青い画面のメッセージに切り替わる状態から回復するには?

パソコンの操作中にいきなり画面が青一色の背景と白文字に
切り替わってしまい、ウィンドウズが止まってしまう問題が発生して困ってしまわれた時について。

システムがビジー状態です、と警告が出た場合

まず、「システムがビジー状態か、不安定になっています。
という表示が出たときは、ややパソコンが論理的に危険な状態になっています。
Enterキーを押せばWindowsに戻ることもあるのですが、何も変わらなければ。
表示されている白文字のテキストに従い、しばらく待って様子を見るか、次にキーボードの
Ctrl+Alt+Delキー』(コントロールキー・オルタネートキー・デリートキー)を押して
一旦コンピュータを閉じてから再起動されてみてください。
この場合、それまで展開していたアプリケーションプログラムのテキストや作成ファイルは、
自動バックアップ機能の付いていないものは残念ながら全て前回保存時の状態に戻ってしまいます。




処理落ちによる原因

青い画面に変わる直前に、FD/CD/DVDドライブから
データ保存ディスクを取り出した時にもエラーが起こる場合があります。
例えばインストールやプログラム起動中にうっかり取り出してしまうと、読み込みや中断作業の
処理落ちが発生してその反動でシステムの損壊に繋がる可能性が極めて高いため、
途中で無理矢理コンピュータの更新作業を中断されないように注意しましょう。
頻繁に青い画面が出てしまう場合やOS画面がどうしても回復しない場合、
ブルースクリーン(ブルーバック)という、OSに重大な機能の障害が
発生しているために警告画面が出ている可能性が高いです。
パソコンを買った時に同梱されているWindows起動ディスクを
内蔵CD/DVDドライブ装置に挿入し、起動画面の手順に従って
再セットアップ(リカバリインストール)を行われてみると直ることが多いです。
場合によってはパソコンサポートサービスに見てもらわれることをお薦めします。
しかしシステムの修復が終わった後で青い画面に切り替わる問題が回復できても、
リカバリー作業でPCを初期化してしまうと今までの保存ファイルやソフトウェアも
消えてしまいますので、先に専門のデータ復旧サービスセンターでHDDの
保管データを別の記憶媒体に移動してもらってから回復作業をすることをお薦めします。