プログラミングの作業中にバグや障害が出た時に復旧するには?

IT用語としてよく見かける『プログラミング』(Programming)とは簡単に書きますと、いわゆる
コンピューター上のシステムを機能させるプログラムを制作する事、あるいはその製作技術のことを指します。

これらを作り上げるクリエイターを『プログラマー』(Programmer)と呼びます。

メモ帳やエクセル・ワードに似た、ソースコードというオンライン上のシートに複雑な
テキスト文章の書き込みを行う事で作成していきます。

非常に複雑かつ数の多い言語や単語を論理的に記述するため誰でもすぐ簡単に作れるというわけではないのですが、
初心者入門の講座やネットワーク上で公開されているWEBマニュアルまたはスクールなどで学び覚えていくことができます。

プログラマーの方や、ホームページのHTMLやCSS、PHP、JAVAスクリプトといったタグを作成されたことのある方でしたら、
馴染みが深いと思われます。




テキストの打ち間違い

プログラム一枚のテキストファイルだけでも、大量のアルファベットや記号、タグが羅列されており、
その一文字おきに重要な意味と役割が含まれています。

そのため一つ打ち間違えてしまっただけでもエラーやバグの原因となりえます。

プログラムは一度書いただけではなかなか簡単には完成しないものです。

必ずエラー・バグの障害が起こらないかをチェックするためのデバッグ作業をして
ミスがないかどうかの確認を様々な起動・動作パターンで念入りに行うようにしていきましょう。

パソコンが止まってしまうアクシデント

また、Programを構成するテキストの作成作業中に間違えて上書きしてしまったり
全部消してしまう、急にPCがフリーズしてしまう、といったアクシデントが起こる可能性もあります。

無停電電源装置(UPS)を設置しておかれると、落雷や地震による停電が起こった時、一時的な電力の遮断による
パソコンの急な停止を防いで、バッテリーがもつ数分の間に作業中のデータを保存することができます。

なので、こまめにプログラムのデータを保存して念のためにバックアップを取っておかれると、
あとからそちらを開いてデータを復旧できるので、より確実です。

特に法人の方で、販売・配布用のソフトウェアを作成されている場合はバグフィックス(BUG FIX)を
行って修正する際に、デバッガーのソフトも使い、発売後にクレームが殺到するの防ぐためにも念入りに行う必要があります。

一度保管ファイルを失ってしまうと同じものを記入するのが大変な作業になります。

もう一度同じものを作れなくなってしまう事もありえますので、いざという時には専門的に
運営されています専門業者のデータ復旧センターに依頼をして、修復を行ってもらう方法もあります。