不調なファイルデータの回復が可能な状態とは?

誤操作で消してしまったファイルや壊れた補助記憶装置からデータを救出してもらえる
プロの[データ復旧サービス業者]では、

パソコン本体に搭載されたハードディスクやSSDなどのパーツをはじめ、
外部から接続するUSBメモリやデジタルカメラのSDカード、外付けハードディスク、RAID、
NAS、CD-RW、DVD-RW、MOなど、あらゆる記憶媒体でのリカバリーに対応してもらえます。

しかしながら壊れた補助記憶装置の機材やディスク、メモリチップの破損した状態によっては
常に確実にデータ復旧ができるとも限らないケースも存在します。

データ回収の不可能な事例

フラッシュメモリの記憶チップの部分がショートなどで焼き焦げたり、強い衝撃によって潰れたりして
完全に読み込めなくなった場合にはリカバリーが物理的に不可能というケースもありめます。

ですが、内部の記憶装置自体が無事であれば復旧できる見込みがあります。

必ずしもファイルのレスキューが可能というわけではないのですが、それでもやはり
データ復旧サービスは高い確率で破損データの修復ができる心強いサポートです。




ファイルが消えたり機器が故障する事故

・ごみ箱に入っていたファイルを一括して空にしてしまった。
・パーティションをフォーマットしてしまった。
・『システムの復元』を使ったら少し前のファイルが消えてしまった。
・HDDがヘッドクラッシュや寿命で物理的に壊れてしまった。
・CDなどのディスクがデバイスに認識されず読み取れない。
・USBメモリーカードが割れてしまった。
・経年劣化で記憶装置がいつの間にか壊れてしまい、バックアップをしていなかった。

こういった場合でしたら、あまり重度の破損でなければ高い復旧率での修復が可能です。

しかし自分自身で壊れた部品をよくわからずに分解してしまうと、
小さいゴミや埃、湿気などが機器の内部に入り込んで、かえって機材が壊れてしまう可能性があります。

また、オペレーティングシステムが不調になって読み込みの問題が出た時も、
あまり詳しくない場合には無理に操作をしないように気を付けて、
やはりプロのパソコン修理店やデータ復旧サービスに注文をされてみることをおすすめします。



『「ファイルの破損・エラー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»