Excel(エクセル)のワークシートを復元させるには?

電子計算ソフトウェアとして世界中で普及して愛用されている、マイクロソフト社の
Microsoft Office Excel(マイクロソフト・オフィス・エクセル)を操作中に、
誤ってワークシートのテキストデータを消してしまったときに復元するには?という疑問について。

まず、エクセルの拡張子ファイルは他のプログラムのファイル形式と同じくマイコンピュータの
フォルダに保存ができまして名称は「.xls」または「.xlsx」となります。

プロパティ画面では『Microsoft Excel ワークシート』、『Microsoft Excel CSV ファイル』という
名前で表示されます。

このファイルをエクスプローラーから誤って削除した時は、多くの場合、ゴミ箱フォルダーに
移行されていますので、そちらを確認します。

エクセルは数万~数十万もの行数で膨大な量のデータを一挙に計算できる
大変優れた性能を持つため現在もほとんどの様々な業種で活用されています。

その分、誤ってワークシートに入力していたテキストや数式を削除してしまったり
ファイルそのものを上書き・消去してしまい膨大な管理データを失ってしまう
トラブルも多いのですが、いくつかの復元方法もあります。

まず基本操作として、シート内の文章や計算式などをとっさに消してしまった時は
『編集→元に戻す(アンドゥ)』の機能を押して、ある程度の回数までなら
仮保存データをさかのぼって元に戻すことができます。

一度そのシートを×アイコンなどで閉じてしまうと『元に戻す』では
直らなくなるため、くれぐれもご注意ください。

取り消し機能のあるソフトウェアでは、メモリのアンドゥの回数の上限を多めに設定すると、
メモリはその分使いますが、より多くの操作の回数分まで復元できます。




次に、同じくメニューバーの『ヘルプ→Microsoft Excel ヘルプ(F1)』をクリックすると
オプションの検索窓が表示されまして、ここに「回復」または「修復」と入力して検索すると、

「トラブルシューティング ファイルの回復」、「応答しないアプリケーションを回復する」、
「ドキュメントの回復について」、など、いくつかのテキスト項目が表示されます。

これらを選択することでそれぞれのトラブル状況に応じたヘルプメニューにて復元の手順が
表示されますので、説明に従って操作を進めていってみてください。

100%というわけではないですが、高い確率で消えたデーターを復活させることが可能です。

また、オプションの設定でデータの自動保存がありますので、急にエクセルの画面が閉じたり、パソコンがフリーズした時も、
一定の割合で、自動保存された分の状態で、データを復元することができます。

拡張子ファイル自体を間違ってマイコンピュータ画面から消去してしまった場合は
システムの復元、またはデータ復元ソフトを用いて復旧を試みる方法があります。

一部のデータが壊れて100%は戻らないこともありますので、一番確実に元に戻したい、という際には
専門業者のデータ復旧サービスやPCサポート会社にご注文をされてみることが望ましいです。