トラブル発生時の画面を画像ファイルに保存するには?

パソコンの操作中にアプリケーションソフトやOSのシステムエラーが発生した時は、
何らかの画面の乱れや警告メッセージのバルーンが表示されることが多いです。

そんな時にその状態の画面を画像ファイルとして保存しておけば、
後にソフトウェアの製作元メーカーや、MicrosoftのWindows、AppleのmacOSの
セキュリティセンターに、障害の状況を報告して解決策を相談する際に役立ちます。

スクリーンショット

まず、ウィンドウズでアクシデントが発生した際、
まずその瞬間は何も操作せずに、キーボードのPrt Sor SysRqキーを押します。

次に、スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒「ペイント」のツール、
あるいは他の画像編集ソフトウェアを開きます。

ツールが開いたら、Ctrlキーを押しながらVキーを押します。

すると、Prt Sor SysRqキーを押した時にモニタで表示されていた画面が
そっくりそのまま表示されますので、これを画像ファイルとして、名前を付けて保存します。

画像データを保存する拡張子は「bmp」・「png」・「jpeg」あたりが良いでしょう。





なお、Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)でもこの機能は使えます。

また、他の多くの画像編集用アプリケーションソフトでもこの機能が搭載されています。

Mac OS XやmacOSのパソコンで画面のスクリーンショットを撮って保存する場合は、
「commandキー 」+ 「shiftキー」 +「 3キー」または「4キー」を押して保存します。

または、スクリーンショットがデスクトップに追加されます。

これで、エラー画面の保存が完了です。

ですが、WindowsなどOS自体が開かず、ロゴ画面の後やOSの起動中に読み込みのエラー
といった不具合が発生してスクリーンショットが保存できない場合は、
デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、またはモバイル端末のカメラ撮影機能を
お持ちであらば、そちらで直接、モニターの撮影をして、画像ファイルに保存します。

デジタルカメラ

カメラのフラッシュ機能をオンにすると画面が光って正常に撮影しづらいため、
フラッシュをオフにして、またモアレがあまり出ていない距離に調節して撮影します。

またWindows Vistaなどの場合は、Home Premium/Ultimate/Business/Enterpriseのバージョンで、
スタートメニュー⇒検索ボックスSnipping Toolからも画像の保管が可能です。

エラーや起動トラブルの原因と解消方法がどうしても自宅・自社内では掴めなかった場合は、
プロのパソコン修理サポートセンターに問い合わせて、出張か持ち込み、郵送で
パソコンまたは周辺機器を出して、直してもらわれることをおすすめします。



『「コンピューターの修理」のカテゴリーの前後のページ』

«

»