eM Clientの連絡先のデータを復旧するには?

電子メールクライアントのアプリケーションソフトである、eM Client(イーエムサイレント)で、
連絡先のツールで登録して管理していたアドレスのデータを、間違って消去してしまったら、
どうすれば後から復旧することができる?という疑問について。

eM Clientのノートでの文章の記入ミスを元に戻す

まず基本的な操作としまして、eM Clientの「連絡先」の「編集」の画面にある「ノート」の入力欄で、
間違えて文章を削除したり書き間違えた時は、右クリックで「元に戻す」を選択するか、
「Ctrlキー+Zキー」を押して、一段階ずつ入力した分の文章データを戻すことができます。

ですが、氏名やEメール、住所、携帯といったほかの項目では、「元に戻す」や「入力のやり直し」は、
右クリックで表示されず、キーボードでも効かず機能がないため、書き直しをする必要があります。

また、間違って連絡帳が保存されたファイルごと削除してしまった時でも、
まだ適切な措置を行うか、専門のサービスの事業で、データを復旧できる可能性があります。




イーエムサイレントのエクスポートの機能とは?

次に、イーエムサイレントのソフトウェアには、他のメーラー(mailer)と同じく、
エクスポートとインポートによる、一括でのデータバックアップと復元の機能が備わっています。

まず「メニュー」を開いて、「ファイル」の項目にある「エクスポート」をクリックします。

その中の「連絡先を.vcfファイルにエクスポート」を選択して、「次へ」と進みます。

今までに作成した、必要な連絡先の名称の項目を選択して、また「次へ」を押します。

連絡先のデータをすべて1つのファイルに、または別々のファイルにエクスポートするかを選択して、
「終了」を押すと、参照のフォルダー先にバックアップのvCardの拡張子が保存されます。

インポートからvcfやxmlの連絡帳のファイルを読み込む

次に、後日何かのミスによるデータの消去や、拡張子の破損といった原因で、
貴重な連絡帳を失ってしまった時に、バックアップの分から復元する手順について。

まず、今度は「ファイル」にある「インポート」の項目をクリックします。

「連絡先: vCard(.vcf)」を選択するか、または別のcsvやxmlといった拡張子、
あるいはOutlookやThunderbirdなどのメールソフトから抽出をする際は、
それぞれの項目の名称を選んで、「次へ」と進みます。

インポートする対象のファイルを参照から選択して、「次へ」→「終了」と進むと、
eM Clientの連絡先への、メールアドレスや住所録などの追加が完了します。

(vcfの画面で、ファイルではなくフォルダーの選択フォームが表示されて出てこないことがあります。)

別のアプリケーションソフトやサービスで作成されたデータは、時には互換性が合わず、
文字化けが出て正常に表示されなかったり、連絡先の各項目に反映されない可能性がありますので、
その時には、別の拡張子やエンコードに設定してから保存して、読み込み直しを試してください。

もし、拡張子自体のプログラムが深刻なエラーなどで破損していて、文章などが表示できない時は、
専門業者のデータリカバリーのサービスの方で、修復をしてもらわれることも推奨します。




Windowsのエクスプローラーでの連絡先の保存場所は?

次に、Windowsのパソコンで、エクスプローラーで開くCドライブの画面での、
連絡先のファイルの保存場所は、どのフォルダーにある?という疑問について。

こちらは、C:→Users→ユーザー名→AppData→Roaming→eM Client→Local Folders と進んで、
「contact_data.dat-wal」「contact_index.dat-wal」のファイルが、連絡先のデータになります。

この拡張子を、外付けハードディスクやDVD-R、クラウドといったストレージに、
バックアップして保存して、後日に同じ場所に貼り付けをして、復旧ができます。

(同じファイル名に上書きの際には、差分のデータを消さないようにご注意ください。)

削除して見れないアドレス帳の拡張子を復元するには?

次に、OSを初期化した時に間違えて一括で個人用のファイルも削除してしまったり、
メールクライアントソフトをアンインストールした際に、隠しフォルダーも消去していて見れない、
といった際に、アドレス帳などの消えたデータを後から復旧する方法について。

まず、eM Clientの隠しフォルダーにある連絡先などのファイルは、基本的にエクスプローラーでは、
直接ゴミ箱に移行する機会はあまりなく、多くはストレージのフォーマットなどによる、
一括での消去になるため、SSDやHDDをフルバックアップしたデータがあると便利です。

macOSの場合は、Time Machine(タイムマシン)の復元機能を試す方法もあります。

または、市販のデータ復元ソフトウェアを使用して、ボリュームのドライブスキャンをして、
ドライブ装置のセクタに残留している、痕跡のデータを引き出して修復する手法もあります。

ほか、eM Clientのメールデータを失った時に復元する方法については、こちらのページにて。

ですが、削除したファイルが非常に多かったり、ある程度時間が経っている時は、
個人ユーザーで行うことのできる範囲では、拡張子の検出に失敗する可能性も高いため、
プロのデータ復元のサポートが実施された事業で、救出をしてもらう方法も便利です。

メールやメモ帳、手紙やハガキの宛先から書き写す

次に、別のパソコン本体やスマートフォン、タブレット端末をお持ちでしたら、
Excel(エクセル)やWord(ワード)、メモ帳で作成したファイルに記載をしていた住所録のグループ、
またはOutlookやThunderbirdといったメールクライアントソフトや、モバイル端末のメールアプリで、
宛先が記入された送信・受信メールが残っていたら、そちらからデータを引き継ぎする手法もあります。

ほか、eM Clientでのオンラインヘルプの解説も参考までに。

あるいは、知人や仕事先、サービス元から送ってもらった手紙やハガキ、名刺といった紙面や、
下書きで残しておいた印刷用紙などがありましたら、そちらを引き出しなどから出して、
宛先の住所・氏名などを、電子データとしてeM Clientの連絡先に書き写す方法もあります。

故障したHDDやメモリーカードをデータ復旧サービスで見てもらう

一方で、WindowsやmacOSのパソコン本体にあるSSDやハードディスクの内部パーツ、
または差込口が破損したり、外部のメモリーカードやRAIDSケースが故障して開けなくなった時は、
バックアップがなかった場合、一般の個人ではストレージの重要なファイルが読み込めなくなってしまいます。

その場合には、それ以上のコンピューターや補助記憶装置への通電は控えて、
専門のデータ復旧のサービスセンターにて、連絡先などの取り出しの作業をしてもらうことをお薦めします。