最近のパーソナルコンピューターは安い物でも壊れにくい?

パーソナルコンピューター[Personal Computer]はインターネット環境やWindowsやMacを
はじめとするオペレーティングシステムの発達とともに、ここ近年、1990年代後半から
現在に至るまでに急激な発展と技術の進歩を見事に遂げられています。
そして世間一般の普及とともにパーツの性能アップや低価格化も進んできました。
数年~10年くらい前の世代のパソコンの場合、高速でかつ大容量なPC(パソコン)の
本体を買うには10万円~数十万円もの費用が必要でしたので予算もまた大変なものでした。
しかし最近では数万円(4万~8万円)くらいでも1GB~4GBのメモリ、
320GB~数TBの大容量ハードディスク、他にも性能の高いマザーボードなどが
搭載された優秀なパソコンが発売されています。





そしてさらにRAIDやシリコンディスク(SSD)など故障の発生しにくいパーツも
続々と登場していますので、その安全性も向上しています。
しかしもちろん、丁寧かつ負担をかけずにPCを取り扱うことも大切です。
PC関連製品の質が向上して長寿化になってきているとはいえ、
ハードディスクをはじめとして、やはりいつかは不調をきたしてしまいます。
たとえば、普段電源をつなげて使用しているDellのウインドウスのノートパソコンで、
電池の形のランプ部分がオレンジ色と青に点滅しだした場合は、
3年以上使用されていると、バッテリーの老化での寿命の可能性がやはり高いです。
他の原因の可能性としては以下の原因も考えられます。
・長時間の使用で熱が溜まっている。
・長期間使わなかったので静電気が溜まっている。
・ACアダプターを差したままにすると電池の寿命が短くなる。
上の例にどれも当てはまりそうになかったら新しいバッテリーを購入して交換をするか、
パソコンの修理サポートで換装作業を行ってもらってみてください。
急に電源が落ちたり再起動する、変な音が出るなど、何か不備が出始めたら、
悪化する前の早いうちにパソコンの修理サービスに出されてみた方が良いでしょう。