ゴミ箱に捨てたメールデータの復元を行うには?

パソコンやモバイル端末のコンピューター上で電子メール(Electronic mail/E-mail)を
日々使用して送信・受信を行っている際に、誤って必要なメールをゴミ箱に捨ててしまった、
またはゴミ箱からも削除してしまった時には、どうすれば復元できる?という疑問について。

まず、Microsoftの「Outlook」やAppleの「Mail.app」、「Mozilla Thunderbird」、
「Becky! Internet Mail 、「Opera Mail」 といった主な電子メールのアプリケーションソフト、
またはウェブサービスともに、受信箱(受信トレイ)・送信箱(送信済みトレイ)・下書きなどの
フォルダーにあるEメールの機能に沿って普通に消去の操作を行っただけであれば、
ひとまずはゴミ箱フォルダー(削除済みアイテム)を開きます。

まだ必要なメールが一覧リストに残っていましたら、そちらを選択して
メニューにあります「移動」を選択して、受信箱などに移し変えれば、復元完了です。

間違えて迷惑メールフォルダーにデータを移し替えると、特にウェブメールのサービスの場合、
一定期間が経ったら自動的に消去されますのでご注意ください。

また、ウェブメールのサービスのゴミ箱フォルダーにあるメールを削除して空にすると、
基本的にはデータの読み込みができなくなるため、こちらもご注意ください。

モバイル端末などで使うEメール機能でゴミ箱から削除したデータは、
クラウドストレージのサービスにバックアップする設定を事前に行っていれば、
そちらからログインしてエクスポートをする形で元に戻すことができます。

また、インポート機能などがある仕様のポータルサービス、ソフトウェアは
事前にEメールのバックアップを行っていれば、
後からそちらのデータをエクスポートして復元させることができます。

個人または自社内で所有されているコンピューター上で保存されていた電子メールのファイルが
消えてしまった、という場合は、専門業者のデータリカバリーセンターの、
論理障害対応のサービスで診断を受けて、修復してもらわれることをおすすめします。




パソコンにインストールしたメールクライアントのごみ箱(削除済みアイテム)の
フォルダーからメールを削除してしまった場合は、あまり時間が経っていなければ、
まだCドライブ上のフォルダーに保存されていたメールデータの拡張子を抽出する形で復元を試みることができます。

一例として、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ9.0」では、ソフトウェアを起動して、
「メールの復元」→「メールソフト名」→「C」を選択して、「検索」を押してスキャンを開始します。

そして表示されたファイルを選択して、「次へ」→「メッセージ復元」→「完了」
と進めて修復をして、最後にメールソフトで開けるかどうかを確認して、復活の作業は完了です。

たとえばモジラ・サンダーバード(Mozilla Thunderbird)の場合は
「Inbox」といったファイル名に当たります。

なお、メールデータが保存されているフォルダーの場所はThunderbirdの場合、
C→Users→ユーザー名→AppData→Roaming→Thunderbird
→Profiles→~~.default→Mail
」 となります。

しかし、一般の個人で行うデータ復元ソフトでの復旧方法では必ずしも
すべてのファイルが検出できず元に戻せない可能性も高いです。

そのため、ゴミ箱から捨てた後に更に消去してしまったファイルを何とかして
元に戻したいという際には、より確実には専門のデータ復旧サービスセンターへの
注文を行って、パソコンを提出して見てもらわれることをおすすめします。