データ情報が開けないアクシデントから修復するには?

お使いのパソコンやモバイル端末、周辺機器に入っているデータのセキュリティ対策は
常時しっかりと設定されていますでしょうか?

パーソナルコンピューターやモバイルコンピューター関連のハードウェアをはじめとする電子機器には、
大量の貴重なデータ情報が保存されているため、もしこれらが失われたり開けなくなってしまったら、
大変なトラブルになってしまいます。

またインターネットからのコンピューターウィルス感染など、有害なプログラムによって
破損してしまう恐ろしいケースもあり、ネットワーク上にも多くの危機が潜んでいます。

セキュリティ関連のトラブルの事例

:ネットワークを介して悪質ユーザーからのハッキングを受ける。
:危険度の高いスパイウェアプログラムが侵入してしまう。
:共有パソコンに個人情報などを残してしまい、後で第三者に見られてしまう。
:会社や事務所のほかの社員がデータ流出のミスを引き起こしてしまう。
:売却または処分した電子機器からデータをソフトウェアなどで復元されてしまう。
:電子メールの転送時に添付ファイルやテキストを盗み見されてしまう。
:クッキー機能から打ち込んだ情報の履歴を読み取られてしまう。
:共同で使っているPCや記憶媒体が他の誰かに悪用されてしまう。
:空き巣に入られてしまい自宅のPCやサーバを開かれる。
:CD-RやUSBフラッシュフメモリーカードを落としてしまい、誰かに拾われてしまう。




使っているWindowsのパソコンが、インターネットに接続できなくなってしまい、
原因を調べてみると、「ケーブルをネットワークアダプタに接続してください」
と表示されて、一体どうしたら良い?というご質問について。

まず、システム的な接続エラーと物理的な配線ミスの二種類が考えられます。

ネットに接続できなくなる直前に、どこかのPC環境を変更した、など。

ハードウェア的には、ケーブルが切れていたり埃やゴミの詰まりで接続が
上手くいっていないことも考えられます。

またソフトウェア的には、モデムの使えるパソコン台数に制限がある、
新しいネット配信サービスに変更した、再インストールで設定が初期化された、
コンピューターウイルスにプログラムが破壊された、などの可能性もあります。

最後に更新した設定を確認されてみて元に状態に戻してみると原因がわかるかもしれません。

上記をはじめ、様々な原因によりデータの損失や流出トラブルが個人・企業を
問わずに毎日非常に多い件数で引き起こっています。このIT時代の今、
情報保護データの管理は最も注意して行うべき必須事項となっています。

もしもコンピューター内部のプログラムが改ざんされてしまったり、
有害なウイルスやスパイウェアが侵入して故障をきたしてしまった時は
早急に提携のシステム管理企業、または専門のパソコン修理センターの店舗に
修復の注文を行われてみることを推奨します。