失ったデーターが復活できるかを検査して解析するには?

Windowsパソコンや、Macパソコン、デジタルカメラののメモリーカード、サーバ、外付けハードディスク
、NAS、DVD-RWのディスクといったOA機器内部のデータをうっかり消去・フォーマットしてしまったり、

ハードウェアの機器の内部パーツそのものが故障してしまった時は、
中身の貴重なプログラムやセーブファイルがバックアップできずに
取り残されてた場合、まずはこれらを回復できるかどうかの検査を行う必要があります。

まずは大きく分けて、自分でソフトウェアやOSの機能を使って修復する方法と
専門業者の方に依頼をする2つの方法があります。

チェックの完了

データ復旧ソフトウェア(ユーティリティ)を購入する前に、先にHDDやメモリーカードにスキャンだけ
掛けて、ファイルが検出できるかどうかを確認したい、という方のために、
『ファイナルデータ』シリーズの試用の提供版など、有名なソフトウェアは体験版が入手できます。

これらはあくまで試供品であるので直接修復する昨日までは備わっていません。

ですが、かわりにファイルの復元ができるかどうかのスキャンをして
拡張子が痕跡から読み取りできるかどうかの診断機能が備わっています。

データ復元ソフトウェアを購入してインストールされる前の判断基準として、大変役立ちます。

パソコンやMO、USBメモリ、コンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードなどのファイルを
保管していたOA機器が電源を入れてもランプが付かずに起動ができなくなったり、
デバイスに認識されずに読み込めなくなった場合は、
ショートやパーツの劣化といった物理障害である可能性が高いです。





例えば、「ファイナルデータ10.0シリーズ」などのCD/DVDブート版は、
Windowsが起動していなくてもプログラムを使う事ができます。

そのため、他のデータ復元ソフトでは難しいエラー状態からでも、
高い割合でデーターを取り戻す事も可能です。

(※ネットワークドライブなど、パソコン以外で使われているハードディスクには
WindowsやMac OS Xからでは読み込みができないジャーナリングファイルシステムで
フォーマットされているものも多いです。

対応されているアプリケーションでした読み込みできないこともあるので、
購入の前には注意されてみてください。

HDDの重度ヘッドクラッシュなどの障害が起きてしまい自分では完全にお手上げ、
という時には専門のリカバリーサービスセンターにて診断をしてもらいましょう。

全国にあるデータ救出センターの多くでは、電子機器の破損状態を検査してもらえる
『初期診断サービス』が実施されています。

なので、解析結果や時間の問題でもしデータ復元の依頼の受領に時間がかかる場合でも、
最小限の時間と出費で抑えることができます。



『「故障の診断・検査」のカテゴリーの前後のページ』

«

»