ファイルが壊れる理由と復旧する方法とは?

パソコンやサーバ上で取り扱われているデジタル式のデータは主に、
ファイル形式(file fomart:ファイルフォーマット)という
記録形式で作成されて、フォルダという電子上の格納庫に保存されます。

エクセルやワード、PDFなどで作られたテキストファイルや、画像、音声、映像等のバイナリーファイル
といった様々な形で、アプリケーションソフトウェアの機能で独自の拡張子により作成されます。

しかし、ソフトウェアツールでファイルを製作したり上書き、コピー保存を行う際、稀に
プログラム上の書き込みエラーが起こり、拡張子ファイルのプログラムが壊れる事があります。

文字化けや画像の乱れといったエラーはこれが原因で起こる場合が多いです。

アプリケーションソフトウェアは正しく指定された手順に沿って使えば普通は問題なく作業できますが、
パソコンやOS上の動作環境が満たされていなかったり、対応していない種類のファイルを
無理に開こうとすると、動作速度が鈍ったり書き込みに失敗する事もあります。

他で共有して使っているソフトウェアやハードウェアとの互換性の相性が悪い、など
イレギュラーな理由でもファイルやプログラムの破損を引き起こしてしまうケースも存在します。

また、ヒューマンエラー(人為的な操作ミス)で壊れてしまう場合も
多いですので、予備のバックアップはなるべくこまめに取ることを推奨します。

バックアップを取り忘れていた場合は、プロのデータ復旧サービスに問い合わせをして、
検査と復元の作業をしてもらわれることを推奨します。




コンピューターウィルス感染の影響

他の原因として、コンピューターウィルスの感染被害が挙げられます。

一つのPCウイルスが電子メールやウェブからパソコンに侵入すると、そこから次々とディレクトリの
プログラム情報が勝手に書き換えられて、フォルダに保管しているファイルやソフトウェアが破壊されてしまいます。

これらは前もってウイルスバスターやノートンアンチウイルスなどのセキュリティ対策ソフトをインストールして
セットしておく事でしか防ぐことは出来ませんので必ずネットを使う前にインストールをします。

機器が完全に破損したり いつの間にか拡張子が消えて、個人では元に戻すのが難しい時には、
プロのデータレスキューサービスにて、診断してもらわれることをおすすめします。

物理的な破損

あまり無い例なのですが、ハードディスクやSSD、USBメモリといったデータ記憶装置のファイルを
記録している回路(プラッタなど)が物理的に故障して読み込めなくなるトラブルもあります。

ただ、HDDやフラッシュメモリが故障する事は良くあるのですが、その多くはモーターやヘッド部分、
差込口といった別の箇所が破損しただけで、ファイルが記録されたメモリの回路自体が壊れるケースはまだ少なめです。

電子機器が長時間高熱を受けていたり水没したりでもしなければ、
運が悪くない限りはそうそう完全に内部回路の全てが壊れることは無いでしょう。

基本的に、Windowsの「ファイル履歴」や、Mac OS Xの「TimeMachine」を有効に設定して自動バックアップを取ったり、
また定期的に外付けハードディスクやRAID、NAS、クラウドなどにデータをバックアップしておくと、
物理的・システム的ともに、後からいつでも破損した対象のファイルを復旧できます。

また、使用しているユーティリティーによっては、「bakファイル」という予備のデータが
自動的に作成されますので、フォルダーを開いて、拡張子の部分を「.bak」から、
壊れた対象のファイルと同じ拡張子名に変更をすると、同じデータの復旧ができます。

ファイルが壊れたり、物理的にどこかが破損して読み込みできなくなったハードディスクや
USBメモリ等の記憶装置は、なるべく早いうちに専門のデータ復旧サポートセンターに
預けてチェックしてもらい、回復が可能なファイルを修復してもらうことで解決できる見込みがあります。