DVD±RやRWのディスクデータが読めない時に修復するには?

電子データの記録用のディスクメディア『DVD±R/RW』(ディーブイディー)は、
ブルーレイディスクが普及する前にも映像データの記録用メディアとして用いられている
DISC媒体で、今現在もBD以上に幅広く普及されています。

映像データの再生用の高画質なメディアとして非常に高い需要があります。

ですが、コンパクトサイズでカートリッジに保護されているMOやMD、またハードディスクドライブや
USBメモリ、SDメモリーカードと違い、円盤の裏側の版面にあたる基盤や反射層が
むき出しになっているため、CDやDVDやブルーレイディスクは
傷や汚れが付きやすいという点があります。

使っていくうちに次第にデータに雑音や映像のかすれが出てきたり、時々データの表示が途絶えたり、
急に読み込めなくなった時は、どうすれば修復できる?という疑問について。

まず、お使いのDVDドライブやレコーダーのトレーから取り出して、
DVD±Rの版面を専用のクリーニングクロスで綺麗に拭き取ります。

読み取り装置のトレーに付いたホコリや汚れも拭き取って、
試しに別のDVDディスクを挿入して読み込みます。

そちらのディスクが正常に読み取れましたら、もう一枚のディスクに問題が出ている可能性があります。





また、読み込めない方のディスクを試しに別のパソコンや外付けDVDドライブなどに差し込みして、
そちらでデータが開けましたら、もうひとつの読み取り装置が故障しているおそれがあります。

DVD±R/RW/RAM/ROM/DLなどのディスクの方に大きな傷や付いたり強い汚れが付着していたら、
ディスククリーニングキット(研磨機)を購入するか、
パソコン専門店のサービスで洗浄してみると、また読み込み出来る事があります。

※LD(レーザーディスク)やレコードなどの古い記憶媒体だと、
 研磨機が販売されていなかったりサービスが終了している場合があります。

デスクトップパソコンのDVDドライブが故障していたら、新品に買い替えて、
PCケースを空けて自身で交換する事もできます。

ノートパソコンやレコーダー、DVDプレイヤー、デジタルビデオカメラが故障した場合は、
販売メーカーの保証期間サポートに預けて直してもらうか、
私設のコンピューター修理店に出して、即日診断などのサービスで診てもらいます。

DVDディスクがどうしても読み込みできず、バックアップしていない貴重なファイルが入ったまま、
という場合には、データ復旧サービスに出して、修復作業を行ってもらわれる事をおすすめします。



『「DVD-RAM/RW」のカテゴリーの前後のページ』

«

»