CPUの使用率が100%使われて動作速度が遅くなる時に修復するには?

パソコンの動作の処理速度がとても遅くなってしまうことが頻繁に起きる場合、
CPU(シーピーユー)の使用率がほとんど使われていて、100%になりやすい状態と、
パソコンの性能の限界あたりまで使っているのことが、主な原因である可能性があります。

そんな時にCPUの使用率を減らして、PCの読み込みのスピードが遅くなる問題から修復するには、
どのように実行すればいい?という疑問について。

中央演算処理装置の現在の使用率を確認するには?

まず、電子回路基板のマザーボードにあるCPU(中央演算処理装置)の現在の使用率が高すぎると、
たとえばインターネットのウェブブラウザを開くのに時間がかかりやすくなります。

そこでCPUの使用率を確認するには、まずデスクトップの画面下のタスクの部分を右クリックします。

そこからWindowsタスクマネージャーを開いて、
パフォーマンスのタブを選ぶと、CPUとPFの使用率が表示されます。




CPUの使用率が100%になった時にパソコンへの影響はどうなる?

次に、パソコンが重くなっている時、CPU(Central Processing Unit)の使用率の数値が、
100%あたりと高い割合で使われる状況になっていると、コンピューターへの影響はどうなる?という疑問について。

まず、システムの処理能力をいっぱいまで使っているため、
動作遅延やフリーズ、ループエラーのトラブルになるおそれがあります。

また、アプリケーションソフトウェアで作成したファイルを開いたり保存するのに、
かなり時間がかかる場合などがあります。

そして、グラフィックソフトやワープロソフトでの作業が途中で止まってしまい、
せっかく作成・編集をしたコンテンツなどのデータが消えてしまう可能性が高くなってしまいます。

性能の良いパーツに交換してCPUの使用率を下げる方法とは?

次に、CPUの使用率を下げて、パソコンを快適化する方法について。

まず第一に、CPUをより性能の高い規格にパーツの交換をして、スペックを上げるのが確実的です。

しかしマザーボードなど他の部品のスペックが低かったり、メモリの容量が低いと、
高い性能のCPUと相性が合わず、十分に効果が発揮されないこともありますのでお気をつけください。

また例として、Intel 様での、CPU使用率が高い場合の解決方法の解説も参考までに。

CPUやメモリをはじめ、基本となるいくつかの部品を換装したり、
またパソコンの使い方によってはグラフィックボードを増設すると、安定的に性能が上がります。

PCの不要になったアプリケーションソフトを削除したり無効化する

また、不要なソフトウェアやツールのプログラムが稼動していないかどうかも、確認してください。

余分に処理能力を消費しているプログラムがありましたら、
これらを無効にして、負担を軽くすることで、CPU使用率を抑えることが出来ます。

また、CPUの割り当てを指定して優先度を変更するには?という疑問については、こちらのページにて。

たとえば、Windowsのコントロールパネルにある、「プログラムと機能」(プログラムの追加と削除)で、
不要になったアプリケーションソフトを、ハードディスクやSSDからアンインストールして、
コンピューターを軽量化(快適化)することができます。

パソコンの修理サービスでシステムを最適化してもらう

ですが、近年のソフトウェアは特に容量を使って重くなりがちなので、
高い性能のメモリやCPUに交換しても、たとえばハードディスキャSSDの容量が、
ほぼ100%に埋まっていると、そちらの方でパソコンが重くなっていきます。

なかなかパソコンの重さが改善できないようでしたら、思い切ってPC本体を買い換えたり、
または特定のパーツを、パソコン修理のサポートサービスで交換してもらうのもお薦めです。