デジカメで撮った画像ファイルのみで、ネガフィルムの方は対象になりませんので、ご注意ください。