コンピューターウイルスに感染する原因と防御の方法とは?

皆さんはコンピューターウィルス(パソコンウイルス)に感染されて、
一部のファイルやプログラムシステムが破壊されてしまった経験は今までにありますでしょうか?

おそらく大半の方にその被害の経験があるかと思われます。
インターネット上ではそれほどまでにあちこちでウイルスや有害ファームウェアが潜んでいますので、
実はネットとは十分な対策をしなければ危険な仮想空間でもあります。

コンピューターウイルスの障害に遭ってしまう大半の要因はインターネット上にあります。

・[ページを開いた瞬間にウイルスに遭遇してしまうページが存在する
おそらく感染の半分以上はこれが原因でしょう。筆者も今までに何回もこれを受けてきました。

・[開くとウイルスにかかるプログラムの悪意な迷惑メールを開いてしまった
これもうっかりすると遭遇してしまうアクシデントですね。変なメールが届いてたら要注意です。

・[ウイルスやトロイの木馬プログラムが仕込まれたソフト・ツールなどを
インストールしてしまった

これはあまり遭遇しないと思うのですが、危険なサイトからのものには気をつけるようにしましょう。




数年前に、ネットを開いた段階で感染するような恐ろしいウイルスが一時期蔓延したこともあります。
これから先も次々に新型のPCウイルスが現れることでしょう。

これらの障害を防止するために、ノートンアンチウィルスやウイルスバスターなどの
強力なセキュリティ対策ソフトを必ず使ってセキュリティ(防御)を取るようにしましょう。

有害プログラムファイルがパソコンに侵入した時はトレンドマイクロウイルスバスターや
ノートンアンチウィルスから感染の警告メッセージが表示されて、
すぐに検出・隔離・駆除機能を実行すればほとんどの場合は被害も無く除去できます。

また、WindowsやmacOSといったオペレーティングシステムの標準のセキュリティ設定の機能も、
一度は一通り開いてみることもおすすめします。

しかし、もし駆除の対応が間に合わず大量のファイルが感染して、オペレーティングシステムが
おかしくなってきたと感じた場合はさらにシステムの破壊が進行してしまわないうちに、
電源を切って、早急にプロのパソコンサポートサービス店で修復をしてもらいましょう。

特定のウェブサイトを開いたら勝手に画面がデスクトップ上に何度も表示されるようになって
直らなくなった、という場合は、まず右クリックでその画面のプロパティ情報を確認します。

データフォルダの中身を見たら、出てくる画像の詳細があり、ゴミ箱に入れて削除しても、
やはりまだ画面が出てきてしまう場合は、タスクマネージャーを開き、そのウィンドウを終了して、
さらに念のためにアンチウイルスソフトでコンピューターウイルスのスキャンを行います。

もしくはマイ コンピューター(Cドライブ)内に勝手にプログラムがセットアップされている、
という例もありますので、最近入った何かしらの見覚えのないフォルダーがありましたら
削除・アンインストールしてください。

最終手段としてシステムの再セットアップで一度パソコンの中身を真っ白な状態に戻す、
という方法もあります。

購入前の状態にすれば、それまでに入ってきたプログラムファイルは無害、有害を問わずに
全て消去されます。ひとまずは、ゴミ箱の中身の方も念のために消去されてみてください。

ちなみにもし万が一、不当な請求の電話や葉書が来た時には、返事をせず放置して、
またお近くの交番か消費生活センターなどにご相談をされてみるのが、最善の解決方法です。

パソコンがもし壊れてしまい元に戻せなくなったら、
専門のPC修理サービス店に出されてみることをお勧めします。