パソコンの内部に専用カードを差したままでも大丈夫?

ノートパソコンには、インターネット通信を行うためのLANカードや外部データ保存用の
メモリーカードアダプタ、外付け機器用のインターフェースカードなどが入っています。

またデスクトップパソコンにも、用途によって、グラフィックボード(ビデオカード)やサウンドカードといった、
パソコンの機能を拡張するためのPCカードを挿入するための差込口がマザーボードにあります。

これらはUSBメモリやSDメモリーカードなどのリムーバブルディスクとは少し違いまして、
USBポート用ではなく、基本的にはずっと差し込んだままにしても機能に問題はありません。

よほど大量につけている場合は別として、専用カードの差し替えが面倒な場合は付けたままでも大丈夫です。




ですが、PCカードの分の電力は消費しますので、バッテリーの残量が心配な時には、
使わなくなった媒体は、マザーボードから外されておいた方が節約できます。

また、外での持ち運びの最中に万が一どこかに置き忘れて紛失してしまったら
モデムカードといった高価な媒体も一緒に無くしてしまうことになります。

他、強い衝撃や水濡れで壊れてしまったりしたらノートパソコンから取れなくなってしまったり、
カードも一緒に破損してしまう可能性もありますのでご注意ください。

使わないPCカードを取り外したり、新品に交換するのが難しそう、という場合は、
専門のパソコン修理サービスで換装作業の代行をしてもらわれることもおすすめします。